• 関連の記事

「ヘッドマウントディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヘッドマウントディスプレイ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

飛行機で、仕事で、Nreal Airを使ってみた ゲーミングPC接続も実用域に
サングラス型のシースルーディスプレイ「Nreal Air」の本格活用編。(2022/8/12)

「Meta Pay」強化が意味するMetaの戦略【後編】
Meta Payを「決済サービス」として評価してはいけない“なるほどの理由”
Meta Platformsの「Meta Pay」は決済サービスとして“勝ち組”になれない――。そうした見方がある一方、そもそもMeta Payを他の決済サービスと横並びで評価すること自体が無意味との声もある。どういうことなのか。(2022/8/1)

「PS VR2」は装着したまま周囲が見える SIEが新機能紹介
SIEは26日、PlayStation公式ブログで「PS VR2」の新機能「シースルービュー」などを紹介した。ゲームの開発者は近日配信する最新システムソフトウェアでこれらの機能を試せるという。(2022/7/27)

“まさに今”の国際宇宙ステーションを体験できるメタバース JAXAがイベントで日本初披露
JAXAが米Meta主催の「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」で、国際宇宙ステーションを体験できるメタバースを日本初公開した。ISSのモデルは現実のISS同じ緯度、経度にあり、現在の状態を追体験できる。(2022/7/27)

VR HMD「Meta Quest 2」が2万円超の大幅値上げ 8月1日から
Metaは、同社製VR HMD「Meta Quest 2」の価格改定を発表した。(2022/7/27)

第1回「METAVERSE EXPO JAPAN」開幕 Meta主催 “メタバースの今”を現実でアピール
米Meta主催のイベント「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」が開幕した。メタバース関連のサービスや製品の展示、関連団体の講演などを実施する。(2022/7/27)

メタバース就活フェスってどんな感じ? 企業とユーザーをつなぐ「METANAVI」に参加してみた
メタバースに多くの企業・自治体が参加する昨今、企業活動の中でも重要な人材獲得をVRで行う試みが増えてきています。(2022/7/26)

「Meta Pay」強化が意味するMetaの戦略【前編】
「Facebook Pay」改め「Meta Pay」とは? Meta渾身の決済サービス
メタバースユーザーに「Meta Pay」を浸透させたい考えのMeta Platforms。「Facebook Pay」から名称変更したMeta Payとは、そもそも何なのか。同社はMeta Payで何を実現しようとしているのか。(2022/7/26)

医療機器ニュース:
VR空間で第3、第4の腕を自分の身体であるかのように知覚
東京大学は、VR環境で足先の動きと連動する余剰肢ロボットアームを開発し、第3、第4の腕が自身の体であると知覚する身体化に成功した。(2022/7/13)

Metaだけではない ジャパンディスプレイ、ソニーも追う、新世代HMDの技術トレンドとは何か
Metaが試作中のVR HMD試作機を大量に公開した。同社が突出しているように思うかもしれないが、実は他のメーカーも同じ方向で技術開発を進めている。新世代HMDはどのようになるのか、西田宗千佳さんが解説する。(2022/6/29)

TSMC「初」の海外R&D拠点:
TSMCジャパン3DIC研究開発センターがオープン
TSMCジャパン3DIC研究開発センターは2022年6月24日、産業技術総合研究所(産総研/茨城県つくば市)の敷地内で建設を進めてきたクリーンルームの完成に伴い、オープニングイベントを開催した。(2022/6/27)

CIO、楽天市場「お買い物マラソン」に参加 急速充電器やオーディオアイテムが最大66%オフ
CIOが、6月22日20時〜6月27日1時59分に開催される楽天市場の「お買い物マラソン」に参加。GaN対応急速充電器やモバイルバッテリー、ネックファンなどを最大66%オフで販売する。(2022/6/23)

Innovative Tech:
食べ物をARで青色にしたら食欲は減る? 公立はこだて未来大が検証
公立はこだて未来大学平田竹川研究室の研究チームは、シースルー型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を用い、食事中の食べ物にARで青色フィルターをかけると食欲や空腹度はどうなるかを検証した論文を発表した。(2022/6/22)

Meta、メタバース「Horizon Home」提供開始 Quest v41アップデートで
MetaのザッカーバーグCEOは、Quest 2のv41アップデートで「Horizon Home」を提供すると発表した。ユーザー同士が自分のホームに友達を招待し合い、一緒に動画を鑑賞したりできる。(2022/6/11)

