• 関連の記事

「電気」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電気」に関する情報が集まったページです。

石川温のスマホ業界新聞:
既存ユーザーにゼロ円を継続したくても「電気通信事業法」の壁――ワンプランにこだわり、2つ目のプランは作らず
楽天モバイルが「月額0円から」のプランを廃止し、全ユーザーを月額980円からのプランに移行させることになった。他のキャリアであれば既存ユーザーには旧プランを提供し続けるだろうが、同社はそうしなかったのはなぜなのだろうか。(2022/5/22)

航続距離は約180キロ:
軽EVの号砲が鳴った! 日産と三菱自が180万円前後で発売
国内の新車販売の約4割を占める軽自動車の電動化の号砲が鳴った。日産自動車と三菱自動車は20日、共同開発していた軽の電気自動車(EV)を今夏に発売すると発表した。(2022/5/21)

自動車業界の1週間を振り返る:
ライフサイクル全体でのCO2排出削減、軽EVは軽のエンジン車をしのいだ!?
土曜日ですね。今週もおつかれさまでした。昨日(5月20日)、日産自動車と三菱自動車が共同開発した軽自動車の新型EV(電気自動車)を発表しましたね。車名は日産自動車の軽EVが「サクラ」、三菱自動車が「eKクロスEV」です。両社のトップは出来栄えに自信満々です。(2022/5/21)

往復約350キロ:
EV界も韓流ブーム? 秀逸なデザインと充電性能 ヒョンデ「IONIQ5」試乗 
EV界にも韓流ブーム? 韓国ヒョンデの電気自動車(EV)「IONIQ5」を試乗する機会をもらって、東京・原宿から千葉・犬吠埼まで、往復約350キロのロングドライブを楽しんできた。(2022/5/20)

あの会社のこの商品:
シリーズ10万台も売れた! 「おりょうりケトル ちょいなべ」誕生のきっかけは?
パッと見たところ電気ケトルなのに調理も可能なモノが、この数年間でいろいろ登場している。先鞭をつけたのは、シロカの「おりょうりケトル ちょいなべ」。調理家電で新ジャンルを確立したこの商品は、なぜ生まれたのか? 同社の開発担当者とマーケティング担当者に話を聞いた。(2022/5/20)

車載電子部品:
e-Axleなど大型モジュールの試験体制を強化、OKIエンジニアリングの群馬拠点
OKIグループで信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリングは2022年5月17日、EV(電気自動車)、ADAS(先進運転支援システム)、自動運転向け車載電子機器や装置の信頼性試験サービスを大幅に強化した「eモビリティテストセンター」を稼働開始したと発表した。(2022/5/19)

施工:
生コンクリートの材料分離抵抗性を簡便に定量評価する手法を考案、西松建設
西松建設は、岐阜大学 工学部 小林孝一教授との共同研究で、施工前に生コンクリートの材料分離抵抗性を簡便な方法で定量的に評価する手法を考案した。今回の手法は、現場に持ち込んで扱える小型の評価試験器を製作し、容器内に詰めたコンクリートに振動エネルギーを加えた時に生じる電気伝導率の経時変化で材料分離抵抗性を評価する。現在、同社では、現場での実装に向けて、データの採取、判定精度など、生コンクリート評価の妥当性に関する検証を続けている。(2022/5/19)

電動化:
デンソーに続きルネサスも車載用パワー半導体を国内生産、投資額は900億円
ルネサス エレクトロニクスは2022年5月17日、2014年10月に閉鎖した甲府工場(山梨県甲斐市)に900億円の設備投資を行い、2024年からIGBTやパワーMOSFETを生産すると発表した。EV(電気自動車)など電動化で需要が急拡大することに対応して、パワー半導体の生産能力を強化する。(2022/5/18)

Innovative Tech:
体内のブドウ糖を電気に変える埋め込み式薄型電池 米MITなどが開発
米マサチューセッツ工科大学(MIT)とドイツのミュンヘン工科大学の研究チームは、体内のブドウ糖(グルコース)を直接電気に変換できる埋め込み式の薄型ブドウ糖燃料電池を開発した。(2022/5/18)

