• 関連の記事

「成長率」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「成長率」に関する情報が集まったページです。

今日のリサーチ:
サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率は鈍化傾向にあるようです。【更新】(2024/2/23)

GDP発表で見える「本当の問題点」は何か
内閣府が2023年10〜12月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価の変動を調整した実質ベースの成長率は前期比年率で0.4%減と2四半期連続のマイナス成長となった。(2024/2/22)

森永康平の経済闘論:
日本のGDP「4位転落」にうろたえるな 経済成長率は低迷が続くのか
日本の2023年の名目国内総生産(GDP)がドイツに抜かれ、世界4位に転落する見通しが報じられた。この見通しは暫定的なものであるが、確定させるためには日本の23年10〜12月期のデータを待つだけの状態であるから、確度は現時点でも十分に高いことは間違いないだろう。(2024/1/25)

今日のリサーチ:
2024年、世界の広告費は4.6%増 成長をけん引する本当の要因は?――電通グループ予測
電通グループは、世界58市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2023〜2026)」を発表しました。(2024/1/5)

2027年まで年平均9.5%成長の見込み:
マルチクラウド活用で需要が高まる、「データセンターインターコネクションサービス」とは何か
IDC Japanは、国内データセンターインターコネクションサービス市場の予測を発表した。2022年の売上額は、対前年比11.7%増の632億5000万円。同社は2022〜2027年の年間平均成長率を9.5%とみており、2027年の売上額を997億6800万円と予測する。(2023/12/26)

ITRが国内レッドチームサービス市場を予測:
あなたの会社に「レッドチーム」はありますか? 実践形式のセキュリティ評価サービスの需要が高まる
ITRは、国内レッドチームサービス市場の規模推移と予測を発表した。2022年度の売上金額は、対2021年度比で30.9ポイント増の28億8000万円。2022〜2027年度の年平均成長率を11.1%と見込み、「2027年度の売上金額は約49億円に上る」と予測している。(2023/12/13)

CIO Dive:
成長率低下のクラウド市場 AWSは“Bedrock”で持続的な支配を目指す
ハイパースケーラーによる生成AIソリューションの提供は、クラウド市場の成熟による成長率の低下を覆す可能性がある。(2023/12/13)

組み込み開発ニュース:
インフィニオンがセンサー製品群「XENSIV」をアピール、開発検討中の製品も披露
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンがセンサーブランド「XENSIV」製品群の事業展開について説明。注力4市場の今後5年間の年平均成長率見込みである17.1%を大きく上回る売上高の拡大を目指していく方針である。(2023/12/1)

全世界のDX支出は2027年に約3兆9000億ドルへ:
「世界のDX支出は2桁成長を続ける」IDCが予測 米国に次いでアジアがDX支出2位に?
IDCはDXの今後5年間の年平均成長率を16.1%と予測した。日本、中国を含むアジア太平洋地域では第3のプラットフォームテクノロジーと、カスタマーエクスペリエンスの分野への投資が進む見込み。(2023/11/20)

2025年には100億ドル規模に:
世界の「CPaaS」市場の成長率、前年同期比15%増 Twillo、Vonage、Sinch、Infobipが争う
Synergy Research Groupは、世界のCPaaS市場の動向調査を発表した。(2023/10/31)

Amazon決算、コスト削減奏功で純利益は244%増 AWSの成長は鈍化
Amazonの7〜9月期決算は、売上高は12.5%増、純利益は244%増と好調だった。AWSの売上高は12%増と成長率は鈍化している。(2023/10/27)

2027年の市場規模は約1.9倍に:
「ローカルブレークアウト」に注目する企業が市場をけん引 IDCが国内SD-WAN市場予測を発表
IDC Japanは、国内SD-WAN市場の予測を発表した。2022年の市場規模は、対2021年比34.8ポイント増の117億5100万円。2022〜2027年の年間平均成長率は13.9%で、2027年の市場規模は2022年の約1.9倍に当たる225億300万円になると予測する。(2023/10/5)

「コロケーションデータセンターの収益は大きく増加」:
AIの発展とともに成長するデータセンター市場、2027年には652億ドル規模まで拡大する見込み
Omdiaは、データセンター市場に関する調査結果を発表した。「データセンター市場ではAIの実用的なアプリケーションに対する認知度が高まっている」とし、2027年には業界規模は652億ドルに達し、5年間の年平均成長率(CAGR)は9.4%になると予想した。(2023/9/20)

