• 関連の記事

「スマートテレビ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

Amazon特選タイムセール祭り:
バッファローのストレージ類が最大16%もお得! テレビの録画や思い出の写真の保存にピッタリ
「Amazon特選タイムセール祭り」において、PC周辺機器を展開するバッファローはHDDやSSD、NASなどストレージ製品を最大16%オフで出品している(2024/2/3)

「Fire TV」シリーズに画像生成AIによる壁紙機能 まずは米国から
画面上に壁紙として生成したアート風の絵を表示したり、Amazon Photosアカウントに保存したりできる。(2024/1/22)

ビックカメラグループが「新生活応援セール」 冷蔵庫・洗濯機のセットが4万9800円〜
おすすめ商品をまとめ買いすると10%オフになる「まとめ買いキャンペーン」も実施。(2024/1/15)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
ソニーがXR HMD込みの没入型空間コンテンツ制作システムを開発/OpenAIが組織や企業向けの新有料プラン「ChatGPT Team」を提供開始
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、1月7日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/1/14)

Xiaomiの日本戦略を聞く 「テレビは想定の3倍以上、新スマホも爆発的に売れている」
Xiaomiが、「神ジューデン」の後継機として「Xiaomi 13T Pro」を発売した。KDDI向けには、チューナレススマートテレビ「Xiaomi TV A Pro」を投入し、キャリアショップでテレビを売るというインパクトで話題を巻き起こした。日本での存在感を高めているXiaomiの戦略を聞いた。(2024/1/12)

CES 2024:
パナソニックのスマートテレビが「Fire TV」に――OSを「Fire OS」に切り替え 2024年から順次
パナソニックのスマートTVのOSが、Firefox OSからFire OSに切り替わることになった。2024年に発売するフラグシップ有機EL搭載TVを皮切りに、パナソニックのスマートTVに「Fire TV」の機能が統合されることになる。(2024/1/10)

パナのスマートテレビが「Amazon Fire TV」ベースに Fire OS搭載3モデルを発表
パナソニック エンターテインメント&コミュニケーションは、米Amazonと「Fire TV」のライセンス契約と協業を発表した。「VIERA」のスマートテレビのOSにAmazonの「Fire OS」を採用。第一弾として、65/55インチ「Z95A」と77インチ「Z93A」の新型OLEDテレビを投入する。(2024/1/9)

スマートTV専用のリモコン、サンワから発売 よく使う機能を4つまで割り当て可能
サンワサプライは、スマートTV用リモコン「400-TVSMART」を発売。よく使うテレビ機能の割り当てやカーソルを操作、横持ちのゲームコントローラーとして利用できる。サンワダイレクトでの価格は8480円(税込み)。(2023/12/19)

Xiaomiが期間限定体験スペースを渋谷にオープン 狙いは常設ストアの展開か
Xiaomi製品を一堂に集めたポップアップスペース「Xiaomi Smart Holidays from “mi” to you!」が2023年12月5日から17日まで、東京・渋谷に期間限定オープンしました。Xiaomiが日本で直接製品の展示・販売を行う場所を開業したのは今回が初めて。日本でもいよいよ「Xiaomiストア」がオープンするかもしれません。(2023/12/7)

Jim Keller氏に独占インタビュー:
Rapidusとも提携、Tenstorrentの現状と戦略
2nmプロセスベースのAIエッジデバイス領域での半導体IPに関して、Rapidusと提携を結んだTenstorrent。同社CEOのJim Keller氏が今回、米国EE Timesのインタビューに応じ、事業の現状や戦略などを語った。(2023/12/5)

TVはないけどTVを見たい! いろんなデバイスをTVにできるアイ・オーの「REC-ON」を試してみよう
最近はTV放送を受信できる機器が1台もない世帯が増加傾向にあるというが、世の中の情報源としてTVを欠かすことは難しい。TVが全くないなら、スマホ/タブレット/PCやキャストデバイスなどでTVを視聴できる「ネットワーク配信対応チューナー」も良い選択肢だ。この記事では、そんなチューナーの1つとして、アイ・オー・データ機器の新型「REC-ON」を試す。(2023/11/24)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】CTV
インターネットに接続されたテレビである「コネクテッドTV」。従来のテレビと何が同じで何が違うのか。広告主の観点でその可能性を探ってみると……。(2023/11/24)

ヤマダホールディングスの「Fire TV搭載スマートテレビ」に65型モデル登場 17万5890円で11月3日発売
ヤマダホールディングスが(2023/10/31)

