• 関連の記事

「プロトタイプ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロトタイプ」に関する情報が集まったページです。

Tesla、人型ロボット開発に参入 2022年にプロトタイプ公開
米Teslaが、人型ロボット「Tesla Bot」の開発を発表した。2022年にプロトタイプを公開するという。人間の作業を肩代わりさせるのがコンセプト。(2021/8/20)

車両デザイン:
新型フェアレディZは米国で2022年春発売へ、240台の限定生産モデルも
日産自動車は2021年8月18日、米国市場で2022年春に発売する「Z」(日本名フェアレディZ)を披露した。これまで、プロトタイプを通して内外装のデザインやエンジン、車両サイズ、タイヤサイズについてのみ公表されていたが、グレードやトランスミッションなどの詳細についても発表した。日本市場向けの新型フェアレディZは2021年冬に発表を予定している。(2021/8/19)

AI:
コンクリートの締固めをAIで判定するシステムを開発、安藤ハザマ
安藤ハザマと金沢工業大学は、深層学習を活用した「コンクリートの締固めAI判定システム」を開発した。安藤ハザマらは、新システムのプロトタイプを用いた実地試験をコンクリート製品工場で実施し、AIによる締固めの完了および未完了の判定結果をリアルタイムに表示できることを確認した。今後、安藤ハザマは、判定プログラムにさらなる改良を施し、同社のコンクリート製品工場(屋内施工)への展開を目指す。(2021/8/12)

メカ設計ニュース:
宇宙スタートアップがBioPod開発で3DEXPERIENCEプラットフォームを採用
ダッソー・システムズの「3DEXPERIENCEプラットフォーム」をInterstellar Labが導入し、環境制御型食料生産システムのプロトタイプを設計、開発した。宇宙環境にも対応するステーションの建設計画をさらに進めていく。(2021/8/10)

AI:
SREとSNCSPが資本提携、モニタリングソリューションを開発
SREホールディングスとソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームは資本提携を行い、監視カメラ動画をAIでリアルタイムに分析するモニタリングソリューションのプロトタイプを開発した。(2021/7/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型86とBRZ スポーツカービジネスの最新トレンド
トヨタとスバルは、協業開発したFRスポーツカーとして、2012年からトヨタ86とスバルBRZを販売してきた。この2台のスポーツカーがこの度フルモデルチェンジを果たし、袖ケ浦フォレストレースウェイで、プロトタイプの試乗会が開催されたのだ。そこで86/BRZのインプレッションレポートと併せて、何がどう変わり、それがスポーツカービジネスをどのように変えていくかについて、まとめてみたい。(2021/7/26)

組み込み開発ニュース:
直感的に液晶ディスプレイ表示の試作ができるソフトウェアの無償提供を開始
スマートインプリメントは、製造業のDX化を促進するため、液晶ディスプレイデザインのプロトタイプ開発ソフトウェア「Anprod」の無償提供を開始した。車載ディスプレイや家電の操作パネルの開発に利用できる。(2021/7/19)

電源IC活用術:
設計プロセスを簡素化する「ユーザー・プログラマブルPMIC」
ユーザー・プログラマブルPMICならば、同じPMICを複数のプロジェクトで再利用できるため、迅速にプロトタイプ作成が進み、開発期間を短縮できます。(2021/6/29)

燃料電池車:
ランドローバー「ディフェンダー」がFCVに、AVLやマレリが開発プロジェクトに参加
ジャガーランドローバーは2021年6月15日、ランドローバーブランドの「ディフェンダー」をベースにした燃料電池車(FCV)のプロトタイプを開発すると発表した。2021年内にテスト走行を実施し、オフロード性能や環境性能を検証する。FCVは大型で長距離の走行が求められ、高温から低温まで幅広い環境で使われる車両に向くとしている。(2021/6/21)

Gartner Insights Pickup(209):
AI運用を成功させるための3つの運用管理スキル
ほとんどの組織は、AIモデルのプロトタイプを本番環境に移行できていない。データの依存関係を管理できていないことが、AIの本番稼働までのプロセスの大きな障壁となっている。(2021/5/28)

「作り込みのない開発」をかなえた秘訣とは
企業間連携へのブロックチェーン適用、NECが金融業界水準の要求に応えた方法は
金融業界の要求に応えるブロックチェーン基盤実現の取り組みを進めるNEC。複数企業間の情報連携をデジタル化するシステムのプロトタイプを開発するに当たり、どんな狙いがあったのか、また高いセキュリティや信頼性をどう実現したのか。(2021/6/11)