CAGR31%で成長へ:
SiCパワーデバイス市場、2028年に90億米ドル規模に
フランスの市場調査会社Yole Groupによると、SiCパワーデバイス市場は2028年に約90億米ドル規模にまで成長するという。xEVが市場をけん引し、2022年から2028年まで年平均成長率(CAGR)31%で成長を続ける見通しだ。(2023/9/5)

製造業におけるクラウド市場は今後成長傾向:
製造業におけるクラウドプラットフォームの収益は2033年までに3000億ドルを超える見込み ABI Research予測
ABI Researchは、製造業における産業用クラウドプラットフォームの総売上が、2033年までに年平均成長率22.57%で3000億ドルを超えるとの予測を発表した。(2023/9/4)

CIO Dive:
コスト最適化はもう終わり? それでもAWSの成長率がMicrosoftやGoogleに劣る理由
ユーザー企業の「コスト最適化」は2023年の最大のトレンドとも言われるが、AWSによると、その傾向は終息しつつある。それでもAWSの売上高成長率がMicrosoftやGoogleよりも低い理由はどこにあるのか。(2023/9/4)

部品検品からマーケティング用途まで:
2027年度の市場規模は340億円 ITRが画像認識市場の予測を発表
ITRは、国内画像認識市場の規模の推移と予測を発表した。2022年度の国内画像認識市場の売上金額は、対前年度比32.9%増の93億円。2022〜2027年度の年平均成長率を29.6%と見込み、2027年度の市場規模は340億円に達すると予測している。(2023/8/31)

市場規模は拡大、Canalysの調査:
世界のクラウドサービス市場の成長率は16%に鈍化 AWS、Azure、Google Cloudの伸びしろはどこ?
Canalysによると、2023年第2四半期のクラウドインフラサービス市場は前年同期比16%増の724億ドルとなった。2023年第1四半期の19%から低下した。(2023/8/31)

2027年までの年間平均成長率は8.4%:
「IaaSの利用が拡大し、市場構造の転換が加速する」 IDCが国内ITインフラ市場を予測
IDC Japanは、国内ITインフラ市場の予測を発表した。2022〜2027年の年間平均成長率を8.4%と見込み、2027年の同市場の売上額を7兆6643億円と予測する。特にIaaS市場が急成長しており、2027年の国内ITインフラ市場に占めるIaaSの構成比は36.8%に達するという。(2023/8/17)

グローバルのクラウドインフラ市場シェア、AWSがトップ維持、Google Cloudは成長率キープ 2023年第2四半期
調査会社の米Synergy Research GroupとシンガポールCanalysが、2023年第2四半期のグローバルにおけるクラウドインフラのシェアをそれぞれ発表した。(2023/8/16)

「中小ベンダーが大手の市場シェアを奪う絶好の機会」:
企業向け無線LAN市場は拡大傾向 カギは「Wi-Fi 7」「HaaS」
ABI Researchは、エンタープライズ無線LANインフラストラクチャの売り上げが2022年から2028年の間に年平均成長率9.7%を達成すると予測した。無線LANの市場規模は新技術の導入とともに拡大している。(2023/8/4)

2027年度の市場規模は700億円に:
「エンドポイント管理」の導入ラッシュは一段落、ベンダーが次に狙っている市場は? ITR
ITRは、国内のユニファイドエンドポイント管理市場規模の推移と予測を発表した。2022年度の売上金額は、対前年度比25.9%増の417億3000万円。2022〜2027年度の年平均成長率を11.7%と見込み、2027年度の市場規模は700億円規模に達すると予測する。(2023/7/31)

CIO Dive:
絶好調だったSalesforceに異変 「それでも求められる」製品にみるIT投資のトレンドは?
Salesforceの売上高の成長率が過去10年間で最低の数値を記録した。その中でも収益を伸ばしている製品とは何か。(2023/7/26)

2023年の成長率「大幅に鈍化」の理由は? IDCが国内クラウド市場を予測
企業のクラウド移行は進み、市場拡大が続いている。しかし、IDCによると2023年の国内クラウド市場の成長率は2022年に比べて大幅に鈍化する見込みだ。その理由とは。(2023/6/30)

製造マネジメントニュース:
国内IoT市場は2027年に8兆7000億円規模に、予測レポート発表
IDC Japanは、国内のIoT市場予測を発表した。同市場におけるユーザー支出額は、2022〜2027年の5年間で年間平均成長率8.5%で成長し、2027年には8兆7461億円になると予測している。(2023/6/30)

