• 関連の記事

「日商エレクトロニクス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日商エレクトロニクス」に関する情報が集まったページです。

日商エレクトロニクス、金融機関向けにデジタルフロントオフィス「Moxtra」の電子契約を強化 電子認証サービスと連携
日商エレクトロニクスは、電子認証サービスとの連携により、デジタルフロントオフィス「Moxtra」の電子契約機能を強化した。フロントでのコミュニケーションから電子署名による非定型契約、アフターフォローまでをMoxtra上でワンストップで提供する。(2021/6/17)

「移行したいが、どうすれば?」を全面サポート:
PR:専門家による全面サポートで安心、コストの悩みも解消 「顧客の悩み」から生まれたクラウド移行キャンペーンは何がすごいのか
働き方の変化やデジタルトランスフォーメーションを見据え、クラウド移行が最適な選択肢だと考えるIT担当者は多いだろう。だが、問題は「具体的にどう始めればいいか分からない」ということだ。(2021/4/21)

PR:失敗事例に学ぶ、企業のクラウド導入で考えるべき3つのポイント
(2021/3/31)

Microsoft Focus:
日本独特の“ハイブリッドクラウド需要”にどう応える? MSがAzure Stack HCI刷新で見せたクラウド戦略のゆくえ
日本マイクロソフトは2021年2月末、新たな機能を加えた「新世代」Azure Stack HCIソリューションを発表した。その背景には、単なるソリューション刷新ではなく、クラウド化に当たって日本市場独特のニーズに応えようとする新たなクラウド戦略がある。その具体的な中身を取り上げつつ、Azure Stack HCIが可能にするクラウド移行の形を解説する。(2021/3/5)

PR:早期評価パートナーが指南する、Azure VMware Solution導入の理想と現実
2020年秋にサービス提供を開始したAzure VMware Solution(AVS)の魅力と導入のポイントを早期評価パートナー2社が解説した。(2021/1/27)

PR:国際レベルのサイバー攻撃に対抗する 今取り組むべきセキュリティ対策
(2021/1/28)

プライバシーを保護しつつリスクに対応:
PR:本当に「社内は身内」ですか? 内部不正対策に求められる3つのポイントは
内部不正による情報漏えいは、IPAがまとめる「情報セキュリティ10大脅威」に毎年ランクインするほど深刻な問題だ。一方で、内部不正対策をおろそかにする企業も少なくない。「社内は身内」という考えに頼っていては、今後情報漏えいの厳罰化により巨額の罰金を支払うリスクもある。対策はあるか。(2021/1/12)

ISVの「Kubernetes Operator」対応を支援 レッドハットの新たなパートナー戦略とは?
レッドハットが12月頭から、「Red Hat OpenShift」のISVパートナーを支援するプロジェクトを始めている。コンテナの運用自動化ツール「Kubernetes Operator」の活用ノウハウを提供し、基準を満たした企業を「認定Operator」に指定する。その詳細を、ITジャーナリストの谷川耕一氏が解説する。(2020/12/25)

日商エレ、プロジェクト管理ツール「Asana」の販売を開始 Zoomとの連携にも対応
日商エレクトロニクスは、プロジェクト管理ツールを提供する米Asanaと販売代理店契約を締結したと発表した。(2020/12/7)

Alkira「ネットワーククラウド」とは何か 企業のデータセンター離れは進むか
セキュアで遅延のない通信は自前で設計しなくてもas a Serviceで買える時代が来た。ネットワーククラウドを名乗るサービスが日本で本格的に展開する。(2020/12/4)

「インフラで感じる課題と管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/11/2)

「インフラで感じる課題と管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/10/13)

あべのハルカス、AIカメラで混雑状況をネットに公開 新型コロナ対策で
あべのハルカスが、AI搭載カメラを活用して混雑状況を把握、ネットに公開する取り組みを始める。(2020/7/22)

リモートワーク/オフショア開発をアジャイル化する極意:
PR:IT人材不足が約43万人に拡大する2025年に向け、DXを支える開発者に快適な環境とツールが必要な理由
デジタル技術を駆使してデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現するには、新しいソフトウェアを素早く開発していく必要がある。このような状況においてより多くの優秀なエンジニアを採用しなければいけないのだが、IT人材の争奪戦は加熱している。優秀なエンジニアを採用するために企業はどのような工夫をしたらいいのだろうか。3人の専門家に尋ねた。(2020/4/7)

