• 関連の記事

「ASRock」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ASRock」に関する情報が集まったページです。

古田雄介のアキバPick UP!:
グラフィックスカードを内蔵できる小型ベアボーン「Desk Meet」がデビュー
ASRockの定番小型ベアボーン「Desk Mini」の兄弟シリーズとして、拡張性を高めた「Desk Meet」が店頭に登場した。また、ゲーミングNUCの新モデルやコンパクトなキーボード「Keychron K4」なども売り出されている。(2022/6/27)

容積8Lで拡張性も十分:
新ベアボーンをテスト! ASRock DeskMeet B660/X300を試す【後編】
さまざまな小型ベアボーンPCを用意しているASRockから、拡張性とメンテナンス性に優れた「DeskMeet」シリーズが6月24日から国内で発売される。2モデルにパーツを組み込んでテストした。(2022/6/20)

ASRock、8Lサイズのコンパクト筐体を採用したベアボーンキット「DeskMeet B660/X300」
台湾ASRockは、省スペース設計を実現したベアボーンキット「DeskMeet B660」「同 X300」の販売を開始する。(2022/6/15)

容積8Lで拡張性も十分な新ベアボーン! ASRock「DeskMeet B660/X300」を試す
さまざまな小型ベアボーンPCを用意しているASRockから、拡張性とメンテナンス性に優れた「DeskMeet」シリーズが6月24日から国内で発売される。一足先に2モデルの実機をチェックした。(2022/6/15)

古田雄介の週末アキバ速報:
3万円弱のグラフィックスカードよりも6万円のGeForce RTX 3060
PCパーツの値上がりが続く中で、グラフィックスカードの売れ筋も高級クラスにシフトしている。「ゲーミングマシンを10万円ちょっとで」という時代はもう遠い……。(2022/5/21)

GeForce RTX 30シリーズに徹底対抗:
デスクトップ向け「Radeon RX 6000シリーズ」にリフレッシュモデル 日本では5月13日11時発売
AMDが、デスクトップ向けのRadeon RX 6000シリーズにリフレッシュモデルを追加した。動作クロックの向上とメモリのスピードアップによってパフォーマンスを改善したことが特徴だ。(2022/5/10)

古田雄介のアキバPick UP!:
連休中はPC一式買いが殺到!――水冷の棚が隙間だらけに
3年ぶりの“通常営業”となった5月の大型連休中は、PC一式を買い求めに来る人や、入力デバイスの実機に触れに来店する人が目立ったという。(2022/5/9)

古田雄介の週末アキバ速報:
「元通りまでは望みませんが……」――3年ぶりに訪れた“普通”の大型連休
秋葉原は3年ぶりに緊急事態宣言のない大型連休を迎える。特価セールに力を入れるPCパーツショップも多い。(2022/4/29)

古田雄介のアキバPick UP!:
Radeon RX 6400カードが登場! ロープロ&1スロットモデルが人気
2万円台で買える「Radeon RX 6400」カードが各社から登場した。ニッチな需要ではあるが、まずまずの滑り出しを見せているという。(2022/4/25)

GPU補助電源なしでもOK:
「Radeon RX 6400」搭載グラボが4月22日から一般販売 想定価格は約2.5万円から
AMDの最新GPU「Radeon RX 6000シリーズ」のエントリークラス製品を搭載するグラフィックスカードが、一般販売される。4月22日11時以降、主要なパートナー企業からさまざまな特徴を持つグラフィックスカードが登場する予定だ。(2022/4/21)

古田雄介の週末アキバ速報:
人気マザー「Z690 Taichi」にRazerエディションが追加
マザーボードの新製品として、「Z690 Taichi Razer Edition」が目立っていた。マシン内部までRazerカラーで染めたい人に注目されているという。(2022/4/16)

古田雄介のアキバPick UP!:
20〜30万円級水冷マザーでROGにリピーターが多い理由
第12世代Core iシリーズ向けのウルトラハイエンドのマザーボードが出そろった。それぞれ好評だが、中でもROGシリーズの人気が安定しているという。(2022/3/7)

ASRockが第12世代Coreを搭載した手のひらサイズのベアボーンを発表
台湾ASRockは、第12世代Core(Alder Lake-P)を搭載する小型ベアボーンキット「NUC 1200 BOX」シリーズを発表した。(2022/3/5)

