• 関連の記事

「トヨタ自動車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トヨタ自動車」に関する情報が集まったページです。

トヨタ販売店27社、個人情報5797件の無断登録が新たに判明 同意なしに共通ID発行
トヨタ自動車の販売店9社が、顧客の個人情報を、本人同意を得ないままシステムに登録していた件について、トヨタは新たに27社が5797人分の情報を無断で登録していたことが分かったと発表した。8月の発表時点では3318人分と報告していた。(2021/9/16)

トヨタ、新型車カローラ クロス発売 シリーズ初のSUV
トヨタ自動車は9月14日、新型車カローラ クロスを発売した。(2021/9/15)

車両デザイン:
カローラシリーズに”クラストップ”のSUV、カローラ クロスを販売開始
トヨタ自動車は2021年9月14日、「カローラ」シリーズで初となるSUV「カローラ クロス」を発売したと発表した。ガソリンエンジン車とハイブリッド車(HEV)を用意しており、HEVでは電気式4WDシステム「E-Four」を選択できる。ガソリンエンジン車は2WDのみ。WLTCモード燃費は2WDのHEVで26.2km/l(リットル)で、「クラストップレベル」(トヨタ自動車)だという。(2021/9/15)

電気自動車:
実車で走って分かった全固体電池の課題は「寿命の短さ」、EVよりもHEV向き?
トヨタ自動車は2021年9月7日、オンラインで説明会を開き、電動車の普及に向けた投資などの戦略を発表した。(2021/9/8)

選手村のトヨタ自動運転バス事故 「現実に近い」
 終盤を迎えている東京パラリンピックだが、5日の閉幕後も尾を引きそうなのが8月26日に発生したトヨタ自動車の自動運転バスの接触事故だ。けがをした選手が競技を棄権するといった最悪の事態に発展し、事故原因もまだ捜査中だ。トヨタは障害者への配慮が足らなかったとするが、有識者からはパラリンピックの選手村こそ、現実の環境に近いとの指摘も上がる。(2021/9/3)

他の会社では:
「どこに住んでもいい」トヨタ方式で、郊外の戸建てがステイタスになるか
トヨタ自動車が「社員はどこに住んでもいい」というリモートワーク新制度の実施を発表した。育児や介護のために、会社から離れた場所で勤務することもOKという画期的な改革である。(2021/9/1)

車両デザイン:
日立アステモとアイシンが共同開発、新型「ランクル」の減衰力調整式アブソーバー
日立Astemoは2021年8月30日、トヨタ自動車の「ランドクルーザー」の新モデルに減衰力調整式アブソーバーが採用されたと発表した。アイシンと共同開発した。(2021/9/1)

自動運転技術:
選手村のトヨタの自動運転車、対策を講じて31日15時から運行再開
トヨタ自動車は2021年8月30日、東京2020パラリンピック選手村での自動運転車「e-Palette(イーパレット)」の運行について、8月31日15時から再開すると発表した。8月26日に発生した視覚障害のある歩行者との接触事故を受けて対策を講じ、大会組織委員会が再開を決めた。(2021/8/31)

メカ設計ニュース:
「meviy」にトヨタと共同開発の新機能、部品の穴などの製造情報を自動反映
ミスミグループ本社は、設計データのみで生産設備用機械加工部品が調達できるオンデマンドサービス「meviy(メヴィー)」について、トヨタ自動車と共同開発した新機能の追加により大幅な強化を図ると発表した。(2021/8/27)

モータースポーツ超入門(9):
GR86と新型BRZでさらなる盛り上がり、ワンメイクの「86/BRZレース」とは
トヨタ自動車とスバルが共同開発した小型FR(後輪駆動)スポーツカー、トヨタ自動車の「86」とスバルの「BRZ」を使った参加型モータースポーツが「トヨタガズーレーシング86/BRZレース」だ。(2021/8/27)

車載ソフトウェア:
トヨタグループはソフト開発体制を1万8000人に、「幅広い分野の人材が必要」
トヨタ自動車は2021年8月25日、オンラインで説明会を開き、ソフトウェアやコネクテッド技術の開発方針を発表した。(2021/8/26)

新工法:
次世代道路構想「ダイバーストリート」実現へ、鋼矢板利用の施工法
大林組は、トヨタ自動車、豊田中央研究所と共同で、次世代道路構想「ダイバーストリート」を構築、同構想の地下空間のために、鋼矢板を本設利用し、短工期かつローコストを実現する新たな施工法を開発した。(2021/8/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型アクア ヤリスじゃダメなのか?
7月19日、トヨタ自動車は新型アクアを発売した。先代(初代)のアクアを振り返ってみれば、これはなかなかに酷(ひど)いものだった。そして、今回のアクアにはもうひとつ大きなトピックがある。それがバイポーラ型バッテリーの採用だ。(2021/8/23)

