• 関連の記事

「ナトリウム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ナトリウム」に関する情報が集まったページです。

負極材に結晶化ガラスを用いる:
オール酸化物全固体Naイオン二次電池を開発
日本電気硝子は、出力電圧が3Vのオール酸化物全固体Na(ナトリウム)イオン二次電池を開発、駆動させることに初めて成功したと発表した。(2021/11/22)

組み込み開発ニュース:
全固体Naイオン二次電池を「オール酸化物」で実現、新開発の負極材で課題克服
日本電気硝子は、同社が開発を進めていた全固体Na(ナトリウム)イオン二次電池について、新たに結晶化ガラスを用いた負極材を開発し、結晶化ガラス正極、固体電解質と一体化した「オール酸化物全固体Naイオン二次電池」の駆動に成功したと発表した。(2021/11/19)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(59):
共振子(3) ―― セラミック振動子
これまで水晶振動子について解説してきましたが、機器の中には水晶振動子ほどの精度や安定性を求めない場合があります。今回は、水晶振動子ほどの精度、安定性を求めない箇所に使用されるセラミック振動子について解説します。(2021/10/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
レアメタル戦争の背景 EVの行く手に待ち受ける試練(中編)
コバルトの問題が難問過ぎるので、今注目を集めているのが、従来のハイコバルト系リチウムイオン電池に代わる方式だ。最も早く話題になったのがリン酸鉄電池である。ついでナトリウム電池、そしてニッケル水素のバイポーラ型電池。長らく次期エースと目されている全固体電池もある。(2021/8/9)

コロナ対策の消毒で液晶モニター破損か EIZOが点検呼びかけ
EIZOは2日、液晶モニターを天吊り/壁掛けなど下向きに設置した場合に表面パネルが剥がれる事例を報告した。次亜塩素酸ナトリウムなどを使った消毒が原因と見ている。(2021/8/5)

次亜塩素酸水の自動販売機が登場 新型コロナ対策に
業務用厨房機器を製造・販売するホシザキは2日、新型コロナウイルス感染症対策としてドアノブやテーブルなど“物の消毒”に利用できる次亜塩素酸水の自動販売機を発表した。(2021/8/2)

高根英幸 「クルマのミライ」:
EUが2035年に全面禁止検討 エンジンは本当に消滅するのか
7月中旬、EUの欧州委員会は2035年にEU圏内でのエンジン車販売を禁止する方針を打ち出した。マイルドハイブリッドやフルハイブリッドも禁止される見込みだ。つまり、現時点ではバッテリーEVとFCVしか認められないという方向だ。(2021/7/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型86とBRZ スポーツカービジネスの最新トレンド
トヨタとスバルは、協業開発したFRスポーツカーとして、2012年からトヨタ86とスバルBRZを販売してきた。この2台のスポーツカーがこの度フルモデルチェンジを果たし、袖ケ浦フォレストレースウェイで、プロトタイプの試乗会が開催されたのだ。そこで86/BRZのインプレッションレポートと併せて、何がどう変わり、それがスポーツカービジネスをどのように変えていくかについて、まとめてみたい。(2021/7/26)

アモルファスカーボンを開発:
ハードカーボン内のNaイオン貯蔵メカニズムを解明
東北大学は、低温脱合金法を用いて局所構造を精密に制御できるアモルファスカーボンを開発した。また、ハードカーボン内のNaイオンについて、新たな貯蔵メカニズムを明らかにした。(2021/7/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
猫用おやつ「ちゅ〜る」はなぜ売れる? 飼い主も“やみつき”にする戦略に迫る
猫のペットフード「CIAO(チャオ)ちゅ〜る」がロングヒット中。ラインアップも増えており、きめ細かいニーズに対応している。開発の背景は?(2021/6/22)

Gartner Insights Pickup(211):
サイバーフィジカルシステムのセキュリティ戦略の策定
重要な資産への脅威が高まる中、企業はセキュリティプログラムを拡大し、サイバーフィジカルシステムをカバーする必要がある。(2021/6/11)

