• 関連の記事

「静電方式」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「静電方式」に関する情報が集まったページです。

日本ケミコン:
CUへの対応力を高めたチップ形導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサー
日本ケミコンは、チップ形導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサー「HXK」シリーズに2サイズを追加した。高い信頼性を維持しつつ、従来品以上の高容量、高リプル電流化を達成している。(2024/6/10)

AmazonスマイルSALE:
コンパクトな「Happy Hacking Keyboard(HHKB)」が2000円引き! 「押し活キャンペーン」にも応募可能!
Amazon.co.jpで始まった「AmazonスマイルSALE」では、PFUのコンパクトなキーボード「Happy Hacking Keybord(HHKB)」が通常価格から2000円引きで購入できる。入力のしやすさで定評のあるHHKBを、お得に手に入れるチャンスだ。(2024/5/31)

日本ケミコン PXYシリーズ:
導電性高分子アルミ固体電解コンデンサー はんだリフロー後の漏れ電流値を規定
日本ケミコンは、チップ形導電性高分子アルミ固体電解コンデンサー「PXY」シリーズを発表した。実装時の熱ストレスにより漏れ電流が上昇するバラツキを抑え、はんだリフロー後の漏れ電流について初期規格値以下を保証している。(2024/5/29)

福田昭のデバイス通信(460) 2022年度版実装技術ロードマップ(84):
半導体の前工程プロセスで製造する「シリコンキャパシタ」
「4.2 基板内蔵部品」のうち、「4.2.2 シリコンキャパシタ」の概要を紹介する。(2024/5/28)

福田昭のデバイス通信(459) 2022年度版実装技術ロードマップ(83):
電子部品を基板に内蔵させて実装面積を減らす
今回からは「4.2 基板内蔵部品」の概要を解説する。(2024/5/24)

次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す
エレコムから、磁気式アナログ検出スイッチを採用したゲーミングキーボード「VK720A」が発売される。ユニークな新モデルを普段使いの視点で試してみた。(2024/5/24)

研究開発の最前線:
ナノスケールで強誘電体における分極反転挙動の観察手法を開発
東北大学と東京工業大学は、新しい顕微鏡手法「局所C-Vマッピング法」を開発した。ナノスケールの空間分解能で、強誘電体における分極反転電圧の面内のばらつきを観察できる。(2024/5/22)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(23):
RC回路を使って最も簡単にFPGAにセンサーを接続する方法
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。今回は、RC回路を用いることで、FPGAに簡単にセンサーを接続する方法を紹介する。(2024/5/14)

AV一体型カーナビ「彩速ナビ」に新製品 HDパネル搭載、AV画面の特大表示も JVCケンウッドより
JVCケンウッドは、5月中旬にカーナビ「彩速ナビ」から「TYPE S」シリーズの2024年モデルを順次発売。HD(1280×720)映像を上下左右170度の視野角で体感できるHDパネルを搭載し、スマートフォンとでデータの連携も可能だ。(2024/5/10)

従来法に比べ観察時間も大幅短縮:
強誘電体の分極反転挙動をナノスケールで観測
東北大学と東京工業大学の研究グループは、強誘電体の分極反転挙動をナノスケールの空間分解能で、かつ短時間に観測できる顕微鏡手法を開発した。材料特性の改善や新たなデバイスの開発につながるとみられる。(2024/5/7)

FPGAの過酷な電源仕様に応える:
PR:「実装するだけ」でパワーオフシーケンスを実現! 電源管理を備えたインダクタ内蔵DC/DCモジュール
MPSは、降圧DC/DCコンバータICとインダクタを1パッケージに集積して電源管理機能を搭載した「マルチチャネルPMIC電源モジュール(インダクタ内蔵DC/DCコンバータモジュール)」の拡充に力を入れている。主に電源仕様の要求が厳しいFPGA向けの製品で、最小構成では同モジュール1個とコンデンサ5個で電源回路が実現する。パワーオン(起動)やパワーオフ(停止)のシーケンスを簡単に組めることも特徴だ。(2024/5/7)

工作機械:
DMG森精機が新たなHMIを開発、高い操作性とDXで製造現場の生産性向上
DMG森精機は同社の伊賀事業所(三重県伊賀市)を報道陣に公開し、直近の工程集約への取り組みや最新製品について紹介した。その中から、DMG森精機が新たなHMI(ヒューマンマシンインタフェース)として発表した「ERGOline X with CELOS X」について取り上げる。(2024/5/1)

東プレ、高級キーボード「REALFORCE」シリーズの一部を値上げ 5月15日から
東プレは23日、REALFORCEブランドのキーボードを一部値上げすると発表した。新価格は5月15日から適用する。(2024/4/23)