Pico、PC接続/単体動作に両対応したVR HMD「Pico Neo3 Link」
アスクは、Pico Technology Japan製となるVR HMD「Pico Neo3 Link」の取り扱いを発表した。(2022/6/10)

SIEが「PSVR2」向けタイトル公開 「バイオハザード」も
SIEは3日、PS5対応のVRヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR2」向けに開発しているタイトルを紹介した。カプコンの「バイオハザード ヴィレッジ」はストーリーモード全編が対応する。(2022/6/3)

ロボット:
コンクリート吹付け作業の遠隔操作技術を改良し本格運用を開始、大成建設
大成建設は、2019年に開発した山岳トンネル工事で使用しているコンクリート吹付け作業の遠隔操作技術「T-iROBO Remote Shotcreting」に改良を施した。今回の改良は複数のカメラを増設し、操作者は切羽から十分離れた吹付け機操作席から切羽近くに居るような臨場感を持ちながら吹付け厚さの管理を含む一連の作業を行え、吹付け作業の安全性向上と作業環境改善を実現する。(2022/5/25)

VR空間で現実の見え方を再現する「ライトフィールドHMD」、NHK技研が公開へ 目の疲れも軽減
NHK放送技術研究所が物体からの反射光を実世界と同じように再現する「ライトフィールド方式」のヘッドマウントディスプレイを開発。26日からの「技研公開2022」で公開する。(2022/5/23)

XR:
能美防災、火災VR体験コンテンツのレンタルを開始
能美防災は、同社の法人向けVRコンテンツ「火災臨場体験VR 〜混乱のオフィス〜」のレンタルを開始した。価格は、1週間当たり1セット28万円に設定している。(2022/5/18)

Innovative Tech:
米NVIDIAなど、眼鏡サイズのVRヘッドセット開発 フルカラー3D画像を表示
米NVIDIAと米スタンフォード大学の研究チームは、眼鏡に近いフォームファクタを備えた超薄型ニアアイディスプレイを開発した。2.5mmの厚さの光学系を備え、フルカラーの3D画像を提供する。(2022/5/12)

Innovative Tech:
ラケットで球を打った衝撃を“エアジェット噴射”で再現するVRデバイス 台湾などの研究チームが開発
台湾大学、カナダのUniversity of Waterloo、米University of Marylandによる研究チームは、卓球やバドミントン、テニスなどのラケットスポーツにおいて、球がラケットに当たった衝撃を圧縮空気のジェット噴射で再現するラケット型VR触覚デバイスを開発した。(2022/5/10)

Innovative Tech:
バーチャル内で“本当の食事”を体験できるか? 奈良先端大と東大が検証
奈良先端科学技術大学院大学と東京大学による研究チームは、VR内で実環境の食事を高い臨場感で食べるための支援技術を開発した。(2022/5/9)

ウェアラブルニュース:
着用しても疲れにくい小型軽量のARグラス「Nreal Air」、視覚負担も軽減
Nrealは2022年4月25日、同社が発売したAR(拡張現実)グラスNreal Airについての製品説明会を開催した。小型かつ軽量で、長時間着用しても疲労感が生じにくい点を大きな特徴とする。(2022/5/6)

VRで直感的に3Dモデリングできるソフト、Adobeがβ版を無償公開 QuestやRiftに対応
米Adobeは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)などを使って、VR空間上で3Dモデリングが可能なソフト「Adobe Substance 3D Modeler」のβ版を無償公開した。(2022/5/2)

“同人ハード”が「CES」で賞を取るまで メタバース住人が愛用する「HaritoraX」誕生の軌跡
同人発のハードウェアが大ヒット。商業製品として量産化し、世界的な展示会で受賞して海外展開へ――絵に描いたような夢物語だが、VR用モーショントラッキングデバイス「HaritoraX」が叶えた実話だ。(2022/4/30)

