• 関連の記事

「設計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「設計」に関する情報が集まったページです。

VR:
日建設計らがリモートでの避難訓練に対応するVRを開発、PCやスマホで体験可能
日建設計とジオクリエイツは、リモート下での避難訓練に対応するVRを開発した。日建設計では、2020年と2021年に、東京都千代田区飯田橋の東京本社ビルで行った50〜100人規模の避難訓練で今回のVRを実運用している。(2022/1/27)

MONOist 2022年展望:
深刻な材料不足と高騰化、設計現場で何ができるか?
2022年は引き続き、半導体不足とともに、樹脂不足が製造業に大きな影響を与える見通しです。材料や調達部品が手に入らず、代替品の利用を検討するなど各社対策を講じ始めていますが、設計現場として何かできることはないでしょうか? 「樹脂使用量の削減」「部品点数の削減」「代替品への対応」という3つの視点で、どのようなアプローチがとれるのか、その可能性について考えていきます。(2022/1/21)

昇格、降格人事を考える:
昇格・降格は、何を基準に決めるべきか 制度設計と運用を解説
これまで2回にわたって、昇格・降格の基本的な考え方と、昇格・降格の前提にある人事等級制度について概要を解説してきました。今回から昇格・降格の制度設計と運用について述べていきます。(2022/1/25)

生産管理情報基盤:
PR:設計と製造の“分断”を解消する「統合化部品表」が製造業のDXを加速
製造業がDXを推進する上で求められるのが社内共通の情報基盤の構築である。しかし、設計部門と製造部門の“分断”がかねて指摘されるように、製造業において全社共通の情報基盤を構築することは容易ではない。この課題を解決するのが「統合化部品表」を核とするクラステクノロジーの統合生産管理ソリューション「ECObjects」である。(2022/1/25)

SiC採用のための電源回路シミュレーション(1):
SiCパワーMOSFETのデバイスモデル、オン時の容量考慮で精度が大幅向上
スイッチング動作が極めて高速なSiCパワーMOSFETを用いた電源回路設計では、回路シミュレーションの必要性に迫られることになるが、従来のモデリング手法を用いたデバイスモデルでは精度面で課題があった。本連載では、この課題解決に向けた技術や手法について紹介する。(2022/1/24)

機械設計:
PR:スキルアップしなければ設計者は生き残れない!? ならばどうする?
熟練者のスキルをデジタル技術で形式知化して継承する際、併せてデジタルツールを活用できる人材が重要となる。設計者であれば、次の10年、20年に向けて環境変化に適用しながらデジタルを活用し、さらなるスキルアップを目指す必要がある。(2022/1/24)

クラウド:
竹中工務店の「建設デジタルプラットフォーム」をオンプレミスからAWSへ完全移行、ITコスト25%削減
竹中工務店は、営業から、設計、施工、維持保全に至る各プロセスや人事・経理なども網羅したプロジェクトに関わる全データを一元的に蓄積し、AIやIoTなどで高度利活用するための統合基盤として「建設デジタルプラットフォーム」を運用している。しかし、今以上の業務効率化や複数のプロジェクトを横断したデータ活用を進めるために、既存のオンプレミス環境から、AWS Japanのクラウドサービス「AWS」へと完全移行することを決めた。(2022/1/21)

丸福樓(まるふくろう):
任天堂の旧本社がホテルに 新棟は安藤忠雄氏が設計監修/4月開業
任天堂旧本社社屋が、4月にホテル「丸福樓(まるふくろう)」として生まれ変わる。(2022/1/21)

CADニュース:
自動設計など機能を強化した3次元ソリューションの最新版を発表
Siemens Digital Industries Softwareは、3次元ソリューションの最新版「Solid Edge 2022」を発表した。自動設計やパーツ設計、コラボレーション機能などを強化している。(2022/1/21)