「コロナに逆らえず」 業績回復の自動車業界に再び暗雲
東南アジアの新型コロナウイルス禍は自動車部品の供給を滞らせ、トヨタ自動車を9月に計画比で4割の減産へ追い込むまでの事態となった。今年に入り世界的な半導体不足に悩まされ減産を余儀なくされてきた自動車各社は、9月以降の挽回を想定していたが、収束が見通せないコロナ禍に阻止されかねない状況だ。計画に狂いが生じれば、回復傾向にあった業績が再び悪化に転じる恐れもある。(2021/8/20)

「コロナに逆らえず」 業績回復の自動車業界に再び暗雲
東南アジアの新型コロナウイルス禍は自動車部品の供給を滞らせ、トヨタ自動車を9月に計画比で4割の減産へ追い込むまでの事態となった。(2021/8/20)

製造マネジメントニュース:
トヨタが9月に生産調整、22日間稼働停止のラインも
トヨタ自動車は2021年8月19日、8月下旬と9月の生産調整の予定について発表した。東南アジアでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、部品供給が不足している。人気車種でも10〜20日の稼働停止日が発生する。9月に一切稼働しない生産ラインもある。(2021/8/20)

トヨタ販売店9社、顧客情報を無断登録 3318人分のID発行
トヨタ自動車は、車の注文書やアンケートに記載された3318人分の個人情報を本人同意を得ないまま自社のシステムに登録し、IDを発行していたと発表した。トヨタ本社以外に提供された事実はなく、20日までにサーバから削除する方針。(2021/8/19)

燃料電池車:
中部圏での輸入水素受け入れへ、トヨタなど5社が実現可能性を調査
住友商事、千代田化工建設、トヨタ自動車、日本総合研究所、三井住友銀行は2021年8月6日、新エネルギー・産業技術総合開発機構から「中部圏における海外輸入水素の受入配送事業に関する実現可能性調査」を受託したと発表した。事業期間は2021〜2022年度を予定している。(2021/8/10)

自動車大手、7社そろって増収 コロナ禍から回復
自動車大手7社の令和3年4〜6月期連結決算が5日、出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ販売が回復し、7社がそろって増収。トヨタ自動車とスズキは大幅増益となり、前年同期に赤字だった5社は黒字転換した。(2021/8/6)

半導体不足、コロナ…… トヨタ業績予想据え置きには強い危機感
トヨタ自動車が4日発表した2021年4〜6月期連結決算は、世界的な半導体不足などの逆風があるなかでも効率的な生産体制で新型車を相次いで投入した他、営業面の努力も成果を挙げ、新型コロナウイルス禍からの回復を鮮明に印象づけた。一方で、22年3月期の業績予想は据え置き。半導体不足の解消やコロナ感染の収束が見通せないことへの危機感を見せている。(2021/8/6)

製造マネジメントニュース:
トヨタの営業利益率はコロナ禍でも12.6%、ホンダは販売減を体質強化でカバー
トヨタ自動車とホンダは2021年8月4日、2022年3月期(2021年度)第1四半期(4〜6月)の連結業績を発表した。トヨタ自動車は販売台数がコロナ禍前の2019年4〜6月期の水準まで回復。営業利益は4〜6月期としては過去最高を達成した。ホンダも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響を受けた前年から販売、業績ともに回復を見せた。(2021/8/5)

半導体不足、コロナ… トヨタ業績予想据え置きには強い危機感
トヨタ自動車が4日発表した令和3年4〜6月期連結決算は、世界的な半導体不足などの逆風があるなかでも効率的な生産体制で新型車を相次いで投入したほか、営業面の努力も成果を挙げ、新型コロナウイルス禍からの回復を鮮明に印象づけた。にもかかわらず4年3月期の業績予想を据え置き、上方修正しない慎重な姿勢の背景には、半導体不足の解消やコロナ感染の収束が見通せないことへの強い危機感がある。(2021/8/4)

「山奥で車のドアが開閉不能に」──トヨタの無人レンタカーでトラブル、“その場に置き去り”仕様に物議 トヨタ「案内ミスだった」
「飛騨の山奥で突然ドアが開かなくなって詰んだ」──トヨタ自動車が提供するレンタカー無人貸し出しサービス「チョクノリ!」を利用したユーザーのツイートが物議を醸している。飛騨の山奥で車とスマートフォンのBluetooth接続が失われ、車のドアの開閉ができなくなったという。(2021/8/4)

販売が好調:
トヨタ、4〜6月の連結決算発表 純利益は8978億円
トヨタ自動車が4〜6月の連結決算を発表した。販売台数が伸びたため、好調な結果となった。(2021/8/4)

