「スマートフォン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

石野純也のMobile Eye:
Xiaomiの激安ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」を解説 あえて“ゲーミング要素”を抑えた理由
Xiaomiが、日本のPOCOブランドのスマートフォン「POCO F4 GT」を導入する。Snapdragon 8 Gen 1を搭載しながら7万4800円という価格は“激安”と言っても過言ではない。一方で、Xiaomi Japanは、ゲーミングスマートフォンというカテゴリーの端末として、POCO F4 GTを打ち出していくつもりはないようだ。(2022/6/25)

Mobile Weekly Top10:
「スマホ教室」の存在意義はかなり大きい
市区町村が実施する「スマホ教室」が意外と多くあります。キャリアショップでも「スマホ教室」を実施しています。一部有料の教室(講座)もありますが、無料のものも少なくないので、身近にスマホに不慣れな人に存在を教えてあげるのもいいかもしれません。(2022/6/25)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第11回):
“視線で話す”アプリ「Look to Speak」 発話が不自由な人のコミュニケーションを支援 使い勝手は?
発話が不自由な人のコミュニケーションを支援するGoogleのアプリが「Look to Speak」だ。スマホで発音したいフレーズを視線で選ぶため、身体が不自由な人でも使える。使い勝手を試してみた。(2022/6/25)

Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ【6月25日最新版】 人気スマホを特価で手に入れよう
ソフトバンクのサブブランドY!mobileと、auのサブブランドUQ mobileでは、メインブランドに劣らないキャンペーンを実施している。大手MNOのブランドでもあるため、PayPayポイントやau PAY残高でのポイント還元特典が多い。(2022/6/25)

尼崎市のUSBメモリ、スマホのGPS辿り発見 「漏えいしていない保証はない」とBIPROGY
BIPROGYは24日、兵庫県尼崎市の全市民46万人分の個人情報が入ったUSBメモリを紛失し、その後発見した件で記者会見を開き、発見時の状況や今後の対応を説明した。鞄には紛失したときと同じ状態で入っていたという。(2022/6/24)

Nothing初のスマホ「phone(1)」、限定予約スタート
Nothing Technologyは、同社初のスマートフォン「Nothing phone(1)」の限定予約発売情報を案内している。NothingTシャツの先着購入者100人に、phone (1) を先行購入できる招待コードを進呈。登録サイトでの受け付けは6月27日まで行う。(2022/6/24)

Android端末で撮影した写真をオフラインでもChromebookで開ける新機能
GoogleはChromebookとAndroid端末を連携する機能を発表した。1つはAndroid端末で撮影した写真をオフラインでもChromebookで開ける「スマートフォン ハブ」の新機能。もう1つは、「ニアバイシェア」でのWi-Fi接続の共有だ。(2022/6/24)

「狂気的」「お腹すくじゃん笑」と話題に カップヌードル公式、具材を使った“誰得”なスマホ壁紙を公開
「お好みの具材を壁紙にどうぞ」と言われても……。(2022/6/24)

スマホのバッテリー劣化の指標「充電サイクル500回」って結局どういうこと?
「バッテリーが劣化するから、スマホの利用限度は2年程度」――こんな話を聞いたことはありませんか。これは、スマホの「充電サイクル」と「500回」という2つのワードが組み合わさって生まれた“通説”です。(2022/6/25)

「MAM」の10大機能と7大製品【第2回】
業務スマホを安全にする「MAM」ツールを使いこなすために知っておきたい6機能
「MAM」(モバイルアプリケーション管理)ツールは、IT管理者がモバイルデバイス向けアプリケーションを安全に運用するためのさまざまな機能を持つ。その主な機能を取り上げる。(2022/6/24)

狙うは“原点回帰” テクノロジー愛好家向けブランド「POCO」を日本導入するXiaomiの狙いを聞く
Xiaomiが、第3のブランド「POCO(ポコ)」のスマートフォンを日本でも展開することになった。最新ハイエンドプロセッサであるSnapdragon 8 Gen 1を搭載しながらも、早期購入で7万円を切る価格で購入できることに驚くばかりだが、その狙いをXiaomiの担当者に聞いた。(2022/6/23)

クイズへの解答が必要:
AQUOS×Simplismコラボ企画第2弾 「AQUOS wish」「AQUOS wish2」対応製品が半額になるクーポンをプレゼント中
トリニティが、シャープのスマートフォン「AQUOS」とのコラボレーション企画第2弾を実施する。動画内で出題したクイズに正解した全員へ、AQUOS wish/wish2対応製品で使える50%オフクーポンをプレゼントする。(2022/6/23)

