• 関連の記事

「NVIDIA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NVIDIA」に関する情報が集まったページです。

防衛システムの統合を目指す:
Lockheed MartinがIntelやNVIDIAと協業へ
米国の航空宇宙大手Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)が、防衛システムへの安全な接続を実現する計画「21世紀コンセプト」の一環として、IntelとNVIDIAの他、大手技術メーカー8社との協業を発表した。(2022/5/19)

組み込み開発ニュース:
AMDがROS対応のロボット開発キットでNVIDIAに対抗、開発期間を約5分の1に短縮
AMDは、SOM製品「Kria」の新たなラインアップとして、オープンソースのロボット開発フレームワーク「ROS 2」をネイティブでサポートする「Kria KR260ロボティクス・スターターキット」を発表。NVIDIAの競合ソリューションと比較して、ソフトウェア開発期間が約5分の1、消費電力1W当たりの性能が8倍以上、レイテンシが3分の1以下になるという。(2022/5/18)

Innovative Tech:
米NVIDIAなど、眼鏡サイズのVRヘッドセット開発 フルカラー3D画像を表示
米NVIDIAと米スタンフォード大学の研究チームは、眼鏡に近いフォームファクタを備えた超薄型ニアアイディスプレイを開発した。2.5mmの厚さの光学系を備え、フルカラーの3D画像を提供する。(2022/5/12)

MLPerfの推論スコア:
新興企業Syntiant、tinyMLベンチマークで圧勝
エンジニアリングコンソーシアムのMLCommonsが最近、機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」の推論(Inference)ラウンドのスコア結果を発表した。MLPerf Tinyでは、米国の新興企業Syntiantが、キーワードスポッティングのレイテンシとエネルギー消費量のベンチマークでトップの座を獲得している。一方NVIDIAとQualcommは、エッジ/データセンターのカテゴリーにおいて再び激しい争いを繰り広げた。(2022/5/6)

古田雄介のアキバPick UP!:
12GB版NVIDIA RTX A2000が登場するも6GB版とは異なる空気
補助電源なしで使えるプロ向きのグラフィックスカード「NVIDIA RTX A2000(12GB版)」や、ノートPCなどをゲームモニターにできる「OmiPlay」などが登場している。(2022/5/2)

GeForce NOWがアップデート。Apple M1にネイティブ対応
NVIDIAは、GeForce NOWのバージョンが2.0.40にアップデートされ、M1ベースのMacBook、iMac、Mac Miniにネイティブ対応したと発表した(2022/5/2)

製造ITニュース:
NVIDIA、AIやデータサイエンス技術を試用するプログラムを国内で本格展開
NVIDIAは、Equinixのデータセンタープラットフォーム「Platform Equinix」上で、AIやデータサイエンスなどエンドツーエンドのソリューションを試用できるプログラム「NVIDIA LaunchPad」の日本国内での提供を本格開始した。(2022/4/20)

MSI、NVIDIA RTX A2000を搭載したクリエイター向け16型モバイルWS
エムエスアイコンピュータージャパンは、第12世代Coreプロセッサを採用した搭載したクリエイター向け16型モバイルワークステーション「CreatorPro M16 A12U」を発表した。(2022/4/18)

TSUKUMO、NVIDIA RTX/Quadroを搭載できる「プロフェッショナルGPUモデル」3機種を販売開始
ヤマダデンキは、NVIDIA製プロフェッショナル向けグラフィックスカードの搭載に対応したBTOデスクトップPC計3機種を発表した。(2022/4/13)

古田雄介のアキバPick UP!:
GeForce RTX 3090 Ti搭載カードが続々登場するも導入に踏み切れない3つのハードル
NVIDIAのハイエンドGPU「GeForce RTX 3090 Ti」搭載カードが、各社から続々と登場している。気にしている人は多いものの、購入には踏み込めずにいるという声も。それには3つの理由があるという。(2022/4/11)

医療機器ニュース:
AI医療機器を開発するためのプラットフォームを発表
NVIDIAは、AI医療機器を開発するための組み込み型プラットフォーム「Clara Holoscan MGX」を発表した。毎秒254兆〜619兆回の計算に対応し、高スループットのデータストリームを処理することで、リアルタイムな洞察を取得できる。(2022/4/11)

電子ブックレット(組み込み開発):
エリーパワーが不燃新型電池を量産へ/NVIDIAの新GPU「Hopper」
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2022年1〜3月に公開した組み込み開発関係のニュースをまとめた「組み込み開発ニュースまとめ(2022年1〜3月)」をお送りする。(2022/4/8)

