• 関連の記事

「GPS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Global Positioning System:全地球測位システム

embedded world 2024でNordicが披露:
非セルラー5GやWi-Fi測位も対応 セルラーIoTプロトタイピングキットを先行公開
Nordic Semiconductorはドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2024」で、最新のセルラーIoT(モノのインターネット)プロトタイピングプラットフォーム「Nordic Thingy:91 X(以下、Thingy:91 X」を先行公開した。LTE-M/NB-IoTやGPSのほか、非セルラーの5G無線標準「DECT NR+」やWi-Fi位置情報にも対応する製品だ。2024年中の展開を予定しているという。(2024/6/7)

小1息子リクエストのGPSポーチに「水で出来るんですね!」「可愛ぃぃぃぃ」 羊毛フェルトのもう1つの作り方に「目からウロコすぎる」と驚きの声
水とせっけんを使う手法。(2024/5/24)

xR:
「江戸東京たてもの園」の鑑賞価値を高めるWebアプリをDNPが公開
DNPは、「江戸東京たてもの園」に移築した歴史的建造物の鑑賞価値を高めるWebアプリケーションを公開した。WebアプリはWeb特設サイト上で展開し、AR技術やGPS機能を用い、園内の建築物をより深く、楽しく、快適に体験できることをコンセプトにしている。(2024/5/8)

旦那の位置情報をGPSで確認したら…… ヤバすぎる現在地の表示に「生きてる?大丈夫そ?」 「スイミングかも」「沈めた?」と考察も捗る
笑ってる場合かー!(2024/5/1)

GPSジャミングをどのように可視化したのか:
Flightradar24、GPSジャミングを受けている地域を可視化した「GPSジャミングMAP」を公開
世界中の航空機のフライト情報を追跡、可視化したサービスを提供するFlightradar24は、GPSジャミングや干渉を受けている地域を可視化した「GPS jamming map」を公開した。(2024/4/16)

石川温のスマホ業界新聞:
通信業界キーマンが懸念する「台湾有事」――電力、GPS、ネットへの侵略にどう対応するか
最近、複数の通信事業者の幹部(経験者を含む)と話をする機会があり、誰もが台湾情勢を憂慮していた。意外に思えるかもしれないが、台湾で何かがあると、GPSに影響が出る可能性があるのだ。(2024/4/7)

Garmin、ランニングGPSウォッチ「Forerunner」からエントリーモデル発売 音楽機能対応モデルも
ガーミンジャパンは、ランニングGPSウォッチから初心者向けエントリーモデル「Forerunner 165」と複数のストリーミングサービスに対応する音楽機能も装備した「Forerunner 165 Music」を発売する。(2024/2/26)

VTuberへのプレゼントに“GPS発信器” 「あおぎり高校」が発表 プレゼントの受け付けを今後も停止に
VTuberグループ「あおぎり高校」をプロデュースするviviONは、所属VTuberへのプレゼントの中に隠れてGPS発信器が仕込まれていたと発表した。(2024/2/7)

人気Vtuberグループ「あおぎり高校」へのプレゼントにGPS発信器 運営元「刑事告訴を検討」
今後も継続してプレゼントは受付停止するとしています。(2024/2/7)

小型GPS端末「あんしんウォッチャーLE」の本体代(5680円)が無料に KDDIのキャンペーンで
KDDIは2月1日、小型GPS端末「あんしんウォッチャーLE」の本体代(税込み5680円)を割り引くキャンペーンを始めた。条件を満たせば半額で入手できるか全額が割り引かれる。2024年2月末以降には位置情報や通知の精度などを改善するアップデートが予定されている。(2024/2/2)

+Style、GPSトラッカー「まもサーチ3」のペット用ソフトカバー&車載ケース発売 1月16日まで最大約2000円オフ
BBソフトサービスは、GPSトラッカー「まもサーチ3」のペットの首輪に着けられる専用ソフトカバーと、IP68の防水防塵(じん)や超強力マグネットを備えた車載ケースを発売した。(2024/1/10)

RANGEMANの新モデル:
カシオ計算機、心拍計とGPSを搭載した「G-SHOCK」を発売
カシオ計算機は、G-SHOCKの新製品「GPR-H1000」を1月19日に発売する。サバイバルシーンで真価を発揮する「RANGEMAN」の新モデルとなる。(2023/12/27)

