• 関連の記事

「開発支援ツール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

kintone、Boxなどが“政府認定クラウドサービス”に セキュリティ評価制度「ISMAP」に追加
政府が、セキュリティ評価制度「ISMAP」にサイボウズのクラウド基盤「cybozu.com」、グループウェア「Garoon」、ノーコード開発ツール「kintone」、米Boxのクラウドストレージ「Box」を登録したと発表した。サイボウズとBoxの製品は初登録。(2021/9/14)

誰も教えてくれない、DXが進まない本当の理由と解決策:
PR:DXのカギを握る、ノーコード/ローコード開発ツールの使い処と「伴走型SIer」の見つけ方
DXに取り組みたいものの「何から始めればよいのか分からない」「アプローチの方法が分からない」といった悩みが随所で聞かれる。日本企業のDXが進まない理由とその解決策を専門家に聞いた。カギは「伴走型SIer」というパートナーの存在と、ノーコード/ローコード開発ツールの使い方にある。(2021/8/30)

Microsoftのローコードアプリ開発ツールPower Appsポータルの設定ミスで約3800万件の個人情報漏えい
Microsoftのローコードアプリ開発スイート「Apower Apps」の「Power Appsポータル」で作成された47組織のアプリで、合計3800万件の個人情報がアクセス可能になっていたとUpGuardが報告した。脆弱性ではなく、初期設定のままツールを使うと公開する仕様になっていたため。Microsoftは初期設定を変更し、自己診断ツールを配布した。(2021/8/24)

「Microsoft Power Apps」入門ガイド【第3回】
「Power Apps」で作れる具体的なアプリとは? 「ヘルプデスクツール」も実現
ノーコード/ローコード開発ツール「Microsoft Power Apps」を使えば、IT管理者やエンドユーザーはさまざまなアプリケーションを開発できる。例えば何の開発が可能なのか。(2021/8/13)

「Microsoft Power Apps」入門ガイド【第2回】
「Power Apps」無料テンプレートで開発できる“新入社員受け入れアプリ”とは?
Microsoftのノーコード/ローコード開発ツール「Power Apps」は、どのようなアプリケーションの開発を可能にするのか。具体例を3つ紹介する。(2021/8/6)

サービス間のデータ連携が容易に
AWSとSalesforceが関係を強化 ユーザーやパートナーのメリットとは?
AWSとSalesforceは両社の提携関係を強化し、両社のサービス間のデータ連携を容易にする他、新しいノーコード/ローコード開発ツールを共同開発する。こうした施策はユーザー企業やパートナーにどう役に立つのか。(2021/7/29)

特集:「内製化」の誤解と、今すぐなすべきこととは?(2):
ローコード開発導入企業の課題からみる、「内製化」の前に自問すべき2つの問い
ローコード/ノーコード開発ツールによる「システム内製化」への関心が高まっている。取り組みを進めるに当たってユーザー企業が留意しておくべきことは何か。ノークリサーチ、シニアアナリストの岩上由高氏に聞いた。(2021/7/15)

HMI開発:
PR:スマート工場やドローンを革新、ダイムラーも採用するHMI開発ツールの最新事情
組み込み機器の機能が複雑化の一途をたどる中、それらを操作するのに用いるHMIの進化も加速している。スマート工場やドローン、自動車、スマートウォッチ、家庭用プリンタなどで求められているHMIのトレンドについて、HMI開発のツールキット「Qt」を展開するThe Qt Companyに聞いた。(2021/7/8)

組み込み開発ニュース:
IARの「Embedded Workbench」がラズパイピコのマイコン「RP2040」に対応
IARシステムズの開発ツール「IAR Embedded Workbench for Arm」が、Raspberry Piの「RP2040」ボードに追加対応した。(2021/6/28)

杉並区、被虐待児の出欠確認アプリをノーコード開発 早期発見に活用
東京都杉並区がノーコード開発ツール「kintone」を活用し、虐待を受けているとみられる児童の保育園や学校における出欠状況を自動集計するアプリを開発した。まずは区立保育園37カ所で導入。私立保育園や学校にも導入を進める。(2021/6/15)

Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【後編】
「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? その仕組みとは
サイバー犯罪者は「Python」向け開発ツール「PyInstaller」を悪用することで、難読化などの隠蔽工作をせずに、マルウェア対策ツールを擦り抜ける攻撃プログラムを開発できる可能性があるという。その仕組みとは。(2021/6/13)

社員のワクチン接種や副反応を自社のノーコードアプリで管理 アステリア
ソフトウェアの開発や販売を手掛けるアステリア(東京都品川区)は自社のノーコード開発ツールで作ったスマホアプリで全社員80人の接種状況や副反応を管理すると発表。副反応が出た場合はアプリ上で休暇を申請できるという。(2021/6/7)

Python開発ツールが抱えるセキュリティ問題【前編】
「Python」で“スキャン擦り抜けマルウェア”の開発が容易に? 判明した問題は
「Python」ソースコードを実行可能ファイルに変換する開発ツール「PyInstaller」が、サイバー犯罪者のマルウェア開発を容易にする可能性があると専門家は指摘する。それはどういうことなのか。(2021/6/6)

マイクロサービスを簡単に表示、実行、デバッグできる:
Microsoft、マイクロサービス向けの「Visual Studio Code」拡張機能をリリース
Microsoftは「Visual Studio Code」(VS Code)向けの「Tye」拡張機能を発表した。マイクロサービスや分散アプリケーションに対応した開発ツール「Tye」ベースのアプリケーションをVS Code内で簡単に表示、実行、デバッグできるようにするものだ。(2021/6/3)

開発の属人化、ブラックボックス化も解決:
PR:事業部門を巻き込んだシステム開発を実現する「ローコード開発ツール」とは
企業が自社戦略実現のためにデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める際、システム開発の内製化が課題になる場合が少なくない。事業部門と情報システム部門間で思い描くビジョンを一致させた上でシステム化、継続した業務プロセスの見直しを行うべきだ。しかし、認識を合わせる手段が乏しく、見直しの活動を継続できないことも少なくない。結局レガシー文化を引きずったまま、ブラックボックス化が進む恐れがある。ローコード開発ツールを利用すれば、事業部門と情報システム部門間の共通認識を深め、互いに役割分担したシステム開発が可能になり、開発工数の削減と継続した業務プロセス改善体制を実現できるという。(2021/6/1)

特集:「内製化」の誤解と、今すぐなすべきこととは?(1):
ローコード開発ツールを導入する「だけ」では進まない内製化、では何をすべき?
システムの内製化を進める手段としてローコード開発が注目を集めているが、ただローコード開発ツールを導入するだけで自社の内製化が進むわけではない。ではどうすればよいのだろうか。IDC Japanの入谷光浩氏に話を聞いた。(2021/5/27)

Build 2021:
文章をプログラミング言語に変換 Microsoftがローコード開発ツール「Power Apps」に「GPT-3」活用
米Microsoftが、ローコード開発ツール「Power Apps」に英文をプログラミング言語「Power Fx」に自動変換する機能を追加すると発表。変換には自然言語処理モデル「GPT-3」を活用。6月にプレビュー版を公開する。(2021/5/26)

Build 2021:
Microsoft、「Teams」向けアプリ「collaborative apps」のAPIなどを発表
Microsoftは「Teams」上で稼働するアプリ「collaborative apps」の開発ツールを発表した。開発者はアプリを「Teams Store」で公開できるようになる。TeamsのDAUは1億4500万人だ。(2021/5/26)

つながるクルマ キーマンインタビュー:
レッドハットが車載ソフトウェア、車載Linuxの機能安全対応や保守管理を支援
Red Hat(レッドハット)が車載ソフトウェアに参入する。車載情報機器で採用拡大が見込まれる車載Linux向けに、開発ツールやコンポーネントを展開する。車載情報機器向けのOSはGoogle(グーグル)の「Android」と車載Linuxの2つが主流となっており、グーグルへの依存を懸念する自動車メーカーやサプライヤーが車載Linuxに注目している状況だ。(2021/5/25)

