• 関連の記事

「掃除機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!家電製品→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で家電製品関連の質問をチェック

アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は?
アイロボットジャパンが、ロボット掃除機「ルンバ」や空気清浄機「クラーラ」などを月額制で利用できる有料サブスクリプションサービスをリニューアルする。最低契約期間を大幅に短縮する他、期間途中の解約に伴う違約金の廃止、サブスクリプションコースの簡略化など、改定内容は意外と多岐に渡る。この改定の狙いはどこにあるのだろうか?(2024/2/22)

3年使うと製品もらえる──「ルンバ」公式サブスクが内容一新 リユース品なら月額980円から
アイロボットジャパンは21日、ロボット掃除機「ルンバ」の公式サブスクを一新し、いわゆる“期間縛り”や違約金を撤廃し、利用期間に応じて料金を減額すると発表した。3年後には製品の所有権がユーザーに移る。(2024/2/21)

TP-Link、独自の障害物回避センサーを内蔵した2in1ロボット掃除機
ティーピーリンクジャパンは、独自のMagSlim LiDARセンサーを搭載した2in1ロボット掃除機「Tapo RV 20 Mop」「Tapo RV20 Mop Plus」を発表した。(2024/2/15)

高さを20〜30%削減:
高コスト効率のハイブリッドToF技術、ロボット掃除機の「低背化」に貢献
Infineon Technologiesは2024年1月30日(ドイツ時間)、1つのToFイメージセンサーと2種類の照明を組み合わせた次世代スマートロボット用ハイブリッドToF(hToF)ソリューションを開発したと発表した。(2024/2/8)

Amazon特選タイムセール祭り:
夢の全自動ロボット掃除機が20万円切り! 最大35%もお得にクリーンな環境を手に入れよう
Amazon特選タイムセール祭りの先行セールに、ロボット掃除機を手掛けるドリーミーテクノロジージャパンが参戦している。セール対象品はもちろんロボット掃除機だ。事前片付け、モップの水洗い、ゴミの収集不要な全自動タイプもお得に買える。(2024/1/29)

掃除機を購入→“思わぬ商品不良”が発覚…… 「こんなことあるのか」「笑えるけど冷静になると不安に」
掃除機止めれないんだけど!(2023/12/16)

コンシューマー製品×再生材料:
製品全体の約40%で再生プラを採用した掃除機をパナが発売
パナソニックは、再生プラスチック材を採用したクリーンドック搭載のセパレート型コードレススティック掃除機「MC-NS10KE」を2023年12月6日に発売した。(2023/12/13)

神田明神のすす納めに「ルンバ」登場 一体なぜ?
東京都千代田区にある「神田明神(神田神社)」で、毎年12月12日に行われる「煤(すす)納め」。例年とは異なり、今年(2023年)の煤納めでは、アイロボット製のロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」が登場した。一体なぜなのだろうか?(2023/12/12)

Dreame、水拭き掃除にも対応したスティック型掃除機「Dreame H12 Dual」
Dreame Technology Japanは、多機能設計のスティック型掃除機「Dreame H12 Dual 4wayコードレス水拭き掃除機」を発表した。(2023/12/12)

猫「吸ってくださ〜い!(ゴロン)」 掃除機が大好きな猫のメロメロ姿に「怖くないの!?」と驚きの声【マレーシア】
こんな子もいるんだ……!(2023/12/10)

ロボット:
ロボット掃除機「Roborock」に、コンパクト型全自動ドック搭載の新モデル 価格は16万3900円
Beijing Roborock TechnologyとSB C&Sは、家庭用ロボット掃除機の新製品「Roborock Q Revo(ロボロック キュー レボ)」を発表した。コンパクトタイプの「4way全自動ドック」で水拭きモップの洗浄と乾燥、給水、ごみ収集を行える。2023年12月8日から全国のヤマダデンキなどで販売する。(2023/11/29)

ロボット掃除機本体より小さい“全部入り”ドックが付属する「Roborock Q Revo」登場
水拭きモップの洗浄や乾燥、吸水、吸引したごみの収集など、豊富な自動メンテナンス機能を搭載しながら、充電ドックがコンパクトである点が特徴だ。(2023/11/28)

ワンコ「やんのかっ!? こらっ!」 掃除機と戦うワンコ、臨戦態勢で威嚇しまくる様子がかわいい【チェコ】
ワンコはなぜか掃除機と戦いがち。(2023/11/25)