導入事例:
「らくらくアルミケーブル」が佐賀県内で建設中の「SAGAアリーナ」で採用、古河電工
古河電気工業は、古河電工産業電線とともに開発・製造し、SFCCが販売する高機能型低圧アルミ導体CVケーブル「らくらくアルミケーブル」が、佐賀県内で建設中の「SAGAアリーナ」で採用された。なお、官公庁の大型施設工事としては初めての受注となる。(2022/5/17)

愛犬の感電を防ぐには“だっこ” 「踏切の線路に流れている電流」について阪急電鉄に聞いてみた
線路ってそんなに電気が流れてたのか……。(2022/5/18)

PCIM2022:
2kV耐圧のSiC MOSFETとダイオードを発表、Infineon
Infineon Technologiesは2022年5月10日(ドイツ時間)、世界最大規模のパワーエレクトロニクス展示会「PCIM Europe 2022」において2kV耐圧のSiC MOSFETおよびダイオードを発表した。需要が高まる1500VDCのアプリケーション向けで、「出力密度向上とシステムコスト低減を実現し、次世代の太陽光発電、電気自動車(EV)チャージャー、エネルギー貯蔵システムの基盤を提供する」としている。(2022/5/16)

アークを“引き延ばして”遮断:
DC600Vを遮断するリレー、蓄電システムの高容量化に貢献
オムロンは2022年5月11日、定格がDC600V/50Aの高容量リレー「G9KB」を発表した。光発電システムや家庭用V2H(Vehicle to Home)、電気自動車向け急速充電器などの用途に向ける。(2022/5/16)

「法に触れるから月額0円をやめた」わけではない 楽天モバイルが電通法を持ち出した理由とは
楽天モバイルの月額0円プラン廃止。7月1日から全ユーザー1078円スタートに引き上げられるが、その経緯を説明する際に電気通信事業法に抵触するおそれがあったとのコメントが出た。一体どこに抵触する可能性があったのか、同社広報部に確認した。(2022/5/13)

ヤマト、脱炭素へEV2万台 12年までに クール便のドライアイス使用中止も
ヤマトホールディングスは、配送車両の電気自動車化を進める。併せて太陽光発電設備の導入や、クール宅急便でドライアイスの使用をやめるなどの施策を進め、12年の温室効果ガス排出量を2年度に比べ48%削減する。(2022/5/13)

電動化:
スバルが国内生産拠点に5年で2500億円投資、EV専用の生産ラインも検討中
SUBARU(スバル)は2022年5月12日、国内の生産体制の戦略的再編に5年間で2500億円を投資すると発表した。平時の設備投資に加えて、2024年3月期(2023年度)から電動車の生産にかかわる投資を本格化する。EV(電気自動車)への移行期に対応し、他のパワートレインの車両も生産できる柔軟な生産体制を構築するとともに、高効率な生産によってEVの事業性を向上させる。(2022/5/13)

日産の新型EV「アリア」が米国で好調、新規注文停止に グプタCOO「EVで“2番目の革命”起こす」
5月12日に発表した2021年度通期決算で、3期ぶりの黒字回復を果たした日産自動車。そうした中で、業績をけん引したのが米国市場だ。特に21年11月に予約注文を始めたSUVタイプのBEV(バッテリー型電気自動車)「アリア」の販売が好調だといい、グプタCOOは会見で、同車種の新規注文を停止していることを明らかにした。(2022/5/12)

値上げの春:
スタバは「高く売る」ことに成功 「よいモノを安く」では勝てない
「値上げの春」がやってきました。食品、ガソリン、電気代、クリーニング代、ありとあらゆる品やサービスの値上げラッシュが続いています。(2022/5/11)

永久凍結「間違い」:
「道徳的に間違っており、とても愚かだ」マスク氏、トランプ氏排除を撤回
電気自動車大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は10日、買収合意した米短文投稿サイト大手ツイッターの運営をめぐり、トランプ前米大統領のアカウントを永久凍結した対応を撤回する考えを表明した。(2022/5/11)