カウンターへ行かずにスマホで空席確認 ANAの新サービス
全日本空輸(ANA)は6月22日、カウンターへ行かずにスマートフォンで空席確認が行えるサービスを始めた。日本の航空会社としては初めてという。利用者はスマートフォンからANAアプリやANAウェブサイトへアクセスし、空席待ちの申し込みや状況照会が可能になる。(2022/6/23)

Innovative Tech:
ウイスキーの中に浮かぶ食べられるタグ スマホで読み取り偽物か判別 医薬品などにも応用可
米パデュー大学、韓国の金烏工科大学校、韓国のNational Institute of Agricultural Sciencesの研究チームは、ウイスキーが偽物かどうかを明らかにする二次元コード付きの食用タグを開発した。(2022/6/23)

Xiaomiの「POCO F4 GT」日本初上陸 Snapdragon 8 Gen 1搭載で7万4800円から
予告されていた通り、中国Xiaomiから生まれたブランド「POCO」が日本に初上陸を果たした。日本で発売される最初のハイエンドスマートフォンは「POCO F4 GT」。Snapdragon 8 Gen 1搭載で7万4800円から。(2022/6/23)

我が子のかわいい姿を撮りたいお母さんvsおちゃめな男の子 スマホを片手に全力ダッシュで逃げる男の子に笑ってしまう【カナダ】
かわいいからついつい油断しちゃう。(2022/6/22)

ランキング:
定額制動画配信サービス 満足度の1位は「Netflix」、2位は?
ナイルは運営するスマホ情報サイトにて、 動画配信サービスに関するアンケート調査を実施。その結果、最も利用者が多いサービスは……。(2022/6/22)

2022年大型連休の思い出:
さあ、スマホのクレカで船に乗るぞ!――できるかぎりスマホのタッチ決済だけで「船」と「電車」に乗る旅に出た(中編)
スマホにセットアップした「Visaのタッチ決済」でフェリーと電車に乗りたい――そんな思いで出発した旅行。ついにタッチ決済でフェリーと電車に乗ります……!(2022/6/22)

MVNOに聞く:
「端末としての利益はほぼ出ない」 トーンモバイルが約2万円で5Gスマホを提供する狙い
ドコモのエコノミーMVNOに参画したトーンモバイルが新たに投入した5Gスマートフォンが「TONE e22」だ。さらに、「5G時代のスマホ生活を先取りできる実証実験」として、「TONE Labo」も開始した。実証実験のため料金は無料で、加入すると1万円の端末割引を受けられて2万1780円で購入できるが、端末としての利益はほぼでないという。(2022/6/22)

月20GBのスマホ料金で最安は? ギガも通話もお得に使える10サービスを徹底比較
6月9日にahamoが「大盛りオプション」の提供を始め、合計100GBまでデータ容量が増やせるようになった。一方「そもそも100GB使うのか」といった声もある。そこで、月のデータ容量は20GBのまま、お得に使えるプランを調べてみた。(2022/6/24)

「オムツ換えで子どもがじっとしてくれる装置」が今すぐまねしたい天才的発想 必要なものは100均グッズ2つ
やはりスマホは育児の必須アイテム。(2022/6/21)

iPhoneの激安販売は「望ましい競争形態ではない」 ドコモ井伊社長が主張する“値引きの上限”
NTTドコモの井伊基之社長インタビュー第2回では、端末の激安販売や、それに伴う転売の問題に焦点を当てる。iPhoneを中心としたスマホの激安販売について「望ましい競争形態ではないとは思ってる」と井伊氏。端末と回線はセットにして、端末割引の上限額を決めるべきと同氏は考える。(2022/6/21)

房野麻子の「モバイルチェック」:
なぜ増加した「転売ヤー」? 日本のiPhoneが狙われる
最近、携帯電話業界では、通常の価格よりも大幅に安く販売されているスマートフォンを入手し、それを自分で使わずに転売することで利益を得る、いわゆる「転売ヤー」が問題視されている。総務省の有識者会議「競争ルールの検証に関するWG」でも対応が検討されているほどだ。(2022/6/21)

ドコモ版「Xperia Ace III」でソフトウェア更新 ロック画面でカメラ起動しない事象改善
NTTドコモは、6月20日にソニー製スマートフォン「Xperia Ace III SO-53C」のソフトウェアアップデートを開始した。ロック画面でカメラが起動しない事象が改善される。更新時間は端末本体(5G/Xi/Wi-Fi)で約15分、PC経由での更新には対応しない。(2022/6/20)

楽天ペイの店舗向け「決済手数料実質0円キャンペーン」、12月31日まで延長
スマホ決済「楽天ペイ」で実施している年商10億円以下が対象の「中小店舗様応援!決済手数料実質0円キャンペーン」が期間を延長。従来の9月30日から12月31日までとする。(2022/6/20)

