• 関連の記事

「黒字」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「黒字」に関する情報が集まったページです。

コロナ禍で4店舗を展開:
オープン初月で全店黒字化 24時間無人の古着店「秘密のさくらちゃん」を読み解く5つの秘密
コロナ禍でアパレル企業の業績が落ち込む中、続々と出店数を伸ばしている24時間無人の古着店がある。「秘密のさくらちゃん」だ。2020年1月に1号店を出店し、7カ月で4店舗まで拡大、全店でオープン初月黒字化を達成している。秘密のさくらちゃんを読み解く5つの「秘密」を探った。(2021/7/12)

21年3〜5月:
オンワードHDが黒字転換 不採算のジルサンダーなどから撤退
オンワードHDの2022年2月期第1四半期(21年3〜5月)連結業績は、売上高が前年同期比7.9%増の460億円、営業利益が11億円(前年同期は18億円の赤字)、純利益が20億円(同24億円の赤字)と増収増益だった。(2021/7/8)

要因は?:
イオン、売上高2兆円超で過去最高更新 22年3〜5月期、黒字転換
イオンの2021年3〜5月連結業績は、売上高に相当する営業収益が2兆1532億円(前年同期比3.7%増)と、過去最高を更新した。(2021/7/8)

ニコアンドなどを運営:
アダストリア、21年3〜5月期は2億円の黒字転換 店舗の営業環境が改善
アダストリアが発表した21年3〜5月期の連結決算。純利益は2億円(同36億円の赤字)だった。店舗の営業環境が改善したことなどが影響し、黒字に転換した。(2021/6/30)

需要の増減に対応:
しまむら、3〜5月期の営業利益は黒字転換で過去最高 PBブランドなどの展開加速
しまむらが6月28日に発表した2022年2月期第1四半期の連結決算は、売上高1425億円(前年同期比33.2%増)、営業利益130億円(前年同期は12億円の損失)だった。第1四半期としては過去最高益を達成した。(2021/6/28)

全国百貨店の売り上げ1824億円減:
東武百貨店、希望退職者200人募集 22年以降の黒字化目指す
東武百貨店が24日、200人の希望退職者を募集した。コロナ禍で減収が目立ち、22年の黒字化を目標に事業構造改革を進めていくという。(2021/6/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
アイフルの好決算から考える、コロナで二極化する家計のリアル
消費者金融大手のアイフルが、著しい業績改善を見せている。5月に発表した2021年3月期決算によれば、グループの連結営業利益は前期比で約9.4倍となる175億円の黒字となった。(2021/6/4)

過去最大:
7000人以上を削減 JTB、最終赤字1052億円
旅行大手のJTBが28日発表した令和3年3月期連結決算は、最終損益が1051億円の赤字(前期は16億円の黒字)に転落した。最終赤字は2期ぶりで、過去最大となった。(2021/5/28)

創業50年:
コロナ禍でも黒字のアパホテル 常識破壊の”強さ”と悲願の10万室が生んだ“功罪”
アパホテルが2021年5月10日に創業50周年を迎えた。いまや日本を代表するホテルブランドとして圧倒的な知名度を誇る同社。コロナ禍の中、2020年11月期連結決算で黒字を確保したという発表は、ホテル評論家としても衝撃的だったと筆者は語る。(2021/5/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「大塚家具」は再建できるか 危機意識強める「ヤマダ」とのコラボで売り場に変化
大塚家具の業績が改善している。黒字転換が現実的に見えてきた。背景にあるヤマダグループの危機意識とは。(2021/5/25)

SBG決算、5兆円の黒字に 昨年の“史上最大の赤字”から一転
ソフトバンクグループ(SBG)が5月12日に発表した2021年3月期(20年4〜21年3月)の連結業績は、売上高が5兆6281億円(前年同期比7.4%増)、純利益が4兆9879億円で、前年度の9615億円の赤字から一転して黒字回復となった。(2021/5/12)

減収減益の日産決算 21年度は440万台、黒字化目指す
日産自動車は5月11日、2020年度の決算を発表した。売上高は前年から2兆円減少し7兆8600億円、営業利益は1100億円減少し1507億円の赤字だった。(2021/5/11)

21年3月期:
ワールド、最終赤字171億円 家ナカ需要への対応遅れ「大きく舵を切れず」苦戦
アパレル大手のワールドが2021年3月期通期の連結業績を発表。純損益は171億円の赤字(前期は80億円の黒字)に転落。コロナ禍での店舗休業、外出着需要の減少が影響した。(2021/5/6)

