• 関連の記事

「APU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Accelerated Processing Unit

サードウェーブ、Zen 3世代APUを採用したスリムデスクトップPC
サードウェーブは、Ryzen 5000Gシリーズを標準搭載したスリム筐体採用デスクトップPC「Slim Regulus」シリーズ2製品を発表した。(2021/9/10)

コンパクトでハイパフォーマンス! ASRock「DeskMini X300」で「Ryzen 5000Gシリーズ」を使ってみた
ASRockの小型ベアボーンキットである「DeskMini X300」が、UEFI(BIOS)の更新によってRyzen 5000Gシリーズに対応した。早速組み合わせて使ってみよう。(2021/9/10)

日本HPがゲーミングノートPCの新モデルを発表 新ブランド「Victus(ヴィクタス)」も旗揚げ
日本HPがゲーミングノートPCの新モデルを発表した。これに合わせて、よりカジュアルなゲーミングブランドとして「Victus(ヴィクタス) by HP」も立ち上げる。(2021/9/9)

デタッチャブルChromebookも:
LenovoがWindows 11搭載の「Yoga Slim 7シリーズ」を発表 米国で10月から順次発売
Lenovoが、Windows 11をプリインストールする「Yoga Slim 7シリーズ」と、キーボード着脱式のChromebookの新モデルを10月に発売する。現時点では日本での展開は未定だ。(2021/9/8)

マウス、Ryzen 7を採用した税込み9万円台の15.6型スタンダードノート
マウスコンピューターは、Ryzen APUを標準搭載した15.6型スタンダードノートPC「mouse B5-R7」を発売する。(2021/8/31)

古田雄介のアキバPick UP!:
Zen 3世代のAPU「Ryzen 5000G」が登場!
現行最新世代のRyzen 5000シリーズと同じ、Zen 3アーキテクチャを採用したAPU「Ryzen 5000G」シリーズが登場。キーボードのベースキットや60cm長のPCIe 4.0ライザーカードなど、自作の幅を広げるアイテムも目立っている。(2021/8/9)

Zen 3ベースのAPU「Ryzen 5000Gシリーズ」が8月6日19時に販売解禁 価格は?
AMDの最新APUpRyzen 5000Gシリーズ」の一部が、8月6日19時から市販される。その特徴と価格について、改めてまとめた。(2021/8/6)

TSUKUMOからRyzen 5000 Gシリーズ搭載のコンパクトゲーミングPCが登場
ゲーミングPC「G-GEAR」から、最新のAMD製APU「Ryzen 5000 Gシリーズ」を搭載したコンパクトゲーミングPC「G-GEAR mini」の新モデル2機種が発売された。(2021/8/6)

「Kompanio 1300T」:
5GやWi-Fi 6に対応するタブレット向け6nm SoC
台湾MediaTekは2021年7月27日、タブレット向けSoC(System on Chip)「Kompanio 1300T」を発表した。TSMCの6nmプロセスで製造される。Kompanio 1300Tを用いることで、オンライン学習やビジネス、ストリーミングサービス、ゲーミング、機械学習をはじめとするAI(人工知能)アプリケーションなど幅広い用途に向けた、軽量のタブレットを開発できるとする。(2021/8/5)

8月6日19時発売! Zen 3採用APU「Ryzen 7 5700G」「Ryzen 5 5600G」の実力を先行レビュー
AMDがZen 3アーキテクチャを採用するAPU(GPU統合型CPU)を8月6日19時に発売する。その実力はいかほどのものか、先行してレビューする。(2021/8/3)

携帯ゲーム機「Steam Deck」はPCとして使える Windowsの導入も
「Steam」を運営する米Valveが15日(現地時間)に発表したゲーム端末「Steam Deck」は作業PCとしても使える。Windowsも導入できそう。(2021/7/16)

4K? ウルトラワイド?:
テレワークに効く! 大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを勧めるワケ
在宅ワークを中心としたテレワークで、会社にいるときと同じような生産性を維持するのには、環境整備が欠かせない。真っ先にお勧めしたいのがデュアルディスプレイの導入だが、そこに一工夫をかけるとさらに効果を高めることができる。(2021/7/15)

