• 関連の記事

「トラッキング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トラッキング」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Firefox 102リリース Metaもブロックできるトラッキング防止「厳格」機能追加
Mozillaは「Firefox 102」をリリースした。強化型トラッキング防止機能の「厳格」モードで、MetaやHubSpotなどがユーザー追跡に利用しているトラッキングに必要なクエリパラメータがURLから除去される。ダウンロードパネルを開かないように設定する機能も追加された。(2022/6/30)

LPWAの相互運用性の実現も視野に:
Sigfoxは次世代へ、新たなオーナーUnaBizの戦略
フランスSigfox社を買収し、IoT業界を驚かせたシンガポールのスタートアップUnaBiz。同社は、Sigfoxネットワークの新たなオーナーとして、次世代のSigfox構築を目指している。(2022/6/30)

フラッグシップモデル刷新:
ロジクールのシリーズ初メカニカルキーボード「MX MECHANICAL」と静音スイッチ採用マウス「MX MASTER 3S」を試す
ロジクールから、フラグシップモデル「MX」シリーズ初となるメカニカルキーボード「MX MECHANICAL」(KX850F)と「MX MECHANICAL MINI」(KX850C)、および「MX MASTER 3S アドバンスド ワイヤレス マウス」が発売された。実機を使って分かったことをまとめた。(2022/6/30)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年6月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/6/28)

組み込み採用事例:
三菱電機の車載向けデジタルコックピット「Inca Jay」が採用したRTOS
Green Hills SoftwareのリアルタイムOS「INTEGRITY」が、三菱電機の車載向けデジタルコックピット「Inca Jay」に採用された。Inca Jayのソフトウェアを安全に実行、保護し、開発における認証コストと複雑性を軽減する。(2022/6/24)

Fitbitから睡眠の質を改善する機能 分析データを動物に類型化
フィットビットは、サブスクリプションサービス「Fitbit Premium」(月額640円/年額6400円)向けの新機能として、「睡眠プロフィール」の提供を始めた。睡眠プロフィールは、ユーザーの睡眠パターンを長期に渡って分析し、より良い睡眠へのヒントを動物のキャラクターと共に示す機能だ。1カ月当たり最低14日間は、睡眠時にFitbitの着用が必要。(2022/6/23)

多言語、多国籍、多拠点チームの開発環境と働き方:
なぜ開発環境を共有フォルダ→VM→コンテナ、k8sとアップデートしていったのか――八楽における開発、運用改善の取り組みとこれから
AI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」を企画、開発、運用している八楽は、コンテナやKubernetesを活用したクラウドネイティブな開発、運用スタイルを実現している。現在活用しているコンテナやKubernetesにどのようなメリットを感じているのか、多拠点チームで開発生産性を高めるためにどのような取り組みをしているのかを交えて紹介する。(2022/6/23)

カーボンニュートラル:
NTT都市開発が福岡県で開発中の複合施設に再エネを導入、国際イニシアチブにも対応
NTT都市開発は、大成建設とともに、福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目で開発を進めている複合施設「博多イーストテラス」に、トラッキング付き非化石証書を利用した実質再生可能エネルギーを導入する。(2022/6/22)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年6月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/6/21)

Web会議の情報格差を解決:
PR:会議室をアップデート Zoomが提案するハイブリッドワークソリューションとは?
(2022/6/20)

開発陣に聞く:
開発陣に聞く「Xperia 1 IV」 光学ズーム実装の背景から“スマホだけで宅録”実現まで
2022年夏、3キャリアが取り扱う「Xperia 1 IV」は注目の1台だ。本機はソニーの技術結晶であるカメラ、ディスプレイ、オーディオはもちろん、クリエイターに刺さるような機能も搭載している。光学ズーム実装の背景から“スマホだけで宅録”実現まで、Xperia 1 IVの魅力や技術について、企画開発に関わった方々に話を聞いた。(2022/6/18)

VRニュース:
高精度なフィンガートラッキング用グローブ型デバイス、2022年後半発売予定
アスクは、Manus VRが開発したフィンガートラッキング用のグローブ型デバイス「Quantum Metagloves」を発表した。用途に応じて3つのセンサーの装着方式から選べ、サブミリメートルの高精度なトラッキングができる。(2022/6/17)