Twitter決算 広告売上32%増だがmDAUは2億人に届かず
Twitterの1〜3月期決算は、売上高は28%増、純利益は黒字だった。収益につながるDAU、mDAUは20%増の1億9900万人で過去最高を更新した。(2021/4/30)

日本ガイシ 脱炭素とデジタルで車に頼らぬ成長
苦節10年のリストラの歴史を経て、2021年度は黒字化できる見通しだ。(2021/4/21)

結婚式が激減:
“非効率”なブライダル企業が、コロナ禍でもいち早く黒字化できそうな理由
コロナの影響でウェディング業界が苦しんでいる。そんな中“非効率”なサービスを提供していたある企業がいち早く黒字化しそうだという。なぜなのか?(2021/4/13)

縮む需要を膨らませ:
赤字企業・JR東海の反転攻勢策と「東海道新幹線不要論」
「Beforeコロナ」の2019年度、営業収益1兆8446億円、純利益3978億円を稼ぎ、優良企業の代名詞でもあったJR東海の黒字を、コロナはいとも簡単に吹き飛ばし、2000億円を超える最終赤字に転落させた。そこからどんな反転攻勢を仕掛けたのか――。キーワードは「観光」だ。(2021/4/1)

ムジンノフクヤ:
開店1カ月目で黒字達成 「24時間無人」の古着店 店員不在でも支持されるワケ
東京都中野区にちょっと変わった古着店がある。24時間営業で店員がいない店、その名も「ムジンノフクヤ」(2021/3/1)

「1GB未満0円」の新料金プランで勢いづく楽天モバイル――250万申し込みを突破し、基地局建設計画も拡大
楽天モバイルが4月1日から提供する「Rakuten UN-LIMIT VI」は、1名義1回線ながら月額0円から使える。これにより、契約数の伸びが良くなったようだが、今後はユーザー数が増えることに伴う「出費」も増える。「0円」で使うユーザーが増えても黒字化は果たせるのだろうか?(2021/2/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
電通が史上最大の巨額赤字……高くついた「のれん代」の恐ろしさ
電通グループが15日に発表した2020年12月期の通期決算によれば、当年における最終赤字は同社としては史上最大の1595億円となった。しかし本業では黒字である。最大の要因は、海外事業における「のれん」の減損損失1403億円だ。(2021/2/19)

20年12月期:
ブリヂストン、69年ぶり最終赤字 「稼ぐ力の再構築」で、来期は黒字化へ
ブリヂストンの2020年12月期の通期連結業績は、最終損益が233億円の赤字(前期は2401億円の黒字)に転落。最終赤字は69年ぶり。新型コロナウイルスの影響でタイヤ需要が大幅に減った。(2021/2/16)

コロナ禍で打撃:
すかいらーく、最終赤字172億円 デリバリー・テークアウト強化へ、専門店も出店
すかいらーくホールディングスの2020年12月期は、純損益が172億円の赤字に転落した。新型コロナウイルス感染拡大によって、年間を通じて売上高が落ち込んだ。デリバリー、テークアウトの強化などによって、21年12月期は黒字化を見込む。(2021/2/12)

21年3月期予想:
ぴあ、最終赤字65億円に転落へ コロナで市場消失「顧客心理が一段と冷え込んだ」
ぴあが2021年3月期通期の連結業績予想を発表。純損益が65億円の赤字(前期は1億2000万円の黒字)に転落する見通しだ。緊急事態宣言の再発出・延長により、イベント規制が厳しくなったことが影響。(2021/2/12)

公的年金を運用するGPIF、10〜12月は10兆円超の黒字
公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、2020年10〜12月の運用結果を公開した。それによると、3カ月間での運用収益は10兆3528億円の黒字だった。(2021/2/12)

21年3月期:
かっぱ寿司、最終赤字11億円へ 黒字予想から一転、緊急事態宣言の延長で「売上の回復が一層遅れる」
カッパ・クリエイトが2021年3月期通期連結業績を下方修正。純利益が前回予想(4億1700万円の黒字)から一転、11億円の赤字になる見通し。(2021/2/10)

製造マネジメントニュース:
北米や中国以外も新車販売が回復、マツダも通期見通しを上方修正
マツダは2021年2月4日、2021年3月期第3四半期(2020年4〜12月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比23.3%減の1兆9594億円、営業損益が320億円の損失、当期純損益は782億円の損失だった。当期の営業損益は前年同期から643億円減少したが、2020年10〜12月期の3カ月間としては209億円の営業黒字を確保した。(2021/2/5)