ドローン:
日本一のアーチ橋「広島空港大橋」を自律飛行型と狭小空間専用のドローンで点検 パーソルP&Tと長大
パーソルプロセス&テクノロジーと長大は、日本最大のアーチ橋として知られる「広島空港大橋」で、自律飛行型と狭小空間専用の2種類のドローンを用いて、非GPS環境下や狭いスペースの支柱内外を点検した。(2023/12/20)

音声メッセージ送信が可能な「みてねみまもりGPSトーク」、24年1月15日に予約開始
MIXIは、2024年1月15日に子ども用GPSサービス「みてねみまもりGPSトーク」の予約販売を開始。アプリと端末の両方から音声メッセージを送受信できる「音声メッセージ機能」を搭載している。(2023/12/20)

「Apple Watch Ultra」が12万4800円→9万5824円に Amazon ブラックフライデーで
Appleはアマゾンジャパンが開催する「Amazon ブラックフライデー」で、スマートウォッチを特価販売している。「Apple Watch Ultra(GPS + Cellular)」「Apple Watch Series 8(GPS + Cellular)」などがお得に買える。記事内は全て税込み。(2023/11/24)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
住友精密工業の「Northfinder」 MEMSジャイロで掘削現場の非GPS環境でも方位検出
非GPS環境でも、方位を正確に検出できる住友精密工業の「Northfinder」。建設工事の掘削現場をはじめ、航空機や船舶の運航システムなどでも用途拡大の可能性を秘める。(2023/10/31)

スポーツウォッチ「Polar Vantage V3」発売 バイタルデータ計測用の新センサー搭載
ポラールは、GPSプレミアムスポーツウォッチ「Polar Vantage V3」の予約受付を開始。価格は9万3500円(税込み)で、オンラインストア限定でH10 N心拍センサーセットも取り扱う。(2023/10/12)

Garmin、GPSスマートウォッチ「vivoactive 5」発売 昼寝や仮眠の睡眠スコアも検出
ガーミンジャパンは、GPSスマートウォッチ「vivoactive 5」を発売。毎日の健康状態をモニタリング分析できる独自のライフログ機能、体調変化や不調を確認できるモニタリング機能などを備える。価格は3万9800円(税込み)。(2023/10/11)

+Style、「Amazon季節先取りSALE」へスマートデバイス95商品を出品 最大73%オフ
BBソフトサービスは、9月1〜4日に開催される「Amazon季節先取りSALE」へスマートデバイス95商品を出品。空気清浄機やLEDスマートシーリングライト、見守りGPS「まもサーチ2」などが最大73%オフになる。(2023/9/1)

物流のスマート化:
日産自動車とTOPPANエッジ、完成車両の位置をリアルタイムで把握する物流管理システム開発
日産自動車とTOPPANエッジは、GPSとRFIDを用いて、完成車両の位置をリアルタイムで把握できる物流管理システムを共同開発した。完成車両を移動させる作業者が、専用デバイスのボタンを押すことで、車両情報と位置情報を登録できる。(2023/7/18)

Amazfit、デュアルバンドGPSを搭載したアウトドア向けスマートウォッチ「T-Rex Ultra」
Zepp Healthは、ハイエンド設計のアウトドア向けスマートウォッチ「Amazfit T-Rex Ultra」の販売を開始する。(2023/6/27)

お散歩中のワンコ、いにしえのGPSをつけた姿が目撃される【ハンガリー】
確かにGPSですわ。(2023/6/21)

aiwaデジタル、GPS対応の8型タブレット「aiwa tab AB8」発売 約2万円
JENESISは、6月16日「aiwaデジタル」ブランドのタブレット「aiwa tab AB8」を発売。 価格は2万800円(税込み)で、8型ディプレイ搭載のアルミ製ボディーにMediaTek MT8183やGPSを備える。(2023/6/19)

地下やエレベーター内でもスマホから位置を推定 無線LANを使った技術を開発
東京都市大学は、GPSの電波信号強度が弱い屋内でも位置推定が可能になるプログラムを開発。建物内に設置されている無線LAN基地局とスマホを利用し、無線LANの受信信号の識別名などを記録/分析して現在位置を推定する。(2023/5/30)

小1息子「こちら猫発見、大丈夫か?」 ボイス付きGPSをトランシーバーのように使う家族のやり取りに「おもしろすぎ」の声
愉快な親子。(2023/5/25)

GIS:
3D海底地形データと沖縄発のGPS端末で海難事故の救助活動を実証、パスコとクアドラプランニング
パスコとクアドラプランニングは、両社が培ってきた専門技術である詳細な3次元海底地形データと沖縄で開発されたGPS端末を活用した実証実験に着手した。実施場所は、サンゴ礁があり、マリンレジャーが盛んな沖縄県座間味島沿岸部で、さまざまな状況を想定して行った。(2023/3/31)

