「AMD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AMD」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Ryzen PRO 6000シリーズ搭載 Z世代を意識した新しい「ThinkPad Z」が日本上陸 直販価格31万1000円から
CES 2022で披露されたThinkPadの新シリーズが、ついに日本にも上陸する。AMDのRyzen PRO 6000シリーズAPUを搭載し、Z世代に意識した新要素をいくつか盛り込んでいる。(2022/6/24)

特選プレミアムコンテンツガイド
「CPU」と「GPU」は結局何が違うのか
「CPU」ではなく「GPU」を使った方がよい用途とは何か。用途に合ったGPUを選ぶためのポイントとは。NVIDIAとAMDの主要製品の違いなど、GPU選定を成功させるための勘所を整理する。(2022/6/23)

TSUKUMO、スリム/ミニタワーPC「AeroSlim」「AeroStream」にRyzen+Radeon RX 6400搭載のエントリーモデル
ヤマダデンキは、スリム/ミニタワー筐体を採用するデスクトップPC「AeroSlim」「AeroStream」のラインアップにAMD製プロセッサ採用の新モデル4製品を追加した。(2022/6/17)

プロセッサベンダーが競う次の分野【後編】
もはや限界のCPUに代わる「DPU」「スマートNIC」とは何か?
IntelやNVIDIAに続き、AMDが「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入することになった。各社の狙いはどこにあるのか。プロセッサは今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/16)

Zen 4は「AVX-512」対応 Zen 5は2024年にも登場へ――AMDがCPU/GPUの最新ロードマップを披露
AMDが投資アナリスト向けの事業説明会を開催した。その中で、CPUやGPUの最新ロードマップが披露されたので、コンシューマー(個人向け)製品に関係のある内容をピックアップして紹介しよう。(2022/6/13)

古田雄介の週末アキバ速報:
1.7万円で6コアの「Ryzen 5 4500」とシリーズ最安の「Ryzen 3 4100」が登場!
AMDから1万円台のCPU「Ryzen 5 4500」と「Ryzen 3 4100」が売り出された。円安の影響がじわじわと表に出てくる中で、どのような存在感を示すのだろうか。(2022/6/11)

AMD、Ryzen 3 4100/Ryzen 5 4500の販売を開始
日本AMDは、デスクトップ向けRyzenプロセッサの下位ラインアップ製品となる「AMD Ryzen 3 4100」「AMD Ryzen 5 4500」を発表した。(2022/6/10)

プロセッサベンダーが競う次の分野【前編】
CPU限界説を「DPU」「スマートNIC」がひっくり返す?
AMDはPensandoの買収によって「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入した。IntelやNVIDIAと競合することになる。プロセッサ分野は今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/10)

GPUの用途と主要製品の違い【後編】
NVIDIAとAMD、“人気GPU”の違いとは? 何を見て選ぶべき?
GPUの主要ベンダーであるNVIDIAとAMD。GPU市場で主流になっている両社の製品にはどのような違いがあるのか。企業が検討すべきポイントは。(2022/5/30)

COMPUTEX TAIPEI 2022:
Zen 2とRDNA 2を6nmプロセス化――AMDがモバイル向け新APU「Mendocino」を発表 搭載製品は10〜12月に登場
メインストリーム(普及価格帯)ノートPCの性能を底上げすべく、AMDが新しいAPU(GPU統合型CPU)を開発した。CPUコアは若干古い「Zen 2アーキテクチャ」ながらも、プロセスは6nmに微細化され、GPUは最新の「RDNA 2アーキテクチャ」となっていることが特徴だ。(2022/5/23)

COMPUTEX TAIPEI 2022:
デスクトップ向け「Ryzen 7000シリーズ」は2022年秋発売 新しい「Socket AM5」「AMD 600シリーズチップセット」も登場
AMDがデスクトップPC向けの「Ryzen 7000シリーズ」を2022年秋に投入する。仕様の概要や対応チップセットに関する発表も行われたので、簡単にまとめる。(2022/5/23)

96MBのL3キャッシュは効果あり? AMD 3D V-Cache搭載の「Ryzen 7 5800X3D」の実力をチェック!
AMDのデスクトップPC向けCPU「Ryzen 7 5800X3D」は、独自の「3D V-Cache Technology」を活用してL3キャッシュを従来比で64MB増量したことが特徴だ。条件によっては上位の「Ryzen 9 5900X」を上回るパフォーマンスを発揮するという同CPUの実力を、実際にテストを通してチェックしていこう。(2022/5/20)

