• 関連の記事

「カーネギーメロン大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カーネギーメロン大学」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「AIスーツケース」、大阪・関西万博で実証実験へ 会場内で複数台を運用
視覚障がい者向けのナビゲーションロボット「AIスーツケース」の実証実験が大阪・関西万博で行われる。(2024/5/29)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
働き方大改革でコロナ禍を乗り越え、社内の空気が一変し多くの社員がDX推進にかかわるように――キッツ CIO・IT統括センター長 石島貴司氏
就職するまでコンピュータにまったく興味がなく、触ったこともなかったIT担当執行役員は、なぜキッツのDXを実現させることができたのか。従来から大事にしてきたのは、何事も試してみる精神だった。(2024/5/22)

OpenAIでアルトマンCEO解任騒動の首謀者の1人で共同創業者のサツケバー氏が退社へ
OpenAIでの昨年11月のCEO解任騒動の首謀者とみられる共同創業者でチーフサイエンティストのイリヤ・サツケバー氏が退社する。「個人的に意味のあるプロジェクトを始める」としている。(2024/5/15)

CIO Dive:
EUのAI法が施行されるとどうなる? GDPR対応を振り返って考える
EUでAIの規制を定めたAI法が可決された。EU市場でAIを活用する組織を対象としており、今後国際基準にもなると見込まれる。AI法の執行が与える影響はどんなものか。GDPR施行時の世界的な動きを振り返って考察する。(2024/5/15)

GoFetch攻撃の手口と対策【前編】
Macから秘密鍵が盗まれる「Appleシリコン」の脆弱性とは
Mac用のSoC「M」シリーズの脆弱性を悪用して秘密鍵を取得する「GoFetch」という攻撃の手法を、米国の学術研究グループが発見した。どのような脆弱性なのか。(2024/5/10)

脱炭素:
アップルが温室効果ガス排出量を2015年比で55%以上削減、コバルトの再利用なども
アップルは、2024年の事業に関係して排出する温室効果ガスの排出量を2015年比で55%以上削減したことを発表した。(2024/4/22)

OpenAIとGoogleの生成AIを比較【第3回】
「ChatGPT」「Gemini」の比較ならスペック以上に面白い“個性と違い”はこれだ
代表的な生成AIサービスの「ChatGPT」と「Gemini」には、それぞれどのような強みと弱みがあるのか。専門家によるレビューや比較検証の結果を基に、“スペックの比較表”だけでは分からない特徴を解説する。(2024/4/22)

Web3が再注目される予感【中編】
Web3の謎「ビットコインマイニングになぜあれほどの電力が必要なのか」
次世代インターネットとして注目を集める「Web3」には、電力消費に関する問題が付いて回る。Web3のどのような仕組みが関わっているのか。ビットコインのマイニングを例にして解説する。(2024/4/17)

Microsoft、4400億円投資 日本のAI基盤と人材育成、セキュリティに 全文訳
Microsoftが日本のITインフラ強化やAI人材育成、情報セキュリティ対策のために今後2年で29億ドルを投資すると発表した。(2024/4/11)

PR:瀬尾CTOが語る、ZOZOの「今」 プロダクト、ユーザー、仲間を“愛”する開発組織のつくり方
(2024/3/29)

人工知能ニュース:
2次元画像から建物や人を動的かつ高精度に3次元化する技術を開発
富士通は、カーネギーメロン大学との共同研究で、1台の単眼カメラから得られる2次元画像を3次元化する技術を開発した。建物で隠れた部分などを推定して、監視カメラでは捉えられない事故の原因などを可視化できる。(2024/3/21)

セキュリティニュースアラート:
GoogleがAI Cyber Defense Initiativeを立ち上げ OSSの防御ツールも公開
Googleは「AI Cyber Defense Initiative」の立ち上げを発表した。同社はこの取り組みをサイバーセキュリティのバランスを攻撃側から防御側へと傾ける大きなチャンスに位置付けている。(2024/2/20)

AIの包括的理解や交渉術が必要に:
2024年、CISOに必要なスキルトップ10を発表 カーネギーメロン大学
急速な技術革新とAIの登場によって、CISOの役割は重要さを増している。ビジネスを守りつつ成長に導くために求められるCISOのスキルは幅広い。(2024/2/14)

アラブ首長国連邦の新しい「成長の原動力」【後編】
世界の注目株“人工知能大学” 初代学長「エリック・シン」とは何者か
エネルギー産業を主軸とする経済体制から脱却するために、アラブ首長国連邦はAI活用に力を入れている。この国家戦略を支えているのが、急成長の大学「MBZUAI」だ。初代学長エリック・シン氏は、どのような人物なのか。(2024/2/14)

