• 関連の記事

「ITmedia Virtual EXPO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ZEH:
積水ハウスが「ZEH最上位水準」を戸建て・賃貸で標準化、住宅性能表示制度の4月施行に併せ
積水ハウスは、住宅性能表示制度の断熱性能等級で、住宅の省エネ性能がZEH水準と同等の「等級5」が2022年4月に新設されることに併せ、自社の戸建てと賃貸住宅で標準化する方針を発表した。(2022/3/14)

不動産テック:
スマホとマイナンバーカードだけで不動産取引、東急リバブルとGMOグローバルサイン・HDが2022年春に実用化
東急リバブルと、GMOグローバルサイン・ホールディングスは、不動産売買契約の電子化に向けた研究開発に乗り出した。2022年春にも電子署名システムを実用化し、不動産取引のデジタル化時代にいち早く対応する。(2022/3/9)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
30年来のトラウマにリベンジして高まった学習意欲
今の環境はお金をかけずに手軽に何でも学べるが、重要なのは学習意欲がいつまで続くかかと思います。(2022/3/7)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
IoTで家庭の食品ロスは防げるか
もったいないので、野菜の皮もなるべく調理して食べるようにしています(2022/1/25)

クラウド:
竹中工務店の「建設デジタルプラットフォーム」をオンプレミスからAWSへ完全移行、ITコスト25%削減
竹中工務店は、営業から、設計、施工、維持保全に至る各プロセスや人事・経理なども網羅したプロジェクトに関わる全データを一元的に蓄積し、AIやIoTなどで高度利活用するための統合基盤として「建設デジタルプラットフォーム」を運用している。しかし、今以上の業務効率化や複数のプロジェクトを横断したデータ活用を進めるために、既存のオンプレミス環境から、AWS Japanのクラウドサービス「AWS」へと完全移行することを決めた。(2022/1/21)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「世の中にない全く新しいモノを作る」とは、どういうことか?
本質的な考え方は何も変わらないのかもしれませんね。(2022/1/18)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
各社の5nmプロセスの実力を垣間見られる貴重な機会です!
ITmedia Virtual EXPOは、きょうを含めてあとわずか4日で会期終了です。(2021/9/27)

GIS:
「PLATEAU」が新たな実証4件を開始、デジタルツインで自動運転や工事車両シミュレーションなど諸課題を解決
国土交通省が進めているフィジカル空間の都市をサイバー空間に3次元で再現する都市空間情報プラットフォーム「Project PLATEAU」は、2021年度の新たな実証実験として、社会的要請も高い自動運転やカーボンニュートラルの新テーマに加え、エリアマネジメントの可視化や工事車両の搬入経路シミュレーターといった合計4件のプロジェクトを選定した。(2021/9/18)

FAニュース:
タンクの在庫量を自動計測してクラウドへ、取り付け工事不要のレベル計
エンドレスハウザージャパンは2021年8月31日、オンライン展示会「ITmedia Virtual EXPO 2021 秋」(会期:2021年9月1〜30日)の新製品発表会において、測定器を設置することが困難な場所でも簡単に設置可能なレベル計「新型レーダーレベル計 Micropilot FWR30」を同年10月1日に発売すると発表した。(2021/9/13)

スマートシティー:
豊洲スマートシティーで大規模オフィスビル「メブクス豊洲」竣工、清水建設の“建物OS”を実装
国土交通省がスマートシティー先行モデルプロジェクトの1つに選定した清水建設が手掛ける「豊洲スマートシティー」で、中核となる大型オフィスビル「メブクス豊洲」が完成した。メブクス豊洲には、清水建設がBIMをベースとする建物OS「DX-Core」を実装し、ビル内で取得したさまざまデータを活用して、オフィスワーカーの生産性・利便性向上につながるサービスを提供する。(2021/9/9)

スマートファクトリー:
製造現場のデジタル変革、コニカミノルタが失敗からつかんだ成功のカギ
「現場力とデジタル化の融合」を掲げ「生産DX(デジタルトランスフォーメーション)」に取り組むのがコニカミノルタである。現場力とデジタルマニュファクチャリングを組み合わせた新たなモノづくりの確立に取り組む現状や苦労について、コニカミノルタ 上席執行役員 生産・調達本部 本部長の伊藤孝司氏に話を聞いた。(2021/9/7)