ロボットアプリの開発期間を短縮:
AMD、ロボティクス・スターターキットを発表
AMDは、ロボティクスやFAシステムに向けたロボティクス・スターターキット「Kria KR260」を発表した。既存の適応型SOMと組み合わせて用いれば、ロボットなどの開発効率を高めることができ、機器導入までの期間を従来に比べ最大9カ月も短縮することが可能になるという。(2022/5/19)

MSI、“1080pゲーム”に好適なRyzen 7+Radeon RX 6600M搭載の15.6型ゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、モバイルRyzen 7を標準搭載した15.6型ゲーミングノートPC「Alpha 15, AMD Advantage Edition」を発売する。(2022/5/18)

組み込み開発ニュース:
AMDがROS対応のロボット開発キットでNVIDIAに対抗、開発期間を約5分の1に短縮
AMDは、SOM製品「Kria」の新たなラインアップとして、オープンソースのロボット開発フレームワーク「ROS 2」をネイティブでサポートする「Kria KR260ロボティクス・スターターキット」を発表。NVIDIAの競合ソリューションと比較して、ソフトウェア開発期間が約5分の1、消費電力1W当たりの性能が8倍以上、レイテンシが3分の1以下になるという。(2022/5/18)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(62):
AMDの最新GPU「Radeon RX 6500 XT」戦略を読み解く
2022年も新しい半導体チップが次々と発売されている。新製品ラッシュとなっているのは米AMDだ。今回はGPU「Radeon RX 6500 XT」を中心に報告する。(2022/5/12)

GeForce RTX 30シリーズに徹底対抗:
デスクトップ向け「Radeon RX 6000シリーズ」にリフレッシュモデル 日本では5月13日11時発売
AMDが、デスクトップ向けのRadeon RX 6000シリーズにリフレッシュモデルを追加した。動作クロックの向上とメモリのスピードアップによってパフォーマンスを改善したことが特徴だ。(2022/5/10)

Intelなど10社が業界団体も設立:
チップレットの普及拡大へ、「UCIe 1.0」が登場
UCIe(Universal Chiplet Interconnect Express)は、パッケージ内のチップレットの相互接続を定義するオープン規格だ。UCIe策定の参加メンバー企業は、Advanced Semiconductor Engineering(ASE)、AMD、Arm、Google Cloud、Intel、Meta、Microsoft、Qualcomm、Samsung Electronics、TSMCの10社である。【訂正あり】(2022/5/10)

Xilinx買収や旺盛な需要が後押し:
AMDの2022年売上高、前年比60%増と予測
AMDは、サーバ向けプロセッサの需要が力強く伸びていることや、FPGAメーカーXilinxを買収したことなどが後押しとなり、2022年の年間売上高が60%増加する見込みであることを明らかにした。(2022/5/9)

大型連休の自由研究:
PCの快適さは増す? スリムデスクトップPCをグラボでパワーアップしてみた(実戦編)
約5年半前に発売されたスリムデスクトップPCをグラフィックスカードでパワーアップする――その計画を実行に移す時が来た。今回はAMD製GPUを搭載するグラフィックスカードを2枚用意し、実際に組み込んでテストしてみる。(2022/5/8)

AMDがChrome OS搭載デバイス向けの「Ryzen 5000 C」シリーズを発表 最大85%のGPU性能向上を実現
5月5日(現地時間)、AMDがZen 3アーキテクチャを採用したプロセッサ「Ryzen 5000 C」シリーズを発表した。Chrome OSを搭載したデバイスを想定したもので、順次搭載モデルが発売される見込みだ。(2022/5/6)

Ryzen 7 5800X3D搭載デスクトップPCが各社から販売開始
AMD製CPUのRyzen 7 5800X3Dを採用したBTOデスクトップPCが各社から発表されている。(2022/4/22)

自在に光り輝く天板を備えたゲーミングノートPC「ROG Zephyrus G14 GA402RK」の高い質感に驚く
カスタマイズ可能な光る天板「AniMe Matrix」を備えた「ROG Zephyrus G14」シリーズの2022年モデルが登場した。発売を前に、AMDの最新CPUとGPUを備えた最上位モデルを試してみた。(2022/4/22)

GPU補助電源なしでもOK:
「Radeon RX 6400」搭載グラボが4月22日から一般販売 想定価格は約2.5万円から
AMDの最新GPU「Radeon RX 6000シリーズ」のエントリークラス製品を搭載するグラフィックスカードが、一般販売される。4月22日11時以降、主要なパートナー企業からさまざまな特徴を持つグラフィックスカードが登場する予定だ。(2022/4/21)