「Xiaomi 13T/13T Pro」は「日本は頑張ったな」という価格になる Xiaomiの日本戦略を聞く
Xiaomi Japanが9月27日に発表会を開催し、スマートフォン、タブレット、スマートバンド、スマートテレビ、ロボット掃除機を一挙発表した。通信キャリアとの協業も深め、認知拡大を目指す。スマホの価格は高騰しているが、Xiaomi 13T/13T Proは海外と比べても安価になるという。(2023/10/27)

アイ・オーが録画機能付きTVチューナーに約8年ぶりの新モデル はやりの「チューナーレスTV」でも快適に利用可能
アイ・オー・データ機器が、録画機能付きTVチューナーを約8年ぶりにモデルチェンジする。外観は大きく変わっていないが、ハードウェア/ソフトウェア両面で改良を行ったことが特徴だ。合わせて、スマートTV向けの視聴アプリをリリースし、最近はやりの「チューナーレスTV」でも快適に利用できることを訴求する。(2023/10/18)

携帯キャリアとの提携を強化するXiaomi 目指すのは「スマートなくらしを、すべての人へ」
Xiaomiが日本で一挙7製品を発表した。スマートフォンだけでなく、IoT家電も積極投入していく。携帯キャリアとの提携も強化し、「スマートな暮らしを、全ての人へ」というコンセプトを推進していく。(2023/9/28)

Inside-Out:
「スマートフォンの画面で承認してください」を実現するクロスデバイスフローの仕組み
オンラインバンクなど、インターネット上のサービスを利用する際、スマートフォンを使った認証や認可の手続きを設定するように求められることはないでしょうか。本記事では、近年、注目を集めている、スマートフォンを活用したクロスデバイスフロー(Cross-Device Flow)と呼ばれる認証・認可方式について解説します。(2023/9/28)

Xiaomi、チューナーレスのスマートテレビ「Xiaomi TV A Pro」をKDDIで独占販売
Xiaomiは、10月中旬以降にKDDI独占でチューナーレスのスマートテレビ「Xiaomi TV A Pro」を発売。Dolby Visionテクノロジーやデュアルステレオスピーカーを搭載し、Google TVも内蔵する。32〜65型の4サイズで展開。(2023/9/27)

海外医療技術トレンド(98):
米国でヘルスケアデータを扱う非医療機器の規制がさらに強化される理由
本連載第8回で取り上げた米国の「非医療機器(Non-SaMD)」を取り巻くプライバシーやサイバーセキュリティの規制が大きく変わりつつある。(2023/8/18)

AmazonのAlexaやFireのデバイス&サービス部門責任者が退社へ
Amazon.comでAlexaやEcho、Fire端末のチームを率いてきたデイブ・リンプ氏(56)が退社する。理由は「デバイス&サービス事業に弱気になったからではない」としている。(2023/8/15)

KDDI高橋社長、楽天やドコモの新料金プランは「大きな影響なし」 国内メーカーの撤退は「非常に残念」
KDDIの2023年度第1四半期は減収減益となったが、楽天モバイルの新ローミング協定により、ローミングの減益は抑えられる。高橋社長はARPUを伸ばすことが重要だと述べる。楽天モバイルやNTTドコモの新料金プランの影響は軽微だとした。(2023/7/28)

思ったよりもいいもの――ヤマダデンキの「FireTVスマートテレビ」を約1年3カ月使って分かったこと
2022年3月、ヤマダデンキが船井電機製の「Fire TVスマートテレビ」を発売した。約1年3カ月間、このTVの43型モデルを使ってきた筆者が、その率直な感想を述べたいと思う。【訂正】(2023/6/21)

「Pixel Tablet」を使ってみた “巨大Nest Hub”は普通に便利、ただし気になるところも……
Googleが久しぶりにタブレット市場に帰ってきた。6月20日発売の「Pixel Tablet」は、ドッキングスピーカーでスマートディスプレイに変身する機能が加わった。Androidの本家が作ったタブレットの仕上がりをチェックする。(2023/6/20)

「FUNAI Fire TV搭載スマートテレビ」に新製品 スピーカーやリモコンを改良して7月1日発売、32型4万3890円から
Amazon.co.jpとヤマダホールディングスが共同開発する船井電機製「FUNAI Fire TV搭載スマートテレビ」の新製品を発表した。(2023/6/15)

ChatGPTを活用した翻訳端末、ピクセラが開発 Android用の翻訳アプリも
ピクセラは2日、OpenAIのChatGPTを活用する翻訳端末を開発したと発表した。またChatGPTを用いたAndroid用翻訳アプリも開発中で、β版を6月末に公開するとしている。(2023/6/2)

