• 関連の記事

「APU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Accelerated Processing Unit

実機写真あり:
天空が10.1型ゲーミングPC「GPD WIN Max2(AMD)」を10月末から出荷 16万7400円から
天空のECサイト「GPD Direct」において、GPD製のポータブルゲーミングPC「GPD WIN Max2」の予約販売が始まった。当初はIntelモデルとAMDモデルが登場する予定だったが、人気の差からAMDモデルのみの販売となる。早期予約者にはケースも付属する。(2022/8/17)

モバイルワークステーション「ThinkPad Pシリーズ」にRyzen PRO 6000シリーズ搭載モデル登場
Lenovoがモバイルワークステーション「ThinkPad P15v Gen 3」「ThinkPad P14s Gen 3」のAMDモデルを発表した。AMDモデルの投入によって、CADや映像処理における選択肢を広げる目的があるという。(2022/8/9)

最近のノートPCは「電源設定」がパフォーマンスに影響する? ThinkPad X1 Carbon Gen 10で確かめてみた
先日、レノボ・ジャパンの「ThinkPad X1 Carbon Gen 10」をレビューした際に、ベンチマークテストの一部スコアが思ったほど出なかった。「もしかして、電源設定のせいか?」と思った筆者は、電源設定を変えてテストを実施してみることにした。(2022/8/9)

インバースネット、Ryzen 5を採用したスタンダード15.6型ノート
インバースネットは、モバイル向けRyzen APUを搭載したスタンダード15.6型ノートPC「NA」シリーズを発売した。(2022/8/8)

実機写真あり:
約398gでRyzen搭載のWindowsゲーミングPC「AYANEO AIR」の予約販売を開始 9月16日から順次発売
ハイビームが取り扱いを予告していた携帯型ゲーミングPC「AYANEO AIR」の予約販売が8月5日から始まった。8月18日までに予約すると「先々行予約」特典として15%引き(オプション品は10%引き)で購入できる特典が用意されている。製品は9月16日から順次出荷(発売)される予定だ。(2022/8/5)

携帯ゲームPC「Steam Deck」が日本上陸 2022年末の出荷に向けて予約開始、価格は5万9800円から
Steamのゲームを遊べる公式携帯機。(2022/8/4)

パワフルなRyzen 7 6800Uと有機ELディスプレイは“極上” ASUSのモバイルPC「ZenBook S 13 OLED」を試す
ASUS JAPANが、最新APU「Ryzen 7 6800U」を搭載するモバイルノートPC「ZenBook S 13 OLED」を発売した。美しい有機ELディスプレイも気になる本機だが、パフォーマンスはどうなのか。合わせてチェックしてみよう。(2022/8/4)

「Steam Deck」日本で予約始まる 5万9800円から
「Steam」を運営する米ValveとKOMODOは4日、ポータブルゲーム機「Steam Deck」の日本での予約受付を始めた。出荷は年末になる見通し。(2022/8/4)

約11年ぶりの「FMV LOOX」を試す 薄くて軽くて画面の大きいWindowsタブレットは正義か?
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が「富士通PC」の40周年を記念して、2011年にいったん途切れた「LOOX(ルークス)」ブランドを復活させた。しかし、かつてとは異なり「薄型軽量タブレットPC」として世に現われた。その実像はどのようなものか迫る。(2022/8/3)

「ThinkPad」が生まれて30年 次の30年を占う2022年モデルはどんな感じ?
1992年、当時のIBMが「ThinkPad 700C」を発売した。それから30年たった現在も、ThinkPadは「日本生まれの世界ブランド」として健在だ。次の30年の進化を見据えて誕生したという2022年のThinkPadはどのような特徴を持っているのだろうか。ThinkPadの開発を担うレノボ・ジャパンの大和研究所が説明した。(2022/7/30)

AMDの新Radeon用ドライバでノイズキャンセリングが可能に 4K画質でのマイクラ性能が最大92%向上
AMDがRadeon向けのドライバソフト「AMD Software: Adrenalin Edition v22.7.1」をリリースした。多数の機能追加や改善が行われた。(2022/7/29)

MSI、“クラウドゲーミング向け”をうたったRyzen 7搭載スリムデスクトップPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、Ryzen APUを標準搭載したスリムデスクトップPC「Trident S 5M-022JP」を発売する。(2022/7/22)

ASRock、モバイルRyzen 5を採用したミニベアボーンPCキット
ASRockは、AMD製APUを標準搭載したミニベアボーンPCキット「4X4 BOX-5600U/JP」を発売する。(2022/7/4)

