• 関連の記事

「企業再生」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「企業再生」に関する情報が集まったページです。

上司に「1分話せ」と言われたら:
ロッテリアの新業態「ゼッテリア」の“ゼ”はゼンショーではない……ではどこから?
ゼンショーホールディングス傘下となったロッテリアが、2023年9月にオープンした新業態「ゼッテリア」。名前の由来から、ロッテリアの「ある伝統」を彷彿(ほうふつ)させます。(2024/5/17)

未来につなぐ中小製造業の在り方:
「情報の既得権益」を打破 倒産寸前の中小製造業がデジタル改革でどう変わったか
富士油圧精機というカードフィーダー製造を手掛ける企業をご存知だろうか。同社はデジタルツールを取り入れ、デジタライゼーションを進めていることで知られる中小製造業だ。好調な業績を記録している同社だが、実は一度、倒産目前にまで追い込まれた企業でもある。富士油圧精機が現在どのようにデジタルツールを活用しているのか紹介したい。(2024/5/13)

データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃
スマートフォンの出荷台数データを参照しながら、5年間を振り返る。Apple一強はますます強まる中、2023年にはPixelの躍進という大きな変化が生じた。(2024/5/24)

セブン、祖業のヨーカ堂を分離 それでも関係継続する理由
セブン&アイ・ホールディングスは傘下のスーパー大手イトーヨーカ堂を上場させながらも、その全株式は売却せず、一部を保有して協業関係を維持する方針を示した。そこには……。(2024/4/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
復活できなかったオーサムストア フライング タイガーとどこで差がついたのか
オーサムストアを運営する企業が、破たんした。これまで、オーサムストアを立ち上げたオーサムも2023年に自己破産をしており、今や都心の一等地に出店を重ねてきた勢いは見る影もない。ライバルのフライング タイガーと、どこで差がついたのか。(2024/2/27)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(9):
複雑化した工場リスク、有事を見据えた取り組みとは
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべき事柄を概観します。(2024/1/26)

総菜業態・冷食にも注力:
コロワイドによる買収で「大戸屋」はどう変わった? 「離脱者層」呼び戻しで“がっつり”メニュー投入か
相次ぐ値上げの影響もあり、客離れを招き業績不振に悩んだ大戸屋。コロワイドの買収意向、さまざまな施策によって復活を果たしつつある。当社の取り組みと今後について、専門家が解説する。(2023/11/25)

米WeWorkが破産申請、日本法人は「日本は対象外」「閉鎖の予定はない」
WeWork Japanは現在運営している40拠点は通常通り営業していると述べています。(2023/11/7)

米WeWorkが破産法申請 ソフトバンクグループが出資
ソフトバンクグループ(SBG)が出資するシェアオフィス大手の米WeWorkが11月6日(現地時間)、米連邦破産法11条の適用を申請した。高額なリース費用や在宅勤務に伴う法人顧客の解約が響いた。(2023/11/7)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
356億円が消えた「クールジャパン機構」の大失態 その“楽観的すぎる計画”の中身
10月31日の国会中継では、官民出資のファンドである「クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)」の356億円にも上る巨額の累積損失が厳しく追及された。日本のアニメ、ファッション、食品などの文化コンテンツを海外市場に展開することを目的とするファンドだが、運用上の問題や損失が度々指摘されており、その経営効率と透明性が問題視されている。(2023/11/6)

ドコモが「Android 14」バージョンアップ予定機種を公開 37モデルが対象
NTTドコモが、Android 14へバージョンアップする予定のスマートフォンを公表した。バージョンアップ対象機種は、37(派生モデルを除外すると36)となる。(2023/10/6)

朝日新聞出版、Newtonを子会社化 事業再生完了、サービス拡大へ
朝日新聞出版は10月5日、科学雑誌「Newton」を発行するニュートンプレスの全株式を取得し、子会社化したと発表した。(2023/10/6)

スピン経済の歩き方:
「SMILE-UP.」社名を変えても“再生”は難しい なぜ日本企業は素人を「社長」にさせるのか
ジャニーズ事務所が社名を「SMILE-UP.」に変更すると発表した。「社名を変えても“中身”は同じでは?」といった指摘が出ているが、どうすれば変わることができるのか。(2023/10/3)

