• 関連の記事

「スマートグラス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマートグラス」に関する情報が集まったページです。

共通テスト「スマートグラス不可」明記、大学入試センター イヤフォンは“装着”でアウト
大学入試センターが10日に公表した来年度「大学入学共通テスト」の資料で、スマートグラスやスマートウォッチなどウェアラブル機器の使用禁止を明記した。(2024/7/11)

VRの普及は遠くない?【後編】
Teamsでも使えるようになった「VR」は流行するのか、やっぱり駄目なのか?
VR(仮想現実)の機能が「Microsoft Teams」に組み込まれるなど、VRの利用拡大に向けた明るい兆しが見えつつある。これからVRはより広く使われるようになるのか。(2024/6/28)

リモートアクセスの老舗「TeamViewer」の戦略【後編】
TeamViewerは遠隔で取得する「ユーザー組織のデータ」をどう扱っているのか
リモートデスクトップツールを手掛けるTeamViewerは、ユーザー組織の多様なデバイスから取得したデータを業務プロセス改善に生かす支援を実施している。取得したデータをどのように取り扱っているのか。(2024/6/20)

なぜスマホ型? 3D撮影できるAndroidデバイス「XREAL Beam Pro」投入の狙い 唯一無二のコスパも訴求
XREALは6月19日、スマートグラスの「XREAL Air 2」「Air 2 Pro」のコントロールデバイスとして「XREAL Beam Pro」を発表した。背面のカメラで撮影した立体映像をAirシリーズでそのまま楽しめる。その概要をプロダクトマネージャーを務める高天夫氏が語った。(2024/6/19)

「XREAL Beam Pro」実機レビュー 格安3Dカメラになるスマホ型デバイスが日本でも登場 CEOにも狙いを聞いた
XREALのARグラスと組み合わせて使えるスマートフォン型デバイス「XREAL Beam Pro」が発表されました。果たしてどんな用途に使えるのか。実機を試してみました。(2024/6/19)

2050年、PCがなくなる? レノボ・ジャパン社長に聞く「未来のコンピュータの形」
みずほ銀行が2022年に発表したレポート「2050年の日本産業を考える」では、2050年にPCとスマホの普及率が0%になり、市場からなくなると未来を予測している。「PCの生き字引」とも言えるレノボ・ジャパンの檜山太郎社長は、この予想をどう受け止めるのか。(2024/6/19)

いま考えるべきメタバースの安全性【前編】
メタバースがいくら話題になっても「安易に使ってはいけない」理由とは?
メタバースの活用が広がる中で、その安全性についての議論が十分に進んでいない。市場への参入を考えている企業や、メタバースを利用する消費者は、ある問題を知っておく必要がある。(2024/6/18)

広がるメタバースの活用例18選【後編】
熱狂が冷めた「メタバース」にまだ期待したくなる“10種の活用例”
仮想空間「メタバース」への熱狂的な関心は薄れているが、メタバース関連の市場が今後拡大する可能性を秘めていることは変わらない。これから期待が持てるメタバースの活用例を10個紹介する。(2024/6/13)

リモートアクセスの老舗「TeamViewer」の戦略【中編】
遠隔操作ツール「TeamViewer」のベンダーが“AR”に着目した理由
リモートアクセス技術ベンダーTeamViewerは、AR機能を開発するなどリモートアクセス以外の領域に事業を広げてきた。その背景を同社CEOと最高製品技術責任者に聞いた。(2024/6/13)

Apple Watchやチューナーレススマートテレビが最大1万6500円割引 「au +1 collection夏まつり2024」
KDDIは、8月19日まで「au +1 collection夏まつり2024」を開催。Apple Watchやチューナーレススマートテレビ、タブレット、スマートグラスなど対象製品が最大1万6500円割引になる。(2024/6/7)

広がるメタバースの活用例18選【前編】
仕事に使いたくなる「メタバース」の“面白そうな活用例”とは?
メタバースが十分に普及しているとはまだ言い難い状況だが、その活用場面は着実に広がっている。既にメタバースの活用が進んでいる8つの用途を紹介する。(2024/6/6)

企業向け「5G」活用法5選
「光ファイバーをやめて5Gに投資」が無駄にならないVR/ARの活用法はこれだ
5Gを利用すれば、VRやARのアプリケーションを携帯電話回線で活用しやすくなる。特に利点が見込める産業の用途を中心に、5つの活用例を紹介する。(2024/6/3)

ARのMagic Leap、Googleと戦略的技術提携 「没入型体験を進化させる」
ARヘッドセットを手掛けるMagic Leapは、Googleと戦略的技術提携を結んだと発表した。GoogleはGoogle I/Oでの「Project Astra」紹介デモでスマートグラスをチラ見せしていた。(2024/5/31)