メルカリ、2Q累計で増収増益 コロナ禍で抑制していた投資は再開へ
メルカリの2021年6月期第2四半期累計(2020年7月〜2021年12月)の連結決算は、売上高が前年同期比46%増の482億円、営業損益が13億7000万円の黒字(前年同期は138億8900万円の赤字)、最終損益が41億1100万円の黒字(同140億9800万円の赤字)と増収増益だった。(2021/2/4)

21年3月期:
コロナ直撃、銀座ルノアールが赤字転落へ 売上半減、最終赤字21億円予想
銀座ルノアールが、これまで未定としていた2021年3月期(20年4月〜21年3月)通期連結業績予想を発表。純損益は21億2000万円の赤字(前期は5100万円の黒字)になる見通し。(2021/2/4)

勢いづく米Tesla “走るスマホ”で黒字転換 先行きに不安も 
EV専業の米Teslaが創業以来初の黒字転換に成功した。米中対立の最中でも中国販売を伸ばすなど勢いづく。ただ近年の業績は本業以外での収益でかさ上げされている他、大規模リコールの実施や他社のEV強化も予想され、先行きには不安も残る。(2021/2/4)

大幅に下方修正:
日航、出向は1日1000人で最長2年に 最終赤字予想は?
日本航空は1日、令和3年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終損失が前回発表の2400億〜2700億円から3千億円(前期は480億円の黒字)に膨らむとの見通しを発表した。(2021/2/1)

Tesla決算、売上高が初の100億ドル超、通年で初の黒字に
Teslaの2020年10〜12月期決算は、増収増益だった。売上高が初めて100億ドルを超え、通年の純利益が創業以来初めて黒字になった。(2021/1/28)

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)

売却益で最終黒字の見通し:
エイベックス、本社ビル売却を発表 希望退職は103人応募
エイベックスは、東京都港区の「エイベックスビル」を売却する。希望退職制度では、103人が退職に応じた。21年3月期の連結業績予想は、営業損益が赤字。資産の売却益によって純利益は黒字を確保する見通しだ。(2020/12/24)

電気自動車:
GMは第1世代のEVから黒字化、開発期間短縮とバッテリーコスト6割減がカギに
GM(General Motors)は2020年11月19日、電動化への投資を強化すると発表した。EVや自動運転車への2025年までの投資額は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大以前に計画した200億ドル(約2兆800億円)から270億ドル(約2兆8100億円)に増やす。(2020/12/2)

ガチンコの鉄道:
富士急行に、なぜ乗客が集まるのか
私鉄グループ各社のなかで、多角経営により東証一部へ上場しながら、鉄道事業にも本気で挑んでいるのが、富士急行だ。本社は人口4万6000人ほどの山梨県富士吉田市にあり、メイン路線は大月駅から富士山駅を経て河口湖駅までの延長26.6km。そんな地にありながらも営業係数は100を切り、黒字を維持している。今回は、富士急行が取り組む本気の鉄道事業を紹介したい。(2020/11/29)

セガサミーHD、遊技機事業の不振で30億円の営業赤字 希望退職者650人を募集
セガサミーホールディングスが発表した2021年3月期の第2四半期累計(4〜9月)の連結決算は売上高が1102億円(前年同期比33.4%減)で、営業損益が30億円の赤字(前年同期は146億円の黒字)だった。コスト削減のため、希望退職者650人を募集する。(2020/11/6)

VTuber支援の「upd8」、年末で終了 「事業的に継続が難しくなった」
Activ8が、バーチャルタレント支援プロジェクト「upd8」を12月31日に終了する。終了の理由は「事業としては力不足で黒字にできなかった」としている。(2020/11/2)

メルカリの1Q、最終黒字42億円 メルペイと米国事業への投資を抑制
メルカリが2021年6月期第1四半期(20年7〜9月)の連結決算を発表。最終損益が42億8100万円の黒字(前年同期は71億1300万円の赤字)に転換した。米国メルカリ事業やメルペイへの投資を抑えたことが黒字転換につながった。(2020/10/30)

Twitter決算は黒字転換 「偽情報拡散対策の効果は出ている」
Twitterの7〜9月期決算は、増収減益。mDAU(収益につながる日間アクティブユーザー数)は29%増の1億8700万人だった。(2020/10/30)