FAメルマガ 編集後記:
コロナ禍の遠隔モノづくり、成否のカギは“改善”の共有にあり
大事なことはコロナ禍以前から変わらず、より徹底するだけなのかもしれません。(2021/9/3)

産業制御システムのセキュリティ:
Moxaは「ネットワーク防御」で現場を守る、次世代産業用ファイアウォールを発表
Moxa Japanが次世代産業用ファイアウォール「EtherFire IEF-G9010シリーズ」を発表。工場など現場のサイバーセキュリティ対策で最適な「ネットワーク防御」に求められる最新の機能を搭載していることが特徴。新製品などの投入と併せて、日本国内の産業ネットワーク市場における事業展開も拡大していく方針だ。(2021/9/2)

最大140W(28V/5A)の受給電に対応:
インフィニオン「業界初」USB PD 3.1対応マイコンを発表
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは2021年8月31日、最大28Vの高電圧で140Wの電力を受給電できるUSB Power Delivery(USB PD)3.1に対応するマイコン「EZ-PD PMG1ファミリー」を発表した。同製品は2021年9月1日に開幕したオンライン展示会「ITmedia Virtual EXPO 2021 秋」の同社ブースで公開されている。(2021/9/1)

BIM:
“デジタルゼネコン”を将来像に見据える清水建設の3本柱、設計から運用までのデジタルデータ活用など
清水建設は、リアル空間とデジタル空間のデジタルツインで各種サービスを提供する“デジタルゼネコン”の実現に向け、中期デジタル戦略に基づく、3本柱のコンセプトを策定した。(2021/8/10)

カメラ使わずジェスチャーを認識:
光学式の非接触ユーザーインタフェースを開発
マクニカ アルティマ カンパニーとQuantumCoreは、「光学式非接触ユーザーインタフェース」を共同で開発したと発表した。カメラを使わずにハンドジェスチャーやフィンガージェスチャーを認識することが可能となる。【訂正あり】(2021/2/17)

FAメルマガ 編集後記:
人とロボットが一緒に働く時代だからこそあらためて考えたい安全のこと
「当たったら止まる」は必ずしも安全ではありません。(2020/12/11)

ニューノーマルを生きる建築のRe-build(1):
「デジファブで建築の民主化を」VUILD秋吉代表が拓く建築ファブの夜明け【前編】──建築産業構造の突破口へ
DIYの下地が無い日本でも欧米に遅れること、都市の中で市民誰もがモノづくりを行える工房「FabLab(ファブラボ)」が各地に開設されてから数年が経つ。建築の領域では、マテリアルを切削や積層して形づくる3Dプリンタが、ゼネコンを中心に研究されているが、業界の裾野まで浸透するには、海外とは異なり法令規制など幾多の課題が立ち塞がっているため、まだ時間を要するだろう。しかし、デジファブによって、建築の産業構造そのものを脱構築し、建築モノづくりの手を市井の人に取り戻そうとする意欲的な建築家 秋吉浩気氏が現れた。(2020/9/15)

木材利用の促進:
街と森の共生を目指す竹中らの「キノマチプロジェクト」、集大成のWebイベントが10月に開催
竹中工務店は、2019年に設立した木を都市空間で活用することを目指した「キノマチプロジェクト」として、各種オンラインとオフラインのイベントや交流機会の創出など、多面的な活動を展開している。2020年10月5日には、集大成ともいえる一大イベントを5夜連続で開催する。(2020/9/14)

FAメルマガ 編集後記:
COVID-19が突き付けた“効率化全盛”時代の終焉
“不確実性”の高い時代で、ある状況に最適化するのがリスクになる可能性もあります。(2020/9/4)

メカ設計メルマガ 編集後記:
生活や働き方を見直すきっかけを作った新型コロナウイルス
期せずして、動きが加速することもありますよね。(2020/3/17)

