• 関連の記事

「試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「試験」に関する情報が集まったページです。

漫画家・冨樫義博さんがTwitter開設か 『ワンパンマン』村田雄介さんからの“本人確認”報告も
これがハンター試験……?(2022/5/24)

電動化:
BMWが次世代リチウムイオン電池の試験生産、2022年秋から拠点が稼働
BMWグループは2022年5月23日、ドイツ・ミュンヘン郊外にセル生産コンピテンスセンター(CMCC)を2022年秋に開設すると発表した。(2022/5/24)

アナログ・デバイセズ AD4630-24:
24ビット超高精度逐次比較型A-Dコンバーター
アナログ・デバイセズは、24ビット超高精度逐次比較型A-Dコンバーター「AD4630-24」を発売した。自動試験装置や医療用計測機器、半導体製造向けの高精度製品の設計、評価、市場投入のプロセスを簡略化する。(2022/5/24)

メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2021:
断線の心配無用で設置場所を選ばない、遠隔モニタリング用無線データロガー
建築物の設備保守や運用管理で、手軽に設備や機器の状態を常時把握したいことは多い。半導体試験装置で大手のアドバンテストが提供する「AirLogger(エアーロガー)」は、多様な遠隔モニタリングに活用できるコンパクトな無線データロガーだ。(2022/5/21)

車載電子部品:
e-Axleなど大型モジュールの試験体制を強化、OKIエンジニアリングの群馬拠点
OKIグループで信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリングは2022年5月17日、EV(電気自動車)、ADAS(先進運転支援システム)、自動運転向け車載電子機器や装置の信頼性試験サービスを大幅に強化した「eモビリティテストセンター」を稼働開始したと発表した。(2022/5/19)

施工:
生コンクリートの材料分離抵抗性を簡便に定量評価する手法を考案、西松建設
西松建設は、岐阜大学 工学部 小林孝一教授との共同研究で、施工前に生コンクリートの材料分離抵抗性を簡便な方法で定量的に評価する手法を考案した。今回の手法は、現場に持ち込んで扱える小型の評価試験器を製作し、容器内に詰めたコンクリートに振動エネルギーを加えた時に生じる電気伝導率の経時変化で材料分離抵抗性を評価する。現在、同社では、現場での実装に向けて、データの採取、判定精度など、生コンクリート評価の妥当性に関する検証を続けている。(2022/5/19)

次世代新幹線開発に向けて:
JR東日本、新幹線試験車両「ALFA-X」の走行試験を開始
R東日本は5月17日、新幹線試験車両E956形「ALFA-X」の走行試験を、2022年度以降、主に営業列車が走行している時間帯で行うと発表した。(2022/5/18)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(11):
3Dモノづくりに役立つ資格を取得したいが、どう取り組めばよいか分からない……
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第11回のテーマは「“3Dモノづくり”に役立つ主な資格試験の概要と具体的な取り組み方」だ。(2022/5/16)

自動車業界の1週間を振り返る:
体質改善を進める自動車メーカーの前に、資材価格のかつてない高騰が立ちはだかる
土曜日ですね。1週間おつかれさまでした。昨日(5月13日)から、高齢ドライバー向けの実車試験の運用がスタートしました。運転免許を更新する75歳以上の人で、直近の3年間に信号無視や速度超過など一定の違反があった人に、実車試験が義務付けられます。免許の有効期間が終わるまでの6カ月の間に、実車試験を受けなければなりません。(2022/5/14)

製造業IoT:
ノキアがローカル5Gラボを開設、試験やPoCなどを推進する「LaaS」の拠点に
ノキアソリューションズ&ネットワークスは、東京・六本木ヒルズの本社内にある先端技術センター(ATC)においてローカル5G実験試験局免許を取得し、ローカル5Gラボとしてリニューアルすることを発表。顧客やパートナーとともに実機を用いたローカル5Gの試験やPoC、ソリューション開発を推進するLaaS(Lab as a Service)の拠点となる。(2022/5/13)

インターリンク、給与そのまま週休3日制度を試行 「週40時間の仕事を32時間で片付ける」
インターリンクは10日、給与や有給休暇を減らさない選択型の週休3日制を試験導入すると発表した。役員などを除く社員の92%が選択した。(2022/5/10)

材料技術:
割れた自動車用ガラスを再び自動車用ガラスに、新車採用に向けて試験生産
Audi(アウディ)とReiling Glas Recycling、Saint-Gobain Glass、Saint-Gobain Sekuritは2022年4月25日、破損した自動車用ガラスを自動車用ガラスにリサイクルするパイロットラインを立ち上げたと発表した。さまざまなプロセスを経て接着剤などガラス以外の不純物を除去し、新たな自動車用板ガラスを生産する。パイロット生産が成功すれば、将来的にEV(電気自動車)「Q4 e-tron」のガラスに採用する。(2022/5/10)

