• 関連の記事

「アミノ酸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アミノ酸」に関する情報が集まったページです。

【原材料クイズ】この原材料から作られるものは何でしょう
考えれば何か見えてくるかも……?(2024/5/9)

LIBリサイクルの水熱有機酸浸出プロセス開発の取り組み(3):
廃棄リチウムイオン電池から環境に優しくレアメタルを回収する水熱有機酸浸出
本連載では東北大学大学院 工学研究科附属 超臨界溶媒工学研究センターに属する研究グループが開発を進める「リチウムイオン電池リサイクル技術の水熱有機酸浸出プロセス」を紹介する。第3回では環境にやさしいクエン酸などを用いた水熱有機酸浸出の事例を取り上げる。(2024/4/25)

医療技術ニュース:
酸化ストレスが消化管がんの原因となる仕組みを解明
九州大学らは、酸化されたDNAが消化管がんの原因となることを明らかにした。この研究成果は、遺伝性大腸がん家系における発がんリスクコントロールに役立つ可能性がある。(2024/3/19)

医療技術ニュース:
D-アミノ酸が概日リズムを調整し、関連疾患の発症抑制に寄与
大阪大学は、D-アミノ酸の1種となるD-アラニンが、概日リズムを調整することを発見した。概日リズムの調整を通して、D-アラニンが体内の恒常性維持の一端を担っていることも明らかにした。(2024/2/19)

投資家ウケする人的資本開示:
東京海上、伊藤忠、日立、味の素──人的資本「すごい開示」に共通する2つの要点
人的資本開示に関する情報はあふれているが、その多くは、ルールや基本の「型」を示すにとどまっている。「とりあえず、型通りに開示しておこう」という姿勢では投資家からの期待は得られない。(2024/2/14)

Innovative Tech:
“地球最強”クマムシが極限状態でも生き抜くメカニズムが判明 深い眠り「乾眠」を引き起こす仕組みとは
米ノースカロライナ大学チャペルヒル校と米マーシャル大学に所属する研究者らは、クマムシが過酷な環境下でも生き抜くメカニズムを解明した研究報告を発表した。(2024/1/25)

島津製作所がクラフトビール共同開発 分析機器で香りや味を調整
島津が飲料を共同開発するのは初めて。島津製の分析機器を使い、酵母が持つ香りや味の特長を引き出しており、スパイシーな香りとかんきつ系のようなフルーティーな味わいのビールに仕上げている。(2024/1/24)

材料技術:
日本触媒と理研がPESを用いた新規海洋生分解性プラスチックの開発に成功
日本触媒は、理化学研究所とともに新規海洋生分解性プラスチックの開発に成功したと発表した。(2024/1/19)

大ヒットしたスポドリ「DAKARA」はなぜ麦茶に? 社内の反対を押し切った起死回生の一手とは
サントリー食品インターナショナルが発売したのが「ライフパートナーDAKARA」。人気商品に成長したダカラだったが、その後低迷。起死回生の一手として、スポーツドリンクらしからぬ転身を図った。(2023/12/30)

髪の毛がドライヤーやアイロンで焦げた あの「独特の臭い」って何の臭い?
髪の毛の8〜9割はタンパク質でできています。(2023/12/24)

人間の体で「水分」の次に多い「タンパク質」 摂取に最適な食べ物は……
「5大栄養素」の1つに「タンパク質」があります。(2023/12/16)

医療技術ニュース:
新型コロナからアルツハイマー病の神経細胞死を抑制するペプチドを開発
東京都立大学は、新型コロナウイルスのタンパク質Orf9bが、アルツハイマー病関連キナーゼMARK4の活性を非競合的に阻害することを発見した。また、Orf9bの配列から、細胞透過性MAPK4阻害ペプチドを開発した。(2023/12/5)

大の酒好き・いとうあさこ、無症状の“重大疾患”4つを告白 現状は問題ないものの「一生なくならないんだって」
お酒はほどほどに……。(2023/11/15)

