• 関連の記事

「論文」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「論文」に関する情報が集まったページです。

Microsoft、リモートワークの影響を約6万人の従業員で調査した研究論文発表
Microsoftはリモートワークが従業員に与える影響に関する研究論文を発表した。米国の従業員6万1182人のコラボレーションデータを匿名化して分析した結果、グループ間のコミュニケーションが低下したことなどが分かった。(2021/9/13)

eスポーツなどデジタル領域の学術論文を集める電子ジャーナル 産経デジタルが創刊
産経デジタルが、eスポーツなどデジタル領域の学術論文を掲載する電子ジャーナル「Journal of Digital Life」をオープンした。新しい知見に興味を持つ企業ニーズに応えるという。(2021/9/1)

日本のコロナ論文数は世界で何位? 諸外国にリード許す
新型コロナウイルスに関する国別の学術論文数で、世界的流行の初年となった2020年の日本の順位は14位だったことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所の調査で分かった。(2021/8/25)

頭脳放談:
第255回 曲がるプロセッサ「PlasticARM」は面白そうだけど、市場はどこに?
Armが曲がるプロセッサ「PlasticARM」をNature誌で発表した。曲がるデバイス自体は珍しいものではないが、Cortex-M0+派生のマイクロプロセッサを実装しているところが新しい。PlasticARMがどんなプロセッサなのか、論文から見ていこう。(2021/8/19)

「たこ焼きはどこまで大きくできるのか」解明に数学で挑戦 京大大学院の橋本教授と理系YouTuberが論文公開
京都大学大学院の橋本幸士教授が「たこ焼きが崩れないように巨大化させるには扁平な形状にする必要がある」という予想を、論文形式でまとめた文書を公開した。風味を落とさず巨大化するための予想を「オイラー・ラグランジュ形式」という方程式を使って説明している。(2021/8/16)

SNSの「いいね」は怒りを増幅させるフィードバックループを生む──イェール大学が論文発表
SNSでは“道徳的な怒り”を表す投稿が増える傾向があると、イェール大学の研究者がTwitterの投稿を解析した研究結果を発表した。「プラットフォーマーは集団運動に影響を与える能力を持っていることを自覚するべきだ」としている。(2021/8/16)

日本の注目論文は過去最低10位 国際的地位低下
文部科学省の科学技術・学術政策研究所は10日、日本などの世界主要国の科学技術に関する研究活動を分析した「科学技術指標2021」を公表した。(2021/8/10)

組み込みプロセッサとして期待:
「Cortex-M0」ベースのフレキシブルSoC「PlasticArm」
Arm Researchと英国のケンブリッジに拠点を置くPragmatICは2021年7月、英科学誌「Nature」に掲載された論文の中で、フレキシブル基板上でTFT(Thin Film Transistor:薄膜トランジスタ)を使って製造した、「Arm Cortex-M0」ベースのフレキシブルなSoC「PlasticArm」について詳細を明らかにした。(2021/8/2)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Papers With CodeのDatasets: 人気度まで分かるデータセット一覧サイト
データセットが効率よく見つけられるPapers With CodeのDatasetsを紹介。各データセットのページでは、データセット利用に向くタスクや、ベストな性能を発揮するモデル、コードありの論文、各ライブラリのデータローダー、データセットの人気傾向などを確認できる。(2021/6/30)

VLSIシンポジウム2021:
「VLSI Circuitsシンポジウム」の注目論文
2021年6月13〜19日に開催されるLSI関連の国際学会「VLSIシンポジウム2021」。「VLSI Circuitsシンポジウム」の注目論文を紹介する。これらの注目論文は、VLSIシンポジウム委員会が2021年4月に行った記者会見で紹介したものとなっている。(2021/6/8)

VLSIシンポジウム2021:
「VLSI Technologyシンポジウム」の注目論文
今回は、VLSIシンポジウムを構成する「VLSI Technologyシンポジウム」の注目論文を紹介する。なお、これらの注目論文は、VLSIシンポジウム委員会が2021年4月に行った記者会見で紹介されたものだ。(2021/6/7)

コロナ下でも研究活動は活発:
「VLSIシンポジウム2021」は2度目のバーチャル開催
VLSIシンポジウム委員会は2021年4月27日、オンライン記者説明会を開催し、6月13〜19日に開催される「VLSIシンポジウム2021」の概要や注目論文を紹介した。(2021/5/13)

