• 関連の記事

「有機EL」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

任天堂「有機ELモデル以外の新型Switchは計画していない」「収益性も上がらない」 一部報道に反応
任天堂が、10月8日に発売する家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の新モデル(有機ELモデル)以外に、現時点で新モデルを計画していないことを明かした。有機ELモデルの収益性が旧モデルより高いとする、Bloomberg日本版の報道についても「事実ではない」と否定した。(2021/7/19)

「OPPO Find X3 Pro」をじっくりと試す パフォーマンスに死角なし、カメラも先代から進化
「OPPO Find X3 Pro」が6月30日に発売された。SIMフリー版も7月16日に発売予定だ。有機ELディスプレイに約5000万画素の「デュアルフラッグシップカメラ」、遊び心のある「顕微鏡カメラ」や拡張性の高い独自OS「ColorOS」を搭載。実際の使い心地をチェックした。(2021/7/12)

3キャリアが7月9日に発売する「Xperia 1 III」、最も安いのは?
ドコモ、au、ソフトバンクから、ソニー製5G対応スマートフォン「Xperia 1 III」が7月9日に発売される。4K HDR対応有機ELディスプレイや一眼レフのシステムを継承するカメラなど高い性能を持った端末だが、各キャリアで契約した場合の価格はどうだろうか。(2021/7/8)

「Nintendo Switch 有機ELモデル」予約は9月下旬から
任天堂は「Nintendo Switch 有機ELモデル」の予約受付を「9月下旬」に始める。発売日は10月8日。(2021/7/7)

Nintendo Switchに新型「有機ELモデル」登場 3万7980円で10月8日発売
画面サイズも6.2インチ→7インチへと進化しています。(2021/7/6)

Nintendo Switchに新モデル、有機EL搭載で有線LANに対応 3万7980円で10月8日発売
任天堂がNintendo Switchの新モデル「Nintendo Switch 有機ELモデル」を発表した。新たに有機ELディスプレイや有線LAN端子を搭載。価格は3万7980円で、10月8日に発売する。(2021/7/6)

7インチ大画面:
任天堂、新型Switch「有機ELモデル」10月発売 “Wii超え”に弾み
任天堂が「Nintendo Switch」の新型機として有機ELモデルを発表した。価格は3万7980円(税込)。(2021/7/6)

goo Simseller、「OPPO Find X3 Pro」を7月16日に発売 MNPなら8万円台
NTTレゾナントは、7月16日にスマートフォン「OPPO Find X3 Pro」と「OCN モバイル ONE」のセット販売を開始。10億色表示に対応する約6.7型QHD+有機ELディスプレイを搭載する。価格は9万9812円(税込み)。(2021/7/5)

ソフトバンク、「Xperia 1 III」を7月9日に発売 18万8640円
ソフトバンクは、7月9日に同社初の5Gミリ波に対応したスマートフォン「Xperia 1 III」を発売。120Hzのリフレッシュレートに対応した4K HDR対応有機ELディスプレイや可変式望遠レンズを搭載している。(2021/6/30)

ASUS、有機ELディスプレイを採用した11世代Core搭載13.3型ノート
ASUS JAPANは、フルHD表示対応の有機ELディスプレイを搭載した13.3型ノートPC「ASUS ZenBook 13 OLED UX325EA」を発表した。(2021/6/30)

発光効率が低下する原因を解明:
次世代有機LED材料における電子の動きを直接観察
筑波大学や高エネルギー加速器研究機構(KEK)、産業技術総合研究所(産総研)および、九州大学らの研究チームは、次世代の有機LED(OLED)材料として注目される熱活性型遅延蛍光(TADF)について、電子の動きを直接観察することに成功し、発光効率が低下する原因を突き止めた。(2021/6/30)

【Amazonプライムデー】みんなが買った人気商品40選! ルンバ、Apple Pencil、4K有機ELテレビ、野菜生活など
Amazon提供のデータに基づいた人気商品を紹介します。(2021/6/22)

LGエレ、映像制作者向けの有機ELパネル採用31.5型4Kディスプレイ
LGエレクトロニクス・ジャパンは、有機ELパネルを採用した31.5型4Kディスプレイ「32EP950-B」を発売する。(2021/6/17)

au、ミッドレンジ5Gスマホ「Xperia 10 III」を6月18日に発売 
KDDIは、6月18日に5G対応スマートフォン「Xperia 10 III」を発売。3年使っても劣化しにくい容量4500mAhのバッテリーや、6.0型のHDR対応有機ELディスプレイも搭載する。(2021/6/14)