パーク24が7000人に調査:
電気自動車の保有率1% 航続距離「知らない」7割に
カーシェアリングなどを展開するパーク24(東京都品川区)は、会員約7000人を対象に「電気自動車」に関するアンケート結果を発表した。電気自動車の保有率は1%で、同社の2016年の調査開始以来、ほぼ変動していないことが分かった。(2022/5/11)

材料技術:
割れた自動車用ガラスを再び自動車用ガラスに、新車採用に向けて試験生産
Audi(アウディ)とReiling Glas Recycling、Saint-Gobain Glass、Saint-Gobain Sekuritは2022年4月25日、破損した自動車用ガラスを自動車用ガラスにリサイクルするパイロットラインを立ち上げたと発表した。さまざまなプロセスを経て接着剤などガラス以外の不純物を除去し、新たな自動車用板ガラスを生産する。パイロット生産が成功すれば、将来的にEV(電気自動車)「Q4 e-tron」のガラスに採用する。(2022/5/10)

EVのプリチャージや放電回路向け:
ビシェイ、シャシー実装型巻線抵抗器を発表
ビシェイジャパンは、EV(電気自動車)のプリチャージ回路や放電回路に向けた、AEC-Q200規格準拠のシャシー実装型巻線抵抗器「RHAシリーズ」4製品を新たに発表した。(2022/5/10)

電力供給サービス:
激動の市場変化を受けLooopが新方針、家庭向け電気料金は最大19.7%の値上げに
Looopがエネルギー資源価格の高騰など市場環境の変化を受けて、電気料金の値上げを含む今後の事業方針について発表。家庭向けの電気料金プランは、エリアごとに5.6〜19.7%の幅で値上げを実施する。(2022/5/10)

他社物件との差別化図る:
大京、マンションの駐車場に「EV充電コンセント」を標準化
マンション開発大手の大京は、今後開発する分譲マンションの駐車区画に電気自動車(EV)用のコンセントを標準設置すると発表した。(2022/5/9)

ウクライナ侵攻で:
EV大国の中国に変化? 専門家「日本が勝者になる可能性は十分」
世界的な電気自動車(EV)シフトが進む自動車業界だが、ロシアのウクライナ侵攻で構図が一変するかもしれない。EV大国として知られる中国が、水素ステーションの設置を急速に進めるなど燃料電池車(FCV)化を急いでいるのだ。(2022/5/9)

電動化:
EVへの懸念と実際の満足度は? サブスクで新車に乗る人は? 自工会が調査
日本自動車工業会がまとめた「2021年度乗用車市場動向調査」では、EV(電気自動車)や安全技術に対する高い関心が示された。その一方で、自動車に支払う費用に負担を感じる声も小さくない。カーシェアリングの利用経験やサブスクリプションサービスの利用意向の少なさも判明した。(2022/5/6)

ビシェイ NTCS0603E3.....T、NTCS0805E3.....T:
車載グレードのガラス保護型NTCサーミスター
ビシェイ・インターテクノロジーは、車載グレードのガラス保護型NTCサーミスター「NTCS0603E3.....T」および「NTCS0805E3.....T」シリーズに、新たな電気抵抗値を導入した。従来の5kΩに加え、1kΩや1.5kΩが利用可能になった。(2022/5/6)

電動化:
bZ4Xの月額利用料が決定、CEV補助金適用で月々8万8220円から
トヨタ自動車は2022年5月2日、フルサービスリース「KINTO」での新型電気自動車(EV)「bZ4X」の月額利用料を発表した。申込金77万円の他、月々8万8220円の支払いとなる(CEV補助金のみ適用。FWDモデルで18インチタイヤ、標準ルーフパッケージ、追加オプションなしの場合)。地方自治体の補助金を適用すれば、月額利用料をさらに抑えることもできる。(2022/5/3)