創業150年超の老舗が“かまぼこのサブスク”を始める理由とは 江戸時代から続くメーカー「鈴廣かまぼこ」の狙い
高齢者からアスリートまで、幅広い需要を見込んでいます。(2023/10/24)

第三世代バイオセンサーに応用:
フルクトース脱水素酵素の構造と反応機構を解明
京都大学と大阪大学の研究グループは、酢酸菌由来のフルクトース脱水素酵素(FDH)に関する構造解析に成功し、酵素の反応機構を解明した。生体物質の検出に適した第三世代バイオセンサーへの応用が期待される。(2023/10/23)

日本酒「獺祭」がオイルインローションになった 酒粕エキスの保湿成分でうるおいのある肌に
16種類の天然アミノ酸が含まれる獺祭の「酒粕エキス」に着目した商品。(2023/10/20)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(15):
国内産業の中でも製造業は特殊な変化を遂げていた! 実質/名目GDPの推移を追う
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。(2023/10/17)

マテリアルズインフォマティクス:
データ駆動による完全循環型バイオアダプティブ材料の開発を推進
日立製作所は、再資源化可能な完全循環型バイオアダプティブ材料の開発に向けて、東京大学と協創すると発表した。東京大学の実験データやノウハウを、同社のMI向けAI技術により分析することで、データ駆動による開発を推進する。(2023/9/26)

ライフガードのお酒「ライフガードハイボール」誕生 ウイスキー香る大人の超生命体ハイボール
超生命体飲料としてのビタミンやアミノ酸はそのまま。(2023/9/20)

グリコ「GABA」、袋から売り文句の「ストレスを低減」が切り離せるのはなぜ? 話題の仕掛けの意図を聞いてみた
職場で見られて気まずくならないように? と話題を呼んでいました。(2023/9/10)

「日清ゲーミングカップヌードル」登場 黒背景に7色デザインのカップが怪しすぎる一杯
中身は光りません。(2023/9/7)

医療技術ニュース:
脂肪燃焼を助けるG12シグナル誘導人工受容体を開発
東北大学は、シグナル伝達経路G12を操作できる人工受容体を開発した。この人工受容体を発現させたマウスの解析から、G12シグナルが脂肪を燃やす働きを助けることが明らかとなった。(2023/9/6)

PR:【猛暑! アイス豆知識】あの国民的アイスの「青」は自然由来の色だった さて、何から抽出した色でしょう?
明日誰かに話したくなる。(提供:DIC株式会社)(2023/8/10)

黒字化請負人に聞く:
10年の海外赴任で業績をV字回復 味の素CEOが人材投資に力を注ぐ理由
味の素、藤江太郎CEOの豊富な海外経験から人材投資の重要性、持ち株を支給した狙いに迫る。(2023/7/4)

過去最高の売上高:
味の素CEOが語る「ピラミッド型のイエッサー文化」から脱却する組織論
人的資本経営に、企業はどう対応をすればいいのか。味の素CEOに人材や技術、顧客などの無形資産が経営にとって重要な役割を果たす理由を聞いた。(2023/7/3)

IT企業デスクツアー:
モニター・PCぎっしり 24億円調達のSaaSベンダーで働くみんなのデスク環境
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、6月までに累計24億円の資金を調達したSaaSベンダー・テックタッチで働く人のデスク周りを探る。(2023/6/14)

かまぼこ屋からクラフトビール「海の恵み」誕生 魚由来のアミノ酸で醸造し、華やかな香りを実現
かまぼこと合うんだろうな……。(2023/5/16)

医療技術ニュース:
アルツハイマー病の神経障害を抑制するペプチドを発見
北海道大学は、脳内で分泌されるペプチドp3-Alcβが神経細胞のミトコンドリアを活性化し、アルツハイマー病の原因因子アミロイドβによる神経障害を保護、回復することを発見した。安価で有効なアルツハイマー治療薬の開発が期待される。(2023/5/15)

