• 関連の記事

「後継者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「後継者」に関する情報が集まったページです。

製造ITニュース:
安定的で経済的な発電計画をAIが立案、グリッドと四国電力がシステム開発
グリッドは2022年6月23日、デジタルツイン、AI最適化開発プラットフォーム「ReNom Power」を活用して、四国電力と開発を進める電力需給計画立案システムを、同年7月から運用開始すると発表した。電力需要予測や電力市場の価格といった各種変動量を考慮しつつ、特定の条件下で利益を最大化し得る発電計画の作成を自動で行う。(2022/7/4)

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」第2シーズン、9月配信&10月放送 最新PVが公開ッッ!
主演のファイルーズあいさんも大興奮。(2022/7/2)

今後、どうする?:
相談しづらい「父の会社の事業継承」 父の日が絶好のきっかけに?
M&Aキャピタルパートナーズ(東京都千代田区)は、「父の日」にあわせて、経営者を父に持つ子どもを対象とした事業継承の実態調査を行った。(2022/6/19)

Supply Chain Dive:
なぜ研究開発に多額の投資をしたのか? UPS「伝説のCIO」のテクノロジー戦略
UPSは自動化の活用、より迅速で情報に基づいた意思決定のためのデータ活用など新技術を物流ネットワーク全体にわたって採用している。新技術導入を進めた同社元CIOは配送ドライバーとしての勤務経験があり、現在はSalesforceのCIOに転身した「伝説のCIO」だ。(2022/6/16)

複合施設「eden」:
千葉・勝浦海中公園にレストランとスパを併設した複合施設 2022年夏誕生
Salt Group(東京都港区)が、2022年夏、千葉県勝浦市にある千葉県勝浦海中公園内に勝浦市が建設するレストランとサーマルスプリングスパを併設した複合施設「eden」の指定管理者として、施設の運営などを行うと発表した。(2022/6/16)

スマートファクトリー:
PR:画像AIで切粉トラブルを検知、工作機械メーカーが取り組む自動化と品質向上への道
人手不足や製品の複雑化など製造現場を取り巻く環境は厳しさを増している。これらに対応するため、製造現場ではIoTやAIなどのデジタル技術を活用した自動化領域の拡大や、匠のノウハウを継承し設備の異常を検知する品質改善などに取り組んでいる。ただ、多くの製造業や製造装置メーカーにとって、デジタル技術を効果的に使いこなすのはハードルが高い。そこで、協業を生かし新たな自動化の仕組みをうまく構築したのが、工作機械メーカーの滝澤鉄工所と富士通の取り組みだ。(2022/6/15)

トップ直撃:
「宿命付けられて生まれてきた」 アパグループの社長兼CEO
「『宿が命』と書いて宿命」と話すのは、アパホテルなど国内外でホテルチェーンを展開するアパグループの元谷一志社長兼CEO。幼いころから父で創業者の元谷外志雄会長の後継者として育てられ、経営者への道も宿命だと感じているという。創業51年の会社と同じ年に生まれた新CEOは、4月からの新たな経営体制で、「より良いホテル」へ進化を続けると意気込む。(2022/6/7)

SAP SuccessFactors導入事例 協和キリンの人事システム基盤はどうなっているか
協和キリンは、SAPのクラウド人事ソリューション「SAP SuccessFactors」によって人事システム基盤を構築し、稼働を開始した。協和キリンは「Life-changingな価値を実現する」人材や基盤を強化し、どのような変化にも柔軟に対応できる組織作りを推進する。(2022/6/6)

ドラッカーに学ぶ「部下を動かそうとする考えは時代遅れ」:
第2回 ドラッカー「部下と上司はお互いに考えが違う」
時代の変化の中にあって、部下はどうあるべきか。そして今、上司に求められているものは何か。上司と部下は、お互いどんな関係でいるべきなのだろうか。(2022/5/23)

連載「情報戦を制す人事」:
重要ポストなのに、後継者がいない──管理職“候補”不足の企業が始めるべき「サクセッションプラン」とは
管理職“候補”不足で、数年後には管理職が不足する──そんな課題に、企業はどう対処しておくべきでしょうか。人材不足に陥らないための「サクセッションプラン」の考え方と、その方法を解説します。(2022/5/13)

サードパーティーcookieの後継者【後編】
“脱サードパーティーcookie”を実現する「ターゲティング広告」3大手段
「Chrome」などの主要Webブラウザがサードパーティーcookieの利用を停止することを受け、企業はターゲティング広告を実現する手段を再考しなければいけなくなった。代替となる3つの手段とは何か。(2022/5/11)

