• 関連の記事

「成長率」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「成長率」に関する情報が集まったページです。

IC Insightsが売上高成長率予測を発表:
2021年に最も売上高成長を果たす半導体メーカーはAMDか
IC Insightsは2021年11月、半導体メーカー売上高上位25社の2021年売上高成長率予測を発表した。それによると、2021年に最も2020年比で売上高を伸ばす半導体メーカーは、AMDだという。(2021/12/1)

現金給付で景気は良くならないワケ 政府が繰り返した3度の「トンデモ」政策
 7〜9月期の国内総生産(GDP)成長率の速報値は実質で前期比マイナスとなった。われわれの生活実感に直結する名目では0.6%減で、1〜3月期以来、今年は下がりっぱなしという惨状だ。(2021/11/23)

今日のリサーチ:
Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と全く同じ順位。成長率ではTeslaがトップに立ちました。(2021/10/21)

国内プライベートクラウド市場、2025年に2.8兆円規模へ 成長要因にコロナで明暗か
IDCの調査によると、国内プライベートクラウド市場は今後年成長率25.3%で堅実に推移し、2025年に2020年比3.1倍の2兆7815億円に達する見通し。市場成長の要因とは。(2021/10/19)

2021年は成長率2倍以上に:
国内データセンターサービス市場拡大の背景にあるもの
IDCによると、国内DCサービス市場の2021年における成長率は、2020年における前年比成長率の2倍以上になる見込みだ。市場拡大の背景にはコロナ禍が企業活動にもたらした2つの影響がある。(2021/10/14)

世界の成長、IMFが5.9%に下方修正
【ワシントン=塩原永久】世界経済の回復ペースが新型コロナウイルスの変異株(デルタ株)流行で鈍化している。国際通貨基金(IMF)は12日発表した経済見通しで、2021年の世界成長率を5.9%と予測。7月段階の予測から0.1ポイント下方修正した。デルタ株の打撃や、供給網の混乱が長期化するリスクがあると分析。回復の勢いを取り戻せるかの岐路にあると警鐘を鳴らしている。(2021/10/13)

対前年比20.3%増の1兆5087億円:
「クラウドネイティブアーキテクチャが急速に浸透」 IDCが国内パブリッククラウドサービス市場を予測
IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2021年の市場規模は、対前年比20.3%増の1兆5087億円になる見込み。2020〜2025年の年間平均成長率は18.4%で、2025年の市場規模は2兆9134億円になると予測する。(2021/10/8)

18番目の国・地域に:
セブン-イレブン、インドに初進出 ムンバイに1号店 「最も経済成長の早い国の一つ 」
セブン-イレブン・ジャパンと、子会社の米7-Elevenが印ムンバイ(旧ボンベイ)にインド1号店をオープンする。同国への進出は、同社にとって18番目の国・地域になる。7-Elevenは進出の理由に、同国の高い経済成長率を挙げている。(2021/10/7)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
中国電力不足問題に関する考察
中国では現在、電力不足が深刻化。目先の経済成長率の維持よりも、温暖化対策など中長期の改革を重視する姿勢に転じたと考えられます。日経平均株価にとっても、目先は中国のこれらの問題が、上値をおさえる要因になると思われます。(2021/10/6)

Canalys、Gartner発表の2021年第2四半期PC出荷台数から
PC爆売れなのに「タブレット」が売れない あの業界で“タブレット離れ”進行か
テレワークが定着する中、米国では引き続きPCの出荷が好調だ。ただしタブレットの出荷がマイナス成長に転じたり、世界ではPC出荷の成長率が落ちていたりといった見逃せない動きがある。PC市場で何が起きているのか。(2021/9/28)

国内アプリケーションPaaS/インテグレーションPaaS市場が上昇基調 その背景は――IDC
IDC Japanによると、国内アプリケーションPaaS/インテグレーションPaaS市場は上昇基調にあり、2025年までともに年成長率20%台で推移する見通し。特にアプリケーションPaaS市場は、2025年に900億円規模に達する予測だ。市場成長の背景とは。(2021/9/27)

波紋から2年:
楽天市場「送料無料化」導入店舗は90%超に 三木谷社長は「絶対伸びる」と自信満々……店舗の本音は?
楽天は「楽天EXPO 2021」にて一部の店舗から反発があった「楽天市場での一部送料無料化」についての実績を公開した。無料化を導入する出店店舗は9割超え、成長率も未導入店舗と比較して25%高いという。実際に出店店舗はどう思っているのだろうか?(2021/9/2)