トーンモバイル、5G SA対応の「TONE e22」を約2万円で発売 5G時代の無料試験サービスも
トーンモバイル向けの新型スマートフォン「TONE e22」が6月1日から発売される。トーンモバイルのスマートフォンとして初めて5Gに対応した。5G時代の新しいスマートフォンの活用法を検証する実験型サービス「TONE Labo」を無料で提供する。(2022/5/9)

超ハイスペック基地局負荷試験機で躍進中!:
PR:世界トップシェア獲得へ、5G普及を支える日本のニッチ企業「アルチザネットワークス」の挑戦
3Gから4G/LTE、そして5Gと技術革新を繰り返し、いまや社会インフラとして欠かせない携帯電話無線通信網。この社会インフラの技術進化、普及を支えてきた1社の日本企業がある。アルチザネットワークスだ。世界で数社しか手掛けていない基地局負荷試験機を主力にするニッチ企業で、「早期の世界トップシェア獲得」を掲げ、圧倒的なスペックを誇る5G対応基地局負荷試験機、そして新たなビジネスモデルの事業を立ち上げ、世界に攻勢を掛けている。アルチザネットワークスとはどのような企業なのか、同社のこれまでに触れながら、未来像を探っていく。(2022/5/10)

「Twitterサークル」機能を一部のユーザーで試験的に実施 選んだ一部のメンバーだけに投稿を共有できる
150人まで選ぶことができます。(2022/5/4)

量子コンピュータ:
東芝、英国で量子暗号通信の商用向けメトロネットワークを試験的に提供開始
東芝は2022年4月27日、東芝デジタルソリューションズとBTグループと共に、同月26日から英国のロンドンで、量子暗号通信の商用向けメトロネットワークのトライアルサービスを提供開始したことを発表した。最初の顧客である国際会計事務所のアーンスト・アンド・ヤングは、ロンドン東部のカナリー・ワーフ地区とロンドン・ブリッジ周辺地区間の拠点間接続での利用を予定しているという。(2022/5/2)

製品動向:
気流を可視化し室内の不快感を低減する気流制御技術を開発、三菱電機
三菱電機は、室内における空気の流れ(気流)や温度分布を予測して快適な室内環境を実現する「ビル向け快適気流制御技術」を開発し、同社が神奈川県鎌倉市大船で保有するZEB関連技術実証棟「SUSTIE」で気流制御技術を用いた暖房試験を行い、有効性を確認した。今後は、さらなる効果検証のために、今回の実証実験とは異なる条件でも評価を行い、2024年度以降の実用化に向けて開発を進める。(2022/5/2)

4月30日まで受付中:
東京メトロの「休日メトロ放題」好調 月額2000円で5月の土日祝日乗り放題
東京地下鉄(東京メトロ)が3月末に試験的に販売を始めた「休日メトロ放題」の売れ行きが好調だ。月額2000円を事前に支払うことで、同社が運営する路線が土日祝日乗り放題になるというサービスで、4月28日時点で3000人以上が申し込んでいるという。(2022/4/29)

2店舗で試験導入:
体組成計に乗るだけで「おすすめスーツ」を提案 はるやまとタニタが新サービス
はるやま商事とタニタが、体組成計に乗るだけで健康チェックとおすすめのスーツサイズと商品シルエット(型)を提案する新サービスを共同で開発。4月28日からはるやま2店舗で試験提供を開始している。(2022/4/29)

味、原材料……アイデア入力でAIがレシピ キリン、新商品開発に活用
キリンビバレッジが、商品開発にAIを導入する。熟練開発者の思考パターンを基にした専用ツール「アセスメントAI」の開発に成功し、4月から試験運用を始めた。開発工程のDXで、高いレベルの品質が求められる健康関連商品の開発を加速させる。(2022/4/28)

Emotetが新しい感染手法をテスト中? MicrosoftのVBAブロック措置に対抗か
Proofpointは、Emotetが新しい感染方法を模索している可能性があると指摘した。少数のユーザーを標的にした試験的な攻撃が観測されており、今後広範囲にキャンペーンが展開される可能性があり注意が必要だ。(2022/4/28)

数値解析技術で広がる建築手法:
「PLATEAU」でも採択、CFDの耐風設計など幅広い建築シミュレーションを可能にするアルテアの製品群
ここ数年で、建築物の耐風設計に、その精度の高さが認められ、数値流体解析(CFD)のシミュレーションを採り入れるケースが増えてきている。従来の風洞試験に比べると、耐風設計に要する工数が削減され、設計全体の大幅な時間短縮が期待されている。CFDソフトウェアの1つとして国内外の著名建築物で用いられているのが、アルテアの数値流体解析ソリューション「ultraFluidX」だ。(2022/4/26)

