• 関連の記事

「拡張現実」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

VR・AR広告に特化した業界団体、NECが設立 掲出時の課題や法規制を調査
NECが、VRやARを活用した広告の利用を促進する「バーチャル広告協会」を設立したと発表した。VR・ARを活用した広告を掲出するときの課題や法規制を調査し、参加企業間でその在り方を議論するという。(2021/9/22)

テレワークの先はバーチャル出勤…「メタバース」って何?
 コロナ禍で一気に浸透したのがテレワーク(在宅勤務)だが、その先は「バーチャルオフィス」に出勤する可能性が出てきた。IT各社が「メタバース」と呼ばれる仮想空間内のサービスに力を入れ始めた。新しい働き方として定着するだろうか。(2021/9/22)

iOS 15で新たに足切りされるiPhoneはないが…… 新機能に対応するiPhoneモデルまとめ
iPhone 6s以降が対象機種となっているiOS 15だが、機能によっては対象機種がさらに限定されている。(2021/9/21)

Apple、「iOS 15」を配布開始 iPhoneで集中モード、Safariの機能拡張が利用可能に
iPhoneのOSガメジャーアップデート。(2021/9/21)

「実証実験」の結果:
「おもしろい!」が95% コクヨの“実験店舗”はどんなところなのか
アナログとデジタルを融合させた実証実験の店が登場したことをご存じだろうか。場所は品川駅港南口から徒歩3分ほどのところにある、コクヨの「THE CAMPUS SHOP」だ。筆者が取材したところ……。(2021/9/19)

「インターネットが重い」を解決する切り札
おうち時間ブームだけではない 「ブロードバンド」の成長が続く“当然の理由”
自宅で仕事をしたり、インターネットサービスを楽しんだりする“新常態”が、ブロードバンドの需要を押し上げている。専門家は、この成長は一時的なものではないと主張する。それはなぜなのか。(2021/9/16)

人と機械が協調する未来へ:
PR:アンビエントコンピューティングが作る世界で「もっと楽しい」へ
コンピュータと人をつなぐウェアラブルやxR、コンピュータが人を理解するためのAIやロボット、人とコンピュータの自然な対話を支えるHCIやAugmented Human――コンピュータと人の良いところが融合すれば、世界はもっと楽しくなる。(2021/9/15)

LCDドライバパッケージング専門:
UMC、台湾Chipbondの株式を9%取得
台湾のUnited Microelectronics Corporation(以下、UMC)は、LCDドライバのパッケージングを専門に手掛けるChipbond Technology(以下、Chipbond)と株式の交換(スワップ)を行った。それにより、UMCはChipbondの株式の9%を保有することになった。(2021/9/16)

Innovative Tech:
誰でも空間に光の絵を描ける AR技術で空間に下絵をするアプリ
HoloLens 2を使ってARによる下絵をライトでなぞっていく。(2021/9/8)

Innovative Tech:
“玉”も“打つやつ”も全てARなエアホッケー 動的プロジェクションマッピングで
エアホッケーをAR化するに当たってこれまでできなかったこと。円盤を打つときに使う「あれ」。(2021/9/7)

PR:恐竜展の舞台裏 クリエイティブカンパニーNAKED, INC.が「DAIV」を選ぶ理由
(2021/9/9)

VRニュース:
簡単操作で3D CADデータをVR表示、最新版でOpenXR準拠デバイスに対応
ATINDEは、3D CADデータを手軽にVR空間に表示できるソリューション「VRLite」のバージョン2.0の提供開始を発表した。Oculus専用だったバージョン1.0に対して、バージョン2.0では、標準化仕様のOpenXRに準拠したVRデバイスに対応する。(2021/9/1)

Innovative Tech:
背面からジェスチャー操作できる半透明黒板ディスプレイ「HoloBoard」 Lenovoなど開発
教師はHTC Viveコントローラーでジェスチャー操作できる。(2021/8/31)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(2):
2D CADと3D CAD、設計環境としての“違い”とは?
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第2回のテーマは「2D CADと3D CADの設計環境としての違い」だ。(2021/8/26)

「デジタル研修」を生かすヒント【後編】
従業員が研修を進んで受けたくなる「ゲーミフィケーション」「VR」の可能性
良質な研修用教材を用意しても、従業員の学習が続かなければ成長はない。意欲的に学習を続けてもらうために、企業はどうすればよいか。有効な手段となり得るのが「ゲーミフィケーション」「VR」の活用だ。(2021/8/26)

