• 関連の記事

「安全」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

セキュリティとネットワークの構造改革
「セキュアWebゲートウェイ」で実現 安全・快適な国内外拠点のネットワーク
テレワークやクラウドサービスの普及によって、必要なセキュリティやネットワークの形態は変わりつつある。海外拠点を持つ企業がセキュリティ強化を目指す場合、セキュアWebゲートウェイが有効な理由とは。脅威レポートを基に解説する。(2021/12/1)

あらゆる現場でノウハウ共有を可能に:
PR:スマートフォン1台で業務マニュアルを作成 映像も駆使した“次世代のノウハウ共有”とは
マニュアルの作成のために、なぜいちいちPCで文章を作成し、画像を貼り付けるといった工数を重ねる必要があるのか。マニュアルを探して社内のフォルダをあさる時間は無駄ではないのか。顧客の声を受けたベンダーが目指したのは、スマートフォン1台でマニュアルを作成でき、その情報をスムーズかつ安全に共有できる仕組みだった。(2021/12/1)

さらなる調査を開始:
英国、NVIDIAによるArm買収の調査を拡大へ
英国政府は、NVIDIAによるArmの買収について、競争や国家安全保障などの面で懸念があるとして、24週間に及ぶ追加調査を開始したという。規制当局は、初期調査に関する詳細な報告書を発表しており、「NVIDIAのArm買収によって、技術イノベーションが阻害される可能性がある」と結論付けている。(2021/11/30)

Palo Alto Networksがクラウドサービスのリスクを調査:
公開サービスの80%、安全な構成でないと24時間以内に侵害される
Palo Alto Networksは、パブリッククラウドで公開された安全ではない構成のサービスに対する攻撃について調査した。大規模なハニーポットインフラを使用した調査だ。クラウド環境で最もよく見られる設定ミスの一つは、安全ではない状態で公開されたサービスだからだ。(2021/11/30)

施工:
開削工事で切梁などの支保工を縮減しオープン掘削を可能にする新たな土留め工法
鹿島建設は、開削工事を効率化する土留め工法「頭部固定式二重土留め工法」を開発した。頭部固定式二重土留め工法は、開催工事に適用することで、内部の躯体構築で行われるプレファブ化やプレキャストの多用といった方法を抜本的に見直せ、施工全体の生産性と安全性を高められる。今後は、新工法を建築地下工事にも適用・展開していく見通しだ。(2021/11/30)

Appleの児童ポルノ対策が抱える問題【第1回】
iPhoneの「児童ポルノスキャン」計画を専門家が痛烈批判 何が駄目なのか?
「iPhone」内の画像をスキャンして児童ポルノを検出する機能を、Appleが実装計画中だと発表した。この計画は、人々のプライバシーと安全を危険にさらし、監視への悪用を招く可能性があると専門家は警告する。(2021/11/30)

防災:
AIで6.9万件の災害事例を解析し、類似作業の事例を可視化するシステムを鹿島らが開発
鹿島建設は、UNAIITと共同で、AIで6万9000件の災害事例を解析し、類似作業のケースを見える化するシステム「鹿島セーフナビ(K-SAFE)」を開発して、特許と商標の出願中だ。今後は、鹿島建設が、作業関係者との調整会議で使用する会議システムに鹿島セーフナビを導入し、使用している他のシステムと連携することで活用の幅を広げ、安全管理のさらなる向上に取り組んでいく。また、鹿島セーフナビに組み込んだデータ解析手法は汎用性があるため、建設業以外の産業における災害事例の解析にも適用できると見込んでいる。(2021/11/26)

コンセント、誤ってUSBポートに挿し「火花」 安全面の不安をメーカーに聞いてみた
SNS上では「デザインの機能的敗北」「こりゃ間違える」といった声が。(2021/11/25)

安全性を大幅に向上:
酸化物系全固体電池向けの高容量正極と負極を開発
産業技術総合研究所(産総研)は、酸化物系全固体電池に向けた高容量正極と負極を新たに開発した。エネルギー密度が高く、安全な酸化物系全固体リチウム硫黄電池の早期実用化が期待される。(2021/11/25)