2027年の市場規模は13兆円超:
国内クラウド市場の成長が大幅に鈍化、でも「今後の期待大」な理由
IDC Japanは、国内クラウド市場の予測を発表した。2022年の市場規模は、対2021年比で37.8ポイント増の5兆8142億円。2022〜2027年の年間平均成長率は17.9%で、2027年の市場規模は13兆2571億円になる見込みだ。(2023/6/29)

CIO Dive:
AWSの収益成長率が鈍化 クラウド市場は拡大しているのになぜ?
依然としてクラウド市場で高いシェアを占めているAWSだが、同社の収益成長率は鈍化しており、今後もこの傾向が続くと見られる。企業のクラウド利用は拡大しているのに、なぜなのか。(2023/6/28)

2026年度の市場規模は37億円に:
さよならVPN、定着見られる「ゼロトラスト」が取って代わる兆し  ITRが国内ZTNA市場の推移を発表
ITRは、国内のZTNA市場規模の推移と予測を発表した。同社は2021〜2026年度の年平均成長率を16.8%と見込んでおり、2026年度の市場規模は37億円に達すると予測している。(2023/6/16)

今日のリサーチ:
世界の広告費が初めて100兆円超えへ――電通グループ予測
電通グループは、世界58市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2023〜2025)」改定版を発表しました。(2023/6/8)

2026年度は88億円に成長:
工場や研究所が「EDR/NGAV」ではなく「NDR」を選ぶ理由とは ITR
ITRは、国内NDR市場規模の推移と予測を発表した。2021年度の売上金額は、対前年度比57.5ポイント増の43億円。2021〜2026年度の年平均成長率を15.4%と見込み、2026年度には88億円に成長すると予測している。(2023/5/31)

企業のデジタルレジリエンシー向上の鍵は? IDCが提言
IDCの調査によると、国内のセキュリティ市場は2023年以降も年平均成長率7.1%で続伸の見通しだ。IDCは企業が競争力を維持するために重要なデジタルレジエンシ―を向上させるための鍵について提言した。(2023/4/14)

スマホへの採用で急拡大へ:
短波長赤外イメージング市場、2028年に29億ドル規模に
フランスの市場調査会社Yole Groupは2023年4月、短波長赤外(SWIR)イメージング市場が2022年の3億2200万米ドルから年平均成長率44.2%で成長し、2028年には29億米ドル規模になるという予測を発表した。(2023/4/13)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(9):
四半世紀で製造業のGDPと就業者は縮小、データで見る国内産業構造の変化
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。第9回では、実質成長率に注目して日本と他国の比較を行っていきます。(2023/4/4)

2023年から2030年までのCAGRを「24.42%」と予測:
それだけ危険? SkyQuestが「日本や中国がセキュリティAI市場を拡大させる」と予測する理由
SkyQuestはサイバーセキュリティAI市場の成長予測を発表した。2023年から2030年までの同市場の年平均成長率(CAGR)を24.42%、市場規模は2030年までに94.3億米ドルを超えると見込んでいる。(2023/3/23)

ARR110億間近のSmartHR、なぜ次は「タレントマネジメント」領域なのか
労務管理SaaSのトッププレイヤー、SmartHRのARRが110億円に達しようとしている。いまだ成長率は50%超と高く、成長は陰りを見せていない。そしてさらに成長加速すべく、労務管理に続き、タレントマネジメントに注力する方針だ(2023/3/14)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(8):
先進国では最低クラス、日本の「実質的な」平均給与の成長率を検証する
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。第8回では、実質成長率に注目して日本と他国の比較を行っていきます。(2023/3/1)

CIO Dive:
Microsoftの「損して得を取る」戦略の行方は? 大口顧客に節約ムード
8年ぶりの低成長率となったMicrosoft。景気減速を受けて顧客企業に節約ムードが広まる中、同社は「損して得を取る」戦略をとるようだ。順調な成長が続く“虎の子”のクラウドでMicrosoftがとる戦略は吉と出るか、それとも…。(2023/2/21)

グローバルのクラウドインフラ市場、市場の成長率が鈍化する中でAWSがシェア30%超を維持 AzureとGoogle Cloudは堅調 2022年第4四半期の調査結果
調査会社のSynergy Research GroupとCanalysが、2022年第4四半期時点のグローバルにおけるクラウドインフラのシェアをそれぞれ発表した。Canalysによれば、1年間でクラウドインフラ市場の成長率は鈍化。クラウドコストの上昇によって、顧客企業が支出の最適化を迫られているという。(2023/2/14)

