• 関連の記事

「健康管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「健康管理」に関する情報が集まったページです。

Apple Watch Series 8は体温計測可能に? 将来のAirPodsは健康管理機能搭載も
Apple製品予測でおなじみのミン=チー・クオ氏がApple WatchとAirPodsについて予想。(2021/9/12)

「auウェルネス」でオンライン服薬指導を開始 健康管理から医療体験までが可能に
KDDIが、トータルヘルスケアアプリ「auウェルネス」の機能を拡張し、9月からオンライン服薬指導サービスを提供する。より医療に近い体験の支援をする環境を、ホワイトヘルスケア、MICINとともに整備していく。定期的に薬を受け取る必要がある患者が、自分の都合に合わせてオンラインで診療から薬の受け取りまで可能になる。(2021/6/30)

日本通信、月間6万歩で1GBのデータ容量と500ポイントがもらえるオプションサービス
日本通信は、オプションサービス「歩いてギガが貯まる」を提供開始。オンライン健康管理サービス「FiNC Plus」を受けつつ、月間6万歩を達成すると1GBのデータ容量とFiNCモールで使える500ポイントがプレゼントされる。(2021/6/22)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
産業医の有効活用のススメ――健康経営に対する1ドルの投資で3ドルのリターンも
健康リスクが高まっている現在、企業で健康管理を行うことは重要な取り組みの一つ。もし少しでも健康リスクを感じた場合、産業医を上手に活用することが有効になる。(2021/6/16)

転倒リスクや体の左右バランスも検知できるスマートベルト +Styleから
+Styleは、健康管理が可能なスマートベルト「SMART BELT PRO」を発売。ウエストサイズ、歩数、食べ過ぎをはじめ転倒リスク予測や体の左右バランスも検知できる。(2021/5/27)

愛猫の消費カロリー自動算出 IoT首輪「Catlog」新機能 ”パーソニャルな食事量”の参考に
「Catlog」に、飼い猫の消費カロリーを計算できる新サービス「フードケア」が登場。猫の健康管理に役立てられる。(2021/5/24)

健康管理アプリ「わたしムーヴ」終了でオムロンの一部体重計が使用不能に 理由は「初期設定時にサーバ接続が必須なため」
オムロンは自社サービスに対応する代替機種の割引販売で対応。(2021/4/22)

お酒の飲み方が変化:
「17%がテレワーク中に飲酒」「40%が飲む量増えた」 気になる社員の健康管理
テレワークが浸透している。お酒との付き合い方はどう変わったのか。人事・総務や管理職が気になる結果が……。(2021/4/19)

五輪関係者の健康管理アプリ、仕様見直しへ 海外客の受け入れ見送りで
平井卓也デジタル改革担当相が7月に開幕予定の東京オリンピック・パラリンピック競技大会(東京五輪)で来日する選手や関係者向けに提供する健康管理システムについて、システムの仕様や運用方法の見直しを行うことを明らかにした。(2021/3/30)

“尿検査できる猫砂”が登場 毎日のトイレが猫ちゃんの健康管理になる猫砂「しぐにゃる」
気ににゃる1品。(2021/3/22)

全国初:
職場近くの飲食店を“社食化” ジャパネットHD、出社・対面重視のコロナ共存策
ジャパネットホールディングスは、出社を基本としたコロナ共存策を打ち出している。「食」を軸とした社員の健康管理に注力。特に拠点周辺の飲食店を“社食化”するアプリの導入は、全国で初めての試みだという。(2021/3/15)

KEIKO、小室哲哉との離婚成立 長きにわたる離婚問題に決着「お騒がせしまして本当に申し訳ありませんでした」
「健康管理に気をつけながら、アーティストとしても皆様に恩返しができるよう、精一杯努力して参ります」とKEIKOさん。(2021/2/26)

開発費73億円で話題の“五輪アプリ”、機能は? 発注元の内閣IT室に聞く
7月に開幕予定の東京五輪に向け、政府が関係者向けに開発を進める健康管理アプリとその開発費がネットで注目を集めている。どんな機能を備えているのか、開発を担当する内閣官房IT総合戦略室にアプリの詳細を聞いた。(2021/2/25)

現場安全対策と健康管理を支援する腕時計型端末の先行予約販売を開始
アイフォーカスは、現場安全対策と健康管理を支援する、リアルタイム体調管理ウェアラブルデバイス「AAASWatch(アースウォッチ)」の先行予約販売を開始した。(2021/2/24)