“電話しか使えない”70代の母親が「スマホ教室」に半年間通った結果
筆者の母からは、毎月1〜2回の頻度で電話がかかってきます。ここ最近母から聞かれることが多いのが「スマートフォンの使い方」についてですが、最近はソフトバンクショップで開かれるスマホ教室に通っているそうです。(2022/6/20)

楽天モバイル販売ランキング:iPhone 13がトップを堅守、4万円未満のAndroidも人気【2022年5月】
楽天モバイルが公表している「スマートフォン売れ筋ランキング」。2022年5月は、iPhone 13が1位を獲得。Androidスマートフォンは4万円以下のモデルが上位につけた。(2022/6/19)

au販売ランキング:トップ5までiPhoneが独占、AQUOS sense6sもランクイン【2022年5月】
au Online Shopが公表している「スマートフォン・ケータイ売れ筋ランキング」。2022年5月は、iPhone 13の128GBが1位を獲得した。(2022/6/18)

Mobile Weekly Top10:
箱に「名前」「スタンプ」でスマートフォンの転売は防げるの?
スマートフォンの値引き合戦が過熱する一方で、それを「悪用」した転売が問題となりつつあります。そんな中、ドコモがドコモショップに指示した転売防止策が議論を呼んでいます。果たして、本当に転売を防げる対策といえるのでしょうか……?(2022/6/18)

開発陣に聞く:
開発陣に聞く「Xperia 1 IV」 光学ズーム実装の背景から“スマホだけで宅録”実現まで
2022年夏、3キャリアが取り扱う「Xperia 1 IV」は注目の1台だ。本機はソニーの技術結晶であるカメラ、ディスプレイ、オーディオはもちろん、クリエイターに刺さるような機能も搭載している。光学ズーム実装の背景から“スマホだけで宅録”実現まで、Xperia 1 IVの魅力や技術について、企画開発に関わった方々に話を聞いた。(2022/6/18)

Nothing初のスマホ「phone(1)」、シリアルナンバー付き限定100台をオークションに出品
Nothing Technologyは、同社初のスマートフォン「phone(1)」のシリアルナンバー付き限定100台をオークションに出品。オンラインマーケットプレイスStockXと提携し、日本時間6月21日22時〜22日21時59分まで実施する。(2022/6/17)

「OPPO Reno7 A」インタビュー:“長く使えるスマホ”の本気度、デザイン刷新の裏で起きたこと
OPPO Reno7 Aの発表にあたり、オウガ・ジャパンの製品担当者が新モデルの狙いを語った。長く使えるスマホを目指し、日本向けのデザイン検討を重ねたという。OSバージョンアップの提供方針など、気になる点を確認した(2022/6/17)

弁護士に聞く:
従業員の「名札」は時代に見合うのか クレーマーが盗撮、SNS投稿も 企業が取るべき対応は?
従業員が身に着ける名札。近年、悪質な利用客がスマートフォンなどで無断撮影しSNSに投稿するといった被害が増えている。こうした行為はカスタマーハラスメントと呼ばれ、国が対策へ動き出している。企業側は、従業員の安全を守るために、どのような対策が必要なのか。カスハラ問題に詳しい弁護士に話を聞いた。(2022/6/21)

Inside-Out:
インターネットがよくわかる通信のしくみ:スマートフォンの進化を支える技術とインフラ
今回の特集は「インターネットがよくわかる 通信のしくみ」と題して、日々なにげなく利用している(普段は目にすることのない)テクノロジーの裏側を改めて紹介する。今回は、普段使っているスマートフォンは、どのような仕組みで通信しているのかについて取り上げる。(2022/6/17)

「MAM」の10大機能と7大製品【第1回】
私物スマホでもアプリを自由に使わせない「MAM」とは?
「MAM」(モバイルアプリケーション管理)ツールは、モバイルデバイスを活用する企業にどのようなメリットをもたらすのか。MAMツールが備える主要機能を紹介する。(2022/6/17)

「OPPO Reno7 A」は何が変わったのか 先代の「Reno5 A」と比較する
OPPOの日本向け最新スマートフォン「OPPO Reno7 A」が6月23日から順次、発売される。「ときめき、長持ち。」というキャッチコピーを採用しており、長く使えることを目指した。Reno5 Aよりも薄くて軽くなり、バッテリー容量も増加。Reno5 Aでは液晶だったディスプレイは有機ELに変更した。(2022/6/16)

