• 関連の記事

「スーパーコンピュータ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スーパーコンピュータ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

HPEが構築、AMDのCPUとGPUを搭載
工業大学がCPU×GPUのスパコンを導入 なぜ「GPU」なのか?
スウェーデンの工業大学Royal Institute of Technologyでは、スーパーコンピュータの刷新が進んでいる。新しいスーパーコンピュータはCPUとGPUを積載するという。その理由とは。(2021/9/16)

量子コンピュータ:
スパコンを活用したシミュレーテッドアニーリング利用サービスを提供
NECは、ベクトル型スーパーコンピュータを活用した、量子インスパイア型のシミュレーテッドアニーリング利用サービス「NEC Vector Annealing サービス」と量子コンピューティングの教育サービスを2021年11月から提供開始する。(2021/9/15)

太陽の特殊な自転 スパコン富岳で再現成功
従来のスーパーコンピューターによるシミュレーションでは再現が不可能だった太陽の特殊な自転を、世界最高性能のスパコン「富岳」で再現することに、千葉大などの研究チームが世界で初めて成功した。(2021/9/15)

「太陽の自転周期、緯度ごとでなぜ違う」の謎、スパコン「富岳」で解明 世界最大、解像度54億ドットで太陽を再現
千葉大学と名古屋大学の研究チームは、スーパーコンピュータ「富岳」を使い、太陽の自転周期が緯度ごとに異なる理由を解明。富岳を使い、太陽の磁場や熱流を、54億ドットの解像度でコンピュータ上でシミュレーションした。(2021/9/14)

電子ブックレット(組み込み開発):
スパコンのAI性能が10倍に/教師なし学習で高精度の画像分類AI
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2021年4〜6月に公開した人工知能関係のニュースをまとめた「人工知能ニュースまとめ(2021年4〜6月)」をお送りする。(2021/9/6)

制限ボルツマンマシンを採用:
理研ら、機械学習法で「量子スピン液体」を解明
理化学研究所(理研)らの共同研究チームは、機械学習を用いて「量子スピン液体」を解明した。スーパーコンピュータ「富岳」などを活用して大規模計算を行い実現した。(2021/8/18)

CAEニュース:
オートノマスメッシング熱流体解析プログラムが「富岳」で正常動作
IDAJと富士通は、スーパーコンピュータ「富岳」と「PRIMEHPC FX1000」で、大規模かつ高精細な解析が高速に実行できることを実証するプロジェクトに参加した。動作検証や性能チューニングは、Convergent Scienceの「CONVERGE」で実施した。(2021/8/2)

「量子コンピュータはスパコンより速い」のウソと本当 日本設置の意義は
川崎市に設置された米IBMの商用量子コンピュータについて多くのメディアが報じているが、「スパコン超えの性能」や「1万年かかる計算を3分20秒で」などの報道をそのまま受け取ってはいけない。量子コンピュータ日本設置の意義を整理する。(2021/7/30)

スパコンで30分後のゲリラ豪雨を予測→イベント参加者に情報提供 日本気象協会が実証実験
日本気象協会が、気象レーダーの観測データからゲリラ豪雨の発生確率を予測し、屋外イベントの運営者や来場者に通知する実証実験を行うと発表。スーパーコンピュータで30分後までの発生確率を予測するという。(2021/7/28)

スパコン「富岳」の五輪“感染”シミュが炎上したワケ
理化学研究所のスーパーコンピュータ「富岳」を使った、国立競技場内での感染シミュレーションの結果に“ツッコミ”が殺到した。大会の開幕を前に、富岳の結果が炎上した理由を考察する。(2021/7/23)

スパコン「富岳」でゲリラ豪雨を予測、20日から実証実験
理化学研究所が運用するスーパーコンピューター「富岳」(神戸市)を使って、ゲリラ豪雨を予測する実証実験が20日から始まる。理研や国立情報学研究所などの研究チームが発表した。世界一のスパコンが持つ圧倒的な計算力を用いた実験で、短時間で状況が急変するため予測が難しいゲリラ豪雨の予測手法の実用化を目指す。(2021/7/19)