福田昭のデバイス通信(455) 2022年度版実装技術ロードマップ(79):
コンデンサの振動対策とクラック対策
今回は「4.1.3.3 信頼性」の概要を説明する。その中から、「振動対策」と「クラック対策」を取り上げる。(2024/4/19)

AmazonスマイルSALE:
東プレREALFORCEキーボードが10%オフ! ゲーミングキーボードも対象に
アマゾンジャパンが4月19日から予定している「AmazonスマイルSALE」では、すでに先行セールがスタートしている。高級キーボードブランド「REALFORCE」シリーズなどを東プレも10%オフで出品している。最大割引額は3498円。気になる人は早目のチェックをお勧めする。(2024/4/18)

「小さくても大電力が欲しい」に応える:
PR:絶縁バイアス電源を9割小型化! 高い電力密度を実現する最新パワーマネジメント製品
太陽光発電システムやデータセンター、EV(電気自動車)など、さまざまなアプリケーションの電源ユニットにおいてより高い電力密度の要求が高まっている。Texas Instruments(TI)が発表した100V GaN統合型パワーステージとトランス内蔵の1.5W絶縁型DC/DCモジュールは、このニーズに応える製品だ。100V GaN統合型パワーステージはシリコンを採用する場合に対してボードサイズを40%削減できる。トランス内蔵の1.5W絶縁型DC/DCモジュールでは外付けの大型トランスが不要なのでソリューションサイズを最大で約80%削減可能だ。(2024/4/8)

独自の半導体加工技術が生む強み:
「30年に3000億円規模」のシリコンキャパシター市場、後発ロームが見いだす勝機とは
ロームは2023年9月、独自技術を採用したシリコンキャパシターを発表し、同市場に参入した。後発として市場に挑むロームに戦略を聞いた。(2024/3/29)

実装面積の削減に貢献:
「業界最大」静電容量を2倍にした車載48V電源ライン向けMLCC、TDK
TDKは、車載向け積層セラミックコンデンサー(MLCC)「CGAシリーズ」の定格電圧100V品の新製品として、2012サイズで静電容量2.2μF、3216サイズで静電容量4.7μFの製品の量産を開始した。48V電源ラインでのコンデンサーの小型/大容量化の要求に応えるもの。(2024/3/28)

Innovative Tech:
「耳ぴく」で操作できるメガネ機器 “ダブルぴくぴく”や“3秒ロングぴく”などで入力 神戸高専が開発
神戸市立工業高等専門学校の髙田研究室に所属する研究者らは、耳を動かす“耳ぴく”を操作入力に活用する眼鏡型デバイスを提案した研究報告である(2024/3/27)

Amazon新生活SALE FINAL:
東プレREALFORCEキーボードがセールに勢ぞろい! 最大3498円お得に買える
アマゾンジャパンが3月29日に開始する「Amazon新生活SALE FINAL」の先行セールに東プレも参戦している。出品しているのはREALFORCEキーボード全機種とマウス、そしてカラーキーキャップの全種類。最大3498円お得に買える今がチャンスだ。(2024/3/25)

デル、「新生活応援セール」と「年度末決算セール」を同時開催――最大31%オフのモニターも
デル・テクノロジーズが個人向け「新生活応援セール」と法人向け「年度末決算セール」をスタートした。セール対象製品はノートPC、デスクトップPC、ゲーミングPC、ディスプレイなど多岐に渡る。最大割引率は31%だ。(2024/3/22)

福田昭のデバイス通信(450) 2022年度版実装技術ロードマップ(74):
表面実装型電子部品(SMD部品)の開発動向(後編)
後編となる今回は、「セラミックコンデンサの高容量化・低ESR化、薄型化」や「チップ抵抗器の高電力化」について解説する。(2024/3/22)

さらなる小型化や静電容量差の抑制を実現:
ADAS/自動運転用途に向けた特性を追求、TDKが開発した新たなLIN/CAN向けチップバリスタ
TDKは、車載向けチップバリスタ「AVRHシリーズ」のラインアップを拡充し、車載通信規格であるLIN(Local Interconnect Network)およびCAN(Controller Area Network)向け製品の量産を開始する。ADAS(先進運転システム)や自動運転用の車載機器に向け、小型化、低静電容量および狭公差化などを追求した。(2024/3/19)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(29):
初号機誕生から約30年 「自作キーボード界の黒船」HHKB Studioはなぜ生まれたか
高級キーボードの草分け的存在ともいわれるPFUの「Happy Hacking Keyboard」。その最新作が2023年10月に発売された、「HHKB Studio」だ。誕生の背景にある、積み重ねられたHHKBの歴史と、HHKB Studioに詰め込まれた設計思想などを伺った。(2024/3/18)

