• 関連の記事

「センシング技術(エレクトロニクス)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「センシング技術(エレクトロニクス)」に関する情報が集まったページです。

ロボット開発ニュース:
子守り支援ロボットが運転中に赤ちゃんをあやすことで安心できる車内環境を提供
赤ちゃん本舗は、日産自動車と共同開発した、運転中の子守り支援ロボット「INTELLIGENT PUPPET イルヨ」を発表した。ウェイクワードに対応する動きで赤ちゃんをあやすことで、安心できる車内環境づくりを支援する。(2024/2/9)

3Dプリンティング:
清水建設、有筋構造部材の3Dプリンティング技術を開発
清水建設は、材料噴射型の3Dプリンティング技術を活用し、鉄筋を内蔵した有筋構造部材を自動で製造する技術を開発した。(2024/2/6)

運転中に赤ちゃんをあやすロボット、日産と赤ちゃん本舗が開発 センシング技術から着想
名前は「イルヨ」。(2024/2/1)

自動運転技術:
ソニー・ホンダモビリティが模索する新たなモビリティの価値とは
ソニーグループは2024年1月8日(現地時間)、同年1月9日から開催される「CES 2024」に先立ってプレスカンファレンスを実施し、ホンダとの共同出資会社ソニー・ホンダモビリティの自動運転EV「AFEELA」の開発状況などを紹介した。(2024/1/10)

現場管理:
気象IoTセンサーを用いた“寒さ指数”の提供開始、ウェザーニューズとオムロン
ウェザーニューズは、気象IoTセンサー「ソラテナPro」の観測データを用いた寒さ指数の提供を開始した。屋外作業員や農家のパフォーマンス低下、学生の低体温症などを予防する。(2023/12/15)

Innovative Tech:
壁越しで“部屋の中の声”を盗聴する攻撃 屋内のモノから声の振動をミリ波で検知 米研究者らが開発
米ラトガース大学に所属する研究者らは、人間の話す声によって引き起こされる微細な振動を、部屋の中の物体からミリ波(mmWave)デバイスで検出して声を復元する盗聴攻撃を提案した研究報告を発表した。(2023/12/15)

リノベ:
古民家を「ミリ波」で検査し、利活用の助言を行うサービスを「建築家コミュニティ」が開発
「建築家コミュニティ」は、ミリ波で外観からは判別できない建物内部の損傷をスキャンし利活用の助言までを行うサービス「古民家再生のスキャンとプラン」を開発し、CAMPFIREにて限定3件の先行サービス提供のリターンを含めたクラウドファンディングを実施している。(2023/11/27)

地下の通信用光ファイバーで道路の振動を計測、除雪判断をDX化 NTTなど実証
地下に敷設された通信用光ファイバーとセンシング技術を使い、豪雪地帯で道路の除雪タイミングを判断する作業のDX化実験に世界で初めて成功したと、NTTとNTT東日本、NECが発表した。(2023/11/9)

安全システム:
日産自動車が取り組む「社会をデザインする交通安全活動」とは
日産自動車の長谷川哲男氏が「交通安全未来創造ラボ〜社会をデザインする交通安全活動〜」をテーマに行った講演の模様を紹介する。(2023/10/31)

年間1000社を見るための極意:
“ソニー流”ベンチャー投資術 副社長に聞く投資先の「技術の見極め方」
ソニーイノベーションファンドを率い、ソニーグループ副社長CSOを務める御供俊元さんが、ソニーがどのようにベンチャーに投資してきたのかを語った。(2023/10/30)

福田昭のデバイス通信(428) 2022年度版実装技術ロードマップ(52):
コンピューティングと計測・センシングの限界を打破する量子技術(後編)
今回は「2.6.5.2 量子コンピュータ」と「2.6.5.3 量子計測・センシング」の概要を紹介する。(2023/10/27)

「CEATEC 2023」事前情報:
持続可能な未来に向けた「はかる技術」を紹介、アンリツ
アンリツは2023年10月17〜20日に開催される「CEATEC 2023」(幕張メッセ)に出展し、「『はかる』が創る持続可能な未来」をテーマに掲げ、身近な生活や社会課題解決に役立つ製品やソリューションを5つのエリアに分けて紹介する。(2023/10/13)

製造マネジメントニュース:
コニカミノルタが描く勝ち筋、モノづくりの要所を押さえて得られる価値とは(前編)
コニカミノルタはインダストリー事業の戦略について発表。豊富な顧客接点とキーコンポーネントを持つ強みを生かし、個々の事業の強みとともに、これらを複合的に提案することで、同事業の成長につなげる。(2023/10/11)

