• 関連の記事

「消費者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ドコモ、食品ロスの削減でポイントがたまる「ecobuy」提供
NTTドコモは、食品ロスの削減でポイントが貯まる「ecobuy」を提供開始。ecobuy加盟店が消費/賞味期限が近い対象商品へシールを貼り、対象商品を購入した消費者が写真を送るとポイントが付与される仕組み。(2021/10/20)

総務省と経産省の調査で判明:
「ポイントや割り引きがあれば、個人データを提供したい」日本の消費者は何割なのか
調査からは、消費者との積極的なコミュニケーションが企業価値の向上につながると明らかになったが、同時に多くの企業が道半ばであることも判明した。(2021/10/19)

開発体制を見直すべき:
コロナワクチン生産過程で「ヤマサ」が“隠し味” mRNA合成に重要な核酸を製造
新型コロナウイルスの感染抑制に大きく貢献しているのが「メッセンジャーRNA(mRNA)」ワクチンだ。ワクチンは米国など海外メーカー製だが、生産過程で日本の消費者におなじみの企業なども重要な役割を果たしている。(2021/10/18)

CEATEC、オンライン開催で消費者意識 動画でPRも
10月19日開幕のCEATECは2年連続でオンライン開催となり、これまで主に商談の場として活用していた電子部品各社が、一般消費者や取引のなかった企業をターゲットにした商品PRに注力している。(2021/10/15)

シーテック、オンライン開催で消費者意識 動画でPRも
照明と風を組み合わせた快適な目覚めの研究や、新型コロナウイルス対策関連商品などを動画付きで分かりやすく展示し、新規顧客の開拓につなげたい考えだ。(2021/10/14)

EV販売、3年ぶりに上昇 補助金増額後押し
電気自動車の販売が盛り返している。EVの販売台数は2019年から2年連続で減少していたが、21年に入ってから9月までの9カ月間で20年1年間を上回った。補助金の増額に加え、カーボンニュートラルを意識する消費者が増えた可能性がある。(2021/10/14)

給湯器の品不足、大手メーカーが軒並み影響を受けたベトナムのロックダウン
冬を前に給湯器の納期遅延が増え、消費者や施工業者の間で不安の声が広がり始めた。ベトナムがコロナ禍でロックダウンを行い、部品が日本に入ってこなくなった影響だという。(2021/10/13)

「サブスク、正しく理解して」、国民生活センターが注意喚起 相談は毎月500件
国民生活センターは7日、サブスクリプション型サービスに関する消費者からの相談が毎月500件ほど寄せられているとして注意喚起を行った。(2021/10/7)

インフラの性能、拡張性、信頼性を大幅強化
900億件のデータを管理する山崎製パンがAI活用も見据えて刷新したDWHインフラ
ITとビジネスの一体運営を進めている山崎製パンは、消費者ニーズの多様化とビジネス環境の変化に対応するためにデータ活用基盤の刷新を決断。同社が抱えていた課題を解決し、AI活用、BCPの強化を見据えて採用したデータ活用基盤とは。(2021/9/30)

ファスト映画だけでは終わらないファスト問題
「ファスト映画」はタイム・パフォーマンスを重視する世代や消費者に受けたといわれるが、作品が生まれてくる土壌そのものを破壊してしまいかねない行為だ。そして映画だけの問題でもない。(2021/9/30)

仕掛け人を直撃:
台頭するハイボールやレモンサワー サントリーは「ビール」をどう売っていくのか
今年4月にサントリーが発売した「パーフェクトサントリービール」。発売から3カ月で年間計画の5割を達成する好調な滑り出しを見せている。一方で、消費者の好みが多様化しているが、同社はビールをどのように売ろうとしているのか。(2021/9/30)

iPhone13、熱気欠く消費者 旧機種に買い得感
カメラ機能の強化などを打ち出した米Appleのスマートフォン「iPhone」の新機種「13」シリーズに対する日本の消費者の反応は熱気に欠けている。他社が折り畳みスマホなどの新機軸を打ち出す中、iPhoneの相対的な魅力が衰えれば、スマホ利用者の過半数がiPhoneを所有するとされる日本でもAppleの神通力が陰りかねない。(2021/9/17)

相次ぐ:
原料値上げ、PB価格悩むスーパー
国内の食品メーカーは、食用油や小麦粉といった食品価格の値上げを相次いで値上げを発表した。原料費の高騰のほか、物流費や資材費が上昇しているためだ。一方、消費者により近い小売り企業には……。(2021/9/16)

