• 関連の記事

「選択と集中」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「選択と集中」に関する情報が集まったページです。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR北海道「新幹線開業後」の明るい未来  札幌〜旭川間60分、札幌〜新千歳空港25分
JR北海道が4月1日、「JR北海道グループ中期経営計画2026」を発表した。厳しい経営状況が続くが、明るい話題もいくつか見られる。今回はこの計画に書かれた明るい未来を、鉄道経済目線で紹介する。(2024/4/13)

エイベックス、電子チケット販売の「ライブポケット」事業をKDDIに売却 譲渡額は46億5000万円
エイベックス・グループは21日、電子チケット販売プラットフォーム事業「LivePocket」をKDDIに譲渡すると発表した。(2024/3/21)

Payments Dive:
PayPalが約2500人の人員削減を発表 収益性強化を狙い選択と集中
デジタル決済企業のPayPalは約2500人の人員削減を予定している。利益率重視の経営体質へとシフトするため事業を縮小する計画だ。(2024/3/15)

ROIC経営が企業を変える:
古くて新しい「ROIC経営」 再注目の背景に、日本企業への“外圧”
2000年代初期に注目を浴びた、企業の資本効率や事業の収益性を表す「ROIC」が現在、古くて新しい経営管理手法として再び関心を集めている。理由を探ると、時代背景のほか、日本企業特有の経営文化が見えてくる。(2024/4/5)

企業が備えるBCP:
策定しても“機能しないBCP”の実態 能登半島地震で証明された継続的活動の意義
能登半島地震で明らかになったのは「策定しても“機能しないBCP”」の実態だ。本当に機能させるためには何が必要なのか?(2024/2/28)

「Googleアシスタント」で“使われていない”17の機能を削除へ 選択と集中で
Googleは、音声アシスタント機能「Googleアシスタント」で「あまり活用されていない」17の機能を削除すると発表した。前日には同社がGoogleアシスタント担当者を含む数百人のリストらを発表している。(2024/1/12)

製造マネジメントニュース:
コニカミノルタが生産現場のDXで高機能現像ローラーの良品率を95%以上に
コニカミノルタは、東京都内とオンラインで「Konica Minolta Day 〜サステナビリティ説明会〜」を開催し、サステナビリティ経営の方針や戦略、DXの活用事例を紹介した。(2023/12/13)

図研アルファテックカンファレンス2023:
Bricsysのこれからの方向性と「BricsCAD V24」の強化ポイント
「図研アルファテックカンファレンス2023」の講演の中から「BricsCAD V24」の新機能に関連する内容をお届けする。(2023/11/28)

名刺に部署名を書かない理由:
糸井重里の「ほぼ日」会社経営論 社員を飽きさせないことで生まれる「偽りの絆」
糸井重里さんが社長を務める「ほぼ日」。同社は、社内のエリート人材を稼ぎ頭の手帳部門に回すという人事配置をしていない。一人でも多くの社員に活躍の場を与えることを考え、柔軟なチーム体制を構築していることが特徴だ。その真意を聞いた。(2023/10/3)

「ITmedia DX Summit Vol.16」開催レポート:
SUBARUが脱出した「データの三重苦」 データ基盤統合で生まれた「3つの効果」を紹介
「100年に1度の大変革期」と言われる自動車業界では、業務基盤の強化とDX推進が最重要課題となっている。SUBARUが取り組むデータマネジメントを通じた「データ価値の最大化」とデータ活用推進活動を紹介する。(2023/9/29)

変曲点を迎える半導体市場【第三章】各国の半導体産業振興政策に見る“ねらい”
これまで2回にわたり、半導体業界の構造変化を概観し、主要各国が有する強みを整理してきた。本稿では各国・地域における政策・投資動向から半導体業界に係る考え方及びねらいと、それらが与える影響を考察する。(2023/8/29)

“東芝の念願”TOBが新たな苦難の始まりになる理由
日本産業パートナーズ(JIP)などによるTOBが始まり、上場廃止に向けて動き出した東芝。世間を震撼させた不正会計発覚から8年。上場廃止を選ばざるを得なくなった一連の経緯に加え、TOBの行方と今後の見通しを考察する。(2023/9/3)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
孫正義氏の「人生の汚点」 WeWorkに100億ドル投資の「判断ミス」はなぜ起きたか
世界各地でシェアオフィスを提供するWeWork。ソフトバンクグループの孫正義氏は計100億ドルほどを投じたが、相次ぐ不祥事と無謀なビジネスモデルによって、同社の経営は風前のともしび状態だ。孫氏自身も「人生の汚点」と語る判断ミスはなぜ起きたのか。(2023/8/21)

