「ネットワーク仮想化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
仮想化 − TechTargetジャパン

Windows PowerShell基本Tips(34):
【 New-NetIPAddress 】コマンドレット――ネットワークアダプターに静的IPアドレスを設定する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「New-NetIPAddress」コマンドレットを解説します。(2022/6/23)

Windows PowerShell基本Tips(33):
【 Get-NetAdapter 】コマンドレット――コンピュータのネットワークアダプターを取得する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-NetAdapter」コマンドレットを解説します。(2022/6/16)

「マルチクラウドネットワーキング」が、DXを支えられる理由:
PR:注目トレンド「マルチクラウドネットワーキング」、うちの会社に関係あるのはなぜ?
企業が考えるべきネットワーキングとセキュリティの次のトレンドは「マルチクラウドネットワーキング」だと、IT調査会社はこぞって指摘する。関連して、「WAAP」というキーワードも急浮上している。これらは何を意味するのか。企業がいますぐに検討すべきものなのだろうか。(2022/6/7)

「Windows 365」を使うメリットと2大プランの違い【後編】
Windows 365「Enterprise」「Business」選ぶならどっち? 機能とコストで比較
「Windows 365」には「Windows 365 Enterprise」「Windows 365 Business」という2つのプランがある。各プランで利用可能な機能や発生するコストを確認しよう。(2022/6/7)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(173):
Azureのハイブリッド環境を低コストで入手可能に――シングルサーバ構成のAzure Stack HCIクラスタが正式サポート
これまでAzure Stack HCIは、Azure Stack HCI認定ハードウェアを使用した、最小2ノード構成からサポートされていましたが、シングルノード構成が正式にサポートされました。(2022/6/7)

ワイヤレスジャパン 2022:
宇宙に自律的な通信インフラを ドコモ5G Evolution & 6Gの取り組み
「ワイヤレスジャパン 2022」が5月25日から27日まで開催された。26日にNTTドコモの常務執行役員(CTO) R&Dイノベーション本部長の谷 直樹氏が講演。「サステナブルでWellbeingな社会の実現に向けて」と題し、5G、さらに6Gに向けたドコモの取り組みを紹介した。(2022/6/3)

アナリストからは懸念も:
BroadcomがVMwareを610億ドルで買収へ
2022年5月、新たに大規模な買収案件が登場した。Broadcomが、VMwareを610億米ドルで買収するという。(2022/5/31)

ワイヤレスジャパン 2022:
ソフトバンクは今まで以上に「5Gらしさを追求」 5G SAと5G-Advancedによる“真の5G”へ
5月25日から開催されている「ワイヤレスジャパン 2022」。2日目の26日には、ソフトバンクの常務執行役員 兼 CNO(Chief Network Officer)の関和智弘氏が、「ソフトバンクが目指す超デジタル化社会」と題して講演し、ソフトバンクが5Gや5G-Advancedの技術を活用して社会を変革する取り組みについて語った。(2022/5/27)

ワイヤレスジャパン 2022:
楽天モバイルの「5Gエリア拡大」と「スペースモバイル計画」はどうなる? 技術本部長が語る最新動向
「ワイヤレスジャパン 2022」の初日となる5月25日、楽天モバイルの執行役員兼技術本部長である内田信行氏が基調講演に登壇。米AST SpaceMobileと進めている低軌道衛星を活用した通信サービスの進捗(しんちょく)や、Beyond 5Gに向けた研究開発などについても説明した。5Gの基地局数は2022年4月時点で1万2544局に達しているとのこと。(2022/5/26)

「EC2 Instance Connect」エラー対処法【後編】
AWS「EC2 Instance Connect」のエラー原因は「IAM」「IPアドレス」にあり?
「EC2 Instance Connect」を使用する際に発生するエラーの原因として、「IAM」やパブリックIPアドレス関連の不備が考えられる。何が問題なのか。対処するにはどうすればいいのか。(2022/5/19)

PR:柔軟性と堅牢性は両立できるか――クラウド化を阻むセキュリティ対策 SBIの挑戦に学ぶ、AWS移行の勝ち筋とは
(2022/5/17)

マイクロソフトとソフトバンク、5Gを活用する新たなビジネスモデル構築へ
日本マイクロソフトは、ソフトバンクと共催する5Gビジネス創出プロジェクトを含む通信/メディア業界向けのDX推進施策の詳細を発表した。両業界の新たな“稼ぎ方”構築に向けたDX推進策を提示する。(2022/5/6)

PR:「DXの将来を占うマイルストーン」 北國銀行が挑む脱・旧システム データ分析基盤の構築プロジェクトを追う
(2022/4/25)