総務省、携帯ショップの「通報窓口」を開設 意図しないプラン契約など事例を募る
一部の携帯電話の販売代理店で、利用者への十分な説明なく高額プランを契約させるなどの事案が発生しているとして、総務省が情報提供窓口を同省の公式Webサイト上に開設した。匿名での情報提供も可能。必要に応じて消費者庁と公正取引委員会にも共有する。(2021/9/13)

キャッシュバックの受け取り方法を消費者が選べる「WalletCho」(ウォレッチョ)、提供開始
 総合広告業務を展開するスコープ(東京都千代田区)は、9月6日より送金プラットフォーム「WalletCho」(ウォレッチョ)のサービス提供を開始した。同サービスでは、キャッシュバック型のプロモーション時に消費者自身で受け取り方法の選択が可能となる。(2021/9/8)

Supply Chain Dive:
「店舗や倉庫はそのまま」でスーパーのオンライン化や配達を支援 ロボット企業が共創する新サービス
消費者が必要な日用品をオンラインで購入し、戸口まで配達してもらう――、そんな買い物のニーズがコロナ禍で成長している。消費者のニーズに応えたいスーパーや食料品店向けに、米国で成長中のオンライン買い物代行サービス「Instacart」がロボティクス企業と一緒に在庫管理ソリューションを共創すると発表した。その中身と今後の可能性は。(2021/9/8)

BYODの次は「BYOI」【後編】
個人IDを職場で使う「BYOI」を失敗せずに導入する方法とは?
消費者向けインターネットサービスで広く使われている「ソーシャルログイン」と同類の仕組みを企業内で実現する「BYOI」。実現するためにはどうすればよいのか。3つのポイントを紹介する。(2021/9/8)

「セコロジスト」足澤氏が語るAIクレジットのAWS活用【後編】
クレカ40枚所有の「セコロジスト」足澤氏が明かす、「AWS」のお得な活用法
消費者に最もお得な支払い方法を提案するサービス「AIクレジット」を手掛けるAIクレジット社。同社は事業のインフラとしてAWSを利用している。同社CTO兼COOの足澤 憲氏に、AWSを使う理由や料金節約のこつを聞いた。(2021/10/5)

ビックカメラに消費者庁が措置命令 ECサイトで原産国表記に景表法違反
消費者庁が、「ビックカメラ.com」などのECサイトで景品表示法違反があったとしてビックカメラと子会社のビッグ酒販に措置命令を行った。販売する工具や酒類の原産国として、本来と異なる地名を表記していたという。(2021/9/3)

60歳以上の通販トラブルが過去最多に コロナ禍で利用増
国民生活センターは、2020年度に全国の消費者センターなどに寄せられた60歳以上からの通信販売の相談件数が10万7796件で、過去最多だったと発表。ネット通販の相談が増えているという。(2021/9/3)

公取委、Appleの改善策に「審査が理解された」と評価
公正取引委員会が、米Appleに対する独占禁止法に基づく審査を終了する方針を発表した。Apple側が音楽配信などのアプリ提供者に対し、コンテンツ販売方法を限定する規定などを問題視してきたが、Apple側が改善策を提示したため。Appleが規約改定をすることについて、公取委は「消費者やユーザー利便性に重きを置いて審査をしていることがApple側に理解されたためではないか」としている。(2021/9/3)

BYODの次は「BYOI」【前編】
「BYOI」とは? 端末だけじゃなくIDも「私物を職場で活用」の波
インターネットサービスへのアクセスを簡素化する「ソーシャルログイン」の動きが今、消費者から企業へと拡大し始めている。その中核要素となり得るのが、個人IDを職場で使う「BYOI」だ。どのようなものなのか。(2021/9/2)

油断はできない:
ワクチン接種後に最もやりたいこと 2位「会食」、1位は?
CCCマーケティングは、ワクチン接種普及後の「リベンジ消費」について調査。消費者がワクチン接種後に最もやりたいことや実現したい時期を聞いた。(2021/9/1)

「セコロジスト」足澤氏が語るAIクレジットのAWS活用【前編】
クレカ40枚所有の「セコロジスト」が語る、AWSで動くお得アプリ「AIクレジット」の中身とは?
消費者に最もお得な支払い方法を提案するサービス「AIクレジット」を手掛けるAIクレジット社。同社CTO兼COOの足澤 憲氏にサービスの仕組みと、インフラとしてどのようなAWSサービスを利用しているのかを聞いた。(2021/9/28)

Google検索の“勝手にタイトルを変える仕様”に波紋 消費者庁などの注意喚起ページが逆の詐欺タイトルに
Googleが導入した、検索結果に表示されるページのタイトルを自動生成するシステムにより検索結果に混乱が起きている。詐欺に対する注意喚起ページのタイトルが詐欺的なタイトルになってしまうなどの事態も。Googleは「必ずしも完璧ではない」としている。(2021/8/30)