電動化:
EV開発では「本来の目的」よりも走行距離やコスト低減が重視されている
設計ソリューションを手掛けるHexagonは2022年4月19日、EV(電気自動車)の開発上の課題に関する調査結果をまとめたレポート「Recharging the Automotive Market」を発表した。自動車メーカー、ティア1からティア3までのサプライヤー416人を対象に課題や展望について調査を実施した。(2022/5/2)

Medtec Japan 2022:
ワイヤレス給電技術を医療機器向けに展開、カテーテルなどの体内位置検出で
古河電気工業は、「Medtec Japan 2022」において、体内医療機器位置検知ソリューション「Tellumino(テルミノ)」を披露した。(2022/4/28)

Yahoo! MAPに追加機能:
ヤフー、「EV充電スポットマップ」提供開始 全国2万カ所を網羅
ヤフーは自社の地図アプリ「Yahoo! MAP」で「EV充電スポットマップ」の提供を始めた。電気自動車(EV)用の充電スポットの場所や、充電料金などを確認できる。自社の地図アプリのユーザー増とともに、日本国内でのEVの利便性向上につなげる。(2022/4/27)

Innovative Tech:
電気自動車の充電を停止するサイバー攻撃 40m以上先からワイヤレスで可能 英オックスフォード大などが指摘
英オックスフォード大学とスイスのArmasuisse S+Tの研究チームは、電気自動車(EV)と充電ステーションのやりとりを電磁干渉を用いて、離れた場所から攻撃する新しい脆弱性を指摘した論文を発表した。(2022/4/26)

EV用急速充電コネクターなどに適用:
航空電子、銀めっき膜の摩耗を抑える新技術開発
日本航空電子工業は、電気接続部の銀めっき膜の摩耗を大幅に抑える新技術「wearzerO(ウェアゼロ)」を開発した。今後、電気自動車(EV)用急速充電コネクターや車載パワーライン系の大電流コネクターに適用し製品化を進めていく。(2022/4/26)

電気代をふるさと納税で支払い 「ふるなび」、みんな電力の利用申し込み開始
 アイモバイルの運営するふるさと納税サイト「ふるなび」は、4月20日よりみんな電力との契約手続き(利用申し込み)を開始した。契約完了翌月より、「【みんな電力】電力ポイント」を使った電気代の支払いが可能となる。(2022/4/25)

EV元年(中) 「最重要部品」電池争奪戦号砲
2011(平成23)年3月の東京電力福島第1原発事故で、町内全域に避難指示が出された福島県浪江町。17年3月に町中心部など一部地域で避難指示が解除されたが、町に戻った人は事故前の約2万1000人の1割に満たない。いかに復興に取り組むかが課題となるが、この町には脱炭素社会の実現を支えると期待される「宝の山」がある。電気自動車(EV)の使用済みリチウムイオン電池だ。(2022/4/25)

撤退する新電力を支援するサービス、エネチェンジ提供 背景に夏への警戒感
ENECHANGEは21日、やむを得ず小売電気事業から撤退する企業を支援するサービスを始めると発表した。契約者対応などを代行する。(2022/4/22)

熱性能の改善なども:
EV急速充電器など向けの1200V耐圧SiC MOSFET、Infineon
Infineon Technologiesは2022年4月13日(ドイツ時間)、高い信頼性を損なうことなくスイッチング動作条件を拡張するなどした新しい1200V耐圧SiC(炭化ケイ素)MOSFET「CoolSiC MOSFET 1200 V M1H」シリーズを発表した。電気自動車(EV)急速充電器や太陽光発電システムなど幅広い産業用アプリケーションでの採用を狙う。同月20日、同社日本法人インフィニオン テクノロジーズ ジャパンが同製品についての説明を行った。(2022/4/22)

電気自動車:
レクサスにもEV専用モデル、bZ4Xと同じく「e-TNGA」を採用
トヨタ自動車は2022年4月20日、レクサスブランドの新型EV(電気自動車)「RZ」の詳細を発表した。レクサスとしては初のEV専用モデルで、トヨタブランドの新型EV「bZ4X」と同じくEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用した。(2022/4/21)

