• 関連の記事

「撮影」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「撮影」に関する情報が集まったページです。

リコー、全天球カメラ「THETA X」海外で発表 国内は「今春」 タッチパネル搭載、バッテリー交換式に
リコーは25日、海外で6000万画素相当の撮影に対応した全天球カメラ「THETA X」を発表した。国内では春に発売する。(2022/1/25)

「脳がバグりそう」「遠近法で撮影したの?」と見間違える完成度 信号機のジオラマが本物みたいですごい
二度見するほどリアル。(2022/1/21)

キヤノン、映像に軸足置いたミラーレスカメラ「EOS R5 C」3月発売 約65万円
キヤノンは19日、スイッチレバー1つで静止画撮影と動画撮影を切り替えられるミラーレスカメラ「EOS R5 C」を発表した。外部電源供給があれば8K/60p・RAW動画まで対応できる。(2022/1/20)

Innovative Tech:
実写映像の人の動きを3Dキャラクターで空間ごと再現、ソウル大学校が技術開発
韓国のソウル大学校の研究チームは、深層強化学習に基づいて、物理学の事前知識を最大限に活用し、単眼カメラで撮影した実写映像から人間の3Dモーションを空間ごと再構築するシステムを開発した。(2022/1/20)

ドローン:
屋内建設現場の効率的な進ちょく管理にAI搭載ドローンを活用
大林組、NTTドコモ、エヌ・ティ・ティ・コムウェアは、屋内の建設現場でドローンを活用し、効率的に工事の進捗(しんちょく)を管理する実証実験に成功した。ドローンが取得した情報から、3Dデータ上の任意の箇所をクリックすると、その場所で撮影した各日の工事写真を閲覧でき、写真検索を自動化して現場の負担を軽減した。(2022/1/19)

Innovative Tech:
写真内の物体を3Dモデルに変換するシステム、米Snapらの研究チームが開発
米南カリフォルニア大学(USC)と、写真共有アプリ「Snapchat」などを開発する米Snapの研究チームは、さまざまな時間や場所、照明条件で撮影した画像から、対象物を抽出し3Dモデルに変換するシステムを開発した。(2022/1/18)

eMeet、ライブ配信にも向くフルHD対応Webカメラ2製品
深セン壹秘技術は、フルHD撮影に対応したUSB接続型Webカメラ「eMeet C970」など2製品を発売する。(2022/1/17)

犬「こうやって、こう!」 柵を“飛ばず”に独自のスタイルで越えてくる面白かわいいハスキーが米で撮影される
柵の越え方は我流です。(2022/1/15)

Innovative Tech:
映像内の猫や人から3Dアニメーションを作成 米Metaの研究機関などが開発
米Meta(元Facebook)の研究機関のMeta AIとMeta Reality Labs、米カーネギーメロン大学の研究チームは、単眼カメラで撮影した何気ない動画複数から、映像内に猫や人などからアニメーション可能な3Dモデルに再構築するシステムを開発した。(2022/1/11)

猫が大好きなワンコ、激しくくっつきすぎて…… 迷惑そうにされるもめげない姿がカナダで撮影される
グルーミングで熱烈に大好きを表現しています。(2022/1/11)

矢井田瞳、デビュー前に撮影した赤い着物の“成人式ショット”に反響 「これまたレアな…!」「かわいー! 若いー」
細眉懐かしい!(2022/1/10)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Xiaomiの女子スマホ「Civi」は2つのフロントライトで自撮りに特化
Xiaomiのスマホカテゴリーに加わった「Civi」シリーズ。ターゲットユーザーは女性で、製品発表会では端末のセルフィー機能が大きくフィーチャーされました。画面ライトとデュアルLEDライトを使ってセルフィーを撮影できます(2022/1/9)

石野純也のMobile Eye:
2022年のスマホはどうなる? 2万円台と超ハイエンドの二極化、フォルダブルに普及の兆しも
2021年のスマートフォンは、2万円台のエントリーモデルと超ハイエンドモデルの二極化が進んだ。機能面では、カメラの高画質化が進み、動画撮影に対しても新たなアプローチが取られた。2021年に発売されたスマートフォンの動向を振り返りつつ、2022年の端末市場を展望していく。(2022/1/8)

製造現場向けAI技術:
AIと近赤外線センサー活用で検査速度を約6倍に、技能継承も容易化
HACARUSは2022年1月6日、化学品メーカーである第一工業製薬の製造工程において、近赤外線カメラによる撮影や人工知能によって従来比約6倍の検査速度を実現する検査技術を開発したと発表した。(2022/1/7)

うさぎ「起きてー!」犬「グゥ……」 しつこいうさぎに“いつものこと”と動じないワンコが米で撮影される
かまってちゃんには動じないワン。(2022/1/5)