ランサムウェアから早期復旧【前編】
「ランサムウェア」に狙われた企業が“数時間”で復旧できた理由
ランサムウェア攻撃の標的になった建築設計事務所のLEO A DALYは、暗号化されたデータを数時間で復旧させることができた。なぜ早期復旧が可能だったのか、その理由を探る。(2022/1/21)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第4回】
Apple Storeが「ショールーミング」の場に 愛されるブランドのCX設計とは?
製品確認の場として実店舗を使う「ショールーミング」。その機会を積極的に提供しようとしているのがAppleだ。デジタルチャネルと実店舗を巧みに生かす、同社のマルチチャネルマーケティングの実態を探る。(2022/1/21)

任天堂旧本社がホテル「丸福樓」として再生し4月に開業 1室料金は7万円前後から約20万円まで
既存の建物に安藤忠雄氏の設計監修による新建築が加わって新生。(2022/1/20)

Razer、シンプル設計のHDMIキャプチャーユニット「Ripsaw X」
米Razerは、USB接続に対応した外付け型HDMIキャプチャーユニット「Razer Ripsaw X」を発売する。(2022/1/20)

製造IT導入事例:
機械学習で研究開発を効率化、包装資材製造企業が支援サービス採用
SUPWATの機械学習ツール「WALL」を、包装資材のリュウグウが採用した。同サービスを活用し、これまで作業員が経験により行っていた素材混合や設計の過程を、過去の開発記録と照合しながら機械学習する。(2022/1/19)

Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、Threadの同時接続に対応:
スマートホーム共通規格「Matter」対応トライラジオSoC
NXP Semiconductors(以下、NXP)は2022年1月4日(米国時間)、異なるスマートホーム製品間の相互接続を実現する新共通規格「Matter」に対応したトライラジオデバイス「IW612」を発表した。Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、IEEE 802.15.4の3つの無線方式の通信を同時に行えるもので、Matter対応製品の開発時間やコストの削減および設計の簡素化を実現するとしている。(2022/1/19)

VRニュース:
軽量かつコンパクトで使いやすいVRグラスの取り扱い開始
アスクは、HTC NIPPON製のVRグラス「VIVE Flow」の販売を開始した。2段階ヒンジ設計による快適な着け心地を提供し、100度の広い視野角と鮮明な3.2K解像度の優れたグラフィック性能を備える。(2022/1/19)

組み込み開発ニュース:
スイッチング損失を約30%低減した1.7kVフルSiCモジュールを開発
日立パワーデバイスは、同社従来品比でスイッチング損失を約30%低減した1.7kVフルSiCモジュールを開発した。独自設計した温度依存性の低いゲート抵抗を採用し、オンオフ動作に伴うスイッチング損失を低減している。(2022/1/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(149):
テストでバグ発見!(7)状態遷移モデルで扇風機シミュレーターのバグを摘出せよ【出題編】
提示された仕様とプログラム(バグを含む)から、自身の手でテストケースを設計し、バグを実際に見つけ、バグレポートまでを作成する実践的なシリーズ「テストでバグ発見!」。今回は、扇風機シミュレーターをテーマとする問題の出題編。状態遷移モデルをベースにしたデバッグに取り組もう。(2022/1/18)

「Web会議にPC処理が追い付かない問題」はなぜ起きる?:
Windows 11のVDIは今までと何が変わるか 検証結果から読み解く
「Windows 11」のVDIは、これまでの設計と比較して何を考慮すべきか。Windows 11のVDIに求められるハードウェア要件や設計の勘所、運用効率化のヒントを技術検証の結果を交えて紹介する。(2022/1/19)

産業動向:
多様な再エネ熱を熱源としたヒートポンプシステムの実証試験を開始、NEDO
NEDOは、鹿島建設とゼネラルヒートポンプ工業ともに、「再生可能エネルギー熱利用にかかるコスト低減技術開発」の事業で、愛知県大府市の豊田自動織機大府工場に「天空熱源ヒートポンプ(SSHP)システムを設置し、実証試験を進めている。今回の実証試験では、鹿島建設とゼネラルヒートポンプ工業が、日建設計総合研究所と東海国立大学機構 名古屋大学と共同で、SSHPシステム運転データの収集・解析に取り組む。さらに、システムの実証運転を通して、試験で活用するSSHPと給湯用ヒートポンプチラーの効率とシステム全体の性能評価を行い、機器容量の最適化でイニシャルコストの低減を実現し、運転制御の高効率化でランニングコストの低減を達成して、実用化に向けた技術の確立を目指す。(2022/1/17)