クラウド技術やローコード/ノーコード開発ツールの普及・発展に対する意識調査:
「クラウドやローコードツールの普及・発展によってSIerの仕事が変化する」 BlueMemeが意識調査の結果を発表
BlueMemeは、クラウド技術やローコード/ノーコード開発ツールの普及・発展に対する意識調査を実施した。クラウド技術やローコード/ノーコード開発ツールの普及・発展を実感している技術者の割合は64.9%に上った。(2021/5/25)

製造現場向けAI技術:
「現場でAIを作る時代」が来るか、ノーコード開発ツールの可能性
AI insideは2021年4月21日、プログラミングの非専門家でも簡単にAIモデルを作成できるノーコードAI開発クラウドサービス「Learning Center」を提供開始した。同サービスの特徴やノーコード開発ツールの可能性について、同社 代表取締役社長 CEOの渡久地択氏に話を聞いた。(2021/5/11)

産業用ネットワーク:
PR:広がる「CC-Link IE TSN」の世界、半導体大手2社が語るその真価
TSN技術をいち早く採用した産業用ネットワーク「CC-Link IE TSN」への期待が高まっている。開発ツールやデバイスなどの投入も進み、いよいよ製品の市場投入が本格化する見込みだ。こうした中で、対応製品やサポートをいち早く展開するメーカーとしては、CC-Link IE TSNに対してどのような期待があるのだろう。ルネサス エレクトロニクス、NXP Semiconductors(以下NXP)の半導体大手2社とCC-Link協会 事務局長の川副真生氏が対談を行った。(2021/5/10)

「ノーコード」で企業や自治体のAI活用を支援 DNPとAI insideが新サービス
大日本印刷(DNP)とAIベンチャーのAI inside(東京都渋谷区)が企業や自治体のAI活用を支援する、ノーコード開発ツールの提供を始めた。(2021/4/21)

Google、「AppSheet Automation」正式リリース ノーコードで業務用bot、レシートの読み取りやメールの自動送信など
米Googleは、ノーコード開発ツールの「AppSheet Automation」を正式リリースした。(2021/4/20)

Weekly Memo:
ServiceNowの新サービスで見えた 「ノーコード開発ツール」導入で失敗を防ぐ2つのポイントとは
企業のDXに向けて、業務現場でアプリケーション開発を可能にするノーコード開発ツールが注目されている。ServiceNowが提供する新サービスから、企業が同ツールを導入する際のポイントを探りたい。(2021/3/15)

PR:DXの土台を作れ 経営と開発を加速させるDevOpsに必要なもの
DXを実現する鍵の一つが、要件の急な変化にも応えられる開発、運用体制づくりだ。開発ツールや環境のアップデートに追従しつつ、現場の負担を軽減する体制とはどのようなものか。多くの開発、運用現場を知る専門家が出した答えとは。(2021/3/2)

プレミアムコンテンツ:
次世代プログラミングツール導入戦略ガイド
あらゆる種類の組織が次世代プログラミングツールに注目している。本PDFは、ローコード開発ツールがいかに幅広いユーザーの助けになるか、こうしたツールによる効率の向上、それに伴う多くの検討事項について取り上げる。(2021/1/14)

ルネサス、コネクテッドカー開発でMicrosoftと協業
ルネサスがコネクテッドカー開発でMicrosoftと協業。ルネサスの車載用SoC「R-Car」を搭載した開発ツール「R-Carスタータキット」が、MSのモビリティプラットフォーム「MCVP」の開発環境として利用できるように。(2021/1/13)

どの企業もまねできる内製化ステップをイチから教えます:
PR:「DX銘柄」日清食品HDの情シスを支えるローコード開発ツールの秘密
DX銘柄に選定され注目を集める日清食品HD。その情報システム部門が推進する施策の一つがシステム開発の「内製化」だった。プロジェクトの中心人物に聞いた内製化の定着方法や効率の高め方は、われわれにもまねのできる、よく考えられたものだ。(2020/12/2)