SAP SuccessFactorsで検証:
そろそろ無視できない「人的資本経営」に、タレントマネジメントを活用する
国内でも重要視され始めている「人的資本経営」を実現するためには、社内の人材に関する情報を管理していくことが求められます。こうした情報の管理に関して、タレントマネジメントシステムの活用は有効なのでしょうか?(2022/5/11)

まず着手すべきこと:
“経営に役立つ人事戦略”は、どうすれば実現できる? 人事の「人的資本経営」の始め方
最近注目の「人的資本経営」。国内でも、対応する動きが確実に進んでいます。人的資本経営を進める上で、人事部に期待されるものは何でしょうか。(2022/5/10)

サードパーティーcookieの後継者【中編】
サードパーティーcookieが使えないと「ターゲティング広告」はできないのか
ターゲティング広告の手段として普及しているサードパーティーcookieは、プライバシーの観点から利用不可になりつつある。ターゲティング広告に必要な情報を入手するために、企業は何を活用すればよいのか。(2022/5/4)

サードパーティーcookieの後継者【前編】
いまさら聞けない「サードパーティーcookie」の機能 何に役立つのか?
広告業界が、サードパーティーcookieの利用廃止に向き合わなければいけない時が来た。代替手段を考える上で、サードパーティーcookieが果たす役割をあらためて確認しよう。(2022/4/27)

あなたはどちら?:
「内製化」「デジタルの民主化」ブームで、二極化する情シス
野良システム乱立の無法地帯を防ぎ、継続的な改善を進めるために情シスに必要な役割とアクションとは。(2022/4/26)

わずか1年足らずで:
日本電産・永守氏CEO復帰 「後継者不在」また振り出しに
日本電産が21日、永守重信会長のわずか1年足らずでのCEO復帰を発表した。同社の積年の課題だった「後継者不在」はようやく解決の道筋がついたと評されたが、また振り出しに。(2022/4/22)

個人経営の企業、8割が後継者おらず それでも課題意識は10%と低迷
組織・人事コンサルティングファームのセレクションアンドバリエーションは、総務省が個人経営の企業4万社を対象に行った「2021年個人企業経済調査」の分析結果を発表。町工場や八百屋といった個人経営の商店の8割が後継者不在の問題に直面していながら、最重要課題だと意識しているのは10%前後と低調であることが分かった。(2022/4/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
九州と北海道 2つの高級クルーズ列車は、リピーターを獲得できるのか
高級クルーズトレインの先駆者「ななつ星in九州」と北海道を巡る「THE ROYAL EXPRESS 〜HOKKAIDO CRUISE TRAIN〜」に新コースが設定された。どちらも国内観光需要の盛り上がりに向けた対応だ。しかし定員を減らして三密を避けつつ、運行とサービスを維持するには顧客単価を上げる必要がある。(2022/4/16)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(6):
【第6回】建設業の成長を推進する「グループ経営」の極意
本連載では、タナベ経営の建設専門コンサルタントが各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第6回は、建設業のM&Aで多くみられる「グループ経営」を成功させて企業成長へ導くために、「ホールディングカンパニー」の果たすべき機能と経営者の資質について説く。(2022/4/14)

コロナ禍で閉店:
浅草で142年続く「すき焼き店」を事業承継 老舗が決断に至った背景とは?
外食事業会社WDI GROUPは、創業142年を誇る浅草のすき焼き店「ちんや」の暖簾(のれん)を承継した。新型コロナウイルスの余波が経営を直撃し、21年8月に閉店を余儀なくされた。しかし、伝統あるすき焼き文化を絶やしてはいけないとWDIが事業を受け継ぎ、場所を移転して再オープンすることとなったのだ。(2022/4/22)

ブランドは1日にしてならず:
緑茶リニューアル対決 シェアトップの伊藤園が、"定番"でも変化し続ける理由
お〜いお茶』に15年以上に携わってきた伊藤園マーケティング本部 緑茶飲料ブランドマネジャーの安田哲也氏に、緑茶界の”横綱”伊藤園『お〜いお茶』のマーケティング戦略と、22年の新たな挑戦を聞いた。(2022/4/7)

5種類の木を使用:
レクサスのショールームで提供される「木を飲むドリンク」 木を食べる未来がくるのか?
食用花や昆虫食など「一見、食となじみがないけど食材になっちゃったよ」シリーズに「木」が追加される未来もそう遠くないかもしれない。日本草木研究所が、ヒノキなど5種類の木材を使用した「木を飲むドリンク」を開発した。どのような商品なのかというと……(2022/3/31)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
3割減収でも最高益のファーウェイ、切り札は300人の「天才少年」と3兆円の研究開発投資
2019年に米国に輸出規制を発動され、「生存」が最重要ミッションとなったファーウェイが21年決算を発表した。売上高は前年比28.6%減だが、純利益は同75.9%増で過去最高。カナダで3年近く軟禁生活を経た孟晩舟副会長が、4年ぶりに決算会見に出席し、最悪期を脱したことを示唆した。(2022/3/31)

