• 関連の記事

「新車販売台数」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新車販売台数」に関する情報が集まったページです。

電動化:
中国自動車メーカーの成長続く、垂直統合や長時間残業が強みに
アリックスパートナーズは自動車業界の展望レポートの最新版を発表した。(2024/7/11)

材料技術:
資源循環で経済価値を生み出す、ホンダが描く持続可能な材料戦略
ホンダは「自由な移動の喜び」を永続的に提供し続けるために環境負荷ゼロの実現を目指し、リソースサーキュレーションに取り組んでいる。(2024/6/26)

自動運転技術:
建設機械をStarlinkで遠隔操縦、市販建機の8割以上に対応可能
NTTコミュニケーションズとARAVは建設機械向けの遠隔操縦/自動化ソリューションの提供を開始した。(2024/6/7)

日産とパナソニック、クルマと家電を連携するサービスを開始 何ができる?
日産自動車とパナソニックは、家電を通じてクルマの移動情報や状態を音声で通知する新サービスを開始する。それぞれ異なるクラウドサービスである「NissanConnect」とパナソニックの「音声プッシュ通知」のAPIを連携し、両サービスのID認証を行うことで実現した。(2024/4/24)

電動化:
いすゞ自動車が2030年度に向けた新中計、自動運転や通信に注力
いすゞ自動車は2030年度に向けた中期経営計画を発表した。自動運転、コネクテッドサービス、カーボンニュートラルの3領域を柱とし、将来の収益源として育てる。グループ全体での既存事業の強化も推進し、2030年度に売上高6兆円、営業利益率10%以上を目指す。(2024/4/4)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの生産台数ランキングに大きな変動、3位がスズキ
日系自動車メーカーの生産が回復を見せる中、ダイハツ工業の認証不正によりランキングに大きな変動が起きている。乗用車メーカー8社の2024年1月の世界生産台数は、マツダとダイハツを除く6社が前年実績を上回り、8社合計では12カ月連続で増加した。(2024/3/28)

モノづくり総合版 メルマガ 編集後記:
訪タイ日本人VS訪日タイ人、2023年はどちらが勝った?
半年前の答え合わせをしたいと思います。(2024/3/7)

自動車メーカー生産動向:
新車生産がコロナ禍前を超える水準、6社が前年同期比2桁パーセント増
日系自動車メーカーの生産が力強い回復を見せている。乗用車メーカー8社の2023年11月の世界生産台数は、スズキとダイハツ工業を除く6社が前年実績を上回り、8社合計では10カ月連続で増加した。(2024/1/29)

2023年に売れた軽自動車 3位「スペーシア」、2位「タント」、1位は?
2023年に最も売れた軽自動車は何か。全国軽自動車協会連合会がランキングを発表した。(2024/1/21)

自動車メーカー生産動向:
5カ月ぶりに2桁パーセント増、乗用車メーカーのグローバル生産
半導体の供給改善により日系メーカーの自動車生産は回復基調が続いている。日系乗用車メーカー8社の2023年10月の世界生産台数は、ダイハツ工業を除く7社が前年実績を上回り、8社合計では9カ月連続で増加した。(2023/12/18)

エネルギー管理:
2050年の電力需給バランスはどうなるのか? シナリオ別の試算結果が公表
電力広域的運営推進機関が、日本の中長期的な電力需給の分析を開始。11月に開催された検討会では、複数の企業・団体によるシナリオ別の試算結果が公表された。(2023/12/8)

自動車メーカー生産動向:
日系自動車メーカーの中国事業低迷続く、4カ月連続の前年割れ
日系乗用車メーカーの自動車生産は、半導体の供給改善が進む一方で、中国事業の低迷が続いている。(2023/10/30)

23年度上半期に売れた軽自動車 3位「スペーシア」、2位「タント」、1位は?
2023年度上半期に売れた軽自動車は何か。全国軽自動車協会連合会がランキングを発表した。(2023/10/19)

自動車メーカー生産動向:
回復基調続く新車生産、中国は販売低迷で各社2桁パーセント減
2023年7月の自動車生産は、半導体の供給改善などにより全体としては回復基調が続いているものの、中国での販売低迷が大きく足を引っ張る格好となった。(2023/9/27)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
新型「N-BOX」今秋登場 売れ続ける2つの理由
8月3日、ホンダが今秋に発売予定の新型「N-BOX」の特設サイトをオープンしました。2011年12月の発売以来、売れに売れ続けているモデルです。なぜN-BOXはここまで売れるのでしょうか。(2023/8/16)

新車・中古車のカーリース人気車種 2位「ミライース」、1位は?
個人向けカーリースサービスを提供するナイルは、2023年上半期に新車リース、中古車リースでそれぞれ人気だった車種をランキング形式で集計した。(2023/8/3)

富士経済が世界市場を調査:
HV、PHV、EV市場、2035年に7600万台規模へ
富士経済は、HVやPHV、EVの世界市場(乗用車、新車販売台数)を調査し、2035年における市場規模予測を発表した。これによると、HV、PHV、EV合計で、2022年の1402万台に対し、2035年には7600万台に達する見通しである。(2023/7/24)

