「ベンダー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベンダー」に関する情報が集まったページです。

ChatGPTプラグインではなく、GPTsの利用を推奨:
「ChatGPTプラグイン」の脆弱性についてセキュリティ研究者が開発者に警告
TechTargetは、「ChatGPTプラグインの脆弱性」に関する記事を公開した。ChatGPTプラグインの脆弱性が発見され、OpenAIと2つのサードパーティーベンダーは修正対応した。だが、セキュリティベンダーの研究者は「ChatGPTプラグインには依然としてセキュリティリスクが存在する」と警告している。(2024/4/10)

Innovative Tech:
多くのベンダーの「メールフィルタリング」に設定ミス サイバー攻撃の原因にも 米研究者らが調査
米カリフォルニア大学サンディエゴ校と米シカゴ大学に所属する研究者らは、クラウドベースのメールフィルタリングサービスの脆弱性を指摘した研究報告を発表した。(2024/4/8)

AI搭載SSDは何に使えるのか【後編】
AI搭載「高速SSD」を使うなら“使用上の注意“を知っておこう
SSDにAI機能を搭載する動きが、複数のベンダーで進みつつある。AI搭載SSDにはデータ読み書き処理を効率化するなどのメリットが見込める半面、導入や選定時の注意点もある。(2024/4/12)

HDDの可能性を広げたHAMR【前編】
「HDDはもう要らない」なんて言えなくなる“HDDまさかの進化”とは?
HDD不要論がささやかれる中でも、HDDの進化が止まったわけではない。HDDベンダーSeagate Technologyが発表した新技術は“HDD劣勢”の見方を変える可能性がある。HDDはどこまで大容量になるのか。(2024/4/7)

AI搭載SSDは何に使えるのか【中編】
そこまでSSDにやらせるか? ベンダーが開発する“AI組み込みSSD”の可能性
FlexxonやSamsung、Synopsysなどのベンダーが、SSDにAI技術を搭載する研究開発を進めている。SSDに搭載されるAI技術は、どのような用途に役立つのか。(2024/3/30)

「GitHub Copilot Enterprise」と「StarCoder2」の位置付けとは:
生成AIツールで気になるセキュリティ GitHubはどう対処しているのか
TechTargetは、「NVIDIAとGitHubの新しいAIコーディングアシスタント」に関する記事を公開した。セキュリティ面の懸念は残るものの、ベンダー側もその懸念を解消するためにさまざまな対応を進めている。(2024/3/29)

VMware買収がIT戦略に与える影響【後編】
「VMware製品を使い続けるべきか?」にどう結論を出せばいいのか
VMwareが半導体ベンダーBroadcomに買収された後、製品提供の方針を含めた変更があったことで、パートナー企業もユーザー企業も混乱した。今後の利用方針を検討する上ではどのような点を考慮すればいいのか。(2024/3/29)

ベンダーは値上げを継続【前編】
あの時クラウド移行した企業を苦しめる「値上げだけじゃないコスト」の正体
政府やITベンダーの調査を分析すると、クラウドサービスの値上げはしばらく継続する可能性がある。ただし、企業がコスト増に悩む理由はベンダーの値上げだけではない。(2024/3/29)

そのSaaS本当に安全ですか?:
SaaSベンダーはどこまでランサムウェア対策をしているのか? 実態調査から見えたちょっと心配な現状
導入しているSaaSはランサムウェア対策をきちんと施しているでしょうか。実態調査からSaaSのセキュリティ対策状況を明らかにします。(2024/3/28)

あの大手も続々採用
AMD「NVIDIAに勝つ」は大げさではない? 攻めに出るGPU“永遠の二番手”
NVIDIAの競合となる半導体ベンダーAMDが、GPU製品を拡充するなど攻めに出ている。AI技術を活用するための半導体製品として、AMD製品を採用する動きも活発だ。AMD製品に対する評価とは。(2024/3/21)

5Gのセキュリティ【後編】
モバイル通信「5G」への進化でセキュリティが“転換期”を迎えた理由
5Gが4Gから進化した点はデータ伝送速度だけではない。セキュリティ面でも進化があった。世界各国の通信事業者やベンダーがセキュリティの強化にこだわった理由とは。(2024/3/21)

クラウドサービスによる本当の影響【後編】
「クラウドはエコ」と語るベンダーと「それはうそ」と言う論客、それぞれの根拠
「クラウドサービスを利用する方がエコだ」という点はおおむね事実だとしても、ベンダーの主張をうのみにしてもいいのだろうか。専門家の見解は。(2024/3/18)

