• 関連の記事

「排出ガス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「排出ガス」に関する情報が集まったページです。

日本政策投資銀行社長 地下誠二さん(59) ユニークさを追求、新興企業に1000億円
ユニークさを追求するため主力事業を投資にシフトしてきた。(2022/8/15)

太陽光パネル設置義務化、小池知事に答申 都審議会
東京都の環境審議会は8日、一戸建て住宅を含む新築建物への太陽光パネルの設置を原則義務化する制度について、小池百合子知事に答申した。都は早ければ年内にも関連条例の改正案を都議会に提出する方針。戸建て住宅を含む設置義務化が実現すれば全国初となる。(2022/8/9)

各業界が取り組むサステナビリティ【第2回】
サステナブルは苦難の道? 英国が踏み込む“根深い問題”とは?
各業界で温室効果ガス削減への動きが強まり、オフィスビルなど建物の運用に関してもエネルギー消費の効率化が注目されている。環境負荷低減に必要なのは何か。(2022/8/9)

自動車業界の1週間を振り返る:
日野の従業員アンケート、回答したのは「全社員の5人に1人」
さて、皆さんはアンケートに対してどのくらい丁寧に協力しますか。選択式の短いものなら、きちんとした企業が実施するものなら、回答者にプレゼントがあるなら……など、人によって基準はさまざまだと思います。(2022/8/6)

調査報告書を読む:
「逆らえない」「上を神と崇める」……社員が訴える、不正招いた日野の“パワハラ体質”とは
日野自動車の排ガス・燃費データ不正をめぐり、原因解明に当たった特別調査委員会がまとめた報告書。そこには、「パワハラ体質」に委縮し、意欲をなくしていく従業員たちの生々しい声が記されていた。不正に至る原因の一つとして指摘されたパワハラの問題は、どの企業にとっても他人事ではない。日野の事件が教訓となるよう、報告書に記された従業員の声を見ていきたい。(2022/8/4)

品質不正問題:
日野の不正と環境規制対応、「技術力の有無ではなくマネジメントの問題」
日野自動車は2022年8月2日、排ガス/燃費試験での不正行為について調査結果を国土交通省に届け出た。今後、国土交通省から日野自動車に対して調査を実施し、不正行為の事実確認や再発防止策の実施状況を調べる。(2022/8/3)

なぜ「プライバシーガバナンス」が必要なのか ガイドブック公開の意図を学ぶ
OMOや企業間連携など、顧客体験の高度化を目指す施策と切っても切れないのが、プライバシー情報だ。サービスをいち早くリリースする中で企業はどのように顧客のデータを守ることができるだろうか。DX推進を考える上で避けては通れないプライバシーガバナンスの問題を考える。(2022/8/3)

排ガス・燃費データ不正:
背景にパワハラ気質も 日野自動車、03年から20年にわたり不正 社長「3カ月めどに進退明らかに」
日野自動車の排出ガス・燃費データで不正が発覚した問題をめぐり、日野は8月2日、特別調査委員会がまとめた調査報告書を公表した。これまで不正があった対象期間は2016年秋以降としていたが、調査の結果、03年10月からおよそ20年にわたって不正が続いていたことが判明した。(2022/8/2)

ホンダが二輪車の一部機種について受注を一時停止、今後も生産計画に達した場合は同様の措置
モンキー125やハンターカブなど、一部のホンダ製バイクが受注停止になります。(2022/8/2)

第4回 建設・測量生産性向上展:
従来機より速度や燃費を向上した諸岡のキャリアダンプ、荷台に耐摩耗「HARDOX」採用
諸岡は、従来機と比較して、CO2の排出量削減や燃費の向上、最高速度をアップさせたキャリアダンプ「MST 110C」と「MST 110CR」を年内にも発売する。(2022/8/1)

各業界が取り組むサステナビリティ【第1回】
ビルの温室効果ガス削減の鍵は“あの技術”にあった
オフィスビルなどの商業ビルをエネルギー効率に優れた設計にし、温室効果ガスを削減するためには、ソフトウェアの活用が有効だ。ソフトウェアのどのような機能を使えばいいのか。(2022/8/1)

