• 関連の記事

「試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「試験」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ビール醸造の全行程にAI導入 キリン、脱属人化と4000時間の削減に3.3億円投資
キリンビールはNTTデータと共同で、ビール醸造の仕込と発酵の工程を効率化するAIの試験導入を始めた。技術の属人化を防ぐとともに、年間4000時間以上の削減を目指す。(2021/11/29)

日本初の月面着陸へ! 超小型探査機打ち上げ JAXA
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、来年2月以降に、米航空宇宙局(NASA)が開発中の月に向かう次世代宇宙船「オリオン」の無人試験飛行に合わせ、超小型探査機を2基打ち上げると発表した。(2021/11/26)

日本初の月面着陸へ超小型探査機打ち上げ JAXA
宇宙航空研究開発機構は25日、来年2月以降に、米航空宇宙局が開発中の月に向かう次世代宇宙船「オリオン」の無人試験飛行に合わせ、超小型探査機を2基打ち上げると発表した。月探査に向けた調査や技術実証などが目的で、1基は日本の探査機としては初の月面着陸にも挑戦する。(2021/11/26)

高出力レーザーによるワイヤレス給電技術:
Ericsson、電力網不要の5G接続実現に向けPoC試験実施
Ericssonは、電力網につながずに5G(第5世代移動通信)接続を実現できるよう目指している。その代わりに、レーザーを使ってワイヤレスで電力を基地局に供給するという。同社はそのような基地局を初めて開発できるよう、レーザーを専門に手掛けるPowerLight Technologiesと連携している。両社は米国ワシントン州シアトルで概念実証(PoC)試験を実施した。(2021/11/26)

電子ブックレット(EDN):
電池で駆動可能なツェナー電圧計測回路/Design Ideas〜回路設計アイデア集
EDN Japanの特集「Design Ideas〜回路設計アイデア集」のバックナンバーから人気記事を読みやすいPDF形式に再編集。今回は、「電池で駆動可能なツェナー電圧計測回路」「ドライバ回路の試験に用いる疑似LED」など計5本を収録している。(2021/12/1)

LED:
夜の二条城で光の饗宴、パナソニックの照明演出「アフォーダンスライティング」で幻想空間へいざなう
パナソニック エレクトリックワークス社が、施設の夜間照明やイベント照明で提案するパナソニック製LED投光器を活用した照明演出「アフォーダンスライティング」に、新たな手法として人の行き先を光で示す「誘導」が加わった。京都・二条城で催されている「光と食」の夜会に試験導入されたことに合わせ、現地見学会で光の演出が人の行動にどう影響するのか、その有用性を体験してきた。(2021/11/24)

実用化に期待:
高速道路の除雪作業自動化にめど この冬に実証試験 北海道
冬の高速道路で安全な除雪を―。ロータリー除雪車の自動走行除雪技術の開発に取り組んでいた東日本高速道路北海道支社が、北海道岩見沢市で実証実験を報道陣に公開した。(2021/11/21)

踏切内に人がいないか確認するAIシステム、西武鉄道が試験導入 異常あれば停止信号を発信
西武鉄道が、AIと画像認識技術を活用して踏切内に人がいないかを確認するシステムを開発し、12月から試験導入する。カメラで撮影した踏切内の映像を分析し、異常があれば接近車両に停止信号を示す。(2021/11/18)

スピン経済の歩き方:
「愛読書は?」と質問する不毛な新卒採用を、日本人が始めてしまったワケ
愛読書はなんですか?――。就職採用試験で、こんな質問をする面接官が増えているという。そもそも、なぜ愛読書を聞くのがダメなのか。背景にあるのは……。(2021/11/16)

遠心力でロケットを飛ばす宇宙ベンチャー現る 音速の数倍で回転 エンジンなしで高さ数万フィートに到達
遠心力を使って軌道上にロケットを飛ばそうとしている宇宙ベンチャーが存在する。米SpinLaunchは米ニューメキシコ州に設置した飛行試験施設で打ち上げテストを実施。ロケットの射出に成功した。(2021/11/11)