アラブ首長国連邦の新しい「成長の原動力」【前編】
創立4年目で存在感 “人工知能大学”とはどんな大学なのか
アラブ首長国連邦はAI技術の活用を国家戦略に据え、新興大学の発展に力を入れている。同大学は国内の人材育成、シンクタンクとしての役割を担い、存在感を見せ始めている。どのような大学なのか。(2024/2/7)

CIO Dive:
「AIブーム」で求められるスキルはどう変わる? 経営陣と技術リーダーを対象にした調査で判明
AIの利用が拡大する中でビジネスパーソンに求められるスキルセットはどう変わるのか。調査の結果から経営陣の期待と技術リーダーの懸念が浮かび上がった。(2024/1/26)

ドローン:
大林組とトップライズが世界初、トンネル坑内の動的障害物を回避する自律飛行ドローンを実証
大林組とトップライズは、カーネギーメロン大学 嶋田憲司氏の協力を得て、トンネル坑内の非GNSS環境下で3D地図をリアルタイムに自動生成して、作業者や重機を回避しながら、掘削形状を計測するドローンを開発した。(2023/11/16)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
ミッションは日立造船の次の100年を支えるデジタル化を進めること――日立造船 常務執行役員 橋爪宗信氏
先端テクノロジーを活用することで、グループ全体の事業に関する製品や生産技術の高度化、新事業/新製品開発のスピードアップを目指す日立造船。ICTの活用で、さらなる付加価値化を図る取り組みとは。(2023/10/31)

次のイグ・ノーベル賞候補? 世界の“ユニーク”な研究たち 「虫が口を這う感覚再現VR」「下痢判定AI」など
2023年のイグ・ノーベル賞が発表されたということで、次のイグ・ノーベル賞候補……かもしれない“ユニークな研究記事”を5つ紹介。「虫が口を這う感覚再現VR」「下痢判定AI」「ゲップ音を流す袋止めクリップ」など個性豊かな研究を取り上げる。(2023/9/15)

Innovative Tech:
Apple、UI学習向けクローラーを開発 新しいスマホアプリを自動インストール、“使われ方”を自己学習
米カーネギーメロン大学や米Appleなどに所属する研究者らは、アプリストアから新しいアプリを自動でインストールし、アプリ内操作を自動で行いデータを収集するとともに、モデルを継続的に自己学習させるUI学習向けクローラーを提案した研究報告を発表した。(2023/9/12)

Innovative Tech:
好みのチャットbotを短い文章で作れるツール「Prompt2Model」 米カーネギーメロン大などが開発
米カーネギーメロン大学や中国の清華大学に所属する研究者らは、短い文章(プロンプト)だけから、自然言語処理(NLP)モデルを自動で作り出すフレームワークを提案した研究報告を発表した。(2023/9/12)

業務の優先順位や製品と組織の方向性を定める:
ソフトウェア製品開発におけるプロダクトマネジメントの役割とは
カーネギーメロン大学は、公式ブログでプロダクトマネジャーがソフトウェア製品開発において担うべきプロダクトマネジメントの役割について解説した。(2023/9/7)

組み込み開発 インタビュー:
米国本社CTOから日本法人社長へ、ADIの中村勝史氏が見据える「4つ目の変化」とは
アナログIC大手のアナログ・デバイセズ(ADI)は、コロナ禍によって半導体サプライチェーンに大きな変動が起こる中、どのような方向性で事業を進めようとしているのだろうか。同社日本法人 代表取締役社長の中村勝史氏に話を聞いた。(2023/9/5)

海外医療技術トレンド(98):
米国でヘルスケアデータを扱う非医療機器の規制がさらに強化される理由
本連載第8回で取り上げた米国の「非医療機器(Non-SaMD)」を取り巻くプライバシーやサイバーセキュリティの規制が大きく変わりつつある。(2023/8/18)

Innovative Tech:
ChatGPTの“脱獄プロンプト”登場 文末に書くだけで「爆弾の作り方」「IDの盗み方」に回答
米カーネギーメロン大学などに所属する研究者らは、大規模言語モデル(LLM)が有害なコンテンツを生成しない仕組みを無効にする手法を提案した研究報告を発表した。(2023/8/10)

リアルタイムOS列伝(37):
今は亡きセンサーネットワーク向けRTOS「Nano-RK」はカーネルを持たない
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第37回は、現在は入手がほぼ不可能になってしまった「Nano-RK」を取り上げる。(2023/8/1)