社会課題解決が儲けを生み出す:
味の素CEO、藤江太郎氏と語る「人的資本」 同社飛躍のエンジンとは?【CxO Insights for Seminar開催】
従業員をコストではなく資本と捉えて生かす「人的資本」は、特別新鮮な考え方ではないともいえる。しかしそれだけに、何をどうすればよいのか――判断に迷う企業も少なくない。その解決のヒントになるのが、23年5月22日(月)に開催するITmedia ビジネスオンライン主催オンラインセミナー「CxO Insights for Seminar」だ。基調講演には、味の素CEOである藤江太郎氏の公開インタビューを予定する。その中身とは?(2023/5/12)

福田昭のデバイス通信(400) 2022年度版実装技術ロードマップ(24):
複数のガス分子を選択的に検出する「におい」センサー
前回に続き、「におい」を定量的に評価する手法を取り上げる。今回は「成分濃度表示法(機器分析法)」を紹介する。(2023/5/9)

「公式ライバルに」:
ハッピーターン、第2の「魔法の粉」開発 発売47年のタイミングで世に出した、深い理由とは?
ハッピーターンの1976年の発売から47年となる今年、亀田製菓は第2の「魔法の粉」を開発した。その名も「ハッピースパイス」。50回以上の試作を経て完成させた。(2023/4/22)

炎症毒性の軽減も可能に:
カーボンナノチューブの毒性の原因を解明
立命館大学は、名古屋大学、東北大学と共同で、カーボンナノチューブ(CNT)を認識するヒト免疫受容体を発見した。これにより、CNTによる健康被害の予防法や治療法の開発が進む可能性がある。(2023/4/20)

糖質・カロリーゼロの「アクエリアス」が登場 “スポーツドリンクとしての機能”はそのままに
糖の代わりにアミノ酸を使用し、水分やミネラルを効果的に体内へ浸透させる。(2023/4/5)

糖質・カロリーゼロ:
「甘すぎる」「カロリーが高い」を解決 「アクエリアス NEWATER」発売
水分補給飲料「アクエリアス NEWATER」を発売する。独自技術の開発で「甘すぎる」「カロリーが高い」という悩みを解決。(2023/4/4)

医療機器ニュース:
水素酸化細菌の量産化技術開発に関する共同研究を開始
富士フイルムとCO2資源化研究所は、水素酸化細菌の量産化技術開発に関する共同研究契約を締結した。両社の技術を組み合わせて、医薬品成分などに用いられるアラニンを産生するUCDI水素菌の量産化技術を確立する。(2023/1/23)

ゴディバの「ジョジョチョコ」栄養成分表まで味わい深いと話題 承太郎が「熱量64キロカロリーでタンパク質0.7グラム」
娘の徐倫チョコも64キロカロリーなあたりに親子の絆?(2022/11/3)

田んぼに現れたモンスター!? 稲を自然乾燥させる「稲架掛け」の様子がおもしろい
動き出しそう。(2022/10/16)

がんの検出を目指す:
グラフェンバイオセンサーを活用した「電子鼻」を開発へ
グラフェンセンサーは、グラフェンの商用化に向けた最前線の取り組みとして位置付けられてきた。現在市場に投入されているグラフェンセンサーの数は、他のグラフェンデバイスを大きく上回っている。グラフェンセンサーの中でも、最も市場シェアが大きいのが、バイオセンサーだ。米Cardeaは、生体信号処理装置(BPU:Biosignal Processing Unit)を利用してがんを検出することが可能な、グラフェンバイオセンサーを開発した実績を持つメーカーである。(2022/8/3)

タニシのだしラーメン、毒グモの素揚げ、ザリガニパスタ――生き物をとって食べまくるYouTuberホモサピ、登録者数100万人の人気の理由
登録者数100万人の“生き物系”YouTuberのホモサピさんインタビューです。(2022/7/24)

「食べる昆虫ガチャ」 コオロギ、セミ、女王アリ、サソリなど全12種をワンコインで販売
渋谷PARCOで5月28日から。(2022/5/28)

