• 関連の記事

「UWB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「UWB」に関する情報が集まったページです。

ウェアラブルニュース:
UWBを活用し、iPhoneやApple Watchの位置情報を把握する開発キットを発表
NXPセミコンダクターズは、Appleの「U1」チップ搭載製品と相互運用可能な超広帯域無線開発キットのβ版を発表した。U1対応製品が近づくと位置認識するアプリケーションを開発できる。(2021/6/22)

ローデ・シュワルツ R&S CMP200、XT-200:
UWBデバイスの位置特定向け試験ソリューション
ローデ・シュワルツは、同社の無線機テスター「R&S CMP200」とColby Instrumentsのディレイライン「XT-200」を組み合わせ、UWBデバイスの移動方向や信号到達角などを算出するための試験ソリューションを発表した。(2021/6/17)

「Galaxy SmartTag+」に搭載:
探し物をcm単位で検知可能、NXPのUWBチップ
NXP Semiconductors(以下、NXP)は2021年6月3日、同社のUWB(Ultra Wide Band) ICプラットフォームである「Trimension」の製品「Trimension SR040」が、Samsung Electronics(以下、Samsung)の紛失防止タグ「Galaxy SmartTag+」に採用されたと発表した。(2021/6/7)

Appleの「探す」アプリ、紛失防止タグ、電動自転車含むサードパーティー製品に対応 次期リリースではUWB使い方向も分かるように
Apple純正の「AirTag」はないが、サードパーティー製紛失防止タグ、対応する(2021/4/8)

Bluetoothから、LPWA、セルラーIoT、UWBまで:
PR:組み込み市場のあらゆる無線への要望に応える STのワイヤレス・マイコン・ポートフォリオ
組み込み機器市場では、BluetoothやZigBee、LPWA、セルラー、UWBなどさまざまな無線技術を応用したコネクティビティの積極的な応用が進んできている。そうした中で、Armコアを搭載した汎用マイコン「STM32ファミリ」を展開するSTマイクロエレクトロニクスは、組み込み市場で利用されるあらゆる無線技術をサポートする製品ポートフォリオの構築を積極的に進めている。(2021/3/31)

IoTで再注目される無線規格:
UWBトランシーバーICの新興企業が約14億円を調達
カナダのモントリオールに拠点を置く、UWB(Ultra Wide Band)用トランシーバーICの新興企業Spark Microsystemsは、カナダのクリーンテクノロジー投資企業であるCycle Capitalが主催したエクイティ投資ラウンドにおいて、1750万カナダドル(約14億5400万円)の資金を調達したと発表した。(2021/2/24)

NXP Trimension SR040、SR150:
測位、測距機能を備えたIoT向けUWBデバイス
NXPセミコンダクターズは、IoT向けの測位、測距機能を備えた超広帯域無線(UWB)デバイス「Trimension SR150」「Trimension SR040」を発表した。スマートロックなどの新しいIoT技術向けに最適化され、高精度で相対的な位置情報を提供する。(2020/11/4)

スマートカーアクセス:
PR:スマホ時代のキーテクノロジーはNFC、BluetoothそしてUWB
自動車のメガトレンドである「シェアリング」が進むと、クルマの鍵は、仮想化、デジタル化されネットワークを介してやり取りされるようになる。すなわち、従来型の鍵からデジタル鍵に移行し、デジタル鍵を扱うスマートフォン自体が鍵の役割を果たすようになる。そうした「スマートカーアクセス」において重要になるであろうキーテクノロジーを紹介しよう。(2020/11/4)

組み込み採用事例:
サムスンの「Galaxy Note20 Ultra」がUWB技術を採用
NXP Semiconductorsは、同社のUWB高精度測距ソリューション、組み込みSIM、近距離通信、セキュアエレメントユニットがSamsung Electronicsの新型スマートフォン「Galaxy Note20 Ultra」に採用されたと発表した。(2020/9/8)

iPhone 11/11 ProのU1チップはiOS 14でどう強化されるか
iPhone 11のUWB機能に少しだけ活躍の場が広がりそう。(2020/7/3)