日本企業のDXを加速 米通信ベライゾン・ビジネスCEOに聞く5G世界戦略
米国3大キャリアの通信企業、ベライゾンが日本市場でのビジネスに注力している。なぜ、同社は日本市場に注目しているのか。法人向け部門ベライゾン・ビジネスグループのカイル・マレイディーCEOに聞いた。(2024/5/27)

Metaはなぜ、AIを無料公開するのか? ザッカーバーグ氏がインタビューで回答
なぜ、MetaはAIを無料公開するのか? CEOのMark Zukerberg氏がインタビューで回答していたので、内容をまとめてみました。(2024/5/27)

XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場
米VITUREは5月21日12時(日本時間)にスマートグラス「VITURE Pro(ヴィチュアー・プロ)」の予約販売を開始した。直販サイトでの販売価格は7万4880円(税込み)。VITURE公式ストア、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店などが取り扱う。(2024/5/21)

スマートグラスでカンニング──受験生が書類送検 早大「悪意もって入念に計画されたもの」
早稲田大学は、試験中にスマートグラスを使って不正行為を働いた受験生が書類送検されたと発表した。スマートグラスで入試問題を撮影し、外部の人物と共有していたという。(2024/5/16)

早大入試問題をスマートグラスで撮影、流出か 抜本対策の電波遮断はなお導入できず
早稲田大の一般入試で男子受験生が眼鏡型機器「スマートグラス」で試験問題を撮影、外部に流出させて解答を得ていた疑いが強まった。大学入試では過去にも、スマートフォンやマイクロカメラなどを利用した事件が発生。手口は基本的に共通しているが、根本的な対策はとれていないのが現状だ。(2024/5/15)

Google、マルチモーダルなAIアシスタント「Project Astra」デモでARメガネをチラ見せ
GoogleはリアルタイムのマルチモーダルAIアシスタントプロジェクト「Project Astra」を発表した。デモ動画には、Pixel搭載のプロトタイプとの会話を途中でARメガネに切り替える場面も。(2024/5/15)

理想的なARグラスはまだない? 3Dスキャンアプリを無料で提供する理由は? 米Niantic技術トップに聞く
同社エンジニアリング部門のシニア・バイスプレジデントであるブライアン・マクレンドン氏に話を聞いた。彼はGoogleマップやGoogle Earth、ストリートビューなどの開発をリードした人物であり、この分野では伝説的な人物でもある。(2024/5/7)

気になるメタバースの今後【後編】
「メタバース」がオワコンにならない“これだけの理由”
ピークを過ぎた印象があるメタバース市場だが、専門家によると今後の見通しは明るい。メタバース市場の成長を支える3つの最新動向を紹介する。(2024/4/30)

MetaのザッカーバーグCEO、最近ゴールドチェーンを着けている理由を説明
Metaのマーク・ザッカーバーグCEOはいつもグレーのTシャツを着ていることで知られていたが、最近は黒や白のTシャツのこともある。さらに最近ではゴールドチェーンを着けている。このチェーンについて、自身のInstagramで説明した。(2024/4/27)

Metaの1〜3月期、予想を上回る増収増益 「AIへの大規模投資は続ける」とザッカーバーグCEO
Metaの1月〜3月期の決算は、売上高は前年同期比27%増、純利益は117%増と校長だった。サッカーバーグCEOは「世界をリードするAI構築に向けた新たな一歩」と語った。(2024/4/25)

スマートグラス「Rokid Max 2」発表 補正レンズなくても視度調節可能 タッチ操作のリモコン「Rokid Station 2」も
スマートグラスを開発する中国Rokid(霊伴科技)は2024年4月20日、スマートグラスとコントローラーをセットにした「Rokid AR Lite」を発表した。「Rokid Max 2」と「Rokid Station 2」を含む。Rokid Max 2は視野調整が可能で、Rokid Station 2はタッチパッドによる操作を可能とする。日本での販売はアナウンスされていない。(2024/4/25)

新スマートグラス「Rokid Max Pro」発表 内蔵カメラで“ハンドトラッキング”が可能に 目の前に広がるアプリを指で操れる
スマートグラスを開発する中国Rokid(霊伴科技)は2024年4月20日、「Rokid Max Pro(ロキッド マックス プロ)」と「Rokid Station Pro(ロキッド ステーション プロ)」を発表した。Rokid Max Proはメガネ型のディスプレイで、ハンドトラッキングが可能になった。Rokid Station Proはコントローラーとして機能する。日本で販売される予定だが、発売日や価格は未定だ。(2024/4/24)