2021〜2025年の年平均成長率は24.5%:
AIシステム市場は2025年に2040億ドル超に、IDC予測
IDCによると、世界のAIシステム支出は2021年に853億ドルに達し、2025年には2040億ドル以上へと増加する見通しだ。2021〜2025年の年平均成長率は24.5%になるという。業種別やユースケース別、技術別、地域別の展望も示した。(2021/9/2)

2025年度には売上金額が1200億円に達する:
「AIは『ビジネスユーザーのための道具』として足場を固めている」 ITRがAI関連の主要8市場の市場規模を予測
ITRは、AI関連の主要8市場について、市場規模の推移と予測を発表した。ITRは2020年度の売上金額を対前年度比19.9%増の513億3000万円、2020〜2025年度の年間平均成長率を18.7%と見込んでいる。(2021/8/30)

2025年まで6%以上の成長率を維持:
「今後クラウド移行がさらに加速する」 IDCが国内システム/サービス管理ソフトウェア市場を予測
IDC Japanは国内システム/サービス管理ソフトウェア市場の予測を発表した。2020〜2025年の年間平均成長率は6.3%で、2025年の市場規模は3899億800万円になるという。(2021/8/26)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
2026年には315億ドル規模へ、成長続けるCIS市場でシェア落としたソニーの行方は
CIS市場は今後5年間、年平均成長率(CAGR)7.2%で成長を続け、2026年までには315億米ドルに達する見込み。(2021/8/20)

Amazon、3期連続の売上高1000億ドル超も予想は下回る AWSは好調
Amazonの4〜6月期決算は、2桁台の増収増益ではあったが成長率は鈍化した。AWSの売上高は37%増と引き続き好調だった。(2021/7/30)

【決算発表】コロナ禍で成長率鈍化も、「名刺の次」で見据えるSansanの成長ストーリー
クラウド名刺管理サービスを提供するSansanは7月14日、2021年5月期通期の決算を発表した。新型コロナウイルスの影響を受けながらも粘り強く成長を続けた名刺交換サービス「Sansan」の実績と、クラウド請求書受領サービス「Bill One」の順調な立ち上がりが見られた。(2021/7/15)

マイナス成長する市場が目立つ:
売上額トップは富士通、成長率が高いのはアクセンチュア IDCが国内ITサービス市場の売り上げランキングを発表
IDC Japanは、国内ITサービス市場について、2020年のベンダー売り上げランキングを発表した。トップは富士通。2位はNTTデータで、前年の3位から順位を上げた。対前年比売り上げ成長率が最も高かったのは、アクセンチュアだった。(2021/7/14)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
BTS効果でK-POP大躍進 世界の音楽市場の成長率推移はどうなっている?
世界の音楽シーンに旋風を巻き起こすK-POP。その他の国・地域の音楽市場はどうなっている?(2021/6/18)

SmartHRがARR初公開 45億円で成長率は106% 人事労務SaaSの次の一手
HRテックスタートアップのSmartHRは6月8日、事業戦略説明会を実施し、SaaS企業の実質的な売上高評価にあたるARRが45億円であることを明かした。前年同期から106.2%の伸びとなっている。(2021/6/8)

2020〜2025年の国内AIシステム市場を予測:
国内AIシステム市場が「新型コロナのマイナス影響」を受けなかった理由 IDC
IDC Japanは2020〜2025年の国内AIシステム市場予測を発表した。2020〜2025年の年間平均成長率を25.5%と見込み、2025年の市場規模は4909億8100万円になると予測する。(2021/6/8)

製造マネジメントニュース:
国内第3のプラットフォーム市場予測発表、2021年は17兆1500億円規模
IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム市場の実績と2021〜2025年の市場予測を発表した。2025年には22兆4322億円に達し、2020〜2025年の年間平均成長率(CAGR)は6.4%になると予測している。(2021/6/8)

2021年の国内IT支出は2.6%増、ただし「格差」の兆しも――ガートナー予測
ガートナーによると、2021年の日本のIT支出成長率は前年比2.6%となる予測で、業種別では教育、政府官公庁/地方自治体で高い成長が見込まれる。ただし、IT投資の「格差」が広がる見通しも出てきた。(2021/5/25)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタ世界市場は新型コロナの影響で伸びが鈍化、2023年に37万台と予測
矢野経済研究所は、3Dプリンタ世界市場に関する調査結果の概要を発表した。2020年の3Dプリンタ世界市場規模はCOVID-19の影響を受け、出荷台数が減少し、前年比99.7%の36.4万台となった。また、2017〜2023年までの年平均成長率(CAGR)は5.4%で推移し、2023年の3Dプリンタ世界市場規模は37万台になると予測している。(2021/4/21)

