• 関連の記事

「インタフェース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インタフェース」に関する情報が集まったページです。

光伝送技術を知る(17) 光トランシーバー徹底解説(11):
光トランシーバーのForm Factorの新動向(6) 〜電気と光のインタフェース
今回はCPOモジュールの大きな議論となる電気と光の実装インタフェースを述べる。また、2021年2月上旬にCPO CollaborationからJDFの成果として3.2T CPOの要求仕様が公開されたので紹介する。(2021/7/19)

作業案内の方法で効率が全く異なる:
ARによる高齢者支援ではUIが課題、研究チームが明らかに
英バース大学の研究チームはARのユーザーインタフェースを変えると、作業の効率や進めやすさがどの程度変わるのかを調査した。一般的なUIは、50歳以上のユーザーにとって分かりにくい場合があるという。(2021/7/19)

「ローカル5G」活用の可能性を探る【中編】
「ローカル5G」の導入障壁は「5G」の“RANオープン化”で下がるのか?
「ローカル5G」は一般的な企業にはまだなじみのないIT領域だ。ただし基地局を構成するインタフェースのオープン化によって、ローカル5G導入がより身近になってくる可能性がある。(2021/7/23)

石野純也のMobile Eye:
「iOS 15」パブリックβ版を試す Zoom対抗の新「FaceTime」や新機能「集中モード」の使い勝手は?
7月1日に配信された「iOS 15」のパブリックβ版を試す。iOS 15は、シーンにごとに合わせた通知の制限を可能にする「集中モード」や、WindowsやAndroidを使うユーザーとのやりとりが可能になったFaceTime、ユーザーインタフェースを刷新したSafariが目玉。メモアプリの改善やメールのプライバシー保護の強化、デバイス上で完結するSiriなどもiOS 15の新機能だ。(2021/7/10)

ヨコオ 小型光トランシーバー:
10Gビット/秒伝送対応の小型光トランシーバー
ヨコオは、LCインタフェースを有する10Gビット/秒伝送対応の小型光トランシーバーを開発し、サンプル出荷を開始した。同社従来汎用品「SFP+」と比較して、サイズが約3分の1となっている。(2021/7/6)

Tech TIPS:
気になるWindows 11、Insider Programでいち早く新しいUIや機能を試す
2021年後半に新しいWindows OS「Windows 11」が提供開始になることが発表された。刷新されるユーザーインタフェースや新しい機能が気になるところだ。また、互換性など確認すべき点もある。そこで、いち早く「Windows 11」を体験する方法を紹介しよう。(2021/7/5)

ピカリング PXIモジュール:
PXIe対応の3G〜67GHz RF/マイクロ波PXI製品
ピカリング インターフェースは、周波数範囲3G〜67GHzのPXI RF/マイクロ波スイッチングモジュールを、オプションのPXIeフォーマットでも提供開始する。PXI製品をPXIeでも使用したい場合、同社に連絡することでサポートを受けられる。(2021/6/24)

STマイクロ ESDCAN03-2BM3Y:
車載通信向けのデュアル過渡電圧サプレッサ
STマイクロエレクトロニクスは、車載用の低端子間容量デュアル過渡電圧サプレッサ「ESDCAN03-2BM3Y」を発表した。端子間容量は3.3pFで、CANやCAN-FDインタフェースを静電放電や過電圧過電流ストレスから保護する。(2021/6/11)

最新NASのススメ:
実録:ホームNASを2.5GbE対応モデルに乗り換えてみた(ASUSTOR編)
PCだけでなく、NASの性能アップも著しい。CPUだけでなくインタフェースの高速化も着実に進んでいる。ここでは手持ちのNASを最新モデルに交換したり、ドライブを換装したりと環境のアップデートを行う。まずはASUSTORのNASを取り上げる。(2021/6/10)

「科学的に正しくない物語」と「ユーザーインタフェース」
(2021/6/3)

人工知能ニュース:
AIアクセラレーター「DRP-AI」を内蔵したエントリークラスのMPUを発表
ルネサス エレクトロニクスは、AIアクセラレーターを内蔵したエントリークラスのMPU「RZ/V2L」を発表した。AI推論や色補正などの画像処理が可能で、エントリークラスとして動作周波数やメモリインタフェースを最適化している。(2021/5/28)

PXI/PXIe/LXI規格に対応:
ピカリング、67GHzマルチプレクサーを発表
英Pickering Interfaces(ピカリング インタフェース)は、非終端SP4T/SP6T構成で最大周波数67GHzを実現したマイクロ波マルチプレクサーを発表した。(2021/5/25)

FAニュース:
レーザー加工の高速性と高品質、立ち上げ調整の簡略化を実現する制御ユニット
オムロンは2021年5月20日、レーザー加工の高速性と高品質を両立させるガルバノレーザー用インタフェースユニット「CK3W-GC」を同年5月24日にグローバルで発売すると発表した。(2021/5/21)

