• 関連の記事

「人件費」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人件費」に関する情報が集まったページです。

“不穏な兆候”の4社 専門家「悪質な粉飾決算に金融機関は疑心暗鬼」
企業倒産が徐々に深刻化している。2023年度の倒産件数は9年ぶりの高水準だった。無利子・無担保融資(ゼロゼロ融資)の返済や物価高、人件費高騰などの要因に加え、不正発覚で経営破綻に追い込まれる「コンプライアンス(法令順守)違反倒産」も増えているという。(2024/5/8)

新聞販売店の倒産が過去30年で最多に ネット広告へのシフトや人件費増加が原因
東京商工リサーチの調査で、23年度の新聞販売店の倒産は39件と前年度と比べ56.0%も増加し、過去30年間で最多を記録したことが分かった。(2024/4/9)

すき家、業界初の深夜料金導入 ライバルの追随は?
牛丼チェーン「すき家」は3日、通常料金に7%を上乗せする深夜料金を業界で初めて導入する。原材料費や人件費などの上昇を受け、深夜営業の安定的な持続につなげたい考えだ。ライバル会社はメニューの価格改定でコスト上昇分の吸収を図るが、今後追随するのかどうかが注目される。(2024/4/3)

障害者雇用も「ちゃんと稼ぐ」 DMMの専門組織「BC部」が黒字を実現できたワケ
DMM.comでは専門部署「ビジネスクリエーション部」立ち上げ、障害者雇用に力を入れている。22年度には初めて部署で黒字化(人件費と販管費を上回る売り上げを上げた状態)を達成。この黒字化を達成するまでには、障害者雇用において解消すべきさまざまな課題があったと、BC部の梶進一部長は話す。(2024/3/29)

東京23区の新築マンション、価格上昇いつまで? 平均価格は初の1億円超
東京23区の新築マンションの平均価格が昨年、初めて1億円の大台を超えた。高嶺の花と言われた「億ション」だが、低金利が続く中、夫婦共働きで世帯年収が高い「パワーカップル」や富裕層を中心に需要は強く、資材や人件費の高騰を価格に反映しやすい状況だ。(2024/3/12)

さくらのクラウドを経産省が支援 「海外サービスに依存しない状況確保する」
さくらインターネットの「さくらのクラウド」が、経済産業省による「特定重要物資クラウドプログラムの供給確保計画」の認定を受けた。経産省は今後、同サービスの技術開発に関する人件費などを助成する。(2024/2/20)

人材派遣業界が「人手不足」に直面 倒産が増加し、2015年以降最悪に
人材派遣業界が、人手不足による人件費高騰に直面している。倒産もハイペースで増加中だ。(2023/12/15)

子会社設立の主な目的はコスト抑制:
IT子会社の課題は「受け身体質」「スピード感」、ではどう改善する? ガートナーが提言
ガートナージャパンは、国内のIT子会社の実情に関する調査結果を発表した。IT子会社を設立している主な理由は、人件費の抑制やシステム開発コストの抑制、システム運用コストの抑制などだった。(2023/10/6)

10月以降「インボイス残業」発生へ 人件費「全国で月3400億円分」増加か LayerX試算
消費税のインボイス制度が10月1日にスタートすると、対応のための新たな業務が発生し、全国で毎月約3400億円の人件費が発生する可能性がある――LayerXがこんな調査結果を発表した。(2023/9/20)

マクドナルドの値上げ対象店舗を地図上で可視化したら…… 賃料や人件費が高い地域がよく分かると評判
マクドナルドが考える都心が見えてくる。(2023/6/21)

スピン経済の歩き方:
モスの黒毛和牛バーガーは「690円」でよかったのか “高級路線”に踏み切れないワケ
モスバーガーの業績が低迷している。原料の高騰に加えて、人件費や光熱費がかさんで、直近の数字は最終赤字に沈んだ。ピンチを乗り切るにはどうすればいいのか。(2023/6/6)