製造マネジメントニュース:
希少アミノ酸の量産技術確立に向け長瀬産業と日立が協業、化粧品や健康食品向けで
長瀬産業と日立製作所、日立プラントサービスは2022年4月19日、バイオテクノロジーとデジタル技術を組み合わせたスマートセルの生産能力を高めるプロセスの確立に向けて共同開発を実施すると発表した。2022年度(2023年3月期)中に化粧品向け、2023年度(2024年3月期)中に健康食品向けの量産成功を目指す。(2022/4/20)

新建材:
カーボンリサイクル・コンクリ向け炭酸カルシウム製造方法を共同開発、大成建設ら
大成建設とアイシンは、アミノ酸を活用して排気ガスなどに含まれるCO2を炭酸カルシウムとして固定化する技術(アイシン製)を、大成建設が開発したカーボンリサイクル・コンクリート「T-eConcrete/Cabon-Recycle」に活用するために必要な炭酸カルシウムの製造方法について共同開発を進めている。(2022/4/19)

ブランドは1日にしてならず:
緑茶リニューアル対決 シェアトップの伊藤園が、"定番"でも変化し続ける理由
お〜いお茶』に15年以上に携わってきた伊藤園マーケティング本部 緑茶飲料ブランドマネジャーの安田哲也氏に、緑茶界の”横綱”伊藤園『お〜いお茶』のマーケティング戦略と、22年の新たな挑戦を聞いた。(2022/4/7)

製造IT導入事例:
茶葉の品質をスマホでAI分析、伊藤園が新技術開発
伊藤園は2022年2月9日、AI(人工知能)の画像解析による荒茶の品質推定技術を開発したと発表した。同年春ごろから同社製品の一部産地で試験運用を開始する。(2022/2/15)

モデルナは救世主となるか【前編】:
コロナワクチンで彗星のように現れたモデルナ 日本法人の女性トップ「ワクチンはやがてオーダーメイドになっていく」
2010年に米国で創業したモデルナは、コロナワクチンの普及によって一躍有名になった。21年11月に日本法人モデルナ・ジャパンのトップに着任した鈴木蘭美社長(医学博士)に話を聞く。ワクチンはやがてオーダーメイドになっていくという。(2022/2/3)

医療技術ニュース:
新型コロナ死亡者数の少ない理由、日本人に多い白血球の型が影響
理化学研究所は、季節性コロナウイルスに応答する記憶免疫キラーT細胞が、類似したウイルスにも反応する抗原部位を持つことを発見した。その部位が、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質領域にも、強く交差反応することが分かった。(2021/12/27)

医療技術ニュース:
デルタ株に特徴的な1つのアミノ酸変異がウイルスの病原性を増大させる
国内の研究コンソーシアム「G2P-Japan」は、新型コロナウイルス「デルタ株」が従来株と比べて病原性が高いことを確認し、デルタ株に特徴的な変異P681Rが病原性の高さと関与していることを明らかにした。(2021/12/20)

医療技術ニュース:
7種のアミノ酸が脳機能を維持、改善して認知症の進行を抑える
量子科学技術研究開発機構と味の素は、特定のアミノ酸の摂取が認知症の病態を抑止することを発見した。7種の必須アミノ酸を組み合わせた「Amino LP7」の摂取により、脳の炎症性変化を防ぎ、神経細胞死による脳萎縮を抑制する可能性が示された。(2021/11/11)

魚のすり身でウニの味を再現した「ネクストシーフード うに風味」爆誕 「うな次郎」の一正蒲鉾から
ウナギに続き、ウニを魚のすり身で再現。(2021/11/2)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルスを防御する、スパイクタンパク質の改変形式を開発
大阪大学は、新型コロナウイルスのタンパク質を改変して免疫することで、SARS-CoV-2や他のSARS類縁ウイルスにも有効なワクチンとして働くことを見出した。将来、発生の可能性がある、SARS類縁ウイルスに有効なワクチン開発が期待される。(2021/10/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.