自動運転技術:
相対速度時速200kmでドローンが衝突回避、スバルなど5社で「世界初」の試験に成功
SUBARU(スバル)と日本無線、日本アビオニクス、ACSL、マゼランシステムズジャパンは2021年11月8日、相対速度時速200kmでの小型無人航空機の自律的な衝突回避に成功したと発表した。(2021/11/9)

産業動向:
バイオマス発電所で発生したCO2を輸送・貯留する技術の検討を開始、大成建設ら
大成建設は、石炭フロンティア機構を代表とする国内の13機関と共同で、商用規模のバイオマス発電所で発生する排ガスから分離・回収されたCO2を液化・圧縮後に、CO2輸送船で貯留地まで運搬し、海底下の地下深部に貯留する実証試験に向けた検討を進めている。事業の実施期間は2021年度から2025年度までの5年間を見込む。(2021/11/9)

製造現場の脱炭素化を支援:
OEG、プレスフィット端子部品の接続信頼性を評価
OKIエンジニアリング(OEG)は、「プレスフィット端子部品の実装基板評価サービス」を始めた。国内受託試験所として初めてのサービスだとし、顧客の製造現場における脱炭素化を支援する。(2021/11/5)

電車内を漂うウイルス、紫外線で抑制 東京メトロ半蔵門線で搭載試験
東京メトロは1日、地下鉄車両内の空気中に浮遊するウイルスや菌を抑制する空気循環式紫外線清浄機の搭載試験を半蔵門線で始めた。(2021/11/1)

コンピューティングと女子の関係【後編】
女子はなぜ、コンピュータ、数学、物理などの「STEM」科目を避けてしまうのか
英国GCE A Level試験では、女子のコンピューティング受験者数は増加傾向にある。ただし女子の間で、コンピューティングなどのSTEM科目を学ぶ動きは十分に広がっていない。その背景には何があるのか。(2021/10/31)

AI活用し沿線設備を点検、JR西が新型検査車両
JR西日本が、線路を走りながら沿線の電気設備を点検できる新型車両を導入し、11月から試験運用を始める。これまでは地上から目視で検査していたが、車両に設置されたカメラで設備を撮影し、AIで解析。効率的な異常発見につなげる。(2021/10/28)

ロボット:
建物設備を制御しつつ荷物を届ける自律移動の配送車を開発、清水建設
清水建設は、建物内の配送業務を効率化する「自律配送車」を開発した。自律配送車は、ユーザビリティの高い荷受けと荷降ろしの機構や自動配送ルーティング機能、建物設備との連携機能を備えた自律走行ロボット。特徴は、走行経路上のエレベーターや自動ドアを制御しつつ、発送者が積んだ荷物を配送先まで送り届けられる点。今後、同社では、実施設での試験運用を通じて、自律配送車のUIや走行性能のブラッシュアップを図り、オフィスビルなどの館内配送サービスへの適用を目指す。(2021/10/28)

新工法:
大成建設が道路橋RC床版の高耐久補修工法を開発、優れたUHPFRCで勾配面での施工を実現
大成建設は、大成ロテックとともに、劣化したRC床版向けの補修工法「T-Sus Layer」を開発した。T-Sus Layerは、RC床版上面に高強度で緻密な保護層を構築することで延命化を実現し、再補修サイクルの延長を図れることから、補修工事の実施回数を削減し、交通規制などの軽減と維持管理費用の低減が期待されている。今後、両社は、新工法で既設RC床版補修後の防水性や耐久性などを見える化するために、繰り返し走行試験などで疲労した状態のRC床版を用いて各種性能を検証する予定。将来的には、劣化が進行していないRC床版の予防保全も視野に入れて実構造物への適用を進める。(2021/10/27)

コンピューティングと女子の関係【中編】
女子に人気のSTEM科目は「コンピュータ」「数学」「物理」ではなく“あの科目”
2021年夏の英国GCE A Level試験では、コンピューティングを含むSTEM科目の受験者数に男女間の差異が見られた。男子や女子は、それぞれどのような科目を主に選択したのか。(2021/10/24)

