• 関連の記事

「試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「試験」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
セブンはなぜ「紅茶マシン」を試してる? お店に行って分かった“大きすぎる”可能性
セブン-イレブンでは、入れたての紅茶を提供するマシンを試験的に一部店舗に導入している。実際にお店に行ってみたところ、大きな可能性を秘めていることが分かった。(2024/2/29)

NHS Whalesで進む電子処方箋の導入【後編】
「電子処方箋」普及に向けてNHS Walesが開発 “医療アプリ”の役割とは?
英国のウェールズ地域を管轄するNHS Whalesが電子処方箋の導入を進めている。その計画を構成する要素の一つが「NHS Wales App」だ。試験運用から本稼働までの流れを整理する。(2024/2/28)

材料技術:
H3ロケット2号機でCFRP製の超小型衛星放出機構を採用、3Uサイズの衛星に対応
日機装は、超小型衛星「CubeSat」を格納して軌道上で放出する機構向けの構造部品を製造し、オービタルエンジニアリングに納入したと発表した。同部品を使ったCubeSat放出機構はJAXA種子島宇宙センターから打ち上げられたH3ロケットの試験機2号機により初めて宇宙空間に運ばれ、予定通り3Uサイズの衛星を放出している。(2024/2/27)

「H3ロケット」で打ち上げられたキヤノン電子の衛星、初ショット公開 撮影は「PowerShot S110」
キヤノン電子は2月22日、超小型衛星「CE-SAT-IE」が初めて撮影した地球の写真を公開した。同衛星は、日本の次期主力ロケット「H3ロケット」試験機2号機に搭載され、2月17日に打ち上げられた。撮影は「PowerShot S110」(2024/2/26)

CAEニュース:
Ansys、衝突テスト用の擬人化試験装置プロバイダーとのパートナーシップ拡大
Ansysは、BridgepointからHumaneticsの少数株主持分を取得する最終契約を締結した。パートナーシップを拡大し、ヒューマンセーフティエンジニアリングのエコシステムを強化する。(2024/2/26)

愛知医科大、“PC操作ミス”で受験生80人を誤って不合格に 2次試験の2日前に発表
愛知医科大学は、医学部の選抜試験において受験生80人を誤って不合格にしていた発表した。原因はPCの操作ミスで、一部受験生の得点が実際の点数よりも低くなっていたという。(2024/2/21)

脱炭素:
水素還元技術で高炉からのCO2排出量を33%削減することに成功
日本製鉄は水素還元技術を用いた試験炉において、高炉からのCO2排出量を33%削減することに成功した。同社は2023年8月に同技術による22%削減を確認しており、今回はそれに続く成果だ。(2024/2/21)

H3ロケット試験機2号機打ち上げ成功 SNSには祝福の声や打ち上げの様子が続々
飛行機の上から打ち上げを目撃した人も。(2024/2/17)

「H3ロケット」リベンジ果たす 試験機2号機の打ち上げに成功
JAXAは、次期主力ロケット「H3ロケット」の試験機2号機について、種子島宇宙センターから2月17日午前9時22分に打ち上げを行い、ロケットは計画どおり飛行。第2段機体を所定の軌道に投入した。(2024/2/17)

アンリツ MX800010A-014:
5G FR1対応デバイスの6GHz帯RF試験ソフト
アンリツは、ラジオコミュニケーションテストステーション「MT8000A」向けのソフトウェアオプションとして、「NR Licensed 6GHz Band Measurement MX800010A-014」を発売した。5G(第5世代移動通信) FR1対応デバイスにおける、6GHz帯のRF試験に対応する。(2024/2/16)

ダイハツ再建のカギ 経営を握る“トヨタ支配”の当事者意識
認証試験不正の再発防止策をまとめ、新経営体制も固まったことで、信頼回復に向けたダイハツ工業の再建が本格化する。不正行為を行ったダイハツの体質改革が不可欠なのは言うまでもないが、その改革の実効性を高める上で重要なのは再建の成否を握るのは親会社のトヨタ自動車だというトヨタ側の当事者意識だ。(2024/2/14)

Yahoo!しごとカタログ、企業のクチコミのAI要約機能を開始 仕事探しを時短
約3000社に試験提供(2024/2/14)

製造マネジメントニュース:
ダイハツの再発防止策は「開発期間1.4倍」「試験や評価で増員」
ダイハツ工業は認証不正問題の再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。(2024/2/13)