「メタバース」「電子工作」「サーバ管理」を一挙に体験できる“マイクラ”の魅力 そのIT要素を一挙紹介
世界で最も売れたインディーズゲームとも呼ばれる「Minecraft」は、ただの遊びと言うにはIT要素が多い。メタバースや電子工作、サーバ管理などMinecraftで感じられるIT要素を紹介する。(2022/4/29)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(21):
Z世代の心に響け、ソニーの“穴あき”イヤフォン「LinkBuds」に見る音の未来
ソニーが2022年2月に発売したイヤフォン「LinkBuds」は、中央部に穴が開いたリング型ドライバーを搭載している。あえて穴を空けることで、耳をふさがず、自然な形で外音を取り入れるという技術的工夫だ。これまで「遮音」を本流とした製品展開を進めてきたソニーだが、LinkBudsにはこれまでの一歩先を行くという、同社の未来に向けた思いが表れている。(2022/4/26)

スマートグラス「Nreal Air」、実はこう使うと面白い 意外な最適解は?
Androidだけでなくさまざまな機器を接続できるスマートグラス。では何が一番良かったのか、西田宗千佳さんがレポート。(2022/4/27)

2022国際ロボット展レポート:
あの壊れないロボットが4足歩行のヤギに、力強い遠隔操縦ロボも――iREX2022サービスロボットレポート
コロナ禍を経て開催の時期や規模で影響を受けた「2012国際ロボット展(iREX2012)」。本稿では、サービスロボットゾーンの展示を中心にレポートする。4足のヤギ型ロボットで話題をさらった川崎重工業のヒューマノイドロボットや、本田技術研究所と人機一体の遠隔操縦ロボット、社会実装が進みつつある自動配送ロボットなどに注目が集まった。(2022/4/27)

大和ハウス、「メタバース住宅展示場」公開 オンラインを活用した販売強化
大和ハウスが、アバターを用いて仮想空間上の住宅展示場を自由に見学できる「メタバース住宅展示場」を4月28日から公開する。(2022/4/25)

Innovative Tech:
卓球の正しいスイングを教えてくれるロボットアーム VR環境下でマンツーマン指導
早稲田大学中島研究室とQatar Universityの研究チームは、VRシステムとロボットアームを連動させた卓球トレーニングシステムを開発した。VR環境下でユーザーの手の動きを誘導することで、卓球の打ち方の練習を効率的に行い、スキルアップをサポートする。(2022/4/22)

Innovative Tech:
VRで口の中を触られている感覚を再現 VRヘッドセットから超音波を放射 「虫が唇を這う」などが再現可能
米Carnegie Mellon UniversityのFuture Interfaces Groupは、VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に空中超音波フェーズドアレイを統合し、VR体験に応じて超音波で唇や口腔内に触覚を与えるシステムを開発した。(2022/4/22)

Social Media Today:
「大人ゲーマー」がMeta(旧Facebook)を救う――メタバース徹底入門【前編】
「メタバース」はまだ存在しない。だが、Meta(旧Facebook)創業者で会長兼CEOのマーク・ザッカーバーグ氏には次の世界が見えているようだ。それがどのようなものかというと……。(2022/4/22)

キヤノン、MR用HMD「MREAL X1」発表 視野は前モデルの2.5倍広く 本体価格は約200万円
キヤノンは、MRヘッドマウントディスプレイ「MREAL X1」を発表した。予想価格はMREAL X1本体が200万円前後。X1を利用する際に必要なソフトウェアを含めた場合350万円前後。6月上旬に発売する。(2022/4/21)

キヤノン、広視野角表示を実現した業務向けの小型軽量MR HMD「MREAL X1」 ユニット単体で200万円強〜
キヤノンは、MR(Mixed Reality)用ヘッドマウントディスプレイ「MREAL X1」の発表を行った。(2022/4/21)

79gの“掛けて使う”ディスプレイ 「Nreal Air」はPCの外部モニター代わりになり得るか?
ここ数年で「スマートグラス」の波がじわじわと来ている気がする。その中でも一番未来を感じるのは、ディスプレイを搭載したものだろう。(2022/4/21)

VR/AR/MRニュース:
キヤノンのMRシステム用HMDに広画角化と軽量化を両立する「MREAL X1」登場
キヤノンは、MRシステム「MREAL」用のヘッドマウントディスプレイの新製品「MREAL X1」を2022年6月上旬に販売開始する。広画角化と軽量化ニーズに応える製品で、従来機種と同じくビデオシースルー方式を採用し、現実世界とCG映像を違和感なく融合させた臨場感のあるMR体験を提供する。(2022/4/21)

大和ハウスが「メタバース住宅展示場」 3D空間で見学者案内 デザインやインテリアの即時切り替え機能も
大和ハウスが「メタバース住宅展示場」を公開する。展示場内では、アバターを使って同社担当者と見学者がコミュニケーションしながら建物のデザインや間取りを確認できる。(2022/4/20)

