• 関連の記事

「WWDC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Worldwide Developers Conference

Appleの「デジタル遺産」機能、iOS 15.2βで設定可能に
Appleは「iOS 15.2」のβリリースで、「デジタル遺産」機能を追加した。ユーザーが自分の死後にiCloudのデータを託す相手を指定できる。託された人がアクセスするには死亡証明書が必要だ。(2021/11/11)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
第6世代「iPad mini」実機レビュー Macを豊かにするプラスワン iPhoneの選び方を変える可能性も
iPhone 13と同時発表の第6世代「iPad mini」は、ついにiPad Pro系の新しいデザインを採用。(第4世代)iPad Airのプロセッサを強化し、サイズを小さくした高性能なミニタブレットに進化した。その実力をいち早く試してみた。(2021/9/24)

ProMotion可変リフレッシュでヌルヌル動くハイエンドiPhone 「iPhone 13 Pro」を細かくチェック
「iPhone 13 Pro Max」と並び、スペック的にはシリーズ最高峰の「iPhone 13 Pro」。前世代の同クラスモデルである「iPhone 12 Pro」と詳細な比較をしてみた。(2021/9/22)

「慣れない」「指が届くようになった」──iOS 15で“検索窓”が下に移動した「Safari」に賛否 旧UIに戻すユーザーも
9月21日に配信が始まったAppleのiOS最新版「iOS 15」では、Webブラウザ「Safari」のユーザーインタフェースが大きく変更された。iOSで初めてタブバーが上から下に移動。利便性が向上したという声がある一方で、「慣れない」「使いづらい」という声も出ている。(2021/9/21)

「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」が9月21日に配信開始
Appleが、iPhone向け「iOS 15」、iPad向け「iPadOS 15」、Apple Watch向け「watchOS 8」を9月21日に配信開始する。iOS 15ではビデオ通話アプリ「FaceTime」の機能を拡張し、Apple製以外の端末でも利用可能になる。iPadOS 15ではマルチタスク機能がより直感的になり、一度のタップでSplit ViewやSlide Overが使える。(2021/9/15)

86歳プログラマーに教わる“Excelお絵描き” 小学生向けオンライン教室が夏開催
米Appleの「WWDC 2017」でも紹介された86歳のプログラマー、若宮正子さんに、Excelを使ったお絵描きを教わる小学生向けオンライン教室が開催される。Excelで作った和柄の紋様を使い、オリジナルのうちわを作成するという。(2021/7/13)

マルチタスク強化でノートPCにさらに近づく「iPad」
「iPad」がMacの“無線拡張ディスプレイ”に変身? 「iPadOS 15」の注目機能
Appleの「iPadOS 15」は、「MacBook」「Mac」との連携や、複数アプリケーションを同時に操作するマルチタスク機能の強化を図った。具体的にどう役立つのか(2021/7/3)

最も華やかで最もモヤモヤする Apple M1搭載「iPad Pro」レビュー
Apple M1やLiquid Retina XDRディスプレイ搭載、そして5G対応と盛りだくさんの新型iPad Proだが、実際のところはどうなのか。旧モデルとの比較を含めて検証する。(2021/6/24)

「次のWindows」も発表間近な今、各社OS戦略を考える Google I/O、WWDCから
Apple、Google、Microsoftの主要プラットフォームが最新OSをリリースする。彼らの方向性はどのように異なるか、西田宗千佳さんが分析する。(2021/6/18)

iPhone 30は? Apple Carは?:
Appleのティム・クックCEOが「VivaTech 2021」で語った注目する技術と未来の方向性
フランスのテクノロジーイベント「VivaTech 2021」が6月16日(現地時間)に開幕し、Apple CEOのティム・クック氏が登壇した。そこで語られた内容を林信行氏がレポートする。(2021/6/18)

小寺信良のIT大作戦:
Apple Music「ロスレス配信」の本質と、現実的な楽しみ方
Apple Musicでロスレス、ハイレゾ、空間オーディオが可能になった。ここではハイレゾ、ロスレスをどうやってあまりお金をかけずに聞くか、という提案を。(2021/6/15)