MWC Barcelona 2021:
13.3型メインストリーム「ThinkPad L13/L13 Yoga Gen 2」にAMDモデル登場
Lenovoのメインストリーム向け13.3型ThinkPadにAMDモデルが登場する。先行して登場したIntelモデルと比べると価格が手頃であることが特徴だ。(2021/6/23)

プラットフォームを問わず最大2倍のフレームレート AMDが超解像技術「FidelityFX Super Resolution」の提供を開始
AMDが、主にゲームでの利用を想定した超解像技術「FidelityFX Super Resolution」の提供を開始した。同社製GPU/APUだけではなく、NVIDIAの「GeForce GTX 10/16シリーズ」以上のGPUでも利用できることが特徴だ。(2021/6/23)

ASUS、デスクトップ向けRyzen APUを搭載したミニタワーPC
ASUS JAPANは、リビングなどでの利用にも向くRyzen APU搭載ミニタワー型デスクトップPC「ASUS U500MA」を発売する。(2021/6/18)

「虚数とか社会に出ていつ使うんだよ」にセガが回答 社内勉強会用の“ガチ数学”資料公開、ゲーム開発現場で使われていた
ゲーム作りは数学。(2021/6/16)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
AMDのAPUとGPU、Teslaが「Model S」と「Model X」で採用
AMDは、Teslaが「Model S」と「Model X」の新モデルでRyzen APUとRDNA2アーキテクチャに基づくGPUを採用したと発表した。インフォテインメントシステムでAAAゲームを10テラフロップスでプレイできる。(2021/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
AMDが「Ryzen 5 5600G」「Ryzen 7 5700G」をボックス販売 米国では8月5日に発売
AMDがPCメーカー向けに出荷を開始したデスクトップPC向けRyzen 5000シリーズAPUのうち、2製品がパッケージ付きで市販されることになった。米国では8月5日に発売される予定だ。合わせて、企業向けの管理機能やセキュリティ機能を追加したデスクトップPC向けAPUも投入する。(2021/6/1)

MediaTek Dimensity 900:
5G対応スマホ向け6nmプロセスSoC
MediaTekは、6nmプロセスを用いた、5GおよびWi-Fi 6対応のミドルハイエンドスマートフォン向けSoC「Dimensity 900」を発表した。搭載機種を、2021年6月までに発売する予定だ。(2021/5/31)

Ryzen×Chrome OSの実力は? 「ThinkPad C13 Yoga Chromebook」をじっくりチェック
ThinkPadブランドのChromebookが、ようやく日本にもやってきた。しかも、AMDプロセッサ(RyzenまたはAthlon)搭載である。その実力はいかほどのものか、実機で試してみよう。(2021/5/25)

1億800万画素カメラにも対応:
MediaTek、ミドルハイエンドスマホ向け5G対応SoC
MediaTekは、5G(第5世代移動通信)対応のスマートフォン向けSoC「Dimensity 5G」シリーズとして、ミドル−ハイエンドモデルに向けた新製品「Dimensity 900」を発表した。(2021/5/17)

AMDが最新の「Radeon Software」を公開 インストールオプションを拡充 ゲームのアクセシビリティーを向上する機能も追加
AMDが、Radeon GPU向けの最新ソフトウェアを公開した。ユーザーからのフィードバックを受けて、インストールするソフトウェアを削減するオプションを追加した他、色覚障害を持つ人向けのアクセシビリティー機能など機能の追加/改善も行われている。(2021/4/20)

AMDがZen 3アーキテクチャ採用のデスクトップ向け新APU「Ryzen 5000G」シリーズを発表
AMDが、デスクトップ向け新型APU「Ryzen 5000G」シリーズを発表した。7nmプロセスのZen 3 CPUとRadeon Graphicsを統合していることが特徴だが、現時点ではOEM向けでの提供となる。(2021/4/14)

Dellが「Alienware m15」と「Dell G15」のRyzenモデルを発表 可変リフレッシュレート対応ディスプレイも順次発売
Dell Technologiesが、AMDのモバイル向けRyzen 5000プロセッサを搭載するゲーミングノートPCとVRR(可変リフレッシュレート)対応のゲーミングディスプレイを発表した。Alienwareブランドでは、実に約14年ぶりのAMDプロセッサ搭載ノートPCとなる。(2021/4/7)