ドラッカーが教える「成功に必要なもの」:
第5回『超訳ドラッカーの言葉』 マネジメント編 企業は生き物のように生きることを目的とすることはできない。企業の目的は社会の役に立つことである。
成長する企業には使命があり、使命を共有した組織は事業を発展させ、社会に繁栄をもたらす。そこには必ずマネジメントがある。(2023/9/6)

平均年収3000万円超:
全業界の平均年収ランキング  2位「キーエンス」(2182万円)、1位は?
SalesNowは自社のデータベースを使って「全業界平均年収ランキングTOP10」を発表した。1位だったのは……。(2023/8/9)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(4):
不正/不祥事を繰り返さぬために、「恒久措置」で真因を分析する重要性
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべき事柄を概観します。(2023/7/10)

佐藤可士和デザイン:
迫る物流危機、「郵便ポスト」トップ企業が狙う“受け取り方革命”
ドライバー不足に起因する、物流業界における「2024年問題」は目前に控えている。政府も「再配達率半減」を掲げ、本腰を上げる。集合住宅向けの郵便ポスト、宅配ボックスで業界トップシェアを誇るナスタは、郵便物の「受け取り」をリデザインしたプロダクトを次々と生み出している。代表取締役会長の笹川氏に、その狙いを聞いた。(2023/6/16)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(3):
重要なのは初動対応、コンプライアンス違反という「有事」対策の進め方
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべき事柄を概観します。(2023/6/12)

「arrows」のFCNT、スマホの製造・販売を“速やかに”停止へ ドコモはサポート継続を表明
スマートフォン「arrows」シリーズなどを手掛けるFCNTは5月30日、親会社のREINOWAホールディングス、その傘下のジャパン・イーエム・ソリューションズとともに民事再生手続きを申請したと発表した。本日以降、製造販売を速やかに停止する一方、携帯大手のドコモはサポート継続を表明している。(2023/5/30)

製造マネジメントニュース:
AGCの2023年初は増収減益、高砂事業所で液晶用ガラス基板の生産を終了し収益改善
AGCは、2023年12月期第1四半期の売上高は前年同期比165億円増の4892億円となるも、営業利益は同235億円減の342億円となり、親会社株主に帰属する当期純利益は同85億円減の221億円となったと発表した。(2023/5/15)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(2):
実効性ある工場のリスク管理のため、アセスメントはどう進化させるべきか
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべきコンプライアンスの外延を展望します。(2023/5/9)

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(1):
品質だけでない現場のコンプライアンス違反リスク、複雑な要請にどう対応するか
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべき事柄を概観します。(2023/4/5)

東京商工リサーチ調べ:
「再建型」とは名ばかり 民事再生法、申請企業の生存率は3割届かず
民事再生法を申請した企業の生存率は26.7%――。東京商工リサーチは、2000年4月1日〜22年12月31日に民事再生法の適用を受けた1万963社のうち、個人企業などを除く7988社を追跡調査した。(2023/3/29)

製造マネジメントニュース:
印刷方式有機ELディスプレイのJOLEDが民事再生、技術はJDIが承継へ
印刷方式有機ELディスプレイを手掛けるJOLEDが民事再生手続開始の申し立てを行ったと発表。併せて、ジャパンディスプレイ(JDI)との間で、JOLEDの技術開発ビジネス事業の再生支援に関する「基本合意書」を締結したという。(2023/3/28)

ジャパンディスプレイが一部事業再建を支援:
JOLEDが民事再生手続き開始、製造/販売から撤退
JOLEDは2023年3月27日、東京地方裁判所に民事再生手続き開始の申し立てを行ったと発表した。同社は、ジャパンディスプレイと、有機ELディスプレイの技術開発事業の再生支援に関する基本合意書を締結した。一方で、製造/販売事業からは撤退するという。(2023/3/27)

JOLED、民事再生手続きを開始 再生目指すもパネル製造からは撤退
有機ELディスプレイを手掛けるJOLEDが民事再生手続き開始の申し立てを行った。ジャパンディスプレイの支援を受けることが決まったものの、製造・販売からは撤退する。(2023/3/27)

AIを使った需要予測と計画最適化でPwCら3社が協業
PwCコンサルティングおよびPwCアドバイザリーはALGO ARTISと協業する。3社がそれぞれで開発したAIに基づく需要予測と計画最適化のソリューションを共同で提供する。(2023/2/14)