「Xiaomi 12T Pro」が8万2350円、「Smart Band 7」が3990円:Amazon ブラックフライデー
Xiaomiはアマゾンジャパンが開催する「Amazon ブラックフライデー」で、対象のXiaomi製品を特価販売している。対象製品は「Xiaomi 12T Pro」「Smart Band 7」「Redmi Watch 3」、ロボット掃除機の「S10」など。記事内は全て税込み。(2023/11/24)

Amazonブラックフライデー:
貴重なお家時間を有効活用しよう! 時短ツールで便利なRoborockの全自動ロボット掃除機などが最大57%オフ
年に一度のAmazonブラックフライデーの始まった。ロボット掃除機を展開するRoborockは、全自動ロボット掃除機などをい最大57%の割引価格でセール出品している。家にいる短い時間を有意義に過ごすのに活用したい。(2023/11/25)

AI活用で多機能なロボット掃除機「DreameBot L20 Ultra Complete」を試して分かったこと
AI機能を生かしたハイエンド仕様のロボット掃除機が増えている。標準価格で20万超えというDreameのフラッグシップモデル「DreameBot L20 Ultra Complete」をチェックした。(2023/11/22)

Amazonブラックフライデー:
使える! Ankerのポータブル電源やロボット掃除機などが最大50%オフ!
年に一度のAmazonブラックフライデーの先行セールが11月22日にスタートした。Ankerは、秋のレジャーに活躍するポータブル電源やモバイルプロジェクター、家庭で役立つロボット掃除機などを出品している。最大値引き率は55%だ。(2023/11/22)

XiaomiがAmazon、楽天市場、公式サイトでブラックフライデー 「Xiaomi Pad 6」「Redmi 12 5G」も対象に
Xiaomiは、Amazon、楽天市場、Xiaomi公式サイト(mi.com)で「ブラックフライデー」を開催。ロボット掃除機やスマートバンド「Xiaomi Smart Band 8」アクセサリーをはじめ「Xiaomi Pad 6」「Redmi 12 5G」などを提供する。(2023/11/21)

ビックカメラで「ブラックフライデー」キャンペーン 最大20%ポイント還元など、11月18〜26日
ビックカメラは、11月18〜26日に「ビックカメラのブラックフライデー」を開催。エアコン、冷蔵庫、掃除機、ファンヒーターなどを特別価格で販売し、指定商品は通常10%のところ最大20%のポイント還元を行う。(2023/11/13)

知らないと損!?業界最前線:
新型「ルンバ」使って分かった自動化レベル向上と安心感の理由 自動給水も可能に
ロボット掃除機市場をけん引するアイロボットのルンバシリーズに、複数の新機能が搭載された新フラグシップモデル「ルンバ コンボ j9+」が登場した。実際に製品を借りて進化点を検証したので、最新ロボット掃除機の考察とともに紹介したい。(2023/11/11)

Anker、独自の“毛がらみ除去”システムを備えたロボット掃除機
アンカージャパンは、毛がらみ除去機能を標準搭載したロボット掃除機「Eufy Clean X8 Pro」を発表した。(2023/11/1)

「Xiaomi 13T/13T Pro」は「日本は頑張ったな」という価格になる Xiaomiの日本戦略を聞く
Xiaomi Japanが9月27日に発表会を開催し、スマートフォン、タブレット、スマートバンド、スマートテレビ、ロボット掃除機を一挙発表した。通信キャリアとの協業も深め、認知拡大を目指す。スマホの価格は高騰しているが、Xiaomi 13T/13T Proは海外と比べても安価になるという。(2023/10/27)

スマートホーム規格「Matter」が「1.2」に ロボット掃除機やエアコンをサポート
AppleやGoogleが参加するスマートホーム規格策定団体CSAが、スマートホーム規格「Matter 1.2」をリリースした。ロボット掃除機やエアコンなど、新たに9種類のデバイスをサポートする。(2023/10/24)

アンカー、発火のおそれでバッテリー回収中の機種拡大 ロボット掃除機、ポータブル冷蔵庫など
アンカー・ジャパンは16日、発火の報告が数件あったとして回収を進めていたロボット掃除機などのバッテリーについて、対象範囲が広がったと発表した。(2023/10/16)

Dreame製高機能ロボット掃除機「DreameBot L20 Ultra Complete」がAmazon.co.jpで販売開始
ドリーミーテクノロジージャパンは、5way全自動ベースステーションを採用したロボット掃除機「DreameBot L20 Ultra Complete」の国内取り扱い開始を発表した。(2023/10/6)