デジタルRFと機械学習を用いた新技術:
次世代UWB技術、高精度かつ大幅な低消費電力化を実現
ベルギーの研究機関imecは2020年5月下旬、デジタルRFと機械学習(ML)を活用し、消費電力を従来の10分の1に削減しながら、厳しい環境下でも10cm未満の高精度な測距を実現する次世代超広帯域無線(UWB:Ultra Wide Band)技術を開発した、と発表した。(2020/6/19)

Apple製UWBタグ「AirTag」は2020年半ばに発売? 著名アナリストが予想
UWBの超広帯域無線を使って正確な場所を割り出す紛失防止タグの発売時期をクオ氏が予想している。(2020/2/19)

Apple、iOSやmacOSなどのアップデート公開
iOS 13.3.1では「通信/通話の制限」機能に関する不具合などが修正されたほか、「iPhone 11」のU1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスの使用を制限する設定が追加された。(2020/1/29)

iOS 13.3.1で位置情報取得をオフ可能に iPhone 11のUWB位置情報設定も
iPhone 11に搭載されているU1チップに関係するアップデートが行われた。(2020/1/29)

Apple、「iPhone 11」で設定を無効にしても位置情報を共有しているように見える問題を修正するとコメント
「iPhone 11」シリーズで、位置情報サービスをすべて無効にしてもステータスバーのサービスアイコンが断続的に表示される問題について、Appleが将来のiOSアップデートで完全に無効にできるようにするとコメントした。UWBに関連する機能で、Appleはユーザーデータを収集していないとしている。(2019/12/6)

「おサイフケータイ」をタッチレスに スマホをかばんに入れたまま決済 ドコモとソニーが実験
ドコモとソニーが、「おサイフケータイ」をタッチレス化する実験を行う。スマホをかばんやポケットに入れたまま、レジなどで決済できるようにする。FeliCaと超広帯域無線システム(UWB)、Bluetoothを組み合わせた新技術を使用する。(2019/12/5)

スマホをカバンに入れたまま決済 ドコモとソニーがタッチレス決済の実証実験
NTTドコモとソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズは、12月10日に「おサイフケータイのタッチレス対応」の実用化に向けた実証実験を開始。UWBや無線通信規格とFeliCa技術方式を組み合わせ、ポケットやカバンにスマホを入れたまま決済を可能とする。(2019/12/5)

NXP NCJ29D5:
スマートフォンを車の鍵にできるUWBチップ
NXPセミコンダクターズは、車載超広帯域無線IC「NCJ29D5」を発表した。高精度でセキュアなリアルタイム位置特定機能を持ち、スマートフォンを車の鍵としても使用できる。(2019/12/2)

iPhone 11で超広帯域無線 (UWB) のアップデートに失敗すると要修理に
新搭載のU1チップで使えるはずのUWBが原因で修理が必要な場合が生じる。(2019/10/16)

iOS 13.1にアップデート UWB使ったAirDrop使用可能に
iOS 13が早くもアップデート。U1チップの新機能がようやく使える。(2019/9/25)

iPhone 11のWi-Fi 6とUWB仕様詳細が明らかに
iPhone 11、iPhone 11 ProシリーズのWi-Fi 6仕様は802.11ax HE80 2TX(最大1.2Gbps)だと判明した。(2019/9/18)

UWBを搭載したiPhone 11はセカイカメラの夢を見るか?
新型iPhoneにひっそりと搭載された新技術「UWB」。これで何が可能になるのか?(2019/9/11)

iPhone 11は位置を正確につかむUWB対応「R1」コプロセッサ搭載?
A13プロセッサには位置情報をより正確につかめるUWBを搭載したコプロセッサが組み込まれているという。(2019/9/10)

iPhone 11はUWB搭載? 2020年版iPhoneは新デザインで、5Gと改良型カメラになる?
iPhone 11とiPhone 2020に関するクオ氏の予測。(2019/9/9)

高精度測距技術の可能性を共有:
NXPとVolkswagen、UWB技術で協力
NXP SemiconductorsとVolkswagen(フォルクスワーゲン)は、超広帯域無線(UWB:Ultra-Wideband)技術とそのシステム応用について、これからの可能性を共有し、実用化に向けて協力していくことで合意した。(2019/9/2)

DecaWaveが業界団体設立へ:
UWB、IoT市場で復活の兆し
超広帯域無線(UWB:Ultra Wide Band)が、その測位機能を生かし、IoT分野で復活を果たそうとしている。UWBチップメーカーのDecaWaveはこのほど、調達した資金の一部を、UWBの普及促進を目指す業界団体の設立に充てるという。(2018/2/28)