らんぶるの「コッカラSaaS」:
SaaSのグローバル化は幻想か? 生成AIが「ベンダーの逆風」となり得る理由
SaaSのグローバル化は幻想なのか。ソフトウェア業界歴10年以上の個人投資家らんぶるさんが、SaaSを中心にソフトウェア産業について持論を展開する。(2024/3/14)

2024年の生成AIトレンド5選【後編】
Geminiの次は? LLMに何が起きる? AI市場の今後の見どころ
2024年、生成AIはどのような進化を遂げるのか。新しいモデルの登場や新規ベンダーの参入など、生成AI市場の動向をアナリストの予測を基に解説する。(2024/3/19)

半径300メートルのIT:
オンプレ境界にある製品は、もはや“有害” 時代に合った対策できていますか?
NCSCが公開したブログが非常に示唆に富んでいます。ネットワーク製品を痛烈に批判するその内容と、われわれが目指すべきセキュリティの形、そのためにベンダーに要求すべきことを解説します。(2024/3/12)

クラウドサービスによる本当の影響【中編】
「クラウドコンピューティング」発展の歴史と、ベンダーが環境を語り始めた理由
クラウドサービスの利用が広がるほど、クラウドサービスが環境に及ぼす影響は見過ごせない規模になる可能性がある。クラウドコンピューティングが台頭した当時からの歴史を踏まえて考える。(2024/3/12)

従来型のオンプレミスのみをサポートするベンダーは市場から消滅しつつある──ガートナーが指摘 「日本企業にとって事態は相当に深刻」
ガートナージャパンが、「オンプレミスの将来に関する最新の展望」を発表。従来型のオンプレミスのみをサポートするベンダーは市場から消滅しつつあり、ほとんどの日本企業にとって事態は相当に深刻だと指摘する。(2024/3/11)

半導体ベンダーAMDのAI戦略【中編】
「GPU」でも「APU」でも勝負 AMDが目指す“NVIDIAとの違い”
AI技術が台頭する中で一段と注目を集めるようになったのが、GPUを手掛けるプロセッサベンダーの動向だ。AMDはAI分野の動向をどう見ていて、どのようなプロセッサ製品を提供するのか。(2024/3/11)

「Flux CD」ユーザーはどう受け止めているのか:
「GitOps」を提唱したWeaveworksの閉鎖が物語る、オープンコアモデルの難しさ
クラウドネイティブなアプリケーションやインフラをデプロイする方法として普及する「GitOps」を提唱したWeaveworksの閉鎖が発表された。オープンソースにおいて、ベンダーの存続が極めて難しいことを物語っている。(2024/3/7)

2023年4Qの国内スマホシェア、Googleが前年から527%成長 IDC「Appleに次ぐベンダーになる可能性」と予測
IDC Japanは、3月5日に2023年第4四半期(10〜12月)と通年の国内携帯電話/スマホ市場実績値を発表。2023年第4四半期の出荷台数は前年同期比3.5%減となったが、830万台を記録している。(2024/3/6)

2027年までに従来型オンプレは消滅? 「老朽化インフラの終活」をガートナーが提言
ガートナーの予測によると、2027年までに従来型オンプレミスのITベンダーは市場から消えるという。従来型のオンプレミスインフラが廃止される近い未来に向けて、大企業は何をすべきか。ガートナーが提言する。(2024/3/7)

半導体ベンダーAMDのAI戦略【前編】
技術者3000人を雇用 AMDがインドで始める半導体開発とは
人工知能(AI)技術でこれからシステムや機械はますます賢くなる。それを支えるのが半導体製品だ。半導体ベンダーAMDがインドで進める半導体製品の開発とは。(2024/3/5)

AIの法的リスクを回避【後編】
超できるけど「危険なAI」とごく普通な「安パイAI」 あなたの好みは?
生成AIの著作権問題が浮き彫りになっている。AIベンダーは安全性を確保する対策を講じるものの、それが必ずしもユーザーの獲得につながるわけではない。ユーザーが生成AIを選ぶ際に直面するジレンマとは。(2024/3/5)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第4回】
ESXiサポート終了後では遅い 「ハイパーバイザー移行」を考えるもっともな理由
各ベンダーが提供するハイパーバイザーには一定のサポート期間がある。サポート期間が終了する前にハイパーバイザーの移行を検討すべき理由や、検討時に確認すべきベンダーのサポート体制、移行の選択肢とは。(2024/3/29)

