• 関連の記事

「NVIDIA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NVIDIA」に関する情報が集まったページです。

NVIDIA、AI関連好調で売上高が初の200億ドル突破
半導体大手NVIDIAの2023年11月〜2024年1月の決算は、売上高は前年同期比265%増の221億300万ドル、純利益は769%増の122億8500万ドルだった。(2024/2/22)

NVIDIA、4608基のH100GPUを搭載したデータセンター規模のAIスパコン「Eos」を披露
米NVIDIAは同社が独自に開発したデータセンター規模のスーパーコンピュータ「Eos」をブログと動画で披露しました。(2024/2/20)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
NVIDIAがPC上のデータを使うAIチャットbotツール「Chat with RTX」公開/AMD製CPUに複数の脆弱性
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、2月11日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/2/18)

「ポスト量子暗号アライアンス」をAWS、Google、NVIDIA、Cisco、IBMらが設立 ポスト量子暗号の採用を促進
AWS、Google、NVIDIA、Cisco、IBMをプレミアメンバーとする「Post-Quantum Cryptography Alliance」(ポスト量子暗号アライアンス)がLinux Foundation傘下で設立された。(2024/2/16)

GMOインターネット、GPUサーバ調達に100億円 経産省の支援を前提に
GMOインターネットグループが、GPUサーバやその周辺設備の調達に100億円を投資する方針を発表した。2023年12月にパートナー契約を結んだ米NVIDIAから調達する。経済産業省による今後の支援を見据えた動きという。(2024/2/13)

NVIDIAがプロ向けのエントリーモデル「NVIDIA RTX 2000 Ada」発表 補助電源不要
NVIDIAが、プロ向けGPUのエントリー向けモデル「NVIDIA RTX 2000 Ada」を発表した。(2024/2/13)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
好調なGeForce RTX 4070 Ti SUPER搭載カードでも目立つ“白人気”
NVIDIA GeForceの新しいGPUを搭載したグラフィックスカードが出そろい、おおよその反響が見えてきた。中でもRTX 4070 Ti SUPERが好調だが、とりわけ白モデルの売れ行きが目立っている。その傾向は、マザーボードでも同様らしい。(2024/2/12)

部屋で“映える”モダンデザイン! 第14世代Core搭載でマルチに使える「Alienware Aurora R16」の実力を検証
デル・テクノロジーズのゲーミングPC「Alienware」シリーズに、新CPU搭載モデルが追加された。Core i7-14700KFのCPU、GPUにNVIDIA GeForce RTX 4060(8GB)を搭載するアッパーミドルクラスの構成を評価機として検証していく。(2024/2/6)

補助電源不要のデスクトップ向けGPU「GeForce RTX 3050(6GB)」登場 ファンレスやロープロファイルのグラフィックスカードも 3.2万円程度から
NVIDIAが、GeForce RTX 3050の廉価/省電力版をこっそりリリースした。GPU補助電源不要で動作することが特徴で、メーカーによってはファンレス仕様のグラフィックスカードも発売するという。(2024/2/5)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
GeForce RTX 4080 SUPER搭載グラフィックスカードがデビュー! ショップの反応は?
1月下旬から、NVIDIAの新GPUを搭載したグラフィックスカードが毎週登場している。先週は「GeForce RTX 4080 SUPER」を備えたカードが各社から売り出された。(2024/2/5)

AIワークフローのセットアップ、開発、移行の簡素化、迅速化を支援:
「NVIDIA AI Workbench」のβ版が登場 AI/MLプロジェクトのエンタープライズ対応ツールキット
NVIDIAは、GPUシステムでAIやMLプロジェクトを開発するためのエンタープライズ対応ツールキット「NVIDIA AI Workbench」のβ版をリリースした。(2024/2/5)

今度のSUPERはどうだ? 17万円切りで4Kでも快適に使える「GeForce RTX 4080 SUPER」を試す
NVIDIA製新型GPU「GeForce RTX 4080 SUPER」を搭載するグラフィックスカードの販売が解禁された。日本未発売の自社設計カードを使って、本GPUのパフォーマンスをチェックしていく。(2024/1/31)

CAEニュース:
自動運転車用シミュレーター「DRIVE Sim」と「AVxcelerate Sensors」を統合
Ansysは、NVIDIAのAV(自動運転車)用シミュレーター「NVIDIA DRIVE Sim」と同社の「Ansys AVxcelerate Sensors」の統合を発表した。DRIVE Simユーザーは、AVxcelerate Sensorsで生成したセンサーシミュレーション出力へのアクセスが可能となる。(2024/1/26)