ピザハットが250円の「配達料」導入、人件費や燃料代の高騰で
(2023/4/18)

コスト増に伴い:
森永乳業、飲料やデザート49品を値上げ 「森永の焼プリン」は150円→180円に
森永乳業は4月18日、飲料や育児用ミルク、デザートなど計49品を6月1日出荷分から値上げすると発表した。原料価格や人件費、物流費の上昇を販売価格に転嫁する。希望小売価格や出荷価格を5.8〜20.0%引き上げる。(2023/4/18)

人件費・燃料代が高騰:
ピザハット、一部店舗で「配達料」導入 6月からは全国店舗でも
4月18日より、一部のピザハット店舗で250円の配達料を導入する。6月19日から全国店舗に拡大する。人件費や燃料代が高騰したため、配達料無料が維持できなくなったとしている。(2023/4/18)

企業努力の限界:
ミネラルウオーター「エビアン」値上げ 採水地でのコスト増
伊藤園は、ミネラルウオーターブランド「エビアン」を値上げすると発表した。採水地でのエネルギー費・人件費・資材費の高騰などが原因。企業努力では対応しきれなくなった。(2023/3/20)

来客増を狙う:
焼肉の和民、2178円の食べ放題プランを土日祝ランチにリニューアル復活 2月4日から
ワタミ(東京都大田区)が運営する「焼肉の和民」は、土日祝日のランチタイムに提供する「食べホ ランチ」プランを2月4日から全25店舗で復活させる。食品や人件費、物流費などが上昇する状況だが、手頃なプランを打ち出すことで来客増を狙う。(2023/2/4)

〈24時間営業再開か〉すかいらーくジョナサン店舗で店長に骨折させられる“壮絶なパワハラ”と大きな闇
「人件費をできるだけ抑え、未払いで長時間労働をさせる。そのために、暴力や恐怖で支配していたのではないか」。(2023/1/6)

地方自治体のDXに地財措置 CIO補佐官の任命や職員育成を補助 総務省
総務省が、デジタル人材の確保・育成にかかる人件費などの経費について地方財政措置を講ずると発表した。「デジタル田園都市国家構想総合戦略」に基づいてDXを推進するとしている。(2022/12/27)

Transport Dive:
大量解雇とIT投資を同時に実施した企業の顛末 テクノロジー重視だけでは「不十分」な理由とは
ある会社が人件費削減のためレイオフを実施する一方で、IT投資を強化している。この戦略の結果は。そもそも人件費を圧縮しつつIT投資を増額するのは正しい戦略なのだろうか。2人のアナリストの見解を紹介する。(2022/12/21)

デジタルファブリケーション:
「住宅ローン地獄から解放を!」セレンディクスの300万円“3Dプリンタ住宅”が示す、未来の住宅建築
セレンディクスは、3Dプリンタによる住宅建築の社会実装を目指すスタートアップ企業。住宅建設コストの大部分となる人件費を3Dプリンタによる自動化で最小化し、「住宅ローンから脱却して、クルマを買い替えるように、低価格で家を買い替えるようにする」と標ぼうしている。これまでは、3Dプリンタによる家づくりは、建築基準法にどう適合させるかや耐久性のあるマテリアル(素材)をどうするかなどのハードルがあったが、セレンディクスの3Dプリンタ住宅にはそうした課題に対する解決策があるという。(2022/12/19)

残業代を適切に管理できている?:
3つのよくある残業対策、小手先の対応になっていないか? その効果と落とし穴
経営において、コストの適正管理は極めて重要です。コストの大部分を占める人件費をどう調整すべきか? 今回は、よくある残業代対策とその課題についてご紹介していきます。(2022/12/1)