基本からしっかり学ぶRust入門(5):
「Rustは安全でも難しい」といわれる理由――メモリ安全を実現する「所有権」の仕組み
Rustについて基本からしっかり学んでいく本連載。今回はRustにおける核心的な機能でRustによるメモリ安全なプログラミングを実現する機能の代表となる所有権を解説します。(2021/11/25)

インフィニオン SLI37:
次世代車載向けセキュリティコントローラー
インフィニオン テクノロジーズは、車載用セキュリティコントローラー「SLI37」を発表した。耐用年数は17年で、5G対応のeUICC、V2X通信など、次世代車載アプリケーションにおける安全性の維持と確保に貢献する。(2021/11/24)

盗聴防止へ量子暗号強化 経済安保145億円
政府が経済安全保障の強化に向け、盗聴が不可能とされる「量子暗号通信」の研究開発を加速する。令和3年度補正予算案に約145億円を計上し、実証実験や人工衛星の活用などを進める方針だ。量子暗号通信をめぐっては、覇権主義的な行動を強める中国が実用化で日本などに先行している。岸田文雄政権としては、機微技術の一つである量子暗号通信の早期実用化を後押しすることで、経済安保や新産業の育成につなげる狙いがある。(2021/11/22)

実用化に期待:
高速道路の除雪作業自動化にめど この冬に実証試験 北海道
冬の高速道路で安全な除雪を―。ロータリー除雪車の自動走行除雪技術の開発に取り組んでいた東日本高速道路北海道支社が、北海道岩見沢市で実証実験を報道陣に公開した。(2021/11/21)

狙いはどこにあるのか:
人気のコースター「高飛車」 ポニーテールはお断り 安全姿勢確保を徹底
絶叫マシンで知られるテーマパーク、富士急ハイランドは、人気のコースター「高飛車」での「ポニーテールお断り」を導入した。ジェットコースター「ド・ドドンパ」で、昨年12月から骨折などの人身事故が相次いだことから、有識者による第三者委員会の指導をもとに施設の安全面を見直し、他のコースターなどで前倒しで取り入れた。(2021/11/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「駅のホームドア」が普及しているが、安全基準はどうなのか
京王電鉄京王線で発生した傷害放火事件は記憶に新しいが、犯人の動機などは社会学、心理学の範疇(はんちゅう)で鉄道側としてはなんともしがたい。ただし、鉄道については「防犯」と「防災」の議論が起きた。ホームドアなどの関連する各種施設や機器とその運用、これまでの法令等を見ながら、課題や今後のあり方を考える。(2021/11/20)

雑談は大切:
会話できない職場は「ストレス」64% 心理的安全性を感じられる職場の特徴は?
「職場でコミュニケーションが取れている」と回答したのは6割――転職サイト「エン転職」を運営するエン・ジャパンが、9〜10月に同サイトのユーザー8948人を対象に実施したアンケート調査で、こうした結果が判明した。(2021/11/19)

Uber Eatsも出前館も 自転車配達員集め交通安全講習会
新型コロナウイルスの流行で増加した食事配達サービスをめぐる交通トラブルを抑えるため、警視庁は世田谷区喜多見の警視庁交通安全教育センターで、配達員らの講習会を開いた。(2021/11/19)

労働安全衛生:
日立ソリューションズ、建設業向け「労働安全衛生管理サービス」最新版
日立ソリューションズは、建設業向けクラウドサービス『労働安全衛生管理サービス』において、「災害報告」と「災害発生分析」を追加した最新版を10月25日から提供開始した。(2021/11/19)

BIM:
避難安全検証とBIMデータを連携し一元化する設計システムを開発、大林組
大林組は、避難安全検証法とBIMモデルを相互に連携し、データを一元的に利用する設計システム「SmartHAK」を開発し、受注した複数のプロジェクトに適用した。SmartHAKでは、指定確認検査機関での審査を経て、確認済証の交付を受けており、こういったシステムは業界初だという。(2021/11/19)