GeForce RTX 4070 Ti SUPER搭載BTOデスクトップPCが各社から発売
NVIDIA製最新GPUとなるGeForce RTX 4070 Ti SUPER採用グラフィックスカードを搭載したデスクトップPCが各社から発表されている。(2024/1/25)

NVIDIA、「GeForce RTX」シリーズのGPUでSDR→HDRのAI変換を可能に
NVIDIAは「GeForce RTX」シリーズ向けドライバのアップデートで、SDR動画をHDR動画に自動変換する新機能「RTX Video HDR」を追加した。Windows 11のChromiumブラウザとHDR10互換ディスプレイで利用できる。(2024/1/25)

生成AI向けクラウド「高火力」 さくらが1月31日から提供 「NVIDIA H100」を搭載
さくらインターネットは、生成AI向けクラウドサービス「高火力」を1月31日から提供すると発表した。(2024/1/24)

アスク、Lenovo製デスクトップWS「ThinkStation PX/P7」をベースにしたAI向けハイエンド構成モデルを発売
アスクは、Lenovo製デスクトップWS「ThinkStation PX」「ThinkStation P7」にNVIDIA A800 40GB Activeを搭載したAI向けハイエンド構成モデルを発売する。(2024/1/22)

古田雄介の「アキバPickUP!」:
「10万円の壁は厚いですね」――GeForce RTX 4070 SUPER搭載カードが登場
NVIDIAの新GPU「GeForce RTX 4070 SUPER」を搭載したグラフィックスカードが各社から一斉に売り出された。9万円台のモデルも並ぶが、全体的に静かな立ち上がりとなったようだ。(2024/1/22)

3スタイルで運用できるプレミアムな2in1ノートPC「Surface Laptop Studio 2」を試す
「Surface Laptop Studio 2」のハイスペックモデル(Core i7-13700H、NVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPUを搭載)で、その性能や使い勝手をレビューする。(2024/1/19)

「GeForce RTX 4070 SUPER」搭載BTOデスクトップが各社から販売開始
NVIDIA製最新GPUのGeForce RTX 4070 SUPER採用グラフィックスカードを搭載したBTOデスクトップPCの販売が開始されている。(2024/1/18)

急成長のNVIDIAが初のトップ5:
2023年の世界半導体売上高ランキング、Intelが3年ぶりにトップ
米国の市場調査会社Gartnerによると2023年の世界半導体売上高(速報値)ランキングで、Intelが3年ぶりにSamsung Electronicsを上回り、売上高トップとなった。メモリベンダーの落ち込みは顕著で、前年5位のMicron Technologyはトップ10外に。一方急成長のNVIDIAが初のトップ5入りを果たした。(2024/1/17)

先行レビュー:
「GeForce RTX 4070 SUPER」は実売9.6万円程度から買える“ちょうどいいGPU”だった ゲーマーやクリエイターにこそお勧め
CES 2024に合わせてNVIDIAが発表した「GeForce RTX 40 SUPERシリーズ」を搭載するグラフィックスカードが、1月17日から順次発売される。この記事では、日本未発売の同社純正カードを使って、本GPUの性能をチェックしていく。誰にお勧めなのだろうか……?【訂正】(2024/1/16)

生成AIとLLMとNVIDIA【後編】
スパコンでも“快進撃”のNVIDIA その野望は続くのか、終わるのか?
NVIDIAは同社の製品がスーパーコンピュータ「JUPITER」に採用されたと発表した。これはどのような製品で、AI分野で使う場合にはどのような利点があるのか。NVIDIAの今後を含めて展望する。(2024/1/12)

車載ソフトウェア:
自動車に特化した大規模言語モデルを共同開発、車載プラットフォームで機能
Cerence(セレンス)は、自動車向けの大規模言語モデル「CaLLM」を、NVIDIAと共同開発した。CaLLMはCerenceの次世代車載コンピューティングプラットフォームの一部として機能する。(2024/1/11)

MSI、最新プロセッサを搭載した18型ゲーミングノートPCやクリエイター向けPCなど多数発表
MSIがNVIDIA GeForce RTX 40シリーズなどを搭載したゲーミングノートPCを多数発表した。(2024/1/10)

CES 2024:
Acer、GeForce RTX 40シリーズ搭載の新型ゲーミングノートPC「Nitro 17」「Helios」シリーズを投入
Acerが第14世代のIntel Core プロセッサやNVIDIA GeForce RTX 40シリーズを搭載する最新のゲーミングノートPCを発表した。(2024/1/10)