ゲリラ豪雨の予報にスパコン「富岳」活用へ 理研などが実証実験
理化学研究所などの共同研究グループが、首都圏を対象としたゲリラ豪雨の予報にスーパーコンピュータ「富岳」を活用する実証実験を7月下旬から9月上旬にかけて行う。富岳に30秒ごとに現実世界の気象データをリアルタイムで取り込み、30分後までにゲリラ豪雨が起きる確率を算出するという。(2021/7/14)

製造ITニュース:
NVIDIAの「英国最速」AIスーパーコンピュータが正式稼働
NVIDIAは2021年7月6日(現地時間)、「英国で最速」(同社)のスーパーコンピュータ「Cambridge-1」が正式稼働を開始したことを発表した。AIを活用したバイオテクノロジーや医療分野での研究活動を支援する。(2021/7/13)

NVIDIAのスパコン「Cambridge-1」、英国で正式デビュー
NVIDIAがスーパーコンピュータ「Cambrdige-1」を正式発表した。ロンドン近郊に構築したこのスパコンは「英国で最も強力なスパコン」とファンCEO。(2021/7/7)

CAEニュース:
スパコン「富岳」上で熱流体解析ソフトウェアによる大規模並列計算を実施
エムエスシーソフトウェアとソフトウェアクレイドルは、「富岳」を用いて、熱流体解析ソフトウェア「Cradle CFD」に含まれる「scFLOW」ソルバーによる大規模並列計算を実施した。(2021/7/7)

観客1万人がマスクを着ければ新規感染者は1桁? スパコン「富岳」で五輪観戦をシミュレーション
文部科学省が東京五輪の競技会場である新国立競技場での新型コロナの感染リスクについて、スーパーコンピュータ「富岳」を使ったシミュレーション結果を発表。マスクを着用した観客1万人が競技を観戦した場合の新規感染者は、最悪のケースでも1桁にとどまるという。(2021/7/6)

国立天文台、宇宙を占める「暗黒物質」の“地図”をAIで作成 スパコンによるシミュレーションで観測ノイズを除去
国立天文台と統計数理研究所らの研究チームが、宇宙にある「暗黒物質」(ダークマター)の“地図”をAIで作成するシステムを開発した。暗黒物質の正体解明に役立つ可能性がある。(2021/7/5)

製造ITニュース:
PFNが首位奪還、スパコンの省電力性能ランキングGreen500発表
Preferred Networks(PFN)は2021年6月28日、神戸大学と共同開発した深層学習用プロセッサを搭載したスーパーコンピュータ「MN-3」が省電力性能ランキング「Green500」において世界第1位を獲得したことを発表した。(2021/7/1)

開発競争は激化へ:
スパコン「富岳」が3期連続で4冠達成
富士通は2021年6月29日、同社と理化学研究所(理研)が共同開発したスーパーコンピュータ(スパコン)「富岳」が、世界のスパコン関連ランキングにおいて、「TOP500」「HPCG(High Performance Conjugate Gradient)」「HPL-AI」「Graph500」の全てのベンチマークにおいて第1位を獲得したと発表した。(2021/6/30)

富岳4冠はSDGsに貢献できる証し 理研と富士通が会見
理化学研究所と富士通は29日、共同開発したスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」が、スパコンの性能を競う4つの世界ランキングで首位となったことを受けて、合同で記者会見を行った。4冠は富岳が社会課題の解決に貢献できるスパコンである証しだと自信を示した。(2021/6/30)

省エネスパコン世界一に返り咲き PFNの「MN-3」
消費電力を抑えて効率的に計算する性能を競うスーパーコンピューターの世界ランキング「Green500」が28日発表され、Preferred Networksが開発したスパコン「MN-3」が世界一に返り咲いた。(2021/6/30)