チポトレがAIキッチンシステム、位置情報技術をテスト:
フードTech業界も協働ロボが進出 疲れ知らずの調理アシスタント誕生
人件費が高騰する米国において、レストランチェーンのオペレーション自動化が進む。Tech企業への投資も増え、ついに協働ロボットが調理アシスタントや接客補助に使えるかどうかを本格検証する企業が出てきた。配膳ロボなどよりも一歩進んだ人を支援するロボットは普及するだろうか。(2022/10/24)

すかいらーく、客からのパワハラ告発にも対応せず ジョナサンで店員が殴られ骨折させられた“壮絶なパワハラ” 社長は謝罪を拒否
「人件費をできるだけ抑え、未払いで長時間労働をさせる。そのために、暴力や恐怖で支配していたのではないか」。(2022/7/22)

SNSで賛否両論:
時給123円の労働力 配膳ロボットは、人から仕事を奪ってしまうのか? USENに聞いた
USEN-NEXT GROUPのUSENが展開する配膳ロボットが「時給は約123円」と紹介され話題になっている。同社のWebサイトによると、ホールスタッフ1人の人件費と比べると「単純計算で毎月29万500円お得」という。SNSでは「ロボットにできることは任せればいい」という意見がある一方、「人の仕事を奪うのでは」という声もあり、賛否両論が巻き起こった。近い将来、ロボットが人の仕事を奪うのだろうか? USENの成伯真紀子さん(ビジネスインテグレーション推進部部長)に見解を聞いた。(2022/6/22)

ビジネスも生活も充実:
PR:超・低コストで拠点開設! IT企業の「地方進出」なら新潟県がオススメなワケ
コロナ禍をきっかけに注目が集まる、企業の「地方移転」や「拠点開設」。そこでぜひ利用したいのが、新潟県が提供しているさまざまな支援制度だ。オフィス賃料や人件費の補助を手厚く用意している新潟県では、人材面でのメリットやアクセスの良さも相まって、昨今では進出企業が増えているという。本記事では、進出企業の声とともに、新潟県の魅力を解説していく。(2022/6/16)

餃子の王将、5月14日から値上げ 餃子など14種
餃子の王将を運営する王将フードサービスは4月27日、メニュー全体の約2割の商品を5月14日より税抜20〜30円値上げすると発表した。小麦や食用油をはじめとする原材料価格の高騰や、人件費、物流費の上昇が原因だとしている。(2022/4/27)

カメラとAIで人件費25%削減 トライアルGOが取り組む自動値下げや顔年齢確認の可能性
トライアルは4月20日、福岡県宮若市において新型店舗「トライアルGO脇田店 in みやわかの郷」をオープンした。「日本で初めて」という年齢確認付きの顔認証決済や、「世界初」という売り場カメラと電子棚札が連動する「自動値下げ」などを実現した「次世代型スマートストア」と位置づける。(2022/4/22)

全体の2割の商品が対象:
マクドナルドの「ハンバーガー」「チーズバーガー」、3月14日から20円値上げ 原材料価格高騰などで
日本マクドナルドが3月14日から全体の2割の商品を対象に価格改定すると発表した。主力商品の「ハンバーガー」「チーズバーガー」の店頭価格を20円値上げするという。同社は値上げの理由について「昨今の小麦や牛肉をはじめとする原材料価格の高騰や人件費、物流費の上昇などを受け、慎重に検討した結果」と説明している。(2022/3/4)

売れっ子定員も登場:
【まとめ】無人店舗元年! 2021年にはどのような店舗がオープンしたのか?
2021年に盛り上がったビジネスの1つに「無人店舗」が挙げられるだろう。コロナ禍で対面接客が減らせたり、人件費削減につながったりと多くの利点があり、DX文脈でも注目を集めていたように感じる。今年、筆者が取材した3つの無人店舗を紹介していく。(2021/12/28)

1月4日納品分から:
日清フーズ、薄力粉「フラワー」など151品目の値上げを発表
日清フーズは薄力粉「フラワー」など151品目の値上げを発表した。政府売渡価格の改定や一般原料、人件費の上昇などが背景にあるという。どんな商品が値上がりするのか?(2021/10/25)

