• 関連の記事

「リアルタイム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

デジタルツイン:
都市BIMと生成AI活用で石見銀山地区の「デジタルツインバース」構築、大成建設
大成建設は、現実空間とデジタルツインとをリアルタイムに相互連携できる次世代型メタバースのデジタルツインバースシステム「T-TwinVerse」を開発した。島根県の石見銀山地区をモデルに、都市BIMを組み込み、生成AIを利用してどこからでも自由に情報を登録、参照できるシステムを構築し、地域活性化に役立てる実証実験を開始した。(2024/7/11)

製造IT導入事例:
SUBARU、在庫管理自動化システムを矢島工場に導入
SUBARUは、エスマット(旧社名:スマートショッピング)の在庫管理システム「SmartMat Cloud」を群馬県太田市の矢島工場に導入した。棚卸やリアルタイムでの実在庫把握などを自動化できる。(2024/7/9)

組み込み開発ニュース:
産業用PCのソフトモーションが倍速に、62.5μs周期で多軸同期制御を実現
モベンシスは、「産業オープンネット展2024」において、産業用PCでリアルタイム制御を実現するソフトモーションコントローラー「WMX3」について、サーボモーターの多軸同期制御の周期を従来の125μsから倍速となる62.5μsに向上したことを発表した。(2024/7/8)

組み込み採用事例:
デンソーの車両周辺監視システムに採用されたPOSIX準拠スケーラブルRTOS
イーソルのスケーラブルリアルタイムOS「eMCOS POSIX」を中核とするソフトウェアプラットフォームが、デンソーの車両周辺監視システムに採用された。CPUの64ビット化やシステム全体の高性能化に対応する。(2024/7/8)

FAニュース:
PLCを活用したFA設備向け稼働監視システム、工場の見える化で生産性向上
アローセブンは、FA設備向け「稼働監視システムFactory Insight α」の提供を開始した。FA設備の稼働状況をワイヤレスでリアルタイムに監視し、工場の見える化により生産余力の把握や稼働効率の改善を図る。(2024/7/4)

角刈りオジサンから美少女ボイス 「GPU不要で超低遅延」なリアルタイム音声変換ソフトを見てきた
「みんな〜〜〜私のこと見えてるぅ〜〜〜?」――出版社やIPホルダー、映像・CG、先端技術を持つコンテンツ関連企業が集結する「コンテンツ東京」(7月3日から5日まで東京ビッグサイトで開催)を物色していたら、遠くのブースからえらくキャピキャピした声が聞こえてきた。「どこかの企業がゲストでも呼んだのかな?」と覗いてみると、声の主は角刈りのオジサンだった。(2024/7/3)

店員の笑顔と声、AIが評価「スマイルくん」 イオンが一部店舗で導入
イオングループの一部店舗で、従業員の笑顔や声量を分析し、リアルタイムでフィードバックするAI端末「スマイルくん」が7月から導入される。(2024/7/3)

リアルタイムOS列伝(48):
「RT-11」はUNIXの“/usr”ディレクトリの語源なのか 歴史と機能から検証する
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第48回は、UNIXの“/usr”ディレクトリの語源という説が流れた「RT-11」について、その歴史や機能を紹介する。(2024/7/3)

XAMLファイル編集の利便性が向上:
Microsoft、VS Codeの.NET MAUI拡張機能を更新 リアルタイムで変更反映するHot Reload機能など追加
MicrosoftはVS Code向けの「.NET MAUI」拡張機能の追加機能を発表した。追加機能はXAML IntelliSenseとアプリを再起動せずにコードを編集できるHot Reload機能だ。(2024/7/2)

医療機器ニュース:
神経細胞のリアルタイム閉ループ実験を簡素化するツールを開発
東京大学は、神経細胞と人工細胞のバイオハイブリッド実験を簡素化するツール「Bi?muS」を開発したと発表した。簡単かつリアルタイムのクローズド(閉)ループ実験が可能となる。(2024/7/2)

電子ブックレット(組み込み開発):
リアルタイムOS列伝まとめ(第21回〜25回)
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、IoT市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する連載「リアルタイムOS列伝」の第21回〜25回をまとめた。(2024/6/27)

違和感なく生体筋の活動状況を測定:
柔らかくて薄い導電性生体電極、CNTを用いて開発
東京工業大学は、伸縮性と透湿性を兼ね備えた、表面筋電位測定用の「導電性生体電極」を開発した。エラストマー超薄膜上に単層カーボンナノチューブ(CNT)を塗布して作成したもの。装着者は違和感なく、生体筋の活動状態をリアルタイムに長時間測定することが可能となる。(2024/6/25)