Xiaomi(シャオミ)が日本でロボット掃除機を発売 2万4800円(税込み)
Xiaomi Japanが、日本のロボット掃除機市場に参入する。水拭きにも対応し、最大4000Paの吸引力を備える2in1タイプで、ECサイト限定で販売される。(2023/9/27)

在宅ワークの良き相棒? Dreameのスティック型とAI機能付きロボット掃除機を試して分かったこと
ロボット掃除機の選択肢がグッと広がっている。高価格帯からエントリー帯までさまざまな選択肢がある中で、今回はDreameのフラッグシップモデルをチェックした。(2023/9/15)

Dreameが5way全自動ベースステーション採用のロボット掃除機を発表
Dreame Innovation Technologyが、海外で展開していたロボット掃除機のフラッグシップモデル「DreameBot L20 Ultra Complete」を日本でも発売すると発表した。(2023/9/14)

ロボット開発ニュース:
iRobotは床だけでなく空気もきれいに、ルンバと自動連携する空気清浄機を発売
アイロボットジャパンは、ロボット掃除機の新製品「ルンバ コンボ j9+」など4機種とともに、新規事業として日本市場で先行発売する空気清浄機「Klaara(クラーラ) p7 Pro」を発表した。(2023/9/13)

ロボット掃除機「ルンバ コンボ j9+」と、ルンバと連動する空気清浄機「Klaara(クラーラ) p7 Pro」
アイロボットジャパンが、新型ロボット掃除機「ルンバ コンボ j9+」と、ルンバと連動する新型空気清浄機「Klaara(クラーラ)p7 Pro」を発表した。発表に合わせて、iRobot会長兼CEOのコリン・アングル氏らが姿を見せた。ここでは、ごみの吸引も水拭きも1台で済むルンバ コンボ j9+、完全密閉できれいな空気を届けるKlaara p7 Proを解説する。(2023/9/14)

ロボット掃除機のバッテリーで“発火”の危険性 Ankerが謝罪、回収へ
利用客からの報告で発覚。(2023/8/22)

Ankerのロボット掃除機でバッテリー発火の報告 自主回収へ
アンカー・ジャパンは22日、ロボット掃除機に採用したバッテリーの一部で発火などのトラブルが発生したと発表した。(2023/8/22)

家電トレンド解説:
コードレス掃除機の新トレンド 水拭きタイプは日本でも定着するか
従来のキャニスター掃除機から、コードレススティック掃除機への置き換えが進んでいる。こうしたなか、吸引力や駆動時間といった基本性能の競争に加えて、新たな付加機能がトレンドとなりつつあるのをご存じだろうか。(2023/7/28)

子どもがいる家でロボット掃除機を稼働→悲劇が起こって…… クレヨンと共に“お散歩”してしまった様子に「心中お察しします」の声
これはきれいにするの大変だ。(2023/7/21)

モップの乾燥も自動で手間いらず! Roborockが新型ロボット掃除機を発売 超強力なスティック型水拭き掃除機も上陸
RoborockとSB C&Sが、新型のロボット掃除機とスティック型水拭き掃除機を発売する。ロボット掃除機はドッグの機能を拡充することでメンテナンスの手間を減らしつつ、本体の障害物検知機能を強化。日本初上陸となるスティック型水拭き掃除機は、吸引力と洗剤によるよりキレイな清掃を実現している。(2023/7/12)

ぬいぐるみの汚れをクリーナーで吸い取ったら…… まさかの新品同様になる変化に「素晴らしい」「この掃除機欲しい」と驚きの声
まるで魔法のようです。(2023/7/11)

欧州委員会、AmazonによるiRobot買収の調査を開始
EUの欧州委員会は、Amazonが昨年8月に発表したiRobotの買収について、独禁法関連の調査を開始したと発表した。委員会は、この取引でAmaozonがロボット掃除機市場での競争を制限する可能性があるとしている。(2023/7/7)

ダイソンのコードレス掃除機がギネス認定 「50mを掃除機で掃除した最速タイム」で
ダイソンは29日、コードレス掃除機「Dyson Gen5detect Absolute」を用いてギネス世界記録「50mを掃除機で掃除した最速タイム」に挑戦し、記録が認定されたと発表した。(2023/6/29)

