• 関連の記事

「HTC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

5K映像の中でビジネスがサクサク進む! 「VIVE Focus 3」に触ってきた
HTCが6月に発売したビジネス向け新型VRヘッドセット「VIVE Focus 3」を体験。5K映像に浸りながら、新たな可能性を考えた。(2021/7/7)

VIVE公式VRパーク「VIVE Wonderland」がリニューアル 6月11日/12日開催の「VIVECON Japan 2021」が視聴可能に
HTC NIPPONは、同社が運営するVIVE公式VRパーク「VIVE Wonderland」のリニューアルを発表した。(2021/6/7)

ハンパない5K映像の没入感に浸る――「VIVE Pro 2」に触ってきた
HTCが6月に発売する新型VRヘッドセット「VIVE Pro 2」を先行体験。5K映像に浸ってきた。(2021/5/28)

VRニュース:
5K解像度VRヘッドセット2機種とビジネス向けツールを発表
HTC NIPPONは、5K解像度のVRヘッドセットの新機種「VIVE Pro 2」「VIVE Focus 3」と、VRやARなどXRをビジネスに活用するためのツール「VIVE Business」を発表した。優れたビジュアルとオーディオ、管理ツールで、多様なVRニーズに応える。(2021/5/28)

HTCが新型VRヘッドセット「VIVE Focus 3」「VIVE Pro 2」を発表 発売は6月
HTCの発表会がオンラインイベント「VIVECON 2021」を開催し、新型VRヘッドセット「VIVE Focus 3」と「VIVE Pro 2」を発表した。発売はいずれも6月の予定だ。(2021/5/12)

HTC、5K&120Hz対応のVRヘッドセット「VIVE Pro 2」 10万3400円から
台湾HTCが、新型VRヘッドセット「VIVE Pro 2」を発表。4Kよりもさらに細かい5Kに対応し、リフレッシュレートは最大120Hzをサポートする。6月下旬に発売し、価格はヘッドセット単品で10万3400円(税込、以下同)。(2021/5/12)

VRニュース:
HTCとラティス・テクノロジーが製造領域におけるVR検証の普及拡大に向けて協業
HTC NIPPONは製造領域におけるVR検証において、ラティス・テクノロジーと協業を開始。ラティスの「XVL Studio VR オプション」の最新バージョンで、HTCの「VIVE 商用向けリモートレンダリングソリューション」をサポートする機能をβ版として提供する。(2021/4/13)

HTC、小型軽量化したVRトラッカー「VIVE トラッカー(3.0)」
アユートは、HTC製の最新VRトラッカー「VIVE トラッカー(3.0)」など2製品の取り扱いを開始する。(2021/3/15)

VRヘッドセットのVIVEに「表情トラッカー」 口元など38カ所をキャプチャー
台湾HTCが、VRヘッドセットに取り付けることで人間の表情をトラッキングできる機器「Vive Facial Tracker」を発表。価格は139ユーロ(約1万8000円)で、まずは英国やフランスなどで発売する。(2021/3/11)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
HTC初の5Gスマホ「U20 5G」が香港でも発売 販売国を絞って投入か
HTCから待望の5Gスマートフォン「U20 5G」が発売されました。2020年5月に発表されていたものの、発売は台湾が9月、香港では12月とかなり間が空いての登場です。Snapdragon 765G、6.8型(1080×2400ピクセル)ディスプレイを搭載しており、3898香港ドル(約5万2000円)です。(2021/1/18)

HTC、5000mAhバッテリーの5G端末「Desire 21 pro 5G」を台湾で発売 約5万円から
HTCが5G対応の新Android端末「Desire 21 pro 5G」を発表した。台湾で1万2990台湾ドルで発売する。プロセッサは「Snapdragon 690 5G」で、5000mAhのバッテリーを搭載する。(2021/1/14)

Microsoftの「Flight Simulator」がVR対応に OculusやHTCのヘッドセットもサポート
飛行シミュレーションゲーム「Microsoft Flight Simulator」がアップデートで、VRヘッドセットに対応した。HTC Vive、Oculus、Windows Mixed RealityなどのSteamVR互換またはOpenXR準拠のヘッドセットをサポートする。(2020/12/23)