高精度の測距を生かして:
車の盗難防止に使える! BLE/UWBモジュール
SiP(System in Package)を手掛けるフランスのInsight SiPは、Bluetooth Low Energy(BLE)とUWB(Ultra Wide Band)のチップを搭載した最新モジュール「ISP1510」を、自動車向けに展開することを目指している。同社は、キーレスエントリーシステムを備えた自動車の盗難防止に貢献できると意気込む。【訂正】(2017/2/2)

電子ブックレット:
“人の目を超える”、UWBを使った3Dセンサー
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、イスラエルのVayyar Imagingが開発した「3Dセンサー技術」について紹介します。(2016/11/27)

乳がん検査向けから開発が始まった:
“人の目を超える”、UWBを使った3Dセンサー
イスラエルのVayyar Imagingが開発した「3Dセンサー技術」は、超広帯域(UWB:Ultra Wide Band)無線周波数を利用して、対象物を画像化するものだ。乳がんの検査用に開発されたこの技術は、ガス管の検査からセキュリティチェック、高齢者の見守り、食品の組成検査まで幅広い分野に応用できる可能性がある。(2016/7/19)

UWB測位システムでピッキングカートの動線を可視化:
NICTと富士ロジテック、物流倉庫の作業を効率化
情報通信研究機構(NICT)と富士ロジテックは、物流倉庫に超広帯域無線(UWB:Ultra Wide Band)測位システムを導入し、作業効率を大幅に高めるための実証実験を共同で行った。ピッキングカートの動線を可視化し、カートの経路を最適化することで作業効率を大幅に改善することを可能とした。(2015/8/12)

FAニュース:
まさに“倉庫のカーナビ”、UWBで倉庫内をガイドする支援システムを開発
サトーとシーイーシーは、仮想3Dマップや屋内位置測位システム、バーコード技術を組み合わせた倉庫内物流ナビソリューションを共同開発した。(2015/8/6)

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:
心拍も検知できるUWBレーダー、離床センサーなどに応用
日本ジー・アイ・ティーは、パルス幅がナノ秒オーダーの短いパルスを使うImpulse Radio型UWB(Ultra Wide Band)レーダーセンサーを展示した。心拍を検知できるほどの高い分解能を持っているので、病院の離床センサーや、運転手の異常を検知する車内モニタリングシステムなどの用途を想定している。(2014/6/12)

WTP2014 / ワイヤレスジャパン2014:
がれき下の生存者を見つけ出す、富士通のUWBレーダー
富士通は、がれきの下の生存者を検知するUWBレーダーを「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014)で披露した。UWB信号により、わずか数秒で生存者を検知できるという。(2014/5/30)

実証実験も開始:
30cm以内の精度で測位可能なUWBによる屋内測位システムを開発
情報通信研究機構は、UWB(Ultra Wide Band)を活用した高精度の屋内測位システムを開発したと発表した。GPSなど衛星測位システムが使用できない屋内でも、リアルタイムに30cm程度の小さな誤差で位置測定が行えるという。(2014/5/28)

自由な超音波検査を実現 医療機器ニュース:
UWBでケーブルなくした「世界初」超音波診断装置、シーメンス「ACUSON Freestyle」
シーメンス・ジャパンが、超音波プローブ部と本体との接続ケーブルをなくした超音波画像診断装置「ACUSON Freestyle(アキュソン フリースタイル)」を発表。「ケーブルレスの超音波画像診断装置は世界初」(同社)。無線通信にはUWBを採用した。(2014/4/2)

グリーンハウス、1080p対応のワイヤレスディスプレイアダプタ「GH-WD-HDMI」
グリーンハウスは、UWB方式による高速通信を用いたワイヤレスディスプレイアダプタ「GH-WD-HDMI」を発売する。(2013/5/9)

無線通信技術 UWB:
「スマホ」と「パルス電波」で視覚障がい者の歩行支援、富士通などが開発
情報通信研究機構と富士通が開発した「視覚障がい者歩行支援システム」は、屋内や地下であっても位置情報を取得し、目的地までの方向や距離をナビゲーションできる。「Impulse Radio型UWB」と呼ぶ無線技術を使って実現した。(2012/7/3)

