• 関連の記事

「安全」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全」に関する情報が集まったページです。

AI法規制導入へ政府が「戦略会議」で議論開始 規制強める欧米と歩調合わせる
政府は5月22日、AIの開発や利用に関するルール作りなどを議論する「AI戦略会議」を開き、自動で文章などを作成する生成AIの安全性確保のための法規制導入へ向けた議論を始めた。(2024/5/23)

セキュリティニュースアラート:
GoogleがMicrosoftを痛烈批判 Google Workspaceの優位性を主張
Googleは新しいホワイトペーパーでMicrosoftのセキュリティ問題を指摘し、Google Workspaceのセキュリティとプライバシー基準の優位性を強調した。これにはCSRBの報告も引用されており、サイバー安全性を推進する内容となっている。(2024/5/23)

プロに学ぶ「第三者検証」のすすめ
「バグを憎んで人を憎まず」 安全安心なシステムやアプリの作り方
日々多くのデジタルコンテンツが生み出される今日。セキュリティやバグなどの品質に関わるリスクを減らし、ユーザーに快適に利用してもらえるようにするために企業が取るべきアクションとは。第三者検証の必要性と可能性を考える。(2024/5/23)

CIO Dive:
”オープンなAI”実現に残る課題 なかなか標準化が進まない背景とは
IntelをはじめとしたLinux Foundationのグループは、企業向けオープンソースAIの標準化を目指したプロジェクトを進行中だ。リスクやデメリットが不透明なまま広まっているオープンソースAIの安全性が今問われる。(2024/5/22)

宮崎麗果、治安悪化のパリで安全第一の“映えないコーデ” スリ被害に遭いかけるも「ケイジパパが退治してくれた」
本当に気をつけないと。(2024/5/20)

医療技術ニュース:
米ぬか由来ナノ粒子の抗がん作用を確認
東京理科大学は、米ぬか由来ナノ粒子が優れた抗がん作用を示すことを明らかにした。未利用バイオマスを原料とする、安価で安全な新しいがん治療薬の開発につながることが期待される。(2024/5/20)

OpenAI、退社したライケ氏のAGI警鐘に応じるも具体策は明示せず
OpenAIでAIの安全性に取り組んできたライケ氏が退社に当たって投稿した警鐘に対し、ブロックマン社長がアルトマンCEOと連名の長文をポストした。アルトマン氏は別途、同社の退社合意書について高まる批判に対し「知らなかったが、知っておくべきだった」とポストした。(2024/5/19)

厳しさ増す米国のファーウェイ規制 専門家「全て排除するのは難しい」
米国が華為技術(ファーウェイ)など中国IT企業への規制を強めるのは、機器を通じた情報流出への懸念とともに、技術開発競争で中国に主導権を握らせたくないとの思いがあるためだ。日本は経済安全保障で米国と歩調を合わせるが、過剰に華為などを締め付ければ、中国側が報復に出る可能性もあり、慎重な対応が求められる。(2024/5/19)

OpenAIのAI危険対策チームトップが「限界に達し」退社 「安全確保が後回しになっている」
OpenAIで先日退社したサツケバー氏とともにAIの安全性に取り組んできたチームのトップが退社する。「安全性が輝かしい製品開発の後回し」になっていると警鐘を鳴らした。(2024/5/18)

複合材料と3Dプリンタのこれまでとこれから(1):
3Dプリンタで成形する複合材料は世界を変えるか?
東京工業大学 教授/Todo Meta Composites 代表社員の轟章氏が、複合材料と複合材料に対応する3Dプリンタの動向について解説する本連載。第1回では、複合材料を成形可能な3Dプリンタの歴史や現状、同プリンタを用いて機械部品を設計する際に必要な安全率の重要性について紹介します。(2024/5/16)

INFINIDAT JAPAN合同会社提供Webキャスト
大容量データ時代のストレージ、パフォーマンス/コスト/可用性からどう選ぶ?
企業が扱うデータ量が著しく増加する中で、コストをかけずに大量のデータを安全に保存し、適切に利用できるストレージ環境が求められている。そこで、大容量データ時代に即した、エンタープライズレベルのストレージシステムを紹介する。(2024/5/15)

人も予算もスキルも足りない
運用・管理はお任せ 生成AIを安全に活用できるRPAプラットフォーム
RPAは有力な業務自動化ツールだが、導入や管理、運用のハードルが高く、費用対効果を感じられないという声も上がっている。解決手段の一つに、高機能な「RPAプラットフォーム」の管理・運用を包括的に提供するサービスがある。(2024/5/16)

「氾濫危険水位」とは?  大雨の時に川の水位や氾濫の危険度を知る 安全に身を守る方法
(2024/5/13)