SpaceXの星間航行船プロトタイプ、垂直着陸に初成功 5度目のチャレンジで
米SpaceXは5、米テキサス州で宇宙船「Starship」の高高度飛行テストを行い、高度約10kmからの垂直着陸に成功した。今回は爆発もなく、同社のイーロン・マスクCEOは自身のTwitterアカウントで成功を宣言した。(2021/5/6)

iPhone 13 miniのプロトタイプ画像流出?
iPhone 12 miniの後継機は果たして登場するだろうか。(2021/4/21)

製造ITニュース:
欧州発の黒船か、新たなデータ流通基盤「GAIA-X」とNTTコムが相互接続実証を開始
NTTコミュニケーションズは2021年4月8日、欧州が自国や地域のデータ主権の保護を目的に構想を進めているデータ流通基盤「GAIA-X」との連携を進め、相互接続を可能とするプラットフォームのプロトタイプを開発したと発表した。(2021/4/9)

Boston Dynamics、ピッキングフォークリフトを不要にする倉庫ロボット「Stretch」を披露
Boston Dynamicsが倉庫で働くロボット「Stretch」のプロトタイプを披露した。倉庫内を動き回り、長いロボットアームの先端についた吸盤グリッパーで箱をピッキングし、パレットに積載する。(2021/3/30)

イノベーションのレシピ:
家電のアドオンをマイコンで自作、パナのモノづくりプロジェクトが目指す未来
パナソニックは2021年3月12〜25日にかけて、同社のデザインスタジオであるFUTURE LIFE FACTORYの活動を紹介する「DIG UP! あなたと考えるプロトタイプ展」を東急プラザ銀座で開催した。身の回りの素材や市販の電子部品を使ったモノづくりを促進する「D+IO」などのプロジェクトの成果を披露。(2021/3/25)

Facebook、脳からの神経信号を読み取るリストバンドを披露 ARメガネの入力用
Facebookが開発中のARメガネの入力デバイスとして開発中のリストバンドのプロトタイプを披露した。2019年に買収したCTRL-labsの技術に基づくもので、脳からの神経信号を読み取り、指の動きで仮想キーボードでの入力やARのオブジェクト操作を可能にする。(2021/3/19)

10那由他バイトの情報を蓄積できる未来のストレージ「Black Hole Recorder」のプロトタイプが展示中
理化学研究所の数理創造プログラム(iTHEMS)などが参画するデザインスタジオ「Useless Prototyping Studio」が製作しています。(2021/3/15)

イノベーションのレシピ:
ブラックホールを使えば那由他バイトの情報ストレージを実現できる!?
理化学研究所の数理創造プログラム(iTHEMS)と、クリエイティブブティックのSCHEMA、addictが参画するプロジェクトUseless Prototyping Studioは、同プロジェクトの第1弾プロトタイプとして、未来の情報ストレージデバイス「Black Hole Recorder(ブラックホール・レコーダー)」を制作したと発表した。(2021/3/15)

ミリ波帯の電波を建物内に誘導:
ドコモら、28GHz帯向けメタサーフェスレンズを開発
NTTドコモとAGCは、メタサーフェス技術を用いミリ波帯(28GHz帯)の電波を屋外から屋内に効率よく誘導する「メタサーフェスレンズ」のプロトタイプを開発、受信電力を向上させる実証実験にも成功した。(2021/1/28)

ボクニマカセテ! フォルクスワーゲンが開発した自動EV充電ロボットがかわいい プロトタイプのデモ映像を公開
電気自動車を充電して回る様子は近未来的かも。(2021/1/5)

人と同じ速さでリンゴを収穫するロボット 果実1個につき11秒で デンソーなど開発
デンソーなどが、人とほぼ同じ速度でリンゴやナシなどを収穫するロボットのプロトタイプを開発した。(2020/12/24)

スマートアグリ:
AIが果実の熟度を高精度判定、農研とデンソーらが自動収穫ロボットを共同開発
農業・食品産業技術総合研究機構は2020年12月23日、立命館大学やデンソーと共同で果実収穫用ロボットのプロトタイプを開発したと発表。ロボットが圃場内を自動走行し、カメラを通じてAIが果実の熟度を自動判定する。ロボット本体のハードウェアはデンソーが、ロボットの果実認識技術などは立命館大学が開発した。(2020/12/24)

クボタメガネ:
「近視を治療するメガネ」のプロトタイプを開発 網膜に光を当てて抑制、窪田製薬HD
窪田製薬ホールディングスは12月17日、近視の治療・抑制を目指す技術を用いた「クボタメガネ」の商業化を目指すプロトタイプが完成したと発表した。(2020/12/18)

