• 関連の記事

「アルミニウム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アルミニウム」に関する情報が集まったページです。

研究開発の最前線:
AlN系UWBG半導体材料で、理想的な特性を持つpn接合の作製に成功
旭化成は、窒化アルミニウム系材料を用いた半導体デバイスにおいて、理想的な特性を持つpn接合の作製に成功した。絶縁破壊電界強度は7.3MV/cmで、高電圧に対する耐性を有する。(2024/1/11)

分布型分極ドーピング手法で形成:
名古屋大ら、AlN系材料で良好なpn接合を作製
名古屋大学と旭化成による研究グループは、窒化アルミニウム(AlN)系材料を用い、極めて良好な特性を示すpn接合を作製した。次世代の高周波デバイスやパワーデバイスに向けて、AlN系材料の応用が期待される。(2023/12/28)

太陽光:
太陽光発電の「銅線盗難トラブル」をサポート、アルミケーブルの紹介サービス
損害保険ジャパンおよびSOMPOリスクマネジメントは2023年11月から、銅線の盗難被害にあった太陽光発電設備のオーナーに対し、アルミケーブルを紹介するサービスの提供を開始した。(2023/12/20)

洗剤を入れたアルミ缶が爆発!? 東京消防庁が注意喚起「アルカリ性洗剤を別の容器に移し替えないで」
爆発の威力が想像以上。(2023/12/14)

3Dプリンタニュース:
航空宇宙向け3Dプリンタ用超高性能複合材料、アルミ相当の強度を備える
Markforgedは、航空宇宙部品の製造に適した3Dプリンタ用超高性能複合材料「Vega」を発表した。アルミ相当の強度を持つ部品を造形でき、軽量化とコスト効率の向上、リードタイムの短縮などにも貢献する。(2023/12/8)

リサイクルニュース:
GHG排出量を4割削減する飲料缶用のフタを開発、アルミ新地金の使用量を削減
東洋製罐は、UACJと共同で、温室効果ガス排出量がアルミ新地金の約3%であるリサイクル原料の使用量を大幅に引き上げることにより、GHG排出量を約4割削減した飲料缶用のフタ「EcoEnd」を開発したと発表した。(2023/12/6)

ニチコン UTHシリーズ:
105℃で5000時間保証、リード線形アルミニウム電解コンデンサー
ニチコンは、リード線形アルミニウム電解コンデンサー「UTH」シリーズを市場投入する。105℃5000時間保証で、同社従来品と比べて小型化した。2023年11月に量産出荷を開始する。(2023/11/24)

ウエスタンデジタル、小型スティック筐体を採用したUSB外付けポータブルSSD
ウエスタンデジタルは、小型軽量のアルミ製筐体を採用するUSB外付けポータブルSSD「サンディスク Slim ポータブル SSD」を発売する。(2023/11/10)

MINISFORUM、アルミ製筐体を採用したワイヤレスメカニカルキーボード「MKB i83」
MINISFORUMは、静音メカニカルキースイッチを搭載したワイヤレスキーボード「Minisforum MKB i83」を発表した。(2023/11/6)

アイ・オー、モバイルディスプレイの設置に向くアルミ製軽量ディスプレイスタンド
アイ・オー・データ機器は、GOPPA製となるモバイルディスプレイ用スタンド「GP-DPS18PAT/B」の取り扱いを発表した。(2023/11/1)

研究開発の最前線:
5Gと6Gの電波や可視光を透過する透明な遮熱窓用の基材を開発
東北大学は、可視光や次世代通信に必要な電波を透過する、透明な遮熱窓用の基材を開発した。nmサイズの周期構造を持つアルミ製遮熱メタマテリアルにより、波長が異なる電磁波の反射や透過を制御する。(2023/11/1)

窓ガラスに応用、温度の上昇防ぐ:
5G/6G用電波は透過、遮熱メタマテリアルを開発
東北大学は、近赤外波長は反射し5G/6G用の電波(可視波長)は透過する、ナノ周期構造の「アルミ製遮熱メタマテリアル」を開発した。建物や自動車の窓ガラスに応用すれば、室内や車内の温度上昇による熱中症の発症や電力の消費量を抑えることが可能となる。(2023/10/18)