「Apple Watchで命を救われた」メールを喜ぶAppleティム・クックCEO
Appleティム・クックCEOの最新インタビュー。朝のルーティンからAI、VR、プライバシーまで語っている。(2021/8/24)

人工知能ニュース:
実効効率で世界トップクラスのエッジAIプロセッサアーキテクチャ、東工大が開発
NEDOと東京工業大学は、エッジ機器で高効率なCNN(畳み込みニューラルネットワーク)による推論処理が可能なプロセッサアーキテクチャを開発したと発表した。同プロセッサアーキテクチャに基づく大規模集積回路(LSI)も試作し、「世界トップレベル」となる消費電力1W当たりの処理速度で最大26.5TOPSという実効効率を確認している。(2021/8/24)

コクヨ、実験店舗でAR活用 「ゴゴゴゴゴ……」「ぷにぷに」──文具の周りが擬音語だらけに
「ゴゴゴゴゴ……」など、ARで表示される擬音語で埋め尽くされた店内でお買い物──コクヨが自社の文具などを販売する店舗でこんな実験を始めた。店内でユニークな体験ができるようにし、実店舗の集客につなげるという。(2021/8/23)

NianticのハンケCEO、「メタバースはディストピア。よりよい現実を構築しよう」
「Pokemon Go」で知られるNianticのジョン・ハンケCEOが、仮想世界に没入するいわゆる「メタバース」はディストピアの悪夢だと警鐘を鳴らした。NianticはARを採用する「現実世界のメタバース」を目指すとして参加を呼び掛けた。(2021/8/15)

Chromebookのシェアが急増 大型電子黒板のリプレース需要も――「EDIX 東京 2021」の注目展示をチェック!(前編)
毎年開催される大規模な教育関連展示会の集合体「EDIX東京」。2021年もさまざまな教育向けの機器、サービスやソリューションも展示されていた。この記事では、教育用端末や電子黒板、それにまつわる展示を紹介する。(2021/8/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
次に来るのは「メタバース」なのか フェイスブックが動く
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOが「メタバース(仮想空間)」にチカラを入れていくという。英国のメディアで野心的な話をしたわけだが、なぜメタバースなのか。その背景には……。(2021/8/11)

メカ設計ニュース:
CADやCGで作った3DモデルをWebブラウザで閲覧、AR化までできるソフト
Gratiasは、3D CADやCGソフトで作成した3Dモデルを、Webブラウザ上で閲覧/管理/AR(拡張現実)化できるソフトウェア「NEXT CG VIEWER」の提供開始を発表した。(2021/8/10)

LiveWorx 2021:
デジタルがフィジカルを変える、DXを加速するPTCのソリューションとSaaS戦略
オンラインで開催されたPTCの年次ユーザーイベント「LiveWorx 2021」において、同社 社長 兼 最高経営責任者(CEO)のジェームズ・E・ヘプルマン氏が「Digital Transforms Physical」をテーマに講演を行った。本稿では、日本のメディア向けに実施されたラウンドテーブルで得た情報などを交えて、同講演の内容をダイジェストでお届けする。(2021/8/4)

AI技術で「きれい」を極めるL'Oreal【後編】
化粧品大手ロレアルが語る「Vertex AIは便利だが、無駄に使い続けない」の真意
化粧品会社L'Oreal傘下のModiFaceは、Googleの機械学習ツール「Vertex AI」を自社サービスに生かしているが、使い続けることを前提にはしていないという。その真意とは。(2021/8/4)

AI技術で「きれい」を極めるL'Oreal【前編】
化粧品大手ロレアルがGoogle「Vertex AI」で実現した“あのAIサービス”とは?
L'Oreal傘下のModiFaceは、Googleの機械学習ツール「Vertex AI」を採用することで、美容を切り口としたデジタルサービスの開発を加速させている。AI技術を消費者の「きれい」に生かす同社の取り組みとは。(2021/7/28)

各業界で「無線LAN」を補う「5G」【後編】
学校や病院が「無線LAN」に加えて「5G」を使うべきこれだけの理由
「5G」が大きく変える可能性のある業界が、教育と医療だ。学校や病院の現場を、5Gはどのように変えるのか。具体的な活用例とともに紹介する。(2021/7/20)

モノづくり最前線レポート:
後れを取る日本のデジタル競争力、製造業オペレーションDXの現在地
ダッソー・システムズ主催のオンライン年次カンファレンス「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2021」において、アクセンチュア インダストリーXグループ 日本統括の河野真一郎氏は「製造業オペレーションDXの現在地、デジタル変革の検証フェーズから抜け出しスケールするには」をテーマに、デジタル化の進行状況に関する調査結果の解説とともにDXのPoCから抜け出すためのカギとなる成功要因などを紹介した。(2021/7/19)