米連邦政府、スマート端末向け「サイバーセキュリティラベル」プログラムを発表 2024年末実用化目指す
米連邦政府は、安全でサイバー攻撃に強いスマートデバイスをラベルで示す「サイバーセキュリティラベル」プログラムの立ち上げを発表した。AmazonやGoogleが参加を表明しており、2024年末までには実用化される見込み。(2023/7/19)

メジャーリーグ、新人発掘にUplift LabsのAI採用 2台のiPhoneで撮影したデータを解析
MLB(メジャーリーグ)は新人発掘にUplift LabsのAIツールを採用する。Uplift Captureは、2台のiPhoneで撮影した選手の動画をAIで解析するツール。Upliftは元Tesla Japanの社長、樺山資正氏が共同創業した。(2023/6/29)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
経営戦略とIT戦略はビジネスをドライブする両輪であり車軸となるのがDX戦略――モリタ 取締役 岡本智浩氏
独創的な商品開発を、国内のみならず海外へも輸出することでグローバルに事業を展開。歯科医療の現場に高品質な商品・サービスを提供するモリタ。革新を生み出し、持続的な成長を実現するために積極的に取り組む同社のDX戦略とは。(2023/6/20)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
「未来はどうなっていると思う?」 考えるコツ、あります コニカミノルタとSF作家に学ぶ方法論
50年後の未来はどうなっていると思いますか?――こう聞かれてどう答えますか。簡単には見つけづらい未来の価値を考える思考法があります。その一つがSFの物語を活用する「SFプロトタイピング」。どのようなものなのか作家とコニカミノルタのキーパーソンに聞きました。(2023/6/16)

メカ設計ニュース:
「時間」を創出できる機械部品調達サービス「meviy」の進化を支える3つの鍵
ミスミグループ本社は「meviyのこれまでの歩みと進化の鍵」をテーマに記者説明会を開催。同社 常務執行役員 兼 ID企業体 企業体社長の吉田光伸氏をはじめとする4人のキーマンが、機械部品調達サービス「meviy」の強みやこだわり、価値提供を加速する仕掛けやAI活用などについて紹介した。(2023/6/6)

Innovative Tech:
雑に描いたパラパラ漫画をリアルな動画に変えるAI 米カーネギーメロン大が技術開発
米カーネギーメロン大学に所属する研究者らは、パラパラ漫画のような連続する絵とテキストプロンプトを入力に、リアルな動画を生成する学習モデルを提案した研究報告を発表した。(2023/5/19)

6G普及に欠かせない「ユーザー体感」【前編】
「6G」は実用化が早まっても“すごい技術”だけでは浸透しない 何が駄目なのか
「6G」の商用化に向けた準備が進み、数年後には活用が始まる可能性がある。その際、“あること”が6Gサービスの普及に欠かせないと調査会社は指摘する。そのあることとは。(2023/5/18)

Innovative Tech:
膨らんだアプリアイコンを「むぎゅっ」と押せるディスプレイ 外部ポンプ不要でスマホなどに搭載可能
米カーネギーメロン大学に所属する研究者らは、流体で形状変化する薄型触覚ディスプレイを提案した研究報告を発表した。スマートフォンのアプリやキーボードのキーなどを局所的に盛り上がらせて、ユーザーに物理ボタンの触覚を提供する。(2023/5/16)

“AIのゴッドファーザー”ことヒントン博士、Googleを退社してAI開発に警鐘
“AIのゴッドファーザー”の二つ名を持つジェフリー・ヒントン博士がGoogleを辞めた。New York Timesのインタビューで「Googleを辞めたので、AIのリスクについて自由に話せるようになった」と語った。企業がAIシステムを改善するにつれて、危険は増大すると警鐘を鳴らす。(2023/5/3)

CIO Dive:
ChatGPTに懸念の声、再び 「GPT-4」商用リリース中止を求める団体の“言い分”とは?
ChatGPTをはじめとするジェネレーションAIに関しては、ビジネス活用に向けた実証実験を始める企業が増える一方で、懸念の声も根強い。その懸念の根幹にあるものとは何か。「GPT-4」商用リリース中止を求める団体の“言い分”を聞いてみよう。(2023/5/1)

Innovative Tech:
GPT-4以上? 自分で何度も“推敲”し完成度を上げる言語生成AI「Self-Refine」
米カーネギーメロン大学などの研究者らは、大規模言語モデル(LLM)が、より高品質な出力を生成するために、反復的な改良と自己評価を利用することを可能にする新しいフレームワークを提案した研究報告を発表した。(2023/4/18)

日本AI界の“スター”が作った自動運転車に乗ってみた 創業から1年半で市販化 彼らの「無謀な計画」とは
日本発の自動運転スタートアップが自社開発の運転支援システムを載せたクルマを試乗させてくれるというので、千葉県は柏の葉キャンパス駅に降り立った。(2023/4/12)