CAEニュース:
AnsysとAppleが協業し、MagSafeモジュール開発者向けソリューションを提供
AnsysはAppleと協業し、Made For iPhone(MFi)プログラムに基づきMagSafeモジュールを開発するサードパーティー向けに、クラウドベースのRF安全性試験シミュレーションソリューションを新たに開発した。(2021/10/20)

FAニュース:
オープンCNCでIoT適用などの検証を簡単に、研究/試験用の小型マシニングセンタ
岩間工業所、ベッコフオートメーション、connectome.designの3社は2021年10月14日、オープンなCNCであるベッコフオートメーション製のPCコントローラーを採用することで、高速高精度なデータ取得と自作制御処理の組み込みを可能とした、研究/試験用の小型マシニングセンタを発表した。(2021/10/18)

ロボット:
清水建設がカーテンウォールの性能試験装置を開発、上空500メートルの気象環境を再現
清水建設は、千葉県市原市内に確保した約3000平方メートルの敷地で開発を進めていたカーテンウォールの実大性能試験設備を2021年9月下旬に完成させた。今後は、カーテンウォールの実大性能試験設備を活用し、建物規模を問わず、カーテンウォールの品質を最適化することでコスト競争力を高め、案件受注につなげていく。また、将来的には、蓄積する試験データを用いて、性能試験をデジタル化する見通しだ。(2021/10/18)

コンピューティングと女子の関係【前編】
女子は男子よりも「コンピュータ」をうまく使える? 英国試験が示す事実
コンピューティングは女子の方が男子よりも得意――。2021年夏の英国GCE A Level試験で、こうした状況が明らかになった。数字上は男女問わず前年から成績が向上したが、この見方には慎重論もある。(2021/10/17)

船も「CASE」:
ヤンマーがトヨタの燃料電池を船に、2023年の市場投入目指す
ヤンマーホールディングス傘下のヤンマーパワーテクノロジーは2021年10月13日、燃料電池システムを搭載した実証試験艇で、高圧での水素充填や大阪湾での試験航行を実施したと発表した。船舶に70MPaの高圧水素充填を行うのは「世界初」(ヤンマーホールディングス)としている。(2021/10/14)

医療機関で進む「データ活用」【中編】
新薬の臨床試験に「データ」が起こす“ある変化”とは
質の高い医療を提供するために、医療機関や製薬会社の間でデータの活用が進みつつある。医療の現場で自然言語理解と自然言語生成などのデータ活用技術がどのように役立つのかを説明する。(2021/10/12)

自動運転技術:
PR:自動運転の検証に不可欠な「柔軟性」「統合性」「拡張性」を確保するには?
dSPACE Japanは2021年9月15〜16日、毎年恒例のユーザーイベント「dSPACE Japan User Conference(JUC)」をオンラインで開催した。基調講演を含め、自動運転システムの開発で必要だとされたのが「効率的な検証試験の実施」だ。そして、それを支える仕組みとしてdSPACE Japanは発売したばかりの「SIMPHERA(シンフェラ)」を紹介した。(2021/10/11)

ITパスポート、出題範囲を拡大 疑似言語を使った問題など高校の新必修科目「情報I」に対応
情報処理推進機構(IPA)は、2022年度から高等学校の新必修科目となる「情報I」に対応し、ITパスポート試験の出題範囲の拡大とシラバスの改訂を実施したと発表。(2021/10/8)

船も「CASE」:
自律運航船の遠隔監視・操船を担う「フリートオペレーションセンター」に潜入!
海事企業など国内30社が参画する「Designing the Future of Full Autonomous Ship プロジェクト」の「フリートオペレーションセンター」が、2021年9月2日に竣工した。自律運航船の航行を主に遠隔監視と遠隔操船で支援する陸上拠点で、複数の自律運航船を遠隔監視できる「統合表示ブロック」と個別に遠隔操船できる「非常対応ブロック」で構成される。また、自律運航船に搭載する舶用機器とシステムの運用試験を陸上で実施できる想環境も用意した。(2021/10/8)