スマートウォッチの所有率は38.0%、購入理由上位は「健康管理」 MMDが調査
MMD研究所は、2月9日に「2021年スマートウォッチに関する利用実態調査」の結果を発表した。スマートウォッチの所有率は38.0%で、購入した理由で最も多かったのは「健康管理をしたいから」となった。(2021/2/9)

Apple Watch Series 7は採血不要で血糖値測定可能に?
非侵襲方式での血糖値測定は、糖尿病患者だけではなく一般の健康管理への貢献も期待。(2021/1/26)

Garmin、健康管理やSuicaに対応したスマートウォッチ「VENU SQ/VENU SQ Music」発売
ガーミンジャパンは、12月3日に健康管理やSuica決済にも対応したGPSスマートウォッチ「VENU SQ」「VENU SQ Music」を発売。価格は2万4800円(税別)から。予約受付は11月26日に開始する。(2020/11/19)

Garminがヘルスケア事業に本格参入 2020年秋から「Garmin Health」を提供
ガーミンジャパンが、ヘルスケア事業に本格参入する。2020年秋からグローバルプロジェクト「Garmin Health」を提供し、ウェアラブルデバイスを活用した健康管理・健康増進をサポートする。(2020/11/18)

腸内細菌を擬人化、うんこの報告でガチャが引けるゲーム「うんコレ」正式リリース 毎日のログインが健康管理に
擬人化された腸内細菌が、謎の新生物と戦います。(2020/11/16)

最大で年額6万円増額:
身体年齢が若い社員は、年金の掛け金を増額! 健康経営のユニークな企業事例
病気になってから治療に通うのではなく、普段から健康管理に気を付けようというのが近年の潮流である。健康意識を高めるために、ユニークな方法を取り入れた企業の事例を紹介する。(2020/10/21)

イノベーションのレシピ:
「誰かのためのDIY」を後押し、パナの「D+IO」が目指す新しいモノづくりの輪
パナソニックは「他人のためのモノづくり」を促進するモノづくりプロジェクト「D+IO」を展開中だ。GitHub上に公開された「レシピ」を基に、役立つ電子工作デバイスを自作できる。これまでに「CO2換気アラートデバイス」と、ハムスターなどの健康管理が行える「小動物ヘルスケアデバイス」のレシピを公開した。(2020/10/13)

アフターコロナの職場をどう支える?:
職場のコロナ対策やテレワーク迅速化へ OktaがWork.comと連携を発表
SaaSをまたいだID管理サービスを提供するOktaは、Salesforceが提供する職場復帰支援アプリ「Work.com」との連携を発表した。新型コロナウイルス感染症が収まらない中、Work.comが提供する、従業員の健康管理やオフィスの感染対策の可視化、「密」を防ぐための出社管理といった機能は連携でどのようなメリットを受けられるのか。(2020/10/9)

社員の健康管理も:
オフィスのソーシャルディスタンスを確保するには? ウィズコロナで活用進むHR Tech
ウィズコロナの世界、人事の領域ではいわゆるHR Techへの期待が高まっている。ソーシャルディスタンスの実現、社員の健康管理など、HR Techの導入はどのような効果をもたらすのか。(2020/9/14)

KDDI、ベンチャー4社と健康管理アプリ 豊島区と連携し21年に商用化を目指す
KDDIがベンチャー企業と連携し、スマートフォンで体重、脈拍、歩数や生活習慣病の発症リスク度を表示するアプリを開発する。東京都豊島区と共同で進める東京都の公募事業でアプリを活用し、2021年4月以降の商用提供を目指す。(2020/9/7)

NECがServiceNowの健康管理アプリを採用、デジタルオフィスを推進
NECは、COVID-19の感染拡大に伴う、デジタルオフィス化プロジェクトの推進のため、ServiceNowの従業員向け健康管理アプリを採用した。NECのオフィスに設置されたデジタル入退場ゲートと同アプリを連携させ、オフィス内の従業員の健康と安全を確保する。(2020/8/21)

セールスフォース 従業員の健康を管理するBCPソリューションを国内で提供開始
セールスフォースは、企業や組織の安全な事業再始動を支援する新しい製品群を発表した。COVID-19のみならず、台風や地震、洪水といった緊急事態での対応や従業員の管理を包括的に支援するという。(2020/7/21)

入館時に自動検温、売店は手ぶら決済 NECが本社ビルでコロナ対策の実験
NECが東京・港区の本社ビルで、テクノロジーを使った新型コロナ対策の実証実験を開始。顔認証と検温ができるカメラを入口に配置し、本人確認と健康管理を自動化する。売店では入店や決済の際に顔認証を活用し、店員と接さず手ぶらで買い物できるようにする。(2020/7/13)