HTC製エンタープライズ向けVR HMD「VIVE Pro Eye」のヘッドセット単体モデルが発売
アユートは、HTC製VR HMD「VIVE Pro Eye」のヘッドセット単体モデル「VIVE Pro Eye HMD」の取り扱いを開始する。(2020/11/12)

HTC、初の5Gミッドレンジ「U20 5G」を台湾で発売へ
HTCがミッドレンジだが5Gサポートの新スマートフォン「U20 5G」を台湾で発売する。Snapdragon 765Gを搭載し、アウトカメラは4台、バッテリーは5000mAhだ。(2020/6/17)

視線追跡できるVR HMD「VIVE Pro Eye」とスタンドアロンの「Focus Plus」、一般向けに発売
HTC NIPPONは、これまで法人向けに販売していたVRヘッドマウントディスプレイ(VR HMD)「VIVE Pro Eye」とスタンドアロン型VR HMD「VIVE Focus PLUS」を一般向けに発売する。価格は順に16万2880円、8万9750円(いずれも税別)。(2020/6/5)

HTCの元CEO、ピーター・チョウ氏が5G対応VR HMD「XRSPACE MOVA」披露
HTCの元CEO、ピーター・チョウ氏が立ち上げた新興企業XRSPACEが、5G対応のスタンドアロンVRヘッドセット「MOVA」と全身アバターで体験できるバーチャルワールド「MANOVA」を発表した。MOVAは599ドルで発売の予定だ。(2020/5/27)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
5G時代はWi-Fiルーターが固定回線代わりに? HTCもルーターに活路を見いだす
4G対応のルーターは多数ありますが、通信速度は光回線にはおよびません。しかし5Gが実用化されれば高速なギガビット通信が手軽に使えるようになります。2019年に5Gを開始した海外のキャリアはサービスエリアを広げており、据え置き型やモバイルタイプの5G Wi-Fiルーターも既に販売されています。(2020/5/12)

VRニュース:
高精細トラッキングと高解像度ディスプレイのVRヘッドマウントディスプレイ
HTC NIPPONは、高性能なVRヘッドマウントディスプレイ「VIVE COSMOS Elite」を発売した。高精細なトラッキング性能と高解像度のディスプレイにより、精細な動きを鮮明なグラフィックで表現する。(2020/4/6)

ソニー、3Dペイントソフト「Tilt Brush」の「PS VR」版を2189円で発売
Googleが開発し、「HTC Vive」や「Oculus」シリーズでは利用できた3Dペイントソフト「Tilt Brush」がソニーの「PlayStation VR」(PS VR)でも利用できるようになった。アプリストアで2189円(税込)で発売された。(2020/3/30)

HTC、高解像度表示に対応したVR HMD新モデル「VIVE Cosmos Elite」
HTC NIPPONは、高解像度表示をサポートするVR HMD「VIVE Cosmos Elite」の国内販売を発表した。(2020/3/19)

HTC、VIVE Cosmosシリーズにビデオパススルー含む3モデル投入 フェースプレート変更で機能追加
HTC VIVE Cosmosに、エントリー向けからMR的用途に使えるモデルまで、3モデルが加わった。(2020/2/21)

セガの名作「スペースチャンネル5」、VRで復活 モーションコントローラーで踊る体感ゲームに
PSVR版が2月26日に発売。HTC VIVE版、SteamVR版、Oculus Quest版も予定。(2020/2/11)

製造ITニュース:
アジア太平洋地域で製造業向けVRソリューションを展開へ、B-EN-GとHTCが協業
ビジネスエンジニアリングとHTC NIPPONは2020年2月7日、VR(仮想現実)分野で協業することを発表した。B-EN-Gが展開するVR学習システム「mcframe MOTION VR-learing」の対応ハードウェアとして、HTCの業務用VRヘッドマウントディスプレイ「VIVE Pro Eye」を認定し、アジア太平洋地域において共同販売などに取り組む。(2020/2/10)

Facebook傘下のOculus、人気VRゲーム「Beat Saber」の企業を買収
Facebook傘下のOculus VRが、人気VRゲーム「Beat Saber」の製造元であるチェコのBeat Gamesを買収した。HTC ViveやソニーのPlayStation VRのサポートは今後も続ける。(2019/11/27)

VR HMD「VIVE Cosmos」用アクセサリー製品の販売が11月1日から開始
アスクは、台湾HTC製VR HMD「VIVE Cosmos」用アクセサリー製品の取り扱いを発表した。(2019/10/28)