Microsoft Pluton対応:
モバイル向け「Ryzen PRO 6000」はどのくらい“高速”なのか? AMDが解説
モバイル(ノート)PC向け新型APU「Ryzen PRO 6000シリーズ」が改めて発表された。それに合わせて、AMDが同APUの優位性を解説する説明会を開催したので、その様子を簡単にまとめる。(2022/4/20)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 5000に3モデル追加! 一番人気は「Ryzen 7 5700X」
AMDのCPU「Ryzen 5000」シリーズに「Ryzen 7 5700X」と「Ryzen 5 5600」、「Ryzen 5 5500」が加わった。IntelのCore i5が品薄傾向にある中で、AMDは復活を遂げるか!?(2022/4/18)

3D V-CacheでL3キャッシュを3倍に 「Ryzen 7 5800X3D」は4月22日11時発売 6万5300円
AMDが「Ryzen 7 5800X3D」の国内発売日と想定販売価格を発表した。4月22日の11時から販売が解禁され、想定価格は6万5300円となっている。(2022/4/14)

3D実装技術でサーバのパフォーマンスが飛躍的に向上:
PR:AMDが“夢のある技術”を載せたサーバCPUを提供開始、企業はこれをどう使いこなせるか
AMDがサーバCPU「EPYC(エピック)」シリーズで、開発コードネーム「Milan-X」と呼んでいた新たな製品の出荷を開始した。これまで先駆的な取り組みを続けてきたAMDは、今回も最先端の「夢のある技術」をEPYCシリーズで投入したという。Milan-XはどのようなCPUなのか。(2022/4/15)

TSUKUMO、Ryzen 7 5700Gを搭載したスリムデスクトップPCを販売開始
ヤマダデンキは、スリム筐体採用デスクトップPC「TSUKUMO PC SLIM」のラインアップにAMDプロセッサ採用の新モデルを追加した。(2022/4/7)

AMD、Ryzen 7 5700Xなど5製品の国内販売情報をアナウンス
AMDは、エントリー/ミドルレンジ向けデスクトップRyzenプロセッサ5製品についての発売情報を告知した。(2022/4/5)

AMDが「Instinct MI210」を発売 PCI Express接続で使いやすく
米AMDが、AI/HPC向けGPUアクセラレーターの新製品「AMD Instinct MI210」の販売を始めた。(2022/3/24)

頭脳放談:
第262回 パッケージの中で複数のチップを接続する新標準規格「UCIe」はSoCを変える?
IntelやAMDなどが、パッケージ内で複数のチップを接続するための標準規格「UCIe」を策定するという。異なるプロセスや製造元で製造されたダイを組み合わせてシステムが作れるようになる。今後、10年のパッケージ内のインターコネクトとなりそうだ。(2022/3/18)

「AMD Software Adrenalin Edition」登場 全てのゲームに超解像の恩恵を与える新機能を搭載
AMDが、Radeon GPUやRyzen APU向けの新ソフトウェア「AMD Software Adrenalin Edition」の提供を開始した。ゲームを問わず超解像表示を実現する「Radeon Super Resolution」を実装した他、細かな機能改善が施されている。(2022/3/17)

デスクトップ向けRyzenに追加モデル 3D V-Cache適用の「Ryzen 7 5800X3D」は449ドルで4月20日発売
AMDが、デスクトップ向けRyzenプロセッサの追加ラインアップを発表した。3D V-Cacheの搭載でパフォーマンスを改善した「Ryzen 7 5800X3D」は、世界の広範囲で4月20日発売に発売される。他の新モデルは4月4日に登場する。【追記】(2022/3/15)

レンダリング時間が20分の1以下に:
PR:AMDハイエンドCPU搭載ワークステーションの建設用途での「点群」データ活用術
建設業界では近年、「点群」データの活用に期待が寄せられている。データをメッシュ化し利用する場合が多いが、即時的な確認が必要な場合もある。ただし、膨大なデータを扱うため、レンダリングに長時間を要してしまうことがネックだった。(2022/3/16)

AMD、Mac Pro向けに新GPU「Radeon PRO W6600X」の提供を開始
AMDは、Mac Pro向けGPUとして「Radeon PRO W6600X」の提供を開始したと発表した。(2022/3/10)

ワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO 5000」が登場 Zen 3アーキテクチャを採用
AMDのワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO」が、Zen 3アーキテクチャベースに移行する。最大で64コア128スレッド構成を用意しており、Lenovoの「ThinkStation P620」を皮切りに搭載製品が順次登場する見通しだ。(2022/3/8)

Intelなど半導体大手、Google、Meta、Microsoftがチップレット推進で新標準「UCIe」のコンソーシアム結成
半導体大手や関連企業がチップレットエコシステム確立のための新標準「UCIe」立ち上げを発表した。参加するのはAdvanced Semiconductor Engineering(ASE)、AMD、Arm、Google Cloud、Intel、Meta、Microsoft、Qualcomm、Samsung、TSMC。(2022/3/3)