メルカリで転売も:
ポカリの「瓶」は本当にエコなのか 大塚製薬に聞いてきた
大塚製薬は、再利用を想定した「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」を発売した。循環型社会を実現するために、ビンでの販売しているわけだが、さまざまな課題も浮き彫りに。本当にエコな取り組みなのか……。(2022/7/29)

HP INNOVATION SUMMIT 2022:
35億ドルの新規ビジネスを獲得できた――HPが“サステナビリティー”に注力する理由
日本HPがリアル/オンラインのハイブリッドイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2022」を開催。米HPのエンリケ・ロレスCEOがリモート登壇し、HPグループのサステナビリティー(持続可能性)に関する取り組みを重視する理由を対話形式で語った。(2022/7/27)

5分で読める簡単解説:
いまさら聞けない「スコープ3」
現在、製造業をはじめとする産業界ではCO2などGHG排出のカーボンニュートラル化を目指す取り組みが急加速しています。その中で急務とされるのがGHGプロトコルにおける「スコープ3」の排出量削減です。スコープ3とは何なのか、簡単に分かりやすく説明します。(2022/7/27)

FAインタビュー:
“つながるモノづくり”目指すIVIの次なる挑戦、カーボンニュートラル推進のカギ
IoTやAI技術などを活用した新たなモノづくりの在り方が広がる中、製造現場の課題を起点とし、「つながる工場」実現に向け2015年からさまざまな活動を続けてきたのがIndustrial Value Chain Initiative(IVI)だ。製造業が取り組まなければならない課題は山積する中、IVIではどのように捉えているのだろうか。ここ7年の製造業の変遷とIVIの取り組み、今後の展望について、IVI 理事長の西岡靖之氏に聞いた。(2022/7/26)

リチウムイオン電池の置き換えに:
再生可能エネルギー貯蔵の道筋を示す「CO2バッテリー」
再生可能資源から生成したエネルギーの貯蔵には従来は電池、特にリチウムイオン(Li-ion)電池が使用されてきた。この記事では、リチウムイオン電池の限界を克服して、電池寿命を延ばし、コストを削減すると期待される、エネルギーの一時貯蔵のための革新的な技術「CO2バッテリー」を紹介する。(2022/7/26)

レブル250とGB350、どっちを選ぶ? ホンダの身内同士にして最大のライバルを比較
250と400クラスの超売れっ子同士を徹底比較。どっちがいいの〜?(2022/7/24)

脱炭素:
温室効果ガス排出量算定サービスに製品別、サービス別排出量算定機能を追加
ゼロボードは、温室効果ガス排出量算定、可視化サービス「zeroboard」に、製品やサービス別にGHG排出量を算定する機能を追加した。オフラインで支援していたCFP算定とサプライヤーからの一次データが、クラウドサービス上で連携可能になる。(2022/7/22)

BAS:
ジョンソンコントロールズ、月額制脱炭素化サービスの国内展開を開始
ジョンソンコントロールズは、建物の脱炭素化に向けた成果を保証する月額制サービス「ネット・ゼロ・アズ・ア・サービス」の国内展開を開始した。日系グローバル企業を対象としており、既に10数社と要件定義を開始している。(2022/7/15)

クラウドベンダーの情報開示が不足?
サステナビリティ軽視のクラウドは使わない――企業の新しい判断基準とは
2025年までに、CO2排出がIT購買における主要な決定要因になるという。サステナビリティ重視の潮流を受け、AWSやGoogle、Microsoftなどのクラウドベンダーはどう動くのか。(2022/7/15)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
欺瞞渦巻くカーボンニュートラルの世界、クリーンなエネルギーの前に必要なもの
透明性が何より大切になってきます。(2022/7/14)