2023年のCTV広告:
コネクテッドTVでのキャンペーン成功の鍵はQRコードにあり
コネクテッドTV(CTV)キャンペーンのアトリビューション計測にとって欠かせないのがQRコード。具体的な使い方を説明します。(2023/6/2)

Google、10年前に発売の初代Chromecastのサポートをひっそり終了
Googleが初代「Chromecast」のサポートをひっそり終了していた。2013年に35ドルで発売されたモデルにはアップデートが適用されなくなっている。Googleは「これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります」とサポートページに記している。(2023/6/1)

2023年のCTV広告:
コネクテッドTV(CTV)に隠された落とし穴とは? 広告費の損失を防ぐ方法
急成長のCTV広告ですが、課題がないわけではありません。その一つがアドフラウド(広告不正)。広告費の損失を防ぐためにまず取り組むべきは……。(2023/6/1)

専門家が解説:
なぜ「スマートロック」は売れているのか 分析から見えたマーケティングの本質
コロナ禍が落ち着き、「スマートロック」に注目が集まっている。専門家がマーケティング視点で解説する。(2023/6/3)

ChatGPTでテレビ字幕を自動翻訳 ピクセラがスマートテレビ向けアプリ開発
ピクセラは25日、OpenAIのChatGPTを活用してテレビの字幕を様々な国の言葉に自動翻訳するスマートテレビ向けアプリ「Xit」を発表した。秋頃から国内のホテルなどに提供する。(2023/5/25)

Innovative Tech:
工場出荷前に数百万台のスマホがすでにマルウェアに感染 Trend Microが発表 安価なAndroid端末が対象
Trend Microの研究者らは、5月に開催したセキュリティイベントで「舞台裏:犯罪企業が数百万台のモバイル機器を事前に感染させる方法」という講演を行った。(2023/5/23)

890万台のAndroidデバイスにマルウェアGuerrillaが仕込まれて出荷
Trend Microは、890万台のAndroidデバイスに「Guerrilla」と呼ばれるマルウェアがプリインストールされていると伝えた。Lemon Groupというサイバー犯罪組織が仕掛けたものだと分析されている。(2023/5/22)

スラムダンク大ヒット “海賊版天国”だった中国が「本物」を買うようになったワケ
かつて「海賊版天国」と言われていた中国だが、今は若者がコンテンツを金を払って正規版で見る動きが見られる。この動きは本物であり今後も続くのか、中国人全体の傾向としてあるのかを考察したい。(2023/5/19)

auとUQ mobile、「Netflix(広告つきスタンダード)」を1カ月無料提供
KDDIは、5月中旬以降にau/UQ mobileユーザーへ「Netflix(広告つきスタンダード)」を1カ月間無料で提供。申し込み方法や提供開始日は、決まり次第特設ページで発表する。(2023/5/9)

Innovative Tech:
スマートテレビのリモコン操作から個人情報を盗み出す攻撃 屋内のIoTエアコンなどを悪用
香港中文大学などに所属する研究者らは、スマートテレビを操作する家庭用の赤外線(IR)リモコンからIR信号を取得し、機密情報を抽出する攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/4/3)

TikTok、リビングルームに進出 テレビ向けアプリの提供を始める
「TikTok」を運営する中国ByteDanceは21日、Amazon Fire TVシリーズやAndroid TV搭載のテレビに向けて「TikTok TV」アプリの配信を始めたと発表した。(2023/2/21)

組み込み採用事例:
スマートテレビ対応ターンキーソリューション、国内大手家電メーカーが採用
ピクセラなどが共同開発した日本向け4K/2K Android TV搭載スマートテレビ対応ターンキーソリューションを、国内大手家電メーカーが採用。搭載製品は2023年1月に販売開始する。(2023/1/23)

ニトリが「4Kチューナーレス スマートTV」発売 43V型で3万4900円
ニトリホールディングスは18日、デジタルチューナーを搭載しないAndroid TV搭載4Kディスプレイ「43V型 4Kチューナーレス スマートTV」を発表した。価格は3万4900円。(2023/1/18)

ニトリ、Android OSを搭載した4K対応43型チューナーレスTV
ニトリは、4K表示対応の43型チューナーレスTV「43v型 4KチューナーレススマートTV(MST-43-4K)」を発表した。(2023/1/18)