磯部孝のアパレル最前線:
2022年のファッション業界振り返り 専門家が注目する「3つのキーワード」とは?
1年を表す漢字に「戦」が選ばれた2022年。ファッション業界では、どんなことが起こったのか。専門家が3つのキーワードを軸に解説する。(2022/12/31)

脱炭素:
企業の電力自給自足を後押し、再エネの自家消費を支援する新サービス
NECは2022年12月22日、太陽光発電など再生可能エネルギーをICTで統合制御する「NEC Energy Resource Aggregation クラウドサービス」に、新たに企業や自治体の自己託送を支援するオプションを拡充し、2023年4月から提供開始すると発表した。(2022/12/28)

組み込み開発 年間ランキング2022:
半導体不足にも光明が? 問題企業の立て直しを目指すおじさんに頑張ってほしい
2022年に公開したMONOist組み込み開発フォーラムの記事をランキング形式で振り返る。1位に輝いたのは、2021年も1位になった半導体不足の記事でしたが、問題解消に向けた光明も見えつつあります。(2022/12/28)

FAインタビュー:
エネルギー生産性向上でモノづくり現場に貢献、オムロンがEP100に加盟した狙いとは
製造業においても大きな課題となってきているカーボンニュートラル。その中で、オムロンは2022年11月8日、エネルギー効率に関する国際イニシアチブ「EP100」への加盟を発表した。なぜEP100の加盟に至り、その先をどのように見据えているのか、オムロン 執行役員常務 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー社長の辻永順太氏に話を聞いた。(2022/12/26)

哲学者マルクス・ガブリエル特別対談:日本の組織と多様性――ローランド・ベルガー Diversityプロジェクト
多様性はいま社会からビジネスまであらゆる場でのキーワードだ。しかし、「周りと同じ」や「いままでと変わらない」を求められる傾向の強い日本において、その実現には多くの課題がある。日本において、目指すべき多様性の在り方とは、どのようなものか。(2022/12/20)

円安の脅威:
“円安に負けない”経営力を持つ小売業 ワークマンやダイソーに見る3つの見分け方
小売業が円安の対応に追われている。”円安に負けない”経営力を持つ小売業の特徴を3つの観点から解説していく。(2022/11/25)

ぐんぐん成長:
東芝に売られた事業が軒並み好調な事情
2016年以降、東芝に売られた事業は、医療機器事業、白物家電事業、スマートメーター事業、メモリ事業、パソコン事業、テレビ事業と目白押しだ。そしていずれも見事に独り立ちして成長しているのだ。その意味を考えてみたい。(2022/9/29)

対談企画「CFOの意思」:
前例のない「赤字上場」をどう評価させた? マネーフォワード金坂CFOに聞く舞台裏
「CFOの意思」第5回の対談相手は、マネーフォワードで取締役執行役員CFOを務める金坂直哉氏。外資からスタートアップへという、当時は珍しかったキャリアを選んだ理由とは。数億円規模の赤字を抱えながらの上場を、どのように成し遂げたのか。(2022/9/27)

まず何から始める?:
経営陣から「他社のM&Aを検討中」と報告 人事が踏むべき5つのステップ
業界再編が進む中、他社の買収検討について経営陣から知らされ、人事としても必要な対応を進めるよう指示を受けました。このような経験は今までありません。人事としてどのようなことをしなければならないのでしょうか?(2022/9/28)

従業員エンゲージメント:
全役員を降格、従業員に「楽するな」と喝 がけっぷち百貨店を救った“伝説の男”に学ぶ
「百貨店再建請負人」と呼ばれた男がいる。がけっぷちの状況だった西武百貨店を立て直した。どのような手法を用いたのか。(2022/9/26)

Retail Dive:
米国小売業界で“高リスク企業”増加中 損失を抱えるかつての「ユニコーン」が生き残る条件は?
2021年の好景気によって経営リスクを抱える企業の実態が覆い隠されたが、2022年に入って小売企業の経営事情は軒並み悪化している。Eコマースも例外ではなく、かつての「ユニコーン」も多額の損失を出す中、先行き不透明な状況を耐え抜く企業の条件とは。(2022/9/15)