ドコモ、「AQUOS wish2」を6月24日発売 5G WELCOME割適用で5500円に
NTTドコモはシャープ製の5Gスマートフォン「AQUOS wish2 SH-51C」を6月24日に発売する。ドコモオンラインショップ価格は2万2000円で、最大36回の割賦払いにも対応する。他社からドコモに乗り換えると、5G WELCOME割を適用でき、1万6500円引きの5500円で購入できる。(2022/6/16)

Y!mobile、シンプルデザインの5Gスマホ「AQUOS wish2」を6月23日に発売
ソフトバンクは、Y!mobileブランドの新製品として5Gスマホ「AQUOS wish2」を6月23日から発売する。自然をモチーフとした色合いとシンプルなデザインで、ボディには再生プラスチック材を使用している。(2022/6/16)

OPPO初の公式ECサイトが6月16日オープン 全品送料無料
オウガ・ジャパンは初の公式ECサイト「OPPO公式オンラインショップ」を6月16日15時にオープンする。スマートフォンをはじめ、イヤフォンやスマートウォッチといったIoT関連製品などを取りそろえる。オープンを記念してキャンペーンを実施する。(2022/6/16)

「OPPO Reno7 A」が6月23日発売 FeliCaやメモリ拡張対応で4万4800円
オウガ・ジャパンが6月16日、SIMロックフリースマートフォンの新製品「OPPO Reno7 A」を発表した。6月23日に発売する。au、Y!mobile、楽天モバイルの3キャリア、MVNO、家電量販店などが、同日以降に順次販売する。(2022/6/16)

Nothing、初のスマホ「Phone (1)」をチラ見せ 背面はスケルトン仕様
英Nothingが同社初のスマートフォン「Phone (1)」の外観を披露した。同社は、Phone (1)を7月12日(日本時間13日)に発表予定。(2022/6/15)

にこスマが6日間限定セール 中古iPhone XS/XRが最大5000円オフ
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、中古iPhoneを対象とした6日間限定セールを開催。iPhone XSとiPhone XRが最大5000円オフになる。期間は6月20日12時まで。(2022/6/15)

装着したままスマホを操作できる、防滴サイクルポーチ サンワから
サンワサプライは、スマートフォンや貴重品などをコンパクトに収納できる防滴サイクルポーチを発売。ポーチに入れたままスマートフォンの操作が可能で、鍵取付けフックと落下を防ぐストラップ取付けリング付き。(2022/6/15)

ベルトのバックルにディスプレー:
入試に忍び寄る? ハイテク“カンニング機器”
大学入試で相次ぐ不正行為を受け、大学入学共通テストを運営する大学入試センターはスマートフォンの禁止を厳格化するなど対策を強化する。だが、その隙をついた新たな不正が生まれる可能性も否めない。(2022/6/15)

5万リツイート超え:
「スマホがカップヌードルに沈んでいる!?」と焦る充電器が話題 日清がおバカなグッズにガチで向き合うワケ
日清の「朝起きたら『なんでこうなった?』と脳がバグるスマホの充電器」が話題を集めている。これまでもカップヌードルを使った“おバカ”なグッズを公式Twitterで公開している。日清がこれらのグッズを制作する狙いは?(2022/6/16)

京セラが法人向けスマホ「DIGNO SX2」「DIGNO WX」を発売 「京セラモバイルサポート」に対応
京セラが、メーカーブランドの法人向けスマートフォンを順次発売する。同社が導入から保守修理までトータルに支援するサービス「京セラモバイルサポート」にも対応する。(2022/6/15)

Innovative Tech:
Bluetoothから個別のスマートフォンを識別し追跡するサイバー攻撃 米国チームが論文発表
米University of California, San Diegoの研究チームは、Bluetoothの脆弱性を突いて、スマートフォンを識別し追跡できることを実証した論文を発表した。(2022/6/15)

iPhoneを使っている人の割合は? 年代別で、全く違う結果に
NEXERが運営するメディア「スマートフォンPLUS」は、「iPhoneの使用に関する調査」を実施した。iPhoneを使用している人が最も多い年代は30代以下で、57.3%だった。(2022/6/16)

楽天、縦スクロール型コミック市場に参入 オリジナル作品の制作も
楽天グループは、縦スクロール型フルカラー漫画の制作/プロデュースなどを手掛けるトゥーンクラッカーと協業し、スマートフォン向けの縦スクロール型デジタルコミック事業に参入する。(2022/6/14)

トゥーンクラッカーと協業:
楽天、デジタルコミックに参入 世界共通の縦スクロール型で配信へ
楽天グループは、トゥーンクラッカー(東京都渋谷区)との協業し、スマートフォン向けの縦スクロール型デジタルコミックに関する事業に参入する。縦スクロール型・フルカラーのオリジナル作品を企画・制作する他、国内外への配信や海外作品の調達・ローカライズも実施する。(2022/6/14)