デル、狭額縁デザインの23.8型液晶一体型デスクトップPC モバイルRyzenを採用
デル・テクノロジーズは、23.8型フルHD液晶ディスプレイを内蔵する一体型デスクトップPC「Inspiron 24 AMDフレームレスデスクトップ」の販売を開始した。(2022/3/2)

AMDによる買収が完了:
XilinxはロボットとFAに注力、TSNと5Gの接続技術も
2022年2月14日(米国時間)、AMDがXilinxの買収を完了した。XilinxはAMDの「Adaptive Embedded Computing Group(AECG)」となり、FPGAなどのプログラマブルデバイスを引き続き手掛ける。XilinxのCEOであったVictor Peng氏は、AECGのプレジデントとなる。(2022/3/1)

日本HPが第12世代Core搭載の最新ケーミングデスクトップPCを発表 2月24日から順次発売
日本HPが「OMEN(オーメン)」「Victus(ヴィクタス)」ブランドのゲーミングデスクトップPCの新モデルを投入する。Intel CPUを搭載するモデルは最新の第12世代Coreプロセッサを採用した処理能力重視の構成で、AMDのCPU/APUを搭載する構成はコストパフォーマンス重視の構成となっている。(2022/2/24)

組み込み開発ニュース:
AMDの組み込み部門となったザイリンクス、工場の無線化で5GとTSNをつなぐ
ザイリンクスが産業機器向けを中心とした同社の事業展開について説明。2021年4月に発表したAIカメラ向けSOM製品「Kria」が高い評価を得ており、新パッケージの採用で大幅な小型化を果たした「UltraScale+」製品群の展開も好調だ。ローカル5Gなどの活用で進みつつある工場の無線化に向けて、5GとTSNをつなぐIPの開発も進めているという。(2022/2/21)

“6nmプロセス化”だけではない! AMDがモバイル向け「Ryzen 6000シリーズ」の進化を力説
AMDが、CES 2022で披露したモバイル向けRyzen 6000シリーズプロセッサの詳細を解説するイベントを2度に渡って開催した。競合のIntelが製品の競争力の面で復活しつつある中、弱点を徹底的につぶした上で強みをより強化することで再び優位性をアピールできるAPU(GPU統合型CPU)に仕上がった。【訂正】(2022/2/18)

デル、15.6型ノート「Inspiron 15 3000」にCeleron/モバイルRyzen搭載の新モデルを追加
デル・テクノロジーズは、個人向け15.6型ノートPC「Inspiron 15 3000」シリーズのラインアップにCeleron搭載モデルおよびAMDプロセッサ搭載モデルを追加した。(2022/2/16)

AMD、競合Xilinxの約500億ドルの買収を完了
AMDは2020年に発表した競合するXilinxの買収を完了したと発表した。株式交換による買収で総額は当初の発表より150億ドル近く上がり約500億ドル。同社はリサ・スーCEOの取締役会長就任も発表した。(2022/2/15)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
停滞するIntel、差を縮めるAMD
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2022年1月末〜2月1日に行われたIntelとAMDの決算発表から、両社の動きを読み解いてみる。(2022/2/14)

Xilinx買収は22年第1四半期完了見込み:
AMD、2021年第4四半期は過去最高の業績を記録
サプライチェーンの混乱が続いているにもかかわらず、AMDを含む多くのテクノロジー企業は健全な四半期決算を報告している。AMDは2022年2月1日(米国時間)、2021年第4四半期の売上高が前年同期比49%増となる48億米ドルだったと発表し、アナリストが予想した45億3000万米ドルを上回る結果となった。売上総利益率は、前年同期比で5%以上の増加となる50%で、前年に引き続き過去最高を記録した。(2022/2/9)

「HPCで業界をリード」:
AMDによるXilinx買収で、Intelとの競争が激化
AMDが約350億米ドルでXilinxを買収することで、CPUシェア第2位のAMDとIntelとの競争が激化するとが予想される。(2022/2/8)

TSUKUMO、Radeon PRO搭載クリエイター向けPCのカスタマイズオプションを拡充
ヤマダデンキは、TSUKUMOブランド製クリエイター向けデスクトップPC“AMD Radeon PRO搭載モデル”のカスタマイズオプションを拡充した。(2022/2/7)

サードウェーブ、ゲーミングPC「GALLERIA」に Radeon RX 6500 XT搭載のエントリーモデル
サードウェーブは、AMD製エントリーGPUとなるRadeon RX 6500 XT搭載グラフィックスカードを採用したゲーミングデスクトップPC計2製品を発売した。(2022/2/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.