クラウドゲーミング「GeForce NOW」、ソフトバンク版が終了へ
ソフトバンクが、米NVIDIAと共同で提供するクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」を3月29日に終了すると発表した。2月28日に新規登録などを停止し、3月29日にゲームをプレイできないようにする。(2024/1/9)

Getty ImagesとNVIDIA、安全な画像生成AIサービス「Generative AI by iStock」立ち上げ
Getty ImagesはNVIDIAの「Picasso」採用の個人向け有料画像生成AIサービス「Generative AI by iStock」を立ち上げた。100生成当たり2215円で著作権侵害の心配なしに画像を生成できる。(2024/1/9)

カードが少しシンプルに? 「GeForce RTX 4070 SUPER Founder Edition」の外観をチェック
NVIDIAの新型GPU「GeForce RTX 4070 SUPER」が発表された。同社が自ら設計したグラフィックスカードをお借りしたので、レビューや発売に先駆けて外観をチェックしていこう。(2024/1/9)

NVIDIAが「GeForce RTX 40 SUPER」シリーズを発表 ゲームと生成AIを高速化 599ドルから
NVIDIAがデスクトップ向けGPU「GeForce RTX 40シリーズ」に“SUPER”を投入する。それぞれベースとなるモデルからスペックが底上げされ、とりわけ生成AIチップはいずれもに関するパフォーマンス向上に注力したという。(2024/1/9)

「AI向けプロセッサ」の競争激化【前編】
GPUより「APU」「TPU」こそ面白い理由とは? Geminiだけじゃなかった
AI向けのプロセッサ市場で支配的な立ち位置を築いてきた半導体ベンダーはNVIDIAだ。そこにAdvanced Micro Devices(AMD)とGoogleが、新たなプロセッサを携えてやって来る。その影響とは。(2024/1/7)

生成AIとLLMとNVIDIA【前編】
NVIDIAの新GPU「HGX H200」は何がすごいのか? 進化した点は?
NVIDIAは生成AIやLLMの処理を効率化する新しいGPUを発表した。近年、AI技術の活用に乗り出す動きが企業に広がっている。企業が着目すべきGPUの特徴とは。(2024/1/5)

Microsoftが「Azure AI」に新機能投入【後編】
NVIDIA、OpenAIとコラボするMicrosoft「Azure強化」の中身とは
Microsoftは2023年11月、AI技術に関する新サービスや新機能を相次いで発表した。同社がNVIDIAとの連携を強化して取り組もうとする「Microsoft Azure」のサービス強化などのアップデート情報を取り上げる。(2024/1/4)

ドローン:
Skydioの新型ドローン「X10」はNVIDIAの最新チップ搭載でエッジAI性能が10倍に
Skydioが新型ドローン「Skydio X10」を披露。NVIDIAの最新の組み込みAIチップ「Jetson Orin SoC」を搭載することでエッジAIの処理性能を10倍以上に高めて障害物検知機能を強化した他、オプション追加で機能拡張する構成によりベースとなる標準機体の価格上昇を抑えた。(2023/12/14)

AI業界は一国一城の戦国時代 Metaがオープンソースで大暴れ
【NVIDIAが独り勝ち AI業界「2023年の勢力図」を整理する】で解説した通り、半導体レイヤーの上は、クラウドコンピューティングのレイヤーだ。実はこのクラウドレイヤーは、その上の言語モデルレイヤーと密接に関わっている。(2023/12/14)

NVIDIAが独り勝ち AI業界「2023年の勢力図」を整理する
AIは大きくなるほど性能が向上する傾向にある。この傾向が理由で、AIの巨大化が今もなお続いている。そしてその結果としてAI業界のいろいろなレイヤーで激しい競争が繰り広げられ、業界勢力図の流動的な状態が続いている。どのレイヤーにどのようなプレイヤーがいて、勢力図はどう変化していっているのか。(2023/12/13)

Windows用プロセッサは今後どうなる?【中編】
「Arm版Windows」でNVIDIAの奇跡が起きるか“やはりIntel”か?
「Windows」搭載のPCに大きな変化の波が来る可能性がある。エンドユーザーの作業にAI機能が深く関わるようになる中で、NVIDIAやMicrosoftが構想していることとは。(2023/12/9)

AMDが新型GPUアクセラレータ「Instinct MI300シリーズ」の詳細を発表 「NVIDIA H100」よりも強い?
AMDが、投入を予告していたGPUアクセラレータ「Instinct MI300シリーズ」の詳細情報を公表した。「NVIDIA H100」のSMX5ボード版と比べると、ほぼ同じか上回るパフォーマンスを発揮できるという。(2023/12/7)