新規参入が続々:
出前館、コロナ禍で増収も41億円の最終赤字 激化するフードデリバリーの覇権争い
出前館の2020年8月期の連結決算、先行投資が膨らみ純利益は41億1200万円の赤字となった。また新たな中期経営計画を発表。22年中に加盟店舗数を10万店舗まで拡大を目指し、最終年度の23年8月期には連結売上高970億円、営業利益120億円の黒字を目指す。(2020/10/19)

赤字転落:
サイゼリヤ、最終赤字34億円 20年8月期 コロナで「厳しい状況が続く」
サイゼリヤが発表した10月14日、2020年8月期(19年9月〜20年8月)通期の連結業績は、売上高が1268億4200万円(前期比19.0%減)、営業赤字が38億1500万円(前期は95億9900万円の黒字)、最終赤字が34億5000万円(同49億8000万円の黒字)だった。消費増税や新型コロナウイルスの感染拡大の影響が響いた(2020/10/14)

「防御とは現金である」 ソフトバンクグループ、資産の資金化を95%完了 ファンドは一気に黒字化
ソフトバンクグループの孫正義社長が、同社の資産資金化プロジェクトについて資金化が95%完了したと明らかにした。2019年度は大幅赤字となったファンドも黒字でのスタートとなった。(2020/8/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの決意とその結果
残念ながらリーマンショックまでの10年間、トヨタは調子に乗っていた。毎年50万台水準で増産を続け、クルマの性能を無視してまで工数を削っていった。しかし結果、リーマンショックの時は15%の生産ダウンで、4600億円の赤字を計上した。そこからカイゼンを積み重ねたトヨタは、コロナ禍にあっても四半期で黒字を保てるほどの強靭(きょうじん)化を果たした。(2020/8/10)

メルカリ、4Qは上場以来初の営業黒字 コロナ禍でコスト削減、「定常的な黒字化は時期尚早」
メルカリの20年6月期第4四半期(20年4〜6月)の営業損益が黒字に。四半期での黒字は上場以来初。ただし「定常的な黒字化は時期尚早」としている。(2020/8/6)

通期の純利益は7300億円予想:
販売半減でも黒字を確保、トヨタの4〜6月 販売回復時期の見通しは?
トヨタ自動車の2020年4〜6月期の連結決算は、純利益が前年同期比74.3%減の1588億円だった。新型コロナウイルスの影響で販売台数が半減したが、黒字を確保した。通期の純利益は7300億円の見通し。(2020/8/6)

製造マネジメントニュース:
ホンダは営業利益2000億円見込む、高収益の二輪がけん引、四輪も回復
ホンダは2020年8月5日、2021年3月期第1四半期(2020年4〜6月)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比46.9%減の2兆1237億円、営業損益は1136億円の赤字(前年同期は2524億円の黒字)、当期純損益は808億円の赤字(前年同期は1723億円の黒字)となった。2021年3月期通期の業績見通しについては、売上高が前期比14.3%減の12兆8000億円、営業利益は同68.4%減の2000億円、当期純利益は同63.8%減の1650億円を見込む。(2020/8/6)

製造マネジメントニュース:
スバルの通期見通しは600億円の最終黒字、米国は緩やかな回復見込む
SUBARU(スバル)は2020年8月4日、2021年3月期第1四半期(2020年4〜6月)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比45.2%減の4570億円、営業損益は157億円の赤字(前年同期は922億円の黒字)、当期純損益は77億円の赤字(前年同期は665億円の黒字)となった。2期ぶりの減収減益となる。連結販売台数は前年同期比49.3%減の13.3万台だった。(2020/8/5)

製造マネジメントニュース:
スズキは純利益95%減も黒字確保、インド不透明で通期見通し示せず
スズキは2020年8月3日、2021年3月期第1四半期(2020年4〜6月)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比53.1%減の4253億円、営業利益は同97.9%減の13億円、当期純利益は同95.6%減の18億円で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で大幅な減収減益となったが黒字は確保した。(2020/8/4)

売上高は78.1%減:
JALの1Q、最終赤字937億円 「極めて厳しい結果」 固定費900億円削減へ
日本航空(JAL)の2020年4〜6月の連結最終損益は、937億円の赤字(前年同期は129億円の黒字)に転落。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、旅客需要が激減する中で固定費の削減などを進めたが、減収を補えなかった。(2020/8/3)

売上高が前年同期比75%減:
ANAホールディングスの1Q、最終赤字1088億円 コロナで旅客需要が大幅低迷
ANAホールディングスの2020年4〜6月の連結最終損益は1088億円の赤字(同114億円の黒字)だった。新型コロナの感染拡大に伴い、旅客需要が大幅に低迷したことが影響した。(2020/7/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.