圧倒的不審者の工房:
透明標本を作るために2カ月カニの甲羅を煮込んでいたら包丁が完成 「ゾッとする」「やっぱり狂ってる」と大人気に
透明になったカニが包丁になるお話。(2021/6/12)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
DXの実現に重要なのは、ビジョンを描き、経営戦略を創り、競争ではなく共創すること
現在、デジタル技術を活用した技術革新により、イノベーションを起こす力を持った経営トップが求められている。そのためには、技術力と経営ビジョンに基づいてDXを実践できる人材の育成が不可欠になる。(2021/5/25)

高根英幸 「クルマのミライ」:
シリーズハイブリッド、LCAを考えると現時点でベストな選択
ハイブリッドの駆動方式は3種類に大別される。その中で、日本で主流にすべきはシリーズハイブリッドだと断言できる。トヨタのTHSは素晴らしいシステムだが、制御が複雑でノウハウの塊ともいえるだけに、トヨタ1社でスケールメリットがあるからビジネスモデルが成り立つ(といってもトヨタも利益を出すまでは相当な年月が掛かっているが)ものだからだ。(2021/5/24)

組み込み開発ニュース:
方向によりキャリア極性が異なる多結晶を開発、材料一つで熱電発電が可能に
東京都立大学は、方向によりキャリア極性が異なる多結晶NaSn2As2を開発した。同結晶を用いることで、材料一つで温度差や発電方向が異なる熱電モジュールを構築できる。(2021/4/23)

大館駅「花善の厳選鶏めし二段重(サラダ付き)」(2400円)〜大館で過ごす、ちょっぴり贅沢な旅
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは大館駅「花善の厳選鶏めし二段重(サラダ付き)」(2400円)です。(2021/4/21)

プロジェクト:
全客室でオーシャンビューを望めるホテルが伊豆高原で開業、日本郵政
日本郵政は、静岡県伊東市のホテル「かんぽの宿 伊豆高原」を改修し、全客室がオーシャンビューを望めるホテル「JPリゾート 伊豆高原」としてリニューアルオープンした。(2021/4/1)

有機半導体薄膜を1cm角で製造:
ナノすりガラス、nm級凹凸加工で超親水性を実現
東京大学らの研究グループは、ナノメートル級の凹凸を設けた「ナノすりガラス」を開発した。ナノすりガラスの表面は、150℃という高温でも長時間にわたって超親水性を維持することができ、有機半導体でも良質な単結晶膜を大きな面積で製造することが可能だという。(2021/3/31)

TechTarget発 世界のITニュース
遠隔操作ツール「TeamViewer」を悪用か 水処理施設が受けた不正アクセスとは
米国フロリダ州にある水処理施設がサイバー攻撃を受けた。攻撃者はリモートデスクトップツールを悪用し、同施設のシステムに侵入して水酸化ナトリウムを有害な値まで増やそうとした。(2021/3/24)

文字起こしも可能な超小型2chマイク「AmiVoice Front FF01」 アドバンスト・メディアから
アドバンスト・メディアは、高音質での録音を可能にする2chマイクデバイス「AmiVoice Front FF01」を発売。約9gと軽量・小型のため持ち運びが簡単で、スマートフォンやPCに接続すればすぐに音声認識を開始できる。(2021/3/18)

PR:新しい時代の快適仕事術! 「ビジネス×スマホ」使いこなし術
テレワークが広がる中、それにまつわる困りごとも増えている。その解決方法の1つとして、スマートフォンを活用してみるのはどうだろうか。ビジネスに最適化された機種なら、より一層便利に使えるはずだ。(2021/3/8)

この頃、セキュリティ界隈で:
パスワード使い回しや「Windows 7」使用、不正侵入を招いた水道システム管理の実情
市の浄水システムに侵入し、飲料水を操作しようとした行為が見つかった。これは氷山の一角だという。(2021/2/15)

上水道処理施設にサイバー攻撃が発生、社会インフラ管理がはらむリスクがあらわに
フロリダ州の上水道処理施設が不正侵入を受けた。攻撃者は遠隔から水道水に混ぜる水酸化ナトリウムの量を変更することに成功したという。身近な社会インフラへの攻撃だったことから市民に動揺が広がる事態となった。(2021/2/10)