製造ITニュース:
コロナ禍でのサブスク導入/非導入企業の成長率にギャップ、調査レポート公開
Zuoraは2021年4月16日、世界中で展開されているサブスクリプションサービスの最新動向を調査したレポート「サブスクリプション・エコノミー・インデックス」の最新版に関する説明を行った。調査では、サブスクリプションビジネスを導入した企業はコロナ禍でも高いレジリエンスを発揮することが示唆された。(2021/4/20)

ブロックチェーン技術、年平均82.4%で市場規模拡大見込み
グローバルインフォメーションは、ブロックチェーン技術の市場動向、市場シェア、市場規模予測などをまとめたレポートの販売を開始した。それによると、市場規模は2020年で36億7000万ドル。21年から28年にかけては、年平均成長率82.4%で急拡大すると予想している。(2021/4/19)

TechTarget発 世界のITニュース
PC出荷は2021〜2022年に“減速”の見通し 部品不足が深刻に
2021〜2022年はPCの出荷台数の成長率が鈍化する見込みだ。その背景には、PC業界と他業界との部品の奪い合いがある。(2021/4/19)

7割がジョブ型or成果主義、9割が技術役員設置──DXで高成長企業の秘訣は人事制度!
DXにより高い成長率を実現している企業は、約70%がジョブ型雇用もしくは成果主義を採用しており、90%以上がソフトウェア開発出身の技術役員を設置していることが、日本CTO協会の調査で分かった。(2021/4/13)

2025年の国内IoT市場は10.2兆円規模へ スマートホームがけん引――IDC予測
IDC Japanによると、国内IoT市場のユーザー支出額は年間平均成長率10.1%で成長し、2025年に10兆1902億円に達する見通し。産業分野別では、製造業に次いで、個人消費者の支出額も堅調な伸びが見込まれ、スマートホームといったユースケースが市場をけん引する予測だ。(2021/4/9)

製品動向:
世界2ケタ成長の「ミルウォーキーツール」、“建設工具のコードレス化”で日本上陸
建設業界全体で、工具の電動化が進んでいるなか、2020年度のアジア市場で35%の売上成長率を見込むミルウォーキーツールは、建設工具のコードレス化を強みに、日本の建設現場に向けてブランド展開を本格化させる。(2021/4/7)

3Dプリンタニュース:
世界の金属3Dプリンティング市場、2027年まで32.5%超の成長率と予想
Report Oceanは、金属3Dプリンティング市場に関する調査レポートを公開した。世界の金属3Dプリンティング市場は、2020〜2027年の予測期間にわたって32.5%超の成長率で成長すると予想している。(2021/3/26)

【AI insideの衝撃 後編】SaaS企業からAIプラットフォーマーへ
今期40億円を超える売上を見込み、250%を超える売上高成長率を達成しながらも「SaaSでの展開はあくまで通過点」と、AI insideの渡久地CEOは次の展開を見据えています。後編でも「企業データが使えるノート」のアナリストが、引き続き渡久地氏にインタビューを行いながら「GAFAが競合になり得る」というポテンシャルを持つ、AIプラットフォーマーとしての可能性を探っていきます。(2021/3/19)

製造マネジメントニュース:
国内産業用ネットワーク機器の市場予測発表、2020年成長率は2.2%
IDC Japanは、国内産業用ネットワーク機器の市場予測を発表した。新型コロナウイルス感染症によって成長率が鈍化したが、2021年後半から需要が回復し、2021年の前年比成長率は7.8%になると予測する。(2021/3/15)

AI insideの衝撃【前編】売上を250%成長させるSaaSの逆セオリー
手書き書類を人工知能(AI)を用いて高精度にデジタルデータに変換するOCRソフトウェア 「DX Suite」を提供するAI insideは、2021年3月期の業績予想売上高が対直近年度+281%を見込み、3月期決算の国内上場企業で最も高い成長率での着地を見込んでいます。同社がいかにSaaSプロダクトを急成長させたか。また、新たに展開を加速させているAI プラットフォーマー化への展望を前編・後編でお伝えしていきます。(2021/3/12)

2020年前半に延期されたプロジェクトが徐々に再開:
「2021年はV字回復してプラス成長」 IDCが国内ITサービス市場予測を発表
IDC Japanは、国内ITサービス市場の予測を発表した。IDCは、2021年はITサービス市場がV字回復するとみており、2020〜2025年の年間平均成長率は2.4%で、2025年の市場規模は6兆4110億円に達するという。(2021/2/26)

製造ITニュース:
国内第3のプラットフォーム市場予測、2024年に21兆円規模に
IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム市場を調査し、2020〜2024年の予測結果を発表した。2024年に同市場は21兆1202億円となり、2019〜2024年の年間平均成長率5.7%で成長すると予測する。(2021/2/4)