【共感しかない】宇多田ヒカルの曲を聴いていると、ありもしない切ない思い出がよみがえってくる不思議
忘れられない人がいたような気がする。(2021/3/19)

企業向け管理/セキュリティ機能を強化 AMDがモバイル向け「Ryzen PRO 5000シリーズ」を発表
AMDのモバイル向けRyzen 5000シリーズに、企業向け管理/セキュリティ機能を強化したAPUが追加される。競合のIntelのvPro対応第11世代Coreプロセッサよりも省電力かつ高パフォーマンスであることをアピールしている。(2021/3/16)

総勢19モデル:
AMDがサーバ向けCPU「EPYC 7003シリーズ」を発表 Zen 3アーキテクチャでクロック当たりの性能を向上
AMDがZen 3アーキテクチャを採用したサーバ/データセンター向けCPUを発売する。クロック当たりの性能が向上したことで、実用パフォーマンスもより向上しているという。(2021/3/16)

Ryzen搭載の超小型デスクトップPC「Minisforum UM270」を試す
超小型PCといえばIntel NUCを思い浮かべるが、AMDプラットフォームでも同様のミニPCが続々と登場している。ここで紹介する「Minisforum UM270」もその1台だ。実力はどうなのか、チェックした。(2021/3/10)

PR:IntelとAMD、どっちがいい? 在宅ワークが快適になるドスパラのミニPCをお勧めする理由
テレワークや在宅ワークが定着しつつある中で、ノートPCとは異なる形で仕事やライフスタイルを快適にしてくれるミニPCがある。サードウェーブが運営するPCショップ「ドスパラ」のオリジナルモデルの魅力に迫る。(2021/2/22)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen搭載の超小型PC「Minisforum UM700&X400」がデビュー
Ryzen搭載の超小型PCや表と裏に3連のARGBファンを備えた簡易水冷キット、キロワット級のSFX-L電源にPCレスで使えるキャプチャユニットなど、先週はとがった特徴を持つパーツが複数登場している。(2021/2/8)

Minisforum、Ryzen APUを採用したミニPC「UM270」を正式発表 Makuakeで提供開始
中国BESSTAR TECHは、Minisforumブランド製のRyzen APU搭載ミニデスクトップPC「UM270」の販売を開始した。(2021/2/5)

Zen 3アーキテクチャは効果てきめん? AMDがモバイル向け「Ryzen 5000」シリーズを解説
AMDがCES 2021に合わせて発表したモバイル向けのRyzen 5000プロセッサ。その特徴と実力はいかなるものなのだろうか。同社が報道関係者に説明した。(2021/1/26)

MediaTek、5G対応の最上位プロセッサ「Dimensity 1200/1100 5G」発表
MediaTekは、1月20日に5Gスマートフォン向けの最上位プロセッサ「Dimensity 1200」と「Dimensity 1100 5G」を発表した。本年第1四半期末と第2四半期はじめに市場に提供される見込み。(2021/1/21)

若者向けモバイルPC「LAVIE N12」が登場 家庭向け「LAVIE N14」「LAVIE N15」も新モデルに Tiger Lake搭載
NECパーソナルコンピュータのスタンダードノートPC群に第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)を搭載するモデルが登場する。いずれも若年層を意識しており、シンプルなデザインが特徴となっている。(2021/1/19)

CES 2021:
AMDがモバイル向け「Ryzen 5000シリーズ」を発表 アンロック対応の「HXプロセッサ」も投入
AMDが、Zen 3アーキテクチャベースのものを含むモバイル向け新型APUを発表した。アンロック対応の「HXプロセッサ」を新たに投入し、競合よりも処理性能面で有意であることをアピールしている。(2021/1/13)

MediaTek、“次世代Chromebook”向けの高性能チップセット「MT8192」「MT8195」を発表 6/7nmプロセスを採用
メディアテックジャパンは、次世代Chromebook向けの高性能チップセット「MT8192」「MT8195」の発表を行った。(2020/12/16)

TrackPointを初搭載:
ThinkPadブランドのChromebookが日本上陸 AMDプロセッサを搭載して9万5000円(税別)から
海外では幾つか発売されていたThinkPadブランドのChromebookが、ついに日本でも発売される。Chrome OS搭載のThinkPadとしては初めて、ThinkPad独自のポインティングデバイス「TrackPoint」も搭載している。(2020/12/15)