Wired, Weird:
火花が出なくなったプラズマカッターの修理(前編)
今回は、プラズマカッターの修理を報告する。高電圧で危険な機器だが、高電圧機器の試作品を設計、製造したことがあるので、引き受けた。(2022/1/13)

アイ・オー、多機能スタンドを備えたスタンダード27型フルHD液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、フルHD表示に対応したスタンダード設計の27型液晶ディスプレイ「LCD-DF271ED-F」シリーズを発表した。(2022/1/12)

3D CADとJIS製図(8):
2D図面の“一義性”を考える【その6】寸法数値/配置と寸法補助記号
連載「3D CADとJIS製図の基礎」では、“3D CAD運用が当たり前になりつつある今、どのように設計力を高めていけばよいのか”をテーマに、JIS製図を意識した正しい設計/製図力に基づく3D CAD活用について解説する。第8回は、前回解説できなかった「寸法数値・寸法配置」の部分と「寸法補助記号」を取り上げる。(2022/1/12)

設計業務DX:
PR:日立が実践する、日本のモノづくりを飛躍に導く設計業務革新「EngineeringDX」とは
製造業のDX推進を成功に導くには、設計業務において「フィジカル空間」の情報を「デジタル空間」へフィードバックする「EngineeringDX」が必要になる。このEngineeringDXに積極的に取り組む日立製作所が、同社の成果を広く活用できるようにクラウドサービスとして構築したのが「日立クラウド型設計業務支援サービス」だ。「従量課金型プライベートクラウドサービス」と組み合わせれば、さらに活用のレベルを向上できる。(2022/1/11)

今活用すべきツールは何か?:
PR:重要性を増す「オフィスの再設計」と「対面コミュニケーション」 専門家に聞くカギ
出社かテレワークか――コロナ禍を巡っては、こうした議論がかまびすしいが、真に目指すべきは、両者の「いいとこどり」であるハイブリッドワークだ。では、このハイブリッドワークを推し進める上で、オフィスは、そしてコミュニケーションはどうあるべきなのか。同領域に詳しい豊田健一氏に話を聞く。(2022/1/11)

BIM:
耐火性能検証とBIMのデータ一元化で7割以上の業務削減、大林組の設計システム「SHAREDTIK」
大林組は、BIMと相互連携させることで、耐火性能検証に用いるデータの抽出、計算、出力のフローを自動化する設計システム「SHAREDTIK」を開発した。設計システムは、デジタライゼーションを駆使しており、建物の価値向上を図り、設計業務の変革にも寄与する業界初の取り組みと位置付けている。(2022/1/7)

MONOist 2022年展望:
製造業こそ「メタバース」に真剣に向き合うべき
2022年は「メタバース」に関するさまざまな技術やサービスが登場すると予想されます。単なるバズワードとして捉えている方も多いかと思いますが、ユースケースをひも解いてみると、モノづくりに携わる皆さんや設計者の方々にも深く関わっていることが見えてきます。一体どんな世界をもたらしてくれるのでしょうか。(2022/1/7)

ハロー、自作キーボードワールド 第11回:
4万円の自作キーボード1000台が1分で即完売 世界的に注目浴びる日本の開発者
日本発のキーボード設計者であり、今やキーボードの予約ページを立ち上げるたびに世界中から数千台の予約が殺到する、売れっ子デザイナーai03さん。作り出した背景やこだわり、今後のトレンドを聞く。(2021/12/30)

CADニュース:
仮想GPUを用いて3D CAD設計業務をVDI化するトヨタの取り組み
NVIDIAの仮想GPUを用いて、トヨタ自動車が3D CADによる設計業務のVDI化を進めている。CAD VDIの導入は目標の約5割を達成し、管理、設計、モデリング、実験、解析といったさまざまな業務で活用されている。(2021/12/28)