高性能VR HMD「VIVE COSMOS」が10月に発売 9月20日から予約販売を開始
アスクは、台湾HTC製のVR HMD「VIVE COSMOS」の取り扱いを発表した。(2019/9/13)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
久々のHTCスマホ 背面が透けている「U19e」は6型のミッドハイモデル
HTCが、6月に台湾向けに発表したスマートフォンが「HTC U19e」です。ハイエンドモデルの中での下位製品という位置付け。「U19」や「U19+」といった上位モデルも準備中なのでしょうか。(2019/7/28)

HTC、VRヘッドセット2機種を日本で発売 視線追跡できる「VIVE Pro Eye」とスタンドアロン型「VIVE FOCUS PLUS」
HTC NIPPONは、視線追跡機能を搭載したVRヘッドマウントディスプレイ「VIVE Pro Eye」と、スタンドアロン型の「VIVE FOCUS PLUS」を28日に発売する。(2019/6/17)

HTC、アイトラッキングにも対応するエンタープライズ向けVR HMD「VIVE Pro Eye」など2製品
HTC NIPPONは、エンタープライズ向けのVR HMD「VIVE Pro Eye」「VIVE FOCUS PLUS」の国内販売開始を発表した。(2019/6/17)

HTC、一体型VRヘッドセット「VIVE Focus Plus」を4月15日に799ドルで発売へ
HTCが、法人向けVRヘッドセット「VIVE Focus Plus」を4月15日に799ドル(約8万8000円)で発売する。「VIVE Focus」のビジネス版で、レンズが改良されており、付属コントローラが6DoF対応だ。(2019/3/26)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
HTCのブロックチェーンスマホ「Exodus 1」は透明背面がカッコイイ
「購入は現金ではなくビットコインなど仮想通貨」というだけでも注目を集めたHTCのブロックチェーン対応スマートフォン「Exodus 1」。ベースモデルはHTCの「U12+」。背面はU12+同様の透明な仕上げですが、内部の基板が見えるようなデザインです(2019/3/5)

MWC19 Barcelona:
HTCのブロックチェーンスマホ「Exodus 1」にOperaブラウザ 現金購入も可能に
HTCが、ブロックチェーン採用Androidスマートフォン「Exodus 1」のメインWebブラウザとして「Opera」を採用した。また、これまで仮想通貨でしか購入できなかったが、現金での購入も可能にした。米国での販売価格は699ドル(約7万7000円)だ。(2019/2/27)

MWC19 Barcelona:
クラウドベースのハイエンドVRにも対応 据え置きタイプの「HTC 5G HUB」登場 欧米豪で4〜6月に発売
HTCが、5G(第5世代移動体通信システム)に対応したスマートハブを発表。自宅や職場のネットワークデバイスを5Gにつなぐことが可能で、旅行先での利用を想定して大容量バッテリーも備えている。(2019/2/26)

VRゴーグル「HTC VIVE」にアイトラッキング付き新モデル PC不要の一体型「VIVE Cosmos」も発表に
VRアバターに自然な“まばたき”をさせることも可能に。(2019/1/8)

CES2019:
HTC、ハイエンドの「Vive Pro Eye」やエントリー向け「Vive Cosmos」、新UIなどを発表
HTCがVRヘッドセットの新モデル2つと関連サービスを発表した。ハイエンドの「Vive Pro Eye」はアイトラッキング機能で注視するだけで操作できるのが特徴。エントリー向け「Vive Cosmos」はベースステーションが不要なので、外出先でも利用可能だ。(2019/1/8)

HTC、ブロックチェーン採用スマートフォン「Exodus 1」の予約開始 仮想通貨でのみ購入可能
HTCが5月に発表したブロックチェーン採用スマートフォン「Exodus 1」の予約を開始した。購入には仮想通貨のBitcoinあるいはEthereumが必要。Bitcoinでの価格は0.15BTC、Ethereumであれば4.78ETHだ。(2018/10/24)