組み込み開発ニュース:
日本TIが電力変換デバイスの新製品、GaNパワーステージと絶縁型DC-DCモジュール
日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は、電力変換デバイスの新製品である100VGaN(窒化ガリウム)パワーステージと1.5W絶縁型DC-DCモジュールについて説明した。(2024/3/11)

従来比で実装面積を35%小型化:
0402Mサイズで100V対応、低損失の積層セラコン
村田製作所は、定格電圧100Vの0402Mサイズの低損失積層セラミックコンデンサー「GJM022(5G、5C)2A(R20-220)」を開発した。無線通信モジュール向けの製品で、部品搭載スペースの縮小が求められる用途に適している。(2024/3/5)

チケット1000枚完売の自作キーボード即売会「キーケット」写真&動画レポート “幻のキーボード”再現も
日本初の自作キーボード即売会「キーボードマーケット トーキョー」が、3月2日に開催された。事前販売の入場チケット(1000円)は予定数の1000枚が完売する人気ぶり。果たして会場の様子は? 現地を取材した。(2024/3/3)

Amazon新生活SALE:
漆黒がイカす! 「HHKB Professional」墨モデルが全品お得!
3月1日にスタートしたAmazon新生活SALEでは、PFUも参戦している。今回のセール対象品は「Happy Hacking Keyboard(HHKB)Professional」の墨モデル全機種。「自分の城」を持つのなら、この機会にキーボードも新しくしたい。(2024/3/2)

Amazon新生活SALE:
新生活を新しい高級キーボードで! 東プレ「REALFORCE」シリーズが10%オフ
Amazon新生活SALEが3月1日にスタートした。東プレは「REALFORCEキーボード」の現行全モデルに加え、「RM1マウス」をセールに出品している。割引率は10%(額換算で最大3498円引き)で、キーボードで使えるカラーキャップも15%オフで販売中だ。(2024/3/1)

ビシェイ VEMD2704:
可視光感度が向上した、高速シリコンPINフォトダイオード
ビシェイ・インターテクノロジーは、可視光の感度が向上した、高速シリコンPINフォトダイオード「VEMD2704」を発表した。350〜1100nmのスペクトル範囲により、可視光や近赤外放射線を検出できる。(2024/2/21)

デル、テレワークやハイブリッドワークに最適なヘッドセットやマウスを発売 周辺機器の利用状況の調査結果も公表
デル・テクノロジーズは、テレワークやハイブリッドワークに最適なヘッドセットやマウスおよびなどの周辺機器を発売した。【更新】(2024/2/7)

Amazon特選タイムセール祭り:
REALFORCEキーボード52機種が安い! REALFORCE RM1マウスとカラーキーキャップもお手頃!
開催中のAmazon特選タイムセール祭りに、キーボードの最高峰ともいわれる東プレが参加し、REALFORCEブランドのキーボードやマウスが最大2534円引きの特価となっている。REALFORCEキーボード向けのカラーキーキャップもセール中でおトクだ。(2024/2/2)

スマートメンテナンス:
コンクリ型枠内部の温度や圧力を“残置物無し”で自動計測、Wi-Fiで遠隔地でもモニタリング
Momoは、コンクリート型枠内部の温度や圧力の自動計測する「PコンPalette」を発売した。IoTセンサーとビーコンを内蔵し、コンクリート型枠内のセンシングでも残置物ゼロで、温度や締め固め圧力のデータを計測し、Wi-Fiを介して送信する。(2024/2/1)

古田雄介の週末アキバ速報:
CPUとセットで200万円! 「Ryzen Threadripper PRO 7000WX」に対応するAMD WRX90マザーが登場
最大96コア192スレッドのワークステーション向けCPU「Ryzen Threadripper PRO 7000WX」のフル性能が発揮できるAMD WRX90マザーが初めて売り場に並んだ。(2024/1/27)

PR:従業員にもサイフにも優しい これからのビジネスに必要なオフィス機器とは? 有識者に聞く
(2024/1/22)

東プレ、「初音ミク」コラボデザインのREALFORCEキーボードを発売
東プレは、「初音ミク」とのコラボレーションモデルとなるキーボード「REALFORCE × 初音ミク GX1 Keyboard」を発表した。(2024/1/19)

Amazon初売りセール:
ホワイトな気持ちで迎える新年! PFUの雪モデルを含む白い「HHKB」をお得にゲット
2024年のAmazon初売りセールがスタートした。快適なタイピングで定評のあるPFUの「HHKB」がセールに出品されている。対象モデルはType-SとHYBRID、Classicで、白モデルのほか雪モデルも対象だ。全て2000円オフで購入できる。(2024/1/3)

ハロー、自作キーボードワールド 第13回:
もはや「◯軸」呼びは古すぎる “最高のメカニカルキーボード”に不可欠なキースイッチ最新事情と選び方
HHKB Studioでも話題になった「メカニカルキースイッチ」。赤軸や青軸といった呼び方がかつては主流でしたが現在では? いまトレンドのキースイッチがどんな観点で評価されているのか、自作キーボード開発者のびあっこさんが解説。(2023/12/29)