深刻化するスマホの転売問題 「転売ヤー」に隙を与えたのは誰なのか
スマートフォンの大幅値引き販売が復活したことで、いわゆる「転売ヤー」による人気スマートフォンの買い占めが携帯電話業界で問題となっている。その背景と対処について考えてみたい。(2022/6/14)

ライブラリーをクラウド上に構築:
SMK、IRデータの無償トライアルサービスを開始
SMKは、家電製品のリモコンより送信される赤外線(IR)データを「SMK IRライブラリー」としてクラウド上に構築し、無償でIRデータを取得できる「トライアルサービス」を始めた。ライブラリーを活用すれば、スマートフォンなどから既存の家電機器を操作するシステムの開発が容易になる。(2022/6/14)

Xiaomiのスマホブランド「POCO」が日本上陸へ 6月23日に発表
POCO Japanが、6月23日に日本でスマートフォンを発表することを予告している。23日19時からTwitterやXiaomiのWebサイトで映像配信を行う。POCOはXiaomiのサブブランド。(2022/6/13)

Xiaomiのスマホ投入が2021年よりも「慎重」な理由 楽天モバイルとは「DNAが非常に似ている」
5月30日に発売したXiaomiの「Redmi Note 11 Pro 5G」は、オープンマーケットだけではなく楽天モバイルでも取り扱っている。実は以前から、楽天モバイルを契約してXiaomiのスマートフォンを使っている人が多いという。ユーザーからの意見を募り、製品開発に生かしてくイベント「Xiaomiモノ作り研究所」には、想定を超えるユーザーから応募があったそうだ。(2022/6/13)

HTCがメタバースな製品を6月28日に発表か スマホのような画像をTwitterに投稿
HTCは公式ツイッターアカウントに6月28日に何らかの発表を行うと予告している。投稿には「Log in to the Future」という文言とともに日付「2022.06.28」が記載されている。予告画像にはスマホのようなシルエットが含まれている。(2022/6/13)

auの「Mi 10 Lite 5G」がAndroid 12に 3本指でスクショも
KDDIは6月7日、Xiaomi製5Gスマートフォン「Mi 10 Lite 5G XIG01」のOSアップデートを実施した。アップデート後のOSはAndroid 12になり、指定時間帯に着信を通知したり、3本の指で長押しすると指定範囲のスクリーンショットを撮ったり、素早くカメラを起動したりできるようになる。アップデート方法はWi-Fi、5G/4Gの2通りある。(2022/6/13)

ドコモの「iPhone 13」が中古スマホで急上昇 ゲオの5月ランキング
ゲオストアが「【月間ランキング】5月ゲオ中古スマートフォンランキング」を発表。販売の総合ランキングにはNTTドコモの「iPhone 13」が10位にランクインし、キャリア内では13位から4位に急上昇している。(2022/6/13)

橘ジュンの人生相談 スマホで「ポチッ」と ネットでの衝動買いがやめられない
40代女性から、スマホでの衝動買いをやめたいとの相談があった。解決策としては、スマホを手元に置かない、電子マネーを登録しない、通販サイトからログアウトしておく、パスワードを長くしておくなど、あえて不便にしてみるという手もある。(2022/6/13)

Innovative Tech:
iPhoneの自撮りで本物そっくりな動く3Dリアルアバター 米Metaが技術開発
米MetaのReality Labsの研究チームは、スマートフォンで自撮りした短時間のスキャン画像から、本物そっくりの3D頭部アバターを生成するシステムを開発した。異なる視点やフォトリアリスティックな表情を表現し、高い忠実度で再現する。(2022/6/13)

山根康宏の中国携帯最新事情:
今、中国でAndroidタブレットが過熱している理由 XiaomiとOPPO、そしてHuaweiも
2021年にXiaomiが高コスパのタブレットを発売して以来、HuaweiやOPPOなどの他メーカーもタブレット市場に参入している。自宅での需要が増えていることも背景にあるだろう。ノートPCより安くスマホより大きい画面が使えるため、スマホの次に買い足される製品となっているのだ。(2022/6/15)

「昨日何があったんだ?」と自分を疑いたくなるスマホの充電器 カップヌードル公式の投稿に「欲しい」「販売して」の声
酔って小腹空いたんでカップヌードル作ったけどいざ食べる前に眠くなってそのままスマホをぶっ刺して寝てしまった――みたいなトラウマかな?(2022/6/11)

