• 関連の記事

「オシロスコープ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オシロスコープ」に関する情報が集まったページです。

高さが前世代品の4分の1に:
最大2GHz対応の4/8チャネル小型オシロスコープ
ローデ・シュワルツは、4および8チャネルのオシロスコープ「MXO 5C」シリーズを発表した。それぞれ100MHz、200MHz、350MHz、500MHz、1GHz、2GHzの帯域幅に対応する。(2024/5/31)

今岡通博の俺流!組み込み用語解説(1):
電子回路の「アイソレーション」を考える
今岡通博氏による、組み込み開発に新しく関わることになった読者に向けた組み込み用語解説の連載コラムがスタート。第1回で取り上げるのは「アイソレーション」だ。(2024/5/29)

組み込み開発ニュース:
モデルベース開発環境の最新版、衛星通信システム向けツールをアップデート
MathWorksは、モデルベース開発環境「MATLAB」「Simulink」の最新版「Release 2024a(R2024a)」を発表した。衛星通信システム向けの「Satellite Communications Toolbox」をアップデートし、シナリオのモデル化に対応した。(2024/4/30)

FAニュース:
パワー半導体の電流測定が正確に、光プローブを用いた電流波形測定用センサー
シチズンファインデバイスは光プローブを用いた電流波形測定用電流センサー「OpECS(オペックス)」を開発したと発表した。主に高いスイッチング周波数でパワー半導体を利用する際に流れる大電流の正確な測定が可能なことを特徴とする。2024年4月下旬から国内で販売する。(2024/4/17)

Wired, Weird:
修理途中で投げ出された電源ユニットを修理(後編)
PLC電源の修理の続きだ。修理してみたものの出力電圧が中途半端な値で、まだ不具合を抱えている。そこで、メーカーに問い合わせてみたが――。(2024/3/25)

DC-DCコンバーター活用講座(51):
電磁気学入門(8)ロイヤープッシュプル自励発振トランスとは
電磁気学入門講座。今回から「トランス概論」に入ります。まずはロイヤープッシュプル自励発振トランスの概要の説明や、その設計に関する考察を紹介します。(2024/3/19)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(22):
加湿器トランスデューサの水中通信実験で「ロバチャン」が進化する【後編】
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。今回は、連載第21回で紹介したコンテスト「ロバチャン」の進化に向けて行った、加湿器のトランスデューサを用いた水中通信実験の構想と結果について紹介する。(2024/1/31)

FPGAにニューラルネットワークを実装する(1):
低価格FPGAを用いた文字認識AI推論の全体像
FPGAにニューラルネットワークを実装するプロセスを学ぶ本連載。第1回では、連載の狙いや、文字認識AIモデルの概要、どのようにFPGA上で文字認識を行うかなど全体の流れを紹介する。(2024/1/11)

テクトロニクス MSO44B、MSO46Bシリーズ:
解析とデータ転送を高速化、新型オシロスコープ
テクトロニクスは、ミックスドシグナルオシロスコープの「MSO44B」「MSO46B」シリーズを発表した。プロセッサシステムを改良していて、ユーザーインタフェースの応答速度が2倍に向上している。(2023/12/18)

6G/7G超高速無線通信に適用:
感度を一桁以上向上、テラヘルツ波検出素子を開発
東北大学と理化学研究所の研究グループは、インジウムリン系高電子移動度トランジスタ(HEMT)をベースとしたテラヘルツ波検出素子で、新たな検出原理が現れることを発見。この原理を適用して、検出感度を従来に比べ一桁以上も高めることに成功した。6G/7G超高速無線通信を実現するための要素技術として注目される。(2023/12/6)

最新技術で、レアな不具合信号を捕捉する:
PR:微小な異常信号を見逃さない! デバッグ効率を飛躍的に高める新世代オシロ
電子回路技術者にとって、オシロスコープは電気信号の時間的変化などを観測・解析するための基本的な電子測定器の一つだ。そのオシロスコープも、微小な不具合信号やノイズを確実に捕捉するために常に進化を続けている。(2023/11/22)

キーサイト Infiniium MXR B:
ハードウェアアクセラレーション搭載のオシロスコープ
キーサイト・テクノロジーは、ハードウェアアクセラレーションを備えたオシロスコープ「Infiniium MXR B」シリーズを発表した。異常検出やゾーントリガー、RTSAなどの自動デバッグツールを搭載している。(2023/10/20)