週末に「へえ」な話:
行列ができているのに「待ち時間0分」 飲食店でファストパスは広がるのか
有料のファストパスがさまざまな業界で広がりつつあるが、飲食店ではまだまだ。昨秋から試験的に動き始めているが、どういった結果が出たのか。(2024/2/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
実現すれば世界初? 特急車両に水素エンジンを載せる? JR東海と組んだベンチャーに聞く
JR東海が2023年12月、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を公開した。鉄道の脱炭素の多くが燃料電池方式で、水素エンジンは鉄道業界では初耳。JR東海は、この水素エンジンをi Laboと開発するという。i Laboとはどんな会社か、さらに水素エンジンの仕組みと可能性などを取材した。(2024/2/16)

Innovative Tech:
生徒「筆記試験にChatGPTを使ってもよいですか?」 教授「いいよ」 ブラジルの大学が検証 結果は?
ブラジルのラブラス国立大学に所属する研究者らがは、学生の筆記試験にChatGPTの使用を認めた結果を考察した研究報告である。(2024/2/1)

グループの相次ぐ不正 「現場の変化に経営層がついていけていない」トヨタの佐藤社長
トヨタ自動車の佐藤恒治社長は29日、エンジン開発を委託しているグループの豊田自動織機の性能認証試験の不正を受けて東京都内で記者団の取材に応じ、顧客に大きな不安を与えていることを謝罪した。(2024/1/30)

セキュリティニュースアラート:
IPA、システム障害を受けて「ITパスポート試験」の中止を発表
IPAと経済産業省はシステム障害の影響を受けて2024年1月26日に実施予定だった「ITパスポート試験」を中止すると発表した。(2024/1/26)

ITパスポート試験が中止に システム障害で全国のCBT会場で受験できず
情報処理推進機構(IPA)は、1月26日に開催予定だったITパスポート試験を中止すると発表した。システム障害が発生し、試験を実施できない状態になったという。(2024/1/26)

ダイハツ不正 トヨタ流が“上滑り”した理由 露呈したガバナンス不全
トヨタ自動車がグループガバナンスの危機に直面している。ダイハツ工業が車両安全の認証不正で国土交通省から是正命令を受け、日野自動車によるエンジン性能試験の不正に続き、子会社で、トヨタが最も重視する現場に根ざした改善の文化の欠如が露呈した。(2024/1/24)

宇宙開発:
X線分光撮像衛星による銀河団や星雲のファーストライトの成功に貢献
NECは、宇宙航空研究開発機構が発表した、X線分光撮像衛星「XRISM」のファーストライトの成功に貢献した。XRISMのバス機器の製造や衛星システム試験、射場における打ち上げ準備、打ち上げ後の初期運用支援を担当した。(2024/1/24)

産業動向:
清水建設、タワークレーン遠隔操作システムを現場展開へ IHI運搬機械対応版を開発
清水建設は、鹿島建設や竹中工務店などが開発したタワークレーン遠隔操作システム「TawaRemo(タワリモ)」を、自社現場で展開する。導入に当たって、これまでTawaRemoでの適用実績がなかったIHI運搬機械製クレーンによる現場実証試験を行い、機上運転室からの操作と同等の生産性が得られることを確認した。(2024/1/24)

舞台「転スラ」に「全額返金保証付きチケット」 DMM.comが試験導入
満足できない場合はアンケート回答で全額返金。(2024/1/23)

BIM:
“BIM力”を問う実技試験が7月スタート BIM利用技術者試験の1級/準1級サンプル問題公開
コンピュータ教育振興協会は2024年7月から、BIMを利用する建築/建設エンジニアや学生が身に着けておくべき、知識と技能を証明する「BIM利用技術者試験」の準1級と1級の試験を開始する。(2024/1/22)

NEWS Weekly Top10:
AIは予想より“ポンコツ”だった? 共通テストの数学、ChatGPTでも平均点未満という結果に驚く
大学入試共通テストが行われた先週、生成AIに試験問題を解かせてみた、というブログ(note)を紹介した記事がアクセス7位に入った。点数を競ったのは、米OpenAIの「ChatGPT」(GPT-4)、米Googleの「Bard」、米Anthropicの「Claude2」の3つの文章生成AIだ。(2024/1/22)