レクサス初のバッテリーEV専用モデル「RZ」、仕様公開 発売は「今年の後半」
レクサスは新型EV「RZ」の仕様詳細を発表した。レクサスブランド初のバッテリーEV(BEV、バッテリー駆動の電気自動車)専用モデルとなる。価格は未定だが、発売時期は「今年の後半」としている。(2022/4/20)

4月29日オープン:
東京・秋葉原に「ソフマップ」 買い取りサービスのリアル店舗も展開
ビックカメラグループのソフマップは、JR秋葉原駅電気街口前に「ソフマップAKIBA駅前館」(東京都千代田区)を4月29日にオープンする。(2022/4/20)

蓄電・発電機器:
使用済みのEV蓄電池と太陽光パネルで自家消費システム、日東工業が実証導入
日東工業は2022年4月、電気自動車(EV)の使用済みリユースバッテリーと、リユースした太陽光パネルを活用した産業用自家消費システムを開発し、実証導入すると発表した。(2022/4/20)

鉄道関係者に連帯示す:
ことでん、ウクライナ国旗デザインした車両を運行 30代の若手社員が発案
高松琴平電気鉄道(ことでん)は4月19日から、ウクライナ国旗の青と黄のデザインをラッピングした車両の運行を始めた。戦禍のウクライナで運行を続ける鉄道事業者に敬意と連帯を示すという。(2022/4/19)

Innovative Tech:
電気を一時凍結できる「冬眠電池」 使わない分は蓄えて、数カ月後に放電可能 米国エネルギー省が開発
米国エネルギー省の研究施設「Pacific Northwest National Laboratory」(PNNL)の研究チームは、電力をあまり失うことなく数カ月にわたって蓄えられるバッテリーを開発した。(2022/4/19)

電気自動車:
スバル「ソルテラ」の販売目標は月販150台、最上級モデルは682万円
SUBARU(スバル)は2022年4月14日、新型EV(電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」の価格を発表した。(2022/4/15)

太陽光:
太陽光だけで稼働するEVステーション、「カーポート+蓄電池」で実現へ
中国電力は太陽光発電のみの電力で運用する「完全自立型EVシェアリングステーション」の実証事業を開始すると発表した。太陽光発電の電力のみで運用するEV(電気自動車)の充電ステーションに、カーシェアリングサービスを組み合わせた世界初の取り組みになるという。(2022/4/15)

「サイボーグ義手」電通大が開発 筋肉の電気信号で5本の指を操作可能 厚労省の認可取得
電通大が、筋肉が収縮するときの電気信号「筋電」で5本の指を動かせる「サイボーグ義手」の開発と実用化に成功した。障害者などが購入時に補助を受けられる制度の対象として、厚労省の認可も得た。(2022/4/14)

電気自動車:
トヨタのEV「bZ4X」に貢献したアイシンとBluE Nexusの技術
アイシンは2022年4月13日、トヨタ自動車の新型EV(電気自動車)「bZ4X」に採用された製品を発表した。(2022/4/14)

電気自動車:
トヨタのEV「bZ4X」はKINTOやリースで、リユース前提にバッテリーを確実に回収
トヨタ自動車は2022年4月12日、EV(電気自動車)の「bZ4X」を5月12日に日本で発売すると発表した。個人にはサブスクリプションサービス「KINTO」で、法人にはリースで提供する。5月12日からは第1期として3000台の申し込みを受け付ける。第2期の申し込みは2022年秋を予定している。2022年度としては5000台の生産と販売を計画する。(2022/4/13)

電気自動車:
EVとソフトウェアに10年間で5兆円投資、ホンダが2030年までにEV30車種展開へ
ホンダは2022年4月12日、2030年に向けたEV(電気自動車)の戦略について発表した。(2022/4/13)

2030年までにEV30車種・年間200万台生産へ ホンダが新方針
本田技研工業が2030年までにEV(電気自動車)30車種を発売し、年間200万台の生産を目指す方針を明らかにした。世界的なEVシフトの流れを受けたもので、今後10年間で研究開発費として約8兆円を投入し、電動化を加速するという。(2022/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.