誰もいない観客席から五輪選手を応援する“人影”がポツリ その正体は……
無観客開催の五輪会場で誰もいない観客席にぽつんと座り、選手に向かって手を振り応援する人影が。これは選手の歓迎用にトヨタ自動車が作った東京五輪のマスコット「ミライトワ」のロボットだ。(2021/8/3)

車両デザイン:
新型ランクルにもモータースポーツの知見、専用装備の「GR SPORT」を設定
トヨタ自動車は2021年8月2日、全面改良した「ランドクルーザー」を発売したと発表した。メーカー希望小売価格は510万〜800万円。(2021/8/3)

14年ぶりの刷新:
トヨタ、新型ランドクルーザー発売 200キロの軽量化と指紋認証スイッチ搭載で安全性向上
トヨタ自動車は8月2日、新型ランドクルーザー(300シリーズ)を発売した。(2021/8/2)

トヨタ自動車 21年上半期の世界販売台数は過去最高の546万台
トヨタ自動車が、グループ全体の2021年上半期の販売実績を発表した。グローバル販売実績は、前年同期比31.3%増となる546万7218台で、過去最高を更新した。(2021/7/29)

自然エネルギー:
大林組が「地熱発電×水素製造」を実証、水素はトヨタなどに供給へ
大林組が大分県玖珠郡九重町で開発を勧めていた地熱発電およびその発電電力を利用した水素製造システムの実証プラントが完成。製造した水素はトヨタ自動車などに供給する。(2021/7/27)

モビリティサービス:
スズキダイハツは脱炭素時代も「ゲタを極める」、大型車と軽の商用車連合で
スズキとダイハツ工業、トヨタ自動車は2021年7月21日、オンラインで会見を開き、軽商用車のカーボンニュートラルに向けてコネクテッド技術や電動化技術などを協力して普及させると発表した。(2021/7/22)

トヨタのCM見送り、IOCなどに強い不信感
トヨタ自動車が、東京五輪に関するテレビCMの国内放映や、豊田章男社長ら関係者の開会式出席を見送る方針を表明したことについて、他のスポンサー企業からは影響の拡大を懸念する声が上がり始めている。既に開会式への役員の出席などで自粛の動きが出る中、同様の流れがテレビCMにも及べば、各社のプロモーション戦略にも大きく影響するからだ。(2021/7/21)

製造マネジメントニュース:
レクサス販売店で不正車検565台、人員不足などで慢性的な高負荷が背景に
トヨタ自動車は2021年7月20日、販売会社トヨタモビリティ東京が運営する店舗「レクサス高輪」において不正な車検(指定整備)が行われていたと発表した。対象のユーザーには直接連絡を取り、再車検を実施する。(2021/7/21)

レクサス販売店で不正車検 565台で検査未実施や数値書き換え
トヨタ自動車は7月20日、トヨタモビリティ東京が運営するレクサス高輪で、車検に不正があったと発表した。(2021/7/20)

電気自動車:
アクアが10年目で全面改良、バイポーラ型ニッケル水素電池で走行性能を向上
トヨタ自動車は2021年7月19日、ハイブリッド車(HEV)「アクア」をフルモデルチェンジして発売した。WLTCモード燃費は先代モデルから20%改善。先代モデルの燃費はJC08モード35.4km/l(リットル)だったが、新型アクアは、JC08モードと比べてより実走行に近い燃費性能が分かるWLTCモード燃費で35.8km/lを達成した。(2021/7/20)

トヨタ、新型アクア発売 燃費は従来モデルから約20%向上
トヨタ自動車がハイブリッド専用コンパクトカーである新型アクアを発売した。(2021/7/19)

テークアウトで最大20%還元、最大3000円のクーポンが当たる施策も EPARKテイクアウトで
EPARKテイクアウトは、テークアウトの事前予約や事前決済サービスの促進施策を展開。「TOYOTA Wallet」での最大20%還元や、最大3000円のクーポンが当たるTwitterキャンペーンなどを実施している。(2021/7/19)

トヨタキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」 Bank Pay搭載開始
トヨタが提供するキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」は、銀行口座から直接支払うデビット型サービス「Bank Pay」(バンクペイ)の搭載を7月12日より開始した。(2021/7/13)

プリウス4万台に改善対策 自動ブレーキ遅れのおそれ
トヨタ自動車は7月7日、プリウス約4万台の衝突回避システムのプログラムに問題があり、ブレーキアシスト作動が遅れる場合があるとして、国土交通省に対策を届け出た。制御プログラムを修正することで対応する。(2021/7/8)