あの店は今:
よみがえったドムドムハンバーガー 3倍の「100店舗を目指さない」ワケ
経営難から復活、2020年度から最終黒字にV字回復したドムドムフードサービス。藤崎社長に今後の出店戦略を聞くと「100店舗を目指さない」と話す。ドムドムを再生させた彼女の経営指針とは──?(2022/8/26)

あの店は今:
ドムドムハンバーガー驚異の復活 風向きを変えた「3つの出来事」
「このままなくなってしまうではないか」と悲観されていた、ドムドムハンバーガーが復活し注目を集めている。最盛期の90年代には全国400店以上にまで拡大したものの、閉店が相次ぎ30店舗以下に。しかし、2020年度から最終黒字に転じて息を吹き返し始めた。その背景には何があったのか──?(2022/8/25)

ビジネスモデルの差は?:
広告会社の仕事がどんどん奪われている!? 電通とサイバーエージェントの収益構造から考える
コロナ禍で赤字に苦しむ広告会社とそうでない会社がある。筆者は収益構造や外部環境の変化に理由があると指摘する。広告会社は変われるか?(2022/7/29)

顧客体験価値ランキング2022:
サントリーや日清食品に学べ 顧客から選ばれる食品メーカーになるための3つのパターン
4回目となる「顧客体験価値(CX)ランキング」が発表された。トップ50にランクインした5社の食品メーカー「味の素」「サントリー」「日清食品」「アサヒ」「コカ・コーラ」に焦点を当て、顧客との深い結びつきを築くための3つのパターンを紹介する。(2022/7/21)

対談企画「CFOの意思」:
「上場直前まで苦しんだ」ランサーズ小沼CFOが浴びたIPOの洗礼
「CFOの意思」第3回の対談相手は、ランサーズで執行役員CFOを務める小沼志緒氏。「上場直前までトラブル続き」だったというIPOから学んだ、IPOでやるべき2つのこととは。「CFOになる」ことを目指してキャリアを歩んできたのはなぜなのか?(2022/6/28)

生き残るには:
厳しい中でどう戦うのか JR東海「強者の戦略」と銚子電鉄「弱者の戦略」
長引くコロナ禍が、鉄道会社の経営に大きな影響を与えている。そんな中、徹底した「強者の戦略」で存在感を示すJR東海や、「弱者の戦略」を取る銚子電気鉄道などもある。2社の狙いとは。(2022/6/10)

国内の事例:
テクノロジーを賢く使う「次世代スーパー」がやっている、“勝ち組企業”になる法則3選
スーパーやコンビニなど、小売りが新技術を取り込むにはどのようにすればいいのか。リテールテック活用に取り組む際のポイントを考察する。活用のポイントは3つある。(2022/6/1)

家電メーカー進化論:
倒産危機の新興家電シロカ、買い取りから2年で売上高71億円の新社長の手腕
製品のリコール費用などで19年に債務超過に陥ったシロカは、2000年に誕生した調理家電を中心に取り扱う白物家電メーカー。現在は新しい経営体制とファンドによる支援により、新生シロカとして再生。旧体制からわずか2年で、売上高を71億にまでアップさせた背景を、金井まり新社長と開発陣に聞いた。(2022/4/15)

「カワスイ 川崎水族館」の運営事業会社が民事再生 水族館の営業は継続
事業継続を前提とした事業再生のための手続きとしています。(2022/3/29)

留意点は?:
売上が減少傾向……それでも「間接費」を削減して、収益力をアップさせる方法
コスト削減施策のうち、直接費についてはすぐに削減することは難しい半面、間接費については見直しの余地が大きいもの。そこで、間接費を削減するためのさまざまな施策を考えます。(2022/3/15)

自動車業界の1週間を振り返る:
1+1が2にならなかったサプライヤーの企業統合の行方は
さて、今週は心配なニュースも流れてきました。サプライヤーのマレリホールディングス(マレリ)が、経営再建に向けて私的整理である事業再生ADRを申請する、とメディア各社が報じました。(2022/2/19)

参照データは2020年のもの:
半導体市場シェアで中国が台湾超え?SIAの報告を冷静に見る
半導体工業会(SIA:Semiconductor Industry Association)が2022年1月10日(米国時間)に発表したレポートによると、中国は現在、世界半導体売上高全体において台湾を上回るシェアを獲得し、欧州や日本にも迫る勢いを見せているという。ただし、この主張の根拠としてSIAは2020年当時のデータを用いている。(2022/2/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.