“スマホの箱に記名”のドコモ転売対策 他の携帯キャリアでも検討中か聞いた
NTTドコモが「スマートフォンの割引販売時に箱に名前を記入させる」ことを認め、波紋を呼んでいる。ドコモ以外の携帯キャリア各社も箱への記名を検討・実施しているのだろうか。(2022/6/11)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【6月11日最新版】 最新スマホをお得に購入せよ
梅雨入りし、携帯電話メーカーが夏モデルの準備を始めている。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/6/11)

「OCN モバイル ONE」でセット端末のセール 1万円未満の機種も
NTTコミュニケーションズが、「OCN モバイル ONE」とセットで購入できるスマートフォンのセールを6月10日から30日まで実施している。iPhone SE(第2世代)やXiaomi、OPPOなどの機種が対象。申し込みは1人1セット限りとしている。(2022/6/10)

スマホ決済のお得な活用術:
年会費1万1000円でも私が「dカードGOLD」を手放せないワケ
筆者がドコモの「dカード GOLD」に入会している理由は、ドコモのケータイ料金を「dカード GOLD」でカード決済すると、利用料金の10%のdポイントが還元されるから。毎月のスマホ料金が1万円くらいの人なら、年会費の元が取れる。もう1つの理由は最大10万円分の「dカードケータイ補償」だ。(2022/6/10)

200人に聞いた:
子どもにスマホを持たせた時期 2位「小学校5〜6年生」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもにスマートフォンを持たせた時期を調査した。(2022/6/10)

「スマホの箱に記名」は、本当に転売対策になるのか? 実際に体験して感じたこと
ドコモのiPhoneを購入する際に、「箱に名前を書く」という対応が注目を集めている。ネット上でも賛否両論の意見が飛び交う中、筆者もiPhoneを購入した際に、記名の体験をした。記名をしても、転売対策には効果が薄いと感じる。(2022/6/10)

「Galaxy M23 5G」投入のサムスン なぜオープン市場への参入に時間がかかったのか
サムスン電子が、満を持してオープンマーケットに送り出したスマートフォンが、「Galaxy M23 5G」だ。これまでサムスン電子は、キャリアとの取引をビジネスの中心に据えてきたが、なぜこのタイミングでオープンマーケット版の販売に踏み切ったのか。小林CMOいわく、「キャリアとの関係性なども含め、いろいろな方の意見を聞いてきた」という。(2022/6/10)

モバイル版「Lightroom プレミアム」をiPadで試す デスクトップ版の代わりになる?
RAWファイルを扱う写真編集ソフトは「Lightroom」が有名だ。PCで使うサブスクリプション型ソフトと無料で使えるスマホ/タブレット版があるが、「Creative Cloud」で利用しようとすると割高。そこで月額550円の「Lightroom プレミアム」を使い、手軽に写真編集を行おう。(2022/6/12)

EUが2024年秋までにスマホなどでUSB Type-C充電を義務付け ノートPCも40カ月後に対象
欧州連合の加盟国で構成される欧州理事会と欧州議会は、電子機器の充電端子をUSB Type-Cに統一し2024年秋までに義務付ける法案について、暫定合意に達したと発表。この発行から40カ月以内にノートPCも対象となる。(2022/6/9)

これがバイク×スマホ連動の最新2大トレンドだ! 続々増殖中「つながる」バイク最新事情
バイクにも「スマホ連携」に対応した車種が増えてきました。これ何? 最新のバイク×スマホ連携「2大トレンド」を解説します。(2022/6/9)

Nothing初のスマートフォン「phone(1)」、7月13日0時に発表へ
Nothing Technologyが、7月13日0時に同社初のスマートフォン「phone(1)」を発表する。同社のWebサイトで発表会のライブ配信を行う。Nothingは、中国のスマートフォンメーカーOnePlusの共同創業者、カール・ペイ氏が2020年に英国で立ち上げた新興企業。(2022/6/9)

MediaTek Dimensity 1050、Dimensity 930、Helio G99:
スマートフォン向け5Gミリ波対応SoC
MediaTekは、スマートフォンに適した5Gミリ波対応SoC「Dimensity 1050」、ゲーム用チップセット「Dimensity 930」「Helio G99」を発表した。遅延の少ない、優れたゲーミング体験を提供する。(2022/6/9)

スマホにスマホかざして「iD」支払い ドコモが実証実験 専用端末なしでもタッチ決済導入しやすく
NTTドコモは、AndroidスマートフォンをiDの決済端末として利用するための実証実験を開始した。専用リーダーを使う必要がなく、低コストでiD決済を導入できるようになるとしている。(2022/6/8)

ドコモ、スマホを「iD」決済端末にする実証実験を開始 まずは「Tap on Mobile」に対応
NTTドコモは、Androidスマートフォン電子マネー「iD」を決済端末として利用する実証実験を開始。まずは日本カードネットワークが実証実験中のサービス「Tap on Mobile」に対応する。(2022/6/8)