2023年上半期に売れた軽自動車 3位「ムーブ」、2位「タント」、1位は?
全国軽自動車協会連合会は2023年上半期の通称名別新車販売ランキングを発表した。(2023/7/19)

和田憲一郎の電動化新時代!(48):
EVは「普及期」へ、生き残りに向けた3つの方向性
2023年にEVとPHEVを合わせた販売比率が18%になると予測されている。マーケティング理論上はアーリーアダプターからアーリーマジョリティーの領域に入る。また、多くの環境規制では2035年が1つの目標となっている。では、このように急拡大するEVシフトに対し、日本の自動車部品産業はいま何を考えておくべきか。(2023/6/28)

電気自動車:
日本のEV充電インフラの現状と課題は? 政府は新たな整備指針を策定へ
今後日本でもさらなる普及が期待されているEV.一方、その普及に欠かせないのが充電インフラだ。政府は新たな検討会を設置し、今後の国内におけるEV向け充電インフラ整備の指針となる、新たなロードマップの策定を開始した。(2023/6/27)

電動化:
創業2年の商用EVベンチャーが“Appleのような”ファブレス生産を実現できた理由
フォロフライ、丸紅、太陽インキ製造が東京都内で開催したプレスセミナー「急拡大するEV市場と、需要高まる注目セクション」から、講演「商用EVから加速する日本の自動車産業の電動化と、ベンチャーの起こすゲームチェンジ」と「自動車:電子部品最後のフロンティア」をお送りする。(2023/6/2)

車種別ではSUVが好調:
2022年、世界で最も売れたクルマは? 新車トップ10のうち5つがトヨタ
JATO Dynamicsの日本法人が、2022年の新車販売に関するレポートを発表した。メーカー別のシェアや、モデル別の販売台数が明らかになっている。「最も売れたクルマ」は何だったのか。(2023/5/23)

22年度の軽・新車販売数ランキング 「スペーシア」「タント」を抑えた1位は?
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、2022年度の通称名別新車販売ランキングを発表した。(2023/4/14)

2022年度、乗用車の新車販売台数ランキング 「ノート」「カローラ」を抑えた1位は?
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、2022年度の車名別新車販売ランキングを発表した。(2023/4/13)

車載情報機器:
コネクテッドカーは2035年に9230万台に、V2Xはセルラー優勢
富士経済はコネクテッドカーの世界市場調査の結果を発表した。(2023/3/29)

欧・中・韓の参入で成長が加速するインドのEV市場
インドの自動車市場の成長が著しい。2022年には、販売台数ベースで日本を抜き、世界第3位の市場に浮上した。それだけではない。インドのEV市場が胎動している。地場系はもちろん、欧州・中国・韓国系の有力自動車メーカーが相次いで参入し、市場が急速に立ち上がり始めている。(2023/3/22)

2025年4月から施行:
東京都の太陽光発電“設置義務化”を完全解説、「建築物環境報告書制度」のポイント
東京都が建物に起因するエネルギーのCO2排出量削減に向け、新たに導入する「建築物環境報告書制度」。“太陽光発電の設置義務化”が話題となった同制度について、その主要なポイントを解説する。(2023/3/15)

和田憲一郎の電動化新時代!(47):
e-Axleは自動車部品メーカー選別の時代が始まった
2022年の電気自動車やプラグインハイブリッド車の新車販売台数が全世界で約1050万台となり、新車販売に占める割合も約13%となったようだ。そのような中、e-Axleに注目が集まっている。(2023/2/22)

高根英幸 「クルマのミライ」:
日本のキャンピングカー文化は定着するのか
キャンピングカー市場が伸びている。街中でもよく見かけるようになったが、なぜ購入する人が増えたのだろうか。今後の行方は……。(2023/2/20)

消費電力は年間で6%改善:
フットプリント36%減、EV向けバッテリーテスター
キーサイト・テクノロジーは、「第15回 オートモーティブ ワールド」(2023年1月25〜27日、東京ビッグサイト)に出展し、電気自動車向けの低消費電力/省スペースのバッテリーテスターを展示した。(2023/2/8)

2022年、軽自動車の新車販売台数ランキング 「スペーシア」「タント」を抑えた1位は?
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、2022年の通称名別新車販売ランキングを発表した。(2023/1/13)

2022年、乗用車の新車販売台数ランキング 「ノート」「カローラ」を抑えた1位は?
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、2022年の車名別新車販売ランキングを発表した。(2023/1/12)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
2022年の自動車市場を振り返る 注目されたクルマ、実際に売れたクルマは?
コロナ禍になって3年目。今年はコロナ禍以前のように、数多くの新型車が登場しました。どんなクルマが投入され、注目されたのでしょうか。2022年の自動車市場を振り返ります。(2022/12/29)