作業案内の方法で効率が全く異なる:
ARによる高齢者支援ではUIが課題、研究チームが明らかに
英バース大学の研究チームはARのユーザーインタフェースを変えると、作業の効率や進めやすさがどの程度変わるのかを調査した。一般的なUIは、50歳以上のユーザーにとって分かりにくい場合があるという。(2021/7/19)

DRAMとNANDの統合も:
マルチタスク化は、スマホメモリ要件の新たなけん引役
スマートフォンのメモリ/ストレージ要件は現在も、5G(第5世代移動通信)ネットワークによってけん引されている。しかし、この5Gネットワークだけが、モバイルDRAMやフラッシュメモリに圧力をかけている唯一の要素というわけではない。(2021/7/20)

USJが「鬼滅の刃」とコラボ 9月にVRジェットコースター「XRライド」が登場
ユー・エス・ジェイは、自社が運営するテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に、『鬼滅の刃』の世界を体感できるVRジェットコースター「鬼滅の刃 XRライド」を登場させる。(2021/7/16)

メカ設計ニュース:
5G×MEC×GPUで3D CADがサクサク動く、設計開発エンジニアのテレワークに最適
NTTドコモが「docomo 5G DX MEETUP for business」の展示内容の一部を報道陣に公開。低遅延と高いセキュリティを実現可能なMECの特徴を持つ「ドコモオープンイノベーションクラウド」の新たなGPUメニューの活用により、設計開発エンジニアのテレワークに必要となる3D CADツールのVDI構築に貢献できることを示した。(2021/7/16)

海外医療技術トレンド(73):
米国で急速に進む医療XRと5G/エッジコンピューティングの融合
本連載第71回で、米国の医療AIの市場動向を取り上げたが、今回は医療分野の拡張現実(AR)/仮想現実(VR)と5G/エッジコンピューティングの適用動向を紹介する。(2021/7/16)

GCC諸国の利用が急加速:
世界の5Gユーザー、21年末には5億人超に Ericsson
エリクソン・ジャパンは2021年7月13日に記者説明会を開催し、同年6月に発行した、世界の移動通信市場のトレンドに関する最新調査報告書「エリクソンモビリティレポート」最新版の概要について説明した。(2021/7/15)

デジタルを駆使:
大日本印刷・北島社長が語る「DXを経営の柱に据えた理由」 データを活用して出版界全体の改革に取り組む
大日本印刷がDXを経営の重要な柱に位置付け、社会課題の解決に取り組もうとしている。デジタル時代に入り書店が大幅に減り続ける中、書店や出版社と組んでデジタルとリアルを融合。新たな読書需要の掘り起こしにも注力して成果も出してきている。DNPの北島義斉社長に、今後の課題を聞いた。(2021/7/14)

スポンサー企業、五輪無観客は「人災」
4回目の緊急事態宣言を受けて東京五輪が1都3県で無観客開催の方向となったことで、大会に向けて準備を進めてきたスポンサー企業にも大きな影響が出る。会場周辺で予定していた催しなどもすべて中止せざるを得なくなるからだ。しかも政府が6月21日に観客数の上限を最大1万人とすることを決めてから、2週間しかたっていない。振り回される格好となった一部スポンサーからは、いらだちの声も聞こえてくる。(2021/7/9)

5G搭載!“ARM版Windows 10”特集 第三弾:
PR:高速・大容量だけではない! KDDIがビジョンを描く「5G×ビジネス」の新時代
(2021/7/8)

小売り、製造、医療を中心とした5G導入【中編】
小売業と製造業が「5G」に“熱視線”の理由 具体的な用途は?
複数の調査会社が、「5G」によってまず恩恵を受けるのは小売業や製造業であると指摘している。具体的にどのような用途が考えられるのだろうか。(2021/7/6)

製造マネジメントニュース:
TeamViewerがSAPパートナープログラムに参画、ARソリューションを統合
TeamViewerは、SAPと戦略的パートナーシップを締結した。パートナープログラムに参画することで、SAPソリューションに同社のARワークフローソリューション「TeamViewer Frontline」を統合する。(2021/7/5)