Cybersecurity Dive:
セキュリティ・バイ・デザイン実現のためにCISAが掲げる3つの原則
バイデン政権は、サイバーセキュリティに関する国家安全保障戦略を展開する際に、テック企業が企画や設計段階からセキュリティを確保できる、より安全な開発手法を重視しているようだ。(2023/4/8)

自動運転には「LLM」が必須? 国内AIベンチャーが“目や耳”を持った大規模言語モデルを開発へ
自動運転車の開発・販売に取り組むTuringは3月20日、大規模言語モデル(LLM)を独自開発すると発表した。同社はLLMを開発する理由として「完全自動運転を実現するため」としている。(2023/3/20)

Innovative Tech:
リアルな人間っぽい合成音声を生成するAI 「えー」「あぁ」「うん」なども再現 YouTubeやPodcastで学習
米カーネギーメロン大学に所属する研究者らは、より人間に近い会話の音声合成を生成できる学習モデルを提案した研究報告を発表した。(2023/3/20)

ITmedia Security Week 2023 春:
2022年NIST公開の脆弱性が2万件以上――対策“できない”時代に“できること”をセキュリティリサーチャーズと考える
2023年3月に開催された「ITmedia Security Week 2023 春」の「クラウド&ゼロトラスト」ゾーンにおいて、インターネットイニシアティブの根岸征史氏、SBテクノロジーの辻伸弘氏、「piyolog」でおなじみのpiyokango氏の3人が「可と不可の間 〜今そこにある契機〜」と題してパネルディスカッションを行った。(2023/3/16)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「理想のリーダーになれない」と悩む人が知らない、優れたリーダーが「しないこと」
近年、若い世代にリーダーを任せる企業が増えた。その結果、肩に力が入りすぎているリーダーをよく見かける。本記事のテーマは「優れたリーダーは〇〇をしている!」という正解ではなく、「優れたリーダーがしないこと」。その中から見えてくる、リーダーの本来の役割とは──?(2023/2/24)

自動運転技術:
カメラのみで完全無人運転の農業用トラクター、フォックスコン生産で納入開始
米国のMonarch Tractorは2022年12月1日(現地時間)、農業用のスマートトラクター「MK-V」の納車を開始したと発表した。米国のアルコール飲料大手のConstellation Brandsに6台を納入した。NVIDIAの「Jetson Xavier NX」を採用してカメラのみを用いて自律走行するトラクターで、有人運転を行うための装備はオプションになるという。(2022/12/7)

海外医療技術トレンド(89):
米国の消費者IoTセキュリティラベル表示制度とESG戦略
本連載第54回で、2020年1月に施行されたカリフォルニア消費者プライバシー法(CCPA)およびIoT機器セキュリティ法が非医療機器に及ぼす影響について取り上げたが、2023年に向けて消費者IoTセキュリティの新制度を巡る動きが加速している。(2022/11/18)

“SAO発売日”到来 現実は「ナーヴギア」にどれだけ近づいたか
2022年10月31日はライトノベル「ソードアート・オンライン」内のゲームの発売日だ。本記事では現実のテクノロジーがSAOの世界観にどれだけ近づいたか紹介する。(2022/10/31)

自動運転で北海道一周、日本のベンチャーが成功 1300km超を「レベル4」相当で
自動運転ベンチャーのTURINGが、独自の自動運転システムを搭載した乗用車で北海道を一周することに成功。(2022/10/13)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「今日からセキュリティ担当、よろしくね」と言われたら、何から始める? 何を重視する?――freee CISO 茂岩祐樹氏
今日からセキュリティ担当と言われたら……。悩みつつゼロからセキュリティ部門の立ち上げに携わった経験を元に、これからセキュリティチーム作りを始める人たちに向けたアドバイスとは。(2022/8/24)

製造業がサービス業となる日:
現代家庭は既にミッションインポシブル、パナソニックが目指す家事解放の新たな形
パナソニック ホールディングスは「くらしのウェルビーイング」の実現に向けた取り組みを強化。2022年7月29日には、同社 代表取締役 社長執行役員 グループCEOの楠見雄規氏、執行役員でくらしソリューション事業本部長である松岡陽子(ヨーキー松岡)氏が共同インタビューに応じ、これを実現する1つの取り組みとして、Yohanaサービスについて説明した。(2022/8/9)

動く「AIスーツケース」、空港で実証実験 視覚障害者の移動を支援
日本科学未来館は21日、視覚障害者向けの自律型ナビゲーションロボット「AIスーツケース」の実証実験を北海道の新千歳空港で実施すると発表した。(2022/7/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.