石野純也のMobile Eye:
「コロナ禍への対応」「機械学習の活用」「デバイス連携の深化」――3つのキーワードで見るAppleの新OS
AppleがWWDC21でiOS、iPadOS、watchOS、macOSの最新バージョンを披露した。最大公約数のキーワードになりそうなのが、「コロナ禍」「機械学習」「デバイス連携」。ホーム画面を刷新してウィジェットに対応したiOS 14ほどの大規模なアップデートではなかったが、どのOSも着実に進化している。(2021/6/12)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した情報操作の未来
Appleが開催した開発者向けイベント「WWDC21」。そこから見えてくるものを五つの視点で林信行氏が振り返る。(2021/6/11)

Apple基調講演の“主演俳優”、クレイグ・フェデリギ上級副社長にFaceTimeインタビューして分かった「集中」と「境界線」
ニューヨーク在住のYouTuber、大石結花さんが、Appleの人気副社長、クレイグ・フェデリギ氏とFaceTimeで1on1した。(2021/6/11)

Appleが買収したDark Skyのお天気アプリ、2022年末に終了
Appleが昨年4月に買収したDark Skyの人気気象アプリとAPI提供が2022年末に終了する。AppleがWWDC 2021で「iOS 15」の新しい「天気」アプリを発表した日、終了が発表された。(2021/6/11)

Apple、「Xcode Cloud」を発表 クラウド上で自動的にビルド、GitHubとの連携も
AppleはWWDC 2021で、開発者向けのクラウドサービス「Xcode Cloud」を発表した。(2021/6/10)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した巨大プラットフォーマーの責務
Appleの開発者向けイベント「WWDC21」が開幕した。さまざまなOSの多岐に渡る進化ポイントを、林信行氏がまとめた。(2021/6/9)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
WWDC21で新ハードウェアは出なくとも「Apple Siliconが戦略の中心」と感じた理由
Appleの開発者会議「WWDC」が今年も開催。新ハードウェアや新チップの発表はなかったが、各OSのアップデートや連携の強化といった全体を見渡してみると、やはりApple Siliconが戦略の中心にあると感じられた。(2021/6/9)

「iOS 15」の「ヘルスケア」アプリに転倒リスク評価などの新機能
今秋配信予定の「iOS 15」アップデートで追加される「ヘルスケア」アプリの新機能を紹介する。歩行データから“転びやすさ”を判定して警告する「歩行安定性」や健康データの家族との共有機能などがある。(2021/6/8)

「iPadOS 15」発表 MacからiPadを操作する「ユニバーサルコントロール」やどこでもメモ機能「クイックメモ」など
Appleはオンラインの「WWDC21」でiPad向けの新OS「iPadOS 15」を発表した。近くに置いたMacのキーボードやトラックパッドを使ってiPadからMacにファイルを移動できる機能や、iPadのシステム横断でメモを取れる「クイックメモ」機能などが追加される。(2021/6/8)

Apple、最新iOS「iOS 15」を発表 FaceTimeがAndroid、Windowsにも対応
これまでApple製品しか使えなかったビデオ通話サービス「FaceTime」が、Chromeなどのブラウザで利用可能になった。(2021/6/8)

「iOS 15」発表、「FaceTime」で招待やコンテンツ共有が可能に 「通知」のフィルター強化も
AppleがWWDC21で「iOS 15」を発表した。2021年秋にリリースする予定。「FaceTime」を拡張し、指定した日時にユーザーを招待したり、コンテンツを共有したりできる。時間帯ごとに、ユーザーの行動と関連性の高い「通知」のサマリー表示も可能になる。(2021/6/8)

macOS次バージョンは「Monterey」(モントレー) iPadとのカーソル移動が簡単に WWDC21、ARグラスなどハードウェア発表はなし
思わずピザが食べたくなるmacOS新バージョンが登場した。(2021/6/8)