材料技術:
住友ゴムがタイヤセンシング技術を2024年に発売、米国企業と故障予知サービスも開発
住友ゴム工業は独自のタイヤセンシング技術「センシングコア」を自動車メーカーに新車用のソフトウェアとして2024年に販売開始する。現在は米国車両予知会社のViaductとセンシングコアを用いたトータル故障予知ソリューションサービスの開発を進めている。(2023/8/10)

製造マネジメントニュース:
レゾナックが営業赤字を改善するため、モビリティ向けの樹脂工場を統廃合
レゾナック・ホールディングスは、2023年12月期第2四半期(1月1日〜6月30日)の売上高が前年同期比6.1%減の6161億円で、営業損益は前年同期比511億円減の132億円の赤字になったと発表した。(2023/8/9)

損失は前四半期から35億円の改善:
太陽誘電の23年度1Q、回復傾向も黒字転換には至らず
太陽誘電の2024年3月期第1四半期(2023年4〜6月)決算は、売上高が前四半期比0.2%増の726億1200万円、営業損益が5億7700万円の赤字だった。中国系スマートフォン向けの売り上げが好調も、情報インフラ/産業機器向けの在庫調整によるマイナス影響を受けた。(2023/8/4)

株主はコンビニ注力要求:
「物言う株主」と対立のセブン&アイ コンビニとスーパーの「二刀流」を選んだ理由
事業の方向性を巡り、米投資会社バリューアクト・キャピタル・マネジメントと「セブン&アイ」経営陣の対立が深まっている。セブン&アイはなぜコンビニとスーパーの「二刀流」を選んだのか。(2023/6/30)

なぜアストンマーティン? なぜ2026年から? ホンダ広報に聞くF1復帰4つの“謎”
ホンダが、2021年シーズン以来のF1復帰を発表。26年シーズンから英アストンマーティン向けに「パワーユニット」を独自開発する形で参戦する。再参戦に向けた4つの疑問点をホンダ広報に聞いた。(2023/6/24)

ナレッジワークCEOに取材:
ハイパフォーマー営業だけが知っている「AIが代替できない仕事」とは?
生成系AIの誕生で、営業の仕事はどう変わっていくのだろうか? AI時代でも成果を出し続けられる営業に共通する要素を聞いた。(2023/5/17)

広報に聞いた:
バルミューダはなぜスマホ事業から撤退するのか 後継機種が幻と化した2つの理由
バルミューダはスマートフォン事業から撤退すると発表した。経営上の選択と集中を図るため。専用アプリのアップデートなどのアフターケア、関連アクセサリーの提供は継続する方針だ。(2023/5/12)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
「量より質」のSUBARU、5年ぶりの社長交代でどう変わる?
SUBARUの社長が、この夏前に代わります。社長の交代によって、SUBARUはどのように変わるのでしょうか? 山あり谷ありなSUBARUの過去10年の歩みを振り返り、この先を占ってみたいと思います。(2023/5/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「バーニーズ」はなぜ苦戦し、売却されたのか かつてはバブルに沸いた日本を象徴する存在
セブン&アイが、高級セレクトショップ「バーニーズ ニューヨーク」を運営するバーニーズジャパンを売却。日本に進出した当初は勢いがあったが、なぜ苦戦するようになったのか。(2023/5/2)

新社名は「LINEヤフー」 10月1日に合併
Zホールディングス(HD)は4月28日、ZHDおよび中核子会社のLINE、ヤフーの3社を中心に10月1日に合併すると発表した。新会社名は、LINEヤフー。英文ではLY Corporationとする。(2023/4/28)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
売上大幅減なのに6年ぶり最終黒字 ミニストップ浮上のカギは「トップバリュ」と「ベトナム」
決算書から日本経済を読み解く本連載。今回は業界4位のコンビニチェーンを運営するミニストップを取り上げていきます。直近の23年2月期では、売り上げを大きく減らしながら6期ぶりの純利益黒字化を達成しています。なぜでしょうか?(2023/4/28)

製造マネジメントニュース:
三菱電機が自動車部品事業を分社化、カーナビなど課題領域は撤退
三菱電機は自動車機器事業の構造改革を発表した。(2023/4/25)