米国、中国は堅調、欧州は後退、日本は遅行 コロナ後の経済けん引役は?
2021年の世界経済は、当初の想定を上回って堅調に回復するかもしれない。バークレイズ証券調査部長・チーフエコノミストの山川哲史氏は、21年の世界経済実質GDP成長率を5.9%と予想し、「成長率はさまざまな予想を1%弱上回る」と話した。(2021/1/19)

矢野経済研究所が市場調査:
産業用センサー、2024年は1兆4540億円規模へ
矢野経済研究所は、産業用センサー(環境センシング関連)6品目の市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、2020年見込みの1兆1360億円に対し、2024年は1兆4540億円規模となる。2019年から2024年までのCAGR(年平均成長率)は3.4%と予測した。(2021/1/7)

国内アプリケーションPaaS市場、2021年から成長回復か――IDC
IDC Japanによると、2020年はコロナ禍で成長が鈍化するものの、前年比成長率13%で約346億円規模となる見通しだ。(2020/11/6)

3Dプリンタニュース:
選択的レーザー焼結装置市場は2027年までにCAGR22.8%で成長
Report Oceanは、「選択的レーザー焼結市場調査レポート」を発表した。2019年の同世界市場は約4123億5000万ドルと評価されており、2027年までに年平均成長率22.8%で成長すると予測している。(2020/11/2)

材料技術:
世界のフッ素樹脂市場の年平均成長率は6.5%、2027年に117億米ドルになると予測
Report Oceanは、2019年の世界のフッ素樹脂市場は77億米ドルで、2027年までに117億米ドルに達するとの予測を発表した。新型コロナウイルス感染症の影響による健康機器への需要の高まりが、今後のフッ素樹脂市場をけん引する。(2020/10/27)

今日のリサーチ:
GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しました。間に割って入ったAmazonとMicrosoftは成長率ランキングの2トップでもあります。(2020/10/21)

製造ITニュース:
国内IoTセキュリティ市場最新予測発表、2021年はマイナス成長に
IDC Japanは、国内IoTセキュリティ市場の2019年の実績と2020〜2024年の予測データを公開した。2019年の同市場規模は836億5900万円で、2020年には市場成長率が前年比マイナス5.4%に落ち込むと予測する。(2020/10/19)

国内IoTセキュリティ製品市場動向調査 今後ユーザーに求められる資質は
IDC Japanの予測によると、国内IoT向けセキュリティ製品市場の2019〜2024年の年間平均成長率は3.6%。2020年は対前年比5.4%減に落ち込むものの、2021年以降はプラス成長に回復する見込みだ。(2020/10/9)

消費者サービス業界はAI投資に慎重:
「世界のAI支出額は今後4年間で倍増する」 IDCが予測
IDC Japanは、世界のAIの支出額に関する予測を発表した。2019〜2024年の年間平均成長率を20.1%と見込み、支出額は2020年の501億ドルから2024年には1100億ドル以上になると予測する。(2020/10/5)

世界規模で進むAI活用 総支出額の「ほぼ3分の1」を占めるユースケースとは
IDC Japanによると、AIに対する世界全体の支出額は今後4年間で2倍に増加し、2024年に1100億ドルに達する見通しだ。日本のAI支出額は、2024年までの年成長率が32.1%と、強力な支出拡大が見込まれる。(2020/10/2)

変化する国内IoT市場 データを使いこなすために重要な2つのキーワードとは
IDC Japanの予測によると、国内IoT市場の2019〜2024年の年間平均成長率は10.3%。支出額は2019年が7兆258億円で、2024年は11兆4697億円になる見込みだ。ソフトウェアとサービスに対する支出割合が継続的に増加する。(2020/9/29)

578億ドル規模へ:
AIチップ市場、2026年まで成長率40%で伸びる
AIチップセット市場が、約40%の年平均成長率で成長を遂げている。大量の複雑なデータセットの存在や、顧客企業が性急に推進してきた商用アプリケーションの増加、深層学習やニューラルネットワークの幅広い普及などが後押しとなったのではないかと見られている。(2020/9/23)

製造マネジメント インタビュー:
DevOpsなPLMを目指すアラス、コンテナ活用によるクラウドネイティブ化も視野に
PLMベンダーのアラス(Aras)が事業展開を加速させている。過去3年間平均の売上高成長率は44%と高い伸びを示しており、PLM「Aras Innovator」の契約社数は365社、オープンソース版の利用企業数も1000社を超えた。米国GEの再生エネルギー部門やドイツ自動車部品メーカーのグラマーなどの大手製造業による大規模導入も進んでいる。(2020/9/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.