米NVIDIA、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」Chromebook用アプリの提供を告知
米NVIDIAは、同社が提供するクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」向けChromebook用アプリの提供開始を発表した。(2022/4/4)

メカ設計ニュース:
デザイナー同士のバーチャルコラボレーションを支援するクラウドサービス
NVIDIAは、デザイナーやクリエイターをバーチャルにつなぐことができるサービス「Omniverse Cloud」を発表した。ユーザーはどこからでも大規模な3Dシーンにアクセスして、複数人が同じ空間にいるかのように共同作業ができる。(2022/4/4)

「NVIDIA Omniverse Enterprise」の実力を検証:
PR:各業界で注目を集める「3Dモデルを使った仮想シミュレーション」 その勘所とは
NVIDIAの開発者向けカンファレンス「GTC 2022」がオンラインで開催された。NTTPCコミュニケーションズのセッションでは3D開発プラットフォーム「Omniverse Enterprise」を建設業界で適用した事例が紹介された。本稿はそのセッションレポートだ。(2022/3/31)

GeForce RTX 3090 Ti搭載グラフィックスカードが各社から発表
NVIDIAがこのほど発表した最新GPUのGeForce RTX 3090 Tiを採用したグラフィックスカードが各社から一斉に発表されている。(2022/3/30)

8Kゲーミングも現実に? NVIDIAがモンスターGPU「GeForce RTX 3090 Ti」を発表 日本での販売価格は32万7800円から
NVIDIAが、現行のGeForce RTX 30シリーズの“最高峰”となる新型GPUを発表した。TITAN RTXシリーズやQuadroシリーズほど厳密なISV認証や最適化を必要としないハイエンドクリエイターや、8K/60fpsでのゲーミングを志向するユーザーがメインターゲットだという。(2022/3/29)

GTC 2022:
NVIDIAがOmniverseを強化、デジタルツイン用システムやクラウドサービス発表
NVIDIAは、オンライン開催のユーザーイベント「GTC 2022」の基調講演において、3Dデザインコラボレーション/リアルタイムシミュレーション基盤である「NVIDIA Omniverse」に関するいくつかの新しい発表を行った。(2022/3/29)

組み込み開発ニュース:
「Jetson AGX Orin」のAI処理性能は275TOPSへ、「Jetson Orin NX」も発売
NVIDIAが最新の組み込み機器向けAIモジュールである「Jetson AGX Orin」の開発者キットの販売を開始すると発表。米国での価格は1999米ドル(約24万3000円)で、量産用モジュールは2022年第4四半期に399米ドルで入手可能になるという。(2022/3/25)

メカ設計ニュース:
3D開発プラットフォームとユーザーに適したインフラ環境をトータルで提供
NTTPCコミュニケーションズは、NVIDIAが開発した3D開発プラットフォーム「NVIDIA Omniverse Enterprise」の提供を開始。併せて、Omniverse Enterprise対応GPUサーバ、データセンターやネットワークなど、トータルでユーザーに適したインフラ環境を設計、提供する。(2022/3/25)

2022年第3四半期に提供開始:
NVIDIAがデータセンター向けGPU「NVIDIA H100」を発表 新アーキテクチャ「Hopper」を採用
NVIDIAが、新アーキテクチャのデータセンター向けGPUを発表した。現行のAmpereアーキテクチャから演算能力やデータ点速度を引き上げた他、別売の専用ハードウェア(ラック)を用意することで最大256基のGPUをより高速に連結できる仕組みも用意した。(2022/3/23)

「NVIDIA RTX A5500」などの新GPUが登場 Ampereアーキテクチャを採用しモバイル向けも
米NVIDIAは、オンラインイベント「GTC 2022」に合わせて「NVIDIA RTX」シリーズの新しいGPU 7製品を発表した。(2022/3/23)

NVIDIA Maxineにエコーキャンセルとオーディオアップサンプリング機能を追加
米NVIDIAは、オンラインイベント「GTC 2022」に合わせて「NVIDIA Maxine」開発者キットに、エコーキャンルとオーディオアップサンプリングの機能を追加したと発表した。(2022/3/23)

NVIDIAが1999ドルの「Jetson AGX Orin開発者キット」を発売
米NVIDIAは、オンラインイベント「GTC 2022」に合わせて「Jetson AGX Orin開発者キット」の出荷を始めた。(2022/3/23)

組み込み開発ニュース:
NVIDIAが新GPUアーキテクチャ「Hopper」を発表、AI処理性能は4000TFLOPSへ
NVIDIAは「GTC 2022」の基調講演において、新たなGPUアーキテクチャである「NVIDIA Hopperアーキテクチャ」と、Hopperを搭載するGPU「NVIDIA H100 GPU」を発表。H100は、800億ものトランジスタを集積しており、自然言語認識AIの開発で用いられているトランスフォーマーモデルの精度を落とすことなく処理性能を大幅に向上できるという。(2022/3/23)