“34歳の高校生”スザンヌ、前期試験の結果に教師も驚き 「ここまでできるとは」「成績優秀者です」
努力の成果出てる!(2021/10/6)

医療技術ニュース:
低分子化合物を収着しづらい肝臓チップで代謝試験、毒性試験が可能に
京都大学 iPS細胞研究所CiRAは、低分子化合物を収着しづらいフッ素系エラストマー製のマイクロ流体デバイスを用いて肝臓チップを作製し、薬物収着の影響を最小限にした薬物代謝、毒性試験が可能であることを示した。(2021/10/6)

製造ITニュース:
シミュレーションベースのデジタルツイン実現、Ansysとロックウェル製品連携
Ansysは、同社の「Ansys Twin Builder」とRockwell Automationの「Studio 5000 Simulation Interface」が接続し、シミュレーションベースのデジタルツインを活用できるようになったと発表した。仮想空間での設計や試験が可能になる。(2021/10/4)

せりふの“あのキャラ度”をAI診断、ゲームシナリオ作りに活用 「ライター多数の現場も楽に」
AIでキャラのせりふを分析し、言動をぶれを抑えるツールをバンダイナムコエンターテインメントの研究機関が開発。すでにライターが複数いるスマホゲームなどで試験運用が始まっているという。開発のキーパーソンに仕組みを聞く。(2021/9/30)

デジタルツインで業務効率化 鴻池組らがトンネル施工管理に高精度なMR技術を導入
鴻池組とインフォマティクスは、「HoloLens 2」を活用したトンネル施工管理システムに新機能を追加。施工中の名塩道路城山トンネル工事に試験導入し、トンネル坑内におけるMR表示精度の向上と、スムーズな操作性によるリアルタイムでの遠隔臨場を検証した。(2021/9/29)

女性×ITを英国GCSE受験者動向で考える【前編】
女子生徒が「コンピュータサイエンス」を敬遠の“謎” 英国卒業試験で受験者減
英国のGCSEで、選択受験科目であるコンピュータサイエンスの女子受験者が減少した。総受験者数は増加傾向にあるにもかかわらずだ。女子のみ受験者が減った理由は幾つかある。(2021/9/27)

Uber Eatsの「徒歩配達」、大阪市や横浜市など21都市に拡大 東京23区に続き
フードデリバリー「Uber Eats」は東京23区に試験導入していた、徒歩で商品を配達する「徒歩配達」を、横浜市や大阪市など日本国内21都市にも試験導入すると発表した。23区については同サービスを正式導入する。(2021/9/22)

BIM:
BIMを用いたドローン用屋内外自律飛行システム、竹中工務店らが実験で有効性を確認
竹中工務店は、カナモトとアクティオとともに、センシンロボティクス製プラットフォーム「SENSYN CORE」とBIMを活用し、ドローンの「屋内外自律飛行システム」を構築して、実証実験で有効性を確認した。今後は、屋内外自律飛行システムの試験運用を重ね、BIMの活用範囲を拡大し、利便性向上を図れる機能の開発を進める。加えて、開発中の建設ロボットプラットフォームを使い、ドローンとロボットの連携も推進する。(2021/9/22)

ミュージックビデオで市職員募集 切り札は「ヘヴィメタ」と「ジョジョ」
街の危機を救ったのは、ヘヴィメタルと「ジョジョ」だった。滋賀県北東部に位置する長浜市では、市職員の採用試験受験者が年々減少し、2019年度はわずか75人に落ち込んだ。優秀な若者の注目をどう集めるか、職員が考えた末の結論は「目立たないと意味がない」。全国初の「ヘヴィメタルと漫画で職員募集」に乗り出し、見事受験者数はV字回復。その軌跡とは。(2021/9/13)

人工知能ニュース:
過去に凍結したAIのPoC案件の再生支援サービスを試験導入
エイシングは、企業が過去に凍結したPoC案件の再生支援サービス「Re-PoC」の試験導入を開始する。同社独自のエッジAIアルゴリズムを用いるもので、過大なモデルサイズや推論速度不足などで頓挫したPoC案件の再生を支援する。(2021/9/9)