ドローン:
“グリーンレーザー”搭載のドローン橋梁点検、潜水士に代わり川底を調査、Terra Drone
Terra Droneは、ドローン搭載型のグリーンレーザーを用いて、橋梁点検の水中調査を実施した。潜水士に代わり、地上に居ながら川底を調査することが可能となり、安全確保と正確な測量が両立できる。(2021/11/18)

スマートシティー:
AIカメラを柏の葉スマートシティーに導入、街区での異常行動の検知と人流分析を開始
UDCKタウンマネジメントと三井不動産は、柏の葉キャンパス駅周辺で、屋外公共空間にAIカメラを設置し、AIによるリアルタイム画像分析により通行人の異常行動や立ち入りの検知ならびに人流分析を行う取り組みをスタートした。得られたデータを活用することで、柏の葉スマートシティーにおける安心・安全・快適な暮らしの構築へ役立てていく。(2021/11/18)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(161):
「Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition」の一般提供開始、SMB over QUICでWindows 11との安全なファイル共有が可能に
Microsoftは2021年11月上旬、「Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition」の一般提供を発表しました。同時に、これまでプレビュー提供であったAzure Editionだけの機能「SMB over QUIC」と「Azure拡張ネットワーク」の一般提供も開始され、実運用環境で利用できるようになりました。(2021/11/18)

セキュリティ強化と運用管理の効率化を両立
ゼロトラストセキュリティで“突貫工事”のテレワークを安全・快適にするには
ゼロトラストセキュリティはテレワークのセキュリティ対策として有効だが、自社の事情に応じてゼロトラストセキュリティを実現するツールを選び、導入することは簡単ではない。導入への一歩を踏み出すにはどこから始めればよいのか。(2021/11/18)

子犬たちを安全な場所に隠していた母犬を保護、人に威嚇していたが…… 家族そろって見せる安心した表情に涙
みんな一緒でよかったね。(2021/11/17)

産業動向:
高出力レーザー機器の屋外取り扱い安全ガイドラインが完成
レーザー施工研究会は、工事発注者・元請業者・施工業者に向けて、屋外工事において高出力レーザー機器を安全に運用するための安全ガイドライン案を安全部会で策定した。(2021/11/17)

製造業IoT:
IoTとAIで自動車船荷役作業の安全強化、川崎汽船とIBMが実証実験実施
川崎汽船と日本IBMは共同で、IoT機器やAIを活用し、自動車船荷役作業の安全強化に向けた実証実験を実施した。ビーコンなどのデータを分析し、車両走行スピードの抑制や作業員と車両の接触防止、車両の追突防止について検証した。(2021/11/15)

PHM Conference 2021 in JAPANレポート:
PR:“品質+”の信頼性へシフトせよ、転換点を迎える製造業の挑戦をPHMが後押し
電通国際情報サービスがオンラインで開催したイベント「PHM Conference 2021 in JAPAN」では、「データ分析と故障予知がもたらす安全な未来」をテーマに、DNVビジネス・アシュアランス・ジャパン、テトラ・アビエーション、ダイキン工業が登壇し、PHM(Prognostics and Health Management)と関連する業界動向や取り組み事例について紹介した。(2021/11/15)

蓄電・発電機器:
「ギ酸」で発電できる新型燃料電池、ジェイテクトが50W級の開発に成功
ジェイテクトは酢酸製造や樹脂製造の副産物であるギ酸を利用して発電できる新しい燃料電池を開発。手に入りやすく安全なギ酸で発電できる、環境性能の高い燃料電池として実用化を目指すという。(2021/11/10)

マイクロチップ・テクノロジー ISO 26262機能安全パッケージ:
ASIL-B/C対応ISO 26262機能安全パッケージ
マイクロチップ・テクノロジーは、セーフティクリティカルな車載アプリケーションの設計と認証作業を容易にする、認証取得済みの機能安全対応DSCとMCUを含めた「ISO 26262機能安全パッケージ」を提供開始した。(2021/11/10)