OpenAI、リアルタイム検索のRocksetを買収 「検索インフラを強化する」
OpenAIはリアルタイム検索と分析ツールを手掛ける新興企業Rocksetを買収した。Rocksetの技術を統合して製品全体の検索インフラを強化する。(2024/6/22)

遠隔操作:
建機の操作感覚を遠隔からリアルタイムに体感、熊谷組と東京高専が共同開発
熊谷組は、遠隔地の工事現場に配置された建機を、安全かつ低遅延に制御するシステムの構築を進めている。今回、東京高専と共同で、建機の傾きや振動、音や映像をVR体験システム「シンクロアスリート」複数台に同期接続し、建機の操作感覚をライブ配信することに成功した。(2024/6/12)

撮影した写真で“ポイ活”できる「GeoQuest」提供開始 ためたマイルはポイントや現金に交換可能
ジオテクノロジーズは、無料アプリ「GeoQuest」を提供開始。ユーザーはビルやコインパーキングなど出題された施設の写真を撮るとマイルがたまり、同社はアプリを通じたリアルタイム情報でデジタル地図をスピーディに更新していく。(2024/6/10)

人工知能ニュース:
ラズパイ5にAIキットが登場、処理性能は13TOPS
英国Raspberry Pi財団がシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi 5」と組み合わせて高性能のAI推論処理を可能にする「Raspberry Pi AI Kit」を発表。最大13TOPSの処理性能を備えており、カメラから入力した映像データに対してリアルタイムで物体認識などを行える。(2024/6/5)

リアルタイムOS列伝(47):
DECとともに消えた名機VAX向けRTOS「VAXELN」の栄枯盛衰
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第47回は、DECがかつて提供していたVAXという32ビットミニコンピュータ向けのRTOS「VAXELN」について紹介する。(2024/6/3)

山岳トンネル工事:
トンネル坑内作業の状況を画像解析AIが判定、施工管理業務を効率化 清水建設が開発
清水建設は、山岳トンネル工事の施工管理業務を効率化する情報共有ツール「AIサイクル自動判定システム」を開発した。Webカメラのライブ映像からトンネル坑内作業の状況を画像解析AIで自動判定し、チャットツールを通じて施工関係者へリアルタイムに展開する。(2024/5/27)

Microsoft、YouTubeなどの動画のAI採用リアルタイム吹き替え機能をEdgeで提供へ
Microsoftは「Build 2024」で、「Edge」のリアルタイム翻訳機能を発表した。AIを採用し、YouTubeやロイターの動画を音声吹き替えと字幕で翻訳する。間もなく利用可能になり、将来的には日本語もサポートする見込み。(2024/5/22)

テキスト+落書きでリアルタイム画像生成 動画キャプション自動生成も……「Copilot+PCs」のAI機能
AIファーストの新Windows PCカテゴリ「Copilot+PCs」には、リアルタイムでAI画像生成する機能などが搭載されている。(2024/5/21)

Google、マルチモーダルなAIアシスタント「Project Astra」デモでARメガネをチラ見せ
GoogleはリアルタイムのマルチモーダルAIアシスタントプロジェクト「Project Astra」を発表した。デモ動画には、Pixel搭載のプロトタイプとの会話を途中でARメガネに切り替える場面も。(2024/5/15)

ロボット掃除機を再定義:
SwitchBotが多機能掃除ロボット「S10」を発売 水道からの直接給水と下水への直接排水に対応
SwitchBotが、自動給排水機能とリアルタイムモップ洗浄機能を備えた多機能掃除ロボット「SwitchBot お掃除ロボットS10」の販売を開始する。国内ではSB C&Sを通して公式販売サイトを含むECサイト、主要な家電量販店で取り扱われる。【更新】(2024/5/14)

製造現場向けAI技術:
TDKがエッジAI搭載センサーモジュールによる予知保全ソリューションを提供へ
TDKは、製造現場向け予知保全ソリューション「i3 CbM Solution」を2024年6月から販売開始する。エッジAI搭載のセンサーモジュールがデータの取得と状態変化の判断をすることで、リアルタイムでの状態監視が可能になる。(2024/5/13)

ロボット開発ニュース:
BlackBerryとAMDがロボティクス開発を効率化するプラットフォーム構築へ協業
BlackBerryは、ロボティクス開発を効率化するプラットフォームの構築に向けて、AMDと協業すると発表した。ロボティクスに特化したハードウェアに求められる、厳格なリアルタイム機能に対応する。(2024/5/9)

製造ITニュース:
印刷工程全体の進捗をリアルタイムで可視化、コニカミノルタがアプリ開発
コニカミノルタは、印刷データの入稿から梱包、出荷に至るまでの工程全体の進捗状況をリアルタイムで可視化するWebアプリケーション「AccurioPro Dashboard JobManager」を発売した。印刷工程全体のコストをより正確に計算できるようになった。(2024/5/9)