試験の様子をYouTubeにて公開:
楽天の三木谷氏とAST SpaceMobile Abel氏、低軌道衛星と市販スマホの直接通信試験を実施
2024年1月15日、楽天グループ 代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は、AST SpaceMobile社 Chairman兼CEOのAbel Avellan氏と、ハワイ州の試験場所にいるAST担当者との間で、低軌道衛星と市販スマートフォンの直接通信による音声通信を実施した。同日、その模様がYouTubeにて公開された。(2024/1/18)

Innovative Tech:
「基本情報技術者試験」に最年少合格した小学3年生(8) どうやって勉強した? 学習法を紹介
2023年4月、東京の公立小学校に通う8歳の小学3年生(男子)が「基本情報技術者試験」(FE)と「情報セキュリティマネジメント試験」(SG)に最年少で合格した。合格者はどのような学習方法を行っていたのだろうか。(2024/1/18)

医療技術ニュース:
精神科のオンライン診療は、対面診療と同等の治療効果があることを証明
慶應義塾大学ら19機関が参加した共同研究グループは、国内初の無作為化比較試験により、精神疾患に対するオンライン診療の治療効果が、対面診療と同等であることを明らかにした。(2024/1/18)

工場ニュース:
メタンハイドレートの長期産出試験を遠隔モニタリングシステムで支援
東洋エンジニアリングは、米国アラスカ州ノーススローププルドーベイ鉱区におけるメタンハイドレート長期陸上産出試験で、ガス生産を開始したと発表した。同社は遠隔モニタリングシステムを構築するなど、試験の目的達成を支援している。(2024/1/17)

医療機器ニュース:
MRIを用いた試験や研究支援サービスの提供に向けて業務提携
アラヤは、MRIを用いた試験や研究支援サービスを提供するため、日本精神神経画像センターと業務提携を開始した。検証希望者に対し、MRIを活用した試験に必要な試験設計からレポート作成までサポートする。(2024/1/16)

AWS認定試験が値上げ 円安を反映
AWS認定試験の料金が4月1日から値上がりする。為替レートの変動によるもので、日本円では4000円〜1万円高くなる。(2024/1/12)

「大学入学共通テスト」が被災の特例措置 石川県が試験場の受験生は全員追試験対象に、希望者は14日までに本試験場に電話を
新潟県、富山県、福井県などが試験場の受験生を対象とした措置も設けています。(2024/1/11)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【後編】
IT業界の人材問題は「義務教育」に原因? 女性管理職がみる問題の核心は
英国の卒業認定試験「GCSE」にコンピュータサイエンスが加わったのは2010年代だが、ITのさまざまな技術革新があったにもかかわらずカリキュラムの変更がないことを業界人は疑問視する。ある女性管理職の見解は。(2024/1/8)

ITパスポート、被災者に救済措置 振替受験が可能に
情報処理推進機構(IPA)が、ITパスポートなどの情報処理技術者試験について、令和6年能登半島地震の被災者に向けた救済措置を発表した。新潟県、富山県、石川県、福井県に住む受験予定者は、受験地やスケジュールを変更し、振替受験できる。(2024/1/5)

共通テスト、予定通り実施へ 能登半島地震の被災者は27・28日に追試験可能
「被災地の大学等と連携し、追試験会場を設置する予定」とのこと。(2024/1/4)

迎賓館赤坂離宮、試験的に“館内撮影”を一部解禁すると発表 1月6日から16日までの期間限定
対象は「羽衣の間」のみ。(2023/12/29)

働き方の「今」を知る:
あまりに「日本企業あるある」だ──ダイハツ不正の背景にある病理を読み解く
ダイハツ工業で、自動車の安全性確認試験での不正行為があったことが明らかになった。「第三者委員会による調査報告書」には、同社の組織風土や職場環境における問題点が生々しく記されている。本件から、日本企業にはびこる病理を読み解く。(2023/12/29)

2024年10月から適用開始:
DX推進に必要となる知識を図る内容を「情報処理技術者試験」に追加 IPA
IPAは、「情報処理技術者試験」と「情報処理安全確保支援士試験」の出題範囲とシラバスを改訂した。ビジネス変革やデザイン、データとAIの活用など、DX推進に必要となる知識を評価するための対応を施した。(2023/12/27)

3Dプリンタニュース:
初のFDMプロセス認証を導入、3Dプリンティング教育の強化と人材育成へ貢献
Stratasysは、全米職業能力試験協会と提携し、FDMプロセス認証を導入する。3Dプリンティング分野の能力とスキルの評価が可能になり、教育の強化と有能な人材育成への貢献が期待される。(2023/12/27)