事業承継:
東急建設、事業承継支援などの企業訪問実績が100社超に
東急建設は、事業承継などを支援するコンサルティング活動を進めている。企業訪問実績が2022年3月で100社、2022年6月には130社に達する見込みとなっている。(2022/3/30)

魚の食欲を解析:
くら寿司の「AI桜鯛」が好調 なぜ「スマート養殖」にチカラを入れるのか
くら寿司は3月11日に、AIやIoTを活用したスマート給餌機を使って成育した「AI桜鯛」を発売。3月15日までの期間限定販売だったが、一部の店舗では予定より早く完売した。同社では、この実証実験の結果を踏まえ、6月からスマート養殖に本格参入するという。その狙いとは……。(2022/3/25)

SDGsは慈善ではない:
郷ひろみ、永作博美らが参加 悲鳴上げる中小企業を救うプロジェクトとは?
中小企業を助けようというのが「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」だ。アンバサダーとして郷ひろみ氏、永作博美氏、市原隼人氏、滝川クリステル氏を迎え、コロナ禍で苦しむ中小企業をサポートする。アンバサダーたちに今回のプロジェクトへの思いを聞いた。(2022/3/12)

東京商工リサーチ調べ:
2月の「後継者難」倒産は29件 「死亡」に続いて多い要因は?
2022年2月の「後継者難」倒産は前年同月比31.8%増で、2カ月連続で前年同月を上回った。(2022/3/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
平均60.3歳──老いる社長、緩やかに進む「会社の自殺」
社長の高齢化が進み、ついに平均年齢は60歳を上回った。「高齢だからダメ」ということはないが、社長という“権力の座”に同じ人が長く座ることで、組織にはさまざまな弊害が出てくる。(2022/3/11)

「社長の平均年齢」調査、31年連続で上昇 “社長の高齢化”続く
社長の平均年齢は60.3歳(前年比+0.2歳)、同社による調査開始以降、右肩上がりの状況が続く。(2022/3/10)

「35歳を迎えました!」松下洸平、誕生日を報告 木曜ドラマもサプライズ祝福「最洸な1年になりますように」
最愛で、最洸。(2022/3/7)

ソーラーシェアリング入門(53):
ソーラーシェアリングの普及に向けて、今後考えるべき3つの論点とは?
2022年に入り農林水産省が普及に向けた新たな有識者会議を立ち上げるなど、再エネ普及策の一つとして注目が集まるソーラーシェアリング。一方、国内での広がりに伴い、見えてきた新たな課題も。今回はこうしたソーラーシェアリングのさらなる普及に向けて解決すべき課題について解説します。(2022/2/10)

決算は「冬の嵐」:
売却断念のアーム、再上場へ 孫社長が「黄金期を迎える」と強調するワケ
ソフトバンクグループは2月8日、半導体設計大手「アーム」を半導体大手「エヌビディア」に売却する計画を断念すると発表した。また同日、2022年3月期第3四半期の連結決算も発表した。(2022/2/8)

元売りとしてサポート:
出光興産・木藤俊一社長に聞くガソリンスタンドの展望 脳ドックから飲食店まで地域の「よろずや」に
出光興産・木藤俊一社長に、石油元売り大手としての新たな役割を聞いた。(2022/2/1)

34期連続増収:
「関西スーパー争奪戦」は始まりにすぎない!? 関西進出を狙う「オーケー」の恐るべき“実力”
2021年は「関西スーパー争奪戦」が注目された。オーケーは敗れたが、関西進出を検討している。競合他社と比較して見えたオーケーの実力とは?(2022/1/31)

東京海上ホールディングス社長 小宮暁さん(61) 脱炭素など社会課題解決力を上げる
不確実な時代だからこそ、改めて原点に戻る必要がある。当社の事業活動である『社会課題解決』の力をもう一段高いレベルに引き上げたい(2022/1/21)

docomo Open House'22:
6G時代は「テレパシーがSFの世界でなくなる」 ドコモが掲げる“人間拡張基盤”とは
ドコモの最新技術を紹介する「docomo Open House'22」が開幕。同社は、6Gに向けて空、宇宙にエリアを広げる取り組みを続けている。人間の感覚をリアルタイムで伝え、保存できる「人間拡張基盤」も掲げる。(2022/1/19)