古田雄介の週末アキバ速報:
既に申し込みが! 税込みで約50万円するアルミ削り出しケースの販売予約が始まる
お金に糸目をつけない人は本当につけない。それを証明するように、49万8000円する高級ケース「EK-Quantum Torsion A60」の販売予約が始まった。(2023/10/7)

材料技術:
高バイオマス生分解性パッケージシリーズにアルミ蒸着セロファンを追加
レンゴーは、高バイオマスの生分解性パッケージ「REBIOS」シリーズに「アルミ蒸着セロファン」を追加した。アルミ蒸着を施すことにより、見た目の美しさだけでなく、酸素や水蒸気に対するバリア性を高めた。(2023/10/3)

リサイクルニュース:
リサイクルアルミを100%使用した低炭素型アルミ形材の受注開始
LIXILはリサイクルアルミを100%使用した低炭素型アルミ形材「PremiAL R100」の受注を開始すると発表した。リサイクル材の安定調達と製造技術の構築により、6063材ビレットの量産化に成功している。(2023/9/22)

断線に強いメッシュケーブル採用の薄型SD/microSDリーダー サンワサプライから
サンワサプライは、メッシュケーブルで断線に強いSD/microSDリーダーを発売。スリムなアルミ筐体を取り入れ、USB Type-CモデルとUSB Type-Aモデルで展開する。(2023/9/20)

ニチコン PCWシリーズ:
125℃対応の導電性高分子アルミ固体電解コンデンサー
ニチコンは、導電性高分子アルミニウム固体電解コンデンサー「PCW」シリーズを発表した。高温125℃で2000時間の耐久性を保証する、リプル電流重畳保証品となっている。(2023/9/14)

工作機械:
5軸同時加工が可能なマシニングセンタ、EV向けアルミ部品など複雑形状に対応
ブラザー工業は、5軸同時加工が可能なマシニングセンタ「SPEEDIO U500Xd1-5AX」を発売した。立体的で複雑な形状の部品加工ができ、ポンプのインペラなどの滑らかな曲線形状が要求される部品加工にも対応する。(2023/9/5)

材料技術:
世界初、4インチ窒化アルミニウム単結晶基板の製造に成功
旭化成は、米国ニューヨーク州にある子会社のCrystal ISが4インチ(直径100mm)の窒化アルミニウム(AlN)単結晶基板の製造に世界で初めて成功したと発表した。(2023/8/25)

パワーデバイスへの応用に期待:
4インチAlN単結晶基板の製造に成功、旭化成子会社
旭化成の子会社である米Crystal ISが、4インチ窒化アルミニウム(AlN)単結晶基板の製造に「世界で初めて」(旭化成)成功した。今後は、外販も視野に入れ、4インチAlN基板の商業化を目指す。(2023/8/23)

Japan Drone 2023:
RCの鉄筋とコンクリートのように“樹脂に繊維を流し込む”3Dプリンタ アルミに匹敵する強度でUAVパーツ製作
日本3Dプリンターは、航空宇宙エンジニアのグレッグ・マーク氏が設立したMarkforgedの3Dプリンタ「Mark Two」で、ドローンのパーツ製作を内製化することを提案している。Mark Twoは、樹脂材料の中にカーボンファイバーをはじめとする繊維材料を、長繊維状態で流し込めるのが特徴だ。(2023/8/22)

金属3Dプリンタ:
プロテリアルの金属3D造形試作支援サイトが新たなアルミニウム合金粉末の扱い開始
プロテリアルは、金属3D造形試作支援サイト「Addurn」が、新たなアルミニウム合金粉末の取り扱いを開始したと発表した。高い熱伝導率と優れた耐食性を備える同材料を用いて製作した場合の概算見積もりの提供を開始した。(2023/8/18)

急速充電対応、2ポート搭載カーチャージャー2モデル発売 AUKEYから
AUKEYは、カーチャージャー「Rapide Mix 45W」と「Rapide Duo 45W」を発売。急速充電が可能な2ポートを搭載し、放熱性の高いアルミニウム合金を採用している。(2023/8/17)

サンワ、スティック型アルミ筐体を採用したUSB Type-C拡張ドック
サンワサプライは、アルミ製筐体を採用したUSB外付け拡張ドック2製品を発売した。(2023/8/17)