Ryzen PRO 6000シリーズ搭載 Z世代を意識した新しい「ThinkPad Z」が日本上陸 直販価格31万1000円から
CES 2022で披露されたThinkPadの新シリーズが、ついに日本にも上陸する。AMDのRyzen PRO 6000シリーズAPUを搭載し、Z世代に意識した新要素をいくつか盛り込んでいる。(2022/6/24)

テクニカルライターの日常業務で検証
画像加工も難なくこなすノートPC「VersaPro UltraLite タイプVC」の実力は
ビジネスPC「VersaPro UltraLite タイプVC」の新モデルは、CPUの刷新によってどれほどの性能を発揮できるようになったのか。ベンチマークテストの結果や、テクニカルライターが実際に外出先で作業して実感した印象は。(2022/6/24)

MediaTek、5Gチップ「Dimensity 9000+」発表 3億2000万画素カメラや7Gbps通信をサポート
MediaTekは、6月22日に次世代フラッグシップスマートフォン向け5Gプロセッサ「Dimensity 9000+」を発表した。搭載端末は2022年の第3四半期にリリースされる予定。(2022/6/22)

容積8Lで拡張性も十分な新ベアボーン! ASRock「DeskMeet B660/X300」を試す
さまざまな小型ベアボーンPCを用意しているASRockから、拡張性とメンテナンス性に優れた「DeskMeet」シリーズが6月24日から国内で発売される。一足先に2モデルの実機をチェックした。(2022/6/15)

Zen 4は「AVX-512」対応 Zen 5は2024年にも登場へ――AMDがCPU/GPUの最新ロードマップを披露
AMDが投資アナリスト向けの事業説明会を開催した。その中で、CPUやGPUの最新ロードマップが披露されたので、コンシューマー(個人向け)製品に関係のある内容をピックアップして紹介しよう。(2022/6/13)

MediaTek Dimensity 1050、Dimensity 930、Helio G99:
スマートフォン向け5Gミリ波対応SoC
MediaTekは、スマートフォンに適した5Gミリ波対応SoC「Dimensity 1050」、ゲーム用チップセット「Dimensity 930」「Helio G99」を発表した。遅延の少ない、優れたゲーミング体験を提供する。(2022/6/9)

ファーウェイが「MateBook 14」にRyzen 5モデルを追加 デタッチャブル2in1「MateBook E」はCore i5モデルのメモリ/ストレージを強化
ファーウェイ・ジャパンが、アスペクト比3:2のディスプレイを搭載した14型ノートPC「MateBook 14」のラインアップにRyzen搭載モデルを追加した。デタッチャブル2in1タブレット「MateBook E」のCore i5モデルにも、メモリとストレージを強化したモデルを投入する。(2022/5/26)

COMPUTEX TAIPEI 2022:
Zen 2とRDNA 2を6nmプロセス化――AMDがモバイル向け新APU「Mendocino」を発表 搭載製品は10〜12月に登場
メインストリーム(普及価格帯)ノートPCの性能を底上げすべく、AMDが新しいAPU(GPU統合型CPU)を開発した。CPUコアは若干古い「Zen 2アーキテクチャ」ながらも、プロセスは6nmに微細化され、GPUは最新の「RDNA 2アーキテクチャ」となっていることが特徴だ。(2022/5/23)

MediaTek、ミリ波対応「Dimensity 1050」など3種の新プロセッサを発表
MediaTekは、5月23日に同社発のミリ波へ対応した5Gプロセッサ「Dimensity 1050」を発表。この他に「Dimensity 930」と「Helio G99」も提供する。(2022/5/23)

古田雄介のアキバPick UP!:
連休中はPC一式買いが殺到!――水冷の棚が隙間だらけに
3年ぶりの“通常営業”となった5月の大型連休中は、PC一式を買い求めに来る人や、入力デバイスの実機に触れに来店する人が目立ったという。(2022/5/9)

PR:世界中で急速に普及中の「Chromebook」 ソフトバンク×レノボでおトクにデビューしよう!
ソフトバンクがレノボ・ジャパンとタッグを組んで「Lenovo 300e Chromebook Gen 3(Cellularモデル)」の販売を開始した。そもそも、Chromebookとはどのようなものなのか。そして、このモデルのメリットはどこにあるのか、徹底的にチェックしていこう。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2022/4/28)

Microsoft Pluton対応:
モバイル向け「Ryzen PRO 6000」はどのくらい“高速”なのか? AMDが解説
モバイル(ノート)PC向け新型APU「Ryzen PRO 6000シリーズ」が改めて発表された。それに合わせて、AMDが同APUの優位性を解説する説明会を開催したので、その様子を簡単にまとめる。(2022/4/20)