古田雄介のアキバPick UP!:
実売19万円の水冷マザー「Z690 AQUA」が登場! そして売れる
ASRockの水冷対応Intel Z690チップセット搭載マザーボード「Z690 AQUA」が人気を集める一方で、2万円以下のIntel B660マザーも売れ行きを伸ばしている。(2022/2/21)

古田雄介のアキバPick UP!:
実売28万円のNVIDIA RTX A4500搭載カードが登場!
NVIDIAのプロ向けグラフィックスカード「NVIDIA RTX A4500」を搭載したカードが週末に売り出された。同時に「NVIDIA T1000」搭載カードも出回っている。(2022/2/14)

古田雄介のアキバPick UP!:
4万円切りモデルが抜きん出て目立った「GeForce RTX 3050」搭載グラフィックスカード
NVIDIAの新GPU「GeForce RTX 3050」を搭載したグラフィックスカードが一斉に売り出された。価格は3万円台から6万円台までと幅広い。それゆえに低価格なモデルに人気が集中した。(2022/1/31)

古田雄介の週末アキバ速報:
“不要不急”感がじわじわ高まるアキバの街
1月28日金曜日の夕方、秋葉原電気街を歩いた。先週と比べて往来に大きな変化は見られないように思えたが、PCパーツショップの多くは「先週より確実に減った」と口をそろえる。(2022/1/29)

古田雄介のアキバPick UP!:
AMDの新GPU「Radeon RX 6500 XT」がデビュー!
3万円台で買える、AMDのRadeonシリーズ「RX 6500 XT」を搭載したグラフィックスカードが各社から登場した。新製品売り場に並んだ数多くのラインアップの評判は?(2022/1/24)

古田雄介のアキバPick UP!:
第12世代Core iシリーズ追加モデル&Intel H670/B660/H610マザーが登場
2021年からヒットを続けている、第12世代Core iシリーズのラインアップが拡充された。下位チップセットを搭載したマザーも登場し、組み合わせの幅がグンと広がっている。(2022/1/11)

ASRock、第12世代Coreに対応したコンパクトベアボーンPCキット
台湾ASRockは、第12世代Coreプロセッサの搭載をサポートした小型ベアボーンPCキット「DeskMini B660」を発表した。(2022/1/11)

ASRockからCore iシリーズとRyzenシリーズに対応するコンパクトベアボーンキットが登場
ASRockは、8リットルサイズのデスクトップベアボーンキット「DeskMeet B660」および「DeskMeet X300」を発表した(2022/1/6)

古田雄介のアキバPick UP!:
じわじわと増える12GB版のGeForce RTX 2060搭載カードと年末のGPU事情
年末に向けて、GeForce RTX 2060カードの新製品が複数登場している。その一方で、ミドルレンジ上位のグラフィックスカードは品薄傾向にあり、かき入れ時に向けて多くのショップが動きを見守っている。(2021/12/27)

古田雄介のアキバPick UP!:
DDR5枯渇でも即売れの「ROG MAXIMUS Z690 EXTREME」がデビュー!
第12世代Core iシリーズ向けマザーボードにおいて、最上位クラスに属するモデルが続々とデビューした。一方で1万円を切る個性派ケースや戦略的な価格のメカニカルキーボードも登場し、売り場を盛り上げている。(2021/11/29)

サイコム、ゲーミングPC「G-Master Axilus NEO」にB550マザー搭載モデルを追加
サイコムは、同社製ゲーミングデスクトップPC「G-Master Axilus NEO」の販売ラインアップにAMD B550チップセット採用モデル「G-Master Axilus NEO B550A」を追加した。(2021/11/29)

古田雄介のアキバPick UP!:
自作PCショップのCPUシェア争い! 直近ではIntelが優勢
第12世代Core iシリーズが登場し、AMDとIntelのCPUシェア争いに変化が生じた様子だ。多くのショップが「直近はIntelが優勢です」と話していた。(2021/11/22)