特別定額給付金10万円の使い道調査 食費以外で消費が増えたのは?
マネーフォワードは、2020年に日本政府が支給した特別定額給付金10万円の家計消費に与える影響を研究した論文を発表した。(2021/4/16)

医療技術ニュース:
世界中で樹立されたiPS細胞の数や疾患の種類を解析
京都大学は、2019年に公開された日米欧のiPS細胞データベース情報を統合したウェブサイト「幹細胞バンクデータ統合コレクション(ICSCB)」に登録されたデータを解析し、国際協力論文として報告した。(2021/4/12)

実現するシナリオとは
5GとWi-Fi 6のコンバージェンスがもたらす可能性
Wireless Broadband Allianceが発表した論文によると、5GとWi-Fi 6のコンバージェンスにより多くのメリットが生じるという。どのようなシナリオが考えられるのか。(2021/3/19)

「Zoom疲れ」の4つの原因と対策をスタンフォード大が紹介
Web会議での心理的疲労、いわゆる「Zoom疲れ」の4つの原因とその対策を、スタンフォード大学が論文で発表した。(2021/3/1)

2021年2月にオンラインで開催:
「ISSCC 2021」の注目論文、Samsungの3nm GAA SRAMなど
2021年2月13〜22日にオンラインで開催される、半導体業界最大級の国際学会「ISSCC 2021」。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で今回は全てのセッションをオンラインで行う。会期以降も同年3月31日までオンデマンドで聴講が可能だ。今回は、注目論文を紹介する。(2021/1/18)

AI・機械学習のツール&ライブラリ:
PyTorch vs. TensorFlow、ディープラーニングフレームワークはどっちを使うべきか問題【2021年】
2大フレームワークであるTensorFlow/PyTorchに対して検索トレンドや研究論文数、Kaggle実用数などでの比較を行う。総括として「現状はどういう状況で、今後はどうなりそうか」について筆者なりの考察を加える。(2020/12/16)

Googleさん:
Googleを解雇されたAI倫理研究者が指摘していた「大規模言語モデル」の危険性
AI界隈で一目置かれているGoogleの倫理的AIチームリーダー、ティムニット・ゲブルさんが突然解雇されたとツイート。ゲブルさんは黒人女性ですが、発表しようとしていた言語モデルの問題点についての論文が原因のようです。(2020/12/7)

プログラムは変えず:
「ISSCC 2021」はオンライン化、日本は論文採択率が高い
ISSCC ITPC Far East Regional Subcommitteeは2020年11月17日、オンライン記者説明会を開催し、2021年2月に開催される「ISSCC 2021」の概要と注目論文を紹介した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、第68回となるISSCC 2021はオンラインで開催される。(2020/11/19)

車両デザイン:
風船構造のパーソナルモビリティが国際会議へ、マスカスタマイゼーションも実現
メルカリの社内研究開発組織であるmercari R4Dは、東京大学大学院工学系研究科 教授の川原圭博氏が総括する「ERATO川原万有情報網プロジェクト」との共同研究「風船構造のパーソナルモビリティpoimo(ポイモ)」に関する論文が、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI)の国際会議「UIST 2020」に採択されたと発表した。(2020/9/30)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
一流雑誌で相次ぐコロナ論文「撤回」と、煽るメディアの罪
コロナ禍で真偽不明の情報があふれる“インフォデミック”が問題だ。科学の世界でも、大手医学誌で相次いで新型コロナの論文が撤回される事態になった。情報があふれる中、単純化して煽るメディアをうのみにせず、疑いの目を持つことが必要だ。(2020/8/28)

査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
頑張って……!(2020/7/12)

「愛がすごい」「8ページは論文w」 1万字の激熱ファンレターをもらったアイドルグループの切実なお願いが話題 
1万字のライブレポートを書いてしまう筆者には、この人の気持ち分かる……!(2020/6/27)

炭酸水のAmazonレビューが「もはや論文」「ガチすぎる」と話題 各メーカーの“炭酸の強さ”を約2カ月かけ調査
情熱がすごい。(2020/6/25)

