「シャープ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

CEATEC 2021 ONLINE:
mini LED搭載の液晶テレビ「アクオス エックスレッド」、シャープが近日発表
シャープは、バックライトの光源にmini LEDを採用する液晶テレビの新シリーズ「AQUOS XLED」(アクオス エックスレッド)を近日中に発表する。「CEATEC ONLINE 2021」で製品コンセプトを明らかにした。(2021/10/18)

シャープ、シーテックでニューノーマル意識 非接触ディスプレー、マイク内蔵スピーカーなど
シャープは11日、国内最大の家電やITの見本市「CEATEC(シーテック)2021」が19日からオンラインで開催されるのを前に、出展を予定している非接触で操作できるタッチディスプレーなどを公開した。(2021/10/12)

シャープ、CEATECでニューノーマル意識 非接触ディスプレイ、マイク内蔵スピーカーなど
国内最大の家電・IT見本市「CEATEC2021」のオンライン開催に先駆けて、シャープが非接触で操作できるタッチディスプレーなどを公開した。同社はCEATECでニューノーマル時代を意識した商品や技術など18点を紹介する。(2021/10/12)

楽天モバイルが「AQUOS zero6」発売 MNPなら4万9800円
シャープは、10月14日に楽天モバイルから5G対応スマートフォン「AQUOS zero6」を発売。価格は6万9800円(税込み、以下同)で、最大2万円相当のポイント還元を受ければ実質4万9800円で購入できる。(2021/10/11)

シャープとOPPOが特許クロスライセンス契約を締結 訴訟を取り下げ
シャープとOPPOは、両社の通信技術の特許を含むグローバルな特許クロスライセンス契約の締結を発表。これに伴い、2020年から世界各地で展開していた訴訟も取り下げられる。(2021/10/8)

「暑いのに動いてない」なくすエアコン、シャープが発売 設定温度に達した後の湿度上昇防ぐ
シャープは6日、設定温度に達した後も湿度を制御して「暑いのに停止したまま」の状態をなくすエアコン「Xシリーズ」を発表した。温度を下げずに湿度を抑える。(2021/10/7)

最大約5cm離れても高精度に検知:
タッチレス操作の静電ホバータッチディスプレイ
シャープは、画面に直接触れなくても操作できる「静電ホバータッチディスプレイ」を開発した。飲食店での注文用端末、商業施設などにおける案内表示板など、非接触での操作が求められる用途に向ける。(2021/10/7)

触らなくていい「静電ホバータッチディスプレイ」、シャープが開発
シャープは4日、指を画面から浮かせた状態で操作できる「静電ホバータッチディスプレイ」を発表した。(2021/10/4)

蛾の目を模した「モスアイ技術」、抗ウイルス効果を加速か シャープが研究発表
シャープは30日、“蛾の目”の構造を模した「モスアイ技術」で加工した独自の樹脂フィルムが、表面に付着した新型コロナウイルスを10分間で99.675%不活化したとする研究成果を発表した。(2021/9/30)

シャープ、AQUOS sense5G/AQUOS zero6購入キャンペーン dポイントやPayPayボーナスを付与
シャープは、ドコモオンラインショップで「AQUOS sense5G SH-53A」を購入した中から抽選でdポイント1万ポイントをプレゼントするキャンペーンを開催。ソフトバンクの「AQUOS zero6」購入者にはPayPayボーナス5000円相当を付与する。(2021/9/29)

2021年以降のAQUOSはeSIMを標準搭載、スマート家電に自動接続する機能も
シャープが9月28日、同社のスマート家電にスマートフォンAQUOSが自動接続する新機能「AQUOS Smart home HUB」を発表した。AQUOSがWi-Fiに接続し、COCORO MEMBERSにサインインするだけで、シャープのスマート家電と連携。「かんたんデータコピー」とeSIMも今後は標準対応する。(2021/9/28)

“軽さは正義”の「AQUOS zero6」と“薄型+大容量バッテリー”の「AQUOS sense6」 シャープ新スマホの特徴
シャープが2021年秋冬商戦向けのスマートフォンとして、「AQUOS zero6」と「AQUOS sense6」を発表した。AQUOS zero6は、ディスプレイが6型以上、バッテリー容量が4000mAh以上の防水5Gスマートフォンで世界最軽量となる146gを実現。AQUOS sense6は4570mAhのバッテリーを搭載しながら、先代のAQUOS zero5G basicから1mm薄くすることに成功した。(2021/9/28)