出題形式も変更:
IPAが「基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験を2023年4月から通年実施にする」と発表
IPAは「基本情報技術者試験」と「情報セキュリティマネジメント試験」を2023年4月から通年試験化すると発表した。出題形式も小問形式に変更することで午後問題をコンパクト化し、試験時間を30〜40%短縮する。(2022/4/26)

OCI無料プラン「Always Free」の活用法【後編】
常に無料のOCI「Always Free」はここまで使える
Oracleの無料クラウドサービス「Always Free」を使うことで、開発者はコストをかけずにクラウドアプリケーションを構築し、試験的に運用することができる。無料のサービスだけでどこまでできるのか。(2022/4/26)

基本情報技術者試験がいつでも受験できるように、年2回から変更 2023年4月スタート 出題範囲も変更
情報処理推進機構は、基本情報技術者試験と情報セキュリティマネジメント試験を通年試験化すると発表した。これまで年2回のみ実施していた試験を、受験者が都合の良い日時を選択して受験できるようになる。2023年4月から適用する。(2022/4/25)

組み込み開発ニュース:
920MHz帯のマイクロ波を使うワイヤレス電力伝送システムの試験サンプルを提供
パナソニックと京都大学は、マイクロ波を使った長距離のワイヤレス電力伝送システム「Enesphere」を開発し、試験用サンプルの提供を開始する。バイタルセンサーやデータ収集管理システムなどへの適用を見込む。(2022/4/25)

医療機器ニュース:
標的α線治療のコア原料である放射性核種を治験薬製造スケールで製造
日本メジフィジックスは、小型加速器を用いて、新しいがん治療として期待されるTATのコア原料であるアクチニウム225を、治験薬原料にできる品質と試験薬製造スケールで製造することに成功した。(2022/4/25)

品質不正問題:
三菱電機の「骨太の方針」に暗雲、変圧器でも品質不正が判明し全社調査も延長
三菱電機は、系統変電システム製作所の赤穂工場が製造する特別高圧以上の一部の変圧器において、顧客から求められた規格に準拠しない受入試験の実施や試験成績書へ不適切な記載、一部製品での社内基準などと異なる設計を行っていたことが判明したと発表。22製作所などにおける品質不正の全社調査も、当初目標としていた2022年4月からさらに時間を要することも明らかになった。(2022/4/22)

地方受験生400人に調査:
オープンキャンパス、Web開催に「メリットある」9割に
入学試験のDXに取り組むサーティファイは、地方在住の受験生を対象に「オンラインオープンキャンパス」についての意識調査を実施した。その結果オンラインでの実施が一般化した場合、4割以上の受験生が「受験対象として考えていなかった大学を見るきっかけになる」と回答したことが分かった。(2022/4/20)

自動運転技術:
ヤマハ発動機とティアフォーの自動運転車が外部で初導入、1日30回の搬送を自動化
ヤマハ発動機は2022年4月18日、工場や物流拠点などの構内向け自動運転車「eve auto」の社外向けの試験導入を開始したと発表した。導入先は、三井化学と出光興産の共同出資会社であるプライムポリマーの姉崎工場(千葉県市原市)だ。(2022/4/19)

応募者数は4年連続で増加:
2019年度を境に「若手社員よりも中堅社員の割合が増えている」 IPAが「iパス」の応募者数に関する情報を公開
IPAは、情報処理技術者試験の一区分である「ITパスポート試験」(iパス)の年間応募者数を明らかにした。4年連続で対前年度比増加率が10%を超えており、2021年度は過去最多の24万4254人だった。(2022/4/19)

パナソニック、週休3日制を試験導入へ 「1日の労働時間は変えない」
パナソニックは18日、社員の希望により週に3日間休める「選択型週休3日制」を試験的に導入する方針を明らかにした。22年度内の導入を目指す。(2022/4/18)

産業動向:
太陽光パネル施工管理システムの試験運用を開始、旭化成ホームズ
旭化成ホームズは、太陽光パネルの施工を効率化する「ボルト管理システム」を開発した。今後は、太陽光システムの設置数増加を見据え、施工精度の向上と施工・管理の省力化を同時に達成し、脱炭素社会の実現への貢献を目指す。(2022/4/18)

イーロン・マスク氏が後押し:
ツイッターの「編集機能」に賛否 専門家「誹謗中傷の責任逃れ」を懸念
米ツイッターが6日に試験導入を発表した投稿の「編集機能」が波紋を広げている。投稿済みの内容を削除せずに後から訂正できるという仕組みだ。(2022/4/15)

ITパスポート試験に7歳の小学1年生が合格、最年少記録を更新 12歳以下の合格者は累計61人に
情報処理推進機構は、2022年3月度に開催した国家資格「ITパスポート」の試験に、小学1年生の7歳の受験者が合格したと発表した。これまでの最年少記録である8歳を1年5カ月ぶりに更新したという。(2022/4/14)