Supply Chain Dive:
なぜ研究開発に多額の投資をしたのか? UPS「伝説のCIO」のテクノロジー戦略
UPSは自動化の活用、より迅速で情報に基づいた意思決定のためのデータ活用など新技術を物流ネットワーク全体にわたって採用している。新技術導入を進めた同社元CIOは配送ドライバーとしての勤務経験があり、現在はSalesforceのCIOに転身した「伝説のCIO」だ。(2022/6/16)

Firefox、新トラッキング防止機能を標準で有効に Cookieのトラッカー機能のみブロック
Mozillaが「Firefox」において、Cookieによる情報のトラッキングを防ぐ「トータルCookieプロテクション」機能を標準で有効化した。(2022/6/16)

指の動きまでアバターに反映 AR用SDK「ToF AR」ソニーセミコンダクタが一般公開
手や指の動きまでスムーズに描写できるAR用SDK「ToF AR」をソニーセミコンダクタソリューションズが一般公開した。(2022/6/16)

Innovative Tech:
Bluetoothから個別のスマートフォンを識別し追跡するサイバー攻撃 米国チームが論文発表
米University of California, San Diegoの研究チームは、Bluetoothの脆弱性を突いて、スマートフォンを識別し追跡できることを実証した論文を発表した。(2022/6/15)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年6月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/6/14)

小寺信良のIT大作戦:
日本のメディアはWWDCをどう報じたか Apple報道のエコシステム、その実態を探る
WWDC22ではM2搭載MacBook Airをはじめとする多数の製品発表が行われ、それらを報じた記事の数も膨大なものとなった。その内訳から、報道の実態がどのようになっているのかを探ってみた。(2022/6/11)

日清紡マイクロデバイス NT1191、NT1192:
自動車やドローン向け、高精度GNSS対応ローノイズアンプ
日清紡マイクロデバイスは、高精度GNSS向けローノイズアンプとして、GNSSマルチバンド対応の「NT1191」と、L5、L2、L6バンド対応の「NT1192」を発表した。自動車、ドローン、ウェアラブル機器の高精度測位に適する。(2022/6/10)

Transport Dive:
新技術導入が進むほどCIOとCTOの境界線が曖昧に それでも変わらない「重要な役割」は?
運送業界は、新しい技術の導入によって旧態依然とした時代から脱却しつつある。新技術の導入が進むにつれてCIOとCTOの境界線は曖昧になっているが、最も重要な「ある役割」は変わらない。(2022/6/10)

健康第一!:
ロジクールの「LIFT M800」で疲れ知らずの環境をゲット
ロジクールの縦型マウス「LIFT M800」は、従来の「MX Vertical」から小型軽量化を果たした注目の1台だ。新たな改良点はもちろん、縦型のメリットや注意点などをチェックした。(2022/6/8)

Manus VR、高精度なフィンガートラッキングを実現できるグローブ型VRデバイス「Quantum Metagloves」
アスクは、Manus VR製となるグローブ型VRデバイス「Quantum Metagloves」の取り扱いを発表した。(2022/6/7)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年6月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/6/7)

「Xperia 1 IV」は何が進化したのか 「Xperia 1 III」との違いをおさらい
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが6月3日にソニーの最新フラグシップスマートフォン「Xperia 1 IV」を発売した。外観は先代の「Xperia 1 III」から大きく変わっておらず、パッと見だと違いが分からないほど。一方でカメラが大きく進化し、望遠レンズが光学ズームに対応した。(2022/6/6)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
富士フイルム「X-H2S」はスピード&パワーと動画のカメラだった
富士フイルムもとうとう最先端に追い付いた、といっていいと思う。5月末のオンラインイベント「X Summit OMIYA 2022」で発表された「X-H2S」のことだ。(2022/6/6)

SIEが「PSVR2」向けタイトル公開 「バイオハザード」も
SIEは3日、PS5対応のVRヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR2」向けに開発しているタイトルを紹介した。カプコンの「バイオハザード ヴィレッジ」はストーリーモード全編が対応する。(2022/6/3)