2026年には25兆1104億円に:
キーワードは「CX」と「GX」? IDCが国内第3のプラットフォーム市場予測を発表
IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム市場の予測を発表した。2022年の市場規模は、対2021年比7.0%増の20兆992億円の見込み。2021〜2026年の年間平均成長率を6.0%と見ており、2026年には25兆1104億円に達すると予測する。(2023/2/13)

相互運用性に関する調査レポートを発表:
IT予算を2〜4ポイント増やすだけで収益成長率が上がる企業の共通点とは アクセンチュア
アクセンチュアは、調査レポート「解き放たれる価値:相互運用性が抜本的な成長をもたらす」を発表した。それによると「相互運用性」が高い企業は、低い企業と比べて6倍速く収益成長することが分かった。(2023/2/3)

2020年代はフルタイム開発者の世界的な不足が続く:
ローコード/ノーコード市場の急拡大で開発者の仕事はどうなる?
IDCによると、ローコード、ノーコード、インテリジェント開発技術(LCNCIDT)の世界売上高は2026年には210億ドルに伸び、2021〜2026年の年平均成長率(CAGR)は17.8%になる見通しだ。(2023/1/26)

Marketing Dive:
パンデミック特需終了でもモバイルアプリは成長を持続、2023年のマーケターの生きる道は?
2022年のアプリインストールの成長率は、不況への懸念やAppleのプライバシーポリシーへの対応、デジタル投資の後退傾向など、さまざまな事情を反映しているように見える。(2023/1/26)

年平均8%のペースで成長:
AI駆動、ローコード/ノーコード、APIなどがけん引 エンタープライズアプリ市場は右肩上がり予測
IDCは、エンタープライズアプリケーション市場における世界売上高の予測を発表した。2026年までの5年間の平均成長率が8%に、2026年には3852億ドルに市場が拡大するとみている。(2023/1/17)

Marketing Dive:
リテールメディアとは? Walmartに学ぶ広告×ECで稼ぐ仕組み
グローバルレベルでの広告売り上げの成長率が30%以上に達した米小売業大手のWalmart。アナリスト向け説明会で経営陣は、Eコマースの拡大が広告の成長を支え、その逆もまた同様であることを強調した。(2022/12/28)

メモリ/車載半導体市場全体を上回る成長率:
車載メモリ市場は27年まで20%の急成長、Yoleが予測
フランスの市場調査会社Yole Group(以下、Yole)は2022年11月30日(フランス時間)、車載メモリ市場に関する市場調査結果を発表した。同社の調査によると、車載メモリ市場は2021〜2027年の間、CAGR(年平均成長率)20%と急速な成長を続けるという。(2022/12/6)

矢野経済研究所が世界市場を調査:
車載ディスプレイ部材、出荷量はプラス成長続く
矢野経済研究所は、車載ディスプレイ部材の世界市場を調査し、車載タッチパネルやディスプレイカバー(前面板)など主要部材の出荷量について、その成長率を予測した。主要部材の出荷量は今後も続伸が見込まれる中で、曲面や大画面、高精細化に対応した部材のニーズが高まる見通しだ。(2022/11/17)

今日のリサーチ:
ブランド価値ランキングでMicrosoftが15年ぶり2位に浮上、成長率ではトップに
Interbrandが毎年発表する世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands」の2022年版の結果です。(2022/11/8)

中国におけるBEV普及・海外進出加速に示唆される日本自動車産業の未来
中国における国内新車販売台数は、2017年まで2桁の年平均成長率で成長し続けてきたが、 2017年以降は減少傾向に転じた。一方、NEV、BEVの販売台数は拡大を続けその傾向がより一層加速している。(2022/10/31)

50%超の“爆”成長を支えるニーズとは? ITRが国内電子契約サービス市場を予測
ITRは、国内電子契約サービス市場について規模の推移と予測を発表した。2021年度の売上金額は、対前年度比56.1%増の157億2000万円となる見込みだ。同社は高い成長率の理由としてあるニーズを挙げる。(2022/10/28)

2026年は市場規模が2.6倍に拡大:
「つべこべ言わずに今できることをやる企業」が国内パブリッククラウド市場をけん引している IDC調査
IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2022年の市場規模は、対前年比29.8%増の2兆1594億円の見込み。2021〜2026年の年間平均成長率は20.8%で、2026年の市場規模は2021年の約2.6倍に当たる4兆2795億円になると予測する。(2022/9/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.