水道局の水処理システムにハッカーが侵入し、飲料水の汚染試み フロリダ州で
フロリダ州の市の水処理システムに何者かがリモートで侵入し、飲用水に含まれる水酸化ナトリウムの量を大幅に増やそうとした。オペレーターがすぐに気づいて設定を戻し、大事にはいたらなかった。(2021/2/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
中村玉緒さんのおかげで“脱・ローカル” ご長寿商品「マロニーちゃん」がコロナに負けず絶好調の理由
お鍋のお供として有名な「マロニーちゃん」。売り上げが冬に集中していたが、春や夏にも売れた。その理由とは?(2021/1/28)

Innovative Tech:
「禰豆子の口かせ」でバーチャルな味覚を楽しむ 動画に映る食品の味を再現し味わえる装置、明大教授が開発
味覚ディスプレイのうちの1つが、鬼滅の刃インスパイア。(2021/1/27)

富士経済が世界市場を調査:
全固体電池、2035年には2兆1014億円規模へ
富士経済は、全固体電池の市場調査を行った。市場規模は2020年見込みの34億円に対し、2035年は2兆1014億円と予測した。次世代車(xEV)やエネルギー貯蔵システム(ESS)向けの需要が拡大する。(2020/12/25)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
除菌に有効な室内空間向け噴霧器、NSFエンゲージメント
NSFエンゲージメントは、ベンチャー企業の空間除菌が開発した「クロラス酸水を用いた噴霧器」のビジネスモデル構築を進めるとともに、2021年1月の正式発売に向けて積極的な提案を行っている。(2020/12/9)

世界初の製品化:
新型コロナもノロも予防! ノンアル除菌成分「クロラス酸」の優位性は?
新型コロナの感染者が広がる中、バルサンを製造・発売するレック株式会社は、ノンアルコールの除菌剤を発売した。シリーズ名は「バルサンプラス クロラスバリア」。どんな特徴があるのかというと……。(2020/12/4)

新生活に対応:
売れたのは「マスク」だけではない 想像していなかったヒット商品は?
新型コロナの感染拡大を受けて、マスクが爆発的に売れた。その一方で、思いがけないモノが売れている。それは……。(2020/12/2)

長岡駅「越後長岡喜作辨當(ミニチュアフィギュア販売記念)」(1650円)〜弥彦線を辿って「嵐渓荘」へ
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 新潟県・長岡駅「越後長岡喜作辨當」です。(2020/11/23)

新潟駅「ようこそ!にいがた彩り弁当」(1000円)〜秋本番! 新潟の温泉へGo To だ!!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 新潟県・新潟駅「ようこそ!にいがた彩り弁当」です。(2020/11/22)

合金溶液を基板に塗布し結晶成長:
NIMSら、高品質GaN結晶の新たな育成法を開発
物質・材料研究機構(NIMS)と東京工業大学は、窒化ガリウム(GaN)単結晶基板を作製する工程で、転位欠陥が極めて少ない高品質結晶を得るための新たな育成法を開発した。(2020/11/18)

高電圧を印加する分極処理は不要:
東京工大ら、圧電体膜を240℃の低温で作製
東京工業大学らの研究グループは、水熱法を用いてニオブ酸カリウムナトリウムの膜を、240℃と比較的低い温度で作製することに成功した。高電圧処理が不要なため、大きい面積で複雑な形状にも対応でき、窒化物膜に匹敵するセンサー性能定数を達成している。(2020/10/12)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
パナソニック LS社がフック引っ掛け構造で落下しにくいトンネルLED照明を発売
パナソニック ライフソリューションズ社は、トンネル用アルミ製LED照明器具「KAEシリーズ」のHKタイプとKRタイプの販売を2020年10月1日に開始した。今回、両タイプをリリースしたことで、KAEシリーズは、2020年4月にリニューアル発売した高速道路向けのSTタイプと合わせて、合計3タイプをラインアップすることになった。(2020/10/6)

【犬】もう一度見直そう! この時期に気をつけたい“部屋の中に潜む危険”
「知ってる/知らない」で心構えが大きく変わります。(2020/9/13)

伊豆急下田駅「ひれかつ弁当」(930円)〜伊豆高原駅で駅弁食べながら「ワーケーション」やってみた!
今回は伊豆急行線の駅弁「ひれかつ弁当」ともに、テレワークの1つとして注目を集めている「ワーケーション」を楽しんでみました!(2020/9/12)