日本マイクロソフト COVID-19軽症患者向けの健康管理アプリに技術協力
日本マイクロソフトは、東京都がCOVID-19軽症患者向けに提供する「健康管理アプリケーション」に技術協力した。同社は、他の自治体でも同アプリケーションを利用できるよう「GitHub」にソースコードを公開した。(2020/6/24)

都の「健康管理アプリ」日本MSが技術協力 「わずか数日で」開発 GitHubでテンプレ公開
新型コロナ軽症者が療養する都の施設で、患者が毎日の体調を看護師などに報告する「健康管理アプリケーション」の開発に、日本マイクロソフトが技術協力した。(2020/6/24)

共和薬品とFRONTEO、“AIで認知症診断”実現へ提携強化 医師・患者の会話から重症度など判定 23年度の薬事承認目指す
共和薬品工業とFRONTEOが、AIを活用した認知症診断システムの実用化に向けて提携を強化。2023年度中の薬事承認を目指し、2020年度中に特許を取得する計画。将来は、診断で蓄積するビッグデータを使った健康管理アプリの開発も目指す。(2020/6/3)

世界初! 月額2222円でねこちゃんの健康管理ができるサブスク動物病院が誕生
東京・神奈川・埼玉・千葉には往診をしてくれます。(2020/2/29)

医療機器ニュース:
スマホアプリに、電子血圧計の測定値QRコードを読み取る機能を追加
エー・アンド・デイは、自社のBluetooth通信対応ICT健康機器に対応したスマートフォン健康管理アプリケーションに、医用電子血圧計で測定した血圧値のQRコードを読み取る機能を追加した。(2019/8/30)

ASUS、健康管理に適したスマートウォッチ「ASUS VivoWatch BP (HC-A04)」発売
ASUS JAPANが新型のスマートウォッチを発売。心拍数・健康データの測定や精神的ストレス状態のチェック、1日のアクティビティ確認をはじめ運動量のリアルタイムデータ、睡眠時間なども把握できる。(2019/8/2)

ガーミン、シリーズ最軽量のGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を8月1日に発売
ガーミンジャパンは、8月1日にGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を発売。32〜36gという軽量モデルで、トレーニング機能や健康管理をサポートする機能も充実している。価格は2万4800円(税別)で、計4色をそろえた。(2019/7/18)

IoTで肉牛の肥育を管理、鹿児島サンライズファームが全4000頭に導入
鹿児島サンライズファームは、同社が肥育する全ての肉牛に、牛の行動モニタリングシステム「U-motion」を導入する。センサーで収集した牛の行動データをクラウド上に蓄積し、牛の健康状態を管理する。(2019/6/14)

“おいしいデータ”で、成果が出るAIモデルを育てる(2):
「データセットの準備を丸投げしない」――健康管理アプリ「FiNC」AI開発5つの教訓
ヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」を開発するFiNC Technologiesで代表取締役CTOを務める南野充則氏は、AI研究開発プロジェクトを通じて得た「5つの教訓」を紹介した。その教訓とは。(2019/4/16)

仮想アシスタントやチャットbotを活用
AI×フィットネス:Fitbit、Shft、Planet Fitnessの新アプリはここがスゴイ
AI技術の導入で続々と新たなサービスが登場するフィットネス業界。パーソナライズしたサービスを提供し、ユーザーの健康管理やトレーニングの効果を高めている。Fitbitから仮想アシスタントに至るまで、その状況を紹介する。(2019/3/23)

Oaxis Japan、3000円台のウェアラブル端末「Tenvis HR」発売
Oaxis Japanは、1月22日に次世代スマートウェアラブルウォッチ「Tenvis HR」を発売。毎日の健康管理やフィットネスに欠かせない数値を確認・管理でき、スマートフォンとの連携で着信やSNSのメッセージなどもチェックできる。約2時間でフル充電でき、最大14日間の連続使用可能だ。(2019/1/22)

糖質が気になる人に朗報 サブウェイが店頭メニューに糖質量の表示をスタート
健康管理に役立てたい。(2019/1/9)

ホワイトペーパー:
離職防止に効果あり? 健康経営に役立つ健康増進テクノロジーと福利厚生施策
離職防止の観点からみても、従業員の健康管理は企業の重要課題だ。従業員が幸せを感じて働き続けられるよう、欧米企業の雇用者側が実施している福利厚生施策と、新しいトレンドになりそうな健康増進テクノロジーを紹介する。(2018/12/25)