経済の「クイズ」:
ミズノの新しい金属バット、原材料は「意外なアレ」 何をリサイクル?
ミズノが発表した子ども用の金属バットは、あるものに使用されていたアルミをリサイクルしたもの。アルミを新しく作る場合と比べると、CO2排出量を97%削減できるといいます。何をリサイクルしたものでしょう?(2023/8/15)

電子ブックレット(素材/化学):
インターフェックス2023注目ブース、脱アルミを加速するフィルムなど
MONOistに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集しました。今回は、「インターフェックスWeek東京2023」に出展した注目企業の材料技術や素材を採り上げた記事をお送りします。(2023/8/10)

次世代MRAMやAI素子に応用:
界面の電気的スピン変換技術を用い磁化を制御
九州工業大学を中心とした研究グループは、チタン酸ストロンチウム(SrTiO3)薄膜と窒化アルミニウム(AlN)薄膜の接合界面における電気的スピン変換技術を用い、磁化の制御が可能なことを明らかにした。(2023/7/14)

省エネ機器:
日本初の廃熱回収が可能な水素専焼バーナー、東京ガスらが新開発
東京ガス、東京ガスエンジニアリングソリューションズ、正英製作所は2023年7月5日、水素燃焼が可能な廃熱回収装置内蔵水素バーナーを開発したと発表した。アルミ製造など高温熱分野の脱炭素化に貢献できる製品だという。(2023/7/12)

インターフェックスWeek 2023:
脱アルミを加速する高機能フィルムと棚卸しで役立つ「RFID一体型パッケージ」
大日本印刷は、従来のフィルムより酸素や水蒸気に対するバリア性と遮光性を高めた機能性フィルム「ハイバリアアルミ蒸着フィルム」や、棚卸しの業務負荷軽減および偽造品対策に役立つ「RFID一体型パッケージ」の開発を進めている。(2023/7/12)

工場ニュース:
窒化アルミセラミックスの焼成炉が完成、生産能力を1.6倍に拡大
古河電子が2022年7月から実施してきた窒化アルミセラミックスの増産投資により、いわき工場で焼成炉2基が2023年春に完成し、生産を開始した。炉の増設により、生産能力は1.6倍に向上する見込みだ。(2023/7/10)

AlNを用いSBDとMESFETを作製:
半導体素子、800℃を超える環境でも安定に動作
筑波大学は、窒化アルミニウム(AlN)半導体を用い、ダイオードは827℃まで、トランジスタは727℃まで、それぞれ極めて高い温度環境で、安定に動作させることに成功した。地下資源掘削や宇宙探索、エンジン周辺など、高い温度環境でも半導体素子の利用が可能となる。(2023/7/4)

さまざまな用途で使える変形機構を採用したアルミ合金製多機能スタンド
サードウェーブは、アルミ合金製多機能スタンド「DN-916230」の取り扱いを開始した。(2023/6/28)

アルミ缶を中身が入ったまま溶かしてみた結果…… ぷるっぷるのジュースがこぼれない不思議
たのしい化学のじかんだ。(2023/6/28)

aiwaデジタル、GPS対応の8型タブレット「aiwa tab AB8」発売 約2万円
JENESISは、6月16日「aiwaデジタル」ブランドのタブレット「aiwa tab AB8」を発売。 価格は2万800円(税込み)で、8型ディプレイ搭載のアルミ製ボディーにMediaTek MT8183やGPSを備える。(2023/6/19)

アルミケースメーカーがガチで作った「うまい棒ケース」がクラファンに登場 これでもうカバンの中で粉々にならないぞ
50余年の技術を結集したやおきん公認グッズです。(2023/6/16)

浴室干しも可能:
ニトリから軽くて丈夫、時短にもなる「多機能アルミ製角ハンガー」登場
ニトリは「洗濯らくらく多機能アルミ製角ハンガー」の取扱いを、5月下旬からニトリネットと全店舗で開始した。時短を実現できる商品として訴求する。(2023/6/15)

メカ設計ニュース:
アルミフレーム筐体設計ソフトに安全柵のレイアウト設計機能を搭載
ミスミグループ本社はアルミフレーム筐体設計ソフトウェア「MISUMI FRAMES」の新機能として「安全柵レイアウト設計機能」を搭載した。安全柵を絵を描くように設計できるため、従来比90%以上の設計工数削減に貢献する。(2023/5/31)