近視を治すメガネ、プロトタイプが完成 網膜に特殊な光を当てて刺激
窪田製薬ホールディングスは、子会社の米クボタビジョンが近視を抑制、治療する眼鏡型デバイス「クボタメガネ」のプロトタイプを完成させたと発表した。(2020/12/17)

ソフトバンクが産業向けドローンを開発 LTE内蔵で高度測位サービスに対応
ソフトバンクと双葉電子工業は、共同開発していた産業向けドローンのプロトタイプ製作について発表。LTE対応の通信モジュールを搭載している他、ソフトバンクの高精度測位サービス「ichimill」に対応する。(2020/12/17)

航続距離480キロ以上:
トヨタ、燃料電池大型トラックの新型を初公開 「MIRAI」の新システム搭載、商用ニーズに幅広く対応
トヨタ自動車は、燃料電池(FC)大型商用トラックの新型プロトタイプを米国で初公開した。新型「MIRAI」に搭載している第2世代のFCシステムを採用し、性能を向上。FCトラックなどの実用化に向けて取り組みを加速させる。(2020/12/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダMX-30で1800キロ走って見えたもの
そもそもMX-30に与えられた使命は、電動化の牽引役だ。年明けにはいよいよ国内でもEVが出る。これは以前プロトタイプに乗ったが、スーパーハンドリングマシーンと呼べる出来になるはずである。次の時代に向けた実験的取り組みは、全てこのMX-30がテストベッドになる。そのクルマの基礎素養がこれだけ好もしいものであったことで、期待は高まろうというものだ。(2020/12/7)

FAニュース:
超高速縞投影3次元センサー、コンベヤーで流れる3D形状の計測や検査が可能
リンクスは、Photoneo製の超高速縞投影3次元センサー「MotionCam3D」と「PhoXi Scanner Generation 2」を発売する。MotionCam3Dはプロトタイプからの正式発売で、アップデートしたGeneration 2は、使いやすさと安定性がさらに向上している。(2020/12/4)

秘密分散技術でデータを保護:
ノートPCでも使える「データを無意味化して格納するストレージシステム」 NICTらがプロトタイプを開発
ZenmuTechとYDK、NICTは、「データを無意味化して格納するストレージシステム」のプロトタイプを開発した。ソフトウェアが自動的に分散データに変換した上で格納するので、情報漏えいを心配することなくテレワークなどの業務が可能になる。(2020/10/30)

船も「CASE」:
小さなヨットで取り組む自律“帆走”、漁業や海上タクシーへの貢献目指す
自律“帆走”技術の開発に挑むスタートアップ企業がある。野間恒毅氏がCEOを務めるエバーブルーテクノロジーズだ。現在、ラジコンヨットをベースにした全長1mのプロトタイプと、船型からオリジナルで開発した2m級のトリマラン「Type-A」を用いて、自律帆走の実証実験を重ねている。(2020/10/22)

Slack、リモートワーク支援の非同期動画メッセージ機能やDiscord的音声チャット機能を計画中
Slackが、定例Web会議の代わりになりそうな非同期動画メッセージ機能と、オフィスでの雑談に近い音声チャットを目指すチャンネルのオーディオオプションのプロトタイプを披露した。(2020/10/8)

「ノベルゲームは実況控えて」 「CLANNAD」移植版の販売元が呼び掛け 営業上の損失に
ノベルゲームの移植や販売を手掛けるプロトタイプが、同社の製品を使ったゲーム実況動画の配信を控えるよう呼び掛けた。動画共有サイトなどで該当する動画の投稿が急増し、対応に要する時間が増えているという。(2020/10/7)

「悪魔のZ」オマージュ版もイケてる! 初代フェアレディZを新型プロトタイプ風にアレンジしたCGアートがめちゃくちゃカッコイイ
かっこいい!(2020/10/5)

車両デザイン:
新型フェアレディZのデザインは「ほぼ完成」、プロトタイプを披露
日産自動車は2020年9月16日、オンラインイベントを開催し、「フェアレディZ プロトタイプ」を公開した。フェアレディZの新モデルの投入は2020年5月末に公開された動画で予告されていた。また、日産は2023年度までの4カ年の事業構造改革計画において「今後18カ月で12の新型車を投入」と掲げており、新型フェアレディZはこの12モデルのうちの1つとなる。そのため2021年内にも発売するとみられる。価格については現時点では非公表だ。(2020/9/17)

12年ぶりの刷新:
日産、新型「フェアレディZ」プロトタイプを初公開 “初代”の雰囲気漂うデザインに
日産自動車は、同社を代表するスポーツカー「フェアレディZ」の新型モデルのプロトタイプを初公開した。1969年に発売された初代をはじめ、歴代の「Z」の雰囲気を感じられるデザインに一新。12年ぶりのモデル刷新となる。(2020/9/16)