村田製作所 LQW21FTシリーズ:
2012サイズの車載PoC向けインダクター
村田製作所は、2012サイズの車載PoCインタフェース用広帯域インダクター「LQW21FT」シリーズを発表した。広帯域かつ高インピーダンスのため、インダクタの個数と実装スペースを削減できる。(2021/5/11)

組み込み開発ニュース:
車載ビジョンシステム向けFPGAを発表、競合比で消費電力を75%低減
Lattice Semiconductorは、組み込みビジョンシステムに適した車載アプリケーション向けFPGA「Lattice CrossLink-NX FPGA」を発表した。最大10Gbpsの伝送速度を有するMIPI D-PHYインタフェースに対応している。(2021/4/27)

組み込み開発ニュース:
ルネサスのCortex-M33マイコンが最上位品種を追加、フラッシュは最大2MBに
ルネサス エレクトロニクスは、Arm Cortex-M33コアを搭載したマイクロコントローラー「RA6M5」シリーズ20品種を発売した。最大動作周波数は200MHzで、通信インタフェースを複数備える。(2021/4/14)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
シンプルで使いやすい次世代ストレージ基盤、管理インタフェースのポイントとは
ITインフラは、どれほど高性能でパフォーマンスに優れていても、使いにくければ意味がない。そこで、合理化された運用が特長の「次世代ストレージアプライアンス」が、管理者にとって使いやすい理由に迫る。(2021/4/8)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「Alexa」のビジネス活用(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「Alexa」などVUI(音声ユーザーインタフェース)のビジネス活用です。(2021/4/2)

早くも市場の断片化も:
音声インタフェースは主流になるのか?
音声制御と音声インタフェースは、消費者向けエッジデバイスのほぼ全てのカテゴリーに容赦なく浸透し始めている。音声認識アルゴリズムとAIアクセラレーターハードウェアの両方の進化は、音声制御技術がスマートホーム向けデバイスなど電力とコストに制約されるアプリケーションでも(一部の単純なものさえ含め)利用できるようになっていることを意味する。(2021/4/2)

「HDD」の需要と技術進化【後編】
「NVMeのHDD」爆誕か? そもそも現実的なのか?
インタフェースにNVMeを採用する、フォームファクタを変えるなど、HDDの進化に関するさまざまな議論が持ち上がっている。専門家が解説する注目点は。(2021/3/31)

VRニュース:
神経信号で動きを検知するARグラス向けリストバンド、Facebookが構想
Facebookは2021年3月17日(日本時間)、AR技術を搭載したスマートグラス向けの入力インタフェースとして、運動神経の電気信号を読み取るリストバンドの構想を発表した。装着者の指や手などの動きを検知し、AR空間内でのクリック操作などをより直感的にする。(2021/3/24)

DRAMレスとHMB採用でコスト競争力を高めたNVMe SSD「Samsung SSD 980」を試す
SamsungのSSDに、PCI Express 3.0(NVMe)インタフェース対応のベーシックモデル「Samsung SSD 980」が追加された。DRAMレスおよびHBMの導入はどのような影響を与えるのか、細かくテストを行った。(2021/3/11)

製造ITニュース:
生産順序計画最適化ソリューションが入出力インタフェースを向上
富士通九州システムズは、生産順序計画最適化ソリューション「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA Sequence Planning Optimization」に、入出力インタフェースを高める機能などを追加した。(2021/3/11)

NECマグナス、ローカル5Gに対応した5Gゲートウェイ「FG900CS」発売
NECマグナスコミュニケーションズは、ローカル5Gに対応した5Gゲートウェイ「FG900CS」を販売開始。Sub-6GHz帯のn77(3.7GHz帯)とn79(4.5GHz帯)をサポートし、さまざまなインタフェースも備える。(2021/3/9)

組み込み開発ニュース:
状態基準保全「CbM」の開発プラットフォームを発表
アナログ・デバイセズは、状態基準保全(CbM)用ハードウェアやソフトウェア、アルゴリズムの開発プラットフォーム「CN0549」を発表した。IEPEインタフェース対応の広帯域MEMS振動センサーを採用している。(2021/3/4)

カメラ使わずジェスチャーを認識:
光学式の非接触ユーザーインタフェースを開発
マクニカ アルティマ カンパニーとQuantumCoreは、「光学式非接触ユーザーインタフェース」を共同で開発したと発表した。カメラを使わずにハンドジェスチャーやフィンガージェスチャーを認識することが可能となる。【訂正あり】(2021/2/17)