人的資本経営「3つの成功要因」:
本当に「自社に合った」人的資本の指標とは? 人事が失敗しがちなポイント
人的資本経営の妥当性を評価し、進捗確認するための「指標」は、どう決めれば良いのでしょうか?(2023/3/23)

ロッテも苦境:
「ロッテリア」はどこでしくじったのか 売却に至った3つの理由
「ロッテリア」のゼンショーHDへの売却が決まった。背景には大きく3つの要因が考えられる。他社の動向とともに考察する。(2023/3/19)

電動化:
三菱自動車が今後5年間で電動車9車種、電動化関連の投資も拡大
三菱自動車は2025年度までの3カ年の中期経営計画「Challenge 2025」を発表した。(2023/3/13)

仕事に役立つ企業トリビア:
なぜ鳩? 「イトーヨーカドー」ロゴの謎 「ヨークベニマル」と何が違う?
新たに国内14店舗の閉店を発表するなど店舗の縮小で注目を集めているイトーヨーカドー。赤・青・白の3色でお馴染みのロゴマークには、戦後復興への思いや企業としての成長への期待が込められていた。(2023/3/13)

3年ぶり中期経営計画:
脱“日産・ルノー依存” 三菱自、2035年度までに電動化100%へ
三菱自動車は2025年度までの成長戦略を盛り込んだ新たな中期経営計画「Challenge 2025」を発表した。新計画では35年度までに電動化100%実現や、ASEANやオセアニア地域での販売強化を打ち出した。(2023/3/10)

選択と集中:
「イトーヨーカドー」国内14店舗を閉鎖 アパレルからも完全撤退へ
セブン&アイホールディングスが傘下の「イトーヨーカドー」について、国内14店舗を閉鎖する方針を示した。中期経営計画で明らかにした。アパレル事業からも完全に撤退するという。(2023/3/9)

人的資本経営「3つの成功要因」:
多くの企業が見落とす、人的資本経営の「落し穴」 成功企業はどう解決?
開示義務化に伴い、注目度が高まる人的資本経営。しかし、その推進には多くの企業が見落とす「落し穴」があります。(2023/3/20)

広報に聞いた:
決め手は「ハンバーグ」? ゼンショーHD買収の「ロッテリア」、ブランド名はどうなる
牛丼チェーン「すき家」や回転寿司チェーン「はま寿司」などを展開するゼンショーホールディングスは、子会社のゼンショーファストホールディングスがハンバーガーチェーン「ロッテリア」を買収すると発表した。(2023/2/19)

ソフトバンクとauのデュアルSIMは同一番号で使える? 宮川社長が“アイデア”を披露
ソフトバンクは2月3日、2023年3月期第3四半期の連結業績を発表した。売上高は前年同期比4.1%増の4兆3454億5900万円、営業利益は同21.7%増の9820億300万円の増収増益だった。質疑応答では、予備回線用のデュアルSIMに関する話題も出た。(2023/2/4)

ヤフーとLINE、ZHDが合併へ シナジー加速、サービス連携強化と統廃合進める
Zホールディングス(ZHD)と同社傘下のヤフー、LINEの3社で合併を決議したと発表した。2023年度中に実施予定で、経営統合によるシナジーの拡大を加速させるとしている。(2023/2/2)

LINE BLOGサービス終了 6月末で
LINEは1月30日、ブログサービス「LINE BLOG」を6月29日をもってサービス終了すると発表した(2023/1/30)

Weekly Memo:
2023年の富士通はどうなる? 「フジトラ」推進で見えた課題と手ごたえ――福田EVPに聞く
2年半前から全社でDXに取り組む富士通の進捗はどうか。2022年までの同社の施策を振り返り、今後の展望を福田EVPに聞いた。そこから見えた、企業におけるDXの3つのポイントとは。(2023/1/16)

黒磯「復刻版・九尾釜めし」:
黒磯駅の名物駅弁だった「九尾釜めし」、あの有名な釜めし駅弁との意外な共通点とは?
おや「陶器の入れ物」があの有名駅弁とそっくりです。その理由は……。(2022/12/11)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(9):
「令和版所得倍増計画」の正体 〜全国民参加の不労所得獲得戦略
今回は、「令和版所得倍増計画」について、もう一歩踏み込んで分析してみました。その結果、この計画は、「日本の国民全員参加による、不労所得の獲得戦略」であることが見えてきました。うん、ならば意外に悪くはない、一口乗ってみるかという気にもなってきます。(2022/12/1)