5Gビジネスの神髄に迫る:
5Gで急激な盛り上がりを見せる「オープンRAN」とは一体何なのか
ネットワーク仮想化などと同様、5Gで急速に注目が高まっている「オープンRAN」。基地局などの無線アクセスネットワーク(RAN)の仕様をオープンなものにして、異なるベンダーの機器を接続してネットワークを構築できる。中でもドコモが力を入れて取り組んでいるのが「O-RAN ALLIANCE」での活動だ。(2022/4/21)

ネットワークの9つの問題と解決法【第4回】
「プリンタに接続できない」ときは電源オン それでも駄目なときの対策は?
企業ネットワークで起きる問題の一つとして、プリンタに接続できず、印刷ができないことがある。そのときはどうすればいいのか。“簡単なこと”も含め、ヒントを集めた。(2022/4/21)

製造ITニュース:
NVIDIA、AIやデータサイエンス技術を試用するプログラムを国内で本格展開
NVIDIAは、Equinixのデータセンタープラットフォーム「Platform Equinix」上で、AIやデータサイエンスなどエンドツーエンドのソリューションを試用できるプログラム「NVIDIA LaunchPad」の日本国内での提供を本格開始した。(2022/4/20)

ネットワークの9つの問題と解決法【第3回】
「IPv4」枯渇問題がネットワークトラブルにつながりかねないのはなぜか?
スマートフォンの急速な普及で枯渇問題が話題になったIPアドレス「IPv4」。実は、日頃のネットワークトラブルの原因がこの問題であることがある。その解決策とは何か。(2022/4/14)

ネットワークの9つの問題と解決法【第2回】
リソース使用率が高いのはウイルス感染のサイン? ネットワーク快適利用法
企業ネットワークのありがちな問題として、リソース使用率が高いためのパフォーマンス低下がある。どのアクションを起こせば解決できるのか。さまざまなノウハウを紹介する。(2022/4/7)

ネットワークの9つの問題と解決法【第1回】
無線LANがつながらないのはキャビネットのせい? 通信トラブルの対策集
「接続が遅い」「印刷できない」「VPNに入れない」――。企業ネットワークの利用はさまざまなトラブルが付き物だ。快適に仕事できるようにするためにはどうすればよいのか。ヒントを集めた。(2022/3/31)

DCネットワーク移行サービスも開始:
ジュニパーがDCネットワーク構築自動化ツールApstraで小規模DCに対応
ジュニパーネットワークスは、企業のデータセンターにテクノロジー企業のようなネットワークを手間なく導入できる自動化ツール「Apstra」で、エッジを含む小規模データセンターに対応した。合わせてデータセンター移行のプロフェッショナルサービスを発表した。(2022/3/29)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(165):
Azureの無駄な課金を防ぐ! OSディスク、データディスク、NIC、パブリックIPの「VMと共に削除」オプション
2022年2月、Microsoftは仮想マシンとその関連リソースを同時に自動削除するオプションが正式に利用可能になったことを発表しました。このオプションを構成していない既存の仮想マシンについても、Azure仮想マシンの削除時にオプトインすることができます。(2022/3/18)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【前編】
VMware製品をOCIで動かす「Oracle Cloud VMware Solution」とは? ハイブリッドクラウド構築に使うメリット
アプリケーションのIaaS移行のハードルを下げるために、OracleはVMware製品実行サービスの「Oracle Cloud VMware Solution」(OCVS)を提供している。OCVSの特徴を説明する。(2022/3/14)

GPUの次はDPUに注目
DPU(Data Processing Unit)とは何か――何ができる? なぜ必要?
専用ハードウェアが復権しつつある。その最たるものが並列演算に特化したGPUだ。そして今、「DPU」が注目されている。DPUはなぜ必要なのか。(2022/3/11)

Microsoft Azureのセキュアアクセス手段を比較【後編】
Azure「Private Link」「サービスエンドポイント」の違いとは? どちらを選ぶ?
「Microsoft Azure」への安全な接続を実現する「Private Link」と「サービスエンドポイント」。この2つは何が違うのか。主な違いを整理する。(2022/2/22)

「ストレージ仮想化」の種類と選び方【中編】
ストレージ仮想化の「ホストベース」「アレイベース」「OSベース」「ファイルシステムベース」「ネットワークベース」の違いとは?
ストレージ仮想化には複数の方式があり、その特徴やメリットは異なる。5つのストレージ仮想化方式の仕組みと特徴を説明する。(2022/2/4)

Microsoft Azureのセキュアアクセス手段を比較【前編】
Azureを安全に使う「Private Link」「サービスエンドポイント」とは?
Microsoftは「Microsoft Azure」への安全な接続を実現するためのサービスや機能を提供している。その中から「Private Link」「サービスエンドポイント」を取り上げる。(2022/2/4)