「総務」から会社を変える:
今こそ「腕の見せ所」 第2波が到来したコロナから、総務は会社をどう守る?
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。第2波が到来した新型コロナから、総務はどう会社を守るべきか。出社させるのか、在宅にするのか。出張や通勤など、移動の制限を設けるのか、プライベートでの感染症対策をする場合には、どこまで踏み込むべきなのか。勘所を豊田氏が解説する。(2020/9/2)

圧倒的不審者の工房:
砂から砂鉄と硅砂を取り出して包丁を作る → サンドピクチャーのような幻想的な包丁が完成
逆に包丁にできないものを教えてほしい。(2020/6/28)

経産省、新型コロナウイルスの消毒方法まとめる 石けんに次亜塩素酸水も
新型コロナウイルス対策でアルコール消毒液の代わりになる消毒方法の検討を進めてきた経済産業省とNITEが新たに「純石けん分」や「次亜塩素酸水」も有効とする最終報告。(2020/6/27)

エアコンの誤った内部洗浄で火災事故 「消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウムはNG」NITEが注意喚起 
これはこわい……。(2020/6/26)

誤ったエアコン洗浄で火災、5年間で20件 NITEが注意喚起 消毒用アルコールや漂白剤もダメ
NITEは6月25日、エアコンの内部洗浄は方法を誤ると危険な事故に至るおそれがあるとして「正しい知識を持った業者に依頼してほしい」と注意喚起した。(2020/6/25)

医療技術ニュース:
酵母由来の界面活性剤が耐性菌を防ぎつつバイオフィルムを効果的に除去
筑波大学は、生物由来の界面活性剤が細菌を死滅させることなくバイオフィルムを除去し、さらに石油化学系の界面活性剤と組み合わせることで、除去効果が100倍以上向上することを発見した。(2020/6/18)

やってみたい! 煮干しから分かる海の生態系 身近な素材でできる理科の観察動画に反響
観察に使った煮干しはおいしくいただきました。(2020/6/11)

材料技術:
鉛バッテリーがリチウムイオン電池を超える、古河電工がバイポーラ型蓄電池で
古河電気工業と子会社の古河電池は、鉛バッテリーをベースにした「バイポーラ型蓄電池」を共同開発したと発表した。再生可能エネルギーの発電量変動抑制に用いられる長周期向けとなっており、電力貯蔵用蓄電システムを構築する場合にリチウムイオン電池と比べてトータルコストを半減できるとする。(2020/6/10)

低圧で良好な結晶成長を実現:
東北大学ら、GaN単結晶基板の新たな量産法を開発
東北大学は、日本製鋼所や三菱ケミカルと協力し、直径2インチ以上で品質が高い窒化ガリウム(GaN)単結晶基板の量産を可能にする新たな結晶作製法を開発した。(2020/6/4)

第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live Vol.1:
前田建設主催のWebコンペの第1回テーマは「新型コロナ」、最優秀賞は発熱者の自動検出システムなど
前田建設工業 ICI総合センターが主催した社会的な課題の解決を図れるアイデアを評価するコンペティション「第1回 ICI INNOVATION AWARDS Live」で、応募総数66件の中から、「VSコロナ部門」でフューチャースタンダードと五合が、「Withコロナ部門」ではシティーデジタルが、「Afterコロナ部門」でJSIC Research Groupが最優秀賞に輝いた。(2020/6/1)

蓄電・発電機器:
低環境負荷・高性能な電池の実現へ前進、導電剤フリーの「有機蓄電池」を新開発
東北大学の研究グループは2020年5月、導電助剤を全く用いない高容量な有機蓄電池を開発したと発表した。蓄電池の実質的な高容量化が可能になる外、材料の多様な組み合せが可能であり、有機蓄電池の更なる高性能化や低価格化が期待できるという。(2020/5/28)

普段通りの掃除が新型コロナ対策に 界面活性剤の使い方、NITEに聞く
人が触れる場所や物(ドアノブなど)の消毒に有効と分かった界面活性剤とそれを含む洗剤のリストを経済産業省が公開した。住宅用洗剤は使用法に沿って、台所用洗剤は薄めて使用する。(2020/5/26)

新型コロナは「ジョイ」「ママレモン」でも除去できる 経産省が有効な界面活性剤を公開
経済産業省は5月22日、新型コロナウイルスの除去に有効な界面活性剤とそれを含む台所用、住宅用などの洗剤リストを公開した。(2020/5/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.