Mobile Weekly Top10:
便利だけど“心理的”に慣れるのが大変? ガストやバーミヤンなどで使える「テーブル会計」
ガストやバーミヤンを始めとするすかいらーくグループのレストランで、テーブル会計の導入が進みました。便利なのですが、心理的な障壁もあったりします……。(2024/4/20)

Meta、AIアシスタント「Meta AI」をInstagramやMessengerでロールアウト
Metaは、昨年のConnectで予告したAIアシスタント「Meta AI」をInstagramなどの同社サービスで展開していくと発表した。同日発表の新LLM「Llama 3」で構築した。まずは英語版のみを数十カ国で提供する。(2024/4/19)

スマートグラス「XREAL」ユーザーが「Rokid」に浮気した理由 実機比較で分かったこと
「メガネのように軽くて、かければ目の前に大画面」──このような製品が増えている。筆者は「XREAL Air 2 Pro」ユーザーだが、Android TV搭載デバイスの「Rokid Station」、スマートグラス「Rokid Max」に浮気しそうだ。なぜそう感じたのか、実機を交えてレビューする。(2024/4/14)

スマートグラス「Rokid」購入で先着50人に「クオ・カード」8000円分進呈 4月6日〜30日にキャンペーン開催
「新生活応援プレゼントキャンペーン」。メガネ型スマートグラスを手掛けるRokidが4月6日〜30日に開催。条件を満たせば「クオ・カード」8000円分などが進呈される。(2024/4/6)

材料技術:
透明ポリイミドを用いたペロブスカイト太陽電池の共同開発に着手
アイ.エス.テイは、桐蔭横浜大学の宮坂研究室とともに、透明ポリイミドを用いたペロブスカイト太陽電池の共同開発に着手したことを発表した。(2024/3/18)

KDDI、「au Smart Glasses」を6万9080円で発売 かければ目の前に大画面
KDDIは2024年3月15日に「au Smart Glasses」をKDDI直営店/au Style/auショップ/au Online Shopで発売した。対応スマートフォンの画像や映像を出力するのに役立つ。au Online Shop価格は6万9080円(税込み)だ。(2024/3/17)

桐蔭横浜大学 宮坂研究室と共同研究を開始:
ペロブスカイト太陽電池の高性能化に期待、I.S.Tが高耐熱な透明PIフィルムを開発
高機能素材メーカーのI.S.Tが桐蔭横浜大学の宮坂研究室と共同で、独自開発の透明ポリイミドフィルムを用いたペロブスカイト太陽電池に関する共同研究を開始。耐熱性と柔軟性に優れる同フィルムを利用し、高性能なペロブスカイト太陽電池の開発を目指すという。(2024/3/14)

グラス型XRデバイス出展の狙いは? NTTコノキュー丸山社長に聞く、XRの現在と未来
MWC Barcelona 2024のNTTドコモのブースには、XR事業を手掛ける子会社のNTTコノキューが開発したARデバイスのプロトタイプが展示されている。発売は2024年半ばになるという。デバイス開発の意図やコノキューの今後の展開について、コノキューの丸山誠治社長に話を聞いた。(2024/3/4)

ドコモら、6G時代を見据えた新モバイルネットワークを構築 クラウド連携でスマホ側の負荷を軽減
NTTとNTTドコモはコンピューティング機能を具備したモバイルネットワークを構築し、共同で実証したと発表。端末の性能に依存せずに、高性能アプリを低遅延で利用できることが期待されるという。(2024/2/21)

STマイクロ VD55G1:
低消費電力のグローバルシャッター機能搭載イメージセンサー
STマイクロエレクトロニクスは、グローバルシャッター機能を搭載したイメージセンサー「VD55G1」を発表した。2.7×2.2mmと小型で、800×700ピクセルの解像度を備えている。(2024/2/20)

Meta、リストラが奏功し純利益3倍に 「AIとメタバースに引き続き投資する」とザッカーバーグCEO
Metaの10月〜12月期決算は、売上高は25%増、純利益は約3倍だった。広告の復調とリストラが奏功した。ザッカーバーグCEOは、長期ビジョンはAIとメタバースだと語った。(2024/2/2)

FAインタビュー:
データの利活用で現場力を高める、オムロンが目指す工場のスマート化
人手不足、品質保証、エネルギー削減など、製造現場が抱える課題は複雑化している。そこで必要になってくるのが工場の自動化、スマート化だ。今後の事業展開の方向性などについて、オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 商品事業本部 本部長の大場恒俊氏に話を聞いた。(2024/1/29)

スマートグラスに周りの声を感情表現豊かに字幕表示するシステム、DNPが開発 
大日本印刷は22日、美術鑑賞会などで解説者や周囲の参加者の声をテキストにしてスマートグラスに字幕表示するシステムを発表した。(2024/1/22)