CEATEC 2023でデモを披露:
PR:ぬれた手でもOK! タッチスイッチの可能性を広げるTDK独自の圧電スイッチ「PiezoTap」
TDKは「CEATEC 2023」において、同社が取り組んでいる持続可能な次世代社会の実現に向けた革新的な技術と製品を展示する。中でも注目したいのは、開発中の圧電スイッチ「PiezoTap」だ。競合するタッチスイッチの課題を解決し、新たな用途を広げる可能性が高い。(2023/10/16)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(16):
騒音低減技術を説明する前に騒音計の使い方をおさらいする
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第16回では、騒音低減技術について触れる前に、騒音計の使い方についておさらいする。(2023/10/10)

大人の社会科見学:
Intelの最新CPUを支えるテスターはロボと人力! マレーシアのキャンパスで行われていること
IntelはマレーシアにCPUの開発/製造拠点を保有している。8月下旬、世界中の報道関係者を集めて見学イベントが行われたが、その際にCPUの開発や製造を支援するセクションも見学することができた。この記事では、その模様をお伝えする。(2023/10/9)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(17):
LEDの光にはもう飽きた、放電プラズマが見たい
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第17回は、フライバックトランスを使って人工的に放電プラズマを起こす回路を紹介する。(2023/9/28)

プロトコルアナライザーとも連携:
12ビットオシロで高速/低速信号を測定
テレダイン・レクロイは、12ビット分解能のオシロスコープ新製品「WaveMaster 8000HD」を発表した。最新通信規格の物理層信号の検証/デバッグに向けたもの。高速信号と低速信号を1台で計測できるほか、プロトコルアナライザーとも連携可能で、開発期間を短縮できるという。(2023/9/21)

「業界最高」の正確性:
ボタン1つでSiC/GaNパワーモジュールの動特性を評価
キーサイト・テクノロジーは同社のユーザー向けイベント「Keysight World 2023」で、SiC/GaNパワーモジュールの評価に対応した最新パワーデバイスアナライザー「PD1550A」の実機を国内で初めて展示した。(2023/9/14)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(12):
解析ソフトは使わずに「Excel」で実験モーダル解析をやってみる
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第12回では「『Excel』を用いた実験モーダル解析」について取り上げる。(2023/8/21)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(10):
知っておきたい振動測定の手段あれこれ
“解析専任者に連絡する前に設計者がやるべきこと”を主眼に置き、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第10回では「振動測定の手段」をテーマに幾つかの方法を紹介する。(2023/7/10)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(13):
ツェナーダイオードを使って物理乱数を生成する
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第12回は、物理現象を基にした「物理乱数」を、ツェナーダイオードのノイズから生成してみる。(2023/6/12)

Wired, Weird:
生産中止後も考慮した手厚いサポートに感心 ―― モータードライバーの故障原因調査【前編】
ダイレクトドライブモータードライバーの不良について調査してほしいという依頼があった。今回から2回にわたってその様子を紹介する。(2023/5/22)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(12):
クリスタルイヤフォンは電子技術者の聴診器
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第12回は、筆者が入院中に興味を持った「聴診器」から着想を得たクリスタルイヤフォンの活用法を紹介する。(2023/5/16)

DPO7xxx4DX、MSO7xxx4DX、DPO7xxx4SX:
オシロスコープの新モデル10機種、テクトロニクス
テクトロニクスは、ミックスドシグナルオシロスコープ「MSO70000DX」「DPO70000DX」シリーズに8機種、ATIパフォーマンスオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズに2機種を追加した。(2023/5/8)

Wired, Weird:
ウオッチドッグタイマーのエラーが出る工作機械の制御パネルを修理
ウオッチドッグタイマーのエラーが発生するという工作機械の操作パネルを修理した様子を紹介する。(2023/4/18)