デジタルツイン:
建設現場のリアルタイムデータをデジタルツインで一括管理 MODEとCalTaが連携
MODEとCalTaは、両社のサービスを融合し、現場の3Dデータとセンサー/デバイスから収集したデータを統合して、簡単にリアルタイムデータを共有できる高度なデジタルツインの実現を目指す。(2024/5/7)

宇宙機向けRISC-Vプロセッサ搭載:
Microchip、放射線耐性PolarFire SoC FPGAを発表
Microchip Technologyは、リアルタイムLinux対応のRISC-Vプロセッサを搭載した、宇宙機用電子機器向け放射線耐性(RT)PolarFire SoC FPGAを発表した。(2024/5/7)

リアルタイムOS列伝(46):
FDDからブートできる「MenuetOS」とCPUキャッシュにOSが載る「KolibriOS」
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第46回は、フロッピーディスク(FD)1枚にOSとアプリケーション一式が収まる「MenuetOS」と、MenuetOSからフォークした「KolibriOS」について紹介する。(2024/5/7)

DNP、音声をリアルタイムで表示するシステム開発 感情に合わせてフォントが変化
大日本印刷は4月23日、対話音声をリアルタイムで文字に変換し、透明スクリーンに表示する「DNP対話支援システム」を発売した。自治体や公共交通機関などに提供し、関連サービスも含め2028年度までに10億円の売り上げを目指すとしている。(2024/4/25)

感情に応じてフォントが変化 DNP、音声をリアルタイムでテキスト表示するシステム 窓口での案内などに
音声をリアルタイムで文字に変換し、目立たせたい単語を強調して透明スクリーンに表示する「DNP対話支援システム」発売。感情などを表す単語について、自動で最適なフォントを選んで表示するする機能が特徴だ。(2024/4/23)

製造ITニュース:
AIとリアルタイムデータを活用し、フィールドサービスを効率化
Salesforceは、AIを活用してフィールドサービスの業務を効率化する「Einstein 1 Field Service Edition」パッケージを発表した。パッケージには生成AIアシスタント「Einstein Copilot」ベータ版も含まれている。(2024/4/22)

組み込み開発ニュース:
組み込みシステム向けRTOSのシェアはTRON系が約60%
トロンフォーラムは、会員向けに「2023年度組込みシステムにおけるリアルタイムOSの利用動向に関するアンケート調査報告書」を公開した。報告書によると、組み込みシステムに組み込んだOSのAPIにおいて、TRON系OSが約60%のシェアを達成した。(2024/4/17)

スマートコンストラクション:
場所打ちコンクリート杭工事で振動データを活用した「支持層到達管理システム」開発 西松建設
西松建設は、場所打ちコンクリート杭工事の支持層への到達確認を高精度かつリアルタイムに行う「支持層到達管理システム」を開発した。到達確認の判断材料に、地盤の硬さによって変化する掘削機の振動データを加えることで、より高精度な判断を行う。(2024/4/15)

WebXRやApple Vision Proに対応:
Microsoft、リアルタイム3Dレンダリングエンジン「Babylon.js 7.0」を発表
Microsoftは、オープンソースのリアルタイムレンダリングエンジン「Babylon.js」の最新版「Babylon.js 7.0」を公開した。WebXRやApple Vision Proに対応し、没入感やパフォーマンスを向上させる機能を追加した。(2024/4/15)

ARニュース:
ARで掃除した経路をリアルタイムで可視化、ダイソンが無駄のない掃除体験を提案
Dysonは掃除した場所をリアルタイムで可視化し、効率的な掃除を可能にするARツール「Dyson CleanTrace」を発表した。コードレス掃除機「Dyson Gen5detect」とLiDARセンサー搭載スマートフォンを組み合わせて利用する。(2024/4/11)

医療機器ニュース:
内視鏡システムのクラウド化に関する実証実験を開始
日本電信電話とオリンパスは、「IOWN APN」技術を活用し、クラウド上でリアルタイムに内視鏡の映像を処理するクラウド内視鏡システムの実証実験を開始した。内視鏡とGPUサーバをIOWN APNで接続した実験環境を構築し、3つの検証を実施する。(2024/4/11)

人工知能ニュース:
「マイコンでAI」は画像認識へ、Armが処理性能4TOPSの「Ethos-U85」を発表【訂正あり】
Armは、マイコンなどを用いた組み込み機器でエッジAIを可能にする第3世代NPU「Ethos-U85」を発表。第2世代の「Ethos-U65」と比べて4倍となる最大4TOPSのAI処理性能を実現し、リアルタイムでの画像認識も行えるとする。(2024/4/9)