スマートファクトリーに効く“1枚の布”
製造現場が求める“高い冗長性”のネットワークをシンプル低コストに
スマートファクトリー化に伴い複雑になる製造現場のネットワークをいかに強固に構築するか。製造業に欠かせない“24時間止まらず安全な”冗長性の高いネットワークをシンプルかつ低コストで実現するための新たな仕組みを紹介しよう。(2021/11/10)

デジタル防災を始めよう:
相次ぐ車両内刺傷・放火 テロや犯罪に巻き込まれないためにできること、やってはいけないこと
もしも事件の現場に居合わせたら。ビデオで撮影し、それをSNSに広めるのはいい? 自分を含め、巻き込まれた人の安全のためにすべきことを考える。(2021/11/9)

「My IIJmio」アプリが提供再開 不具合の改修が完了
IIJmioモバイルサービスのギガプラン専用アプリ「My IIJmio」が提供を再開。情報セキュリティ事故により7月15日から利用を停止していたが、安全性が確認できた最新バージョンを公開した。(2021/11/8)

組み込み開発 インタビュー:
ロボット分野に注力するパナソニック子会社、AGVや自動ピッキングの開発を容易に
パナソニックの組み込みソフトウェア設計子会社であるパナソニック アドバンストテクノロジー(PAD)がロボット分野向けの事業展開に注力している。2021年9月にはオンライン開催の展示会「ロボデックス」に単独で出展し、自律移動ロボット向けコントローラーパッケージや、機能安全に対応する無線非常停止パッケージなどを披露した。(2021/11/8)

社内外の負荷にならないメールセキュリティ
「脱PPAP」の先を何にするか 利便性と安全性を両立させるメールセキュリティ
PPAPは、さまざまな課題が指摘されながらもビジネスのデファクトスタンダードとして使われ続けてきた。政府方針をきっかけに民間企業でも見直しの機運は高まるが、完全な脱却が難しい企業もある。「無理のない脱PPAP」の進め方とは。(2021/11/10)

メルカリ、小笠原海底火山噴火の軽石を出品禁止 「成分が分からず安全性不明」
メルカリが小笠原諸島の海底火山噴火により発生したとみられる軽石の出品を禁止すると発表した。軽石の成分が分からず安全性が不明のためとしている。(2021/11/5)

自動運転技術:
ドライバーの体調が急変しても安全に止まるまで支援、脳機能低下の予兆もつかむ
マツダはドライバーに体調不良などの異変が生じた際に安全に停止するための運転支援技術「Co-Pilot Concept」を開発した。(2021/11/5)

CIO Dive:
ウィズコロナで病むIT担当者は米国でも問題に 『Banish Burnout Toolkit』著者が語るIT担当者の心理的安全のためにリーダーが手掛けるべきこと
テレワークやハイブリッドワークなど新たな働き方から生じる孤立感や終わらないToDoリストはIT担当者に大きなストレスを与えている。IT担当者のバーンアウト(燃え尽き)を防ぐためにリーダーができることは何だろうか。(2021/11/5)

Tech TIPS:
Windows 11にアップグレードする3つの方法、そのメリット/デメリット
Windows 10からWindows 11へ無償アップグレードする方法は、大きく3種類ある。Windows Updateを使うのが、最も手軽で安全だ。しかし、Windows Updateに配信されるまで待つ必要がある。このようにアップグレード方法にはメリット/デメリットがある。そこで、本稿では、この3種類のアップグレード方法の手順と、それぞれのメリット/デメリットを紹介する。(2021/11/5)

LED:
パナソニックが人の行動を促す屋外の“照明演出”「アフォーダンスライティング」の提供開始
昨今、官民連携による屋外でのライトアップ演出事業が伸長しているといわれる。LED照明を主力事業の一つとしているパナソニックは、これまでにも公共施設や商業施設などで安全・快適・省エネを実現する照明空間を提供してきた。パナソニック エレクトリックワークス社が今般、発表した照明演出「アフォーダンスライティング」は、長年培ってきた街路灯照明の技術をベースに、光を高度にコントロールして、屋外の照明演出で人の行動作用にも変化を与える。(2021/11/4)