知ってる!? 首都高カーボンニュートラル戦略 EVの充電設備を拡充
令和32年までに二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス排出量を実質ゼロとする政府目標「カーボンニュートラル」に向け、自動車からの排ガスなど運輸分野での削減は重要だ。首都高速道路も「首都高カーボンニュートラル戦略」を掲げて取り組んでいる。(2022/7/13)

品質不正問題:
日野の不正を受けて商用車各社が調査報告、最後のスカニアに「故意ではない問題」
国土交通省は2022年7月12日、スカニアジャパンによる排ガス・燃費試験の調査報告があったと発表した。同省は、日野自動車で排ガス・燃費試験に不正があったことを受けて、同様の不正がないか大型車メーカー7社に調査と報告を指示していた。スカニアジャパンを除く6社からは、問題がないと既に報告を受けている。(2022/7/13)

「CB400スーパーフォア」の後継機クルー!? ホンダが4気筒500を開発中、カワサキの4気筒400とアジア圏で場外バトル勃発か
ホンダが海外向けに500ccクラスの新型4気筒エンジンを開発中らしい、との情報が入りました。これを「CB400SFの後継機」に搭載へ……そんなシナリオが見えてきたぞー!(2022/7/7)

ペットボトル新品再生 世界が熱視線 JEPLANが唯一のプラント 何度でも資源化
日本発の先端技術で世界を目指すベンチャー企業が登場した。リサイクル事業を展開するJEPLANは、独自の「ケミカルリサイクル」技術を確立し、昨年10月から再生PET樹脂の生産を始めた。(2022/7/7)

省エネ機器:
バイオマス発電所の排出CO2をほぼ全て回収可能に、三菱重工の新装置が稼働
三菱重工エンジニアリングがバイオマス発電所に導入したCO2回収装置が本格稼働。発電所が排出するCO2をほぼ全て回収可能だという。(2022/7/5)

デジタル人材不足を解決できるか? 「日本リスキリングコンソーシアム」参加の7団体スピーチから見えたもの
日本におけるデジタル人材不足が指摘されて久しい。2022年6月に発足した「日本リスキリングコンソーシアム」は官民共同でデジタル人材育成を推進する取り組みだ。「トレーニングプログラムの提供から就業支援まで」の包括的支援を強調する同コンソーシアムはデジタル人材不足の解決策を提示できるだろうか。(2022/7/6)

製品動向:
現場の廃棄物運搬のCO2排出量が算定可能な「産廃CO2サービス」をリリース、リバスタ
リバスタは、建設現場で発生する産業廃棄物の運搬に関わるCO2の排出量が算定可能な「産廃CO2サービス」を2022年6月1日にリリースした。産廃CO2サービスで提供するデータは、日本建設業連合会(日建連)が実施している調査票を利用しており、ESG(環境・社会・ガバナンス)経営とSDGs(持続可能な開発目標)の経営指標としても使える。(2022/7/1)

蓄電・発電機器:
IHIがアンモニア専焼発電に成功、温室効果ガスを99%以上削減可能に
IHIは2022年6月16日、2000kW級ガスタービンで液体アンモニアのみを燃料とするCO2フリー発電を実現し、燃焼時に発生する温室効果ガスを99%以上削減することに成功したと発表した。(2022/6/30)

導入事例:
白金ナノ粒子を一様に分散・固定した高活性光触媒を開発、大成建設
大成建設は、放射線法を用いて二酸化チタン表面にナノサイズの白金粒子を一様に分散・固定した高活性な光触媒を開発した。今回の光触媒は、空気中の多様な化学物質を高速に分解・除去するとともに、長時間にわたり浄化性能を維持でき、生産施設で発生が問題となる化学物質の排ガスの処理だけでなく、シックハウスガスや臭気の浄化といった幅広い用途への適用が期待されている。(2022/6/29)

電動化:
スズキとトヨタがインドでの協業拡大、トヨタが生産する新型SUVはHEVとMHEV
トヨタ自動車とスズキは2022年6月24日、スズキが開発した新型SUVをトヨタ自動車のインドの生産拠点で製造すると発表した。8月からトヨタ・キルロスカ・モーターで生産を開始し、両社の販売店で取り扱う。アフリカなどへの輸出も計画している。(2022/6/27)