Dell Boomiが提供するiPaaSはなぜいま日本に必要なのか
IPaaSを掲げるDell傘下のBoomiが日本企業向けのアプローチを本格化する。APIマネジメントでありローコード開発ツールであり、EAIでもあるBoomiはDXを急ぐ日本企業にどんなメリットをもたらすか。(2020/11/30)

ローコード開発ツールの導入から運用を一括支援 パーソルP&Tが提供
パーソルP&Tは「Microsoft Power Platform Solution」の提供を開始する。「Microsoft Power Platform」の導入やトレーニング、ヘルプデスクの設置、アプリケーション作成などを支援する。(2020/11/18)

よくある「4つの落とし穴」も解説:
PR:システムを内製したい、でもコストも人材も足りない――悩める企業の切り札「ローコード開発」を最大限に活用するには
DXの本格的な取り組みが進むにつれ、業務システムを内製してより柔軟に開発、変更できる体制が必要になっている。とはいえ、人材不足やコスト不足で「内製はしたいが、方法が見つからない」と悩む企業もあるはずだ。そんな中で注目されるのが、プログラミングを最小限に抑えたローコード開発だ。その利便性を最大限に引き出し、社内のガバナンスやセキュリティも確保するにはどんな環境が必要なのか。ローコード開発ツールを手掛ける企業に聞いた。(2020/11/4)

IT用語解説系マンガ:食べ超(196):
ローコード開発ツールでリゾートも開発
用意された機能が四則演算だけだった、という苦情もまれに寄せられます。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2020/10/7)

組み込み開発ニュース:
RISC-V向けOSおよび開発ツールの共同研究開発を開始
イーソル、ユーリカ、京都マイクロコンピュータ、エヌエスアイテクスは、既存のRISC-V開発環境に対し、国内活用の観点から不足しているOSや開発ツールの機能開発と実証評価を開始する。(2020/9/15)

Apple、Epic Gamesの開発者アカウント停止を通告 Unreal Engine製ゲームへの影響懸念も
Epicのゲーム開発ツール「Unreal Engine」に影響が及びそうです。(2020/8/18)

モータードライバーIC用:
東芝、MikroElektronikaと評価ボードで提携
東芝デバイス&ストレージは、モータードライバーICの評価ボードについて、組み込みシステム向け開発ツールメーカーのMikroElektronika(以下、Mikroe)と提携した。(2020/8/12)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
LINEや電話へも展開可能、API型開発ツールで進化するチャットbotの現在地とは?
顧客から企業への問い合わせ手段として主流になっているテキストメッセージングの「自動応答」を実現するとして注目されるチャットbot。さらに最近では、API型の開発ツールにより、LINEや電話への展開も容易になっているという。(2020/5/27)

RPAツールをLGWAN環境でセキュアに提供――UiPathと京都電子計算、「自治体向けRPA配信サービス」を開始
UiPathと京都電子計算は、京都電子計算のクラウドサービス「Cloud PARK」上で提供するLGWAN-ASP基盤サービスとして、「自治体向けRPA配信サービス」の提供を開始する。自体体ユーザーは、セキュアなLGWAN環境で、UiPathのRPA開発ツール、RPA実行ツール、RPA管理ツールを利用できる。(2020/5/11)

特集:“コーディングのプロに嫌われない”ローコード開発(1):
重要なのは、コーディングの速さではなく「価値創出の速さ」
DX(デジタルトランスフォーメーション)トレンドを背景に、「ニーズに応えるアプリケーションをいかにスピーディーに届けられるか」がビジネス差別化のカギとなっている。これを受けて内製化に乗り出す企業も増えつつある中、その実践手段としてローコード開発ツールが注目を集めている。だが従来のノンコード開発ツールとは、受け止められ方、使われ方は全く異なる――本特集ではローコード開発ツールの意義、成果、そして開発者とIT部門の役割を考える。(2020/4/27)