Minisforum、Ryzen APUを搭載した超小型PC「EliteMini X400」の先行予約販売を実施中
BESSTAR TECHが、Minisforumブランド製ミニデスクトップPC「EliteMini X400」の先行予約販売を実施している。(2020/12/1)

第3世代「Ryzen 5」搭載で高コスパな2in1ノートPC 「HP ProBook x360 435 G7」を試す
日本HPが主にビジネスユーザー向けに販売している2in1ノートPC「HP ProBook x360 435 G7」は、価格の手頃さの割に機能や処理パフォーマンスが良い注目モデルだ。この記事では、その実像をレビューしていく。(2020/11/27)

税込み9万円切りの6コアAPU搭載パワフルノートPC「mouse B5-R5」を試す
さまざまなブランドのPCを展開するマウスコンピューターだが、最もスタンダードな「mouse」シリーズに高コスパのモデルが加わった。「mouse B5-R5」の実力を見ていこう。(2020/11/24)

マウス、Ryzen APUを採用した15.6型スタンダードノート 税別7万9800円
マウスコンピューターは、同社製15.6型スタンダードノートPC「mouse B5」にRyzen APU採用モデルを追加した。(2020/11/19)

PS5との日々:
ついにやってきたPlayStation 5発売日 しばらく使って分かったPS5の○と×
PS5実機をしばらく使ってみて分かったこと。(2020/11/12)

X300だけではない!:
第10世代Coreに対応しインタフェースも強化した最新小型ベアボーン「DeskMini H470」は何が変わったのか
ASRockの「DeskMini H470」は、第10世代Coreプロセッサを搭載可能な最新ベアボーンキットだ。AMD版の「DeskMini X300」に続き、実機をテストした。(2020/10/22)

「どう生きるか」でPCを選ぶ時代に向けて――富士通2020年個人向け冬PC 注目機種を紹介
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が2020年冬商戦向けの新モデルを発表した。あらゆるニーズに応えるべく非常に多岐に渡る新モデルの中から、筆者個人として注目する機種を紹介する。(2020/10/20)

インバースネット、Ryzen PRO 4000シリーズを搭載したスリムデスクトップPC
インバースネットは、Ryzen APUを標準搭載したスリム筐体採用デスクトップPC「BS」シリーズを発売した。(2020/10/13)

古田雄介のアキバPick UP!:
「DeskMini X300」がデビュー即大ヒット!
ASRockの小型ベアボーンキット「DeskMini X300」が発売早々ヒットを飛ばしている。一方、同時発売のIntel系「DeskMini H470」は一部で高く評価されていた。(2020/10/12)

DeskMini A300との比較も:
「DeskMini X300」に最新APUのRyzen 7 PRO 4750Gを突っ込んだ
ASRockの小型ベアボーンキット「DeskMini X300」が10月9日に販売される。生まれ変わった新モデルはどうなのか、Ryzen 7 PRO 4750GやAthlon 3000GなどのAPUを使ってテストした。(2020/10/8)

ついに8コア16スレッド対応!:
最新APUに対応した「DeskMini X300」はA300から何が変わったのか
ASRockの小型ベアボーンキット「DeskMini X300」が10月9日に販売される。生まれ変わった新モデルはどうなのか、従来のDeskMini A300と比較した。(2020/10/5)

ASRockがコンパクトベアボーンの新型「DeskMini」シリーズを10月9日に発売、税別1万9880円〜
ASRockが、小型ベアボーンキットの新型を10月9日から発売する。最新のRyzen APUに対応した「DeskMini X300」は1万9880円、LGA1200対応の「DeskMini H470」が2万880円(いずれも税別)だ。(2020/10/5)

製品分解で探るアジアの新トレンド(48):
同一チップを“できばえ”で別シリーズに、MediaTekの開発力
「5G普及」が2年目に突入し、5G端末向けのプラットフォームが出そろってきた。2020年には、モデムチップ大手のMediaTekとUnisocも本格的に参戦している。今回は、MediTekの「Dimensity」シリーズを紹介する。(2020/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.