Garmin、ランニングGPSウォッチ最上位モデル「Forerunner 965」4月4日発売 疲労を数値化する機能も
ガーミンジャパンは、4月4日にランニングGPSウォッチシリーズの最上位モデル「Forerunner 965」を発売。1.4型のAMOLEDディスプレイやトレーニング負荷の疲労を数値化する新機能「負荷比」も備える。価格は8万4800円(税込み)。(2023/3/28)

奥山佳恵、ダウン症の11歳次男が“行方不明”に 雨天捜索の末に4キロ先で無事発見 「GPSー!! 早急に入手せねば」
関係者への感謝のことばも。(2023/3/19)

ソフトバンク、「キッズフォン3 すみっコぐらし」「どこかなGPS2 すみっコぐらし」3月3日に数量限定発売
ソフトバンクは、3月3日に「キッズフォン3 すみっコぐらし」「どこかなGPS2 すみっコぐらし」を数量限定で発売。ソフトバンクオンラインショップなどECサイトで予約を受け付けている。(2023/2/22)

藤本美貴、“夫の浮気”を心配する紺野あさ美に至言 GPSで行動把握も「安心しきれないんだよね……」
夫婦の数だけ答えがある問題。(2023/2/12)

+Style、電池持ち2カ月のGPSデバイス「まもサーチ3」発売、AirTag互換の「まもサーチTag」も
+Styleブランドから、GPS搭載の見守りデバイス「まもサーチ3」と、AirTag互換の紛失防止タグ「まもサーチTag」が発売された。(2023/2/9)

緊急通知ボタンを搭載 「みてねみまもりGPS」第3世代モデルの予約受付中
ミクシィは、子供向けGPSサービス「みてねみまもりGPS」の第3世代モデルを予約受付中。第2世代モデルの位置精度やバッテリー容量を引き継ぎ、新たに現在地を保護者に通知する緊急用の通知ボタンを搭載した。(2023/2/3)

ソフトバンク、キッズフォン3の「ドラえもん」「すみっコぐらし」モデルを数量限定発売 3月上旬以降
ソフトバンクは、3月上旬以降に子ども向けケータイ「キッズフォン3」の「ドラえもん」「すみっコぐらし」コラボレーションモデルを数量限定で発売。「どこかなGPS2」のすみっコぐらしモデルも販売する。(2023/1/19)

GPSやカメラで人流解析:
御堂筋の歩道を広げてベンチを設置 人の動きはどうなったのか
梅田と難波を結ぶメインストリート「御堂筋」では、2017年からスマートストリート化を掲げた社会実験「御堂筋チャレンジ」が行われている。6車線のうち2車線をつぶして歩道に。GPSやカメラで人流解析をしたところ、どんな変化が見られたのか。(2023/1/5)

Garmin、タフネスウォッチ「Instinct Crossover」4種を発売 ウォッチフェースにアナログ時計を採用
ガーミンジャパンは、タフネスアウトドアGPSウォッチシーズからウォッチフェースにアナログ時計を組み込んだハイブリッドモデル「Instinct Crossover」を発売。価格は8万3000〜9万9000円(税込み)。(2022/12/8)

サブスクビジネス大賞 オンラインピル診療をおさえて1位になったのは?
第4回「日本サブスクリプションビジネス大賞2022」。グランプリは、電波の届かない山の中でもスマホによって現在地が分かる登山地図GPSアプリ「YAMAP(ヤマップ)」だった。(2022/12/16)

ソフトバンク、みまもりデバイス「どこかなGPS2」12月7日に発売 最長1カ月半の連続使用が可能
ソフトバンクは、12月7日から子どもや大切な物の位置情報をスマホで確認できる小型デバイス「どこかなGPS2」を発売。2周波GPSの対応で測位精度が向上し、1回の充電で最長1カ月半の連続使用が可能となった。(2022/12/1)

Innovative Tech:
Starlinkの電波をハッキング、GPSの代用として位置情報の特定に成功 米テキサス大の研究者らが検証
米The University of Texas at Austinの研究チームは、米SpaceXの衛星インターネットサービス「Starlink」の信号をハッキングし、GPSにみる衛星測位システムに適応した研究報告を発表した。(2022/11/1)