シャープが「AQUOS sense6」発表 7.9mmの薄型ボディーにIGZO OLEDを搭載
シャープが、スマートフォンAQUOSの新製品「AQUOS sense6」を2021年秋以降に発売する。シリーズ初となるIGZO OLEDや4570mAhのバッテリーを搭載しながら、先代の「AQUOS sense5G」から11%の薄型化に成功した。ディスプレイは約6.1型のIGZO OLEDを搭載している。(2021/9/28)

約146gの軽量ボディーを実現した「AQUOS zero6」登場 5Gミリ波やeSIMにも対応
シャープが、2021年の秋冬モデルとして、スマートフォン「AQUOS zero6」を発表。必要十分な機能を備えながら、約146gという軽量ボディーを実現した。カメラには、AQUOS R6の画質技術をベースに開発した新画質エンジン「ProPix3」を採用した。(2021/9/28)

シャープ、9月28日にスマートフォンAQUOSの新製品を発表
シャープが、9月28日にスマートフォンAQUOSの新製品を発表する。当日は10時から新製品についての動画を配信する。ミッドレンジモデルの後継機が登場する?(2021/9/27)

家電の“しゃべる声”を着せ替え感覚でカスタマイズ、シャープがサービス開始へ 第1弾は「緒方恵美さん」など
夢が広がる……!(2021/9/26)

「ヘルシオ」の音声を変えるサービス、シャープが提供 第1弾は緒方恵美さんと「戦国BASARA」
シャープは24日、「ヘルシオ」など発話機能を搭載する家電の音声を声優やアニメ/ゲームキャラクターの声に変更するサービス「COCORO VOICE」を発表した。10月27日から声優の緒方恵美さんや「戦国BASARA」のキャラクターの声を販売する。(2021/9/24)

那須川天心、シックスパックに仕上がった対戦前ボディーを披露 シャープに激変した顔つきが「別人になってる」
1カ月前と顔の形が違う。(2021/9/22)

IIJmio、シャープ製スマホ「AQUOS R6」とOPPO製ワイヤレスイヤフォンを発売
IIJmioサプライサービスは、9月24日からシャープ製スマートフォン「AQUOS R6」とOPPO製ワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco Buds」「OPPO Enco Free2」を販売開始する。(2021/9/22)

秘密は「快適性」と「見た目」:
「ごめん、売り切れたみたい」 5時間で完売したシャープの立体型マスクは何がすごいのか?
シャープが発売した「クリスタルマスク」が発売5時間で売り切れて、現在も品薄状態続いている。一時は高騰していたマスク市場も落ち着きを取り戻し、マスク需要も落ち着きを見せていたが、なぜここまで売れているのだろうか?(2021/9/21)

「AQUOS R6」のSIMフリーモデルが9月24日に発売 16万5000円前後
シャープが、5G対応のSIMロックフリースマートフォン「AQUOS R6 SH-M22」を、9月24日から順次発売する。センサーからレンズ設計、画質調整までライカ(Leica)と共同開発したカメラを搭載している。場想定価格は16万5000円前後(税込み)。(2021/9/14)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
早すぎたAndroidデジカメ──1型センサー搭載スマホを見て思い出す7年前の名機
シャープがライカとの協業で「AQUOS R6」を発表し、そのライカ版ともいえる「Leitz Phone 1」が登場。それを見て昔からのカメラ好きは思い出したと思う。パナソニックが2014年に発売した「DMC-CM1」を。(2021/9/12)

医療機器ニュース:
スマートフォンと連携、ワイヤレスイヤフォンスタイルの補聴器を発売
シャープはニューロシューティカルズと協業し、ワイヤレスイヤフォンスタイルの耳あな型補聴器「メディカルリスニングプラグ」を発売する。軽度〜中等度難聴者向けの補聴器で、ワイヤレスイヤフォンとしても使用できる。(2021/9/10)

シャープ、立体構造の不織布マスク「シャープクリスタルマスク」発売
シャープは、不織布マスク「シャープクリスタルマスク」を販売開始。マスク着用時の快適さや衛生面を追求したプレミアムタイプで、同社ECサイト「COCORO STORE」で定期便サービスと通常販売で取り扱う。(2021/9/9)

シャープが新たなマスク「クリスタルマスク」発売 立体構造で呼吸しやすく
クリスタルのような形のマスク。(2021/9/8)