ソフトバンクが「Lenovo 300e Chromebook Gen 3」のLTEモデルを販売 税込み5万7600円で4月22日発売
ソフトバンクが、レノボ・ジャパンのChromebook「Lenovo 300e Chromebook Gen 3」のコンシューマー向けLTEモデルを独占販売する。直営のソフトバンクショップにおける販売価格は5万7600円で、ソフトバンクのスマートフォンとセット購入すると1万80円引きで購入できる。(2022/4/14)

「ThinkPad」の2022年モデルが日本上陸 夏までに順次発売
レノボ・ジャパンが、2022年1月から順次グローバル発表されてきたThinkPadの2022年モデルを投入する。Ryzen 6000シリーズを搭載するモデルは新しいセキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」を利用可能で、第12世代Coreプロセッサを搭載するモデルは「Tile」による紛失時捜索に対応している。(2022/4/12)

TSUKUMO、Ryzen 7 5700Gを搭載したスリムデスクトップPCを販売開始
ヤマダデンキは、スリム筐体採用デスクトップPC「TSUKUMO PC SLIM」のラインアップにAMDプロセッサ採用の新モデルを追加した。(2022/4/7)

MINISFORUM、Ryzen 7搭載ミニデスクトップPC「EliteMini B550」の予約受付を開始
MINISFORUMは、Ryzen APUを標準搭載したミニデスクトップPC「EliteMini B550」の予約受付を開始した。(2022/4/4)

「AMD Software Adrenalin Edition」登場 全てのゲームに超解像の恩恵を与える新機能を搭載
AMDが、Radeon GPUやRyzen APU向けの新ソフトウェア「AMD Software Adrenalin Edition」の提供を開始した。ゲームを問わず超解像表示を実現する「Radeon Super Resolution」を実装した他、細かな機能改善が施されている。(2022/3/17)

デスクトップ向けRyzenに追加モデル 3D V-Cache適用の「Ryzen 7 5800X3D」は449ドルで4月20日発売
AMDが、デスクトップ向けRyzenプロセッサの追加ラインアップを発表した。3D V-Cacheの搭載でパフォーマンスを改善した「Ryzen 7 5800X3D」は、世界の広範囲で4月20日発売に発売される。他の新モデルは4月4日に登場する。【追記】(2022/3/15)

PR:“アフターコロナ”でPCニーズに変化の兆し NECが考える「ハイブリッドワーク」時代のビジネスPCとは?
(2022/3/8)

Steam Deck、日本での発売は年内で検討中 価格や販路は未公開
ゲーム配信サービス「Steam」を運営する米Valveは、ゲーム機「Steam Deck」の日本での発売を年内で検討していると公式ブログで明かした。「年内には日本を含め、さらに多くの国でSteam Deckを購入できるようにすることを検討しています」とした。(2022/3/8)

船も「CASE」:
400海里、40時間の実証航海で見えてきた無人運航の実力
日本財団が進めている無人運航船プロジェクト「MEGURU2040」と、その支援を受けて無人運航船システムの開発を進めているDFFAS Projectコンソーシアムは、2022年2月26日〜3月1日にかけて実施した無人運航船実証実験に関する記者発表会を開催し、実証実験の概要と成果について明らかにした。(2022/3/8)

コスパ重視で仕事用PCをリプレース! 選んだ「Inspiron 14(5401)」を試して分かったこと
第12世代Coreプロセッサ搭載PCが徐々に登場する中で、5年前に購入した仕事用PCをリプレースすることになった。筆者が選んだのはコスパ重視のモデルだ。(2022/3/7)

MediaTek、5Gスマホ向けプロセッサ「Dimensity 8000」シリーズ発表
MediaTekは、3月1日に5Gスマートフォン向けプロセッサ「Dimensity 8100」と「Dimensity 8000」を発表した。「Dimensity 9000」プラットフォームの技術や、TSMC 5nm製造プロセスを取り入れている。(2022/3/4)

MWC Barcelona 2022:
ThinkPad Tシリーズに2022年モデル 16:10ディスプレイの新ボディーを採用 新色もあり
ThinkPadで14型以上を担う「ThinkPad Tシリーズ」が2022年モデルに移行する。他シリーズで採用されたアスペクト比16:10ディスプレイを取り入れた他、新色として「Storm Grey(ストームグレー)」を投入する。(2022/3/2)

MWC Barcelona 2022:
WindowsもChrome OSもAndroidも! Lenovoがコンシューマー向けノートPC/タブレットを一挙発表
MWC Barcelona 2022に合わせて、Lenovoがコンシューマー向けのノートPCとタブレットを一挙に発表した。早いものは4月から販売を開始するが、中には7月発売予定のものも含まれる。(2022/3/2)