猫「最高ニャ〜」 飼い主の足マッサージに口が半開きになるほど“うっとり”する猫がウクライナで撮影される
苦しゅうない。(2022/1/3)

「友達の猫、いつもこれ」 キャットタワーの上で自分の尻尾を追いかける→グラッ→やっぱりな展開が米で撮影される
いつものことニャ。(2021/12/30)

「ロマンが具現化してる」「泣くほど美しい」 H-IIAロケット45号機を海岸から撮影した一枚に感動の声
神秘的にさえ感じる光景。(2021/12/27)

Zoomで一人称視点の映像を配信 LTE対応のウェアラブルカメラ「LINKLET」
nanoSIMを搭載し、4G LTE通信ができるウェアラブルカメラ「LINKLET」が2022年4月に発売される。価格や利用プランなどはニュースレターの登録者向けに公開する予定だ。ブラウザを介した遠隔操作の他、4K解像度の写真を撮影する機能も備える。(2021/12/24)

ガシャポン専門店の「撮影用の棚」が夢の設備 戦利品をジオラマの世界ですぐ撮れる
日常の風景や観光名所などさまざまなシチュエーションで。(2021/12/24)

佐々木希、ドラマ撮影の合間に真剣に編み物 “キュート”な笑顔に「かわいすぎる」「きゃわたん」
癒やされる。(2021/12/23)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ジンバル機能がさらに強化、独自チップも搭載するvivoの「X70 Pro」
日本未上陸のvivoは、カメラに特化したスマートフォンを展開しています。Xシリーズはカールツアイスともコラボしており、カメラは他社のハイエンドモデルと互角の性能を有しています。また静止画だけではなく動画撮影も強化されています。(2021/12/21)

トランポリンを楽しむ女の子、すべり台で思わぬハプニングが! 米で撮影された子どもらしい珍行動
足ガチガチ。(2021/12/20)

いつもの電車が貸切レンタルスペースに 能勢電鉄、駅ホームに留め置いた車両の貸し出しサービス開始
車両内での物品販売や撮影会など、活用方法はいろいろ!(2021/12/18)

後藤久美子の25歳娘が俳優デビュー 親子で協力しあい撮影迎える「母もセリフを覚えるのを手伝ってくれて」
日本語のレッスンもしっかり受けたとのこと。(2021/12/17)

「カメラがない」 半導体不足でハンディカムが品切れ「iPhoneで番組作る」時代到来か
コロナ禍の影響でテレビマンたちの間で「ビデオカメラが手に入らない」問題が起きている。一方、iPhoneを使ってテレビ番組を撮影してみても「これで十分だよね」と言えるほどのクオリティーが出せるようになっている。(2021/12/17)

組み込み開発ニュース:
キヤノンの320万画素SPADセンサーが9年ぶりの快挙、独自画素構造に2つの工夫
キヤノンが、暗所でも高感度に撮像が可能なSPADセンサーで、フルHD(約207万画素)を超えて「世界最高」(同社)となる320万画素を達成したと発表。従来発表の100万画素SPADセンサーから3倍以上の高画素化を実現するとともに、カラーフィルターを用いたカラー撮影も可能であり、センサーサイズも13.2×9.9mmと小型に抑えた。(2021/12/16)

BALMUDA Phoneにアップデート、「料理モード」の画質が改善
バルミューダは12月13日、BALMUDA Phoneにソフトウェアアップデートの提供を開始した。カメラ機能の「料理モード」の撮影画質を色再現性を改善する内容となっている。前回のアップデートでカメラ画質が悪化する不具合が発生していた。(2021/12/15)

OPPO、カメラ特化のNPU「MariSilicon X」発表 iPhone 13を上回る性能をアピール
OPPOが、自社開発のイメージングNPU「MariSilicon」を発表。1秒間に18兆回の処理を行い、iPhone 13シリーズが搭載する「A15 Bionic」を上回る性能を持つという。暗所でも鮮明に撮影するナイトモードが動画でも利用可能になる。(2021/12/14)

開発陣に聞く「Xperia PRO-I」 1型センサーで“高速・高精度”のカメラを実現した秘密とは
ソニーのカメラ特化スマートフォン「Xperia PRO-I」は、「1型センサーを搭載したカメラ機能」が大きな特徴だ。撮影の現場をターゲットに、カメラとしても使える製品を目指した。一方で、1型センサーをフルに使わず、画素数をあえて1220万画素に抑えている。(2021/12/14)

安藤サクラ、12歳での“反抗期”ショット公開 ジェルでバキバキヘアに不貞腐れた顔が「まじのパンクだ!」
12歳の頃に撮影した家族写真。(2021/12/12)

草刈民代、純白ウエディングドレス姿を披露 デコルテすっきりなビスチェで「本当に美しい」「思わず見惚れました」の声
写真から伝わってくる撮影現場のなごやかさ。(2021/12/11)