お仕事はかどるかな? 東海道・山陽新幹線に「ビジネスブース」試験導入、5月9日から
無料ですって〜。(2022/4/14)

Web会議や打ち合わせに:
JR西、新幹線のぞみで「ビジネスブース」を試験導入
JR西日本は5月9日から山陽新幹線「のぞみ」の車内に、短時間の打ち合わせやWeb会議が可能な「ビジネスブース」を運用すると発表した。(2022/4/9)

ソフトバンク5Gの人口カバー率が90%を突破
ソフトバンクは4月7日、2022年3月末時点で5Gのネットワークの人口カバー率が、90%を突破したと発表した。5Gの基地局を開設する際に、独自開発したシステムを活用。これにより、基地局の各種設定や通信試験、電波発射準備などのインテグレーション業務を自動化・効率化し、工数を削減したという。(2022/4/7)

脱炭素:
不定期に試験を行う研究開発拠点でエネルギーマネジメント、東大と堀場製作所
堀場製作所と東京大学は2022年4月5日、研究開発拠点のカーボンニュートラルの実現に向けて共同研究を行う「環境調和型エネルギーシステム社会連携講座」を開設したと発表した。(2022/4/6)

ブロックチェーンで来歴をリアルタイム追跡、ユニリーバがパーム油サプライチェーンにGreenTokenを試験導入
ユニリーバは、「GreenToken by SAPソリューション」をパイロット導入した。世界的なパーム油サプライチェーンのトレーサビリティーと透明性の向上を図る。(2022/4/6)

転出先キャリア側での手続きのみで完了――MNPの「ワンストップ化」は2023年4月から試験運用へ
総務省が検討を進めてきたMNPの「ワンストップ化」に向けたスケジュールが改めて示された。6月までにシステムの仕様(要件)を定めた上で、2023年4月からシステムの試験運用を始める予定となっている。(2022/4/4)

山手線など23路線:
JR東「どのくらい混んでいるか」「どの駅から混むか」が分かる実証実験を開始
JR東日本は4月4日、経路検索から一部の路線の混雑状況が分かる「車内混雑がみえる経路検索」の実証試験を開始した。(2022/4/4)

AI・機械学習の独学リソース:
データサイエンス/AI/ディープラーニングの資格ガイド
AI/機械学習/データサイエンス関連で筆者が注目する、データサイエンティスト検定、G検定/E資格、統計検定、データサイエンス数学ストラテジスト、人工知能プロジェクトマネージャー試験という5つの認定資格や検定試験を紹介する。(2022/4/4)

品質不正問題:
日野の小型エンジンも不正が確定、中型エンジンは4万7000台のリコールに
日野自動車は2022年3月25日、日本向けのエンジンで発覚した排ガスや燃費の認証試験の不正行為について、リコールなどの対応を発表した。(2022/3/28)

第1回クリスタ検定、受け付けスタート ソフトの使い方や業界知識を測る
セルシスが第1回「CLIP STUDIO PAINTクリエイター検定」の受験受け付けを始めた。ソフトの活用法や業界知識などを問う試験で、「クリエイターとしての知見の向上を図ることができる」としている。(2022/3/22)

日本TI BUF802:
広帯域、高入力インピーダンスのバッファーアンプ
日本テキサス・インスツルメンツは、広帯域かつ高入力インピーダンスのバッファーアンプ「BUF802」を発表した。オシロスコープ、アクティブプローブ、高周波データ収集システムなどの試験および測定用途に適する。(2022/3/18)

元NHKキャスター・小島亜輝子、子育て&学業両立させ国家試験に合格 「自分が医師になるのだなと実感」
2011年までNHKキャスターや気象予報士として活動。(2022/3/17)

医療機器ニュース:
6畳の試験空間で帯電微粒子水の新型コロナウイルスに対する抑制効果を確認
パナソニックと日本繊維製品品質技術センターは、約6畳という広い試験空間で、ガーゼに付着させた新型コロナウイルスに対する「帯電微粒子水(ナノイー)」技術の抑制効果を実証した。(2022/3/17)

KADOKAWA、従業員の資格取得に最大100万円の報奨金 情報処理や語学などが対象
KADOKAWAが、従業員の資格取得に報奨金を支給する制度を3月1日に導入した。情報処理推進機構の「ITストラテジスト試験」などを取得した従業員に、難易度などに応じて1万円から100万円を支給する。(2022/3/16)

業務が多忙:
「ブラック勤務が影響しているのではないか」 沖縄県の職員、上級職志願が20年間で半減
沖縄県職員の採用試験受験者が激減している。県人事委員会によると、大卒程度の「上級職」は過去最多だった2002年度の2707人をピークに19年度は1260人と半数以下に。(2022/3/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.