浦上早苗の中国式ニューエコノミー:
中国で「日本のガソリン車」が再評価、中古市場拡大でリセールバリューに注目
中国汽車工業協会が発表した1〜11月の自動車販売台数によると、EVなど新エネルギー車の販売台数は600万台を突破。11月単月では新エネ車の販売比率は33.8%に達する。一方、中国の中古車市場の整備が進んでおり、残価率の高さから日本メーカーのガソリン車が再評価されている。(2022/12/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
クルマの「燃料」はどうすればいいのか 脱炭素の未来
「脱炭素」が重要であることは言うまでもない。どれかひとつの方法でやることが難しい中で、どの道を選択すればいいのだろうか。日本の未来を考えると……。(2022/10/31)

中国におけるBEV普及・海外進出加速に示唆される日本自動車産業の未来
中国における国内新車販売台数は、2017年まで2桁の年平均成長率で成長し続けてきたが、 2017年以降は減少傾向に転じた。一方、NEV、BEVの販売台数は拡大を続けその傾向がより一層加速している。(2022/10/31)

大山聡の業界スコープ(58):
これからの自動車を支える日本の半導体産業とは
今回は、半導体業界にとって主要なアプリケーションの1つである自動車業界を例にとって、日本の半導体関係者が着眼すべきポイントについて、述べたいと思う。(2022/10/17)

4〜9月の新車販売台数:
22年度上半期新車販売台数ランキング 最も売れた乗用車、軽自動車は?
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、2022年度上半期の車名別新車販売ランキングを発表した。(2022/10/6)

「タント」シリーズを改良:
ダイハツ、新モデル「タント ファンクロス」発売
ダイハツ工業は、新しくなった軽自動車「タント」「タント カスタム」に加え、楽しさとアクティブさを表現した新モデル「タント ファンクロス」の発売を開始した。価格は138万6000〜199万1000円。(2022/10/4)

和田憲一郎の電動化新時代!(46):
ChaoJiの大出力版、電動バイク、電動航空機……CHAdeMOの挑戦は続く
急拡大する電動車市場に対し、急速充電規格の協議会であるCHAdeMO協議会はどのような考え方で対応しようとしているのか。前回の取材から約1年経過した今、CHAdeMO協議会事務局長の丸田理氏、同事務局の鈴木隆史氏にインタビューを行った。(2022/9/20)

富士経済が世界市場を調査:
EV市場は2035年に5651万台、全体の半数以上に
富士経済は、HV、PHV、EVの世界市場を調査し、その結果を発表した。中でもEVの市場規模は2035年に5651万台と予測、新車販売台数全体の半数以上を占める見通しとなった。(2022/8/12)

電動化:
2035年の電動車市場、HEVは北米と中国がけん引、EVは2021年比12倍に
富士経済は2022年8月9日、電動車の2035年の市場予測を発表した。2035年にハイブリッド車(HEV)が2021年比4.0倍の1536万台、プラグインハイブリッド車(PHEV)が同4.2倍の783万台、電気自動車(EV)が同12.0倍の5651万台に増加すると見込む。(2022/8/10)

有価証券報告書から読み解く:
日本の7大車メーカー、それぞれの平均給与はいくら?
いま話題の企業の好調な事業は何なのか? 平均給与はどれくらいなのか? 有価証券報告書から企業の姿、業界の状況を探ります。今回は車メーカーです。(2022/7/28)

22年上期、最も売れたクルマはホンダ「N-BOX」
 ホンダは7月6日、軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」の2022年上半期(1〜6月)における登録車を含む新車販売台数が、第1位を獲得したと発表した。(2022/7/7)

製造マネジメントニュース:
2022年上期の販売はN-BOXが10万台超でトップ、前期比2桁減の人気モデルも目立つ
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会から、2022年1〜6月の新車販売台数が発表された。(2022/7/7)

EVは「安くなったら買う」が4割、「ステーションが増えたら」なども パーク24が調査
やっぱり買うなら価格は大事ですよねー。(2022/5/14)

データで導くプライシングの技術(1):
「稼ぐ力」を作り出す合理的なプライシングの技術
市場ニーズや事業環境が変化する中で「稼ぐ力」を継続的に維持するには商品やサービスの合理的な価格決定が必要です。複雑なサプライチェーンの中でどう仕組みを構築すればよいのでしょうか。(2022/5/13)

一度は乗ってみたいリッターバイク 2位は「ホンダ CB1300」、1位は?
NEXERは、RIDEZと共同で、全国のバイク好きに、「一度は乗ってみたいリッターバイク」に関する調査を行ったところ、1位は「カワサキ ニンジャ1000」が選ばれた。(2022/3/24)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
ウクライナ軍事侵攻で先行き不透明感が世界中に広がる【動画】
先週ロシアがウクライナへ本格的に軍事侵攻し、先行き不透明感が世界中に広がっています。先週の金曜日はロシアの停戦交渉観測で紛争長期化が避けられるとの期待が高まりダウは今年最大の上げ幅を記録しました。(2022/3/1)

5GやAI、セキュリティなど20の分野をカバー:
2022年に起こる/起こらない70の技術トレンド、ABI Researchが予測
ABI Researchは、2022年に起こる、または起こらない70の技術トレンドの予測を公開した。5GやAI、セキュリティ、IoTなどの20の分野をカバーしている。(2022/2/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.