PR:カメラも、ゲームも、音楽も極上の体験を 新フラグシップ「Xperia 1 IV」を使い倒す
2022年を代表するXperiaのフラグシップ5Gスマートフォン「Xperia 1 IV」が登場した。3つのレンズ全てでソニーのデジタル一眼カメラ「α」譲りのリアルタイム瞳AFや、動画の4K 120fpsのスローモーション撮影に対応。ディスプレイ、オーディオ、ゲームに関連する性能も底上げされており、エンタメコンテンツを満喫できる。(2022/6/3)

製品動向:
ライカジオシステムズ、セルフラーニング搭載のGNSS受信スマートアンテナ
ライカジオシステムズは、正確な測位のためのGNSS受信スマートアンテナ「Leica Viva GS16」の後継機種として「Leica GS18」を販売開始した。(2022/6/1)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
GA4が促す「Web解析」と「CRM分析」の融合でビジネスはどう変わる?
GA4が可能にする「拡張CRM活動」が今後、企業の成長を加速させるかもしれません。(2022/6/1)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「Xperia 1 IV」のカメラを試す 超広角から望遠まで「賢いAF」で撮れるのが気持ちいい
ソニーの一眼レフカメラ「α」シリーズの技術を取り入れたフラグシップスマホ「Xperia 1 IV」のカメラ性能を試す。望遠カメラが光学ズームになり、センサーは高速読み出しが可能になった。さらに「Xperia PRO-I」で使えた「Videography Pro」も使えて、気持ちいい撮り心地だ。(2022/5/31)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/5/31)

スマートシティーでの活用に期待:
Wi-SUN FAN認定のボーダールーター向け開発キット
シリコン・ラボラトリーズ(以下、シリコン・ラボ)は「ワイヤレスジャパン 2022」(2022年5月25〜27日、東京ビッグサイト)で、Wi-SUN FAN(Field Area Network)認証済みボーダールーター向けレファレンスソリューション(開発/評価キット)を展示した。(2022/5/30)

組み込み開発ニュース:
ソニーのイメージセンサー事業のけん引役はやっぱりスマホ、車載の採用も拡大
ソニーグループがCMOSセンサーをはじめとするイメージング&センシング・ソリューション(I&SS)分野の事業戦略を説明。モバイル向けイメージセンサーの市場拡大は2030年度まで年率約10%で継続する見込みで、高級機種で求められる大判化などの最先端の技術要求に着実に応えていくことで競合他社に奪われたシェアを奪回する方針。(2022/5/30)

多すぎて分からない「ワイヤレスイヤフォン」 選び方のポイントを解説
完全左右独立型のイヤフォンは「TWS(True Wireless Stereo)イヤフォン」とも呼ばれ、ここ数年で多く普及していることもあり、販売される製品も数多くある。そこで今回は選ぶべきポイントを挙げながら、イヤフォン選びについて語っていきたいと思う。(2022/6/12)

Amplitude、顧客行動分析とCDPを統合 相乗効果でリアルタイムオーディエンス解析でエンゲージメント促進へ
Amplitudeは、インサイト主導型のCDP「Amplitude CDP」を発表した。プロダクト分析ツール「Amplitude」の新機能として提供される。シームレスなイベントデータの収集分析により、データ品質の向上やコスト削減、顧客エンゲージメントの強化を実現する。(2022/5/30)

Web会議の情報格差を解決:
PR:会議室をアップデート Zoomが提案するハイブリッドワークソリューションとは?
コロナ禍の緊急避難策として始まったテレワークシフトが一段落し、リアルとリモートを柔軟に組み合わせるハイブリッドワークへの取り組みが進んでいる。Web会議の定着を支えた「Zoom」が、今後のハイブリッドワークの成功のために新たに勧めるサービスとは。(2022/5/27)

DuckDuckGo、WebブラウザがMicrosoftのトラッキングだけ許していたことについて説明
DuckDuckGoのWebブラウザがMicrosoftにだけユーザー追跡を許しているという指摘に対し、CEOはこれを認め、理由をRedditで説明した。検索シンジケーション契約上の制約によるものだが、制約軽減について話し合い中としている。(2022/5/26)