シャープの立体型マスク、わずか5時間で売り切れ 生産能力は月75万枚を確保
シャープが8日に発売した「シャープクリスタルマスク」がわずか5時間で売り切れ。公式Twitterアカウントは「ごめん、売り切れたみたい」。(2021/9/8)

シャープ、立体構造の不織布マスク「シャープクリスタルマスク」発売 「フェイスラインをシャープに演出」
シャープは8日、装着時の見た目や快適さを追求した不織布マスク「シャープクリスタルマスク」を発売した。立体構造で口元の空間を確保し、呼吸しやすく化粧くずれも抑えるという。(2021/9/8)

シャープ、首にかけるAIスピーカーを開発 Alexa対応、クラファンで募集開始
シャープは、音声アシスタント機能を搭載し、首にかけて使用するウェアラブルAIスピーカー「AQUOS サウンドパートナー」を発表した。ワンモア(東京都渋谷区)が運営するクラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」上で、支援者の募集を9月2日に開始した。募集期間は10月31日まで。(2021/9/2)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
夏のハイエンドスマホ4機種で撮り比べ(前編):超広角から望遠まで画質チェック
2021年の夏は、シャープとライカが協業して生まれた「Leitz Phone 1」や、ソニーの「Xperia 1 III」などのハイエンド端末が多く発売された。いずれも特徴的なカメラ機能を搭載しており、撮影時の画像の色味もさまざま。実際に同じ場所、同じ時間に撮影して比べてみよう。(2021/8/30)

シャープが音声操作可能なネックスピーカー
シャープは25日、首にかけて周囲の音を遮ることなく音楽などを楽しめるスピーカー「AQUOS サウンドパートナー」の新製品を開発したと発表した。インターネットに接続して家電などの音声操作が可能になった。クラウドファンディングで支援者を募集し台数限定で販売する。(2021/8/25)

J:COM MOBILEが5Gサービスを開始 「AQUOS sense5G」を発売
ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」が、8月25日に5Gサービスを提供開始。5G対応端末としてシャープの「AQUOS sense5G」を販売する。(2021/8/25)

身に付けるAIスピーカー、シャープが発売
シャープは、音声アシスタント「Amazon Alexa」に対応した首掛け式のウェアラブルスピーカー「AQUOS サウンドパートナー」をクラウドファンディングを通じて9月に発売する。価格は1万9000円から(台数限定)。(2021/8/25)

太陽光:
パズルのように置ける「黒い太陽光パネル」、シャープが住宅用の新製品
シャープが住宅用太陽電池モジュールのフラッグシップモデル「BLACKSOLAR ZERO」シリーズの新製品を発表。2021年10月中旬から販売する。(2021/8/23)

シャープがプラズマクラスターのシューティングゲーム公開→難しすぎて「詫びプラズマクラスターを配布」
無理ゲーを作ってしまったおわび。(2021/8/6)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ライカのスマホ「Leitz Phone 1」はここが“新しい” AQUOS R6との違いも含めて徹底検証
7月12日にソフトバンク独占、SIMロックフリーで発売されたライカがデザインするスマホ「Leitz Phone 1」。シャープが製造し、カメラのレンズはズミクロンでセンサーは1型だ。一眼レフを思わせる画像のナチュラルさや、独自のモノクロ撮影機能「Leitz Looks」もおもしろい。RAW撮影にも対応しているが、今回は日常的な使い心地を重視して紹介する。(2021/8/10)

「ウイルスに勝てませんでした」 シャープ「プラズマクラスターシューティング」は予想外の弾幕ゲーム
シャープが2日に公開したシューティングゲーム「プラズマクラスターシューティング」が「難易度高すぎ」と話題に。(2021/8/2)

空気清浄機で戦うシューティングゲーム、シャープが公開 「プラズマクラスター」をPR
シャープが、空気清浄技術「プラズマクラスター」のPRとしてシューティングゲームを公開した。プラズマクラスターを搭載したジェット機に乗ってカビやウイルスと戦うという内容。スマートフォンやPCのWebブラウザでプレイできる。(2021/8/2)

PR:新次元のカメラとディスプレイを搭載 生まれ変わった「AQUOS R6」徹底レビュー
シャープのフラグシップスマートフォン「AQUOS R6」が発売された。目玉は、スマートフォンとしては最大級(※2021年5月17日時点のシャープ調べ)の1型センサーを搭載したカメラだ。ディスプレイは「Pro IGZO OLED」を初搭載しており、画質とスタミナを両立させた。5Gスマホの最新モデルとして画期的な進化を遂げたAQUOS R6の魅力をお伝えしよう。(2021/7/28)