「BALMUDA Phone」SIMフリー版が楽天モバイルで使用可能に
楽天モバイルがこのほど、楽天回線対応製品の一覧にAndroidスマートフォン「BALMUDA Phone」のSIMロックフリーモデル(X01A)を加えた。X01Aで楽天モバイルの音声通話(VoLTE)、SMS、データ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)が使えるようになった。APN自動設定にも対応した。(2022/6/8)

中古スマホの販売数は2021年5月比で158%に 依然iPhone 7/8が2強
ニューズドテックは、2022年5月の中古iPhone売買ランキングを発表。販売は2カ月連続でiPhone 7(32GB)、買い取りはiPhone 12(64GB)がそれぞれ1位となった。販売台数はiPhone/Androidともに増加傾向で、昨年同月比158%となる。(2022/6/9)

au版「Galaxy A32 5G」がAndroid 12に ウィジェットで予定確認も
KDDIは6月7日、サムスン電子製5Gスマートフォン「Galaxy A32 5G SCG08」のOSアップデートを実施した。アップデート後のOSはAndroid 12になる。ウィジェットに新たなカレンダーデザインが追加され、ウィジェットから今日の予定を確認できるようになる。(2022/6/8)

2022年第1四半期の国内携帯出荷、3G終了に伴う低価格モデルで前年増に
IDC Japanは、6月8日に国内の従来型携帯電話/スマートフォンの2022年第1四半期(1〜3月)の出荷台数を発表。3Gサービスを終了するキャリアが低価格モデルを中心に仕入を増やし、前年同期比4.0%増の1015万台となった。(2022/6/9)

ドコモ、スマートフォンを電子マネー「iD」の決済端末に
NTTドコモは6月8日、Androidスマートフォンを電子マネー「iD」の決済端末として利用する実証実験を開始すると発表した。小規模店舗などにおいて、スマホを決済端末として利用できるようにすることで、iD導入を促進する狙い。(2022/6/8)

スマホの転売ヤーを「望ましいものではない」と総務省 携帯キャリアと対策検討
総務省が携帯キャリア業界における“転売ヤー”問題の現状と対策方針を公開した。転売ヤーについて「社会的に見て望ましいものではない」として継続的な対策を検討していく。(2022/6/8)

個人情報を取得しすぎ? スマホゲーム「最強でんでん」が話題 運営はポリシー修正
6月8日配信のスマホゲーム「最強でんでん」が個人情報を広範囲に取得していると注意喚起するツイートが話題になっている。当初は、収集する情報として口座番号や位置情報、クレジットカード情報などを挙げていたが、ポリシー修正で削除した。(2022/6/8)

LINEMOが楽天モバイルのオリジナル端末を対応機種に追加
ソフトバンクのオンライン専用ブランド「LINEMO」が、楽天モバイルのオリジナルAndroidスマートフォンを「対応機種」に追加した。全機種を確認済みとしているが、Rakuten Miniは最初期のモデルで確認を取ったという。【追記】(2022/6/8)

スマホなどの充電端子を「USB Type-C」統一 欧州で2024年秋までに
欧州議会は6月7日(現地時間)、2024年秋までに無線機器指令を施行する。EU圏内で販売されるスマートフォン、タブレット、カメラなどに共通充電規格(USB Type-C)の採用を義務づける。同法案は10年以上にわたって策定されてきたもので、2021年9月に欧州委員会が法案を提出していた。(2022/6/8)

みずほ銀加藤頭取「アプリ利用者2年で1.5倍に」 システム障害再発防止で信頼回復へ
みずほ銀行の加藤勝彦頭取は、同行のスマホアプリについて「利用者を今後2年間で1.5倍にする」との目標を明らかにした。2021年2月以降相次いだシステム障害に関しては、再発防止の取り組みを徹底し、信頼回復に努める考えを強調した。(2022/6/8)

欧州、スマホなどが対象の“USB Type-C統一法”を2024年秋施行へ
EUの欧州議会は、「USB Type-C」(USB-C)を圏内のすべてのスマートフォンやカメラの共通充電ポートにすることを義務付ける規則を2024年秋までに施行する。推進した議員は会見で「Appleは2年後も圏内で製品を販売したいなら従う必要がある」と語った。(2022/6/8)

スマホ契約で箱に記名 ドコモが転売対策 KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは?
「NTTドコモでiPhoneを買ったら箱に記名させられた」――。そんな投稿をSNSで最近よく目にする。NTTドコモを含む携帯電話キャリア広報に具体的な条件や注意点を問い合わせた。(2022/6/7)