いつでもどこでも入場OK!「Building × IT EXPO 2020 春」:
【新型肺炎も怖くない】自宅に居ながら展示会へ!「EQ House」を手掛けた気鋭の設計士・花岡郁哉氏の講演動画など
仕事に役立つ最新情報を「全て無料」で「いつでもどこでも」入手できる「Building × IT EXPO」(BUILT編集部主催)が今年も開幕! 竹中工務店と小柳建設が「建設×Tech」の最新プロジェクトの舞台裏を語る基調講演など、さまざまなコンテンツを配信中です。(2020/2/25)

メカ設計 年間ランキング2019:
暑いぞ熊谷! ニコンの熱いモノづくり、戦い激しいガチャ市場、意匠法は今風に
2019年に公開したメカ設計フォーラムの全記事を対象とした「人気記事ランキング TOP10」(集計期間:2019年1月1日〜12月22日)をご紹介します。(2019/12/25)

ITmedia Virtual EXPO 2019 秋:
大和ハウス工業が売上高10兆円の“起爆剤”と位置付ける「D'sBIM」とは何か?
2055年に売上高10兆円企業を目指す大和ハウス工業は、その成長戦略の起爆剤として、独自に構築したBIMプラットフォーム「D's BIM」を据えている。D's BIMがなぜ業容拡大につながるのか、同社技術本部 BIM推進部 部長・芳中勝清氏が徹底解説する。(2019/8/31)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ロジスティクス4.0×インダストリー4.0が示す、第4次産業革命の本当の意味
既存の産業の枠を超えてはじめて、第4次産業革命の意味がある。(2019/8/29)

メカ設計メルマガ 編集後記:
お盆休みに読んでおきたい「メカ設計フォーラム」オススメ記事(2019年)
クーラーの効いた部屋でじっくり読んでください。(2019/8/13)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
パナソニックはアップデータブルな企業になれるのか
既になりつつあったり、そうでなかったり。(2019/8/8)

ITmedia Virtual EXPO 2019 春:
大ヒット商品はこうして生まれた! カプセルトイ「だんごむし」ができるまで
とがった商品を企画して、実際に商品化まで持っていくには? 難しい機構の実現とコストを成立させるには? それらのハードルを突破するために重要な「試作」の役割とは? カプセルトイ「だんごむし」の大ヒットを生み出したバンダイ ベンダー事業部の誉田恒之氏が語る。(2019/2/7)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
ハイプサイクルの「黎明期」なモノに直面して思うこと
精いっぱいの批判です。(2018/9/5)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「このままじゃいけない」という危機感があるところにネタもある
必死な人たちはかっこいいと思うのです。(2018/8/8)

ITmedia Virtual EXPO 2018 春【メカ設計 EXPO】:
ミシュランの描く未来、3Dプリンタで再構築する次世代タイヤ
サンゴの骨格組織のような中空構造を採用したミシュランの次世代コンセプトタイヤ「VISION」。リサイクル素材を材料とした3Dプリント技術で製造することを想定しており、路面と接地するトレッドはオンデマンドで目的地や天候に合わせたものを提供する。「ITmedia Virtual EXPO 2018 春」の講演では、VISIONプロジェクトの取り組みや、ミシュランが推進するデジタルファブリケーション技術の活用事例などを紹介する。(2018/2/2)

メカ設計メルマガ 編集後記:
目の前の仕事に全力を尽くせるか
「たとえやりたい仕事に就けなくても、とにかく、今自分がやるべき仕事をしっかりやりなさい」(2018/1/30)

ロボット開発ニュース:
トヨタとNTTが行動支援ロボットを共同研究、展示会場で実物と触れ合える
NTTとトヨタ自動車は、パートナーロボットを使った日常生活の行動支援の実現に向けた共同研究を開始した。NTTグループ各社が持つ人工知能技術「corevo」と、トヨタ自動車が開発を進めている生活支援ロボットを組み合わせる。(2017/9/26)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年8月版】:
いまさら聞けない「組み込みLinux」――その正体と開発の難しさ
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、数ある組み込みシステムの中でも、タッチパネルやネットワークなど、ある程度リッチな機能が必要となる際に選択されることの多い「組み込みLinux」を取り上げた記事が人気を集めました。(2017/9/20)