注目度は高いが:
試練の時が続くOpen RAN、見通しは不透明
複数の異なるメーカーが提供するコンポーネントやサブシステム、ソフトウェアを使用してRANを統合、展開、運用し、オープンなユーザーインタフェースで接続する能力は、技術的な観点から見ると大きな進歩を遂げている。一方でOpen RANは多くの地域、特に米国で政治問題化している。(2021/2/5)

光伝送技術を知る(16) 光トランシーバー徹底解説(10):
光トランシーバーForm Factorの新動向(5) 〜ハイパースケールデータセンターの光インタフェース
今回は、光インタフェースについて、ビット速度や多重波長数、光伝送路数といった観点で解説する。(2021/2/9)

組み込み開発ニュース:
マスク着用時の顔認証を高精度化、富士通研究所がマルチ生体認証に新技術導入
富士通研究所は2021年1月21日、手のひら静脈認証技術と顔認証技術を組み合わせたマルチ生体認証技術について、新技術などを導入することで従来より利便性を高めたと発表。マスク着用時でも高精度で本人認証を実現する技術の開発や、静脈読み取り装置のインタフェース改善などに取り組んだ。(2021/1/22)

2021年のWindows【前編】
Windows 10のUI刷新が意味するMicrosoftの対アプリ開発者戦略
既知の通り、2021年のメジャーアップデートでWindows 10のユーザーインタフェースが刷新される。そこからアプリケーション開発者に対するMicrosoftの戦略を垣間見ることができる。(2021/1/22)

CAEニュース:
3D CAD上で利用できるリアルタイムシミュレーションソフトを販売
サイバネットシステムは、PTCが開発するリアルタイムシミュレーションソフトウェア「Creo Simulation Live」の販売、技術サポートを開始した。3D CADソフトウェア「Creo」と同一のユーザーインタフェースで利用できる。(2021/1/15)

「Amazon Fire TV」シリーズのUIがより使いやすく 12月10日から順次刷新 Alexa対応も強化
かねて予告されていた「Amazon Fire TV」シリーズのユーザーインタフェース(UI)の刷新が始まる。まず最新の「Fire TV Stick」から順次展開をし、2021年初頭からは他のデバイスでも利用可能となる予定だ。(2020/12/10)

SlackがSalesfoece.com傘下に 約2.9兆円の巨大買収でChatterはどうなる?
以前からうわさされていたSalesforceによるSlackの買収が現実になった。今後SlackはSalesforceアプリケーションのインタフェースとして使われるという。「兆」単位の巨大買収に注目が集まるが、Chatterはどうなる?(2020/12/2)

DC-DCコンを内蔵し1ICで2ポートを制御:
PR:本格的なUSB Type-C時代をもたらす新世代の車載用最新USBコントローラに迫る
USB Type-C/USB Power Delivery(USB PD)は急速に普及が進み、今後自動車でも採用数が増えていくことが予測される。USB Type-Cがあらゆる機器の標準的なインタフェースになるに従い、自動車に搭載されるUSB Type-Cポートの数は、より一層増えていく見通しだ。まもなく到来するであろう、より本格的な自動車におけるUSB Type-Cの時代に向けて、インフィニオン テクノロジーズが2021年春の発売に向け、開発を進めている新世代の車載用最新USBコントローラを紹介する。(2020/12/14)

「テキストのみか、視覚的か」だけではない違い
「CLI」が「GUI」よりもネットワーク管理者に愛され続けた理由
ネットワーク管理に使うユーザーインタフェースとして「CLI」と「GUI」にはそれぞれ利点がある。広く使用されてきたCLIとGUIのどちらをどう使えばいいのか。両者の今を見つつ検討してみよう。(2020/11/25)

Microsoft、TPMをCPUに統合するセキュリティプロセッサ「Pluton」をAMD、Intel、Qualcommと開発
MicrosoftがAMD、Intel、Qualcommと協力し、Windows 10のセキュリティを強化するプロセッサ「Pluton」を開発すると発表した。TPMの機能をCPUに統合することで、バスインタフェースへの攻撃を回避し、物理的なPC窃盗にも対処できるようにする。(2020/11/18)

組込み/エッジ コンピューティング展:
ITの専門知識が不要なIoTデータ活用サービス、月額5万円から
IoTBASEは、「第2回 組込み/エッジ コンピューティング展 秋」において、IoTデータ活用サービス「Canvas」を披露した。ITに関する専門知識がなくても簡単に使えることを目指したユーザーインタフェースや操作性、可視化のための画面表示が特徴で、既に70〜80社に導入されているという。(2020/11/9)

アナログ回路設計講座(40):
PR:高速データコンバータ向け新規格「JESD204B」の概要と適合テストでの課題
高速、高分解能のデータコンバータ(A/Dコンバータ、D/Aコンバータ)向けに策定されたシリアルインターフェース規格「JESD204B」。最高12.5Gbpsのデータ転送速度を誇るこの新規格とはどのようなものか説明するとともに、JESD204Bに対応するデバイスの検証に必要なテストについて確認します。(2020/11/9)