半導体生産・開発能力確保へ 米中韓中心に各国が支援でしのぎ削る
半導体関連の投資が拡大する背景には、主要国による大規模な補助金がある。経済安全保障の観点から、半導体の国内生産能力を強化するために各国がしのぎを削っている。(2024/5/13)

石川温のスマホ業界新聞:
ネットで被害が拡大する「なりすまし広告」――安心安全なインターネットは実現できないものなのか
昨今、Meta(旧Facebook)が運営する「Facebook」「Instagram」において、いわゆる「なりすまし広告」が大きな問題となっている。同社は対策をしているとするが、実効性は薄い。そういう意味では、自由度は低くなるものの「iモード」は公式サイトを使うと安全だったのだなと思う。安心・安全なインターネットは実現できるのだろうか。(2024/5/12)

Cybersecurity Dive:
身代金の支払い禁止は“おとぎ話”か? 完全禁止派 vs. 禁止措置緩和派の論争
安全保障技術研究所はランサムウェアによる身代金の支払い禁止について非現実的だとして批判している。主張の背景には何があるのか。(2024/5/10)

CIO Dive:
英米がAI性能評価の標準化に向け連携 明確な基準を示せるか
米英のAI安全性研究所がAI評価の分野で連携を強化する。AIの理解と適正な評価を促し、明確な指針を示すことが期待される。世界中のリーダーにとっての共通課題と言えるAIリスク軽減のための第一歩となるか。(2024/5/9)

防衛省、「迅速に打ち上げ可能な衛星」を川崎重工と実証へ 宇宙からの安全保障を強化
防衛省は、即応的な打ち上げが可能な「即応型マルチミッション衛星」の実証事業でと川崎重工業と契約を締結した。国家安全保障戦略などの戦略文書や宇宙安全保障構想に基づくもので、打ち上げ後速やかに機能、性能を発揮する衛星の実証に加え、通常よりも検知しにくい衛星に対する観測実証を併せて実施する予定。(2024/5/8)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルがeSIMの不正乗っ取りについて注意喚起――安心安全に使えるeSIM環境を業界を挙げて取り組むべき
楽天モバイルが、eSIMにまつわる「不正乗っ取り」に関して注意喚起をしている。eSIMは総務省が乗り換え促進策として推進してきたが、簡単に“乗っ取り”できるようでは敬遠する人も出てきてしまう可能性がある。(2024/5/5)

現在の建築基準を満たしていない「ブロック塀」→チョンと押してみると…… “古い塀の恐ろしさ”と“安全対策の大切さ”を実感させる工事に注目
地震などでもし倒れたらと思うと恐ろしい。(2024/5/5)

ChromeOSでWindowsアプリ継続【後編】
「ChromebookでWindowsアプリを使いたい」が本当にかなう方法はこれだ
Microsoft OfficeといったWindows向けのアプリケーションをChromebookでも利用する方法がある。Cameyoのアプリケーション仮想化ツールの機能や利用方法、安全面の対策などを紹介する。(2024/5/5)

セキュリティニュースアラート:
プログラミング言語「R」に任意コード実行の脆弱性 悪用の可能性あり更新を
プログラミング言語「R」に脆弱性「CVE-2024-27322」が存在すると報じられた。この脆弱性は安全ではないデータシリアライゼーションにより生じ、システム上で任意のコードが実行される可能性がある。(2024/5/2)

ユーザー認証のリスクと安全対策【後編】
「パスワード」と「生体認証」の“安全性”が全く違うのはなぜか
顔や指紋といった身体的特徴を使用する「生体認証」によって認証が進化している。パスワードやMFAではなく、生体認証を使うことでどのような利点が得られるのかをまとめた。(2024/5/2)

Google、公式ストアでの有害アプリ対策を報告 1年で約230万本の違反アプリをブロック
Googleは、Androidの公式アプリストア「Google Play」の安全対策について報告した。2023年に228万本のポリシー違反アプリを公開前にブロックした。また、33万件以上の悪質な開発者アカウントを削除した。(2024/4/30)

ECUの数や配線を削減:
Cortex-R52を16個搭載、SDVのセントラルコンピューティングシステム向けプロセッサ
NXPセミコンダクターズは、SDV(Software Defined Vehicle)のセントラルコンピューティングシステム向けプロセッサ「S32N55」を発表した。アイソレーションされた実行環境で、車両機能を安全に統合でき、従来は機能ごとに必要だったECUの数や配線を削減できる。(2024/4/30)