4LDKまで対応:
ダイソン初の“二刀流”、水拭きコードレスクリーナー登場 エンジニアが「きれいな水」にこだわったワケ
ダイソンは6月28日、同社初となる水拭き機能を搭載したコードレス掃除機「Dyson V12s Detect Slim Submarine(ディテクト スリム サブマリン)コードレスクリーナー」(直販価格12万1000円)を発売した。かねてより需要が高かった水拭き機能を搭載した同モデルは、掃除機をかけて大きめのごみを取り除いてから、ヘッドを付け替えて水拭きで仕上げるという“二刀流”だ。(2023/6/28)

ダイソン、水拭きもできるスティック掃除機 汚水タンク搭載で「床に戻らない」
ダイソンは28日、水拭きもできるスティック掃除機を発売した。専用ヘッドが付属する。(2023/6/28)

Dreame、ハイエンド仕様のロボット掃除機「DreameBot L10s Ultra」など6製品を投入
Dreame Technology Japanは、ハイエンド仕様のロボット掃除機「DreameBot L10s Ultra」など計6製品の国内投入を発表した。(2023/6/16)

ルンバ、犬や猫を避けるようになる 「iRobot OS 6」投入、成長する家電アピール
アイロボットは1日、ロボット掃除機「ルンバ」の新しいソフトウェア「iRobot OS 6.0」を発表した。アップデートによる進化をアピールし、他社製品との差別化を図る。(2023/6/1)

12万1000円から:
ダイソンが空気清浄機付きANCヘッドフォン「Dyson Zone」を日本でも発売 試して分かった装着感
スタイリッシュな掃除機や扇風機で知られるダイソンが、初のウェアラブル製品として「Dyson Zone 空気清浄ヘッドホン」を発売した。直販価格は12万1000円〜13万7500円で、空気清浄機能とアクティブノイズキャンセリング機能を兼ね備える。その実力を試してみよう。(2023/5/26)

壁際も掃かずに吸い込むロボット掃除機、ダイソンから 「ホコリを舞い上げない」
ダイソンは23日、「Dyson 360 Vis Navロボット掃除機」を発表した。壁を検知すると本体の側面から小さな「エッジノズル」が出てくる。(2023/5/23)

5月24日より:
ダイソン、期間限定のポップアップイベントを開催 空気清浄機能付きヘッドホンやロボット掃除機を展示
ダイソンが期間限定のポップアップイベントを開催する。日本で販売を開始する空気清浄機能付きヘッドホンやロボット掃除機を展示している。歴代の有名な商品や最新テクノロジーなども紹介する。(2023/5/23)

知らないと損!?業界最前線:
世界トップ「ルンバ」、猛追の中国勢から市場を守れるか 23年ロボット掃除機トレンド
新型コロナウイルス感染症が5類に移行し、以前の事情生活が戻ってきた。リモートワーク中は隙間時間にできた家事をしにくくなっている人もいるだろう。そんななか家事をサポートする自動化家電が続々登場。なかでも特に市場での存在感が大きくなりそうなのが、中国勢が手掛けるロボット掃除機だ。(2023/5/18)

コードレス掃除機メーカーの人気ランキング 3位「アイリスオーヤマ」、2位「マキタ」、1位は?
おすすめ比較サイト「Picky's」を運営するrentryが、「コードレス掃除機」に関するインターネット調査を実施した。購入した、もしくは購入予定のコードレス掃除機のメーカー1位は「ダイソン」だった。(2023/4/29)

FM:
搬送や掃除機など用途の異なる複数ロボットをパナソニック東京汐留ビルで実験運用
パナソニックホールディングスは、配送ロボットやロボット掃除機など多様なロボットが建物内で活躍できるロボットフレンドリーな環境の構築を目的とした実証を行った。(2023/4/5)

知らないと損!?業界最前線:
2023年「スティック掃除機」の新トレンド 〜吸引とスチーム掃除のできる機種も登場
掃除機市場で急成長のコードレススティック型の掃除機において、2023年の新しいトレンドを3つご紹介する。いずれも、かゆいところに手が届くような発想の転換と、技術の進化によって生まれた、使い勝手の良い機能だ。(2023/3/27)

TP-Linkの「Tapo」からロボット掃除機登場 2万9800円から
TP-Linkのスマートデバイスブランド「Tapo」から、初めてのロボット掃除機が登場する。Amazon Alexaでのボイスコントロールに対応しており、計6機種を取りそろえる。(2023/3/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.