GIGABYTE、クリエイター向け15.6型ノート「AERO 15 OLED」に家電量販店向けモデルを追加
GIGABYTE Technologyは、同社製クリエイター向け15.6型ノートPC「AERO 15 OLED」シリーズの販売ラインアップに家電量販店専売モデルを追加した。(2021/6/14)

TADF材料の励起状態を計算:
量子コンピュータ実機で有機EL発光材料の性能予測
三菱ケミカルと日本IBM、JSRおよび、慶應義塾大学の研究プロジェクトチームは、量子コンピュータ実機を用いて有機EL発光材料の励起状態を高い精度で計算することに成功した。(2021/5/28)

ASUS、有機ELディスプレイ搭載で10万円を切る13.3型モバイルノート
ASUS JAPANは、有機ELディスプレイを標準搭載した13.3型モバイルノートPC「ASUS ZenBook 13 OLED UX325JA」を発売する。(2021/5/27)

ドコモが「Galaxy A52 5G」を6月中旬以降に発売 120Hzディスプレイや4眼カメラを搭載
NTTドコモが、サムスン電子製の5Gスマートフォン「Galaxy A52 5G SC-53B」を6月上旬以降に発売する。ディスプレイには6.5型フルHD+のSuper AMOLED(有機EL)を搭載しており、リフレッシュレートは最大120Hzを実現する。6400万画素の広角カメラは光学式手ブレ補正に対応している。(2021/5/19)

ドコモとソフトバンク、「AQUOS R6」を6月中旬以降に発売
NTTドコモとソフトバンクが、2021年6月中旬以降にシャープの5Gスマートフォン「AQUOS R6」を発売する。AQUOS R6は、ライカ(Leica)と共同開発した1型センサーのカメラを搭載。ディスプレイは、有機ELにIGZOを取り入れた6.6型のPro IGZO OLEDを搭載している。(2021/5/17)

シャープが「AQUOS R6」発表 ライカ印の1型センサーカメラやPro IGZO OLEDを搭載
シャープがスマートフォンAQUOSの新機種「AQUOS R6」を発表した。ライカとカメラ共同開発し、1型の大型センサーを採用している。ディスプレイには、IGZOの特徴を持った有機ELを採用。1Hz〜240Hzの駆動速度を自動で切り替えられる。(2021/5/17)

マイクロチップ MXT2912TD-UW:
車載向けの大型タッチディスプレイ用IC
マイクロチップ・テクノロジーは、タッチスクリーンコントローラー「maXTouch」シリーズから、車載認定済みの「MXT2912TD-UW」を発売した。LCDとOLEDディスプレイに対応し、最大45インチの横長ディスプレイの実装が容易になる。(2021/5/14)

省電力、長寿命、低コスト化へ:
日本触媒、有機EL用電子注入材料をNHKと共同開発
日本触媒は、有機EL用の新たな電子注入材料をNHKと共同で開発した。この材料を用いると陰極から直接、発光層へ電子注入を行うことができるため、有機ELの構造を簡素化できるという。(2021/5/14)

医療機器ニュース:
太陽光で自立駆動する皮膚貼り付け型光脈波センサーを開発
東京大学は、太陽光で駆動する、柔軟な皮膚貼り付け型光脈波センサーを開発した。大気安定性を高めた超薄型有機ELと有機太陽電池、有機フォトディテクタを集積したもので、太陽光で自立駆動するほか、長時間皮膚に貼り付けても装着感が少ない。(2021/5/6)

製造技術やコスト面で課題:
マイクロLEDディスプレイの市場拡大はまだ先
マイクロLEDディスプレイは、OLED(有機ELディスプレイ)、LCD(液晶ディスプレイ)、量子ドットベースのディスプレイの潜在的な代替技術として派手に宣伝されているが、市場調査グループのIDTechExは警鐘を鳴らしている。同社のレポートは、ディスプレイ市場で他の技術に置き換わることに焦点を当てるとともに、新たな市場を創出することも考察している。(2021/4/28)

ASUS、セカンドディスプレイを搭載した2画面ノートPC「ZenBook Duo」新モデル 有機EL採用の上位モデルも用意
ASUS JAPANは、セカンドディスプレイ“ScreenPad Plus”を標準搭載した2画面構成ノートPC「ZenBook Duo」の新モデルを発表した。(2021/4/21)