きたぁぁ! 日産「次期フェアレディZ」発表、V6ツインターボ+6MT搭載のピュアスポーツ
プロトタイプですが「デザインはほぼ決定」とのことです。【画像74枚】(2020/9/16)

プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション :
成功した一発以外は“多産多死” チャイナ・イノベーションのスピード感を支える「野蛮な戦略」とは?
現代は、手を動かして試作品を作る「プロトタイプ」の考え方が奏功し、「まずは手を動かす」人や企業が勝利する時代だ。中国のイノベーションを支える戦略や、ITジャイアントのテンセントにも影響を及ぼしている開発手法「アドホックモデル」の利点について新進気鋭の起業家が解説する。(2020/8/31)

プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション :
バイドゥ、アリババ、テンセント……「ITジャイアント」生み出した中国企業に学ぶ“超高速ビジネスの作り方”
現代は、手を動かして試作品を作る「プロトタイプ」の考え方が奏功し、「まずは手を動かす」人や企業が勝利する時代だ。中国企業の新規事業立ち上げの根底にある「スピード感と軽さ」について新進気鋭の起業家が解説する。(2020/8/29)

超小型PCの道:
ゲーマー視点で超小型PC「OneGx1」をいじってみた
One-Netbook Technologyの7型ゲーミングミニノートPC「OneGx1」が、8月22日から量販店で発売される。発売前のプロトタイプ機をゲーマー視点でチェックした。(2020/8/21)

Innovative Tech:
形状が自由自在な3Dブレッドボード「CurveBoards」 米MITが開発
ウェアラブルデバイスなどのプロトタイプ作成に便利な技術が生まれた。(2020/7/22)

10億円を超える!? 世界に2台しかないフォード「GT40」プロトタイプが海外オークションに登場
かつては「GT40」の生みの親であるキャロル・シェルビーが所有者でした。(2020/7/2)

VOCALOIDじゃない「初音ミク NT」、3カ月遅れでプロトタイプ版リリース
クリプトン・フューチャー・メディアが、どうしゃ静歌声合成ソフト専用のボーカル音源「初音ミク NT」の試作バージョンを予約購入者向けに公開した。新型コロナの影響で当初予定より3カ月遅れたが、8月の正式版リリースは「遅れないよう対処中」という。(2020/6/4)

AIが肺のCT画像から異常を検出、新型コロナ解析の一助に 臨床研究用ソフト登場
独Siemens Healthineersは5月18日、CT画像を活用した新型コロナウイルス感染症の解析をAIでサポートするソフトウェアの開発を発表した。臨床研究向けに開発されたプロトタイプで、国内ではシーメンスヘルスケアが医療機関との共同研究を進めていく。(2020/5/19)

スマホで写したものを数秒でPCにペースト 現実のモノをコピペできるARソフトのプロトタイプ公開
およそ7秒でコピペできます。(2020/5/6)

FAニュース:
オープンイノベーションで製造業向けスマート工場化システムの実証実験を開始
ムセンコネクトは、三菱電機と共同で、製造業向けの生産性向上が期待できるスマート工場化システムの実証実験を開始した。リアルタイムで稼働情報を収集し、システムのプロトタイプ開発と顧客開発検証を実施する。(2020/4/8)

医療機器ニュース:
固形剤製造プロセスの経済性評価ツールのプロトタイプ版を公開
東京大学は第一三共と共同で、固形剤製造を対象とした経済性評価ツール「SoliDecision」のプロトタイプを公開した。臨床開発から商用生産までの不確実性も、計算に取り込むことができる。(2020/3/3)

AI搭載の“走るスーツケース”誕生へ 視覚障害者の移動をサポート IBMら5社が共同開発
視覚障害者が利用しやすい「AIスーツケース」の開発に向け、IBMら5社が社団法人を設立した。6月にプロトタイプを使った実証実験を行う。(2020/2/6)

28GHz帯5G電波の透過や反射を制御 ドコモが実証実験に成功
NTTドコはAGC協力のもと、高い透明性を維持しながら電波の反射・透過を制御する「透明動的メタサーフェス」のプロトタイプを開発。基地局の設置が困難な場所でもきめ細やかな5Gエリアの構築が可能となる。(2020/1/20)

CES 2020:
“タフネス5Gスマホ”を2020年に投入する京セラ 強みは「ジャパンメイド」
京セラがCES 2020で5G対応スマートフォン開発を表明。5G高耐久スマートフォンおよびタブレットのプロトタイプを出展した。まずは米国で発売する予定だが、日本への投入も視野に入れている。京セラの5G戦略についてインタビューした。(2020/1/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.