製造ITニュース:
2位と大幅な性能差で首位獲得、「富岳」がスパコン性能ランキングで3期連続4冠
富士通は2021年6月28日、スーパーコンピュータの性能に関するランキング「TOP500」「HPCG」「HPL-AI」「Graph500」の4つで、理化学研究所と共同で開発したスーパーコンピュータ「富岳」が3期連続で世界第1位に選出されたと発表した。(2021/6/30)

スパコン「富岳」3期連続で世界4冠に
スーパーコンピュータの性能を競う世界ランキング「TOP500」で理研の「富岳」が3期連続で4部門1位を獲得。理研は「富岳の広い分野における世界的な先進性が示された」とコメント。(2021/6/29)

Xe-HPCは「検証段階」に:
Intelが「次世代Xeonプロセッサ(Sapphire Rapids)」をチラ見せ 広帯域メモリ内蔵バージョンを用意
スーパーコンピューターの世界的なイベント「ISC 2021」に合わせて、IntelがHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)に関する取り組みを発表した。その中で、次世代のXeonスケーラブルプロセッサ(開発コード名:Sapphire Rapids)にHBM(広帯域メモリ)を内蔵するバージョンが用意されることが明らかとなった。(2021/6/29)

4冠を達成:
スパコン「富岳」3期連続世界一 「京」超える
理化学研究所と富士通は28日、共同開発したスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」(神戸市)がスパコンの計算性能を競う4つの世界ランキングで1位になったと発表した。半年ごとに発表されるランクで、昨年の6月と11月に続き、3期連続で4冠を達成した。(2021/6/28)

新型コロナ変異株 短時間の会話でもリスク急上昇 スパコン富岳分析
2mの距離で会話したときの新型コロナウイルスへの感染リスクを比較したところ、変異株は従来株の約半分の時間で感染確率が上昇することが分かった。理化学研究所などのチームがスーパーコンピューター「富岳」を使った分析で明らかにした。(2021/6/24)

研究者がスパコンに求めた3つの要件を満たす:
PR:東大物性研の第6世代スパコンシステム「Ohtaka」にDell EMC PowerEdgeサーバが選ばれた理由とは
東京大学附置の全国共同利用研究所として設立された東京大学物性研究所は、1995年以降スーパーコンピュータシステムの全国共同利用事業を運営している。5年ごとにシステムを更新していく中、2020年、第6世代スーパーコンピュータシステム「Ohtaka」に、デル・テクノロジーズの「Dell EMC PowerEdgeサーバ」を採用した。その概要や選定理由などについて、同研究所 物質設計評価施設・設計部 尾崎研究室の福田将大氏にお話を伺った。(2021/6/22)

最速400Gbps!:
スパコン「富岳」にも利用、教育のDX化を支える学術ネットワークSINETとは? 国立情報学研究所の副所長に聞いた
大学授業のオンライン化が滞りなく進んだ背景には、日本全国の大学の学術ネットワークを支える基盤、学術情報ネットワーク「SINET」の存在がある。SINETは国の研究組織「国立情報学研究所(NII)」が開発、運営するもので、900以上の大学・研究機関が加入している。同研究所の漆谷重雄副所長に、SINETの現状と課題を聞いた。(2021/6/8)

製造ITニュース:
NVIDIAのスパコンは4EFlopsで「地球最速」、6000個超の「A100」搭載
NVIDIAは2021年5月27日(米国現地時間)、同社の「A100 Tensor Core GPU」を6159個搭載したスーパーコンピュータ「Perlmutter」が、米国エネルギー省が管轄する国立エネルギー科学計算センター(NERSC)で除幕式を行ったと発表した。「地球上で最速」(NVIDIA)の処理速度を達成したとする。(2021/5/31)