半導体業界に広がる不穏【後編】
半導体大手のM&Aが消えた本当の理由 反グローバリズムの兆候か
NVIDIAによる同業Armの買収は、半導体不足やサプライチェーンの混乱などの中で破談した。何が背景にあるのか。今後の世界に与える影響は。(2022/3/18)

中国のAI/GPU競合の利益となる可能性:
NVIDIAのハッキング被害は、「国家規模の災害」
NVIDIAは、ハッカー集団にデータを盗まれ、データ身代金を要求される被害にあったことを明らかにした。米国ワシントンD.C.の研究グループによると、その脅威アクターはまだ特定されていないが、中国国内のNVIDIAの競合メーカーを支援している可能性があるという。(2022/3/15)

TechTarget発 世界のITニュース
「NVIDIA AI Enterprise」とVMware「vSphere with Tanzu」が連携 利点は?
AIアプリケーション運用ソフトウェア群「NVIDIA AI Enterprise」の更新版はVMwareの「vSphere with Tanzu」との連携を実現した。これにより何ができるのか。(2022/3/14)

半導体業界に広がる不穏【前編】
NVIDIAのArm買収はなぜ破談したのか 「国や企業が猛反発」の真相
NVIDIAによるArmの買収は失敗に終わった。各国の規制当局やベンダーは、この案件の発表後から懸念を示していた。何が取引の成立を阻んだのか。(2022/3/11)

TSUKUMO、クリエイター向けのスリムデスクトップPC NVIDIA T600を搭載
ヤマダデンキは、グラフィックスカードとしてNVIDIA T600を標準搭載したスリムデスクトップPC「TSUKUMO PC SLIM」を発売する。(2022/3/4)

CAEニュース:
仮想空間とCAEを融合させたデジタルツイン実現に向けて「Omniverse」活用
プロメテック・ソフトウェアは、仮想空間と数値計算シミュレーションを融合させたデジタルツイン環境の実現に向けて、3Dコラボレーション/シミュレーション基盤である「NVIDIA Omniverse Enterprise」とGPU「NVIDIA RTXシリーズ」を最適にインテグレーションするためのコンサルティングサービスとシステム提供を開始した。(2022/3/2)

Innovative Tech:
マインクラフトの世界をリアルな世界に変換する「GANcraft」 NVIDIAなどが開発
NVIDIAと米Cornell Universityの研究チームは、マインクラフトなどのボクセルベースの大規模な世界を写実的な画像に変換する手法を開発した。土や砂、草木、雪、海、空などをリアルに表現し、見る視点を移動しても一貫した画像を提供する。(2022/3/1)

エルザ、NVIDIA RTX搭載モバイルWS「ELSA VELUGA G3」に下位構成モデル
エルザジャパンは、同社製15.6型モバイルワークステーション「ELSA VELUGA G3」シリーズに下位構成モデルを追加した。(2022/2/28)

期待と課題:
「IPOはもともとプランA」と孫氏が語るArmの行方
ソフトバンクグループ(以下、ソフトバンク)は2022年2月8日、ArmをNVIDIAに売却する契約を解消したことを発表した。このため今後は、Armを株式公開企業として再上場する計画「プランB」に頼らざるを得なくなったようだ。しかし、ソフトバンクの会長兼社長である孫正義氏によると、もともとIPO(新規株式公開)は「プランA」だったと語る。(2022/2/18)

組み込み開発ニュース:
量産への移行を容易にするJetson搭載産業用グレードベアボーンPCを発売
マクニカとアドバンテックは、エッジAI向け「NVIDIA Jetsonモジュール」を搭載可能な産業用グレードベアボーンPC「EPC-R7200」を発表した。「Xavier NX」「TX2 NX」「Nano」モジュールに対応し、試作機から容易に量産へと移行できる。(2022/2/18)

頭脳放談:
第261回 NVIDIAによるArm買収の破談、その間にRISC-Vの足音が……
NVIDIAによるArmの買収が取りやめとなった。買収発表から約1年半、Armの周辺にはさまざまな動きがあった。その1つがArmの対抗となるRISC-Vの台頭だろう。なぜ、買収が破談となったのか、なぜArm対抗としてRISC-Vが注目されているのかをまとめてみた。(2022/2/18)

エルザ、NVIDIA RTXを搭載したモバイルWS「ELSA VELUGA G3」にWindows 11 Pro搭載モデル
エルザ ジャパンは、同社製の15.6型/17.3型モバイルワークステーション「ELSA VELUGA G3」にWindows 11 Pro搭載モデルを追加した。(2022/2/17)