ZEH:
なぜ今「2人暮らし」向けなのか?太陽光パネル無しで“ZEH”の賃貸住宅「NEW RiSE」
大東建託は2022年5月2日、2人世帯のカップルやファミリー層に向けた賃貸住宅「NEW RiSE(ニューライズ)」の販売を開始した。NEW RiSEは、断熱性能や1次エネルギー消費量がともに最高等級となっているため、太陽光パネルを設置せずとも、ZEH Orientedが実現するアパートメント。日本全体で脱炭素化のニーズが高まるなか、近年増加しつつある2人暮らし世帯に合わせて考案された、新時代仕様の集合住宅となっている。(2022/6/23)

EV化 動く関西企業 エンジン消えるかも…… 揺れる町工場「すぐには変われない」
脱炭素で注目を浴びるEVだが、一方でエンジンが不要になるなど、従来のガソリン車に比べ製造に必要な部品が減るため、部品を納入する中小を中心とした関西のモノづくり企業も事業の見直しを迫られるケースが出てきた。(2022/6/23)

カーボンニュートラル:
NTT都市開発が福岡県で開発中の複合施設に再エネを導入、国際イニシアチブにも対応
NTT都市開発は、大成建設とともに、福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目で開発を進めている複合施設「博多イーストテラス」に、トラッキング付き非化石証書を利用した実質再生可能エネルギーを導入する。(2022/6/22)

データセンターの「ネットゼロエミッション」を実現するには【後編】
温室効果ガス排出量実質ゼロ「ネットゼロエミッション」の実現に役立つITとは?
データセンターのネットゼロエミッションを実現する手段として、環境に配慮した形で設計・運営するためのITがそろいつつある。企業はどのようなITを生かしているのか。(2022/6/20)

自動車業界の1週間を振り返る:
欧州自工会から脱退して独自にフォーラムを開催、分からないステランティスの狙い
さて、今週はステランティスから驚きの発表がありました。2022年末で欧州自動車工業会(ACEA)を脱退するというのです。(2022/6/19)

生産終了! ヤマハの白バイ、FJR1300の次はどうなる? ホンダはNT1100ってうわさだけど……
白バイといえばヤマハのFJRとホンダのCB。でもFJR1300は生産終了です。ヤマハ製白バイ、今後何になるのでしょう。(2022/6/19)

統合型プログラム・プラニング:
PR:耐空証明のプロセスを効率化するデジタル・ツールとは?
航空宇宙関連企業にとって航空機の安全性確保は最重要課題の1つである。その一方で、耐空証明の複雑化や関連する法規制の増加は、これらの企業の費用負担額を増やし続け、悩みの種となっている。耐空証明のプロセスを効率化するには、他部門の技術資料や部品表などの膨大なデータに迅速にアクセスできる中央集中型の環境が必須だ。こうした課題を解決する上で、統合型のデジタル・プログラム管理システムは非常に有用である。(2022/6/27)

“すべての人に健康を、飢餓をゼロに”:
PR:フリオ社長に聞く バイエル薬品が目指す社会と患者の治療に変革をもたらすイノベーティブな取り組み
「Health for all, Hunger for none」というビジョンを掲げ、病気の治療にとどまらず重度の病気からの回復をもたらす開発パイプラインと革新的なデジタル技術を推進しているバイエル薬品。本記事では、2021年に代表取締役社長へ就任したフリオ・トリアナ氏へのインタビューを通し、同社の国内での活動状況やこれからの挑戦についてお届けしていく。(2022/6/30)

自動車業界の1週間を振り返る:
合成燃料の活用に言及した日本、CO2排出100%削減にまた一歩進んだ欧州
土曜日ですね。皆さんおつかれさまでした。梅雨入りしましたね。空調に頼らずに快適に過ごせる季節が終わろうとしています。(2022/6/11)