Innovative Tech:
最も効率的な厨房のレイアウトを自動提案 各スタッフの能力や熟練度、公平さも考慮
米ジョージメイソン大学の研究チームは、飲食店の厨房やレストラン、スーパーマーケットでの最適なレイアウトを自動設計するフレームワークを開発した。(2021/12/27)

新工法:
三井住友建設、プレキャスト部材接合部の鉄筋継手システムで国際規格評価認定
三井住友建設は、タイのDEXTRAと共同で、SQRIM工法のプレキャスト部材接合部に用いる鉄筋継手システムで、国際規格評価認定を取得した。これにより、設計者による機械式継手の性能保証が不要となり、同工法の海外での適用が容易になった。(2021/12/27)

導入事例:
茨城県の技術研究所内に生物多様性の保全に貢献するビオトープを整備、奥村組
奥村組は茨城県つくば市大砂の技術研究所内にビオトープを整備した。ビオトープでは、植物の中でも絶滅危惧種の多い水生植物や湿地性植物に対する生育環境の調査と植物の生息地に近い条件での生育で保全の実践を行う。加えて、生物多様性に配慮したビオトープや緑地の設計・施工・維持管理に関する技術も蓄積する。(2021/12/27)

PR:「紙の文書をPDF化」では不十分――AIで設計図面をデータ化 建設業界の先駆者が挑むデジタル化
DXには組織内の情報をデジタル化する必要があります。しかし紙の文書をスキャンしてPDFファイル化しただけでは、真の意味でデジタル化したとは言えません。建設業界で使う設計図面をAIでデータ化した企業の取り組みを紹介します。(2021/12/27)

CAD:
DWG互換CAD「BricsCAD V22日本語版」をリリース、IFC/Revitの互換性や点群機能を拡充
図研アルファテックは、2次元/3次元/BIMの設計に対応するDWG互換CADソフトウェア「BricsCAD」の最新日本語版を発売した。(2021/12/24)

組み込み開発ニュース:
上下独立2点接点構造の車載向けバックフリップFPC/FFCコネクター
ヒロセ電機は、125℃耐熱で耐振性に優れる、上下独立2点接点構造の車載向けバックフリップFPC/FFCコネクター「FH69」シリーズを発表した。接点方向の上下にかかわらず接続できるため、基板設計の自由度を高める。(2021/12/24)

品質不正問題:
三菱電機の品質不正解明は道半ば、非常用電源で設計ミス判明も全数交換せず
三菱電機は2021年6月末に判明した一連の不適切検査に関する調査報告書の第2報と、不適切検査に対する経営陣の責任を評価するガバナンスレビュー委員会の報告書を公表するとともに、同年10月に発表した「品質風土」「組織風土」「ガバナンス」から成る3つの改革の取り組み状況を報告した。(2021/12/24)

CAEニュース:
シミュレーションソリューション活用で、月面車のデジタルツイン開発費を削減
Ansysのシミュレーションソリューションを活用して、Spec Innovationsが月面車のデジタルツイン開発のコストを削減した。3Dモデリングソフトウェアと組み合わせ、月面車の設計、構築、テストをデジタルエンジニアリングで実施した。(2021/12/24)

サンワ、コールセンターなどでの利用に向く軽量設計のUSBヘッドセット
サンワサプライは、コールセンター業務などに適したUSBヘッドセット計2製品の販売を開始した。(2021/12/23)

サンワ、スタンダード設計の小型5ボタンマウス 接続タイプ別で5モデルを用意
サンワサプライは、小型設計の5ボタンマウス「400-MA159」シリーズの販売を開始した。(2021/12/23)

Googleの“湯呑み型キーボード”に新バージョン 自作キーボードの標準的なマイコンボード「Pro Micro」採用
Google Japanが10月に公開した湯呑み型キーボード「Gboard 湯呑みバージョン」に、PCとの通信部品を変えた「Pro Microバージョン」が加わった。12月22日にGitHub上で設計図を公開した。(2021/12/23)