VIVEを無線にする「Wireless Adaptor」、9月に300ドルからで発売へ
HTCが、VRヘッドセット「VIVE」および「VIVE Pro」を無線にするアクセサリ「Wireless Adaptor」を9月に発売する。米国での販売価格は299.99ドル。「VIVE Pro」で使うには、別途60ドルの互換パックも必要だ。(2018/8/22)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
約10万円 SIMフリースマホ「HTC U12+」の勝算は? HTC NIPPON児島社長に聞く
SIMロックフリースマホ「HTC U12+」のお値段は約10万円。3万円前後の端末がボリュームゾーンになるSIMフリースマートフォン市場で、異彩を放つ存在といえる。HTCの勝算はどこにあるのか? HTC NIPPONの児島社長に聞いた。(2018/8/13)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
質実剛健な高画質! ハイスペックSIMフリースマホ「HTC U12+」のカメラで撮りまくる
ハイスペックなSIMロックフリースマホとして注目を集めている「HTC U12+」。アウトカメラに加えてインカメラもデュアル化したことが大きな特徴だ。撮り試すしかありませんな。(2018/8/5)

おサイフケータイ+防水! ハイスペックSIMフリースマホ「HTC U12+」の価格をチェック
HTC NIPPONが「HTC U12+」を発売する。SIMロックフリースマートフォンとしては貴重なハイスペックモデルで、おサイフケータイにも対応している。販売価格を可能な範囲でまとめてみた。(2018/7/19)

IIJmio、「HTC U12+」「HTC U11」「HTC U11 life」を販売開始
個人向けSIMロックフリースマートフォンの販売サービス「IIJmioサプライサービス」に、HTC製「HTC U12+」「HTC U11」「HTC U11 life」の3機種が追加。Amazonギフト券をプレゼントするキャンペーンも行う。(2018/7/19)

HTC、台湾で1500人をレイオフ──Reuters報道
1月にGoogleにPixel部門を売却したHTCが、従業員の約4分の1にあたる1500人をレイオフするとReutersが報じた。(2018/7/3)

「HTC U12+」がSIMフリーで日本上陸 おサイフケータイ対応
HTCのフラグシップスマートフォンの最新モデルが、日本でも発売されることになった。キャリアを通さずに販売するSIMロックフリー仕様で、日本向けに「おサイフケータイ」を搭載した。【追記】(2018/6/27)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
カメラ性能や半透明ボディーに注目 「HTC U12+」を台湾で見てきた
COMPUTEX TAIPEIの取材の合間に、HTCの新製品「U12+」を見てきました。6型ディスプレイにSnapdragon 845を採用したHTCの2018年フラグシップモデル。ノッチ(切り欠き)がないので、ぱっと見てすっきりした印象を与えてくれます。(2018/6/15)

HTCのスタンドアロンVR「VIVE Focus」、アップデートで通話や外界モード機能追加
HTCの独自プラットフォーム搭載のスタンドアロンVRヘッドセット「VIVE Focus」が、バージョン2.0のシステムアップデートで、テキストメッセージや電話の着信を受けられる機能や、フロントカメラで外界を見る機能などが追加された。(2018/5/28)

HTCの「U12+」は両面デュアルカメラで「切り欠き」なし
HTCがフラグシップ端末「HTC U12+」を発表した。両面デュアルカメラで、背面カメラは10倍のデジタル望遠も可能。切り欠きはない。(2018/5/24)

auの「HTC 10 HTV32」がAndroid 8.0にアップデート
KDDIは、5月17日からHTC製のAndroidスマートフォン「HTC 10 HTV32」のOSアップデートを順次実施。Android 8.0ではピクチャーインピクチャーに対応し、通知パネルをより分かりやすく改善。スワイプですべてのアプリを表示できるようになる。(2018/5/16)

HTC、ブロックチェーン採用Android端末「Exodus」を年内発売へ
HTCが、ブロックチェーン採用Android端末「Exodus」を発表した。年末までに出荷する計画。DAppをサポートし、Bitcoinなどの暗号通貨のノードとして使える。(2018/5/16)

「Skyrim VR」がSteam VR向けに4月3日リリース 対応機種はHTC VIVE/Oculus Rift/Windows MR
Oculus Rift正式対応。(2018/3/29)

VR HMD「VIVE」を上位モデルに変更できる「VIVE Pro HMD」アップグレードキット 4月6日発売
アユートは、台湾HTC製のVR HMDアップグレードキット「VIVE Pro HMD(アップグレードキット)」の取り扱いを発表した。(2018/3/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.