Dynabookの「かんたんテレワーク スターターパック」がサービスを拡充 ユーザーへの「チャットサポート」を提供可能に
Dynabookがテレワーク(遠隔勤務)の導入に必要なPCやクラウドサービスを一括提供するサービスに、ユーザーへのAIチャットサポートを提供できるバージョンが登場する。シャープの子会社が提供するAIチャットボットサービスを活用したもので、回答内容にはDynabookのノウハウが反映されているという。(2021/7/27)

製造マネジメントニュース:
シャープとニコンがバイオミメティクスに関する共同開発契約を締結
シャープとニコンは2021年7月20日、生物が持つ構造や機能をエンジニアリングに応用する「バイオミメティクス(生物模倣)」の技術実装に関する共同開発契約を締結したと発表した。(2021/7/21)

シャープ福山セミコンダクター:
米粒より小さい、ウェアラブル機器用近接センサー
シャープ福山セミコンダクターは、ワイヤレスイヤフォンなどウェアラブル機器に向けて、本体サイズが米粒よりはるかに小さい近接センサー「GP2AP130S00F」を開発、量産を始めた。(2021/7/21)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
メーカーが「異業種参入」に積極的なワケ なんであの会社からこんな製品が?
バルミューダのスマホ、アイリスオーヤマのPC、さらにはシャープの不織布マスクのように、メーカーがいきなり異業種へと参入するケースがある。異業種参入はどの業界でも起こりうることだが、メーカーが積極的にみえるのはなぜだろうか。(2021/7/16)

5Gビジネスの神髄に迫る:
シャープのローカル5G戦略を聞く 端末メーカーのノウハウや鴻海のリソースが強みに
さまざまな事業者が参入しているローカル5G市場だが、そこに新たに参入を表明したのがシャープだ。同社は2020年8月にローカル5Gに対応したルーターの試作機の開発を発表するなど、デバイス面ではローカル5Gに早くから力を入れている。2021年には自社でローカル5Gの実証実験免許を取得し、「SHARP Local 5G Trial Field」を開設した。(2021/7/16)

シャープが「水曜どうでしょう」のディレクターをあえて起用した理由 コラボ首掛けスピーカーの発売で
シャープは14日、「水曜どうでしょう」のディレクターの声を音声ガイダンスに採用した「AQUOSサウンドパートナー」を発表した。(2021/7/14)

「AQUOS R6」はどんな人向け? 「ライカ」「1型センサー」のカメラを徹底検証する
シャープの最新スマホ「AQUOS R6」が6月25日に発売された。その最大の特徴は、なんといっても「ライカと協業した2020万画素の1型センサー」だ。アスペクト比も一眼レフと同じ「3:2」で、果たしてこれは「スマホ」なのか、「カメラ」なのか。(2021/7/2)

シャープ、mini LEDの次世代テレビを試作 コントラスト比は100万:1以上
シャープは6月29日、バックライトにmini LEDを採用した次世代テレビの試作機を公開した。(2021/6/29)

オンキヨー、株主総会でAV事業売却可決 7月末上場廃止
経営再建中のオンキヨーホームエンターテイメントが大阪市内で定時株主総会を開催。シャープなどの合弁会社に主力の家庭向けAV(音響・映像)事業を譲渡することが承認された。(2021/6/28)

フリーザ芸人・山本正剛、禁酒2カ月のビフォーアフターが変わりすぎ むくんだお顔が2キロ減でシャープに「体調も良くなってます」
禁酒で痩せるの分かるわぁ。(2021/6/25)

開発陣に聞く:
シャープに聞く「AQUOS R6」開発の舞台裏 ライカとの協業から1型センサー搭載まで
シャープの「AQUOS R6」は、ライカと共同開発した1型センサーのカメラが話題を集めている。刷新されたカメラ機能を中心にシャープ開発陣に話を聞いた。特にライカが求めるレベルの画質実現に苦労したという。(2021/6/25)

石川温のスマホ業界新聞:
キャリアがいるからこそ、個性的で革新的なデバイスが生まれるのではないか――端末と通信の完全分離は時代錯誤の政策でしかない
Leica(ライカ)が、初めてのスマートフォン「Leitz Phone(ライツフォン) 1」を発売する。実際の開発は「AQUOS R6」で技術供与先になったシャープが担当しているが、この話を最初に持ちかけたのは何とソフトバンクだという。(2021/6/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.