車載半導体:
ジャガーランドローバーが自動運転コンピュータにNVIDIA採用、2025年から全モデルに
NVIDIAとジャガーランドローバーは2022年2月16日、複数年の戦略的パートナーシップを締結したと発表した。次世代の自動運転システムや、AI(人工知能)を活用したサービスや体験を共同開発する。(2022/2/17)

古田雄介のアキバPick UP!:
実売28万円のNVIDIA RTX A4500搭載カードが登場!
NVIDIAのプロ向けグラフィックスカード「NVIDIA RTX A4500」を搭載したカードが週末に売り出された。同時に「NVIDIA T1000」搭載カードも出回っている。(2022/2/14)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ArmとNVIDIAが作っているものは、エンジンとタイヤぐらい違う?
結構いろんな方が、ツッコミを入れていました。(2022/2/10)

再びIPOに向かうArmの明日はどっちだ? NVIDIAへの売却失敗で詰腹切らされた前CEOを惜しむ
Armの動向に詳しい大原雄介さんに、ソフトバンクグループがNVIDIAへのArm売却を中止する至った背景を解説してもらった。(2022/2/10)

製造マネジメントニュース:
NVIDIAが買収断念したArm、新CEOの下で「半導体業界史上最大の上場」へ
NVIDIAとソフトバンクグループ(SBG)は、NVIDIAがSBGからArmの株式を取得する契約を解消したと発表。両社は取引完了に向けて取り組みを進めてきたが「これを阻む規制上の大きな課題があった」ため契約の解消に至ったという。併せてSBGは、2022年度中を目標とするArmの株式上場の準備に入ることを明らかにした。(2022/2/9)

決算は「冬の嵐」:
売却断念のアーム、再上場へ 孫社長が「黄金期を迎える」と強調するワケ
ソフトバンクグループは2月8日、半導体設計大手「アーム」を半導体大手「エヌビディア」に売却する計画を断念すると発表した。また同日、2022年3月期第3四半期の連結決算も発表した。(2022/2/8)

「規制上の大きな課題」が原因:
ソフトバンクグループが「Arm」のNVIDIAへの売却を中止 Armは2023年度の再上場を目指す
ソフトバンクグループが、完全子会社である英Arm Limitedの株式を米NVIDIAに売却する契約を解消したことを発表した。「規制上の大きな課題」が原因だといい、今後はArmを単独で再上場させることに注力する。【更新】(2022/2/8)

NVIDIAへの売却断念で:
ソフトバンク、「Armで半導体史上最大の上場を目指す」
NVIDIAおよびソフトバンクグループは2022年2月8日(米国時間で同7日)、2020年9月に発表されたNVIDIAへのArm売却契約を解消したと発表した。「NVIDIAおよびソフトバンクグループは誠実な努力を続けてきたが、規制上の課題に鑑み、本契約を解消することに合意した」とし、規制当局の理解が得られなかったことを示唆した。(2022/2/8)

ソフトバンクG、ArmのNVIDIAへの約4兆円売却を断念 再上場へ
ソフトバンクGはArmのNVIDIAへの売却断念を正式に発表した。この取引には英、米、EUが懸念を表明していた。ソフトバンクGはArmの再上場の計画も発表した。(2022/2/8)

NVIDIAがKepler世代のGPUドライバを更新 セキュリティ対策で
米NVIDIAは1月31日(現地時間)、Kepler世代のGPUに向けたドライバを更新し、配布を始めた。対応OSはWindows 7/8/8.1。(2022/2/2)

古田雄介のアキバPick UP!:
4万円切りモデルが抜きん出て目立った「GeForce RTX 3050」搭載グラフィックスカード
NVIDIAの新GPU「GeForce RTX 3050」を搭載したグラフィックスカードが一斉に売り出された。価格は3万円台から6万円台までと幅広い。それゆえに低価格なモデルに人気が集中した。(2022/1/31)

メカ設計ニュース:
3Dデザインのコラボやシミュレーション向けプラットフォームの取り扱い開始
アスクは、NVIDIAの3Dコラボレーション、シミュレーションプラットフォーム「NVIDIA Omniverse Enterprise」の取り扱いを開始した。3Dデザインのコラボレーションやデジタルツイン環境の開発など、3D制作の効率化と品質向上を支援する。(2022/1/31)

GeForce RTX 3050搭載BTOデスクトップPCの販売が開始
NVIDIA製の最新グラフィックスカードとなるGeForce RTX 3050搭載デスクトップPCが各社から発表された。(2022/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.