Poly、小規模会議室向けのUSB外付けビデオバー「Poly Studio R30」
Polyは、小規模会議室での利用を想定したUSB外付けビデオバー「Poly Studio R30」を発表した。(2022/5/25)

Innovative Tech:
近くの“悪用AirTag”を自動で発見するAndroidアプリ バックグラウンドでも検知可能
ドイツのTU Darmstadtの研究チームは、Apple以外のスマートフォン向けに、自分のもの以外のAirTagやFind My対応トラッカーが近くにあった場合に自動で検出してくれるAndroidアプリを開発した。(2022/5/24)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/5/24)

QualcommがARメガネ「Wireless AR Smart Viewer」発表 無線接続に対応し、フレームが40%薄く
米Qualcommは5月20日(現地時間)、ARメガネのリファレンスモデル「Wireless AR Smart Viewer」を発表した。新しいプロセッサ「Snapdragon XR2」を搭載し、Wi-Fi 6/6EとBluetoothによる無線接続が可能になり、フレームが40%薄くなった。製造は中国の精密機器メーカーGoertekが行い、ARヘッドセットのコンテンツ開発者向けプラットフォーム「Snapdragon Spaces XR」に対応する。(2022/5/23)

Qualcomm、2代目ARメガネ「Wireless AR Smart Viewer」は無線でより薄く
Qualcommは、2代目になるARメガネのリファレンスデザインを発表した。「Wireless AR Smart Viewer」は無線接続可能で、先代より薄く軽い。新プロセッサ「XR2」搭載。(2022/5/22)

Appleの最新CMに見る「プライバシー情報搾取」の現状
Appleがプライバシーの情報搾取について、新しい啓発CMを公開した。AppleがこのCMを制作した狙いやこれまでの取り組みについて、林信行氏がまとめた。(2022/5/20)

ソニーがノイキャンイヤフォン「LinkBuds S」発表 “穴なし”構造でLDAC対応
ソニーは、ノイズキャンセル(NC)機能と高音質コーデックLDACに対応した完全ワイヤレスイヤフォン「LinkBuds S WF-LS900N」を6月3日に発売する。市場想定価格は2万6000円(税込み)。カラーはエクリュ、ホワイト、ブラックの3色を用意する。(2022/5/19)

Innovative Tech:
Appleの「ATT」は本当にユーザーのプライバシーを守れているのか? 英オックスフォード大が指摘
英オックスフォード大学の研究チームは、ユーザーのプライバシー保護を目的としたAppleの2つの機能「App Tracking Transparency」(ATT)と「Privacy Nutrition Labels」が効果的に役割を果たしているかを調査した論文を発表した。(2022/5/18)

Meta、「Meta Quest」用最新アップデート“v40”を発表 アプリ毎のロック指定が可能に
Metaは、同社ブログにて「Meta Quest」用最新アップデートの告知を行った。(2022/5/17)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/5/17)

メカ設計ニュース:
裸眼3D立体視が可能なノートPCの受注生産を開始
日本エイサーは、裸眼で3D立体視ができるノートPC「ConceptD 7 SpatialLabs Edition(CN715-73G-SL76Z)」の受注生産販売を開始した。3DメガネやVRゴーグルを使わずに、ノートPCだけで裸眼3D体験ができる。(2022/5/12)

スマホ1つでライブ配信が完結、ソニー「Xperia 1 IV」登場 光学ズーム搭載
ソニーは11日、YouTubeなどのライブ配信を1台で行える5Gスマートフォン「Xperia 1 IV」を発表した。望遠カメラには光学式ズームレンズを採用した。(2022/5/11)

ソニーが「Xperia 1 IV」発表 可変式望遠レンズが光学ズームに対応、全レンズが“高速”に
ソニーがXperiaスマートフォンの新モデル「Xperia 1 IV」を発表。2022年6月上旬以降の発売を予定している。望遠カメラが、85mmと125mmの焦点距離を光学ズームで撮影できるようになった。超広角と望遠のレンズも120fps読み出しに対応し、瞳AFやオブジェクトトラッキング、20コマ/秒の高速連写が利用できるようになった。(2022/5/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.