悪天候下での検知距離も向上:
LiDARの取得データのみで認識精度98.9%を実現
東芝は2023年9月、LiDARの取得データのみで物体を98.9%の精度で認識し、99.9%の精度で追跡できる技術を開発したと発表した。また、悪天候環境下での検知距離を向上する技術や、計測範囲の柔軟性を向上する技術も開発した。(2023/10/4)

山根康宏の中国携帯最新事情:
Xiaomiが“スマホの先”に見据えるもの ロボット開発でIoT家電の覇権を握れるか
Xiaomiはロボット事業にも参入しており、2023年8月には犬型のスマートロボット「CyberDog 2」を発表した。Xiaomiがロボットを手掛ける背景には、スマートフォンの次の見据えた動きがある。Xiaomiはスマートフォンに並ぶ柱の事業として10年以上前からIoT製品の開発も進めている。(2023/10/3)

画像化の手掛かりとなった「ケラー円すい」とは:
壁越しの文字を「Wi-Fi」で画像化できる技術を発表 カリフォルニア大学
カリフォルニア大学サンタバーバラ校で教授を務めるヤサミン・モストフィ氏の研究グループは、静止する物体の形状をWi-Fiを活用して画像化する技術を発表した。(2023/9/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が米テスラに“撤退圧力” 企業が再考すべき「チャイナリスク」とは
「処理水」海洋放出を決めたことで、中国から日本国内の各所に迷惑電話が多発し「中国リスク」というものが浮き彫りに。同様に中国では米テスラへの撤退圧力が強まっており、企業は中国との関係を再考する時期が来ている。(2023/9/8)

現場管理:
NEC、鹿島、NTT東が“電柱の光ファイバー”で、工事振動を常時面的に可視化
NEC、鹿島建設、NTT東日本は、電柱の光ファイバーを振動センサーとして活用し、建設工事に伴う振動を広範囲かつリアルタイムに把握するモニタリング技術の確立に乗り出した。(2023/9/6)

製造マネジメントニュース:
DXで中から外へのサイクルを回す、OKIがDXで中期計画にも織り込んだ成長への布石
OKIは、DXに関する新たな戦略「OKI DX戦略2025」を発表した。内部の業務プロセス改革などの成果を外部に展開するサイクルを構築し、将来事業創出のための価値創造につなげていく方針だ。(2023/8/30)

FAニュース:
独自技術の近接覚センサーを出荷開始、ばら積みピッキングロボハンドの製品化着手
Thinkerは、近接覚センサー「TK-01」の出荷を開始した。また、ばら積みピッキングができる次世代型ロボットハンドの製品化に着手した。TK-01を用い、従来の産業用ロボットでは難しかった作業への適用が期待される。(2023/8/22)

組み込み開発ニュース:
魚肉の鮮度を半導体センサーがニオイで判定、生食加熱などの品質を客観的に保証
産総研は、北海道立工業技術センターとの共同研究により、半導体センサーによってニオイから養殖ブリ魚肉の鮮度を判定する技術を開発したと発表した。(2023/8/22)

維持管理:
ウェザーニューズとオムロンが小型気象IoTセンサーを共同開発 局所的な現場の天候をリアルタイム観測で“減災”へ
ウェザーニューズとオムロンは、狭小な現場でも設置しやすい小型の気象IoTセンサー「ソラテナPro」を共同で開発した。高性能のIoTセンサーで現地の気象をリアルタイムで可視化し、建設現場の安全対策などに役立てられる。(2023/8/18)

京都大学Arm Academic Access事例:
PR:ムーアの法則を超える革新的半導体研究に欠かせないIP無償利用プログラムとは
微細化の限界を打破するMore than Mooreに向けた研究がアカデミアで盛んだ。革新的な半導体の開発ではさまざまなIPを試したいというニーズがあるが、IPライセンスのコストが研究者を悩ませている。京都大学が選んだ、IP活用の最適解とは(2023/8/3)

マテリアルズインフォマティクス最前線(2):
住友ゴムのMIはレシピ共有でスタート、今はタイヤのライフサイクル全体を対象に
本連載ではさまざまなメーカーが注力するマテリアルズインフォマティクスや最新の取り組みを採り上げる。第2回では住友ゴムの取り組みを紹介する。(2023/9/1)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
“2050年の試作品”を作ったソニーG デザイナーが「SF」活用 想像した未来とは?
ソニーグループのデザイン部門が「2050年」をテーマにプロトタイプを制作しました。SF的な思考で描いた未来とはどのようなものか、未来を考える意義が何か取材しました。(2023/7/21)

福田昭のデバイス通信(408) 2022年度版実装技術ロードマップ(32):
幅広い業種から数多くの企業が次世代モビリティーのコンソーシアムに参画
第2章第5節(2.5)「モビリティー」から、第2項(2.5.2)「自動運転と遠隔操作」の内容を抜粋して紹介する。自動運転技術に向けたコンソーシアムや、センシング技術を取り上げる。(2023/7/4)