アスク、NVIDIA RTX 4000 SFF Ada世代を標準搭載した小型ベアボーン筐体採用のデスクトップWS
アスクは、ASRock製ベアボーン筐体をベースにNVIDIA RTX 4000 SFF Ada世代を標準搭載した小型デスクトップワークステーションの取り扱いを開始した。(2023/12/7)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「可能な限りのGPUを提供」、NVIDIAが日本に研究開発拠点設置へ
経済産業大臣の西村康稔氏は2023年12月5日、生成AI(人工知能)に不可欠なGPUの開発および日本への安定供給に向けて、NVIDIA CEOのJensen Huang氏と面会しました。X(旧Twitter)では、前向きな意見が多数見られました。(2023/12/7)

製造ITニュース:
NVIDIAのGPUインフラが生成AI開発でも優位性を発揮できる理由とは
本稿ではNVIDIAが開催したオンラインイベント「NVIDIA 生成AI Day 2023 Fall」での講演、「生成AIの開発と運用を支えるエヌビディアの最新インフラ」の内容を紹介する。(2023/12/7)

「今回は革ジャンです」経産相、NVIDIAフアンCEOの服装を報告 日本に研究開発拠点設置へ
「NVIDIA社ジェンスンCEOと会談しました(今回は革ジャンです)」――西村康稔(にしむら・やすとし)経済産業大臣は12月5日、米NVIDIAのジェンスン・フアンCEOとの会談を、自身のXで報告した。(2023/12/6)

“いつも革ジャン”NVIDIAのCEO、岸田首相との面会も革ジャンだった 取材で確認
米NVIDIAのフアンCEOが岸田首相と官邸で面談した際、いつもの黒い革ジャン姿だったことが分かった。ITmedia NEWSの取材に対し、日本法人の広報担当者が「岸田首相との面談の際にも革ジャンを着用していた」と回答した。(2023/12/5)

「できるだけ多くのGPU提供」を要請 岸田首相、NVIDIAフアンCEOと面会
米半導体大手NVIDIAのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は12月4日、岸田文雄首相と面会し、首相から日本国内での「できるだけ多くの」GPUの提供を要請されたと明らかにした。フアン氏は「できる限り提供できるようにしていきたい」と答えた。面会後、官邸で記者団に述べた。(2023/12/4)

Windows用プロセッサ「今後の行方」【前編】
「Windows端末」にIntelではなくArmプロセッサ? NVIDIAの思惑とは
MicrosoftのOS「Windows」向けのプロセッサとしてはIntelのCPUが広く知られている。その状況にNVIDIAが挑戦状を出す。Windows端末やプロセッサ分野に与える影響とは。(2023/12/3)

高速、大容量をうたう「HBM3e」メモリを搭載:
NVIDIA、生成AI向けGPU「H200」を2024年に提供開始へ
NVIDIAは、生成AIなどのハイパフォーマンスワークロード向けGPU「NVIDIA HGX H200」を発表した。(2023/11/29)

AI市場で勝負するAMD【後編】
AMDがNVIDIAの「GPU独壇場」をぶち壊す単純なシナリオ
人工知能(AI)技術の市場で注目を集めるGPUベンダーNVIDIAに対して、同業AMDが対抗するための軸はオープンさになる可能性がある。猛追するAMDに勝算はあるのか。(2023/11/27)

AI市場で勝負するAMD【中編】
AMDが“NVIDIA猛追”にようやく動いた? 本格化する「GPU」覇権争い
GPUなどの半導体製品を提供するAMDは、AI開発に関連するソフトウェアを手掛ける企業を買収すると発表した。AI分野で注目を集めつつある競合NVIDIAに、AMDはどのような戦略で挑むのか。(2023/11/23)

NVIDIA H100を96基搭載 大規模計算基盤を自動運転ベンチャーが構築へ
自動運転車の開発・販売に取り組むTuringは、大規模言語モデル(LLM)などの専用計算基盤として、GPUクラスタシリーズ「Gaggle Cluster」の構築を始めると発表した。(2023/11/22)

人工知能ニュース:
ArmがAI開発の促進に向け米国大手テック企業との戦略的パートナーシップを発表
Armは、AIのイノベーション促進とAIベースの体験実現を目指し、AMD、Intel、Meta、Microsoft、NVIDIA、Qualcomm Technologiesなど、テクノロジー業界の大手企業との戦略的パートナーシップを発表した。(2023/11/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.