市場は拡大:
缶チューハイに出せる金額は? 購入時に度数を確認する人は8割
さまざまなフレーバーや度数の缶チューハイが発売されているが、消費者は何を重視して商品を選んでいるのだろうか。(2021/8/26)

「nasneいつでも買えます」 バッファローが在庫状況の改善アピール 生産体制の強化で
バッファローは25日、今年3月の発売直後から品薄が続いていたネットワークレコーダー「nasne」の在庫状況が改善していると明らかにした。SNSなどを通じて消費者にアピールする。(2021/8/25)

「デジタル研修」を生かすヒント【中編】
Visaは「市販の学習サービス並みに使いやすい社員研修ツール」をどう実現したか
従業員研修を効果的に進める上で重要な視点が、研修における学習体験の改善だ。Visaは研修ツールの使い勝手を、消費者向け学習サービスと同等に高めようとしている。その取り組みから企業が得られるヒントとは。(2021/8/19)

美容ローラーの痩せる効果に根拠なし ヤーマンに課徴金
消費者庁は11日、短期間で痩身効果があるとうたって美容ローラーを販売していたヤーマンに対し、根拠がなく景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして課徴金の納付を命じた。(2021/8/11)

本田哲也氏×池田紀行氏 対談【後編】:
「ナラティブカンパニー」だけがなぜ生き残るのか
「物語的共創構造」を意味するナラティブ(narrative)は企業視点のストーリー(story)とは似て非なるものだ。消費者とともにナラティブをつむぐため、企業は今何をすべきか。(2021/8/6)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
デジタル広告への寛容度 各国の実態は?
プライバシーとベネフィットのはざまで「あなたのための広告」にどう反応するか。今回は、世界の消費者がデジタル広告をどのように捉えているかを見てみましょう。(2021/8/6)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
セルフレジ万引きが深刻化、米国では5人に1人が「盗んだことある」──対応策はあるのか?
セルフレジの普及が進んでいる。店舗の生産性を向上するのに役立ち、消費者の待ち時間を下げるなど利点が多いが、その一方で「セルフレジ万引き」による商品のロスが増えている。小売店にとって、有効な対応策はあるのか? ウォルマートの事例などを参考に考える。(2021/8/6)

消費行動を分析:
サラダを「ほぼ毎日食べる」人は24% 消費者のニーズは?
サラダを食べる頻度はどの程度? インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコムが調査を実施。5回目となる調査で見えてきた実態とは。(2021/7/29)

AI技術で「きれい」を極めるL'Oreal【前編】
化粧品大手ロレアルがGoogle「Vertex AI」で実現した“あのAIサービス”とは?
L'Oreal傘下のModiFaceは、Googleの機械学習ツール「Vertex AI」を採用することで、美容を切り口としたデジタルサービスの開発を加速させている。AI技術を消費者の「きれい」に生かす同社の取り組みとは。(2021/7/28)

FTC、「修理する権利」制限に対する法的処置強化の政策声明
米連邦取引委員会(FTC)は、企業による「修理する権利」制限に対する法的処置強化の政策声明を発表した。「企業は多様な手段で修理を制限しているが、こうした制限は消費者のコストを上げ、修理業者の機会を削いでいる」とリナ・カーン委員長。(2021/7/22)

Microsoft Focus:
小売りDXにMSが本腰 「Microsoft Cloud for Retail」から三越伊勢丹の“24時間型VRデパート”まで、支援に生かす“強み”とは
小売業界に特化したクラウドソリューション「Microsoft Cloud for Retail」を発表したMicrosoftが、世界規模で小売り向けの戦略を強化している。消費者向けのデジタル施策から在庫管理の効率化といった多様なニーズにソリューションで応える他、国内外の小売企業と個別にタッグを組んでDXを進める背景には、Microsoftが小売業だからこそ押し出したい強みがあるという。(2021/7/21)

「Windows 11」の“企業用OS”としての存在意義【前編】
Windows 11に困惑する人たち 「『Androidアプリが使える』などどうでもいい」
Microsoftは2021年6月に「Windows 11」を発表した。だが消費者向け機能に重点を置いていた同社の発表内容は、企業のIT担当者の間に疑問を生んでいる。(2021/7/19)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
フェイク商品の購入経験 国別の傾向は?
ホンモノもニセモノも気にしない消費者が世界で増えているのか? 今回は、高級ブランドの模倣品の購買意識について国別の傾向を比較してみました。(2021/7/16)