少なくとも1割引きで購入可:
「チューナーレスTV」と名乗らないのはなぜ? webOS搭載の「LGスマートモニター」の秘密に迫る
LGエレクトロニクスがwebOS搭載「スマートモニター」をMakuakeで発売した。製品的特徴を見ると、一時期話題となった「チューナーレスTV」と同じように見えるのだが、あくまでも「モニター(ディスプレイ)」であることにこだわっていることに特徴がある。(2022/12/22)

欧州のIoT機器セキュリティ対策最新動向(1):
脅威増すIoT機器への攻撃、欧州上市ではサイバーセキュリティ対策が必須に
IoT機器を狙ったサイバー攻撃の脅威が現実のものとなる中、世界各国でセキュリティ対策の整備が進んでいる。本連載では欧州当局が出すセキュリティ要件や規制動向に焦点を当て、国内製造業が意識すべきポイントを解説していく。(2022/12/8)

組み込み開発ニュース:
急成長のメディアテック、自動車や産業IoTで事業拡大目指し日本市場に熱視線
台湾のメディアテックが事業戦略について説明。2021年のグループ売上高は前年比61%増の176億米ドルを記録し、2022年も好調に推移している。スマートフォンの他、ArmベースChromebookやスマートTV向けのSoC、Wi-Fiのアクセスポイント/ルーター向けチップセットなどでも世界シェアトップになったという。(2022/11/28)

Amazon、大規模リストラを正式発表 AlexaやLuna関連部門が中心
Amazonがデバイス&サービス部門でのリストラを開始した。数日前、約1万人規模のリストラの計画が報じられていた。(2022/11/17)

動画配信サービス「SPOTV NOW」が好調 英プレミアリーグ放映権獲得で「会員数が前年比4〜5倍」に
今季からEPLの放映権を獲得した動画配信サービス「SPOTV NOW」の日本国内での会員数が順調に増加している。運営元の韓国ECLAT MEDIA GROUPの日本法人LIVE SPORTS MEDIAによると、会員数が「前年比で4〜5倍になった」という。(2022/10/9)

累計販売数1万5000台:
ドンキ「NHK受信料不要のテレビ」、なぜ中年に人気? 最新の売れ行きを開発者が分析
ドンキの「チューナーレス スマートテレビ」が好調だ。同社に売れ行きについて話を聞くと、担当者も驚いたと話す“意外な購買層”が分かった。誰が、どんな目的で買うのか。(2022/10/5)

iPhone、iPad、Apple TV、Macの「Prime Video」から“直接”映画などをレンタル・購入可能に
iPhone、iPad、Apple TV、Macの「Prime Videoアプリ」で映画やテレビ番組のラインアップを、直接レンタルまたは購入可能になった。アマゾンジャパンは9月29日に発表した。Prime Videoはスマートフォン、タブレット、ゲーム機器、Smart TVやPCなどからアクセスして、映画やテレビ番組などを視聴できるサービス。(2022/9/29)

AmazonがDolby Vision QI対応「Fire TV Omni QLED」を発表 米国とカナダで販売
Amazonが米国とカナダで新型スマートTVを発売する。QLED(量子ドットディスプレイ)を採用することで鮮やかな表示を実現したことが特徴で、Dolby Vision IQにも対応する。(2022/9/29)

Google Playストアに3つの新機能 スマートウォッチへのアプリリモートインストールなど
Google公式アプリストアGoogle Playストアアプリに3つの新機能が追加された。スマートフォン以外のデバイス(時計、テレビ、車)のアプリを探しやすくなり、それらにスマートフォンからリモートでアプリをインストールできるようになった。(2022/9/28)

最大220Gbpsの通信が可能:
高速光無線通信「Li-Fi」が、AR/VRの未来を切り開く
光スペクトルを使用してデータの伝送/受信を行う高速通信「Li-Fi(Light Fidelity)」は、現在まだ初期段階にあるが、米軍がその成長に拍車を掛けている。Li-Fi大手のpureLiFiとSignifyの2社は、米国陸海軍との間で重要な契約を締結し、既存の通信システムにセキュリティレイヤーを追加することによって性能向上を実現していくという。(2022/9/15)

楽天の動画配信「Rチャンネル」にWebブラウザ版が登場 1時間の視聴で1ポイント付与
楽天グループは9月6日、リニア型動画配信サービス「Rチャンネル」でWebブラウザ版のサービスを始めた。Rチャンネルは、テレビ放送と同じく番組表に沿ってコンテンツを配信するリニア型動画配信サービス。1時間の視聴で1ポイント付与する取り組みも始まった。(2022/9/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.