アルプスアルパイン HSLCMB:
32ビットRISC CPU搭載の静電容量式センサーIC
アルプスアルパインは、静電容量式センサーIC「HSLCMB」シリーズの販売を開始した。同社従来品と比較してSN比が大きく、ノイズ耐性や感度に優れる。車載タッチパネル、タッチレス操作などの用途に適する。(2023/12/26)

Amazonホリデーセール:
REALFORCE祭り! 東プレがREALFORCEキーボードとマウス全モデルを最大3498円オフで出品中
Amazonホリデーセールに、REALFORCEブランドでキーボードやマウスを展開している東プレが出品している。対象製品はキーボードとマウス、およびカラーキーキャップ全種類だ。最大3498円もお得に買える。(2023/12/16)

Amazonホリデーセール:
在庫限りの「REALFORCE for Mac PFU Limited Edition」がなんと半額で買える!
Amazon.co.jpで12月18日まで開催されている「Amazonホリデーセール」におい、PFUは「REALFORCE for Mac『PFU Limited Edition』」を通常価格の半額で出品している。これが最後の購入チャンスになると思われるので、Macユーザーは早めにチェックしておこう。(2023/12/16)

パワー半導体だけじゃない:
センサー製品群「XENSIV」を次なる中核事業へ、インフィニオン
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは2023年11月30日、センサーブランド「XENSIV(センシブ)」の拡販に向けた戦略説明会を実施した。注力する4つのセンサー市場の今後5年間における平均CAGR17.1%を上回る成長を実現し、センサー事業の中核事業化を目指す。(2023/12/14)

タフネススマホ「TORQUE G06」は何が進化したのか その中身と「耐海水」の秘密を聞く
京セラの「TORQUE G06」は、タフネススマートフォンとして現在も現役でありつづけるTORQUEシリーズの最新モデルだ。先代の「TORQUE 5G」からボディーが小型軽量となっただけでなく、カメラ機能も進化した。これら進化した点の詳細と、タフネスデバイスでは非常にまれな「耐海水」を掲げる理由を京セラに聞いた。(2023/12/12)

多機能さに驚き! タッチ対応で便利に使えるデルの23.8型ディスプレイ「P2424HT」を試す
デル・テクノロジーズの「Dell 24 マルチタッチ USB-C モニター P2424HT」は、最大10点マルチタッチ操作に対応する23.8型ディスプレイだ。その名の通りUSB Type-CケーブルによるPCとの1本接続にも対応しており、Mac(macOS)もサポートしている。その使い勝手を試してみよう。(2023/12/4)

アイ・オー、10点マルチタッチ操作に対応した21.5型フルHD液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、10点マルチタッチ操作に対応した21.5型フルHD液晶ディスプレイ「LCD-MF224FDB-T2」を発表した。(2023/12/1)

組み込み開発ニュース:
インフィニオンがセンサー製品群「XENSIV」をアピール、開発検討中の製品も披露
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンがセンサーブランド「XENSIV」製品群の事業展開について説明。注力4市場の今後5年間の年平均成長率見込みである17.1%を大きく上回る売上高の拡大を目指していく方針である。(2023/12/1)

Amazonブラックフライデー:
東プレの高級キーボード「REALFORCE」シリーズが最大3498円引き! カラーキャップは全種類が15%オフ
年に一度のビッグセール「Amazonブラックフライデー」で、東プレがREALFORCEキーボードの全機種と、カラーキャップ全種類をセール出品している。キーボードは10%引き、カラーキャップは15%引きの大盤振る舞いとなっている。(2023/11/24)

ニチコン UTHシリーズ:
105℃で5000時間保証、リード線形アルミニウム電解コンデンサー
ニチコンは、リード線形アルミニウム電解コンデンサー「UTH」シリーズを市場投入する。105℃5000時間保証で、同社従来品と比べて小型化した。2023年11月に量産出荷を開始する。(2023/11/24)

ビシェイ STH:
軍用Hレベルの衝撃/振動性能を備えた湿式タンタルコンデンサー
ビシェイ・インターテクノロジーは、ガラスメタル封印のハーメチックシール湿式タンタルコンデンサー「STH」シリーズを発表した。軍用Hレベルの衝撃、振動性能を備えながら、低コスト品の代替として利用できる。(2023/11/14)

「HHKB Studio」でPFUが狙う新しいユーザー層とは? あとポッチを赤くしてみた
正直、「HHKB Studio」はもっと賛否両論あるのではないかと思っていました。なにしろ、キースイッチの変更があり、これまでにない大きな要素が2つも追加されたからです。(2023/11/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.