チャットbotと開発ツールの進化【後編】
「チャットbot開発ツール」とは? Google、Microsoft、AWSのサービスを比較
「チャットbot開発ツール」は、エンドユーザーが簡単にチャットbotを開発できるように進化しつつある。GoogleとMicrosoft、AWSといった主要ベンダーのチャットbot開発ツールの特徴を説明する。(2020/4/27)

頭脳放談:
第239回 Armの「試用ライセンス期間延長のお知らせ」から半導体業界の在宅勤務について考えてみる
今はどこもかしこも新型コロナウイルスの話題で持ち切り。在宅勤務が推奨されているものの、仕事によってはそうもいかない。そんな中、Armが開発ツールの試用期間の延長を発表した。これでArm関連の開発者も在宅勤務が可能になる?(2020/4/17)

Computer Weekly製品ガイド
ローコード開発導入の前に検討すべき課題
ローコード開発ツールには生産性の向上や製品化の期間短縮、専門スキルへの依存度低下など、数多くのメリットがある。だがコストやセキュリティ、製品の選定やアプリケーションについては慎重な検討が必要だ。(2020/4/6)

Niantic、AR企業6D.aiを買収 3Dマッププラットフォーム「Real World Platform」に統合へ
「Pokemon GO」などのARゲームを手掛けるNianticが、3Dマップ開発ツールを手掛ける新興企業6D.aiを買収した。6D.aiのツールはNianticのARプラットフォーム「Real World Platform」に統合される。(2020/4/1)

Computer Weekly製品ガイド
ローコード/ノーコードソフトウェア開発が内包するリスク
最新のローコード開発ツールは、ビジネスユーザーと開発者の両方の助けになり得る。その現状を解説する。(2020/4/1)

IoTセキュリティ:
組み込み機器を偽造品から守るセキュリティ開発ツールの最新版を発表
IAR Systemsは、組み込み向けセキュリティ開発ツールの最新版「C-Trustバージョン1.40」を発表した。適切なセキュリティと暗号化を自動的に設定し、セキュアな知的財産の保護と製造管理を容易にする。(2020/3/25)

Appleの子会社Claris、クラウド型ノーコード開発ツール「Claris Connect」正式リリース サービス連携やワークフロー構築に対応
米Appleの子会社米Clarisが、ノーコード開発ツールの「Claris Connect」を正式サービスとしてリリース。さまざまなクラウドサービスやオンプレミスの業務アプリケーションをプログラミングせずに連携できる。ノーコード開発ツールはMicrosoftやGoogleらも投入している。(2020/3/5)

組み込み開発ニュース:
ローコード開発ツール評価用のリファレンスモデルの無償提供を開始
ローコード開発コミュニティは、ローコード開発ツールの導入を検討中の企業を対象に「ローコード開発リファレンスモデル」の無償提供を開始した。(2020/3/3)

「花束問題」をモデル要件に:
ローコード開発コミュニティ、「ローコード開発リファレンスモデル」を無料提供
ローコード開発コミュニティは、ローコード開発ツールの導入を検討している同コミュニティーの会員企業を対象に、「ローコード開発リファレンスモデル」の無料提供を開始する。(2020/2/11)

Googleはなぜノーコード開発ツールのAppSheetを買収し、1年半前に正式版になったばかりのApp Makerを終了させるのか?
Googleは先日、コーディング不要でアプリケーション開発ができる「AppSheet」を買収した。それに伴い、2018年から提供していたノーコード開発ツール「App Maker」は終了する。なぜ、このような判断を下したのだろうか?(2020/2/3)

Google、「App Maker」を2021年終了 買収した「AppSheet」への移行を推奨
Googleが、「G Suite」向けオンプレミスアプリ開発ツール「App Maker」を来年1月に完全終了すると発表した。同社はこの発表の数日前、競合するアプリ開発ツール「AppSheet」を買収しており、顧客にはApp MakerからAppSheetへの移行を勧めている。(2020/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.