材料技術:
光センシング技術の高度化に貢献する材料のマーケティングを本格化
JX金属は、茨城大学工学部と共同研究を推進しているケイ化マグネシウム単結晶の社会実装に向けてマーケティング活動を本格化する。(2023/6/27)

脱炭素:
3種以上の物質を含む混合ガスを高速検知可能な新たな熱伝導型ガスセンサー
東芝は、ガスが3種類以上含まれる混合ガスであっても、それぞれのガスの濃度を測定できる熱伝導型ガスセンサーの開発に成功した。新型の熱伝導型ガスセンサーは、ガスクロマトグラフィーと比べ200分の1の小型化と150分の1以下のサンプリング時間で高速検知が行える。(2023/6/26)

ドローン:
測量向けドローンLiDAR「FLIGHTS SCAN」とソニーの国産機体「Airpeak S1」が連携 LiDAR搭載国産ドローンを販売
FLIGHTSは、測量向けドローン搭載型LiDAR「FLIGHTS SCAN」を国産ドローンへ対応すべく、ソニーの国産機体「Airpeak S1」との協業を開始した。(2023/6/22)

自動車周囲検知の課題を解決:
PR:交通事故ゼロに向けて死角なし! 10cmの超至近距離からセンシングできるレーダー
自動車による交通事故ゼロを目指して自動車の周囲を検知するセンサーシステムの搭載が増えている。ただ、並走する自動車や駐車時に動体を検知するセンサーが存在しないことが課題になっている。そうした中で、これらの課題を解決する超短距離レーダーが登場した。(2023/6/14)

人とくるまのテクノロジー展 2023 横浜:
77GHz帯だけじゃない、ミリ波レーダーが開く車載センサーの可能性
車載のミリ波レーダーと言えば、先行車両の検知に用いられる77GHz帯の製品が広く知られている。「人とくるまのテクノロジー展 2023 横浜」では、村田製作所と京セラが、それとは異なるタイプの車載ミリ波レーダーの展示を行った。(2023/6/9)

建設ICTで切り拓く、現場の安全衛生と生産性の向上(3):
建設テックで検査/点検の業務に省力化を(後編)―導入し易い配筋検査や遠隔臨場の建設ICT【第3回】
本連載では、建設業向けにICT製品を展開している日立ソリューションズの販売チームが、それぞれの専門分野を生かして執筆します。連載第3回は、前回に続き、検査/検測の業務を対象に省力化をもたらし、さらに安価な機材と実用的なシステムで比較的導入のハードルが低い建設ICTツールを紹介します。(2023/6/8)

脱炭素:
ホウレンソウの収穫量を1.4倍とする植物成長促進分子を開発、CO2で育つ仕組みとは
パナソニック ホールディングスは、2024年度の上市を目指し、野菜の収穫量を増加する植物成長促進分子「Novitek」の開発を進めている。(2023/4/27)

eスポーツ向けのゲーミングギアブランド「ZENAIM」 無接点磁気センシング技術搭載
 東海理化は4月12日、eスポーツ向けのゲーミングギアブランド「ZENAIM」(ゼンエイム)を立ち上げたと発表した。ブランド第1弾として、2023年5月にロープロファイルキーボード「ZENAIM KEYBOARD」を発売する。(2023/4/14)

福田昭のデバイス通信(392) 2022年度版実装技術ロードマップ(16):
人間の能力を拡張する実装技術
JEITAの「2022年度版 実装ロードマップ」を紹介するシリーズ。今回から、第3項(2.3.3)「人間拡張」の概要を説明する。(2023/3/15)

建設ICTで切り拓く、現場の安全衛生と生産性の向上(2):
建設テックで検査・点検の業務に省力化を(前編)―国交省の革新的技術プロジェクトにみる試行事例【第2回】
本連載では、建設業向けにICT製品を展開している日立ソリューションズの販売チームが、それぞれの専門分野を生かして執筆します。連載第2回は、検査/検測の業務を対象に省力化をもたらす、LiDARやドローン計測、画像解析技術などについて、事例も織り交ぜながら紹介していきます。(2023/3/15)

最先端のCMOS生産能力を獲得:
onsemi、GFの300mm工場買収完了で成長を加速
onsemiは、GlobalFoundriesが保有していた米国ニューヨーク州の300mmウエハー工場および製造施設の買収を完了した。onsemiは、同工場によってパワー、アナログ、センシング技術の成長加速と差別化を図っていく方針だ。(2023/3/8)