米商務省、スパイウェア「Pegasus」のNSO Groupをエンティティリストに追加
米商務省産業安全保障局は、スパイウェア「Pegasus」のNSO Group他3社をエンティティリスト(米製品輸出禁止対象企業一覧)に追加した。これらの外国企業が米国の国家安全保障または外交政策の利益に反する活動に従事しているという判断だ。(2021/11/4)

新京成「80000形」の新造車を導入 安全・快適・省エネを追求
新京成電鉄は11月2日、「80000形」の新造車両1編成を導入し、新京成線の松戸駅〜京成津田沼駅間で営業運転を開始した。(2021/11/2)

中国が個人情報保護法施行 データ統制強める習政権
中国で「個人情報保護法」が施行された。個人情報の海外持ち出しを厳しく制限するもので、中国で活動する外資系企業も対応を迫られている。習近平政権は、国家安全や国内産業の強化を狙いデータに関する統制を強めている。(2021/11/2)

買い換えるなら今?
テレワークをスモールスタートさせたいなら「最初の一手はPC」にすべき理由
テレワークの環境整備の必要性は分かっていても、具体的にどこから始めればいいか分からないという企業は多いだろう。テレワークが当たり前の時代に先駆けて用意すべきは「場所を問わずに安全に使えるPC」だ。(2021/11/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
100円ショップで売られているPCやスマホのアクセサリー 安全性はどうなのか
100円ショップでPCやスマホのアクセサリーが販売されることが増えている。専業メーカーが製造し、家電量販店やネットショップに卸しているアクセサリーと比べて安価だが、安全性や品質についてはどうなのだろうか。(2021/10/31)

NECと日本オラクル、基幹システムのクラウド移行支援に向け協業強化 設計時間を半減、移行時間を3割減
NECと日本オラクルが、基幹システムをクラウド移行するサービスの拡充に向け、協業を強化した。オンプレミス上で運用されているデータベースを以前より安全・高速にクラウド基盤に移行する技術を共同開発。この技術を活用したサービスを提供するという。(2021/10/28)

AIで「ヘルメット・ハーネス着用ヨシ!」 スマホで使える安全確認アプリ登場、高所作業向けに
作業員の姿をスマホカメラで撮影すると、AIでヘルメットやハーネスの有無を見分けられるSaaSが登場。高所作業を行う建築・通信業者の利用を見込むという。類似するサービスも少なくない中、提供の狙いや今後の展開を聞く。(2021/10/27)

ソフトバンク、法人向け5Gスマホ「DIGNO BX2」を11月下旬以降に発売
ソフトバンクは、11月下旬以降に法人向け5Gスマホ「DIGNO BX2」を発売。防水/防塵(じん)性能や除菌シートなどの拭き取りをサポートし、定期的なセキュリティアップデートやAIの顔認証機能で安全に利用できる。(2021/10/27)

製造マネジメント インタビュー:
サプライチェーンから外されないためのサイバーセキュリティ対策
サプライチェーンの安全性確保を目的としたサイバーセキュリティ対策は「プロセス」と「エコシステム」の2つの観点から取り組む必要がある。特に最近では、大企業の要請で対策に取り組む中小企業も少なくない。対策を怠りチェーンから外されることは大きな経営リスクだ。(2021/10/27)

ドローンなど使い保守・点検高度化 東京メトロ、タブレットで業務効率化
高い安全性で世界から称賛を集める日本の鉄道だが、近年では設備の老朽化や人手不足が課題になっている。東京メトロではこうした課題解決の切り札として最先端のデジタル技術を早期に導入。その先駆的な取り組みは他社への応用展開も期待されている。(2021/10/26)

コストを抑え、現場の負荷を下げるIT資産管理とは
突貫工事で構築したテレワーク環境をどう安全に、効率的に管理するか
テレワークは今後も事業継続や柔軟な働き方を実現する重要な手段になる。しかしコロナ禍中において突貫工事で構築した環境の課題をそのままにしていないだろうか。現場を疲弊させずに安全なテレワークを実現する方法とは。(2021/11/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.