Qualcomm Snapdragon Tech Summit 2021:
最新SoC「Snapdragon 8 Gen 1」では何が変わるのか? カメラからセキュリティまでを解説
Qualcommが発表した新プロセッサ「Snapdragon 8 Gen 1」は、下り最大10Gbps、上り最大3.5Gpbsの高速通信が可能になる。カメラの画像処理性能も強化され、明暗の激しい場所や暗所などよりキレイに撮影できるようになった。カメラが常時オンになることで、セキュリティレベルも向上した。(2021/12/10)

AIにとって“想定外”でも正しく認識 交通監視など応用に期待 富士通とMIT
富士通と米マサチューセッツ工科大学が、角度や明るさなどの撮影条件が学習データと大きく異なる“想定外のデータ”でも高精度に認識できる画像認識AI技術を共同開発した。(2021/12/9)

「海を覗く父と、収まる猫」 漁港で撮影された不思議な光景に「思わず吹き出しました」と大反響
お互い干渉しない感じがいい。(2021/12/5)

「時代衣装×スマホ×白黒撮影」後世の歴史学者が困惑しそうな写真に反響 「脳がバグりそう」「私より今どき」
違和感もっと仕事して。(2021/12/4)

キンタロー。「Mr.&Mrs. スミス」風のマタニティーフォト撮影 娘“ちびキン”を抱え「気分は最強ママ」
レッグホルダーには哺乳瓶。(2021/12/3)

お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
違うガンダムの要素マシマシ。(2021/12/2)

SNSやフリマサイト向けの写真のコツを1冊に 『ステキに魅せる写真ワザ 撮影・スタイリング・スマホレタッチ』発売
SNS映えする写真撮影のコツがぎゅっと詰まった一冊です。(2021/12/3)

実写の自分がVRゲームに入り込んでプレイしているように合成する新機能、Oculus Quest向け
米Meta(旧Facebook)は、「Oculus Quest」のスマートフォン向けアプリに、VRゲームをプレイする自分の姿をiPhoneで撮影して、その映像をVRゲーム内の映像と合成できる新機能などを追加した。(2021/12/1)

Twitter、無断撮影したプライベートな画像や動画の投稿を禁止
公共の利益にかなう公人の写真や動画に関しては例外。(2021/12/1)

Chromebookのカメラに文書のスキャン→PDF化や外付けカメラの制御などの新機能
Chromebookのカメラアプリに「スキャン」機能が追加され、文書であればPDFとして撮影保存できるようになった。QRコードも読み込める。外付けカメラの調整機能も追加された。(2021/12/1)

メガネを掛けるだけでVTuberになれる 「JINS MEME」用アプリ登場 エンタメ分野での活用探る
ジンズが「JINS MEME」で3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。モーションキャプチャーにカメラを使わないため、実写の風景を撮影しながらアバターをAR合成できる他、“顔バレ”のリスクも排除できる。(2021/12/1)

Innovative Tech:
見えないモノを写せるカメラ 曲がり角に隠れた物体や頭蓋骨内の血管などが撮影可能
米ノースウェスタン大学と米南メソジスト大学の研究チームは、その場では目に見えないものを写すことができる高解像度カメラを開発。曲がり角に隠れた物体や頭蓋骨内の血管などが撮影できるという。(2021/12/1)

サメがサメに食べられる不思議な光景が話題に 「繁殖行動の一環です」撮影場所のアクアパーク品川に話を聞いた
もぐもぐ。(2021/12/1)

46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
『STORY』のInstagramでは撮影風景を公開。(2021/11/30)

塩粒サイズの極小カメラ、米研究チームが開発 「体積50万倍のカメラ用レンズと同等画質」
米国の研究チームは、塩粒サイズの極小カメラを開発したと発表。このカメラより体積が50万倍大きい、従来のカメラレンズと同じくらい鮮明なフルカラー画像を撮影することが可能という。(2021/11/30)

クマによる樹木被害、ドローンとAIで定量化 信州大
信州大農学部の加藤正人教授らは、クマが木の皮を剝ぐ「クマ剝ぎ」による樹木の被害をドローンを使って定量化する技術を開発し成果を公開した。上空から撮影した樹冠部の色で木が健全かどうかを判断し、被害状況を推定する仕組み。(2021/11/29)

約400匹の野良猫が暮らす長崎県・高島で61匹を一斉捕獲→不妊手術 左前足の切断、腎不全で命を落としかけたボス猫の保護も密着撮影
軍艦島として知られる端島の北にある島です。(2021/11/28)

工場を3Dデータ化、搬出入作業をシミュレーション コスト削減やテレワーク化に
自動車部品などを手掛ける大豊精機とデジタル総合印刷が、3Dスキャナーで撮影した工場のデータなどを活用し、設備の搬出入作業をシミュレーションできる新システムを開発した。工程やコストの削減、テレワーク化にもつなげる狙いだ。(2021/11/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.