知らないと損!?業界最前線:
バルミューダの流れをくむ「雑貨家電」という新潮流 〜誕生の背景と課題
近年、デザイン性が高く、雑貨店で流通する「雑貨系家電」が注目を集めている。小さなメーカーやほぼ知られていないブランドの製品が、駅ナカやイオンモールなどの雑貨店で販売され、人気を得ているのだ。小さな会社やブランドが家電を企画〜販売するようになった背景や人気を得ていった経緯、今後の課題を紹介する。(2022/11/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型エクストレイル 改革最終年に臨む日産(前編)
日産自動車がミドルクラスSUVであるエクストレイルをフルモデルチェンジした。事業構造改革計画「Nissan NEXT」において、重要な位置づけのクルマだ。(2022/9/12)

ふるさと納税総合研究所が分析:
ふるさと納税「町」の寄付金ランキング 3位「北海道弟子屈町」58億円、2位と1位は?
ふるさと納税総合研究所は、総務省が発表した「ふるさと納税に関する現況調査」の納税寄付額を「町」別に分析した。「町」の納税寄付額1位は「北海道白糠町」(125億円)だった。(2022/8/15)

製造マネジメントニュース:
日立がAstemoとGLSにてこ入れへ、為替影響を加味し2022年度通期業績は上方修正
日立製作所が2022年度第1四半期の決算を発表。同年度第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比9%増の2兆5698億円、利益指標のAdjusted EBITAが同4%減の1548億円。急激に円安が進んだ為替影響などにより増収となったが、白物家電などの生活・エコシステム事業、自動車部品事業を手掛ける日立Astemoが減益の要因となった。(2022/8/1)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが「非通信領域」でライバルに勝つための秘策 前田副社長に聞く
ドコモは、7月から社内カンパニー制を採用し、コンテンツや金融・決済、データビジネスなどの「非通信領域」を担うスマートライフ領域の組織を刷新した。事業の機動性を高め、収益に対する責任を明確化するのがこの仕組みの特徴。料金値下げなどで通信事業の収益が落ち込む中、ドコモは非通信の事業を成長のドライバーにしていく方針を掲げている。(2022/7/30)

マネージドサービスとしての社内LAN:
PR:中堅・大企業こそネットワーク運用を楽にしたい 特効薬はある?
デジタルトランスフォーメーション(DX)が叫ばれ、中堅・大企業の情報システム部門は選択と集中を迫られている。こうした状況で、社内LANの展開や運用が従来通りでよいはずがない。何か特効薬はないものだろうか――。(2022/7/29)

製造マネジメントニュース:
パナソニックコネクトの3階建て構造改革は8割まで進捗、今後も力強く迷いなく推進
パナソニック コネクトは、前身であるコネクティッドソリューションズ(CNS)社時代から積み重ねてきたさまざまな取り組みの成果や、2022年4月1日付に発足した事業会社として進める今後の方針などについて説明した。(2022/7/8)

スクエニ、「トゥームレイダー」など手放す 北米の開発スタジオとゲームIP売却 約390億円で
スクウェア・エニックス・ホールディングスは2日、カナダや米国にある3つの開発スタジオと「TOMB RAIDER」シリーズなどのゲームIP(知的財産)をスウェーデン企業に売却すると発表した。(2022/5/2)

海外コンビニエンスストア事業が好調:
セブン&アイHD、そごう・西武の売却意向を表明 イトーヨーカドーはどうする?
セブン&アイHDは2022年2月期通期の連結決算を発表した。海外コンビニエンスストア事業が好調で、前年比130.5%と大幅に成長した。そごう・西武などの国内事業の売却意向についても言及した。(2022/4/8)

製造マネジメントニュース:
“ともにつながる”パナソニック コネクトが発足、樋口社長「ピカピカの会社に」
パナソニック コネクトが新会社としての発足会見を開催。パナソニック コネクテッィドソリューションズ社傘下の表面実装機、アビオニクス機器、放送機器、モバイル機器や、ブルーヨンダーなどの事業を引き継いでおり、2024年度の事業目標として、売上高1兆1700億円、企業の稼ぐ力を示すEBITDA1500億円の達成を目指す。(2022/4/5)

「BLOGOS」5月で終了 2009年開設の提言型ニュースサイト
LINEは1日、提言型ニュースサイトをうたう「BLOGOS」(ブロゴス)のサービスを5月31日に終了すると発表した。(2022/3/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.