ゲノム配列決定アプリケーションで使われる手法がベース:
米大学研究者、回答者のプライバシー保護のために調査データを変更する新しい方法論を提唱
ドレクセル大学とバンダービルト大学の研究者のチームが最近発表した論文で、調査データが共有される場合に、消費者のプライバシー保護のためにデータを恒久的に変更し、その一方でデータの精度を維持する新しい方法論を提唱した。(2020/6/23)

改正著作権法が成立 漫画・書籍など違法DLの対象拡大 21年1月1日に施行
改正法では、これまで違法の対象としていた音楽や映像だけでなく、漫画や書籍、論文、ソフトウェアのプログラムなど、適用範囲を全ての著作物に広げる。(2020/6/5)

【5年前の今頃は?】「チョコレートダイエットは効果的」デマ論文に世界中が踊らされる 世の中そんなに甘くなかった……
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/5/30)

関連業務の技術的アプローチ調査などに活用:
全世界から新型コロナに関するAI分野の研究論文を集めデータベース化 Parks
Parksは、新型コロナウイルス感染症に関する特設ページを開設した。AIを活用した新型コロナウイルスに関する研究論文を全世界から集めてデータベース化した。2020年4月以降に発表された論文を読める。(2020/4/29)

経済学者の見解を知る:
中国は本当にAI先進国なのか
米国対中国のAI(人工知能)バトルは、どちらが勝者なのか。これはよく聞かれる質問だが、正しく答えられていないことがあまりにも多い。米国では、「AI技術では中国がリードしている」と広く信じられている。しかし、経済学者のDieter Ernst氏は、最近発表した中国のAIチップに関する研究論文の中で、その考えに異議を申し立てている。(2020/4/28)

AIで論文を自動分類 筑波大発ベンチャーが無料の論文投稿サイトを公開
筑波大学発のベンチャー企業・ラビルド(茨城県つくば市)は、コンピュータ科学向けの論文投稿サイト「Acrovector」(アクロベクター)の提供を4月15日に始めると発表した。査読(人間による論文のチェック)はなく、論文の投稿や閲覧は無料。AIによる論文の自動分類が強みだという。(2020/4/9)

査読8年、京大教授の「ABC予想」証明理論 ついに論文誌掲載へ
京都大学数理解析研究所の望月新一教授が2012年に提唱した、数学の未解決問題「ABC予想」を証明する論文が、8年間の査読期間を経て同所が編集する論文誌「PRIMS」に掲載されると京都大学が発表した。(2020/4/3)

創立8年で“東大超え”のワケ 世界中から人材が集まる沖縄・OISTのユニークな研究環境
科学論文誌「Nature」を発行する英Springer Natureが発表したランキングで、東大を抜いて日本1位・世界9位を獲得した沖縄科学技術大学院大学。創立8年で“東大超え”となったヒミツは。(2020/3/16)

車載ソフトウェア:
自動運転システムの安全性を自動分析する新手法、肝は「大まかに捉える」
国立情報学研究所(NII)は、アーキテクチャ科学研究系 准教授の石川冬樹氏の研究チームが、自動運転車をはじめとする複雑な自動車システム設計の安全性を自動分析する手法を開発したと発表した。この研究成果は、複雑ソフトウェアシステムに対する工学についてのフラグシップ国際会議「ICECCS 2019」で最優秀論文賞を受賞している。(2020/1/27)

AppleのサードパーティーCookie制限機能「ITP」の複数の欠陥をGoogleが指摘
AppleがSafariに搭載するクロスサイトトラッキング制限機能「ITP」に個人情報漏えいにつながる欠陥があったと、Googleが論文で指摘した。(2020/1/23)

黒柳徹子、盛りに盛った“マリーアントワネット風ウィッグ”姿を披露 「お姫様だ」「ライオンキングのシンバかと」
マリーアントワネットの論文を書いたこともある黒柳さん。(2020/1/21)

人と仕事のマッチングをサポート:
ITエンジニアになった場合、あなたは心理的に満足できるのか?
メルボルン大学などオーストラリアの研究チームが、さまざまな仕事の人格的な側面を理解することが、自分に合った職業を見つける鍵になることを示唆する研究論文を発表した。デジタル行動には個人の特性や価値が反映されるという作業仮説から始め、「デジタル指紋」を作りあげて、デジタル指紋と職業の関係を調べることでレコメンデーションシステムを作り出した。(2020/1/14)