メカ設計 年間ランキング2021:
みんな大好きボルト設計、ガチ解説記事がよく読まれた2021年
2021年に公開したメカ設計フォーラムの全記事を対象とした「人気記事ランキング TOP10」(集計期間:2021年1月1日〜12月20日)をご紹介します。(2021/12/23)

A-Styleフォーラム Vol.8:
Microsoftが提言するニューノーマル時代のクラウド化メリット、「目からウロコ!これからのクラウド活用術」<前編>
2021年10月1日、住宅用3DCADメーカー福井コンピュータアーキテクトは、Webセミナーイベント「A-Styleフォーラム Vol.8」を開催した。建築分野におけるクラウド活用をメインテーマに、日本マイクロソフトによる基調講演をはじめ、指定確認検査機関の建築確認申請電子化の解説、実力派設計コンサルによる設計効率化テクニックの紹介など、多彩かつ充実した3時間となった。前・中・後編と3回に分けてお送りするうち、前編の今回はオープニングセッションと日本マイクロソフトの基調講演を中心にレポートする。(2021/12/21)

エイサー、SVGA解像度に対応したエントリーDLPプロジェクター
日本エイサーは、ワイヤレス投写機能も備えたスタンダード設計のDLPプロジェクター「X1128i」を発売する。(2021/12/21)

サンワ、水にも強い耐水設計のビジネスリュック
サンワサプライは、耐水生地を採用したシンプルデザインのビジネスリュック「200-BAGBP023WP」の販売を開始した。(2021/12/21)

デイトラ、女性の利用にも向く小ぶりなPCリュック
デイトラは、女性の利用も想定した小型軽量設計のPCリュック「SAORSA PCリュック」を発売する。(2021/12/20)

サンワ、小型設計の静音3ボタンマウス
サンワサプライは、小型デザイン筐体を採用したベーシックな3ボタンマウス「iO+(イオプラス)」シリーズを発表した。(2021/12/20)

Appleの児童ポルノ対策が抱える問題【第4回】
iPhone「児童ポルノスキャン」計画の実現は「難しい」と専門家が断言する理由
Appleが設計した画像スキャン技術は、本来の児童ポルノを検出する目的ではない悪質な行為に悪用される可能性があると専門家が警告する。技術のどこに“欠陥”があるのか。専門家の指摘に沿って解説する。(2021/12/20)

新たなスイッチング手法を適用:
省電力の高速CPUにつながる? 「CasFET」技術
米国パデュー大学の研究チームは、より小型で高密度、低電圧、低消費電力の次世代トランジスタにつながる可能性のある技術を発表した。この研究成果によって、より少ない電力でより多くの演算を行う、高速CPUが実現するかもしれない。バデュー大学が「CasFET(Cascade Field-Effect Transistor)」と呼ぶこの技術は、半導体のスケーリングの課題と最先端の半導体設計の製造コストの高騰に対処すると期待されている。(2021/12/17)

SynSenseとProphesee:
“脳型プロセッサ”を統合したイメージセンサー開発へ
SynSenseとPropheseeは、Propheseeのイメージセンサー「Metavision」とSynsenseのニューロモーフィックプロセッサ「DYNAP-CNN」を統合したイベントベースの単一チップイメージセンサーを共同開発している。両社は今後、同イメージセンサーの設計、開発、製造、製品化でも連携し、小型化と安価を両立した超低電力センサーを生み出すことを目指す。(2021/12/17)

IBMとSamsung、垂直トランジスタ設計によるブレイクスルーを発表 「スマホの充電は週1に」
IBMはSamsungとの強力で半導体設計のブレイクスルーを実現したと発表した。「Vertical-Transport Nanosheet Field Effect Transistor」(VTFET)と呼ぶ新たな設計アプローチで「ムーアの法則」を今後も維持できるとしている。(2021/12/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.