電子ブックレット(メカ設計):
スパコンで解明! フォークボールが落ちる本当の理由
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、スパコンによる数値流体シミュレーションで、フォークボールが落ちるメカニズムを初めて解明した東京工業大学 学術国際情報センター 教授の青木尊之氏を代表とする研究チームの成果内容について解説した記事「フォークボールが落ちるメカニズムをスパコンで解明」をお送りします。(2021/5/31)

NVIDIA A100を6159基搭載 米NERSCのAIスパコン「Perlmutter」がついに稼働
NVIDIAのデータセンター向けGPUを6159基搭載するスーパーコンピューターが、ついに稼働を開始する。同GPUを搭載するスーパーコンピューターとしては現時点において最大規模のもので、構築はHewlett Packard Enterprise(旧Cray)が担当している。(2021/5/28)

AI処理性能は4EFLOPS:
NVIDIA「A100」を6000基搭載したスパコン「Perlmutter」
NVIDIAは2021年5月27日(米国時間)、米NERSC(National Energy Research Scientific Computing Center)に設置したスーパーコンピュータ(スパコン)「Perlmutter(パールマターのように発音)」に、NVIDIAのハイエンドGPU「A100」が採用されたことを発表した。(2021/5/28)

屋外でもコロナ感染リスク、スパコン「富岳」飛沫シミュレーション 
屋外でも室内と同様の新型コロナウイルス感染リスクがある。理研などの研究チームが、スパコン「富岳」を使ったシミュレーションで、こんな結果を明らかにした。(2021/5/6)

広範囲に:
屋外でもコロナ感染リスク、スパコン「富岳」飛沫シミュレーション 
屋外でも室内と同様の新型コロナウイルス感染リスクがある−。理化学研究所などの研究チームが、スーパーコンピューター「富岳」で行ったシミュレーションでは、こうした結果が明らかになっている。(2021/4/30)

新型コロナ変異株は細胞に結びつく力が強い スパコン「富岳」が分析
理研が運用するスパコン「富岳」を使ったシミュレーションで、新型コロナウイルスの変異株が人の細胞と結合する力が、従来株よりも強くなっている仕組みが分かった。ワクチンや治療薬の研究に役立つと期待される。(2021/4/30)

「ヒ」と「シ」の発音を混同するメカニズムが判明 スパコンとMRIを駆使した苦心の末
高度な技術を投入してようやく解明されました。(2021/4/14)

GTC 2021 基調講演:
“GPUのNVIDIA”がCPU製品「Grace」を投入、スパコンのAI性能が10倍に
NVIDIAは、オンラインで開催中のユーザーイベント「GTC 2021」の基調講演において、巨大AIモデルやHPCのワークロードを処理するデータセンター向けのCPU「Grace」を発表した。Armの次世代サーバ向けプロセッサコアを搭載するGraceなどを用いたAIシステムは、x86ベースのCPUを用いる既存のAIシステムと比べて大幅な性能向上を実現するという。(2021/4/13)

米商務省、中国スパコン組織7件をエンティティリストに
米商務省は、中国の7つのスーパーコンピュータ関連組織をエンティティリストに追加した。対象組織は米政府の許可なく米企業から部品などを購入できなくなる。中国政府が軍事近代化の目的で米国の技術を活用するのを防ぐためとしている。(2021/4/9)

組み込み開発ニュース:
「Armv9」は「富岳」の技術で性能向上、「レルム」コンセプトでよりセキュアに
Armが最新アーキテクチャとなる「Armv9」を発表。日本のスーパーコンピュータ「富岳」向けに追加した拡張機能「SVE」をベースに開発した「SVE2」により機械学習やデジタル信号処理(DSP)の性能を大幅に向上するとともに、よりセキュアなコンピューティングを実現する「Arm Confidential Compute Architecture(CCA)」を導入するなどしている。(2021/3/31)