研究開発の最前線:
熱活性型遅延蛍光材料の発光強度の時間変化を数秒で計測する技術を開発
産業技術総合研究所は、熱活性型遅延蛍光材料から放射される発光強度の時間変化を、数秒で計測する技術を開発した。(2023/4/10)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(6):
FFTアナライザを使いこなそう!
“解析専任者に連絡する前に、設計者がやるべきこと”を主眼に、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第6回では、「FFTアナライザ」を使うに当たって最低限知っておくべき内容を取り上げる。(2023/4/10)

embedded world 2023:
コード不要のモータ制御、iMOTION 新IPMの詳細を聞く
ドイツ・ニュルンベルクで開催された組み込み技術の展示会「embedded world 2023」において、Infineon Technologiesの担当者が取材に応じ、エアコン室内機の小型ファン用モーターなど向けに最適化されたIPMの新製品「iMOTION IMI110」シリーズの詳細を語った。(2023/4/6)

CrossSyncPHY:
PHY技術をUSB4信号に拡張、テレダイン
テレダイン・ジャパンは、PHY技術「CrossSyncPHY」をUSB Type-Cコネクター上のUSB4信号に拡張する。USB-CのPHY層とプロトコルロジック層を同時に評価可能になる。(2023/3/15)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(5):
Excelを使って周波数分析をやってみよう!
“解析専任者に連絡する前に、設計者がやるべきこと”を主眼に、CAEと計測技術を用いた振動・騒音対策の考え方やその手順を解説する連載。連載第5回では、測定データをExcelに取り込んで周波数分析を行う。(2023/3/13)

組み込み開発ニュース:
電源の低周波ノイズ抑制の効果をスピーカーで確認、ADIの「Silent Switcher 3」
アナログ・デバイセズ(ADI)は、電源ノイズの低減や高効率を特徴とするスイッチングレギュレーター「Silent Switcher」の最新製品となる「Silent Switcher 3」について説明した。(2023/3/8)

量子コンピュータ:
100GHz100コアの「スーパー量子コンピュータ」実現へ、光通信技術が道を開く
NTTと東京大学、理化学研究所、JSTは、最先端の商用光通信技術を光量子コンピュータに応用することで、世界最速となる43GHzのリアルタイム量子信号の測定に成功したと発表した。(2023/3/6)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(75):
ジャンクション温度の計算(1)―― 温度計算の原理
今回から、数回にわたり半導体を使う上で考慮しなければならない接合(ジャンクション)部の温度計算の算出法について説明します。(2023/2/27)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(4):
振動・騒音対策の前に「周波数分析」の必要性と原理を理解する
連載「CAEと計測技術を使った振動・騒音対策」では、“解析専任者に連絡する前に、設計者がやるべきこと”を主眼に、CAEと計測技術を用いた機械の振動対策と騒音対策の考え方や、その手順について詳しく解説する。連載第3回では「周波数分析」について取り上げる。(2023/2/13)

毎秒64GTの転送速度をサポート:
テレダイン・レクロイ、PCIe 6.0電気試験を支援
テレダイン・レクロイは、PCI Express 6.0(PCIe 6.0)規格に対応したシステムの電気試験と検証を行うためのソリューションを発表した。毎秒64GT(ギガトランスファー)というデータ転送速度をサポートしている。(2023/2/9)

CAEと計測技術を使った振動・騒音対策(2):
振動と音に関する基礎量 その1
連載「CAEと計測技術を使った振動・騒音対策」では、“解析専任者に連絡する前に、設計者がやるべきこと”を主眼に、CAEと計測技術を用いた機械の振動対策と騒音対策の考え方や、その手順について詳しく解説する。連載第2回では「振動と音に関する基礎量」について取り上げる。(2022/12/20)

Wired, Weird:
38年前の記憶 〜半導体製造装置の不具合改善と闘ったあの頃
今回は筆者が38年前に経験した半導体製造装置の不具合対応の経験を報告したい。なお、機密保持の問題があり、会社名、製品名、図面などは開示できないので、ご容赦願いたい。(2022/12/16)

組み込み開発ニュース:
環境に優しい元素のみで構成した回路と電池の実証実験に成功
NTTと東京大学は、貴金属や有害物質を含まない回路と電池を搭載したセンサーデバイスを作製し、通信信号の生成を確認した。回収や分別をしなくても廃棄できる低環境負荷のデバイスを目指す。(2022/10/26)

ローデ・シュワルツ R&S MXO 4:
更新速度450万波形/秒以上のオシロスコープ
ローデ・シュワルツ・ジャパンは、4チャンネルオシロスコープ「R&S MXO 4」シリーズを発表した。同社独自のASIC技術により、450万波形/秒を超えるリアルタイム更新速度を誇る。200M〜1.5GHzの帯域幅に合わせた5モデルを用意する。(2022/10/7)