米政府、AIの安全利用を助言する委員会にアルトマンCEOなど大手AIトップを招致
米国土安全保障省はバイデン大統領の指示の下、AIの安全利用に関する諮問委員会を立ち上げた。委員には、サム・アルトマン氏やサティア・ナデラ氏など、AI関連大手のトップなど22人が招致された。(2024/4/28)

Social Media Today:
「TikTok禁止法案」に米大統領が署名 気になるこれからにまつわる5つの疑問
米連邦上院が、安全保障上の理由からTikTokの米国事業の売却を要求する法案を可決し、バイデン大統領はこれに署名した。9カ月以内に売却できなければ米政府は米国内での配信を禁止できる。気になるこれからについて、5つの疑問に答える。(2024/4/26)

船も「CASE」:
安全離着岸支援システム「係船索張力監視装置」を販売開始
川崎重工は、安全離着岸支援システム「係船索張力監視装置」の販売を開始する。係船中の係船索張力を遠隔にて監視可能。ブレーキ保持力を数値化する機能などを備えた。(2024/4/26)

AI基礎解説:
セーフティクリティカルなAIシステム開発に求められる「V&Vプロセス」とは
世界各国でAI関連規制の整備が進む中で、AIシステムの開発に求められるのが「検証(Verification)」と「妥当性確認(Validation)」から成る「V&Vプロセス」である。特に、自動車や航空宇宙の分野を中心に高い安全性や高い信頼性が重視されるセーフティクリティカルなシステムにAIを導入する際に重要な役割を果たすとみられている。(2024/4/25)

ユーザー認証のリスクと安全対策【前編】
「パスワード」どころか「多要素認証」(MFA)さえ“万全な保護策”ではない
不正アクセスを防ぐために、ユーザーの認証をより安全にすることが欠かせない。従来の認証方法には、幾つかの弱点がある。主要な4つの認証手法について、何がリスクになるのかをまとめる。(2024/4/25)

医療技術ニュース:
高エネルギー電子線をレーザーで発生、より安全ながん治療装置の確立へ
量子科学技術研究開発機構は、細孔が多数開いたガラス板へのレーザー光照射により、放射線の1種である高エネルギー電子線が発生することを実証した。がん治療に用いる内視鏡型電子線発生装置への応用が期待される。(2024/4/24)

ドローン:
清水建設が屋内点検用の“球体ドローン”を採用、地下ピットの点検に活用
清水建設は、スイスのFlyabilityが開発した屋内点検用球体ドローンを、建設現場の点検作業ツールとして導入した。GNSSやコンパスが使用できない屋内空間でも安定した飛行が可能で、地下や高所の点検作業も安全な場所から実施できる。(2024/4/24)

FAニュース:
対応周囲温度と吐出し空気量が向上したオイルフリー小型コンプレッサー
日立産機システムは、オイルフリー小型コンプレッサーの新製品「R」シリーズを発表した。新開発のエアエンドにより対応周囲温度と吐出し空気量が向上したほか、従来機より安全性と使いやすさを改善している。(2024/4/24)

変更が必要な場合と必要でない場合を整理:
パスワードの定期的な変更はリスク軽減につながるわけではない アカウントを安全に保つには?
ESETは公式ブログで、安全にサービスを利用できるパスワードの変更頻度について解説した。パスワードを定期的に変更するだけではセキュリティの脆弱性を減少させる効果があまりなく、パスワードマネージャーと二要素認証の活用が重要だとしている。(2024/4/23)

「持続可能な生成AIイノベーション」を支援:
最適な学習方法は? 安全にデータを使うには? AWSが解説する「生成AI活用のいろは」
生成AIをビジネス利用しようとしている企業は多いだろう。市場にはさまざまなサービスがあふれているが、「うまく使いこなせないかもしれない」「一時的にしか使わないのでは」といった懸念を持つ人もいるだろう。本稿では、AWSのセミナーを基に、継続的に生成AIを活用するためのヒントを探る。(2024/4/26)

自動運転車の“危険シナリオ”をSTLで定式化:
自然言語の曖昧さを「数学的」に回避 自動運転の安全対策の一環としてNIIが発表
NIIは、ISO 34502で示された自動運転車の「危険シナリオ群」について、その意味を数学的に定式化したと発表した。危険シナリオの曖昧さを回避し、危険シナリオを用いた安全性評価タスクの自動化と効率化を実現するとしている。(2024/4/19)

安全衛生:
建設現場の安全点検業務をスマホで完結、SORABITOが「GENBAx点検」をリリース
SORABITOは、スマートフォンを使用して建設現場の安全点検業務を効率化する「GENBAx点検」の製品版をリリースする。建設機械の始業前点検や、設備/足場の点検、作業員の健康チェックなど、現場のあらゆる点検表をペーパレス化し、業務効率化を図る。(2024/4/18)