「資格取得はゴールではない」:
PR:「AWS認定資格取得で仕事の幅が広がった」 エンジニアの体験を紹介
資格試験はともすると「取得すること」そのものが目的になりがちだ。しかし、習得した知識を業務に生かせなければ宝の持ち腐れとなる。実際の業務に確実に役立ち、エンジニアとしてのキャリアを大きく変え、仕事の幅を広げるのがAWS認定資格だ。(2023/12/27)

素材/化学メルマガ編集後記:
試験合格の目的化は甘いワナ、学ばせて課題解決で使わせる教育こそ人材育成の近道
使える教育方法についてつらつら語っています。(2023/12/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東海、JR東日本、JR西日本、JR貨物がチャレンジする次世代エネルギー 実現までは遠くても、やらねばならぬ
JR東海が12月18日、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を報道公開した。燃料は水素で大気中の酸素と反応して発電する。燃料電池は水だけが出て二酸化炭素などは発生しないため、脱炭素動力の切り札ともされる。水素エネルギーへのJR4社の取り組みを紹介し、鉄道にとっての「水素」を考えてみたい。(2023/12/24)

ダイハツ不正、サプライチェーンの売上は計2兆円超 8136社に影響
12月20日、ダイハツ工業(大阪府池田市)は製造する64車種・3エンジンの認証試験において、174個の不正が発覚したと公表した。帝国データバンクによると、ダイハツ工業を頂点とするサプライチェーン企業(売上高の1%以上を依存している企業)は国内に推計8136社あり、売上高の合計は推計2兆2110億円にのぼるという。(2023/12/22)

話題のジェンダーレス水着はその後どうなったのか 高校1年生が支持したワケ
2022年に発表され大きな話題となったジェンダーレス水着。試験的に数校で採用された後、改良した商品を発売している。教育現場にはどの程度浸透しているのだろうか。(2023/12/22)

品質不正問題:
無理解な経営陣の「短期開発」が生んだ、ダイハツ64車種の不正
ダイハツ工業は同社が開発し、国内外で生産中の全ての車種の出荷を自主的に停止すると発表した。生産を終了したものを含め、64車種とエンジン3機種で型式認証の試験での不正行為が確認されたためだ。(2023/12/21)

ダイハツ社長、安全試験不正で辞任は? トヨタ副社長「深く反省」
ダイハツ工業が64車種の安全性試験で不正を行っていた問題で、ダイハツ工業は20日、東京都内でトヨタ自動車との共同会見を開いた。会見ではダイハツ工業の奥平総一郎社長が「まず足元の問題を片付け、対応していきたい。再発防止について道筋をつけるために力を発揮し、それを責任としたい」と述べ、即時の辞任は否定した。(2023/12/20)

サプライチェーン改革:
燃料アンモニア輸送を目的とした定期用船契約を締結
日本郵船と三井物産は、大規模燃料転換の実証試験に用いる、燃料アンモニア輸送の定期用船契約を締結した。同契約を契機に、アンモニア市場拡大に備えた海上輸送の体制整備を進める。(2023/12/20)

宇宙開発:
日本初の民間液体ロケットエンジンは脱炭素、北海道大樹町が民間宇宙産業の中心に
インターステラテクノロジズが、人工衛星打ち上げ用ロケット「ZERO」開発のためのサブスケール燃焼器燃焼試験を報道公開。本稿では、開発中のロケットエンジン「COSMOS」の詳細や、試験が行われた北海道大樹町の「北海道スペースポート」の状況などについて説明する。(2023/12/18)

ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル(5):
製品が簡単に壊れると、ユーザーはがっかりしませんか?
連載「ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル」では、「オリジナルの製品を作りたい」「斬新なアイデアを形にしたい」と考え、製品化を目指す際に、絶対に押さえておかなければならないポイントを解説する。連載第5回では、信頼性の試験内容をどのようにして見つけ出すか/自分で考えるかについて取り上げる。(2023/12/18)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【前編】
英国の女子生徒がSTEM科目を敬遠する流れは、まだ続くのか
英国の卒業認定試験GCSEの結果によると、コンピュータサイエンスを受験する女子生徒の数は増加傾向を見せている。ただしIT業界に身を置く女性管理職は、女子生徒がSTEM分野を学ぶのを阻害する「壁」に課題を感じている。(2023/12/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.