新たな原因が判明:
トヨタ、「アルファード」「ヴェルファイア」約5万台再リコール
トヨタ自動車は7月7日、「アルファード」「ヴェルファイア」の2車種、計5万983台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。(2021/7/7)

6月の中国新車販売 トヨタはじめ日系4社がマイナスに
【北京=三塚聖平】日系自動車大手4社の中国市場における6月の新車販売台数が6日、出そろった。トヨタ自動車が15カ月ぶりに前年同月の実績を下回るなど、4社がマイナスとなった。世界的な半導体不足が影響しており、好調が続いた日系メーカーの中国販売に不透明感も出ている。(2021/7/7)

実証運用:
セコムとトヨタ 公道をパーソナルモビリティで巡回 警備員の負担軽減
セコムが、トヨタ自動車と連携し公道でパーソナルモビリティを活用した巡回警備の実証運用を開始すると発表した。(2021/6/29)

モビリティサービス:
いすゞと日野に続き三菱ふそうも、トヨタの自動地図生成プラットフォームで協力
トヨタ自動車の子会社ウーブン・プラネット・ホールディングス傘下のウーブン・アルファと三菱ふそうトラック・バスは2021年6月23日、ウーブン・アルファの自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform、AMP)を活用した共同研究を開始すると発表した。(2021/6/25)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
トヨタは「人間の顔をした会社」に変われるか? 「パワハラ再発防止策」を読み解く
2017年、トヨタ自動車で男性社員が上司のパワハラにより自殺に追い込まれる事件があった。これを受けトヨタは「再発防止策」を発表し、「風通しの良い職場風土を築くよう努力を続ける」とコメントした。この再発防止策を読み解きながら、トヨタの取り組みが今後の手本になりうるか──期待できる点や欠けている点を考える。(2021/6/25)

上場企業の役員報酬額ランキング 最高額はソフトバンクGのサイモン・シガース取締役の18億8200万円
上場企業、役員報酬額の最高額はソフトバンクグループのサイモン・シガース取締役の18億8200万円――。2位に同社のマルセロ・クラウレ副社長執行役員COOの17億9500万円、3位にトヨタ自動車のディディエ・ルロワ取締役の14億5100万円と続いた。(2021/6/24)

スマートファクトリー:
トヨタが描く“トヨタらしいモノづくり”と、先進デジタル技術の使いどころ
トヨタ自動車は2021年6月11日、同社が取り組むモノづくりについての発表を行った。本稿では、その中で、デジタル技術の活用をはじめとする工場での取り組みをピックアップして紹介する。(2021/6/22)

製造IT導入事例:
発見が難しい超微細な不良を人とAIが協働で検出するシステムを開発
トライアートは、トヨタ自動車九州と共同で、熟練工が感覚的に発見するような超微細な生産ライン上の不良を、人とAIとが協働で検出する「不良予兆感知システム」を開発し、レクサス製造ラインにおいて試行開始した。(2021/6/22)

3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2021:
トヨタが挑戦する3Dプリンタ×ジェネレーティブデザインによる次世代モノづくり
ダッソー・システムズ主催のオンライン年次カンファレンス「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2021」において、「ジェネレーティブデザインの検討事例」と題し、トヨタ自動車の取り組みを紹介する業界別セッションが行われた。トヨタ自動車はなぜ「Function Driven Generative Designer」を導入したのか。その背景や狙いについて語られた。(2021/6/21)

迫られる脱炭素対応、IT人材も強化 トヨタ株主総会
 トヨタ自動車は16日、愛知県豊田市の本社で定時株主総会を開いた。世界的な半導体不足の影響が自動車業界に広がる中、強固な調達網を生かして影響を最小限にとどめたトヨタ。豊田章男社長は「意志と情熱を持って行動する」と株主に宣言した。(2021/6/17)

キャリアニュース:
2021年版転職人気企業ランキング、上位4社は変わらずIT分野が大きく躍進
転職サービス「doda」が「doda転職人気企業ランキング2021」を発表した。転職したい会社トップ3は「トヨタ自動車」「グーグル」「ソニー」で前年と同じ結果だった。一方、巣ごもり需要やテレワーク普及で大幅に順位を上げた企業もあった。(2021/6/17)

CADニュース:
トヨタ、3D CADが動作するVDI環境構築でエンジニアの在宅勤務を加速
トヨタ自動車が設計開発部門における新たな働き方と業務効率化に向けた取り組みを加速している。設計開発部門向けに3D CADが動作するVDI環境を、Nutanixのソフトウェアを統合したHCI製品「Lenovo ThinkAgile HXシリーズ」で構築した。今後、他のトヨタグループ企業への展開やCAEを利用する研究開発部門の働き方改革の実現にも役立てる。(2021/6/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.