「CEATEC 2022」事前情報:
「計測器の進化を実感してほしい」キーサイトの展示
キーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)は、2022年10月18〜21日に開催される「CEATEC 2022」(幕張メッセ)に、「計測器の進化、ここに」をテーマに掲げて出展する。(2022/10/6)

突発的なイベントも容易に捉える:
ローデが新世代オシロ、毎秒450万波形以上で更新
ローデ・シュワルツは、更新速度が毎秒450万波形以上という新世代オシロスコープ「R&S MXO 4シリーズ」の販売を始めると発表した。発生頻度が低い突発的なイベントなどを比較的容易に捉えることが可能となる。(2022/10/4)

初めて使うデジタルマルチメーター(2):
直流/交流電圧や抵抗の測定と仕様の見方
デジタルマルチメーターの基礎的な使い方について解説する本連載。今回は直流/交流電圧および抵抗の測定と仕様の見方について説明する。(2022/9/28)

組み込み開発ニュース:
グラフェンの光検出器としての有望性を実証、ゼロバイアス動作で世界最速を実現
日本電信電話(NTT)はNIMS(物質・材料研究機構)と共同で、炭素原子だけで構成されるシート状物質のグラフェンを用いた光検出器で世界最速のゼロバイアス動作を実現するとともに、グラフェンにおける光-電気変換プロセスを解明したと発表した。(2022/9/13)

初めて使うデジタルマルチメーター(1):
デジタルマルチメーターが届いたら最初にすること
長い測定器の歴史の中で、デジタル化が最初にされたのは周波数カウンターとデジタル電圧計である。デジタル電圧計は、電圧以外の測定もできるデジタルマルチメーターと進化して広く使われている。今回はキーサイト・テクノロジーの協力を得て、最新のベンチトップ型の6.5桁デジタルマルチメーターの基礎的な使い方について解説する。(2022/8/22)

ガラス基板などにも接合可能:
単結晶薄膜×接合技術で超音波センサー感度が20倍に
沖電気工業(以下、OKI)とKRYSTALは2022年8月17日、単結晶の圧電薄膜とSOI(Silicon On Insulator)ウエハーの接合技術を確立し、圧電MEMSデバイスの性能を向上する「圧電単結晶薄膜接合ウエハー」の試作に成功したと発表した。(2022/8/19)

オシロスコープにお城を映して“お城スコープ”! 技術を駆使した高度なダジャレが「誰もが考えるけど最高」「気温が4度下がった」と好評
何よりもその技術と行動力が面白い。(2022/8/2)

TECHNO-FRONTIER 2022:
ニーズが急増、キーサイトがEV充電アナライザーなど展示
キーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)は「TECHNO-FRONTIER 2022」(2022年7月20〜22日/東京ビッグサイト)で、EV(電気自動車)充電アナライザーやパワーモジュールアナライザー、新型オシロスコープ、DC電子負荷など、注目の製品群を展示した。(2022/7/26)

ローデ・シュワルツ R&S RTP:
新UI、大型ディスプレイ搭載のオシロスコープ
ローデ・シュワルツは、同社のオシロスコープ「R&S RTP」の新世代品を発売した。従来モデルより大型で明るいフルHDの13.3インチタッチスクリーンを採用したほか、機能強化したUIにより、直感的な操作が可能となっている。(2022/6/28)

Tektronix 2シリーズMSO:
厚み4cm! “板状”のエントリーオシロスコープを発表
Tektronix(テクトロニクス)は2022年6月8日、厚み4cm、重さ1.8kgで小型、薄型、軽量を実現したミックスドシグナルオシロスコープの新製品「2シリーズMSO」を発表した。周波数帯域70MHzから500MHzをカバーするエントリークラスのオシロスコープとしての性能、機能を備えながら「どこにでも持ち運べる」というポータビリティを実現した。(2022/6/9)

次世代車載イーサネット規格に対応:
テレダイン・レクロイ、テストソフトウェアを発表
テレダイン・レクロイは、次世代車載イーサネット規格「MultiGBase-T1(IEEE 802.3ch)」に対応した自動コンプライアンステスト・ソフトウェア「QPHY-MultiGBase-T1」を発表した。(2022/5/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.