組み込み採用事例:
「RICOH THETA X」がGNSSモジュールを搭載、正確な位置情報の埋め込みが可能に
u-bloxのGNSSモジュール「u-blox ZOE M8B」が、リコーの360度カメラ「RICOH THETA X」に搭載された。GPS機能が加わったことで、カメラ単体で正確な位置情報を取得し、データに埋め込むことができる。(2022/10/24)

ドローン:
“AI自律飛行”で建設特化のSkydio製ドローンは何が革新的なのか?センシンロボティクスとの実証から探る
AIによる自律飛行で、建設ドローンの可能性を広げているSkydio――。Skydioのドローンは、従来のマニュアル操作の機体と異なり、人の技量に頼らず、非GPS環境下で自律飛行して3Dモデルを作成できるため、ドローン業務の工程全体が効率化される。(2022/10/14)

auとソフトバンクで「Pixel Watch」を契約するには? 注意点から申し込み方法までを総ざらい
Google初のスマートウォッチ「Pixel Watch」はGPS専用のみならずLTEモデルも用意されている。LTEモデルはauかソフトバンクの通信サービスを契約し、単体での通信が可能だ。注意点と申し込み手順を紹介する。(2022/10/14)

Amazfit、高精度GPS機能を備えたスマートウォッチ「GTR 4」「GTS 4」
中国Zepp healthは、Amazfitブランドから高精度GPS機能を備えたスマートウォッチ「Amazfit GTR 4」「Amazfit GTS 4」を発表した。(2022/10/12)

ムーミン谷を冒険できるGPS歩行アプリ「Moomin Move」オープンβ版がリリース
Triberedは、GPS歩行シミュレーションアプリ「Moomin Move」のオープンβ版をリリース。ムーミン谷の住人を訪ねてミステリーを解決しながらアイテム収集やペット育成を楽しめを、原作ムーミンの世界に忠実な衣装も登場する。(2022/10/12)

「GPSデバイス」のセキュリティリスク【後編】
ドローンやAirTagを“脆弱性まみれ”にしないための「製造者責任」とは?
GPSデバイスのセキュリティリスクを減らせるかどうかは、ベンダーの開発段階での“ある取り組み”が鍵を握る。それは何なのか。(2022/9/16)

「GPSデバイス」のセキュリティリスク【前編】
「AirTagが知らないうちに付いていた」は要注意 GPSデバイス悪用の手口とは?
位置情報を追跡できる「GPSデバイス」は便利な半面、第三者に悪用されると危険だ。どのような悪用の手口があるのか。GPSデバイスを安全に利用するにはどうすればよいのか。(2022/9/9)

衝突検知も可能な「Apple Watch Series 8」と廉価版「Apple Watch SE(第2世代)」が9月16日に発売
Appleは9月8日(日本時間)、「Apple Watch Series 8」「Apple Watch SE(第2世代)」を発表した。どちらも8日に予約の受け付けが始まり、9月16日に発売となる。Apple Watch Series 8の価格はGPSモデルが399ドルからで、Cellularモデルは499ドルからとなる。Apple Watch SE(第2世代)の価格は249ドルから。(2022/9/8)

ソーラー充電で約150時間稼働 GarminのスポーツGPSウォッチ「Enduro 2」
ガーミンジャパンは、8月25日にソーラー充電対応のGPSウォッチ「Enduro 2(エンデューロ2)」を発売する。価格は16万5000円。ソーラーパネル面積の拡大により、バッテリー駆動時間が長くなった。(2022/8/22)

モバイルIT用語辞典:
「GPS」は何の略? どんな仕組みで場所を測定している?
スマホの地図アプリやカーナビなど、地図を使うアプリや電子機器に必要な「GPS」という機能。どういった仕組みで自分の場所を特定しているのだろうか。(2022/8/11)

「トランスフォーマー」のAR位置情報ゲーム登場 NianticではなくSnowpipeから
SNOWPIPE JAPANは4日、「トランスフォーマー」をモチーフにしたスマホゲーム「TRANSFORMERS ALLIANCE」の配信を始めた。ARとGPSを活用する位置情報ゲーム。同様のコンセプトを持つゲームは米Nianticも開発していた。(2022/8/4)

無線に求められる低消費電力の特性
ガラスメーカーが資産追跡に「GPS」ではなく「LPWA」を採用した理由
「LPWA」を使うことで、低消費電力で広域を接続するIoTが可能になる。あるガラスメーカーは、LPWAで配送業務を効率化している。その方法とは。(2022/7/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.