スライド機構で着脱するiPhone 14/14 Pro向けギミックケース「GeeCase Gear」発売
Glotureは、5月12日にiPhone 14シリーズ専用ケース「GeeCase Gear」を発売。スライド操作で着脱でき、航空グレードのアルミ合金を使用している。ワイヤレス充電にも対応する。(2023/5/15)

扇風機としても使える!? 大型ファン搭載アルミ製ノートPC冷却台
サードウェーブは、16型までのノートPCに対応したアルミ製ノートPC冷却台「DN-916226」の販売を開始した。(2023/5/8)

リサイクルニュース:
リサイクルアルミ使用比率100%のビレット量産化に成功、製品化に前進
LIXILは、同社の小矢部工場で、リサイクルアルミ使用比率100%のビレットの量産に成功した。新地金からアルミリサイクル材に転換することで、CO2排出量を97%削減できる。(2023/5/10)

太陽光:
太陽光で“両面発電”が可能なソーラーカーポート、積雪地域にも対応
三谷産業イー・シーが両面発電が可能なソーラーカーポートの販売を開始。三協アルミの架台に、両面発電に対応した太陽光パネルを組み合わせた。(2023/4/14)

最小面積で保護するiPhoneバンパーケースに鏡面アルミニウムモデル追加 4月10日まで割引販売
ロア・インターナショナルは、iPhoneを最小面積で保護するバンパーケースへ鏡面研磨加工を取り入れたミラーアルミニウムモデルを発売。4月10日までクラウドファンディング「GREENFUNDING」で受け付けている。(2023/3/24)

3Dプリンタニュース:
1秒間で250mmの高速・高精度造形が可能な家庭用FDM方式3Dプリンタ
アンカー・ジャパンは、家庭用FDM方式3Dプリンタ「AnkerMake M5」の販売を開始した。ホットエンドと一体化したエクストルーダーやアルミニウム合金構造のフレームなどにより、高速プリント時でも高い安定性と0.1mm単位の高精度を維持する。(2023/3/20)

新横浜駅の待合室にも:
新幹線のアルミが「駅舎」に生まれ変わり JR東海が初の試み 狙いは?
JR東海は、新幹線の車両に使われていたアルミを駅舎の建材として再利用する取り組みを始める。これまでも引退を迎えた新幹線のアルミから、装飾材や雑貨を作ってきたケースはあるが、駅舎として利用するのは初めて。3月18日に開業する相鉄・東急直通線「新横浜駅」の待合室にも内装用建材として提供する。(2023/3/15)

iPhone 14/14 Plusの新色「イエロー」を写真でチェック 6色の中で最も高級感あり
iPhone 14、iPhone 14 Plusに、新色の「イエロー」が加わった。機能面の話は抜きに、その色味を写真とともにサクッとチェックしていきたい。ややカジュアルな印象だが、イエローの色味がアルミの質感と絶妙にマッチしている。(2023/3/14)

ビシェイ 172RLX:
車載向けアルミ電解コンデンサー
ビシェイ・インターテクノロジーは、車載向けに、非固体電解液タイプの有極性アルミ電解コンデンサー「172RLX」を発表した。リップル電流が同社の前世代品と比較して54%向上していて、ケースサイズの小型化も可能だ。(2023/3/8)

材料技術:
ヤマハ発動機がグリーンアルミの採用をスタート、今後も適用範囲を拡大
ヤマハ発動機は、アルミニウム地金の海外の仕入れ先と、グリーンアルミニウム原材料の調達に関する契約に合意した。(2023/3/3)

脱炭素:
日本電産がESG戦略を発表、磁石レスモーターやアルミ巻き線を検討中
日本電産は2025年度の達成を目指すESG戦略を発表した。(2023/2/28)

材料技術:
水素燃焼によるアルミ形材のエージング処理を前橋工場の生産設備で成功
LIXILと東京ガスは、水素燃焼を利用してアルミ形材をエージング処理する実証実験に成功した。国内工場の生産設備を使用した検証において、水素燃焼が製品品質への影響がないことを確かめた。(2023/2/7)

材料技術:
世界最軽量アルミ飲料缶の実現に向け缶底部の耐圧性向上技術を千歳工場に導入
東洋製罐は、缶底耐圧強度向上技術「Compression Bottom Reform(CBR)」を用いたアルミ飲料缶の生産を同社の千歳工場で開始した。(2023/2/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.