壊滅のPC業界に救い主?【後編】
PC市場は“どん底”を抜けて「AI PC」が爆売れする?
Gartnerによれば、2023年のPC市場は大幅な減少になった。一方で、2024年1月のCESでPCベンダー各社が「AI PC」を披露した。どのようなPCなのか。(2024/3/4)

SaaSの大幅な値上げが続く理由【後編】
絶好調だったSaaS市場に何が? ベンダーが踏み切る“実質的な値上げ”とは
いっときは好調だったSaaS市場に変化が訪れ、値上げが続いている。SaaSの利用料金が上昇する背景には、単なるインフレではない幾つかの要因が関係している。SaaS市場はどうなってしまったのか。(2024/2/29)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(113):
仕様書通りにシステムを作りました。使えなくても知りません
ユーザー企業が作った仕様書に抜け漏れがあり、その通りに作ったシステムが使いものにならなかった。悪いのは、ベンダー、ユーザー企業、どちらなのか?(2024/2/28)

気になるストレージの進化
コロナ禍明けで「ストレージ」の発売ラッシュ? 新登場の主要製品はこれだ
人工知能(AI)技術の活用が広がることを受けて、ストレージのニーズが一段と高まると考えられる。ストレージは今、どのような進化を遂げているのか。主要ベンダーの製品で具体的に見てみよう。(2024/2/28)

製造ITニュース:
2029年、ITコンサル委託業務の3割がAIで代替可能に ガートナーが予測
ガートナージャパンは、企業がITコンサルティングやベンダーへ委託している業務の30%が、2029年までにAIで代替可能になるとの見解を発表した。(2024/2/26)

価格/料金モデルの選好も明らかに:
ツールベンダーが開発者を引きつけるには、何が必要なのか? 開発ツールの導入動機、評価項目などを調査
SlashDataは公式ブログで、最近発表した開発ツールベンダー向け調査レポート「Pricing Strategies for Developer Tools」の中から、開発者調査結果の一部を取り上げて解説した。(2024/2/26)

クラウドサービス型は今後も拡大見込み:
過半数のベンダーが10%を超える成長 ITRが国内のローコード/ノーコード開発市場を予測
ITRは、国内のローコード/ノーコード開発市場規模の推移と予測を発表した。同社は同市場のCAGR(2022〜2027年度)を14.0%、2025年度には市場規模が1000億円を超えるとみている。(2024/2/20)

壊滅のPC業界に救い主?【前編】
絶不調の「PC」市場で本当に“売れない”のはあのPCベンダーだった
PCベンダー各社が「AI PC」を披露するなどPC市場は盛り上がりつつあるが、Gartnerによれば2023年のPC市場は不調が続いた。その中でも、どのベンダーのPCが売れなかったのか。(2024/2/20)

ライバルと激しい競争:
弱点は何か? OpenAIの“1分映像”生成AI「Sora」に抱く疑問
OpenAIが、テキストから約1分間の映像を生成できる「Sora」を発表。競合のAI技術ベンダーと「互角の勝負になる」という見方がある一方、OpenAI自身も認める弱点がある。(2024/2/19)

Cybersecurity Dive:
MOVEitのゼロデイ脆弱性の余波は続く 開発ベンダーが直面する苦難
Progress SoftwareはMOVEitの脆弱性について政府による複数の調査が進行中であることを明らかにした。また同社は、100件以上の集団訴訟の当事者でもある。(2024/2/18)

CIO Dive:
「業界特化型クラウド」は果たして“買い”か? 慎重論の背景に迫る
AWS、Microsoft Azure、Google Cloudのクラウド大手3社をはじめとするITベンダーが熱心に推進している「業界特化型クラウド」。現在導入するのは果たして"あり"なのか、それとも……。(2024/2/15)

相次ぐ「X企業アカウント」の乗っ取り【前編】
Google系ベンダーも“わな”に落ちた「Xアカウント乗っ取り」の実態
2024年に入り、著名企業の「X」(旧Twitter)アカウントが暗号資産(仮想通貨)詐欺に悪用されるケースが目立ってきた。被害はセキュリティベンダーにも広がっている。(2024/2/15)

「AI PC」がノートPCに集中する理由【後編】
デスクトップPCではなく「ノートPC」こそ“AI時代の主役”になる理由
AMDやQualcomm、Intelといったプロセッサベンダーは、AIモデルが稼働可能なプロセッサのターゲットをノートPCに据えている。その理由は何か。現時点でそうした「AIプロセッサ」を採用する意味はあるのか。(2024/2/14)