【バイクトリビア】エンジンは本当に「性能の水冷、味わいの空冷」なの? 水冷と空冷って何が違うの?
やっぱ空冷は味があっていい、いや性能的に今の時代は水冷だ……。水冷と空冷、そういえば何がどう違うのでしょう。(2022/6/11)

「世界はなぜEV一択なのか」 トヨタ社長に“直球質問”してみた 【回答全文あり】
国内外でガソリン車から電気自動車(バッテリー式電気自動車、BEV)にシフトする動きが進む中、人々に「次世代自動車=EV」という認識が浸透しつつあるように感じる。豊田章男社長に「世界はなぜEV一択なのか」と直球質問した。(2022/6/11)

データセンターの「ネットゼロエミッション」を実現するには【前編】
知らないと恥ずかしい環境用語「ネットゼロエミッション」とは? 実現するには
サステナビリティを目指す企業の取り組みの中、データセンターの「ネットゼロエミッション」実現は重要な役割を果たす。そもそもネットゼロエミッションとは何なのか。具体的な対策は。(2022/6/9)

TechTarget発 世界のITニュース
「Tableau CRM」を「CRM Analytics」に改称したSalesforceの狙い
Salesforceは「Einstein Analytics」や「Tableau CRM」などの名称で提供してきた分析ツールを改称。それに伴い、Slackとの連携などの新機能を追加する。(2022/6/9)

AWS Summit Japan 2022基調講演レポート:
政府、金融、MaaSスタートアップ……AWS Summit Japanに見るそれぞれのクラウドの生かし方
クラウドファーストが当たり前となった今、あらゆる事業を推進するにはクラウドの機能や性能を理解したIT戦略が必要になる。政府、金融、スタートアップそれぞれのクラウドの生かし方を見る。(2022/6/8)

導入事例:
コンクリート表層に塗布した含浸剤でCO2吸収を促進する技術を開発、清水建設
清水建設は、北海道大学とともに、環境配慮型コンクリート研究開発の一環として、既設のコンクリート構造物を利用して大気からのCO2吸収を促進するCO2固定化技術「DAC(Direct Air Capture)コート」を開発した。DACコートは、表層に塗布した含浸剤を介してコンクリート構造物に大気中のCO2を吸収・固定化させるもので、CO2吸収量を含浸剤塗布前の1.5倍以上に増大させられる。含浸剤の主材となるアミン化合物は、CO2の吸収性能だけでなく、防食性能も備えているため、コンクリートの中性化に起因する鉄筋の腐食を抑制し、鉄筋コンクリートの長寿命化に貢献する。(2022/6/8)

バンダイ、「ガシャポン」カプセルに史上初の“紙製カプセル”導入スタート 温室効果ガスの排出量を約30%削減
紙パウダーを51%以上含むエコ素材を使用します。(2022/6/7)

脱プラ:
バンダイ、ガシャポンで“紙のカプセル”を導入 可燃ごみとして廃棄可能
バンダイはガシャポンで"紙"のカプセルを導入する。可燃ごみとして廃棄可能で、温室効果ガスの排出量約30%削減を実現した。6月の第4週から全国のガシャポンに導入する。(2022/6/7)

このまま終わりじゃ寂しすぎる! ホンダ「CB400SF」に有終の美「ファイナル」熱望ッ!
ついに生産終了が決まってしまったロングセラーバイク・CB400SF。それなのに何の花道もなしにフェードアウトなんてさびしすぎます……。せめて「ファイナル」出してくださいホンダさん!(2022/6/5)

自動車業界の1週間を振り返る:
スクーター、子ども用のカート、ラジコンカー……小さな水素タンクを思い返す
さて、今週末は2022年スーパー耐久シリーズの第2戦となる富士24時間耐久レースが開催されます。バイオディーゼルエンジンや水素エンジンなどが市販車に近い状態で走るので、カーボンニュートラルに向けた各チームの試みが見どころの1つではないでしょうか。(2022/6/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.