セキュリティー・クリアランス法案 立民・杉尾秀哉氏「米大統領への手土産か」 首相は否定
経済安全保障上の機密情報へのアクセスを官民の有資格者に限る「セキュリティー・クリアランス(SC、適格性評価)」制度を創設する「重要経済安保情報保護・活用法案」が4月17日、参院本会議で審議入りし、論戦が始まった。(2024/4/17)

AIモデルの運用に不可欠:
LLMスタックのセキュリティを確保するには? Ciscoが解説
LLMスタックの保護は、データの保護、ユーザーの信頼、AIモデルの運用の完全性などを保証するために不可欠だ。本記事では、AIシステムの安全性を確保する方法を学ぶことの重要性について、LLM実装とLLMスタックに焦点を当てながら紹介する。(2024/4/17)

Microsoft、UAEのAI企業G42に15億ドル投資 スミス副会長を取締役として派遣
MicrosoftはUAEのAI起業G42に15億ドル投資し、ブラッド・スミス副会長を取締役会に送り込むと発表した。「UAEと米国の両国政府と緊密に連携し、安全で信頼できる責任あるAI」をグローバルに提供していくとしている。(2024/4/16)

FAニュース:
ロボットを活用したプラント保守を支援する運用ソフトウェア、Spotなど対応
横河電機は、ロボット運用ソリューション「OpreX Robot Management Core」の販売を開始した。ロボットを活用したプラント保守を推進し、石油やガス、化学業界などの現場作業の安全性向上、効率化に貢献する。(2024/4/16)

蔵出しブックレット
「無線LAN」は有線LANより危険なの? 「有線LANとの違い」と、安全に使うためのこつ
テレワークの普及に伴い、自宅の「無線LAN」へのセキュリティ対策が喫緊の課題となっています。無線LANと有線LANの違いと、無線LANを安全に使う方法を紹介します。(2024/4/16)

社外でも情報資産へのアクセスを安全に:
SASEはネットワークが複雑になりがち、シンプルに導入する方法はある?
社外のユーザーやデバイスの安全性を確保するセキュリティ手段としてSASEが注目されている。ただ、SASEの導入はネットワーク構成を複雑にしやすく、それで運用負荷が高まっては本末転倒だ。SASEをできるだけシンプルに導入する必要がある。(2024/4/18)

AI搭載Surface PCを発表:
Windows Copilotで「働き方の新時代の推進」、Microsoftが語る3つの戦略
Microsoftは2024年3月に開催されたデジタルイベントで、Copilotや新しいSurface for Business、Windows Cloud PCといったデバイスを通して、顧客のビジネス全体で、AIの安全かつ効率的な活用を推進すると発表した。(2024/4/13)

工作機械:
新たな国際安全規格に準拠した射出成形機、操作画面は指で拡大や縮小も
ソディックはハイブリッド竪型単動式射出成形機「VT Gシリーズ」の小型機種「VT20G」「VT50G」「VT75G」を2024年4月から販売する。(2024/4/11)

「自分語り」なぜ大事? 職場にもたらされる効果とは
心理的安全性を確保するために重要な、相手の「ひととなり」を知る方法とは――。(2024/4/10)

交通安全ワッペンにピカチュウがいる……! 小学1年生に配布されたワッペンに「かわいい」の声
(2024/4/8)

危険なSiH4ガスを使用せず:
高性能シリコン太陽電池を安全に製造する技術を確立、東工大
東京工業大学は2024年3月14日、次世代の高性能太陽電池として期待されているシリコンヘテロ接合太陽電池の製造において、太陽電池用の水素化アモルファスシリコンを、既存手法で用いる強い爆発性/毒性を有するSiH4ガスを使用せずに、高速かつ低ダメージで形成する手法を確立したと発表した。(2024/4/8)

山岳トンネル工事:
トンネル工事の安全性を向上する「切羽予報」を開発 フジタ
フジタはと探査技術サービスを提供する地球科学総合研究所は、山岳トンネル工事の安全性向上を目的に、切羽の地質などの状態の変化を予測する「切羽予報」を開発した。毎日数回行う発破時の振動データをその都度取得し、切羽の性状変化をリアルタイムに予測して、天気予報のように関係者に共有する。(2024/4/8)

Cybersecurity Dive:
ソフトウェア開発の安全強化に“本腰” 米国政府が定める認証フォームの正体
CISAと連邦管理予算局(OMB)は、米国政府と協働するソフトウェアメーカーが安全な開発プラクティスを順守しているかどうかを確認するための認証フォームを公表した。この認証フォームで要求される情報の提供を拒んだ場合、どうなってしまうのか。(2024/4/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.