XR:
建設向けAR変換のサブスクを提供開始、NSW×PTC
NSWとPTCは、建設現場の働き方改革を促進するARを活用した新サービス「ConstAR」の提供を開始した。(2022/4/20)

東京タワーの足元にeスポーツをテーマにしたアミューズメント施設、20日開業 特別ライトアップも
東京eスポーツゲートは東京タワーに「日本最大規模」をうたうeスポーツ施設「RED゜TOKYO TOWER」を4月20日にオープンする。(2022/4/18)

“箱形メタバース空間”、ブイキューブが開発 少人数向けテレワークブースを転用
ブイキューブはテレワークブース内に映像を投影することで、VRヘッドマウントディスプレイなどを使わずにバーチャル空間を体験できる設備「メタキューブ」を開発した。(2022/4/18)

VR/AR/MRニュース:
空間3Dキャプチャー/3Dデジタルツインの米Matterportが日本法人を設立
空間3Dキャプチャー技術を用いて、建物をはじめとする構造物の3Dデジタルツインの作成を支援する米Matterport(マーターポート)は2022年4月14日、オンラインで日本法人設立に関する記者説明会を開催した。(2022/4/18)

FAメルマガ 編集後記:
産業用ロボットでも“鉄人28号タイプ”が広がる?
遠隔で人手によるサポートを加える形が進む。(2022/4/15)

VR/AR/MRニュース:
VR検証でワイヤレス/出張レス/コントローラーレスを実現する機能を強化
ラティス・テクノロジーは、バーチャル検証によるデジタル擦り合わせを支援する製造業向け「XVL Studio VR」において、生産技術領域向けに機能強化した最新の「VR Plus オプション」を、2022年4月18日から提供開始すると発表した。(2022/4/15)

Meta Quest用最新アップデート“v39”を告知
Meta(旧Facebook)は、同社製VR HMD「Meta Quest」向けの最新アップデートについての発表を行った。(2022/4/12)

Innovative Tech:
「止まっているはずなのに、動いている」と感じるヘルメット型装置、神戸大が開発
神戸大学塚本・寺田研究室の研究チームは、自分は静止しているにもかかわらず、あたかも運動しているように感じる視覚誘導性自己運動感覚(ベクション)を誘発させる頭部装着型ベクション提示デバイスを開発した。(2022/4/12)

CIOがモバイルバッテリーやワイヤレス充電器のセール 楽天市場の「お買い物マラソン」にて
CIOが、4月9日20時〜4月16日1時59分に開催される楽天市場「お買い物マラソン」へ参加。モバイルバッテリーやGaN対応急速充電器などを割引価格で販売する。(2022/4/8)

産業用ロボット:
広がる遠隔操作ロボットの世界、川崎重工とソニー、オカムラ、ホンダなどが本格化
慢性的な人手不足や、コロナ禍による人依存度の低減などから、製造現場でより幅広いロボットの活用が進んでいる。その中で、ロボットによる作業の内、完全自動化が難しい部分だけを人の遠隔操作で補う「遠隔操作ロボット」への取り組みが本格化しつつある。(2022/4/8)

導入事例:
ARにより室内環境をリアルタイムに見える化する新たな技術、安藤ハザマら
安藤ハザマは、富士ソフトと共同で、Microsoft製のヘッドマウントディスプレイ端末「HoloLens 2」を活用した室内環境可視化技術「環境ウォッチ ver.2」を開発した。環境ウォッチ ver.2では、従来技術「環境ウォッチ」で備えていた「事前実施したシミュレーション結果の表示機能」に加え、センサーで計測した温度や湿度などのデータをリアルタイムも室内にAR表示する。利用者は事前のシミュレーションと現在の室内状況を実スケールで確かめられ、これまで見落としがちであった問題点を発見するツールとして使える。(2022/4/8)

VR/AR/MRニュース:
室内環境をARでリアルタイムに可視化する、室内環境可視化技術を開発
富士ソフトと安藤ハザマは、室内環境可視化技術「環境ウォッチ ver.2」を開発し、安藤ハザマ技術研究所で運用を開始した。ヘッドマウントディスプレイ端末を活用して、室内環境をARでリアルタイムに可視化する。(2022/4/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.