Fitbit、薄型でファッショナブルなフィットネストラッカー「Luxe」発表 149.95ドル
Google傘下になったFitbitが、「Inspire 2」をよりファッショナブルにしたようなフィットネストラッカー「Fitbit Luxe」を発表した。米国での価格は149.95ドル(約1万6200円)。カラー有機ELのタッチディスプレイ搭載だ。(2021/4/20)

BIGLOBEモバイルが「Redmi Note 10 Pro」発売 ポイント還元で実質1万2689円相当に
BIGLOBEモバイルは、Xiaomi製スマートフォン「Redmi Note 10 Pro」を提供開始。約1億800万画素の高画素カメラを備え、リフレッシュレート120Hzに対応した約6.6型の有機ELフルHD+ディスプレイも搭載する。(2021/4/16)

ソニーが「Xperia 1 III」発表 可変式の望遠カメラや120Hz駆動ディスプレイを搭載
ソニーが「Xperia 1 III」を2021年初夏以降、日本を含む国と地域で発売する。背面には1200万画素の広角レンズと超広角レンズに加え、新たに可変式望遠レンズを搭載している。6.5型の4K有機ELディスプレイは、120Hz駆動に進化した。(2021/4/14)

Dellが「Inspiron」ノートPCの新モデルを発表 「XPS 13」には有機ELディスプレイモデルを追加
Dellが、InspironブランドのノートPCの新モデルを発表した。発売時期は国や地域によって異なるが、日本を含むアジア太平洋地域では4月13日から順次販売が始まる。合わせて、既に販売を開始しているXPS 13には、有機ELディスプレイ構成が追加される。(2021/4/13)

Tiger Lakeに有機ELディスプレイ搭載のプレミアム2in1モバイルPC「ZenBook Flip S UX371EA」を試す
ASUS JAPANの2in1PC「ZenBook Flip S」が最新仕様になって生まれ変わった。4K対応の有機ELや最新CPUを搭載した最上位モデルをチェックする。(2021/4/13)

165Hz駆動でSnapdragon 888搭載 ゲーミングスマホ「RedMagic 6/6 Pro」が4月22日に発売
ZTE傘下のNubia Technologyは、4月22日からゲーミングスマホ「RedMagic 6/6 Pro」を販売開始。リフレッシュレート165Hzの6.8型アクティブマトリクス式有機ELパネルを備え、500Hzのスキャンレートに対応する。(2021/4/8)

Xiaomi、初折りたたみ端末「Mi Mix Fold」は8.01型で4スピーカー装備
Xiaomiが「Mi Mix Fold」で折りたたみ端末市場に参入する。開くと8.01型になるフレキシブル有機ELディスプレイを搭載。プロセッサはSnapdragon 888で5Gに対応し、価格は9999元(約17万円)から。(2021/3/31)

10〜32型の中型領域で製品展開:
JOLED、印刷方式で有機ELディスプレイを量産
JOLEDは、千葉事業所(千葉県茂原市)の量産ラインで製造した有機ELディスプレイ「OLEDIO」の出荷を始めた。同社によれば、印刷方式による有機ELディスプレイの量産は世界でも初めてという。(2021/3/31)

組み込み開発ニュース:
JOLEDが印刷方式有機ELパネルの量産出荷を開始、ブランド名は「OLEDIO」
JOLEDが印刷方式の有機ELディスプレイパネルの量産出荷を開始した。10〜32型の中型パネルであり、ブランド名「OLEDIO」の下で、ハイエンドモニターや医療用モニター、車載機器向けなどに生産していくとしている。(2021/3/30)

富士キメラ総研が世界市場を予測:
機能性高分子フィルム、スマホなどが需要をけん引
富士キメラ総研は、主要分野ごとにエレクトロニクス関連の機能性高分子フィルムの市場を調査。2024年の市場規模として、電子回路基板などに用いられる実装向けは4723億円、LCD/OLED向けは7681億円、半導体向けは563億円と予測した。(2021/3/26)

Innovative Tech:
タトゥーシールのように貼れるOLED 水で転写、緑色に発光
OLEDタトゥーシールを安価に製造する方法。(2021/3/12)

“俺の嫁召喚装置”Gateboxに等身大の大型モデル 65インチOLEDディスプレイ搭載
Gateboxが、3Dキャラクターが立体的に見えるディスプレイ装置「Gatebox」の大型モデル「Gatebox Grande」を発表した。高さ約2mの本体に等身大のキャラクターを映し出せる。(2021/3/8)