6G時代ではリアルタイムに動作を共有する「人間拡張」を実現 ドコモらが基盤を開発
NTTドコモらは、6G時代に向けてネットワークで人間の感覚を拡張する「人間拡張」を実現するための基盤を開発。リアルタイムに自然な動作の共有を可能とし、蓄積されたデータを用いて過去の人の動作を再現することもできる。(2022/1/17)

リファラルとコネでも大違い:
日大は変われるのか いまだ続く「縁故採用」の功罪
さまざまな不祥事で注目を浴びた日本大学。その背景には閉鎖的な組織風土があったと考えられるが、新たな職員採用でも「縁故採用」が続いているようだ。人事や人材に詳しい筆者の視点から、縁故採用の功罪や、昨今注目の手法などを解説する。(2022/1/14)

週末に「へえ」な話:
マンションに自転車店が駆けつけて、1日26万円も売れている理由
都市部のオフィスにキッチンカーが戻ってきた。カレーやハンバーなどを購入するためにビジネスパーソンが並んでいるわけだが、気になる店を見つけた。自転車の修理・点検である。移動営業をしてもうかっているのかどうか、気になったので担当者に話を聞いたところ……。(2021/11/27)

東証一部上場の社外取締役は800万円:
売上高1兆円以上の企業、社長報酬の中央値は「9860万円」 昨対比で微減
調査対象は1042社の企業に所属する役員、1万9555人。(2021/11/24)

細木数子さんの娘、母親の“言いつけ”順守で仕事再開 「私に何があっても穴を開けるんじゃないよ」
かおりさん「未だこの状況を受け入れ難いのですが」(2021/11/17)

ドラッカーに学ぶ「部下を動かそうとする考えは時代遅れ」:
第1回ドラッカー「部下をつぶす上司と部下を生かす上司の違いとは?」
頭の良さは誰もが認める。しかし指示が細かすぎて部下を困らせる上司。自分の考えに抜かりはないと思うからこそ、部下の小さなミスが許せない。そんなタイプは多いと聞く。悲しいかな、困ったことに、優秀な上司ほど部下をつぶす。(2021/11/17)

プチぷよ:
HISがミニトマト栽培 “農業事業”を新たな柱へ
エイチ・アイ・エス(HIS)は11月15日、「農業プロジェクト」としてミニトマト栽培の実証実験とマーケティングを始めると発表した。(2021/11/16)

2021年、役員改革が始まった:
社外取締役に期待されること ジェンダーや国籍だけにとどまらない真の多様性
女性の取締役比率について、欧米が20〜40%台であるのに対し、日本は11%と最低水準。調査では、日本企業の取締役会の多様性の低さが浮き彫りになっています。そもそも社外取締役に期待されることとは?(2021/11/16)

Supply Chain Dive:
米Target「伝説のCIO」勇退の報にGartnerアナリストが語った「未来の百貨店」の姿
TargetのCIOマクナマラ氏は7年間にわたって同社のデジタル戦略をいかに強化したか。新CIOが取り組むべきポイントとは。(2021/11/15)

管理職の女性は「スーパーウーマン」?:
「優秀な女性社員が、管理職をやりたがらない問題」は、こう解決する
実は、成功している女性リーダーには、ある共通点があります。優秀な女性社員に、より活躍の選択肢を増やしてもらうためには、どのようなマネジメントが必要なのでしょうか。(2021/11/12)

最後の砦がついに 佐々木蔵之介の結婚発表で恐慌に陥るネット民続出「後は竹野内豊だ…け……」「私にはまだ斎藤工と綾野剛が」
おめでとうございます!(2021/10/30)

選ばれなかったらどうなる?:
「課長職を立候補制に」 SOMPOの新制度は「上司のお気に入りばかりが出世」にならないのか? 人事を直撃
SOMPOホールディングスが、課長職を立候補制にするという。「立候補したのに選ばれなかったらどうなるのか」「結局、上司のお気に入りばかり出世することになるのでは?」率直な疑問を、人事担当者にぶつけた。(2021/10/20)

「扶養から出るな」という夫も:
“パートは低賃金で当然”の日本で、なぜ「全従業員を正社員化」できた? イケア・ジャパン人事に聞く
いわゆる「同一労働同一賃金法」より約6年も前に、イケア・ジャパンはパートタイマーを含め全従業員を正社員雇用に切り替えた。なぜそのようなことができたのか。イケア・ジャパン人事にインタビュー。(2021/10/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.