古田雄介の週末アキバ速報:
入手難易度が一番高いのはCPUよりもDDR5-5200メモリ
Intelの第12世代Core iシリーズと対応パーツが一斉に販売解禁となった。詳報は週明けのアキバPickUP!でレポートするが、取り急ぎ今週末の入手性をお届けしたい。(2021/11/6)

ASRockがIntel Z690チップセット+DDR5/DDR4対応マザーボードを発表
ASRockが、Intelから発表されたばかりの第12世代Coreプロセッサ対応のマザーボードを複数投入する。販売日は今後発表の予定だ。(2021/10/28)

古田雄介の週末アキバ速報:
「初回の傾向はXTに似ていますね」――Radeon RX 6600カードが登場!
AMDの新GPU「Radeon RX 6600」を搭載したグラフィックスカードが、複数のメーカーから売り出された。金曜日夕方時点では複数の在庫を残すショップもあったが、今後に警戒する声を多く聞いた。(2021/10/16)

コンパクトでハイパフォーマンス! ASRock「DeskMini X300」で「Ryzen 5000Gシリーズ」を使ってみた
ASRockの小型ベアボーンキットである「DeskMini X300」が、UEFI(BIOS)の更新によってRyzen 5000Gシリーズに対応した。早速組み合わせて使ってみよう。(2021/9/10)

お一人様ブースデスク「オレルタ」は在宅ワーク用個人スペースとしてピッタリ? 試して分かったこと
カウネットの「オレルタ」は、木製のがっしりとした作りで価格が税込み3万2780円と手が届きやすい“お一人様ブースデスク”だ。一般家庭で導入したらどうなるのか、試してみた。(2021/9/7)

古田雄介の週末アキバ速報:
7万円のRX 6600 XTカードが売り切れ続出という現実
相変わらず品薄傾向が顕著なRadeon RX 6600 XTにショート基板の新製品が加わった。7万円超の価格は同GPUとしては高価ながら、やはり間もなく売り切れそうだ。(2021/9/4)

各社からRadeon RX 6600XT搭載グラフィックスカードが登場
AMDの「Radeon RX 6600XT」発表に合わせて、搭載したグラフィックスカードが発売される。8月12日午前11より販売を開始。(2021/8/11)

Seagate製次世代SSDを搭載した「G-GEAR Powered by FireCuda Gaming」の新モデルを発売
ヤマダ電機はキはTSUKUMO(ツクモ)ブランドで独自に展開するゲーミングPC「G-GEAR」において、Seagate FireCuda 530 SSDを搭載したゲーミングPC「Powered by FireCuda Gaming」の新モデルを発売した。(2021/8/6)

8月6日19時発売! Zen 3採用APU「Ryzen 7 5700G」「Ryzen 5 5600G」の実力を先行レビュー
AMDがZen 3アーキテクチャを採用するAPU(GPU統合型CPU)を8月6日19時に発売する。その実力はいかほどのものか、先行してレビューする。(2021/8/3)

Ryzen 5000シリーズ+Radeon RX 6700 XT! 写真で見る「G-Tune EP-A-6700XT」
マウスコンピューターの「G-Tune EP-A-6700XT」は、AMDの最新CPUとGPUをまとったゲーミングデスクトップPCだ。製品レビューの前に、写真でじっくり見ていこう。(2021/7/29)

古田雄介のアキバPick UP!:
最終回の気配で盛り上がるオーバークロック――ASRockのOCマザーに大きな反響
ASRockのオーバークロック(OC)向けマザー「Z590 OC Formula」が登場した。もともとOC向けとして定評のあるシリーズだけにすぐに売り切れとなるショップが相次いだが、理由はそれだけはないらしい。(2021/6/28)

古田雄介のアキバPick UP!:
第11世代Core i7搭載のIntel NUCが登場も供給不足を嘆く声
第11世代Core iシリーズを搭載するIntel NUCにCore i7モデルが加わった。各ショップで新製品の目玉とみなされているが、同時にもっと潤沢にものがあればいいのに、との言葉もよく聞いた。(2021/5/24)

PCがクラッシュ! 専門家お勧めの新型PCとNASで快適な環境を手に入れる【後編】
PCは突然に壊れる。それは予想もしなかったときに、切羽詰まった土壇場で発生する。そのとき、あなたはどうする? パソコン工房秋葉原BUY MORE店の協力により、仕事の環境が生まれ変わったいきさつをお話ししよう。(2021/5/7)