宇宙開発:
小型衛星にMIMO技術を搭載し軌道上での通信実証へ、衛星センシング技術も
NTTは、宇宙航空研究開発機構が2024年度に打ち上げ予定の革新的衛星技術実証4号機にて、「衛星MIMO技術を活用した920MHz帯衛星IoTプラットフォームの軌道上実証」を実施する。(2023/3/3)

半導体の技術革新で社会をより良くする:
PR:バリューチェーンの源泉だからできる、持続可能な社会の実現
半導体製造装置はさまざまな先端技術が集結した精密機器だ。ITエンジニアとして世界最先端の技術に触れながら開発に携わることは、社会貢献に深く関わっている。(2023/2/14)

海洋や山間部でもIoTデバイスで通信 NTTとJAXAが「低軌道衛星MIMO技術」「衛星センシング技術」を実証
NTTとJAXAが「衛星MIMO技術を活用した920MHz帯衛星IoTプラットフォームの軌道上実証」を実施。地上通信網が整備されていない海洋や山間部などでのIoTデバイス活用や、センシングサービス提供を目指す。(2023/2/10)

FAニュース:
サーボモーターの保全基準が“時間”から“状態”へ、オムロンの保全DXに新製品
オムロンは生産設備の異常の有無を見える化する「状態監視機器」の新シリーズとして、アドバンスドモーター状態監視機器「K7DD」を2023年3月1日より日本国内で販売すると発表した。4月から順次グローバルに向けて販売する。(2023/2/7)

イノベーションのレシピ:
Wi-Fiによるセンサーレスの位置測定研究が活発化、通信サービスに付加価値を
NTTドコモは同社の最新技術や研究成果を展示する「docomo Open House'23」を開催中だ。本稿ではWi-Fiなどの無線通信による位置センシング技術の展示を取り上げる。(2023/2/3)

量子コンピュータ:
NTT、未知ノイズの影響を抑えた高精度量子センシング技術を開発
NTTは、産業技術総合研究所、大阪大学量子情報・量子生命研究センターと共同で、未知ノイズの影響を抑えて、高精度にセンシングできる量子センシング技術を開発した。(2023/1/19)

維持管理:
藤沢市でICTを活用した法面や急斜面の“崩落”危険予知の計測を開始、メインマーク
メインマークは、メインマーク・ストラクチュアル・コンサルティングと藤沢市、埼玉大学などと産学官連携で進めている研究の一環で、人が体感できない微振動も感知できるICTセンサーを藤沢市内に計15基設置し、振動データの計測を開始した。センシング技術を活用して、法面の災害予兆を検知する取り組みは、全国で初めての試み。(2023/1/11)

未知ノイズの影響を削減可能に:
高精度な量子センシングをハードを改善せずに実現
NTTと産業技術総合研究所(以下、産総研)、大阪大学量子情報・量子生命研究センター(以下、阪大)は2022年12月16日、ハードウェアを改善せずに、より高精度な量子センシングを実現できるアルゴリズムを考案したと発表した。(2023/1/10)

FAニュース:
新実験棟で開発体制を増強、アズビルが目指すモノづくり自律化システムとは
アズビルは2022年12月27日、藤沢テクノセンター(神奈川県藤沢市)内で同年9月に新たに稼働を開始した2つの実験棟(第103建物、第104建物)の一部を報道陣に公開、同社 取締役 代表執行役社長の山本清博氏が会見に応じて2023年の展望などを語った。(2023/1/10)

ワークプレースのデジタルツイン実現:
PR:「人」起点でオフィス空間はもっと快適・省エネに!MYCITYとパナソニック エレクトリックワークス社が新会社「X PLACE」設立
新会社「X PLACE」は、MYCITYの位置情報サービスとパナソニック エレクトリックワークス社の各種機器や空間制御技術を融合させ、「人」起点の快適性と省エネ性を兼ね備えたオフィス領域のDXで、ワークプレースのデジタルツイン実現に挑む。(2022/12/21)

Apple ティム・クックCEOが3年ぶりに師走の日本を訪問する意味
Appleのティム・クックCEOが日本各地を訪れている。3年ぶりの来日となった同氏の訪問やその意味を考える。(2022/12/15)

Appleのティム・クックCEO、ソニーのイメージセンサー製造現場を訪問
ソニーグループは、イメージセンサーの製造などを行うソニーセミコンダクタソリューションズ熊本テクノロジーセンターを米Appleのティム・クックCEOが訪問したと発表した(2022/12/13)

組み込み開発ニュース:
「におうぞ、これはあの人だ」パナソニックが目指す嗅覚のデジタル化
パナソニック インダストリーは2022年11月11日、人の五感の内、残された嗅覚のデジタル化を実現する嗅覚センシング技術についてプレスセミナーを開催した。呼気のにおいによる人の識別や、五感を使ったメタバース環境の実現などへの活用を想定している。(2022/11/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.