ネット契約を分かりやすく 違約金上限は1カ月分 総務省が報告書
総務省が、携帯電話やインターネットの回線契約で消費者を保護する取り組みを議論する有識者会議を開き、報告書案をとりまとめた。契約の更新期間以外での契約変更で発生する違約金は料金1カ月分を上限とするよう求めた。(2021/7/14)

ネット契約を分かりやすく 違約金上限は1カ月分 総務省が報告書
総務省は12日、携帯電話やインターネットの回線契約で消費者を保護する取り組みを議論する有識者会議を開き、報告書案をとりまとめた。契約の更新期間以外での契約変更で発生する違約金は料金1カ月分を上限とするよう求めた。インターネットの重要性が高まる中で、契約を結んだり解約したりする手続きが分かりやすくなるよう、省令を改正し、制度を見直す。(2021/7/13)

Twitterの集計データを一部無償で提供 DataRobotとNTTデータがパートナー契約
DataRobotは、NTTデータとデータパートナー契約を締結し、Twitterの集計データサンプルの提供を開始した。消費者トレンドの把握に向けソーシャルメディアのデータ活用の需要が高まる中、Twitterの集計データサンプルを一部無償で提供する。(2021/7/12)

「セルフサービスツール」を改善する方法【前編】
企業が「セルフサービスツール」を改善したくなる4つの原動力とは
インターネットで製品の情報を集める消費者に、企業はどのように情報を提供すればよいか。その方法の1つに「セルフサービスツール」がある。セルフサービスツールをより使いやすく改善する方法を説明する。(2021/7/8)

モノの値段が安いのに貧しくなるばかり インフレ米国とデフレ日本の憂鬱 
 米国では、原油価格が高騰し、消費者物価を押し上げている。物価が下がり続けるデフレから一転して、今度はインフレ懸念であり、金利先高観が市場を覆い、株価を押し下げる。(2021/7/2)

新建材:
抗ウイルス機能「ビオタスク」を付与した床材、高齢者向けで滑りにくい仕様
新型コロナウイルス感染症の拡大で、現在、抗ウイルス機能などを付与した衛生対策製品に一般消費者の関心が高まっている。こういった状況を受けて、大建工業は、ウイルス感染による重症化リスクの高い高齢者への対策が最優先であると判断し、独自の抗ウイルス機能「ビオタスク」を付与した高齢者配慮床材「おもいやりフロアIV-VS」を開発した。(2021/7/2)

IDCが国内アナリティクス/AIプラットフォーム市場の調査結果を発表 堅調の要因は
IDCによると、国内アナリティクス/AIプラットフォーム市場は2025年まで堅調な成長が続く見通し。デジタルシフトした消費者/ビジネスバイヤーの購買分析への対応や企業業績の分析、業務の自動化要求の増加、高精度な分析/認知のためのAI活用の進展などが促進要因となっている。(2021/7/1)

山根康宏の中国携帯最新事情:
物量よりも“ブランド重視” 中国スマホのトップグループをキープするOPPO
OPPOは高性能、フラグシップの「Find X」シリーズ、ミドルハイレンジの「Reno」シリーズ、普及価格帯の「A」シリーズの3つを中心に製品展開している。その中でも旗艦モデルとなるのがRenoシリーズだ。そこから「より高性能なFind X」「手ごろなA」と、消費者を自社の他製品へ興味を引かせようとしている。(2021/6/30)

消費者庁、スクエニなど2社に措置命令 スマホゲーム「FFBE幻影戦争」のガチャに優良誤認
スマホゲーム「FFBE幻影戦争」内の表示が景品表示法違反だったとして、消費者庁がスクウェア・エニックスとgumiに措置命令を実行。「チェック機能の見直しと管理を強化し、再発防止に努める」(SQEX)(2021/6/29)

携帯料金、値下げ効果はいくら? 総務省など調査
総務省と消費者庁は29日、携帯電話料金の引き下げに向けてそれぞれの大臣をトップとした会合を開き、政府主導の値下げによる国民負担の軽減効果を公表した。(2021/6/29)

7月15日にオープン予定:
持ち帰り専門店「スシローTo Go」、東海エリア初出店 名古屋の栄に
スシローの持ち帰り専門店が東海エリアに初出店する。今までは関西・関東エリアに出店していた。消費者の中食需要にアプローチするためにテイクアウトに力を入れていく。販売予定のメニューなども見ていこう。(2021/6/29)

お金を借りた理由:
“闇金”を利用したことがあるのは何%? 職業別でみると
3年以内に消費者金融などから借入したことがあって、“ヤミ金融”を利用したことがある人はどのくらいいるのか。18〜70代の男女に聞いた。(2021/6/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.