古田雄介のアキバPick UP!:
最強水冷やOC特化にガンダムも! ASUSTeKから個性派Z590マザーがザクザク
大型連休の直前に、ASUSTeKからROGブランドやガンダムコラボのIntel Z590チップセット搭載マザーボードが登場した。ASRockからもオーバークロック特化のRadeon RX 6900 XT搭載グラフィックスカードが登場するなど、とがったパーツ好きには見逃せない状況となっている。(2021/5/4)

古田雄介のアキバPick UP!:
TDP 35Wの低消費電力版第11世代8コア「Core i9-11900T」&「Core i7-11700T」が登場!
第11世代Core iシリーズ向けのハイエンドマザーボードが続々と登場する一方で、CPUは低消費電力版の“末尾T”モデルがバルク品として少数出回るようになった。小型PCの自作を後押ししそうだ。(2021/4/26)

ASRock、Thunderbolt 4増設用PCIe拡張カード
ASRockは、Thunderbolt 4ポートを備えたPCI Express内蔵型拡張カード「Thunderbolt 4 AIC」を発売する。(2021/4/26)

サードウェーブ、容量約1.9Lの小型筐体を採用したRyzen 3 PRO搭載デスクトップ
サードウェーブは、ASRock製ベアボーン筐体を採用した省スペースデスクトップPC「mini Regulus II AR3」の販売を開始した。(2021/4/19)

ASRock、Ryzen 4000Uシリーズを搭載した手のひら大サイズのベアボーンキット
ASRockは、モバイル向けRyzenを採用した小型ベアボーンPCキット「4X4 BOX 4000」シリーズを発表した。(2021/4/16)

TSUKUMO、ゲーミングPC「G-GEAR」に第11世代Core搭載ミドルタワーモデル2製品
Project Whiteは、同社製ゲーミングデスクトップPC「G-GEAR」シリーズから第11世代Coreプロセッサを搭載したミドルタワー型モデル計2製品を発売した。(2021/4/7)

古田雄介のアキバPick UP!:
「売れ筋は第10世代の方かも……」――第11世代Core iの評判
第11世代Core i(開発コード名:Rocket Lake-S)シリーズが売り出されて数日経ち、PCパーツショップでの売れ方が見えてきた。AMDとのシェア争いも含めた現状を追いたい。(2021/4/5)

古田雄介のアキバPick UP!:
64コア128スレッド! ワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO 3995WX」がデビュー
ワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO 3000WX」シリーズが秋葉原のPCショップで一斉に売り出された。最上位の「3995WX」は、税込みで70万円超という価格となる。(2021/3/29)

古田雄介のアキバPick UP!:
一番人気はCore-i7――第11世代Core i予約販売が始まる
第11世代Core i(開発コード名:Rocket Lake-S)の発売日が確定すると同時に、複数のショップで予約販売がスタートした。ハイエンドなIntel Z590チップセット搭載マザーボードも続々と登場し、新プラットフォームへの期待がグンと具体化している。(2021/3/22)

DRAMレスとHMB採用でコスト競争力を高めたNVMe SSD「Samsung SSD 980」を試す
SamsungのSSDに、PCI Express 3.0(NVMe)インタフェース対応のベーシックモデル「Samsung SSD 980」が追加された。DRAMレスおよびHBMの導入はどのような影響を与えるのか、細かくテストを行った。(2021/3/11)

古田雄介のアキバPick UP!:
あとはCPUだけ――第11世代Core向けマザーボードがより多彩に
ASRockからIntel H570チップセット搭載マザーボードに複数のモデルが登場し、第11世代Core iシリーズに対応するMini-ITXマザーも選べるようになっている。ショップの期待値も上がっているが、CPUの登場時期は果たして……?(2021/3/8)

古田雄介のアキバPick UP!:
IntelでPCIe 4.0 SSDが使える超小型PC――第11世代Core iを搭載したNUCがデビュー!
デスクトップ向けの第11世代Core iシリーズに対応したIntel Z590マザーボードに続き、モバイル版の第11世代Coreプロセッサを備えた超小型ベアボーンの新型Intel NUCが登場した。(2021/2/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.