MWC Barcelona 2022:
Lenovoが新型ゲーミングノートPCを発表 ワイヤレス充電対応のゲーミングマウスも
LenovoがエントリークラスのゲーミングノートPCの新モデルを発表した。最新の第12世代Core-HプロセッサまたはRyzen 6000Hプロセッサを搭載しており、前者はIntel Arc Graphics内蔵構成も用意する。合わせて、ワイヤレス充電に対応するワイヤレスゲーミングマウスも投入される。(2022/3/1)

日本HPが第12世代Core搭載の最新ケーミングデスクトップPCを発表 2月24日から順次発売
日本HPが「OMEN(オーメン)」「Victus(ヴィクタス)」ブランドのゲーミングデスクトップPCの新モデルを投入する。Intel CPUを搭載するモデルは最新の第12世代Coreプロセッサを採用した処理能力重視の構成で、AMDのCPU/APUを搭載する構成はコストパフォーマンス重視の構成となっている。(2022/2/24)

“6nmプロセス化”だけではない! AMDがモバイル向け「Ryzen 6000シリーズ」の進化を力説
AMDが、CES 2022で披露したモバイル向けRyzen 6000シリーズプロセッサの詳細を解説するイベントを2度に渡って開催した。競合のIntelが製品の競争力の面で復活しつつある中、弱点を徹底的につぶした上で強みをより強化することで再び優位性をアピールできるAPU(GPU統合型CPU)に仕上がった。【訂正】(2022/2/18)

レイトレーシングが変えるゲームグラフィックス(第1回):
最近よく聞く「レイトレーシング」 一体ナニモノ?
エントリークラスの独立(外部)GPUだけでなく最新のゲーム機にも広がってきた「リアルタイムレイトレーシング(RT)」への対応。リアルタイムはともかく、「レイトレーシング」とは一体何なのか? 簡単に解説する。(2022/2/12)

16:10ディスプレイ搭載:
デルが「Inspiron」「Vostro」ノートPCのRyzenモデルを一新 2月8日から販売開始
デル・テクノロジーズが、個人向けの「Inspiron」と中小企業向けの「Vostro」のRyzen搭載ノートPCのラインアップを一新する。手頃な価格とパフォーマンスの両立を図った他、アスペクト比16:10のディスプレイを搭載して使い勝手を改善している。(2022/2/8)

NECがビジネス向けPCのラインアップをアップデート 16:10画面のモバイルPCなど新モデルを投入
NECが、ビジネス向けPCのラインアップを更新した。プリインストールOSとしてWindows 11 Proや同OSのダウングレード権を行使したWindows 10 Pro(64bit版)を選択できるようになったことがメインだが、新製品として3モデルも投入する。(2022/2/3)

デザイン一新でテレワーク性能を向上 液晶一体型デスクトップPC「LAVIE A23/A27」にRyzen搭載の新モデル登場
NECパーソナルコンピュータの液晶一体型デスクトップPCが、デザインを一新する。使い勝手を向上すべく、「原点回帰」として大きなスタンドで本体を支える構造に変更された他、Ryzenプロセッサを採用したことが大きな特徴だ。(2022/2/1)

テレワークやオンライン学習を想定 Ryzen搭載の13.3型モバイルPC「LAVIE N13」登場
NECパーソナルコンピュータが、若者向けの13.3型モバイルノートPCを発売する。価格と性能のバランスの高いRyzenプロセッサを搭載した他、各種ポート類を左右側面に持ってくることで使い勝手を向上した。(2022/2/1)

MediaTekがChromebook向け新型Arm SoCを発表 TSMCの6nmプロセスで製造
台湾MediaTekは1月26日(現地時間)、Chromebook向けArm SoCの新製品「Kompanio 1380」を発表した。(2022/1/27)

Valve、ゲーム機「Steam Deck」を2月25日発売へ
ゲーム配信のSteamを運営するValveは、オリジナルゲーム機「Steam Deck」を2月25日に発売すると発表した。部品供給不足で発売が遅れていた。予約者への出荷は28日に開始する。(2022/1/27)

古田雄介のアキバPick UP!:
第12世代Core iシリーズ追加モデル&Intel H670/B660/H610マザーが登場
2021年からヒットを続けている、第12世代Core iシリーズのラインアップが拡充された。下位チップセットを搭載したマザーも登場し、組み合わせの幅がグンと広がっている。(2022/1/11)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
メガネ、クルマ、チップ――CES 2022の見どころを振り返ってみた
オミクロン株で拡大するコロナウイルス感染の最中に開催されているCES 2022。それでも重要な発表はいくつかあった。(2022/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.