石野純也のMobile Eye:
「鉄道路線5G化」で5Gエリアを急速に広げるKDDI “パケ止まり”対策でも先行
KDDIは東京の山手線全30駅および大阪の大阪環状線全19駅のホームに5Gの基地局を設置。同社は、利用者の導線に沿った5Gのエリア化を行っており、人口カバー率が90%に達する2021年度末までには、関東21路線、関西5路線に5Gを拡大していく予定だ。大手3社のエリア展開の方針を振り返りつつ、鉄道を中心に5Gのエリア化を進めるKDDIの狙いに迫る。(2021/7/3)

5Gのエリア整備の苦労は? KDDIが「鉄道路線5G化」に関する取り組みを説明
KDDIが、山手線と大阪環状線の駅ホームの「au 5G」エリア化を完了した。それに合わせて、同社は主に鉄道駅における5Gエリア整備に関する説明会を開催した。(2021/7/2)

東京五輪5G観戦 ゴルフや水泳 セーリング NTTなど
NTTとNTTドコモなどは1日、開幕が23日に迫った東京五輪で提供する、第5世代移動通信システムを活用した新たなスポーツ観戦様式のお披露目を行った。紹介されたのはゴルフ、セーリング、水泳の3種目。(2021/7/2)

製造業DX:
PR:「品質作り込み」に必要なデジタル基盤の“結ぶ力”、IoTデータから経営情報まで
MONOistが2021年6月3〜4日に開催したオンラインでのライブ配信セミナー「製造業×品質、革新するモノづくりの在り方」において「品質の競争力向上から見たDXバリューチェーン構築の実践と事例」をテーマに、AVEVA ソリューション営業本部 ストラテジック アカウントマネージャー 面屋友則氏が講演を行った。(2021/6/30)

製造業IoT:
パナソニックがローカル5Gラボを横浜に開設、顧客やパートナー企業との共創を加速
パナソニック コネクティッドソリューションズ社とパナソニック システムソリューションズ ジャパンは、パナソニックの佐江戸事業場(横浜市都筑区)内に開設した「Network Connect Lab」を報道陣に公開した。同施設を活用して、「現場マルチネットワークサービス」の顧客やパートナー企業との共創を加速させたい考え。(2021/6/28)

プラ削減:
花王、ヘアカラーの毛束色見本を廃止 ARで代替
花王がヘアカラーの毛束色見本の提供を10月以降、終了する。多い年では年間約56トン使っていたプラスチックの削減を見込む。(2021/6/24)

Facebook、EC領域でAIとAR分野に投資 Instagramのショップ機能を拡充
米Facebookが、Instagramのショップ機能などを拡充するためにAIとAR(拡張現実)分野に投資する。ARやAI技術を導入することで、視覚的な商品検索やパーソナライズした広告体験など、新たな機能の導入・拡大を目指す。(2021/6/23)

イノベーションのレシピ:
Siriを生んだ研究所が、国内企業とシリコンバレーの“つながり”作りを支援
SRIインターナショナルと野村ホールディングスが提携して、米国に「野村SRIイノベーション・センター(NSIC:Nomura-SRI Innovation Center)を設立した。同組織は日本の国内企業とシリコンバレーのスタートアップとの「橋渡し」の役割を担う。(2021/6/22)

iPhone 30は? Apple Carは?:
Appleのティム・クックCEOが「VivaTech 2021」で語った注目する技術と未来の方向性
フランスのテクノロジーイベント「VivaTech 2021」が6月16日(現地時間)に開幕し、Apple CEOのティム・クック氏が登壇した。そこで語られた内容を林信行氏がレポートする。(2021/6/18)

「香川が、ゲームを取り戻す」――「Sanuki X Game」イベント開催決定 ゲームの楽しさや作る喜びを香川で発信
条例で取り沙汰された「ゲーム依存症」に切り込むトークライブも。(2021/6/17)

既に始まっている
「5Gではスペック不足」 各国の“6G”開発競争の現状
6Gの開発競争は既に始まっている。拡張現実や仮想現実を活用するには5Gではスペック不足という見方もあり、6Gはその解決策として期待されている。まだ先のことではあるが、6Gの現状を知っておいて損はない。(2021/6/16)

Microsoft Focus:
MSが中小向けクラウド事業“5年で10倍”に拡大へ 鍵を握る3つの施策は
日本マイクロソフトが中堅・中小向けクラウド事業を強化する。全国のパートナー企業とのつながりを生かし、2025年には現在の10倍に拡大する計画だ。オンプレで稼働するアプリケーションからスタートアップと連携した最新技術までを視野に入れるという施策は、具体的に中小企業をどう支援しようというのか。(2021/6/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.