減らす理由は:
10月に「地域別最低賃金引き上げ」が実施、人件費はどうなる?
総合人材情報サービスのアイデムは、「令和3年度地域別最低賃金」の引き上げに伴い、取引企業243社にアンケートを実施、その結果を発表した。「最低賃金の引き上げに伴い、人件費の対応策として検討していること」を尋ねたところ……。(2021/9/15)

導入事例:
無人ホテルの受付をアバターに、人件費を75%削減する実証実験がスタート
SQUEEZEは、運営する小規模無人スマートホテルの顧客満足度を高めるとともに、水光熱費を削減するため、パナソニックシステムデザイン製の遠隔コミュニケーションシステム「AttendStation」とパナソニック製の電力モニタリング兼遠隔コントロールシステム「AiSEG 2」を用いた実証実験を東京都大田区西蒲田の無人ホテル「Minn 蒲田」で開始した。(2021/6/11)

出向によって社員の成長を促す JALの人事部に聞く、3つの目的
コロナ禍で、苦しい時期を過ごしている日本航空(JAL)。多くの社員を他企業へ出向させているが「人件費の削減を第一優先に置いたことはない」という。では、その目的は何か。(2021/4/28)

台湾にも不安材料はある:
半導体製造、米国の“国内回帰”のメリット
オフショアリングの主な利点は、今も昔も変わらず「人件費を削減できる」という点だ。しかし近年では、安価な労働力の流動化が進み、より高い生活水準を求める声が高まると、人件費に対する圧力が強くなっている。(2021/3/29)

電源にさすだけの新型「カンタン監視カメラG-cam02」レンタル開始
MIYOSHIが新型「カンタン監視カメラG-cam02」のレンタルを開始した。工事不要で電源に挿すだけですぐに監視を開始でき、レンタル形式とすることで価格を抑え、人件費軽減にも貢献する。(2021/3/8)

4月から施行:
中小企業も適用迫る同一労働同一賃金、「対応済み」は3割 “不合理な待遇差”の判断に悩みも
エン・ジャパンが実施した中小企業の人事担当者への調査によると、4月に中小企業にも適用される「同一労働同一賃金」について、すでに対応が完了している企業は約3割にとどまった。“不合理な待遇差”の判断や、対応に伴う人件費の増加など、課題や悩みも多い。(2021/2/27)

定年延長のリアル:
定年延長、何から取り組めばいいのか? “放置状態”を脱する、現状分析の方法を伝授
「定年延長をするために、何から取り組めばいいのか?」という問いに対し、筆者は「現状分析からスタートすべき」と主張する。現状分析の方法である「人員分析」「賃金・人件費分析」「職場環境分析」を解説し、企業事例も紹介する。(2021/2/5)

コロナワクチンの接種状況、マイナンバーとひも付け 国が新システムを構築へ
河野太郎行政・規制改革担当相が、新型コロナワクチンの接種状況を把握するため、マイナンバーとひも付けるシステムの構築に乗り出す方針を明らかにした。システムの構築費用や情報の入力に伴う人件費などは全て国が負担する。(2021/1/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
賃金はこの先も上がらず…… コロナ禍ではびこる「内部留保肯定説」と、企業の自殺
コロナ禍で企業の内部留保を肯定する声が出てきている。しかし、人件費を減らすことは長期的には企業を苦しめる。会社を動かし、生産性を高めるのは「人」だからだ。働く人の心身の健康が業績にもつながる。厳しいときこそ人に投資し、未来に備える必要がある。(2021/1/8)

同一労働同一賃金、実務上の対応ポイント (1)基本給や賞与、退職金など
同一労働同一賃金について、人事担当者に求められる実務上の対応ポイントを見ていくことにしましょう。基本給や賞与、退職金などでは、やはり「同一労働」であるかどうかの判断が重要となります。人件費上昇を極力抑えるミニマム対応の視点で、考えてみます。(2020/12/23)