「OpenStack Days Tokyo 2017」から見えたITインフラの現在と未来
コンテナやPaaSの台頭で問われるOpenStackの価値、有識者座談会を開催
成熟期に入ったOpenStackは、大規模でなくても運用できるのか、小規模でもコストメリットは出るのか。専門家4人が集結し最新動向や活用方法を語った。(2017/8/28)

プロジェクトリーダーに聞く:
ソニーが作ったおもちゃ「toio」のロボットはなぜシンプルで四角いのか?
おもちゃ好きのエンジニアたちの放課後活動から生まれたソニーのトイ・プラットフォーム「toio(トイオ)」。「ソニーらしい新しい製品を作りたい」という思い、そして同社が長年培ってきたロボットとエンターテインメント技術の融合により生まれたtoioの特長やこれまでの取り組みについて、toioプロジェクトのリーダーを務める田中章愛氏に聞いた。(2017/8/24)

夏休みSpecial 山本一郎×細川義洋対談 キャリア残酷物語:
RubyやPythonができるからって何?――エンジニアがパーツに成り下がらずに生き残る方法
@ITの人気連載「開発残酷物語」の山本一郎氏と、「IT訴訟徹底解説」の細川義洋氏がエンジニアのキャリアについて、超真剣に話し合った。(2017/8/10)

TechFactory通信 編集後記:
ソニーの箱型ロボットが子どもの心に火を付ける
主役はロボットではなく、子どもたちが作ったおもちゃ。(2017/8/5)

FAメルマガ 編集後記:
IoTでも強い日本の現場力、課題は経営力
強い日本の現場力を今後にどうつないでいくかが課題です。(2017/7/28)

“愛のIT戦士”を目指す情シス、集まれ:
「俺情」でクラウド業界の武闘派CIOに“抵抗勢力との戦い方”を聞いてみませんか?
8月3日(木)、ITmedia エンタープライズ編集部主催の情シス交流会、「俺たちの情シス」第9弾を開催します! 今回のテーマは「抵抗勢力との戦い方」。ゲストにサーバーワークスの大石良氏とフジテックの友岡賢二氏を招いて「情シスお悩み相談室」を開催します。(2017/7/5)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
アニメの世界を現実に忠実再現
実は子どもより大人が喜ぶ?(2017/2/28)

スマートファクトリー:
なぜIVIは新たなスマート工場モデルを打ち出すのか
「緩やかな標準」を掲げ、日本版スマート工場の実現を目指すIVI。2016年12月には新たにスマート工場の基本モデル「IVRA」を打ち出した。その狙いは何なのだろうか。IVI理事長の 西岡靖之氏に話を聞いた。(2017/2/13)

セキュリティ教育現場便り(8):
情報セキュリティ人材に不可欠な「3つの素養」
セキュリティ教育に携わる筆者が、本当に必要なセキュリティ教育を解説する本連載。最終回では、筆者が考える「セキュリティ人材に必要な3ポイント」を紹介します。(2017/1/24)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
CAD・CAEの「情報の秋」、到来
私たちも忙しくなります。(2016/9/20)

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:
第49回 「ワークスタイル変革」が失敗する日本企業のここがヘン!
最近のIT系セミナーなどでもよく取り上げられるテーマの1つが「ワークスタイル変革」です。なんだかIT部門がやるべき仕事のように思いがちですが、やはり“ココヘン”が存在します。それは――。(2016/9/9)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
私もクルマの運転が楽しくなるでしょうか
運転はしたいんです。ただし……。(2016/9/6)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/09/01
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年9月1日)(2016/9/2)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
蚊から人工知能、5Gまで大集合
開幕記念、特別公開版です。よろしくお願い申し上げます。(2016/9/1)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
食品生産とモノづくりの共通点
食品も“モノ”ではありますが。(2016/8/30)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「蚊取空清」のCMのひみつ
テレビCM見ましたか?(2016/8/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.