「ITインフラ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様に「iPad 10.2インチRetinaディスプレイ」、10名様に「Amazon ギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2020/3/23)

「ITインフラ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で3名様に「iPad(2019年モデル)」、10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2019/10/31)

和田憲一郎が語るエネルギーの近未来 (14):
ブロックチェーンのコア技術に注力する日本発ベンチャー、カウラが描く新たな電力ビジネス
エネルギー業界でも注目を集めているブロックチェーン。日本でそののコア技術であるイーサリアム開発に注力している会社がある。カウラ(Kaula)である。多くの企業がアプリケーションに注力する中でコア技術開発に注力する理由や、エネルギー分野に関連した取組について、同社CEOの岡本克司氏に話を聞いた。(2019/9/4)

製造マネジメントニュース:
日商エレとシーメンスが協業、顧客のデジタル化を支援
日商エレクトロニクスは、シーメンスとデジタルインダストリー事業で協業する。産業用通信、制御、オートメーション分野において連携し、顧客企業のデジタル化とオートメーション化による変革を支援する。(2019/8/30)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
大量の書類仕事で疲弊した現場は、RPAを見て泣いた――双日で“ボランティア”が始めたプロジェクトが全社に広がるまで
総合商社として知られる双日で、ITとは無縁の仕事をしていた社員が始めたRPAプロジェクトが脚光を浴びている。開始から1年足らずで全社規模に成長したプロジェクトを後押ししたものとは、一体何だったのか。(2018/11/26)

“SD-WAN先駆者”日商エレクトロニクスがSD-WANの新たな導入ステージを確信:
PR:マルチクラウドや働き方改革推進をきっかけとしたSD-WANの本格導入が加速する
日商エレクトロニクスは、シスコシステムズの競合といえるネットワーク製品ベンダーを、長年扱ってきたことで知られる。その同社が2018年6月1日、シスコと共同でセミナーを開催、今後も緊密な協業を進めていくという。それはなぜか。SD-WANが今年から日本で大きな波となることを、両社が確信しているからだ。(2018/7/9)

Interop Tokyo 2018速報:
Interop Tokyo 2018のBest of Show受賞製品が決定
2018年6月13日に開幕したInterop Tokyo 2018で、Best of Show Awardが決定した。各部門の受賞者と受賞製品を紹介する。(2018/6/13)

「平成生まれのハッカー社長」が考える、働き方改革に潜む“脆弱性”とは?
働き方改革のために、セキュリティをどうすべきか――。ITmedia エンタープライズが開催したセミナー「働き方改革のリアル」で行われた講演では、この難題をクリアするための考え方やさまざまなツールが紹介された。(2018/5/1)

各種の消費モデルをカバー:
Nutanix、ソフトウェアライセンスを日本国内で提供開始
ニュータニックス・ジャパンは2018年2月27日、日本国内における同社ソフトウェア「Enterprise Cloud OS」単体ライセンスの正式提供開始を発表した。このソフトウェアライセンスプログラムは、複数の意味で興味深い。(2018/2/28)

製造ITニュース:
専門家によるサービスと技術力を融合したトータルITサービスを展開
日商エレクトロニクスは、同社の技術力に日本ヒューレット・パッカードのITエキスパートによる組織「HPE Pointnext」が提供するサービスを組み合わせた、トータルITサービスの提供を開始した。(2018/2/13)

日商エレが提供するデジタルレイバーを安全に戦力化するサービスとは!?
日商エレクトロニクスとRPAテクノロジーズおよびABBYYジャパンが販売代理店契約を締結し、デジタルレイバー総合サービスの提供を始める。(2018/2/5)

日商エレとHPEが、国内で企業のDXを支援するトータルITサービスを提供開始
日商エレクトロニクスと日本ヒューレット・パッカードが協業し、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するトータルITサービスを始める。(2018/1/25)