最終赤字248億円:
オリエンタルランドの1Q、売上高94.9%減 東京ディズニーランド・シー休園が影響
オリエンタルランドの20年4〜6月の連結業績は、売上高が前年同期比94.9%減で、248億円の最終赤字に転落。コロナの影響で、臨時休園していた東京ディズニーランド・シーの人件費など、211億円の特別損失を計上した。(2020/7/30)

勤怠管理でメンタルヘルスケア対策 打刻時の顔写真でモチベーションを“見える化”――中日本コミュニケーション
中日本コミュニケーションは、顔写真からモチベーションを可視化するメンタルヘルスケア機能を搭載した勤怠管理システム「ZooMe Checker」を発売。メンタルヘルスケアと勤怠管理を一元化でき、従業員のモチベーション向上や組織の活性化を支援し、長時間労働の防止や人件費の削減に貢献するという。(2020/6/4)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「コロナ倒産」の連鎖が始まる――「雇い止め多発」の中小、2159万人の非正規を守れ
人件費負担の大きい飲食店などの経営規模の小さい会社の多くは、パートやアルバイトなど非正規雇用に頼っているケースが多い。こうした店舗で売り上げが「消滅」した場合、泣く泣くパートやアルバイトを雇い止めにするほかない。正規雇用でなければ、仕事がなくなれば時給制のパート、アルバイトは収入を失う。(2020/4/14)

大企業では2020年4月からなのに……:
同一労働同一賃金、肯定派より否定派の企業が多数 「人件費がさらに上がる」「派遣の苦しい声だけを取り上げている」
同一労働同一賃金に関する調査結果が発表。調査結果では、肯定派より否定派の企業の方が多いと分かった。大企業では20年4月から対象となるが、対応済みの企業は少ないようだ。(2020/2/21)

利益成長する「生産性向上」のためにやるべきこと:
働き方改革で“消えた”残業代はどこへ? 真にやるべきことは「効率化」「コスト圧縮」ではない
続々と進む「働き方改革」。2019年4月の関連法施行もあり、現場では効率化が進み残業時間も削減傾向にある。一方で、浮いた残業代はいったいどこへいっているのか。また、経営陣は人件費をどのように配分すればよいのか。企業アナリストの大関暁夫氏が解説する。(2019/12/5)

データ激増の時代に備えるストレージ戦略とは
ストレージ管理者必見 数年おきのデータ移行を楽にするには
ストレージを利用するとき意外にも負担が大きいのは、人件費を含めた運用コストだ。この運用コストを削減しつつ、激増するデータに合わせてストレージ容量を拡張するために、企業はどう対処すべきなのか。(2019/12/10)

ロボット:
自動搬送ロボット「Butler」、国内の新販売代理店にオークラ輸送機
人手不足の問題や人件費の高騰、進まないスムーズな配送体制の構築といった日本の物流業界の成長を妨げる障壁の解消を目的に、GreyOrangeは、自動搬送ロボット「Butler」の販売代理店にオークラ輸送機を2019年5月に迎え、拡販体制を強化した。(2019/10/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
日本型雇用は“幻想”に過ぎない トヨタ・経団連トップの「終身雇用難しい」発言で露呈 
財界トップが次々に終身雇用の継続困難に言及。人件費負担に企業が耐えられなくなったのが原因。終身雇用は日本の伝統ではないという背景も。(2019/5/22)

日本一ソフトウェア株価が-17%の急落 「MSワラント」による資金調達発表で売られる
資金は主に人件費に充てるとのこと。(2019/5/20)

TOHOシネマズ値上げ 一般1800円→1900円に 人件費など負担増で
TOHOシネマズは、映画の鑑賞料金を6月1日から値上げすると発表した。一般は1800円→1900円に、シニアは1100円→1200円になる。学生や幼児、レイトショーの料金は変えない。人件費などのコスト増加を企業努力で吸収し切れなくなったためという。(2019/3/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.