住宅・ビル・施設Week 2018:
凸版印刷が提案するIoT×建材の第2弾は、日常空間に溶け込む「壁材ディスプレイ」と「健康管理の床材」
凸版印刷は「第3回 高機能建材・住設EXPO」で、「トッパンIoT建材」や建装材の新製品などを披露した。IoT建材の第2弾では、壁材×ディスプレイと、床材×健康管理の新建材が初披露された。(2018/12/13)

タニタ、とうとうゲーム機能内蔵体組成計を開発 ピンボールを楽しみながら健康管理できるぞ
ゲーム関連の製品をよく作ってると思ったら……。(2018/12/11)

使いたくなるPHR/EHRの姿【後編】
千葉大学病院「SHACHI」が実現した、医療情報連携を持続させるエコシステム
患者が自身の健康情報を管理し、医療機関と共有できる「PHR」は、まだ身近な存在とは言い難い。普及とサービス維持の鍵となる「予算/収益の確保」を、千葉大学医学部附属病院の「SHACHI」はどう実現したのか。(2018/11/13)

使いたくなるPHR/EHRの姿【前編】
千葉大学病院「SHACHI」が目指す役割――ベンダーロックイン打破と医療情報連携の促進
患者が自身の健康情報を管理し、医療機関と共有できるツール「PHR」。ベンダーロックインの問題など、医療機関同士のデータ連携には数々のハードルがある。千葉大学医学部附属病院のPHR「SHACHI」はどう解決したか。(2018/11/12)

医用画像やウェアラブルデバイスのデータを活用できる可能性
「次世代医療基盤法」はなぜ生まれ、医療情報の活用をどう変えるのか?
個人が健康管理に使うヘルスケアデータや、病院が管理する医療情報をビッグデータとして収集し、医学研究に活用する動きがある。2018年に施行された「次世代医療基盤法」は、この動きを後押しする可能性がある。(2018/11/19)

建設現場向けデジタルサイネージ:
建設現場でEC決済を可能にするDSシステム、現場管理や安全教育のサービスも提供
飛島建設とWill Smartは、建設現場向けのデジタルサイネージシステム(DS)を共同開発した。このシステムにより、建設現場でのEC決済や入退場記録、健康管理、安全教育コンテンツの配信などを行い、過去にない建設現場支援サービスとして建設現場の働き方改革、生産性向上を図っていく。(2018/10/24)

ウェアラブルニュース:
健康管理アプリの検証効率化へ、心電図など測れる開発用ウェアラブル端末
Maxim Integrated Products(マキシム)は2018年9月26日、ヘルスケア向け腕時計型ウェアラブル端末の開発プラットフォーム「Health Sensor Platform 2.0(HSP2.0)」を発表した。心電図や心拍数、体温を計測するマキシムのセンサーを、ウェアラブル端末の腕時計部分に収めた。(2018/9/26)

IoT体調管理:
位置情報×動画の労務管理にリスバンド生体センサー「MEDiTAG」が連携、凸版印刷が提案する建設現場の体調管理
凸版印刷は、建設や製造現場の労務状況を分析できる「ID-Watchy(アイディーウォッチー)」に、リストバンドタイプの生体センサーを連携させた「ID-Watchy Bio(アイディーウォッチーバイオ)」を開発した。これまでのID-Watchyの位置情報と映像に加え、生体データを取得することで、現場の健康管理も行えるようになる。ID-Watchy Bioは2018年内をめどに製品化を目指す。(2018/9/13)

ボタンと電池だけのハードウェア、情報をどう書き込む?:
ママさんの思いが詰まった「うんこボタン」――IoTで実現する赤ちゃんの健康管理
144Labが開発した赤ちゃんの排せつ物を記録するIoT製品「うんこボタン」。144Labにとって初めてのIoT製品かつB2C向け製品ということもあり、開発にはさまざまな苦労があった。製品に詰められた、ある“思い”とは。(2018/8/29)

ウェアラブルIoT:
酷暑の建設現場で“体調変化の予兆”を知らせるIoT健康管理システム
酷暑が続く炎天下の建設現場で、作業員の体調管理をどう管理するかは、人手不足が叫ばれる建設業界において入職者を増やすための課題の1つとなっている。ここ最近では、繊維メーカーや大学機関がウェアラブルIoTや生体データの取得・分析システムの開発に乗り出すなど、取組みが始まっている。(2018/8/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.