リアルタイムOS列伝(45):
IBMのメインフレーム向け実験OSが源流の「CapROS」はディスクレスで動作する
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第45回は、IBMのメインフレームであるSystem/370向けに開発された「GNOSIS」を源流に持つ「CapROS」について紹介する。(2024/4/9)

導入しただけでは真の効果を発揮できない
検知だけでなくリアルタイム保護まで実現!「これからのEDR」に必要な要件とは
テレワークの普及をきっかけにエンドポイントセキュリティに関心を持った企業も多いだろう。ただ、EDRはウイルス対策ソフトウェアに比べて高額で運用が大変なイメージがある。無理なく導入し、うまく運用するにはどんな方法があるのか。(2024/4/15)

山岳トンネル工事:
トンネル工事の安全性を向上する「切羽予報」を開発 フジタ
フジタはと探査技術サービスを提供する地球科学総合研究所は、山岳トンネル工事の安全性向上を目的に、切羽の地質などの状態の変化を予測する「切羽予報」を開発した。毎日数回行う発破時の振動データをその都度取得し、切羽の性状変化をリアルタイムに予測して、天気予報のように関係者に共有する。(2024/4/8)

拡張機能「Password Checkup」iOS版もアップデート:
Chromeのセキュリティ機能がアップデート リアルタイムでプライバシーを保護しフィッシング試行をブロック
Googleは、Google ChromeのGoogleセーフブラウジング機能に、リアルタイムでプライバシーを保護する機能を実装したと発表した。さらに、iOS版Chromeに新しいパスワード保護機能を導入した。(2024/4/6)

医療機器ニュース:
自社MRによるリアルタイムCGMの情報提供を開始
デクスコムジャパンは、自社のMRによる情報提供を2024年4月1日より開始する。これまで販売代理店を通じて展開していたDexcomのリアルタイムCGM「Dexcom G6」を、医療機関へ直接提供していく。(2024/3/28)

現場管理:
現場コミュニケーションツールの「SynQ Remote」お絵かき機能がバージョンアップ、クアンド
建設現場向け遠隔支援コミュニケーションツール「SynQ Remote」のお絵かき機能が、バージョンアップした。お絵かき機能は、写真に指摘事項を現場と事務所の双方で書き込んで、リアルタイムに共有できる。(2024/3/26)

メカ設計ニュース:
産業向けで広がる「Ominiverse」の世界、API対応でデジタルツインの構築が容易に
NVIDIAは「GTC 2024」において、3Dデザインコラボレーション/リアルタイムシミュレーション基盤のクラウドサービス「NVIDIA Omniverse Cloud」で、製造業向けをはじめとするさまざまなツールとの連携が容易になるAPI群「NVIDIA Omniverse Cloud APIs」を発表した。(2024/3/21)

NVIDIA、GPUプラットフォーム「Blackwell」発表 「兆パラメータ規模のAIモデル実現」
NVIDIAは5年ぶりに年次カンファレンスを「GTC」を開催し、AI向けプラットフォーム「Blackwell」を発表した。これにより、“兆パラメータでリアルタイム生成AIを構築および実行できるようになる”としている。(2024/3/19)

FM:
物流施設にリアルタイム遠隔管理サービス提供 建物管理のIT化とBCP対策も強化
大和ライフネクストは非常駐の倉庫や物流施設向けに、リアルタイム遠隔管理サービスの提供を開始する。建物管理業務をIT化し、人手不足の解消やBCP対策の強化につなげる。(2024/3/19)

Google、Chromeブラウザにリアルタイムフィッシング対策機能追加へ
Googleは、Chromeブラウザの「セーフブラウジング」機能を強化し、ほぼリアルタイムで安全でない可能性のあるサイトへのアクセスに警告を表示するようになる。(2024/3/15)

製造現場向けAI技術:
NECが不規則に置かれた対象物の精密なハンドリングができるロボットAI技術を開発
NECは、不規則に置かれた対象物に対して、精密なハンドリング作業ができるロボットAI技術を開発した。「置いて押す」「引いて取る」など、作業環境に応じた動作の組み合わせを、自律的かつリアルタイムに実行できる。(2024/3/15)

現場管理:
建設現場の騒音と振動を遠隔地からでもリアルタイム管理 竹中工務店などが開発
竹中工務店は、アトムシステム、キッズウェイと共同で、建設現場の騒音と振動を遠隔地からでもリアルタイム管理できる「DECIBERY」を開発した。(2024/3/15)

導入しただけでは真の効果を発揮できない:
PR:検知だけでなく、リアルタイム保護まで実現!「これからのEDR」に必要な要件とは
テレワークの普及をきっかけにエンドポイントセキュリティに関心を持った企業も多いだろう。ただ、EDRはウイルス対策ソフトウェアに比べて高額で運用が大変なイメージがある。無理なく導入し、うまく運用するにはどんな方法があるのか。(2024/3/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.