Cybersecurity Dive:
なぜMOVEitからファンは離れなかったのか? 見切りを付けられるベンダーの特徴
2023年、Progressが提供するファイル転送サービス「MOVEit」にゼロデイ脆弱性が見つかり、これに関連した多くのサイバー攻撃が発生した。しかし同社の顧客維持率は安定したままだ。一体なぜだろうか。(2024/2/11)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第7回】
工場や倉庫で活躍する“頑丈タブレット”「xTablet」のスペックは?
工場や作業現場など、過酷な環境でも使用できる頑丈仕様のタブレットがある。米国のベンダーMobileDemandの「xTablet」シリーズのスペックを解説する。(2024/2/11)

AppleやAMD、Qualcommも発想は同じ
実は新しくないIntel「Core Ultra」が“AI PCブーム”を着火させるのか?
IntelはPCで人工知能(AI)技術を利用できるようにするプロセッサ「Core Ultra」を市場に投入した。他ベンダーも同様の狙いに照準を合わせる中で、IntelがAI用プロセッサの投入を急ぐ理由と、その影響とは。(2024/2/8)

ITベンダーの「生態系」が変わった 企業はどうか:
PR:「ベンダー都合のIT投資」は誰のためか 経営判断に即応する企業が持つべき指針とは
新たなビジネス施策を打とうにも「IT環境の刷新が追い付かない」「数年後まで動けない」という事態が起きることがある。「ITベンダーの生態系が変わってきた」という指摘もある。われわれは新たな生態系をどう生かせばよいのか。(2024/3/8)

500人に聞いた:
「デジタルマーケは外注」7割超 外注先の選定基準は?
デジタルマーケティングを実施する企業の73.3%が、外部ベンダーやパートナーを利用していると回答したことが、ナイル(東京都品川区)による調査で明らかとなった。外注先の選定基準とは。(2024/2/7)

「AI PC」がノートPCに集中する理由【前編】
NPU搭載の“AIノートPC”はなぜCPUではなく「専用プロセッサ」を使うのか?
プロセッサベンダーはノートPC市場に向けて、AIモデルが稼働可能なプロセッサを投入している。その理由を考えるために、まず「AIとは何なのか」を理解しておこう。(2024/2/7)

生成AIで絶好調のサーバベンダー【前編】
高まる「クラウド不信」でサーバベンダーが“独り勝ち”の理由
生成AIに関心が集まる一方で、クラウドベンダーに自社のデータを渡すことを警戒している企業は珍しくない。生成AIの需要増から、サーバ業界に変化が起きている。(2024/2/7)

「Microsoft 365 Backup」が登場【後編】
「Microsoft 365」のバックアップに必要なのは“純正”と“第三者”のどっち?
Microsoftが「Microsoft 365 Backup」を投入することで、バックアップ分野にはどのような影響があるのか。Microsoftとバックアップ専業ベンダーとの関係を踏まえて考察する。(2024/2/7)

車載ソフトウェア:
国内の車載ソフトウェア市場は2030年に1兆9000億円へ
矢野経済研究所は、ソフトウェア開発ベンダーが手掛ける国内車載ソフトウェア市場の調査結果を発表した。2030年までの車載ソフトウェア市場規模および制御系と車載IT系の構成比を予測している。(2024/2/6)

2024年以降のPC市場と「AI PC」【後編】
“AI PC”の登場で「PCがまた売れまくる日」がすぐそこに?
世界PC出荷台数の減少傾向が続いてきた中で、2024年以降のPC市場をけん引するのではないかと期待を集めているのが「AI PC」だ。PCベンダー各社の動きを踏まえて、PC市場に与える影響を探る。(2024/2/6)

老舗HDDベンダーの思惑【前編】
HDDとSSD“分離”のWestern Digital、キオクシアとの統合は破談じゃなかった?
HDDとNAND型フラッシュメモリの事業を分社化する方針を明らかにしたストレージベンダーWestern Digitalに、立ち消えになっていた“キオクシアとの統合”の話が再浮上した。状況を整理しておこう。(2024/2/5)

停滞するストレージの技術進化【中編】
TLC、QLC、PLCによる「SSD進化論」にもう期待しては駄目なのか
ストレージの技術進化が停滞している。これはストレージベンダーの研究開発への投資が消極的になったことに加えて、技術進化が限界に達しつつあることに関係している可能性がある。(2024/2/5)

NaaSの本質と誤解【第4回】
「結局、NaaSとは何?」に答えを出す“セルフサービス機能”とは
企業がNaaSを利用するとネットワークインフラの所有者はNaaSベンダーになる。そのため、自身ではネットワークを変更できないという懸念がある。だがこれは誤解だ。(2024/2/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.