実はx86サーバも25周年:
レノボがHCI製品「ThinkAgileシリーズ」を拡充、同社初のvSAN搭載製品も
レノボ・エンタープライズ・ソリューションズがThinkAgileシリーズを拡充し、ラック型のNutanix搭載モデルとVMwareのvSAN搭載モデルを発売する。(2017/12/14)

Weekly Memo:
ハイブリッドクラウドを支える「ハイパーコンバージドシステム」の選び方
企業のITシステムにおいてハイブリッドクラウドの需要が高まるにつれ、それを支えるハイパーコンバージドシステムに注目が集まっている。果たしてユーザーから見てどう選べばよいのか。(2017/12/11)

企業のデジタルトランスフォーメーションを支援:
レノボが日商エレと協業、Azure Stackによるハイブリッドクラウドを共同展開
レノボ・エンタープライズ・ソリューションズと日商エレクトロニクスが、ハイブリッドクラウド・ソリューション事業の拡大にむけて協業する。(2017/12/9)

高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC):
IoT時代に求められるITインフラ技術者を育成、NTTコムやCTCなど6社
NTTコミュニケーションズ、伊藤忠テクノソリューションズ、NEC、KDDI、シスコシステムズ、日商エレクトロニクスの6社は、IoT時代のITインフラを支える人材育成に向け、「高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC)」を設立し、活動を開始した。(2017/9/4)

理事長には慶應SFCの村井教授が就任:
「IoT時代の技術者」の育成を支援する業界団体「AITAC」が発足 国内IT大手6社が共同で
「IoT時代の技術者育成」を目的とした業界団体「AITAC」が発足。国内大手通信事業者/システムインテグレーターの6社が協業し、ネットワークとコンピューティング両方のスキルに加え、仮想化やクラウドなどのソフトウェア資源を利活用できるスキルを身に付けた、IoT時代の技術者に必要とされる人材を育成していく環境を整える。(2017/8/29)

顧客の「“4つ”のトランスフォーメーション」を強力に支援:
PR:新生Dell EMCがパートナーとともに築く、「業界全方位をカバーするラインアップとパートナーシップを持つ」真意と強み
「Dell EMC Business Partner Forum 2017」が4月18日に開催された。新生Dell EMC初のパートナーイベントとあって、500人超が参加し、新しいパートナープログラムの解説やパートナーアワードの表彰などが盛大に行われた。「HCIは“本物”」「オールフラッシュは“常識”」──。今後の企業に必要とされている「4つ」のトランスフォーメーションについて、Dell EMCとそのパートナーはその解決策をどう示し、どのように提供していくのだろうか。(2017/5/29)

ソリューションの開発も:
ニュータニックス・ジャパン、10社と「Enterprise Cloud Association」を設立
ニュータニックス・ジャパンは2017年5月16日、同社のITインフラ運用ソフトウェア「Enterprise Cloud Platform(以下、ECP)」をベースとしたソリューションの開発やベストプラクティスの確立などを目指すグループ「Enterprise Cloud Association」を設立したと発表した。(2017/5/16)

Interop Tokyo 2016速報:
2016年のInterop Tokyo、Best of Show Award受賞製品・サービスが決定
千葉・幕張メッセで開催中のInterop Tokyo 2016で、優秀展示製品を選ぶBest of Show Awardの受賞製品が決定した。(2016/6/8)

Interop Tokyo 2016ピックアップ(1):
2016年のInterop Tokyoに登場する、SD-WANとセキュリティのユニークな製品たち
2016年6月8〜10日に、千葉・幕張メッセで「Interop Tokyo 2016」。ネットワークおよびセキュリティで、数々の先端的な製品やサービスが登場する。ここではSD-WANとセキュリティで注目の製品を簡潔に紹介する。(2016/6/7)

堅守性99.999999999999%のクラウドストレージ、KDDIが提供
利用料は1テラバイトあたり月額8000円。(2015/8/31)

「OpenStack Summitの歩き方」リポート(2):
OpenStackの波に乗る企業、それぞれの市場創出へのアプローチ
OpenStackのエコシステムに参加する企業が増えている。日本国内でも、OpenStackの技術を軸に多様なアプローチで市場をもり立てようと試みる企業が増えてきた。(2015/8/6)