2020年の国内サーバ市場、4年ぶりのマイナス成長 明暗を分けた要素は――IDC
IDC Japanによると、2020年通年を対象とした国内サーバ市場は前年比4.1%減のマイナス成長となったが、クラウドサービスベンダー向けカスタムサーバや、「富岳」などのスーパーコンピュータの大型案件用途がプラス成長となり、サーバ市場全体のマイナス成長を下支えした。(2021/3/31)

CAE最前線:
フォークボールはなぜ落ちる? スパコンによる空力解析で謎を初めて解明
野球のピッチャーの決め球、フォークボールはなぜ落ちるのか? これまでボールの回転数が少ないことで自然落下による放物線に近い軌道を描くとされていたが、東京工業大学 学術国際情報センター 教授の青木尊之氏を代表とする研究チームがスーパーコンピュータ「TSUBAME3.0」による数値流体シミュレーションを実施し、その謎を初めて解明した。(2021/3/25)

フォークボール落ちる謎、スパコンで解明 「負のマグヌス効果」
野球で投手が投げるフォークボールが落ちるのは、回転しながら進む際に下向き垂直方向に働く力「負のマグヌス効果」が起きていることが理由だと、東京工業大などの研究チームがスーパーコンピュータを使って導き出した。(2021/3/24)

製造ITニュース:
スーパーコンピュータ「富岳」が完成
富士通と理化学研究所が共同で開発、整備を進めてきたスーパーコンピュータ「富岳」が完成した。学術、産業分野向けに広く提供するため、理化学研究所と高度情報科学技術研究機構は富岳の共用を開始した。(2021/3/23)

材料技術:
スパコン「富岳」をゴム材料開発に、新品時の性能が長く持続するタイヤの実現へ
住友ゴム工業は、スーパーコンピュータ「富岳」を中核とする「令和3年度HPCIシステム利用研究課題募集」において、産業課題利用枠に採択されたことを発表した。同社が取り組むタイヤの「性能持続技術」の開発に向けて富岳を活用する。分子運動に加えて、化学変化まで表現できるゴム材料シミュレーション技術の実現を目指す。(2021/3/11)

スパコン「富岳」完成 共用開始 研究課題も募集中
スパコン「富岳」が3月9日に完成し、産業界や学術界など向けに共用を始めた。富岳を使った研究課題の公募も行っている。(2021/3/9)

ついにスーパーコンピュータ「富岳」が完成 学術や産業分野向けに共用を開始
スーパーコンピュータ「富岳」が2021年3月9日に完成する見込みだ。理研とRISTは、富岳を広く学術や産業分野向けに共用を開始する。RISTは、富岳の利用拡大に向けた課題を随時募集している。(2021/3/9)

全国の理論物理学研究に利用:
京大、基礎物理学研究所の新スパコン「Yukawa-21」をデルのサーバで構成 その中身は
京都大学基礎物理学研究所は新スーパーコンピュータシステム「Yukawa-21」に、デル・テクノロジーズのサーバで構成するシステムを採用した。全国の理論物理研究者に向けた同システムの構成とは。(2021/2/19)

津波の浸水被害をリアルタイム予測するAI、富士通が富岳で開発 一般PCで動作
富士通研究所が、津波による沿岸部の浸水状況を高精度かつリアルタイムに予測するAIを開発したと発表した。教師データの作成と学習にスーパーコンピュータ「富岳」を活用しており、予測は一般的なPCでも数秒で実行できるとしている。(2021/2/16)

「富岳」の本格稼働、3月9日から 21年度中の予定を前倒し
理研とRISTが、スーパーコンピュータ「富岳」の本格運用を当初予定より前倒し、3月9日に始めると発表した。(2021/2/9)

CAEニュース:
スパコンによる大規模解析データを高速処理、流体解析用ポストプロセッサ
ヴァイナスは、流体解析用ポストプロセッサの最新版「FieldView 20」を発表した。ハイブリッドパラレル処理機能の適用範囲を拡大し、大規模解析結果の可視化処理を高速化した。(2021/2/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.