「褐炭」由来の水素でドローン飛行 Jパワーが実証試験
電源開発(Jパワー)が、オーストラリアで採掘した「褐炭」と呼ばれる安価で低品位の石炭から作った水素を利用し、ドローンの飛行試験を行った。褐炭由来の水素を使った燃料電池による試験の公開は、国内初という。(2021/9/9)

AI人材を効率的に育成 日本数学検定協会が新資格「データサイエンス数学ストラテジスト」を開始
日本数学検定協会は、データサイエンスの基盤となる数学のスキルとコンサルティング力を兼ね備えた専門家の育成に向けて「データサイエンス数学ストラテジスト」の資格試験を開始する。(2021/9/6)

蓄電・発電機器:
商用ガスエンジンに水素を混焼、35%の比率で初めて安定運転に成功
東邦ガスと三菱重工エンジン&ターボチャージャは2021年8月26日、商用ガスエンジンによる都市ガスと水素の混焼実証で、定格出力において水素混焼率35%の試験運転に成功したと発表した。国内初の成果だという。(2021/8/27)

WELL認証:
WELL認証の基礎と最新動向、施設のコロナ対策も評価可能に
パナソニック ライフソリューションズ社は、WELL Health Safety Rating認証取得サポートサービスの試験的な提供を2021年7月に開始し、WELL v2認証取得支援サービスの展開を2022年度にスタートする。(2021/8/30)

自然エネルギー:
「50年に1度」の高波も大丈夫、大林組が洋上風車基礎の実証結果を公表
大林組が洋上風車基礎「スカートサクション」の導入試験結果を公表。実海域で1年にわたる検証を行った結果、十分な支持性能と環境への好影響を確認できたという。(2021/8/26)

「ここはビルの何階?」が分かるスマホアプリ 気圧と位置情報で高さ推定 広告・警備に活用
位置情報サービスを手掛けるMetComが、建物内で今いる階を確認できるスマホアプリを試験提供する。スマホの気圧計のデータを基に高度を測る。ビルの警備や広告配信といった分野での利用も見込む。(2021/8/25)

産業動向:
西松建設と戸田建設がCO2排出量を60%以上削減する低炭素コンクリをNETISに登録
西松建設と戸田建設は、共同で開発した低炭素型のコンクリート「スラグリート」を国土交通省が運用している「新技術情報提供システム」に登録した。両社は、既にスラグリートで日本建築総合試験所の建設材料技術性能証明を取得している。(2021/8/26)

コロナワクチン打ちたい人と、余ったワクチンをマッチング「VAMCS」 試験運用スタート
コロナワクチンを打ちたい人と、医療施設で余ったワクチンを自動でマッチングするシステム「VAMCS」の試験運用が始まった。(2021/8/24)

太陽光:
太陽光で「発電する道路」、東亜道路工業が仏企業と国内展開へ
東亜道路工業は東京都港区の本社ビルのエントランスに、太陽光発電舗装システムを試験導入したと発表した。フランスのColas社が開発したシステムで、東亜道路工業ではColas社および日本法人であるコラス・ジャパンと技術協力を行い、太陽光発電舗装システムの普及を目指すという。(2021/8/24)

1本のワクチンも無駄にしない ワクチン余剰マッチングシステム「VAMCS」試験運用開始
 医療システムソリューションなどを提供するアルカディア・システムズ(大阪市淀川区)は8月23日、協力施設の指導の下、ワクチン余剰マッチングシステム(VAMCS)を開発したと発表した。(2021/8/23)

“34歳の高校生”スザンヌ、充実した半年間を報告「人生でいっちばん勉強した」 前期試験は「追試あるかもだけど 笑」
すごく頑張ってる。(2021/8/23)

ガンプラの聖地、オンラインにも バンダイ「ガンダムベース バーチャルワールド」試験公開 限定モデルの販売も
BANDAI SPIRITSは19日、オンライン上に“ガンプラの聖地”を作るプロジェクト「THE GUNDAM BASE VIRTUAL WORLD」のトライアルを始めた。約280種類のガンプラを展示販売する。(2021/8/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.