スマートビル:
「BuilPass」の新機能で「ワテラス」飲食店のスマホ注文/決済を実証
東京・神田淡路町の安田不動産が運営する「ワテラス」内の飲食店で、テナントとして入居する日立製作所と日立ビルシステムの社員が、独自のオフィスワーカー向けアプリで注文と決済の実証を開始した。(2022/6/7)

iPhone 8が14カ月連続で1位、AQUOSシリーズも急上昇 にこスマの5月中古スマホランキング
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2022年5月の中古スマホ/機種別販売数のランキングを発表。「iPhone 8」が14カ月連続で1位を獲得した一方で「AQUOS R3」や「AQUOS sense3」もランクインしている。(2022/6/7)

Androidスマホを紛失したときに試すべき6つの方法
Androidスマホをなくしてしまった時の対策を紹介する。「デバイスを探す」アプリやキャリア/メーカーの紛失対応サービスなど、とれる行動は多い。(2022/6/8)

スマホアプリで会社設立 マネーフォワードがアプリ公開
会社設立に必要な定款などの書類をスマートフォンで作成できるアプリをマネーフォワードが公開した。(2022/6/6)

出そろった「Xperia Ace III」の価格 最安値はどのキャリアか
NTTドコモ、au、UQ mobile、Y!mobileがソニー製スマートフォン「Xperia Ace III」の販売を6月10日に開始する。各社のオンラインショップにおける販売価格、端末購入プログラム適用後の実質負担額、販路、カラーをまとめた。記事内は全て税込み。(2022/6/6)

「隠れカジノ大国ニッポン」 オンラインカジノ、1年で5倍に
公営ギャンブル以外の賭博が禁じられている中で、スマートフォンなどから金銭を賭ける「オンラインカジノ」へのアクセスが増えている。新型コロナウイルス禍の自粛生活の影響や、24時間遊べる手軽さが背景にあるとみられ、日本はすでに「隠れカジノ大国」と分析する専門家もいる。ギャンブルを合法とする海外で運営され、捜査が困難だとして事実上野放しにされている現状も無視できない。(2022/6/6)

iPadOS 16でiPadはノートPCにさらに近づく? AppleがWWDC22で予定しているOSアップデートの中身
iPadOS 16ではiPadをスマートフォンよりもノートPCに近づける取り組みが強化されるようだ。(2022/6/6)

ICT:
高所作業車をキーレスで起動するスマートキーを開発、鹿島建設
鹿島建設は、レンタルのニッケンやMIYOSHIとともに、これまで使用されていた鍵の代わりにスマートフォンの専用アプリからQRコードを表示することで、高所作業車を起動するスマートキー「QRKAZAS」と既存の高所作業車に後付けするQRコードリーダーを共同開発した。QRKAZASは、利用することで、現場で日々行われている鍵の貸し出しや返却といった煩雑な作業が不要となり、社員や作業員の負担を減らせる。(2022/6/6)

石川温のスマホ業界新聞:
2024年、スマホのカメラは一眼レフの画質を超える――ハイエンドは1インチクラスが増えるとソニーが断言
スマートフォンの“差別化”が難しくなったと言われる昨今、カメラ機能を差別化要素として見いだす動きが続いている。グループ内で一眼カメラを手がける一方で、スマホ向けのカメラセンサーでも大きなシェアを持つソニーグループだが、カメラセンサーの事業会社の社長が「2024年にはスマホの静止画は一眼レフの画質を超える」と明言した。(2022/6/5)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
2021年、iPhone 12を抑えて世界で一番人気のスマホを触ってみた
2021年に発売されたスマホのうち、調査会社によれば最も人気だったのはサムスン電子の「Galaxy A12」だ。どんな製品なのかを確認してみよう。(2022/6/5)

石野純也のMobile Eye:
モトローラも参戦 オープン市場で「おサイフケータイ対応スマホ」が増えている理由
おサイフケータイや防水は、キャリアが扱うスマートフォンの“標準装備”ともいえる仕様だが、対応はまちまち。そんな中、ついにモトローラの端末が、オープン市場では初となるFeliCaと防水に対応した。オープンマーケットにおけるおサイフケータイの対応状況の変遷や拡大している背景を解説していく。(2022/6/4)

Mobile Weekly Top10:
Androidスマホのユーザーの皆さん、microSD使ってますか?
最近、ハイエンドモデルを中心にmicroSDメモリーカードスロットを備えないAndroidスマートフォンが増加傾向にあります。なぜなのでしょうか……?(2022/6/4)

車内メロディーが流れる! 東海道新幹線「のぞみ」30周年スマホスタンド、6月4日に発売
スタンドには500系も含めた(!)歴代「のぞみ」車両をデザイン。(2022/6/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.