工場セキュリティ:
PR:スマート工場化で高まる攻撃リスク、負荷なく安全性を確保し本業に集中する方法
製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みの一環として、スマート工場化が進んでいる。ただ、ネットワーク活用が前提となる中、従来対策が取られてこなかった工場のセキュリティ問題が顕在化している。OT(制御技術)独自の運用環境や、セキュリティ人材がいないことを考えると、超大手企業以外では独自で十分なセキュリティ確保を行うのが難しいのが現実だ。こうした中でどのような対応を進めていくべきなのだろうか。(2022/1/28)

ベアメタルサービス「Equinix Metal」が最新プロセッサ搭載でバージョンアップ、2022年に大阪でも提供開始
エクイニクスは、ベアメタルサービス「Equinix Metal」の機能強化を発表。最新プロセッサ搭載の「第3世代(Gen3)」をリリースし、NVIDIAのAIアクセラレーションやNutanixのハイブリッド/マルチクラウド連携を追加した。また、新たに大阪を含む世界6都市での提供も開始する。(2022/1/31)

製造業DX:
PR:Lumada×5Gが実現する、製造業のレジリエントなビジネス基盤とは
不確実性の増すVUCAの時代を迎える中、複雑かつ曖昧で予測困難な未来への対応力を実現できるレジリエントなビジネス基盤が求められている。日立製作所は、製造業の間でも注目を集めている「ローカル5G」の環境の構築をワンストップで支援するとともに、デジタルイノベーションを加速するソリューション「Lumada」を5Gで強化するLumada×5Gによって、より高度なレジリエントなビジネス基盤の提供をめざしている。(2022/1/24)

モバイル用途、大容量データが急増
「5G」データが爆速で拡大 これが世界に突きつける問題とは?
「5G」サービスの売上高は増加の一途をたどっている。将来的にこのまま5Gの利用が増え続けると、ある問題が生じる。調査によって見えた5G分野の見通しと、事業者が引き受けるべき問題とは。(2022/1/6)

「Hyper-V」と「VMware Workstation Pro」を比較【後編】
いまさら聞けない「VMware Workstation Pro」の基礎 Hyper-Vとの比較ポイントは
Microsoftの「Hyper-V」とVMwareの「Workstation Pro」。自身に適したハイパーバイザーはどちらか。ここではWorkstation Proの概要を見ていこう。(2021/12/22)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(19):
コロナ禍で加速するライブ中継の革新、ソニーのスイッチャーはなぜクラウド化したのか
2年ぶりのリアル開催となった「Inter BEE 2021」で注目すべきトレンドになったのが、従来ハードウェアでしか考えられなかった映像切替装置である「スイッチャー」について、大手各社がほとんど同時ともいえるタイミングでクラウド化に踏み切ったことだろう。その1社であるソニーのクラウドスイッチャー「M2 Live」の開発者に話を聞いた。(2021/12/15)

「Hyper-V」と「VMware Workstation Pro」を比較【前編】
手元のPCでVM(仮想マシン)が動く 「Hyper-V」のいまさら聞けない長所と短所
MicrosoftとVMwareはそれぞれ、個人利用や小規模な利用に適したハイパーバイザーを提供している。まずはMicrosoftの「Hyper-V」のメリットとデメリット、適した用途を説明する。(2021/12/13)

世界有数の貿易ハブを目指すDWTC
“つながらない会場”どう回避 国際展示場が挑んだネットワーク刷新の中身とは?
ドバイの展示会場DWTCがExtreme Networksと手を組んで、大規模のネットワーク改修を実施した。どのような製品・技術を活用したのか。新しいネットワークで何ができるようになったのか。(2021/12/8)

コンテナネットワークの基礎知識【第11回】
コンテナと仮想マシン間の通信はなぜ必要? 「OpenShift」「ACI」「NSX」のCNIとは
Kubernetesクラスタ内ではCNIプラグインを使ってコンテナ間の通信が実現します。「Cisco ACI」「NSX-T」「OpenShift」といったSDN製品による、オンプレミスインフラ向けのCNIプラグインを紹介します。(2021/12/22)

コンテナネットワークの基礎知識【第10回】
「EKS」「AKS」「GKE」のコンテナ理解に役立つVPCやVNetの通信とは?
「AWS」「Azure」「GCP」などのクラウドサービスは、「Kubernetes」のコンテナ間通信を実現する独自のサービスを提供しています。それぞれのネットワークを用意する際に知っておくべきポイントを紹介します。(2021/12/17)

コンテナネットワークの基礎知識【第9回】
「Kubernetes」を使うなら、まず知っておきたい「Flannel」と「Calico」の通信
コンテナ間の通信を実現するCNIプラグインを使うことで、KubernetesのPod間通信が可能になります。代表的なオープンソースのCNIプラグインを紹介します。(2021/12/13)