NECPC、11.5型高機能Androidタブレット「LAVIE T11」 有機ELディスプレイモデルも用意
NECパーソナルコンピュータは、11型/11.5型ディスプレイを搭載するAndroidタブレット端末「LAVIE T11」を発売する。(2021/1/19)

HDT-1とν-DABNAを組み合わせ:
九州大と関学大、高性能青色有機EL素子を開発
九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センターと関西学院大学の共同研究グループは、高い発光効率と色純度、素子耐久性を併せ持つ青色有機EL素子の開発に成功した。(2021/1/14)

Xiaomi、Snapdragon 888搭載「Mi 11」を1月に中国で発売 4000元から
Xiaomiが来年1月に中国で発売する新フラグシップ「Mi 11」を発表した。5G対応の「Snapdragon 888」を搭載する初端末になる。ディスプレイは3200×1440ピクセルのAMOLEDでリフレッシュレートは120Hz。価格は3999元(約6万3500円)からだ。(2020/12/29)

工場ニュース:
有機EL材料の中国での供給体制を強化、成都市で新工場を本格稼働
出光興産は、アジアで3カ所目の有機EL材料製造工場となる「出光電子材料(中国) 成都工場」の本格稼働を開始した。成都工場の年間生産能力は12tで、静岡や韓国の拠点を合わせた出光興産グループの年間生産能力は、合計22tとなる。(2020/12/23)

組み込み採用事例:
JOLEDとAERQが協業、航空機客室に中型サイズ有機ELディスプレイを導入へ
JOLEDはAERQと協業し、中型サイズ有機ELディスプレイを航空機の客室デジタルサイネージや座席内システムへの導入を目指すと発表した。(2020/12/17)

ついに日本専用キーボードと3:2のアスペクト比にカジを切った日本HP「HP Spectre x360 14」を試す
日本HPが12月に発表した個人向けPCの「Spectra」と「Envy」シリーズの中で、ひときわ目を引いたのが2in1タイプの「HP Spectre x360 14」だ。アスペクト比3:2の有機ELディスプレイに日本向けの専用キーボードを採用するなど意欲的な1台に仕上がっている。(2020/12/14)

組み込み開発ニュース:
透明性と高コントラストを両立した透明有機ELディスプレイモジュール
パナソニックは、55V型の透明有機ELディスプレイモジュール2種を発表した。ディスプレイ部の厚さが1cm未満と薄く、モジュール内の各部材を真空で貼り合わせることで反射ロスを低減している。モジュール仕様なので、さまざまな場所に設置可能だ。(2020/12/11)

楽天モバイル、5.1型ディスプレイ搭載の小型スマホ「Rakuten Hand」発売 2万円(税込み)
楽天モバイルは、4G/eSIM対応のオリジナルスマホ「Rakuten Hand」を発売。約5.1型の有機ELディスプレイを搭載しつつ重量は約129gと片手でも操作しやすいモデルで、モバイルFeliCaも利用できる。(2020/12/8)

パナソニック TP-55ZT110、TP-55ZT100:
視認性の高い透明有機ELディスプレイモジュール
パナソニックは、55V型の透明有機ELディスプレイモジュール「TP-55ZT110」「TP-55ZT100」を発表した。映像の視認性が高く、背景が透けて見えるため、周囲に溶け込みつつ、実物に映像を重ねて表示できる。(2020/12/4)

斜めから見た時の青みを改善:
DNP、有機EL向けブルーシフト改善フィルムを開発
大日本印刷(DNP)は、有機ELディスプレイの画面を斜めから見た時に生じる青みを改善する光学フィルム「ブルーシフト改善フィルム」を開発した。(2020/11/27)

パナソニック、透明有機ELディスプレイを商品化 12月発売へ
パナソニックが透明有機ELディスプレイを12月上旬に発売する。実物に映像を重ねて表示するなど多彩な表現が行えるため、デジタルサイネージなどに利用できるとしている。(2020/11/20)

組み込み採用事例:
駅ナカコンビニで有機ELディスプレイを用いたデジタルサイネージ活用実験を開始
JOLEDは、JR東日本リテールネットと共同で、有機ELディスプレイを用いたデジタルサイネージ活用実験を開始した。JR東日本エリアの駅ナカ店舗に有機ELディスプレイを設置し、その特長を生かして省スペースで見やすい広告、販促表示に利用する。(2020/11/17)

有機ELディスプレイを斜めから見たときの“青み”を改善するフィルム DNPが開発
スマートフォンやPCの有機ELディスプレイを斜めから見た際、青みを抑えられるフィルムを大日本印刷が開発した。(2020/11/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.