AppleがHomeKitの機能強化を発表
Appleが「HomeKit」の新機能を発表した。いずれも2021年秋にリリースされる予定だ。(2021/6/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
M1搭載「iPad Pro」の本領発揮はまだ先か 新旧モデルを使い比べて分かった現状の実力と秘めた可能性
Apple M1搭載の「iPad Pro」を試用した。イラストレーターとともに12.9型モデルの実機を使ってみたところ、現時点でも従来機に比べて体感できる差があったが、その性能を生かしきるにはもう少し時間がかかりそうだ。AppleはiPad Proの未来をどの方向にかじ取りしていくのだろうか。(2021/6/7)

Apple、採用情報に「homeOS」を記載(その後削除)
HomePod向けのOSなのか、全く新しいOSなのか。(2021/6/4)

Apple、WWDC21のDigital Lounge登録受付を開始
日本時間で6月8日にスタートするApple世界開発者会議。今回もオンラインイベントだ。(2021/6/2)

Appleの「WWDC21」のキーノートは6月8日午前2時(日本時間)から 新しい「iOS」「iPadOS」「macOS」の登場に期待
Appleが報道関係者などに開発者向けイベント「WWDC21」への招待状を配布し始めた。開幕に当たって行われるAppleによるキーノート(基調講演)は6月8日午前2時(日本時間)から開催され、その4時間後に詳細を説明するセッションも行われる。(2021/5/25)

Apple、WWDC21の基調講演を日本時間6月8日午前2時に開始
前回のWWDCではApple Siliconが発表されたが今回は?(2021/5/25)

Googleさん:
Google I/O 2021に期待すること Android 12詳細の他、Fitbitの買収効果は?
2年ぶりのGoogle I/Oが日本時間の19日午前2時から開催されます。基調講演では何が発表されるのか? 「Android 12」は確実として、Fitbitの今後やWear OSについては?(2021/5/15)

大事なアイテムはiPhoneで探し、誰かが見つけてくれる未来が幕開け
Appleの「探す(Find My)」機能が、サードパーティー製デバイスの探索機能もサポートした。当初の対応製品はわずかだが、今後の展開に期待が持てそうだ。(2021/4/8)

「Google I/O」は5月18〜20日にオンラインで 参加は無料
Googleが、昨年はコロナ禍で中止した年次開発者会議「Google I/O」を、今年はオンラインで開催する。日程は5月18日から20日の3日間。例年通りパズル形式の発表だった。(2021/4/8)

今日の惨状を明らかにした日本語電子冊子が登場:
Appleはデータプライバシーを再構築できるか?
ユーザーのデータプライバシーについて、積極的な取り組みを続けているApple。その新たな一手を林信行氏が読み解く。(2021/4/7)

Microsoft、バーチャル「Build 2021」を5月19日から48時間、無料で開催へ
Microsoftのネジ開発者会議「Build」は昨年に続き、今年もオンラインのみでの開催。期間は5月25日から27日の3日間だ。(2021/4/5)

Apple WWDCは今年もオンライン 6月8〜12日(日本時間)に開催
昨年はApple Siliconがテーマだったが今年は?(2021/3/31)

Appleの「WWDC21」はオンラインで開催 6月7日〜11日
Appleが、世界開発者会議「WWDC21」を6月7日から11日まで、オンラインで開催することを告知した。AppleはWWDC20について「記録的な参加者数と成果が得られた」と振り返る。WWDC21では、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSのアップデートを発表する。(2021/3/30)

命を守る腕時計、Apple Watch:
「Apple Watch Heart Study」で慶應義塾大学が医療発展への協力者を募集中
Apple Watchの「心電図」アプリが日本でも利用できるようになった。これが何を意味するのか、これまでの歩みとこれからについて、林信行氏が読み解いた。(2021/2/9)

Apple、Facebookが抗議するアプリでのトラッキング許可申請義務付けを“まもなく”開始
Appleが自社端末向けアプリがユーザーデータを追跡する場合、ユーザーに許可を求めることを義務付ける取り組みを“まもなく”開始すると発表した。(2021/1/29)