工場セキュリティ:
PR:配線レスで広がる新たな工場の姿、無線化がもたらす価値とは
スマート工場化の動きが広がる中で、ネットワークの無線化への関心が高まっている。有線が中心だった工場内ネットワークが無線化すればどのような価値を生み出せるのだろうか。(2021/11/4)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(159):
Windows Server 2022ベースの「Azure Stack HCIバージョン21H2」が正式リリース 何ができる? 新機能は?
Microsoftは2021年10月19日、Azure Stack HCIの新バージョンのGAリリースを発表しました。新バージョンは、Windows Server 2022と共通のOSビルドで構築されたAzure Stack HCIクラスター専用OSです。(2021/10/28)

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(15):
ゼロトラストの本質、ネットワークセキュリティ――ZTNAやSASEとの違いとは
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、ゼロトラストにおけるネットワークセキュリティについて解説する。(2021/10/21)

「Azure Virtual Desktop」でWindows 11が利用可能に Windows 365 Cloud PCに続き
米Microsoftが、「Microsoft Azure」で仮想デスクトップ環境を提供している「Azure Virtual Desktop」について、Windows 11に対応したことを発表した。(2021/10/12)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(158):
Azure Virtual DesktopがAzure ADのみの環境に正式対応
Azure Virtual Desktopの環境をAzure ADだけで構築するオプションが正式にサポートされました。(2021/10/1)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(194):
Hyper-V Server 2022って出るの? 出ないの? どっちなの?
Microsoftは2021年9月1日(米国時間)、長期サービスチャネル(LTSC)の最新サーバOS「Windows Server 2022」のリリースを発表しました。Microsoftはこれまで、Windows ServerのLTSCバージョンに対応する無料のハイパーバイザー製品「Microsoft Hyper-V Server」を提供してきましたが、結論から言うと、Windows Server 2022ベースのMicrosoft Hyper-V Serverをリリースする計画はないようです。(2021/9/29)

自動化ツールの活用が効果的:
ESET、クラウドの構成の誤りを修正するベストプラクティスを発表
セキュリティ企業ESETは、クラウドの構成上の問題を修正するベストプラクティスを発表した。ゼロデイ攻撃よりも人的エラーの方が高リスクであり、なるべく短時間でクラウドの構成の誤りを修正しなければならないという。(2021/9/28)

特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(6):
最新Microsoftテクノロジーで従来の運用管理は、どう楽になるのか――運用管理を変える4つのポイント
新規サービス開発におけるクラウド活用や基幹システムのクラウド移行など、オンプレミスからクラウドへのシフトが盛んな時代になった。一方で、オンプレミスに残されたシステムやサービスの運用管理も行わなければならず、そのことがこれまで以上に運用管理を複雑にしている。本稿では、クラウドとオンプレミスが混在する現在のITシステムにおいて、これまでとはどのように運用管理が変化し、どうすれば自動化や省力化、コスト削減できるかについて、Microsoftのテクノロジーやサービスとともに解説する。(2021/9/28)

開発環境をAzureに移行したらテレワーク中の出社が減りました 「オンプレはもう限界」──ゲーム企業が成し遂げたクラウド移行の舞台裏
開発環境をクラウド化したゲーム企業。Azureを中心に、開発基盤をマルチクラウドで構築した結果、トラブル対応の手間が減り、テレワーク中の出社が少なくなったという。“出社が減るクラウド移行”の舞台裏を中心人物に聞く。(2021/9/21)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第3回】
採用面接で仮想化技術の“あの言葉”の意味を聞かれたら、どう答えるべきか
仮想化エンジニアの採用面接では、求職者が持つ仮想化技術の知識や経験を問われることがある。採用面接に頻出する質問を基に、仮想化のスキルをアピールするための回答のポイントを説明する。(2021/9/21)

「開発のスピード」だけでは、ビジネスは成立しない:
PR:インフラエンジニアの役割と、存在価値を高める手段とは
およそ全てのビジネスをITが支え、経営環境変化も激しい中、システム開発・提供の「スピード」がビジネス差別化の一大要件だといわれている。しかし昨今は、システムの「品質」にまつわる事件・事故も目立つ。改めて問う「インフラエンジニアの役割」とは。(2021/9/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(156):
安全なファイル共有を提供する「Azureファイル共有」の3つの新機能とは
インターネット経由でも安全なファイル共有を提供するサーバレスのAzureサービス「Azureファイル共有」に、「強化された暗号化アルゴリズム」「SMBマルチチャンネル」「予約購入」の3つの新機能が提供されました。(2021/9/16)

宇宙から地球へ 高速通信の切り札
破綻から復活した衛星通信会社OneWeb 世界の有力企業が出資する“納得の理由”
衛星を使い、高速な通信サービスを開発するOneWebは韓国のITベンダーから3億ドルを調達する他、カナダの通信事業者と覚書を結んだ。経営破綻から立ち直ったOneWebが目指すのは何か。最近の動きを追った。(2021/9/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.