エレクトロニクスで創る安心・安全の社会システム:
第5回 ロシア発ベンチャーが挑む防災/救助支援、UWB技術を最大限生かす
現在、日本国内の複数の企業が人体探索レーダーを製品化しており、その内の1社がロシア発のベンチャー企業「ライフセンサー」である。UWB(Ultra Wide Band)技術を生かし、人の動きや呼吸の状態、レーダーからの距離を測定できる製品を開発した。(2011/6/27)

電子ブックレット:
家庭向け無線映像アダプタを分解、UWBか無線LANか
無線映像技術が出現して、家庭からまた1本ケーブルが減った。スライドショーやゲーム、ビデオ映像など大画面のテレビ受像機が役立つ機会は増えている。現在、市場には性格がまったく異なる無線映像アダプタが存在する。一方は(現在のところ)対応機器が少ないが、簡単に使えるもの。もう一方は、ほとんどのPCで使えるが、使うための準備が面倒なものだ。(2011/2/15)

ウィザージャパン、実売約1万円のワイヤレスオーディオアダプタ
ウィザージャパンは、UWB無線接続を採用したワイヤレスオーディオアダプタ「EZR601PCA」を発売する。(2010/11/15)

デジモノ家電を読み解くキーワード:
「次世代Bluetooth」――UWB見送りでどうなる?
ハンズフリー通話や情報家電間での通信に利用される「Bluetooth」。最大24MbpsのBluetooth 3.0の先、次世代規格の策定に向け数年前からUWBの採用が計画されていたが、60GHz帯への変更が取りざたされている。その周辺事情を解説してみよう。(2009/12/14)

無線通信技術 Bluetooth:
60GHz帯で高速化狙うBluetooth、UWB技術の未来は閉ざされたか
Bluetooth規格の標準化団体である「Bluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)」は、WiMedia Allianceから取得したUWB(Ultra Wide Band)の技術仕様を利用する計画を見送った。(2009/11/11)

UWB反射波で屋内の人や物を測位 日立が新技術
日立は、UWB電波の反射波の変化を利用して屋内で人や物の位置を測定する技術を開発し、原理の実証に成功した。(2009/2/4)

Mobile World Congress 2008:
クアルコム、LTE+EV-DO Rev.B+UWB対応チップセット「MDM9000」シリーズ発表
クアルコムは次世代通信規格をサポートするチップセット「MDM9000」シリーズを発表。2009年第2四半期の出荷を予定する。(2008/2/11)

レイアウトフリー:
日立、厚さ35ミリの超薄型液晶テレビ“Wooo”「UTシリーズ」を発表
日立製作所は、厚さ35ミリという超薄型液晶テレビ“Wooo”「UTシリーズ」を12月中旬から順次発売する。チューナーとモニターを分離した2ユニット構成。またUWB伝送や壁掛けユニットといったオプションを用意し、テレビの新しい視聴スタイルを提案する。(2007/10/23)

Alereon、UWBチップセット「AL5000」を開発
今月内にαサンプルの出荷を開始するという。(2007/6/19)

見えてきた「ワイヤレスHDMI」の姿
テレビやプロジェクターを接続するとき、HDMIケーブルの長さが足りなくて困ったことはないだろうか。そんな不満を解消するのが、UWBを利用した“ワイヤレスHDMI”。ワイヤレスHDMIの製品化を進めている米Tzero Technologiesのラジブ・クリシュナモーシーCTOに現状と見通しを聞いた。(2007/2/2)

2007 International CES:
Philips、ワイヤレスHDMIアダプタを発売
PhilipsがUWBを用いてHDMIをワイヤレスするアダプタ「Wireless HDMI」を発表。秋にも販売開始されるが、日本の販売は未定。(2007/1/11)

初のUSBワイヤレスハブ、ワイ・イーが発売
USBのワイヤレス化が本格的に進みそうだ。UWBを使ったワイヤレスハブをワイ・イー・データが発売し、今後はPC内蔵型アダプタなども開発していく。(2006/11/1)

ワイヤレスHDMI、登場間近
米Tzero Technologiesとアナログ・デバイセズが、共同でワイヤレスHDMIのデモンストレーションを公開した。UWBを使い、10メートルの距離なら3本のHDストリームを伝送できるというものだ。(2006/9/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.