MetaのザッカーバーグCEO、AGI開発宣言 「AIとメタバースは繋がっている」
Metaのマーク・ザッカーバーグCEOは、同社の後期的なビジョンはAGIの構築だと語った。AGIとのコミュニケーションにはスマートグラスが適しており、「AIとメタバースは繋がっている」としている。(2024/1/19)

日本航空電子工業 WP86SD:
Quad-Row配列を採用した、8A電源端子付きのFPCコネクター
日本航空電子工業は、8A通電対応の電源端子を搭載したFPCコネクター「WP86SD」シリーズを発表した。従来の2列端子を4列に分岐させたQuad-Row配列を採用し、嵌合ピッチを0.25mmとすることで、コネクターの外形サイズを小型化した。(2024/1/15)

スマートグラス「XREAL Air 2 Ultra」発表 iPhone 15 Proの空間ビデオに対応
中国XREALは世界最大のテクノロジー見本市「CES 2024」で、グラス型ディスプレイの新モデル「XREAL Air 2 Ultra」を発表した。価格は9万9800円(税込み)。開発者向けに8日から販売されているが、出荷は2024年3月になる見込みだ。(2024/1/9)

テキストベースSNS「Threads」は未知?
メタバース損失続きのMeta、CPUを見限って「GPU」積極採用へ その真意は?
Meta Platformsは2023年第3四半期(7月〜9月期)の業績を発表した。ザッカーバーグ氏が強調したのはSNS「Threads」やメタバース、インフラに関する点だ。その真意とは。(2023/12/25)

オーディオグラス「HUAWEI Eyewear 2」は普通のメガネとしても使える? 3週間試して分かったこと
Huaweiが11月初めに発売したオーディオグラスの「HUAWEI Eyewear 2」。日本ではまだ日本ではまだなじみが薄いオーディオグラスを3週間ほど利用してみました。オーディオグラスは、耳をふさがずに音楽を楽しんだり通話したりできるというものです。(2023/12/19)

チャット型AIがマスメディアより影響力を持つ時代に
チャット型AIが、マスメディアやソーシャルメディアよりも、影響力を持つようになるのだと思う。(2023/12/17)

産業用スマートグラス:
PR:人手不足の救世主 豊富なAIソフトウェアに対応する製造業向けのスマートグラス
製造業全体で熟練技術者が減少し、技術伝承や若手教育が課題になっている。これらの解決に加え、業務の効率化にも役立つのが現場作業向けスマートグラスだ。音声操作により完全ハンズフリー操作を実現した「Navigator 520」を紹介する。(2023/12/13)

ベテラン外科医の視点を学生に共有
英国医療機関がライブ手術 外科医がこだわった「HMD」の要件は?
英国医療機関の外傷・整形外科が、学生向け「ライブ手術」の指導システムの一環としてRealWearのヘッドマウントディスプレイ(HMD)を導入した。外科医が語る、ライブ手術に適したHMDの要件とは。(2023/12/5)

5Gの「データ伝送性能」が肝
4G併用ではなく「5Gだけ」のすごさとは? 現場で役立つ“なるほどの機能”
シンガポール市民防衛庁は、IBMなどのパートナー組織の支援を受けて、「5G」や「AR」といった先端技術を活用した“スマート消防車”の実現に乗り出す。その具体的な取り組みや、5Gの活用方法とは。(2023/12/4)

スマートグラス「VITURE One」7万4880円で発売 度数調節ダイヤルを搭載
米VITUREは11月22日21時にスマートグラス「VITURE One」の販売を開始した。直販サイトでの販売価格は通常7万4880円(税込み、以下同)だ。11月29日までは6万9800円となる。(2023/11/23)

ドコモ、スマートグラス「Rokid Max」を5万9800円で12月下旬以降に発売 Android TV搭載デバイスも
NTTドコモは11月22日にスマートグラス「Rokid Max(ロキッド マックス)」と、携帯可能なAndroid TV搭載デバイス「Rokid Station(ロキッド ステーション)」の取り扱いを発表した。ドコモオンラインショップなどが同日10時から予約を受け付け、12月下旬以降に発売する。価格はRokid Maxが5万9800円(税込み、以下同)、Rokid Stationが2万9800円、両デバイスのセット「Rokid AR Joy Pack」が8万4800円となる。(2023/11/22)

「世界最小レベル」を実現:
超小型デュアルコア搭載BLEモジュールを展示、加賀FEI
加賀FEIは、「EdgeTech+ 2023」(2023年11月15〜17日/パシフィコ横浜)に出展し、超小型のデュアルコア搭載BLEモジュール「EJ5340」を展示した。「EdgeTech+ AWARD 2023」でIoT Technology優秀賞を受賞した技術だ。(2023/11/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.