データプライバシーの日に考える:
あなたのデータは大丈夫ですか? Appleが改めて問いかけるデータトラッキングへの取り組み
データプライバシーの日となる1月28日、Appleがデータトラッキングについて分かりやすく解説したレポート「A Day in the Life of Your Data」を公開した。改めて、同社が取り組むプライバシーデータについての取り組みをまとめた。(2021/1/28)

Google、一部の自社アプリでは「iOS版アプリでのトラッキング許可画面は表示しない」
Appleが間もなく開始するiOSアプリでのトラッキング許可申請画面表示の義務付けに先立ち、Googleが自社アプリでは「ATTに該当する情報(IDFAなど)を使わないので、トラッキング許可画面は表示しない」と説明した。(2021/1/28)

Appleの紛失防止「AirTag」の「持ち物を探す」機能は、既にSafariからアクセスできる サービス開始は3月か?
長らく噂されているAppleの忘れ物防止タグは、既にシステムに組み込まれているようだ。(2021/1/14)

Facebook、「iOS 14のプライバシー変更から中小企業を守りたい」と新聞全面広告
Facebookが、米主力3紙にAppleのiOS 14でのプライバシー変更から中小企業を守るという全面広告を出した。Appleが来年予定している変更で、アプリは追跡するユーザーデータについてユーザーからの許可を義務付けられる。これは「プライバシーではなくAppleの利益のため」とFacebookは主張する。(2020/12/17)

App Storeのプライバシーラベルに見るプラットフォーマーの責任
12月15日、AppleはiOS、iPadOS、macOS、tvOSなど同社が提供する4つのOS用のApp Storeで、アプリの説明表示の方法を新しく刷新した。同社がここ数年重視しているユーザープライバシー保護を、さらに一歩押し進めるための変更だ。IT系企業のみならず、公的機関なども含むデジタル時代の大企業が、どのような社会的責任を負うべきか、改めて考えさせられる。(2020/12/15)

IT部門も押さえておくべき:
「mmhmm」創業者が語る、日本企業のプロダクトマネジャーが陥りがちな失敗と対策
新型コロナウイルス感染症の拡大で働き方や消費行動が多様化する中で、新しいプロダクトを迅速かつ効率的に生み出しスケールさせていくためにはどのような考え方が求められるのか。2020年10月に開かれた「プロダクトマネージャーカンファレンス2020」でEvernoteの共同創業者で「mmhmm」の生みの親であるPhil Libin氏がノウハウを語った。(2020/12/1)

M1版MacとPS5、最新ハードに見える「快適さを生み出すため」の共通点
PS5とM1 Macの両方を体験した西田宗千佳さんは、これら最新世代マシンに共通する何かを見出す。(2020/11/26)

CloseBox:
M1の異常な性能 または私は如何にしてiPhoneを毎年更新するのを止めてApple Silicon Mac miniを買うようになったか
M1搭載Mac miniがやってきたので早速感想文を書いた。(2020/11/18)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple M1」のMacBook AirとPro、Mac miniを3台まとめて実力チェック 驚異的な性能が明らかに
いち早く「Apple M1」搭載の新型Macに触れる機会を得たので、「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」の3台を横並びで性能評価してみた。同じプロセッサでも性能に違い出るのか、そしておすすめのモデルはどれなのか。(2020/11/17)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple M1」でMacの性能が大きく伸びたワケ Intel脱却計画に課される制約とは?
初のMac向けApple Siliconである「M1」がついに発表され、同時にそれを搭載する3つのMacも登場した。M1の注目点を解説しながら、これからのMac移行シナリオについて考える。(2020/11/12)

Apple Silicon「M1」搭載Mac登場 MacBook Air、Mac mini、MacBook Proの3機種
Motorola→PowerPC→Intel→Arm。CISCとRISCを行き来してきたMacのプロセッサ。今回はRISCのターン。(2020/11/11)

Apple Silicon搭載Macが発表か――11月11日にスペシャルイベントを開催
Appleが11月10日午前10時(日本時間11日午前3時)にスペシャルイベントを開催すると発表した。独自SoCの「Apple Silicon」を搭載したMacが登場するのだろうか。(2020/11/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.