ホワイトペーパー:
INTEROP TOKYO 2015リポート(1):企業が注目すべき「SD-WAN」とは何か
2015年6月第2週に開催されたINTEROP TOKYO 2015における展示を通して、一般企業が活用できる、ネットワークの最新トレンドを紹介するシリーズの第1回として、SDN的な考え方を企業WANに適用した「SD-WAN」に関する動きを紹介する。(2015/7/3)

INTEROP TOKYO 2015:
国内市場に登場した「SD-WAN」、企業にどんなメリットをもたらすか
2015年6月上旬に千葉・幕張で開催されたINTEROP TOKYOでは、「SD-WAN」と呼ばれる製品が2つ、デビューした。一つは「Viptela」、もう一つは「VeloCloud」だ。これらの製品は、一般企業の拠点間を結ぶ広域閉域網のあり方を変えることを目的としている。国内企業における利用が、急速に進む可能性がある。(2015/6/25)

INTEROP TOKYO 2015速報:
2015年のINTEROP TOKYO、Best of Show Award受賞製品が決定
INTEROP TOKYOにおける優秀展示製品を選ぶBest of Show Awardで、2015年の受賞製品が決定した。(2015/6/10)

INTEROP TOKYO 2015の歩き方(1):
ネットワークはさらに高速化、SDNも当たり前に
INTEROP TOKYO 2015では、ネットワーク製品の高速化対応がさらに進む一方で、柔軟性を確保するとともに高度な制御を実現する手段として、各種のSDN(Software Defined Networking)、あるいはSDN的な仕組みが自然に使われつつある状況を、体感できるはずだ。(2015/6/9)

導入促進のためのエコシステム:
レッドハットのOpenStackで、11社がレファレンス・アーキテクチャを提供
レッドハットの日本法人は2015年1月19日、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platformに関し、テクノロジーパートナー11社がレファレンス・アーキテクチャを提供すると発表した。(2015/1/19)

導入事例:
慶應SFC、約6000人利用のオンラインストレージ構築
オンプレミスで構築したシステムにより、データを外部のパブリッククラウドに持ち出す必要が無くなったという。(2014/9/9)

INTEROP TOKYO 2014:
Best of Show Award受賞製品が発表
6月12日、INTEROP TOKYO 2014のBest of Show Award受賞製品が発表された。(2014/6/13)

Server & Storageイベントリポート CloudStack Day Japan 2014:
北大「アカデミッククラウド」を支えるCloudStack
クラウドサービス事業者らが多数参画するIaaS構築環境であるCloudStack。国内初の大規模イベントから、プロジェクトの進捗や機能、参画企業のサービス展開などをリポートする。(2014/4/2)

NEWS
サーバ/ストレージ統合基盤を提供するNutanix、日本法人を設立
サーバ機能とストレージを一体化した垂直統合型アプライアンス製品を、サーバ仮想化やVDIサービス、ビッグデータ向けの基盤として提案する。(2013/6/6)

大塚商会、北海道にディザスタリカバリ向けデータセンターを開設
日商エレクトロニクスとエヌシーアイが所有・運営する石狩市の施設を利用してサービスを提供する。(2013/2/5)

日商エレと日本HP、ストレージ製品「3PAR」の動作検証センターを共同設立
日商エレクトロニクスと日本HPが、ストレージ製品「3PAR StoreServ Storageシリーズ」の販売に関するパートナーアライアンスを設立。同製品の検証施設を共同で立ち上げ、日商エレクトロニクスのパートナー企業による3PARの販売を支援する。(2012/12/20)

オープンクラウドの潮流【第1回】
【技術動向】中立性を保つOpenStackと商用実績のCloudStack
オープンソースの2大クラウド基盤である「OpenStack」と「CloudStack」。その変遷と最新動向を振り返るとともに、それぞれの戦略と指針を確認する。(2012/11/20)

エヌシーアイがvCloud Suite採用のIaaSを発表:
後発の企業向けクラウドサービスはどう差別化できるか
エヌシーアイは11月5日、企業向けのプライベートクラウドサービスである「ZETA Cloud」を12月12日に提供開始すると発表した。しかし、データセンター事業でも企業向けクラウドサービスでも後発の同社は、どのように差別化していくのだろうか。(2012/11/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.