Googleさん:
人間の医師を超えるGoogleのAIヘルスケア、その舵取りは?
Googleが元旦に、AI採用の乳がん検診ツールに関する論文を発表。ヘルスケアに本気で取り組む意気込みを見せました。医療機関向け患者データ検索ツールも開発中です。(2020/1/5)

AIがマンモグラムでの乳がん検出確度で人間の医師を上回った──Google論文
Googleのヘルスケア部門Google Healthは、9万人以上の匿名マンモグラムデータで学習させたAIモデルに画像データだけで乳がんのスクリーニングをさせたところ、人間の放射線科医よりも偽陽性・偽陰性率が低かったという研究結果を発表した。(2020/1/4)

組み込み開発ニュース:
中国が躍進する半導体国際学会「ISSCC 2020」、採択状況と注目論文を紹介
半導体回路に関する国際学会「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference)」は2019年11月19日、東京都内で記者会見を開催し、「ISSCC 2020」の概要と注目論文を紹介した。(2019/11/20)

AI・機械学習のツール&ライブラリ:
PyTorch vs. TensorFlow、ディープラーニングフレームワークはどっちを使うべきか問題【2019-2020年】
2大フレームワークであるTensorFlow/PyTorch(一部でKeras/Chainerも)に対して検索トレンドや研究論文数などでの比較を行い、「現状はどういう状況で、今後はどうなりそうか」について、筆者独自の考察を加え、他の記事における考察を引用する。(2019/10/31)

ビットコイン10%下落、Libra懸念や量子コンピュータの影響か 一方でハッシュレートは過去最高
ビットコイン価格が約10%下落し、5カ月前の水準である80万円に近づいた。背景には、Libra計画の遅れや、Googleの量子コンピュータについての論文発表があると見られる。一方で、ハッシュレートは過去最高を記録。マイナーはビットコイン価格に強気だ。(2019/10/24)

Facebook、脳直結出力システムに一歩近づく UCSFとの共同研究論文発表
Facebookが「F8 2017」で発表した非侵襲的脳直結コミュニケーションシステムの進捗を発表した。侵襲的方法ではあるが、脳で考えたことのほぼリアルタイム表示に成功した。(2019/7/31)

湯之上隆のナノフォーカス(13):
Neuromorphicがブレイクする予感 ―― メモリ国際学会と論文検索から見える動向
2018年、2019年のメモリの学会「International Memory Workshop」(IMW)に参加し、見えてきた新メモリの動向を紹介したい。(2019/5/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ボルボV60クロスカントリーとプロジェクトE.V.A.
ボルボの出来が素晴らしい。黄金期と言っていい。だからちょっとしたお金持ちにクルマの購入相談をされたならボルボを勧める。ただし敢えて気になるところを挙げるとしたら、燃費だ。企業平均燃費規制(CAFE)のクリアには課題が残る。また安全に関するボルボの60年間に及ぶ論文などを公開するプロジェクトE.V.A.には、自動車産業がこれまで占有してきた技術を競合社に供与する新しい動きが始まっているのではないか?(2019/5/6)

「“統計的に有意差なし”もうやめませんか」 Natureに科学者800人超が署名して投稿
調査した科学論文の約半数が、統計的有意性を誤用していたという。(2019/3/26)

教えて、賢い人! 論文、特許から考える「缶入りコーンポタージュをコーン残さず飲みきる方法」
あのモヤモヤ感のない缶コンポタが飲みたい。(2019/2/2)

クリスマスイブの22時ごろは心筋梗塞が起きやすい!? 英医学誌のクリスマス論文特集が興味深い
ほかにも、「クリスマス休暇中の体重増加を防ぐには?」「生物医学文献で絵文字を使用すべきか?」など、ユニークな切り口の論文が多数掲載されています。(2018/12/13)

医療関係者から批判受けた映画「MMRワクチン告発」、日本の配給会社が公開中止に
関連性を示した研究論文は2010年には英医学誌「ランセット」に正式撤回されており、その論文の中心人物が映画の監督を務めていました。(2018/11/8)

次は2020年か:
ビットコイン誕生10年、「半減期」による値上がり期待も
サトシ・ナカモトなる謎の人物が銀行など第三者を介さずに決済できるインターネット通貨の概略に関する論文を公表し、ビットコインがこの世に誕生してから10周年を迎えた。(2018/11/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.