YouTubeアプリ、上にスワイプで全画面など、複数のUI改善
モバイル版YouTubeアプリで、全画面への切り替えや字幕のオン/オフなどの複数のユーザーインタフェースが改善される。(2020/10/27)

X300だけではない!:
第10世代Coreに対応しインタフェースも強化した最新小型ベアボーン「DeskMini H470」は何が変わったのか
ASRockの「DeskMini H470」は、第10世代Coreプロセッサを搭載可能な最新ベアボーンキットだ。AMD版の「DeskMini X300」に続き、実機をテストした。(2020/10/22)

製品動向:
ダイテックらが月額1人167円の現場管理クラウドを発売
ダイテックは、福井コンピュータアーキテクトと共同で、月額利用料が1人あたり約167円の現場管理クラウド「現場Plus」のサービスを開始する。現場Plusは、建設業で作業者の高齢化が進行していることを踏まえて、高齢者でも使いやすいインタフェースを採用している。(2020/10/19)

ARなどによる拡張もしやすく:
Zoomの基盤を使い、開発者が独自のアプリケーションを構築できるSDKが発表
ビデオコミュニケーションサービスのZoom Video Communicationsは、同社のプラットフォーム上に開発者が独自のアプリケーションを構築できる新たなSDKを発表した。Zoomの機能をホワイトラベル的に使い、自由にユーザーインタフェースを設計できる。(2020/10/15)

iPhone 12発表で「指紋認証」「ホームボタン」「USB-C」が続々とトレンド入り その理由は
米AppleがiPhoneの新モデルを発表した直後から、日本のTwitterでは、iPhoneの旧モデルが搭載しているインタフェースや機能の名称などが続々とトレンド入りした。(2020/10/14)

外乱磁場にも強い:
SPCインタフェースを備えた3Dホールポジションセンサー
TDKは2020年9月30日、同社のグループ会社であるTDKミクロナスの製品として、SPC(Short PWM Code)インタフェースを備えた3D(3次元)ホールポジションセンサー「HAL 3970」を発表した。外乱磁場に強いという特長を持つ「HAL 39xy」ファミリーの最新品種で、産業機器や自動車、特に自動車のパワーステアリングを主な用途とし、ASIL-Bに対応している。(2020/10/1)

10年先を見据えたロードマップ:
PR:CASE時代の自動車開発、包括的な製品群で“全方位”に対応するNXP Semiconductors
コネクテッド、自動化、電動化といった自動車業界のメガトレンドによって、次世代の自動車開発では、自動車システムアーキテクチャが大きく変わろうとしている。車載半導体のトップメーカーであるNXP Semiconductorsは、プロセッサからアナログ、インタフェース、セキュリティに至るまで広範な製品ポートフォリオを活用し、新しい自動車システムアーキテクチャに柔軟に対応できる包括的なソリューションの提案に力を入れている。(2020/8/31)

イーロン・マスクのNeuralink、脳埋め込みチップのブタでのデモで進捗報告
イーロン・マスク氏のBMI(脳マシンインタフェース)企業Neuralinkがプロジェクトの進捗報告イベントを開催。頭蓋骨にはめる直径23mmのチップ「LINK」と移植手術ロボットを披露し、LINKを埋め込んだブタによるデモを行った。(2020/8/30)

Innovative Tech:
“液タブ”機能付きノートPC向けタッチパッド「MirrorPad」 KAISTが開発
ノートPCとタブレットのいいところを合体させたユーザーインタフェースの新提案。(2020/8/26)

いまさら聞けないumati入門(4):
新生umatiの進む道――工場内のあらゆる機械装置の共通インタフェースへ
工作機械の共通インタフェースとして注目を集める「umati」について紹介してきた本連載だが、今回はこの「umati」についての大きな変化があったため、その内容について解説したい。(2020/8/24)

いまさら聞けない「OPC UA for Robotics」(3):
「OPC UA for Robotics Part2」の方向性とロボットの今後
産業機器のインタフェース共通化を目指すOPC UAのコンパニオン仕様の1つに、産業用ロボットを対象とする「OPC UA for Robotics」がある。本連載では「OPC UA for Roboticsとは何か、何ができるのか」について、想定される活用シーンとともに紹介している。第3回の今回は「OPC UA for Robotics」の現在の状況と今後の展開について紹介する。(2020/8/19)

Innovative Tech:
壁でもソファでもセンサー吹き付け MITなど「スプレーで構築できるユーザーインタフェース」開発
エアブラシで回路を吹き付け、どこでもユーザーインタフェースに。(2020/8/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.